鉄道 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年07月06日

日本、時速360キロの新幹線「2019年試験車両完成計画」発表 韓国も新型高速鉄道を準備中

hatanida

1: 2017/07/05(水) 12:28:12.56 ID:CAP_USER

JR東日本は時速360キロまで速度が出せる新しい新幹線の開発を始めると4日、発表した。2019年春をめどに試験車両を完成させる予定だ。現在、新幹線の最高速度は320キロ。事業費は試験走行を含めて100億円と予想されている。

この日、日本産経新聞は「北海道新幹線が全面開業する30年度までに、新型の新幹線による営業運転を始める考えだ」と報じた。新しい新幹線には地震に備えた機能も追加される。

日本では2016年11月22日午前5時59分ごろ、東北の福島県近海でマグニチュード(M)7.4の強震が起きて新幹線のダイヤが大きく乱れたことがあった。

韓国も新型高速鉄道を準備中だ。最高運行速度が時速260キロと320キロの車両2種類で、2020年から慶全(キョンチョン)線や中央線など準高速路線と高速線に投入される予定だ。


2017年07月05日11時15分
http://japanese.joins.com/article/900/230900.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news


2: 2017/07/05(水) 12:29:44.58 ID:dqQJRRQv

<丶`∀´>ガムテープの優秀さを証明してやるニダ


3: 2017/07/05(水) 12:29:52.10 ID:H49TKchP

なぜ韓国を抱き合わせるw


6: 2017/07/05(水) 12:31:48.36 ID:k/NFka1p

>>3
日本に出来ることは韓国にも出来ることを、韓国世論に周知してもらうためだ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年06月02日

韓国、日中の高速鉄道受注合戦に加わりたいらしい…速度352キロが世界を走るのはいつ?

KTX

1: 2017/05/31(水) 15:56:08.82 ID:CAP_USER

 韓国鉄道公社(KORAIL)が近く韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を公開して品評会を開く。韓国型高速列車は、動力推進装置が列車の前と後ろの車両に集中して配置される「動力集中式」だったが、国際標準のEMUは車両ごとにエンジンが搭載されているため、最高速度320キロ毎時、設計最高速度は352キロ毎時を出せると想定。2020年以降、順次運行する予定という。KORAILは、日本と中国が繰り広げる世界高速鉄道受注戦に韓国も挑戦状を出せる足がかりをつかんだと鼻息が荒いが、甚だ疑問だ。国内で走ってもいない無実績の列車を海外で走らせることは、土台無理な話なのではないか。

 大韓民国の核心ブランドになるか…

 韓国紙、中央日報(日本語電子版)によると、韓国鉄道公社(KORAIL)が韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を近く公開して品評会を開くと明らかにしたという。KORAILは昨年12月、現代−起亜自動車グループ「現代ロテム」の韓国型次世代高速車両16両を2021年3月末までに590億ウォン(約58億円)で購入する契約を締結している。

 韓国でこれまで開発していた高速列車は、動力推進装置が列車の前と後ろの車両に集中して配置されていた「動力集中式」だった。だが、今回購入を決めたEMUは車両ごとにエンジンが搭載されているためスピードが出る。最高速度が320キロ毎時、設計最高速度は352キロ毎時となり、韓国最速の高速列車になる見通しとしている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/west/news/170531/wst1705310064-n1.html


2: 2017/05/31(水) 15:58:58.62 ID:iVXpp2sK

え?冗談でいってるんですよねww


3: 2017/05/31(水) 15:59:19.34 ID:CQMaKW+M

まずは自国でがんばれよ。


4: 2017/05/31(水) 15:59:46.45 ID:cshzLnRs

ガムテープは優秀(でもないけどな)。

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年05月25日

【韓国鉄道公社】時速320キロの動力分散式高速列車の模型を公開

1: 2017/05/24(水) 13:19:09.47 ID:CAP_USER

一般市民を対象に公開された韓国型動力分散式高速車両模型(写真=KORAIL)
韓国鉄道公社(KORAIL)が韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を公開して品評会を開くと23日、明らかにした。

今回の品評会は、実際に鉄道を利用する人々から意見を聞いて車両の設計に反映させることを目的としている。観覧客は実物模型を一通り見た後、アンケートに答える。これに先ち、KORAILは昨年9月の国民向け調査を通じて新しい高速列車の外形デザインを決めた。今回は模型を通じて運転室や特室(グリーン車に相当)および一般室内部なども見学できるようになっていて、外形だけでなく内部デザインにも国民の意見を反映させていこうという趣旨だ。

KORAILは昨年最大時速320キロの車両16台など韓国型動力分散式高速車両130両に対する購入契約を交わし、2020年以降、高速線および準高速路線でに投入して運行していく予定だ。

