鉄道 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年09月03日

【韓国】道路と線路の両方を走ることができるレールバス開発 2019年末に投入する計画

1: 2017/09/01(金) 12:11:43.05 ID:CAP_USER

道路と線路の両方を走ることができるレールバスが開発され、へき地の路線などに導入されるものとみられる。

韓国鉄道公社(KORAIL)は「現在、25人乗りバスを改造して作ったレールバスの安全性を検証しており、追加の技術開発が終われば3台準備し、早ければ2019年末に江原道旌善エリアの旌善線などに投入する計画だ」と6日発表した。

レールバスは、バスが線路の上も走ることができるよう、一種の補助輪的な役割を果たす「ガイドホイール」を取り付けた車両。25−35人乗りバスを改造して作る計画で、線路上を時速80キロで走ることができる。

韓国鉄道公社の担当者は「必要な場合、車両3台を連結して運行すれば、75−105人乗車できる」と語った。レースバスは道路も走ることができ、鉄道駅に着いたら観光スポットやバス停留所まで道路走行が可能。道路を走るときはガイドホイールを持ち上げた状態で走行する。

韓国鉄道公社は今年初めからレールバスの試験車両を製作し、大田の試験線路で走らせている。レールバスの開発にはおよそ20億ウォン(約2億円)が投じられるものとみられ、車両1台の製作費用は3億ウォン(約3000万円)ほど。

韓国鉄道公社側は「英国ではバスを完全に列車に改造して運行した事例があり、日本は2020年までにレールバスと似た形態のDMV(Dual Mode Vehicle)を商用化する計画だ」と話している。

韓国鉄道公社は「レールバスが導入されれば、へき地路線の赤字を減らす一方で、運行回数は増やすことができる」と説明。

たとえば旌善線にレールバスを導入すると、旌善線で発生している年間赤字18億ウォン(約1億8000万円)を13億ウォン(約1億3000万円)へと5億ウォン(約5000万円)ほど減らし、列車の運行回数は現在(観光列車片道2本)の6.5倍水準の片道13本に増やすことができるものと期待されている。

レールバスを導入すれば、現在運行中のセマウル号、ムグンファ号などの列車に比べ、運営費などを削減することができるからだ。韓国鉄道公社は、利用者が少なく赤字が発生しているほかのへき地路線などにもレールバスを導入できるものと期待している。

ホン・ジュンギ記者

http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/01/2017090101179.html

no title


3: 2017/09/01(金) 12:16:35.74 ID:ssI1pkUZ

その鉄輪で80km!
韓国スゲ〜!


4: 2017/09/01(金) 12:21:22.34 ID:n3tY0tZp

大した技術はいらんだろ。
no title


5: 2017/09/01(金) 12:21:43.20 ID:FjrALQyd

日本人は電車からバスに乗り換えることができるからなー

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年08月18日

韓国の地下鉄がドアを開けっぱなしで終着駅まで走行 気付くも回送措置を取らずに修理を強行

1: 2017/08/16(水) 12:14:47.10 ID:llpvVihz0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典

15日の13時10分頃、ソウルの地下鉄8号線にて福井(ボクチョン)駅から出発した電車がドアを開きっぱなしのまま
終着駅である牡丹(モラン)駅まで20分間運行していたことがわかった。

人為的な閉め忘れではなく、ドアの故障とソウル交通公社は発表。

幸いなことに人身事故は起きなかった。走っている列車に修理担当者が乗り込み、電車を修理しようと試みたが
終着駅までに直すことができなかった。

地下鉄の運行規定によると、電車が故障した場合、すぐに乗客を下車させたあと回送措置をとらなければならない。
しかし、当時は故障や回送などの案内は一切放送されなかった。

これに対してソウル交通公社側は「回送措置が原則である。案内が不十分で、乗客に不便をおかけして申し訳ない」と述べた。

http://gogotsu.com/archives/32356
no title


3: 2017/08/16(水) 12:15:58.73 ID:uROsp5gJO

ガムテープを張っとけば客は落ちないニダ


6: 2017/08/16(水) 12:18:41.00 ID:0MNOeAg/0

半島人特有の「事象」面だけみて対応する 中国人とよく似ているね


8: 2017/08/16(水) 12:19:38.61 ID:6ndMWp7G0

万能ガムテープを各車両に備えとけよ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年07月26日

【韓国】KTX特室に続き「KTX−山川」も行き過ぎた改造…度を越したKORAILの安全不感症

1: 2017/07/25(火) 22:26:53.13 ID:CAP_USER

KORAIL(韓国鉄道公社)が専門機関の安全性検証も受けないまま「KTX−山川」の乗客休憩空間を客室に改造して国土交通部から制止されたことが分かった。

だが、すでに改造作業を終えた11編成の列車は乗客運送に継続して投入されており、ややもすると事故の危険性があるという懸念の声が出ている。

これに先立ち、KORAILはKTX特室を一般室に不法改造した事実が摘発され、原状復旧の命令を受けたことがある。このためにKORAILの安全不感症が度を越しているという批判が提起されている。

