地震 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年10月24日

【韓国】市民71人がM5.4地震(震度4)で国相手に損害賠償請求訴訟

1: 2018/10/23(火) 17:58:14.10 ID:CAP_USER

10/23(火) 16:01配信
中央日報日本語版

昨年11月15日、慶北浦項市(キョンブク・ポハンシ)で起きたM(マグニチュード)5.4の地震被害を受けた住民たちが国家を相手取って損害賠償請求訴訟を提起した。浦項地震を誘発した原因である浦項地熱発電所の建設を国家が主管して支援したという理由だ。

地震被害を受けた住民たちで構成された「浦項地震汎市民対策本部」(以下、汎対本)」の会員71人は15日、法務法人ソウルセントラルを通じて国家などを相手取って誘発地震の損害賠償請求訴訟を大邱(テグ)地裁浦項支院に提起したと23日、明らかにした。損害賠償の請求額は2億ウォン(約1977万円)だ。訴訟参加者1人当たり地震被害の慰謝料5000〜1万ウォン(1日)、産業公害による被害2000〜4000ウォン(1日)で算定した金額だ。

汎対本はこれに先立ち、1月浦項地熱発電所の運営中断仮処分申請を提出した。裁判所は仮処分申請を受け入れ、現在浦項地熱発電所は建設が中断されている。産業通商資源部が構成した詳細な調査団と浦項市が設置した別途の共同研究団が浦項地熱発電所と地震の相関関係に関する研究を進行中だ。汎対本側は23日、浦項市庁ブリーフィングルームで記者会見を行って「今回の訴訟は浦項地熱発電所の建設過程で発生した振動が地震を誘発させ、産業・環境公害を起こしたことに対する損害賠償請求訴訟」としながら「地熱発電所はもちろん、地熱発電プロジェクトを主管して予算を支援した国家に大規模の損害賠償責任を問うだろう」とした。

訴訟参加者は汎対本が3日間参加申請を受けて集まった地震被害住民71人だ。汎対本は今後2〜3回にわたって訴訟を進め、今より数十倍多い住民たちを参加させる方針だ。来年5月ごろ、公示地価が再び決定され、市民参加が大きく拡大する場合、訴訟費用は5兆〜9兆ウォンまで上昇するだろうと汎対本は推算した。

汎対本はまだ地熱発電所と地震の相関関係が明らかになっていないにもかかわらず、再度その関係性が明らかだと主張した。汎対本側は「浦項は気象庁が発足されて以来、M3.0 以上の地震が発生したことがないが、地熱発電所が誘致されてから2016年1月中旬から2月中旬まで1カ月の間、362回にわたる微小地震が発生した」と指摘した。

11・15浦項地震は浦項市北区興海邑(プック・フンヘウプ)を中心にけが人92人、被災者1800人を発生させて施設被害2万7317件などを起こして総被害額3323億ウォンだった。一部の住民たちは地震1年が過ぎた今までも仮設住宅や体育館での避難所生活を続けている。

一方、地震被害とは別に今回の訴訟にはポスコも被告に含まれた。訴訟を担当した法務法人ソウルセントラルのイ・ギョンウ代表弁護士は「致命的産業公害の代価で韓国経済を牽引したポスコが過去50年間、浦項市民に与えた公害被害は途方もない一方、これまで一度も市民のために補償したことがない」として「地熱発電誘発地震とポスコ公害問題がほぼ類似した産業公害」と主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000040-cnippou-kr


2: 2018/10/23(火) 17:59:04.60 ID:TLoLKBnz

明日にはチョッパリのせいニダになります


6: 2018/10/23(火) 18:00:06.51 ID:YbSl8XpV

おっ
また内ゲバ始めたw


7: 2018/10/23(火) 18:00:15.82 ID:GUw5BO8y

日本人は億万長者になれるな♪

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震

2018年09月13日

【安倍首相】台風・地震お見舞いの韓国大統領への謝意、4日後 他国と対照的 政府「事務処理上の問題。政治的意図は全くない」

1: 2018/09/11(火) 22:34:50.04 ID:CAP_USER9

※たまたまスレです

 安倍晋三首相が、台風と地震見舞いのメッセージをツイッターで伝えた韓国の文在寅大統領に対し、その4日後の10日に謝意を表すツイート(書き込み)を返した。オーストラリアや台湾に即座に返信したのとは対照的だとの見方が日韓間で出ている。遅れた理由に関し、政府は「事務処理上の問題。政治的意図は全くない」(官邸筋)と説明する。

 台風21号と最大震度7を観測した北海道での地震に関し、文氏が「哀悼を表します」と書き込んだのは、6日早朝。「災害が続き、衝撃は大きいでしょうが、徹底して備えてきた日本の底力が発揮されると信じています」とも述べた。首相が返答したのは10日夜。