洪淳晩(ホン・スンマン)社長は「今回の高速車両は全国の主要幹線をカバーする大韓民国の核心ブランドになるだろう」としながら「技術と運営ノウハウを集約させて海外の動力分散式高速車両市場に積極的に進出していきたい」と明らかにした。
中央日報 latest news
2017年05月24日07時44分
http://japanese.joins.com/article/390/229390.html?servcode=300&sectcode=320


30: 2017/05/24(水) 13:27:35.95 ID:+VWXphjU

no title

どっかで見たような。


41: 2017/05/24(水) 13:29:35.69 ID:J2wvdCmh

>>30
どこかで見たような…カラーリングだけ変えたW7系ですね。
てことは、またパクリ?


47: 2017/05/24(水) 13:32:29.60 ID:zmaVlh/7

>>40
かなりやな。

>>41
近いのはE3系ですな。


51: 2017/05/24(水) 13:34:22.73 ID:J2wvdCmh

>>47
あっ、E3ですか…確かに!

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年05月22日

韓国の“鉄道物流輸送革新” 全長1キロ越える貨物列車の運用を本格化 コンテナを2段に積む貨車も開発

1: 2017/05/21(日) 14:33:00.15 ID:CAP_USER

韓国鉄道公社(KORAIL)は18日、全長1.2キロ(80両)に達する韓国最長の貨物列車の試験運行に成功したと明らかにした。

KORAILは多くの車両がつながっている貨車を引っ張るために、列車両端に配置した機関車2台を無線でリアルタイムに制御する技術を韓国研究陣が開発し、これが試験運行の成功の決め手になったと説明した。

KORAILはまた、コンテナを2段に積むことができる貨車も韓国で初めて開発した。

KORAILは試験運行で成功した技術を適用して実際に貨車80両を連結した場合、輸送量が2.4倍増えることになると説明する。

本格的に運用が始まれば、鉄道物流の輸送効率が画期的に高まり、国家物流競争力の強化に多いに役立つものと期待されている。

KORAIL関係者は「鉄道物流に先端技術を融合させて輸送効率を上げ、物流分野における鉄道競争力を確保したい」とし「今後も大容量輸送の長所を生かして国家物流費の節減に貢献していきたい」と意欲を示した。

中央日報日本語版 2017年05月19日
http://japanese.joins.com/article/227/229227.html

18日、試験運行中の1.2キロの貨物列車
no title


3: 2017/05/21(日) 14:34:20.83 ID:imhsBtYE

ふみきり...


4: 2017/05/21(日) 14:35:24.62 ID:Fsg+XT5C

長い貨物列車って昔からあるだろ


5: 2017/05/21(日) 14:35:35.36 ID:EvzuO8XC

一帯一路に呼ばれないのに

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年04月28日

ソウルー釜山間90分の高速鉄道、早ければ27年開業 最高時速400キロの列車を運行

1: 2017/04/26(水) 21:05:11.18 ID:CAP_USER

早ければ2027年に、ソウルー釜山間を最高時速400キロ、わずか1時間30分で結ぶ「次世代高速鉄道」が登場する見込みだ。ソウル−光州間は1時間前後で走破できる。

韓国の国土交通部(省に相当。国土部)は、現在最高時速300キロで走っている高速鉄道を区間ごとに時速350−400キロまで高速化する案を、27年までにかけて推進する。25日に国土部が発表した。

国土部の依頼で韓国鉄道技術研究院が作成した「高速鉄道高速化およびシステム最適化案研究」の最終報告書によると、27年までにかけて

▲高速鉄道の全区間でバラスト軌道をスラブ軌道に切り替え
▲走行速度の増加に伴う騒音防止設備の設置
▲架線および列車システムの切り替え−などの作業を進める予定だ。

これには3兆2624億ウォン(現在のレートで約3205億円)かかると推定されている。

最高時速300キロで運行している現在の韓国高速鉄道(KTX)と水西発高速鉄道(SRT)を最高時速400キロの列車に切り替えて、中間停車駅を減らしたりなくしたりすれば、

ソウル−釜山間の運行時間は現行より最大で59分(2時間34分→1時間35分)、竜山−光州間は最大48分(1時間53分→1時間5分)短縮されるという調査結果が出た。

国土部の関係者は「将来、統一が実現して北朝鮮や中国の地域にまで高速鉄道を運行する場合には、列車の最高速度を400キロに引き上げた効果は一層大きくなるだろう」と語った。

鉄道技術研究院側は「時速400キロで走る次世代高速鉄道が運行されれば、『全国土の単一生活圏化』が実質的に実現する」という見方を示した。

04年に導入された現在の高速鉄道のレールや架線など鉄道インフラが耐久年限を迎えるのは24年ごろ。

また高速鉄道の車両は、25年から耐久年限に差し掛かり始める。この時期に合わせて鉄道インフラや車両をアップグレードしたいというのが、国土部の計画だ。

ホン・ジュンギ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/26/2017042601224.html
no title


4: 2017/04/26(水) 21:06:29.36

土地が狭いんだからゆっくりいけよ


5: 2017/04/26(水) 21:06:41.47 ID:6lDmjA3Z

最高時速300キロで運行出来る区間ありましたっけ?