25日、国土部と鉄道業界によると、KORAILは3月からKTX−山川の乗客休憩空間であるスナックバーを客室に変える作業に着手した。スナックバーは列車1編成当たり1カ所に簡単な食事や飲み物を楽しめるように設置された空間だ。

しかし、利用客が少ないという理由でこれを取り壊して座席12席を設置することにしたわけだ。

対象は2010年式KTX−山川23編成で、このうち11編成の改造作業をすでに完了した。23編成のスナックバーを全部変えれば1日平均1128席が増えるというのがKORAIL側の計算だ。スナックバーはKTX−山川の4号車に設置されている。

だが、KORAILはこのような改造作業を推進しながら国土部の承認と外部専門機関による安全性検証などの手続きをまともに踏まなかった。KORAIL関係者は「外部機関の検証を受けてはいないが、当時には関連法規がなくて自らの規定により安全に問題がないと判断して推進した」と話した。

しかし、専門家らの指摘は違う。

韓国交通大学鉄道運転システム工学科のチョン・ヨンソク教授は「時速300キロメートルで走る高速列車は重心の小さい変化にも敏感に反応するので、ややもすると脱線や転覆などの大型事故が起きる可能性も排除できない」とし、「予約を受ける時、乗客の座席を分散させるのも重さを配分するためのもの」と指摘した。

実際に、KTXの初期モデルを輸出したフランスのテジェヴェ社は列車の安全性が懸念されるという理由で棚の設置などささいな列車改造もほぼ許さなかった。

このような事実が明らかになり、国土交通部は最近KORAILにKTX−山川の改造を中断して外部専門機関の安全性検証を受けるように指示した。これを受け、KORAILは改造作業を中断して遅きに失したが外部機関に安全性検証を依頼した。

KORAILは最近、KTXの特室を一般室に無断改造して安全問題を懸念した国土交通部の履行中止命令に従い、これを中断して改造された座席の販売も中止したことがある。

国土部鉄道運行安全課のキム・ホンナク課長は「高速列車は重心などを考慮して緻密に設計されたため、安全性検証を徹底して終えた後に列車改造作業に着手するのが順序」とし「KORAILが特室やスナックバーいずれも外部機関による検証なしに自主的な判断だけで無理に改造作業を始めたもの」と話した。

さらに大きな問題は、KORAILがこのように改造したKTX−山川を乗客運送に投じており、該当座席も販売しているという点だ。安全性が検証されていないまま多くの乗客を乗せてややもすると事故が発生する可能性を排除し難いためだ。

匿名のある国立大教授は「安全は、最優先価値を越えて何よりも優先されるべき不変の基本価値だが、今回のKORAILの行き過ぎた改造と列車運行は営業のために安全を無視したこと」と批判した。

KORAILは今年上半期にも不良漏電遮断機にガムテープだけを張り付けたまま運行し、1級発がん物質が含まれた廃枕木で「ITX−青春」用の乗り場と階段を作って問題になった。

http://japanese.joins.com/article/655/231655.html
http://japanese.joins.com/article/656/231656.html

no title

KTX−山川は韓国技術で作られた初の高速列車だ。(写真=中央フォト)
no title

KTX−山川のスナックバーを取り壊して新しく設置した座席。椅子の後に網がついているのが既存の座席と違う。


2: 2017/07/25(火) 22:27:50.25 ID:6Uv4pDAe

<丶`∀´>養生テープがあれば問題ないニダ


3: 2017/07/25(火) 22:29:04.47 ID:y8scC6vb

ただの普通車両みたいな椅子ワロタw


38: 2017/07/25(火) 23:49:58.06 ID:LIM3DYBX

>>3
だな
路線バスの座席みたいだw

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年07月07日

【韓国】座席数を増やすため KTXの特等室を一般室に「不法改造」…KORAIL、また安全不感症

1: 2017/07/06(木) 10:20:51.25 ID:CAP_USER

KORAILが座席数を増やすために35席のKTX特等室(上の写真)を55席の一般室に不法改造して国土交通部に摘発された。
同部は不法改造を中断するようKORAILに「履行中止命令」を下した。(写真=KORAIL)
no title