2018/9/11 18:29
共同通信
https://this.kiji.is/412178584843977825


4: 2018/09/11(火) 22:36:46.11 ID:C8HaAZSR0

GJw


6: 2018/09/11(火) 22:37:09.47 ID:CgGuvrLv0

大変だったねえ お金がして


7: 2018/09/11(火) 22:37:32.43 ID:TUX5vkuI0

はあ?
お見舞いする側される側があって
お見舞いする気持ちがあったら
一切返事が来なくてもそこは文句言ったらいけないと思うんだが

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震

2018年09月08日

【韓国外交部】 「北海道地震、国民の迅速な帰国など支援」 

1: 2018/09/07(金) 11:48:36.80 ID:CAP_USER

韓国外交部は7日、強い地震が発生した北海道の札幌現地に対応チームを派遣し、現地に滞在中または訪問中の韓国国民の速かな帰国を支援する予定だと明らかにした。

外交部の当局者はこの日、「外交部本部と在札幌総領事館は対策班を設置し、24時間状況対応中」とし「現地滞留中の韓国国民に交通情報や滞留所現況情報などを公館ホームページを通じて提供している」と伝えた。

また、日本当局と協議し、現地の学校や施設など臨時滞留所5カ所を確保して案内していると説明した。さらに在札幌総領事館は滞留所に待機中の韓国国民に非常食の提供のほか、迅速な送金サービスなどを支援する計画だ。

日本気象庁は6日、「北海道で最大震度7の地震が発生した後、余震が100回ほど続いていて、今後1週間は余震に注意してほしい」と対応を呼びかけた。


2018年09月07日11時06分
中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/889/244889.html?servcode=200&sectcode=200


2: 2018/09/07(金) 11:49:33.18 ID:UBPUyF5y

在庫も一緒に引き取れよ


7: 2018/09/07(金) 11:50:59.88 ID:uZljJHp6

>>2
だよな。
棄民といっても、国民だろうに。


3: 2018/09/07(金) 11:50:01.99 ID:FAdbj0Cj

支援対象は北海道だけ?

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 地震

【北海道地震】「ホテルはクレカが使えない。停電でATMも使えない。今夜どこに泊まればいいのか」 韓国人観光客、途方に暮れる

1: 2018/09/07(金) 19:34:41.11 ID:CAP_USER

 6日午前3時ごろに発生した震度7の地震で北海道全体が停電となり、北海道を旅行中の韓国人観光客数千人が足止め状態となっている。これらの人々は「コンビニエンスストアのミネラルウォーターや食べ物も売り切れている」「唯一の連絡手段である携帯電話を充電する所もなくて困っている」と語った。

 2歳の子どもを連れて札幌を旅行中のキム・ジュヒョプさん(36)は「未明に携帯電話の地震警報が鳴ったのと同時にベッドがものすごく揺れた。横になっていられずに午前5時ごろ、荷物をまとめてレンタカーを運転してホテルから空港へ向かったが、欠航になっていた」と話す。

 新千歳空港は地震発生直後に閉鎖された。各航空会社によると、6日と7日に韓国に戻る予定だった韓国人観光客は約4000人だとのことだ。

 札幌から北東に160キロメートル離れた美瑛町を観光していたシンさん(32)は「コンビニでミネラルウォーター1本、おにぎり2個、あめ1袋しか買えなかった」と言った。地元の一部ホテルは営業を中止している。停電と断水で掃除ができず、食べる物も供給できないためだ。札幌に滞在中のチェ・ヨルムさん(22)は「営業を続けているホテルでもクレジットカードは受け付けていない。停電のためATM(現金自動預払機)で現金を下ろすこともできない状況なので、今夜どこに泊まればいいのか分からない」と途方に暮れた様子だった。

 駐札幌大韓民国総領事館が同日午後、観光客に避難所について案内したが、その避難所の状況も劣悪だという。札幌市内の高校に設けられた避難所に滞在していたイ・スンソクさん(30)は「避難所には韓国人が150人いるが、ほとんどが50代以上で、毛布1枚で夜を過ごさなければならない状況だ」と語った。

 日本の旅行情報を共有するインターネット掲示板には、助けを求める書き込みが1時間に数十件寄せられている。ポータルサイト「ネイバー」の掲示板「ネイバー日本旅行同好会」には「札幌の宿泊施設に滞在しているが、サイレンの音が響いている。余震が来るのではと思うと怖い」などの書き込みがあった。

9/7(金) 9:55配信 朝鮮日報日本語版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000994-chosun-kr


4: 2018/09/07(金) 19:36:44.44 ID:ZBf0nR99

でもこうやってマスコミと連絡取れてるじゃん


6: 2018/09/07(金) 19:37:14.64 ID:SCWU2WwG

札幌にいるなら市内に領事館あるだろ?


