マスコミ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年04月07日

フジテレビ『グッディ!』が無関係の人を「オフィス北野社員」として報道して謝罪

1: 2018/04/06(金) 15:21:49.30 ID:t3w5KyTU0● BE:887141976-PLT(16001)

sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
2018年4月5日の『直撃LIVE グッディ!』にて、「オフィス北野社員関係者」として街頭インタビューする場面があった。

その男性は顔にぼかしが掛かっており、「(スタッフの給料が)みんな高くて当たり前じゃん、
あなたたちだって給料もらった方がいいでしょ?」とコメントしていた。

男性はやや呂律が回っておらず、酔っているような感じにも見られた。この男性、実はオフィス北野の関係者でもなく
無関係な男性だったことがわかった翌日6日の同番組にて三田アナウンサーが「訂正とお詫びです。
たけしさん独立騒動のニュースの中で現役社員として男性のインタビューを放送しました。グッディでは
その男性本人に確認した上で放送しましたが、オフィス北野からご指摘を受けて、オフィス北野に正式に
確認したところこの男性は現役社員ならびにOB社員ではありませんでした」と謝罪した。

つまり男性はオフィス北野とデマカセを言ってインタビューを受けてしまったのだ。ただの酔っぱらいだったのか、
出たがりだったのか……。

※記事に動画あり
http://gogotsu.com/archives/38435
http://fast-uploader.com/file/7078551129019/
no title


2: 2018/04/06(金) 15:22:45.46 ID:Ak3/n8Nd0

ごめんで済んだら警察いらん


4: 2018/04/06(金) 15:23:37.47 ID:y5s6lRsYO

なわけがない
調べたらどうせ制作会社の社員かなんかだろ


32: 2018/04/06(金) 15:39:12.88 ID:cUNRh/y00

>>4
こいつモリカケ問題でも似たようなこと言ってそうw

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミ

2018年04月05日

東大生はなぜ“森友改ざん問題”後も安倍政権を支持するのか 「野党やマスコミが信用できない」

1: 2018/04/04(水) 15:04:02.91 ID:b2SSE6zX0 BE:135853815-PLT(12000)

sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
Business Insider Japanでは2017年6月、安倍政権を支持する東大生たちに支持する理由を聞いたが、今彼らは何を感じているのか。当時取材した人たちに再び取材した。

(略)

野党とマスコミが嫌い
取材をする中で多く聞かれたのが、野党とマスメディアへの不信感の強さだ。話を聞いた6人中4人が野党あるいはマスコミが信用できないので安倍政権を支持する、と理由を挙げた。

教養学部3年・地方公立高校出身
東大生はテレビなどでネタにされることが多いので、普通の視聴者以上に(マスコミの)切り取り方や編集の仕方を意識し、マスコミの報道姿勢への批判が根強い気がする。
今回も、朝日新聞がスクープを取った調査力はすごいと思うものの、そこに執着している姿は「朝日新聞の改憲潰し」では、と思ってしまう。安倍政権を倒すためならなんでもいいんだ、という姿勢がイヤ。
今回、文書が出たことで(安倍首相が)圧力を加えた、という関与がなかったことが逆に立証されたと思う。
行政文書の書き換えに関しては(安倍政権に)責任はあるけれど、森友問題に関しては官僚が勝手にやったことなのでは、と思う。
土地取引に関して今さら掘り返して議論するのは、どうでもいいなという気がする。

法学部4年・都内私立高校出身
改ざんが官邸等の指示があったのかは分からないが、ぶっちゃけ(安倍政権は)元々強権的なところもある。報道を見ただけでは、そんなに印象は変わっていない。
メディアが盛ってるんじゃないかと最初に思ってしまうくらいに既存メディアへの不信感はある。
公文書改ざんは問題で、議会制民主主義の根幹に関わることではある。一方で、安全保障上の危機は世界レベルで高まっていて、国内でゴタゴタしている場合でもないとは思う。
一連の森友学園問題が民主主義の危機という人たちがいるが、そういう人たちが果たして本当に民主主義のことを考えているのか疑問。安倍政権を終わらせることしか考えてないように見える。
仮に終わって、その後どうするのか。全くビジョンがない。(安倍首相は)問題があるなら真摯に反省しつつ、日本のために頑張ってほしい。

(略)

https://www.businessinsider.jp/post-164956


2: 2018/04/04(水) 15:05:18.76 ID:6s2P9mvW0

改竄と安倍政権な関係性なんか全く無いだろ


4: 2018/04/04(水) 15:08:47.54 ID:0/T5SqOC0

結局結論はそこなんだよな
更に言うなら石破や進次郎が信じられないというのもある


6: 2018/04/04(水) 15:11:47.45 ID:qPp7ickG0

反安倍教の信者がキモいからな

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2018年04月01日

【放送法】日テレ、テレ朝、TBS、テレ東に続きフジも反対表明…アベ政治を許さない

1: 2018/03/31(土) 16:17:02.48 ID:ofHMlcdH0 BE:882533725-PLT(14141)

sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
フジ社長「民放の存在の根幹脅かす」 キー局5社、政府に反対姿勢
3/31(土) 7:04配信 産経新聞