韓国鉄道公社(KORAIL)がKTXの座席数を増やすために、安全規定や手続きを無視したまま特等室を一般室に不法改造して、国土交通部(以下、国土部)に摘発された。また、このように改造した座席を乗客に予約販売していたことまで分かった。

これを受け、不良漏電遮断機にガムテープを貼り付けたまま列車の運行を続投したり、1級発がん物質が含まれた廃枕木で「ITX−青春」用の乗り場と階段を作ったKORAILの安全不感症が全く改善されていないという批判が出ている。

5日、国土部によると、先月末KORAILのKTX特等室の改造作業を確認した国土部は、これを中断するよう「履行中止命令」を下した。

国土部鉄道運行安全課のキム・ホンナク課長は「KORAILが列車の安全性に大きな影響を及ぼしかねない列車の改造作業を国土交通部の承認もなく無断で進めた。このため、最も強力な行政制裁手段である履行中止命令を下した」と説明した。

キム課長は「KORAIL側に、構造を変更する場合、構造変更の実績が豊富で信頼できる第3の専門業者を選定した後、正式な承認手続きを踏むよう事前に説明したが、KORAIL側はこのような手続きを経ずに自主的に変更作業を実施した」と明らかにした。

これに先立ち、KORAILは先月、KTXの座席数を追加で増やすという名分で特等室の一部を一般室に改造する作業に着手した。KTXの特等室4両のうち1両の座席(35席)を一般室(55席)に改造した場合、1編成当たり20席が増え、一日全体で見ると3180席の座席を追加で確保することができるというのがKORAIL側の計算だった。

KORAILは年末までにすべてのKTX車両に対してこのような改造作業を終える計画だった。

また、KORAILが不法改造作業で増える座席に対し、予約販売までしていた事実が国土部によって摘発された。国土部鉄道運営課のキム・ウンチョル主務官は「鉄道利用者の安全を確保する次元から、乗車券の販売を直ちに中止するようにKORAILに通知した」と話した。

専門家は先端装備であるKTXを無断改造することは安全に大きな問題を引き起こしかねないと指摘する。

匿名を求めた韓国鉄道技術研究院のある研究員は「時速300キロで走るKTXは車内の座席数に伴う荷重などを総合的に考慮して設計されているため、中途半端な改造作業で荷重が変わってしまえば列車の安全性が低下しかねない」と指摘した。また、別の専門家も「数百人が乗るKTXを公企業が不法改造したというのは納得できない」と批判した。

これに対してKORAIL関係者は「自主的に安全性を検討した結果、安全に支障がないと判断して特等室の改造作業を中長期計画で進めようとしていた」とし「国土部の命令を受けて直ちに作業を中断した」と釈明した。

これに先立ち、KORAILはリサイクルが禁止されている廃枕木で「ITX−青春」列車用プラットフォームと昇降台を作った当時も、自社の判断だけを根拠に工事を強行した。


2017年07月06日08時05分 [中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/935/230935.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|breakingnews


2: 2017/07/06(木) 10:22:46.72 ID:hmK6FvMX

座席の変更って「構造変更」なのか?
もしかしてKTXって座席で強度を増してるとか?


57: 2017/07/06(木) 12:14:12.25 ID:YeHDieJo

>>2
そら定員変更したらとどけはいるだろ


3: 2017/07/06(木) 10:24:48.17 ID:XaZCgmOx

急ブレーキで座席がドミノ倒しになるニダね。

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年07月06日

日本、時速360キロの新幹線「2019年試験車両完成計画」発表 韓国も新型高速鉄道を準備中

hatanida

1: 2017/07/05(水) 12:28:12.56 ID:CAP_USER

JR東日本は時速360キロまで速度が出せる新しい新幹線の開発を始めると4日、発表した。2019年春をめどに試験車両を完成させる予定だ。現在、新幹線の最高速度は320キロ。事業費は試験走行を含めて100億円と予想されている。

この日、日本産経新聞は「北海道新幹線が全面開業する30年度までに、新型の新幹線による営業運転を始める考えだ」と報じた。新しい新幹線には地震に備えた機能も追加される。

日本では2016年11月22日午前5時59分ごろ、東北の福島県近海でマグニチュード(M)7.4の強震が起きて新幹線のダイヤが大きく乱れたことがあった。

韓国も新型高速鉄道を準備中だ。最高運行速度が時速260キロと320キロの車両2種類で、2020年から慶全(キョンチョン)線や中央線など準高速路線と高速線に投入される予定だ。


2017年07月05日11時15分
http://japanese.joins.com/article/900/230900.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news


2: 2017/07/05(水) 12:29:44.58 ID:dqQJRRQv

<丶`∀´>ガムテープの優秀さを証明してやるニダ


3: 2017/07/05(水) 12:29:52.10 ID:H49TKchP

なぜ韓国を抱き合わせるw


6: 2017/07/05(水) 12:31:48.36 ID:k/NFka1p

>>3
日本に出来ることは韓国にも出来ることを、韓国世論に周知してもらうためだ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年06月02日

韓国、日中の高速鉄道受注合戦に加わりたいらしい…速度352キロが世界を走るのはいつ?