6: 2017/04/26(水) 21:06:52.60 ID:H0m8Gjov

そんなとこより平昌とソウルは繋がったのか?

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道

韓国にメンテナンスを委託したことが、最大のミス「マニラMRT-3」毎日故障

gyoro

1: 2017/04/26(水) 19:49:06.70 9

フィリピンのニュース
韓国にメンテナンスを委託したことが、最大のミス「マニラMRT-3」毎日故障
配信日時:2017年4月26日 14時16分
(画像)
MRT-3の故障について伝えるフィリピンのテレビ(YouTubeから)


 2017年4月19日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今年も既に116回発生している。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。
昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性が低いです。
韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。
【編集:RT】
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4281&&country=12&&p=2


3: 2017/04/26(水) 19:52:35.73 0

今年も既に116回って

ほとんど毎日じゃんか


7: 2017/04/26(水) 19:55:09.23 0

>>3
四月十九日のニュースだから平均すればほとんどではなく完全に毎日


31: 2017/04/26(水) 21:02:02.47 0

>>3
昨年500回オーバーだから1日1回なら改善してるだろ(w

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年03月10日

【KTX】韓国高速鉄道、ひびの入った窓にビニールをかぶせ運行

hibi

1: 2017/03/09(木) 11:28:04.96 ID:CAP_USER

2017年3月8日、韓国・聯合ニュースによると、韓国ソウルと釜山(プサン)を結ぶ京釜(キョンブ)線の高速鉄道・KTXが、
窓ガラスの一部にひびが入った状態で運行していたことが分かった。

韓国鉄道公社(KORAIL)によると、7日午後1時23分に釜山駅を出発したKTX山川(サンチョン)256列車が、
14号車の窓ガラス1枚にひびが入った状態でソウルまで運行した。

ひびは出発前に確認されていたが、上からビニールをかぶせて応急処置をし運行を強行したという。

運行中、問題の窓側の座席は空席としたものの、同車両に乗った乗客20人余りは終始不安におびえることになった。

ある乗客は「時速300キロを超える速度で窓ガラスが粉々になるのではないかと怖かった。KORAILの対処はあまりにも安易」と話している。

これに対しKORAILの関係者は「先日釜山に向けて運行中のKTXの窓に石がぶつかったのか、ひびが入った」とその経緯を説明、
「釜山駅で安全点検を行った結果、二重ガラスの外側のガラスにだけひびが入っており、運行には支障がないと判断した」と釈明している。

KORAILは先月12日にもソウル発木浦(モクポ)行きのKTX山川列車の窓の外側ガラスにビニールをかぶせたまま運行、
2015年4月のKTX湖南(ホナム)線開通時には、ロックが壊れたウォッシャー液の注入口を粘着テープで固定した状態で運行し、波紋を呼んでいた。

これを受け、韓国のネットユーザーからは

「何を考えてるんだ。事故でも起こったら誰が責任取るつもり?」

「速く走ることばかり考えていて、再発防止のための徹底した点検はしない」とKORAILの対応を非難するコメントや、

「韓国クラスになるとやっぱり違う」「ついに中国を超えたか」とずさんな処置を嘆くコメント、

「粘着テープは最強だな」「粘着テープはもともと航空部品用のテープとして開発された。

だからウォッシャー液の注入口を粘着テープで止めたのは適切な応急処置」と粘着テープの強度を主張するコメントなど、さまざまなコメントが寄せられている。

その他にも、「相変わらずの安全不感症。セウォル号事故は依然として進行中」「ここまで安全を無視する国もないと思う」
「国民が死ぬのが当たり前のことになったのか…」と韓国国民の安全意識の低さを指摘するコメントもあった。


2017年3月9日(木) 11時10分
http://www.recordchina.co.jp/b171633-s0-c30.html


2: 2017/03/09(木) 11:28:51.09 ID:Hmypc+Xi

ハリボテの国


7: 2017/03/09(木) 11:32:36.16 ID:eXCpDofw

これで一安心w


9: 2017/03/09(木) 11:32:59.15 ID:pE2m2UAE

ガムテが進化したのか

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道