政府が検討している放送制度改革と想定される被害
 「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃をはじめとする放送制度改革が政府内で検討されていることについて、フジテレビの宮内正喜社長は30日の定例会見で、
「民間放送の存在の根幹を脅かす形で法改正などがなされれば断固として反対する」と述べた。
これで、在京民放キー局5社の経営トップがいずれも放送制度改革について反対の立場を鮮明にした。

 宮内社長はこの日の会見で「政府方針が発表されていないので、今の時点で敏感に反応することは避けたい」としつつ、
「放送法やハードとソフトの分離の部分は民間放送の存在の根幹を脅かす」と強調した。

 これまで、6月に日本民間放送連盟会長に就任予定の日本テレビの大久保好男社長が「民放事業者は不要と言っているに等しく容認できない」と反対姿勢を強調。
このほか、「民放の歴史的歩みを踏まえた丁寧な議論を強く求めたい」(テレビ朝日の早河洋会長兼CEO)▽「民放不要、民放解体ということなら反対」(TBSの武田信二社長)
▽「視聴者を置き去りにした議論は軌道修正を迫られる」(テレビ東京の小孫茂社長)−といずれも批判や懸念を示してきた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000511-san-pol


2: 2018/03/31(土) 16:17:48.30 ID:kRfR0L0T0

既得権益vs


3: 2018/03/31(土) 16:18:25.40 ID:lXpv1ZNp0

既得権益にしがみつく金の亡者


4: 2018/03/31(土) 16:18:32.23 ID:zUbnNlCT0

キー局「規制改革反対!」

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミ

2018年03月29日

【森友】立憲民主党「次の追及の手がない。新たな問題が出ないかマスコミに期待している」

1: 2018/03/28(水) 20:11:33.37 ID:kCO2hJFo0 BE:882533725-PLT(14141)

立憲民主党の議員
「次の追及の手がない。新たな問題が出ないか、マスコミに期待している」

動画1:47〜
http://www.news24.jp/articles/2018/03/28/04389101.html


2: 2018/03/28(水) 20:12:39.81 ID:JIcP5ZAu0

無能アンド無能


3: 2018/03/28(水) 20:13:24.66 ID:2WLgBcKC0

なんどもチャンスがあると思う池沼w


4: 2018/03/28(水) 20:13:25.19 ID:YW3xz3+x0

笑わせんなw

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | マスコミ

【社説】 産経「喚問での発言重みある」 朝日・毎日「なぜ断言できる」 読売「昭恵は関係ないだろ」

1: 2018/03/28(水) 08:39:20.33 ID:By0OZwVA0● BE:886559449-PLT(22000)

 首相が自身や昭恵氏の関与があれば「首相も議員も辞める」とした昨年2月の国会答弁について、
佐川氏は「あの首相答弁で私が答弁を変えたことはない」と述べ、首相への忖度(そんたく)も否定した。
 嘘を語れば偽証罪に問われる証人喚問は、任意の参考人招致よりも重みはある。
http://www.sankei.com/column/news/180328/clm1803280002-n1.html

 なぜ、そう断じられるのか。
 自らが改ざんにどう関わったかは一切語らぬまま、首相や麻生氏の関与は全否定する。
学園との土地取引が行われたのは、佐川氏が理財局長に就任する前で直接の当事者ではないのに、
首相や昭恵氏の指示や関与はなかったと一蹴する。
 およそ不自然で、説得力を欠く証言と言うほかない。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13423350.html?ref=editorial_backnumber

 安倍晋三首相と妻昭恵氏が国有地売却までの手続きに関与したかについても「影響があったとは
全く考えていない」と証言した。契約当時の理財局長ではない佐川氏が「経緯を勉強した」だけで断言できるのか。
https://mainichi.jp/articles/20180328/ddm/005/070/102000c

 野党は昭恵氏らの証人喚問を求めている。昭恵氏が学園の教育方針や背景を十分に調べず、
名誉校長就任に応じたのは軽率だったと言わざるを得ない。詐欺罪などで起訴された
籠池泰典・前学園理事長に利用された側面があろう。
 昭恵氏が国有地の取引に直接関与した事実は出ていない。問題を整理する必要がある。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180327-OYT1T50149.html


3: 2018/03/28(水) 08:40:47.22 ID:RBe4nw3B0

no title

?v


4: 2018/03/28(水) 08:40:55.55 ID:U1/ZjFsy0

案の定朝日と毎日だけの論調だったな


5: 2018/03/28(水) 08:41:01.99 ID:e78geZ3W0

いやいや逆にあんたたちは何故関与があったと断言できるんだよ


6: 2018/03/28(水) 08:41:40.07 ID:0AS6lK7r0

新聞業界の構図って
読売・産経VS朝日・毎日・東京
でいーの?