KTX

1: 2017/05/31(水) 15:56:08.82 ID:CAP_USER

 韓国鉄道公社(KORAIL)が近く韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を公開して品評会を開く。韓国型高速列車は、動力推進装置が列車の前と後ろの車両に集中して配置される「動力集中式」だったが、国際標準のEMUは車両ごとにエンジンが搭載されているため、最高速度320キロ毎時、設計最高速度は352キロ毎時を出せると想定。2020年以降、順次運行する予定という。KORAILは、日本と中国が繰り広げる世界高速鉄道受注戦に韓国も挑戦状を出せる足がかりをつかんだと鼻息が荒いが、甚だ疑問だ。国内で走ってもいない無実績の列車を海外で走らせることは、土台無理な話なのではないか。

 大韓民国の核心ブランドになるか…

 韓国紙、中央日報(日本語電子版)によると、韓国鉄道公社(KORAIL)が韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を近く公開して品評会を開くと明らかにしたという。KORAILは昨年12月、現代−起亜自動車グループ「現代ロテム」の韓国型次世代高速車両16両を2021年3月末までに590億ウォン(約58億円)で購入する契約を締結している。

 韓国でこれまで開発していた高速列車は、動力推進装置が列車の前と後ろの車両に集中して配置されていた「動力集中式」だった。だが、今回購入を決めたEMUは車両ごとにエンジンが搭載されているためスピードが出る。最高速度が320キロ毎時、設計最高速度は352キロ毎時となり、韓国最速の高速列車になる見通しとしている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/west/news/170531/wst1705310064-n1.html


2: 2017/05/31(水) 15:58:58.62 ID:iVXpp2sK

え?冗談でいってるんですよねww


3: 2017/05/31(水) 15:59:19.34 ID:CQMaKW+M

まずは自国でがんばれよ。


4: 2017/05/31(水) 15:59:46.45 ID:cshzLnRs

ガムテープは優秀(でもないけどな)。

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年05月25日

【韓国鉄道公社】時速320キロの動力分散式高速列車の模型を公開

1: 2017/05/24(水) 13:19:09.47 ID:CAP_USER

一般市民を対象に公開された韓国型動力分散式高速車両模型(写真=KORAIL)
韓国鉄道公社(KORAIL)が韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を公開して品評会を開くと23日、明らかにした。

今回の品評会は、実際に鉄道を利用する人々から意見を聞いて車両の設計に反映させることを目的としている。観覧客は実物模型を一通り見た後、アンケートに答える。これに先ち、KORAILは昨年9月の国民向け調査を通じて新しい高速列車の外形デザインを決めた。今回は模型を通じて運転室や特室(グリーン車に相当)および一般室内部なども見学できるようになっていて、外形だけでなく内部デザインにも国民の意見を反映させていこうという趣旨だ。

KORAILは昨年最大時速320キロの車両16台など韓国型動力分散式高速車両130両に対する購入契約を交わし、2020年以降、高速線および準高速路線でに投入して運行していく予定だ。

洪淳晩(ホン・スンマン)社長は「今回の高速車両は全国の主要幹線をカバーする大韓民国の核心ブランドになるだろう」としながら「技術と運営ノウハウを集約させて海外の動力分散式高速車両市場に積極的に進出していきたい」と明らかにした。
中央日報 latest news
2017年05月24日07時44分
http://japanese.joins.com/article/390/229390.html?servcode=300&sectcode=320


30: 2017/05/24(水) 13:27:35.95 ID:+VWXphjU

no title

どっかで見たような。


41: 2017/05/24(水) 13:29:35.69 ID:J2wvdCmh

>>30
どこかで見たような…カラーリングだけ変えたW7系ですね。
てことは、またパクリ?


47: 2017/05/24(水) 13:32:29.60 ID:zmaVlh/7

>>40
かなりやな。

>>41
近いのはE3系ですな。


51: 2017/05/24(水) 13:34:22.73 ID:J2wvdCmh

>>47
あっ、E3ですか…確かに!

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道