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | マスコミ

2018年03月28日

【毎日新聞】「反中・嫌韓」「日本礼賛」は自信を得るツール。隣国を排他的に非難して自国の存在価値を膨らませやすらぎを求める

1: 2018/03/27(火) 16:30:05.66 ID:CAP_USER

フロム「自由からの逃走」日本に照らせば 今そこにあるファシズム

no title

休日の繁華街で行われたヘイトスピーチへの抗議に駆けつけた大勢の人たち。プラカードを手に、差別をやめるよう声を上げた=大阪市中央区の難波交差点で2014年10月19日、後藤由耶撮影

書店には「反中・嫌韓本」とともに「日本礼賛本」が並ぶ。排他的な雰囲気が漂う現代日本。社会学者のエーリッヒ・フロムがナチズムに傾倒したドイツを考察した名著「自由からの逃走」で解き明かした社会に似てきていないか。【庄司哲也】

翻訳本を出版している東京創元社はホームページでこの本をこう紹介する。<現代の「自由」の問題は、機械主義社会や全体主義の圧力によって、個人の自由がおびやかされるというばかりでなく、人々がそこから逃れたくなる呪縛となりうる点にあるという斬新な観点で自由を解明した>。訳者は日高六郎さん。入学シーズンだが、社会学専攻の学生には必読の古典とも言われる。ネット上では、ネトウヨやへイトスピーチなど現代日本に「自由からの逃走」を照らし合わせた書き込みも目につく。

ドイツ出身のフロムが、亡命先の米国でこの本を著したのは、欧州でファシズムが猛威をふるった1941年。第一次大戦で敗戦後、経済的に多くの人が苦しんでいる時にナチスが勢力を伸ばした背景を考察した。

<近代社会において、個人が自動機械となったことは、一般のひとびとの無力と不安とを増大した。そのために、かれは安定をあたえ、疑いから救ってくれるような新しい権威にたやすく従属しようとしている>

フロムはこうしたドイツ国民の傾向を「権威主義的パーソナリティー」と名付けた。自由を持て余し、不安や孤独から強い権威(ナチス)に身を委ねていったというのだ。

では、今の日本が全体主義に陥る危険はあるのか。2006年から学生を対象にアンケートを行い、ファシズムの兆候がないか調べている帝京大教授の大浦宏邦さん(社会学)に聞いた。「劇場型」といわれた05年の郵政解散・総選挙で、小泉純一郎首相(当時)が圧倒的な支持を得て以来、授業を履修する学生に「ファシズム(F)尺度調査」を実施している。ドイツの哲学・社会学者、テオドール・アドルノが開発した調査を簡略化したもので、「先輩後輩などの上下のけじめはつけるべきだ」「今の若者にはもっと規律が必要だ」など6項目の質問を投げかけ、権威主義的な傾向を数値化した。

例えば「上下のけじめ」「規律の必要性」の質問は、先行きの不安や自信のなさを抱えた人が、強者や偉い人の言葉を信じ、安心を得ようとする個性を測る質問だ。フロムが「権威主義的な服従」と指摘したこうした個性を持つ人は、質問に対して「とてもそう思う」と答える傾向にあるという。

06年から17年まで、4000人近い学生を調査した結果、平均は4・5点(最高点は7点)だった。大浦さんはどう評価するのか。「ナチス・ドイツの親衛隊員が5点と言われていますので、高い値です。ただ、この間、数値はほぼ一定しており、直ちにファシズムの傾向があるわけではありません。今後の動向に注目していく必要があるでしょう」

ソース:毎日新聞 2018年3月27日
https://mainichi.jp/articles/20180327/dde/012/040/002000c

続きます


2: 2018/03/27(火) 16:30:33.97 ID:CAP_USER

「空気読む社会」の危うさ

「自由からの逃走」では、ドイツの民衆がユダヤ人の排斥に動いた心理が記される。

<普通の発展過程では金や力を獲得する機会のほとんどない何十万というプチブル(中産階級のこと)が、ナチ官僚機構のメンバーとして、上流階級を強制して、その富と威信の大きな部分を分けあたえさせたということが問題であった。ナチ機構のメンバーでない他のものはユダヤ人や政敵からとりあげた仕事をあたえられた。そして残りのものについていえば、かれらはより多くのパンは獲得しなかったけれども「見世物」をあたえられた>

現代日本には、ヘイトスピーチがあり、生活保護受給者など社会的に立場の弱い人を攻撃する空気も一部にある。

フロムが指摘するような心理が生まれたのはなぜか。「『怒り』がスーッと消える本」(大和出版刊)などの著書がある元衆院議員で精神科医の水島広子さんは「ヘイトスピーチを行うのは疎外感を持っており、自己肯定感が低い人です。自信が持てないため、『仮想敵』を作り上げ、優位に立とうとすることで自信を持ったような気になる。ただ、あくまでも形だけの自信なので、団結することで疎外感を抱かない場を作るのです」と解説する。

水島さんによると、「反中・嫌韓本」や「日本礼賛本」もそうした自信を得るためのツールだ。人口減少社会など将来に不安を抱える中、隣国を排他的に非難することで自国の存在価値を膨らませ、「欧米から評価されている日本」を強調することでやすらぎを求めるというのだ。

もう一人、ドイツ文学を専門とし、昔話研究で知られる筑波大名誉教授の小沢俊夫さんを訪ねた。ヒトラーの自殺が日本に伝わった45年4月、小沢さんは15歳だった。当時の日記に「ヒトラーは偉かった」と書いている。「私は『世紀の英雄』だと思っていたんですよ。私自身、軍需工場で爆薬を作っており、日本の勝利を疑わない軍国少年でした」

北朝鮮情勢の緊張が続いていた昨年、小沢さんは、弾道ミサイルの飛来を想定した避難訓練の映像を見ながら戦中の竹やり訓練を思い出した。父の開作さんは戦中、婦人会が竹やりでB29爆撃機に対抗しようとする様子を見て「ばかか」と笑い、特高警察の監視がついたという。

フロムは、周囲に合わせて自我を捨てることを「機械的画一性」と呼び、ナチス台頭の温床となったと指摘した。今の日本の言葉でいえば「空気を読む社会」だ。

<個人的な自己をすてて自動人形となり、周囲の何百万というほかの自動人形と同一となった人間は、もはや孤独や不安を感じる必要はない。しかし、かれの払う代価は高価である。すなわち自己の喪失である>

小沢さんは、昔話の講義の受講者を引率し、グリム童話のゆかりの地を巡る研修旅行でドイツを訪れる際、ワイマール共和国時代に民主的な憲法を生んだ地であるワイマールと、政治犯やユダヤ人のホロコースト(大虐殺)が行われたブーヘンバルト・ナチス強制収容所跡に案内する。「民主憲法を持ったワイマール共和国は、わずか14年でファシズムに変わりました。ワイマールとブーヘンバルトの距離は10キロと離れていません。この短い距離が、国家の変容を物語っていることを知ってほしいのです」。民主主義のすぐ近くにファシズムはある。

以下ソース

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | マスコミ

2018年03月27日

【放送法4条撤廃】日本民間放送連盟内からは「極端に政治的に偏った局ができる可能性がある」といった懸念の声

1: 2018/03/26(月) 18:01:12.95 ID:CAP_USER9

3/24(土) 8:19配信 朝日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000015-asahi-pol

 放送番組の「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃が、政府内で検討されていることがわかった。放送の自律を守るための倫理規範とされる4条は、戦後に同法ができて以降、番組作りの大原則となってきた。インターネットテレビ局などが放送に参入する際の壁を低くする狙いとみられるが、政治的公平性が損なわれ、番組の質も下がるといった懸念が出ている。

 政府内でまとめられた文書「放送事業の大胆な見直しに向けた改革方針」によると、「コンテンツ産業における新規参入・競争」を進めるとして、「放送にのみ課されている規制(放送法第4条等)の撤廃」などを明記。「放送業界の構造改革を進め、放送と通信の垣根のない新しいコンテンツ流通環境を実現」するとした。NHKについては「放送内容に関する規律は維持」するという。

 4条を撤廃した場合、民間放送は政治的公平性や事実関係に配慮せずに番組を放送することが、理屈の上では可能になる。

 このため、放送を所管する野田聖子総務相が22日の衆院総務委員会で撤廃などについて問われ「4条は非常に重要で、多くの国民が今こそ求めているのではないか。(4条が)なくなった場合、公序良俗を害する番組や事実に基づかない報道が増加する可能性が考えられる」と述べるなど、政府内にも異論がある。日本民間放送連盟内からは「極端に政治的に偏った局ができる可能性がある」といった懸念の声も出ている。

1スレの日時 2018/03/24(土) 22:05:32.86
前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521896732/


2: 2018/03/26(月) 18:02:06.72 ID:pfqQdLAb0

>>1
今と大して変わらんよ
Amazonキー局はよ


3: 2018/03/26(月) 18:02:07.34 ID:EtKELi8Y0

すでにw


4: 2018/03/26(月) 18:02:08.60 ID:mmHnb0PF0

既に政治的に偏った局がある件について

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