7: 2018/09/07(金) 19:37:26.12 ID:oJ9Y/ftK

これに懲りてもう日本には来ないようにね

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 地震

2018年09月07日

【北海道地震】 韓国人観光客らにも不安広がる「想像以上に怖い」「一番悲しいのは…」「日本旅行はしばらくやめておこう」

1: 2018/09/06(木) 11:16:10.77 ID:CAP_USER

2018年9月6日朝、北海道で最大震度6強の地震が発生した。韓国・東亜日報によると、現地を旅行中の韓国人観光客らの間にも不安が広がっている。

同日午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部を震源とするM(マグニチュード)6.7の地震があった。その後も午前3時20分にはM5.3、午前6時11分ごろにはM5.4の地震が発生するなど、余震が続いている。

これを受け、北海道を旅行中の韓国人観光客らは、ネット上に
「台風が去った直後に地震。寝ている時に突然揺れてすごく驚いた。初めての地震は、想像以上に怖い。停電と断水が早く復旧してほしい」
「昨日は台風、今日は地震。一番悲しいのは、日本語が分からないから災害メールが読めないこと。無事に韓国に帰れますように」
「刺激的な休暇になった。電気も使えずまるで避難民」

などのコメントを書き込んでいる。

また、韓国の主要ポータルサイトでは「日本 地震」が検索ワード1位になっており、

「今年の日本はどうしちゃったの?」
「日本旅行はしばらくやめておこう」
「日本で無事に五輪を開催できるのか?」

など懸念の声が上がっている。


2018年9月6日(木) 10時50分
https://www.recordchina.co.jp/b641499-s0-c30-d0058.html

※東亞日報の複数記事(韓国語)
2018-09-06 08:16:00
http://news.donga.com/list/3/02/20180906/91858174/2
2018-09-06 10:01
http://news.donga.com/3/all/20180906/91857950/1
2018-09-06 10:01
http://news.donga.com/list/3/02/20180906/91858986/2


2: 2018/09/06(木) 11:16:39.48 ID:3YkUM8ot

来るな糞食い朝鮮人


4: 2018/09/06(木) 11:17:50.91 ID:NyoMSZBE

永久にやめてください


5: 2018/09/06(木) 11:18:07.65 ID:chGkPwCG

しばらくやめておこう

いや、一生来なくていいから

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 地震

2018年06月20日

【韓国】大阪地震への日本と政府の対応に称賛の声

1: 2018/06/19(火) 18:37:22.73 ID:CAP_USER

2018年6月19日、大阪で起きた最大震度6弱の地震をめぐる日本政府の対応が、韓国で注目を浴びている。

韓国・朝鮮日報は、18日午前7時58分ごろに大阪府北部で起きた震度6弱の地震について
「多数の死傷者が出ている。
比較的『地震安全地帯』と言われていた大阪都心は一時、まひ状態となった。
大阪は昨年だけで約241万人の韓国人が訪れた主要観光地であり、人口880万人が暮らす日本第2の都市。
多くの人が足止めを食らい、不安に震えている」などと説明している。

また今回の地震で記事が注目しているのは「日本政府の対応」で、
「地震発生からわずか2分後に首相官邸の危機管理センターに対策室が設置された」と伝えた。
安倍晋三首相は地震発生から5分後の8時3分に全ての関係当局に迅速な被害状況の把握と救助・復旧作業を行うよう指示。

同30分には官房長官が、同58分には首相がカメラの前に立った。
安倍首相は「人命が最優先との基本方針の下、政府が一つになって対応している」と述べた。
その間、自衛隊はヘリコプターで被害地域の状況を撮影し、首相室に送信。
さらに経済産業省は被災した中小企業のための相談窓口を直ちに設置したという。

また記事は、日本メディアがすぐに災害放送を流したこと、電車が止まった後に乗客らが乗務員の案内に従って速やかに脱出し、
秩序正しく列を作って避難したことも伝えている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは
「さすが災害強国。先進国は違うね。韓国政府は日本の専門家を呼び、災害対応について学ぶべき」
「大変な状況なのに、市民が落ち着いていて驚いた。教育と訓練がしっかりしている証拠だ」
「市民意識や安全意識は韓国と雲泥の差がある」「2分で稼働させるなんて現実に可能なの?すごい」など称賛の声が相次いでいる。

また「けが人が増えないことを願う」「他人事とは思えない。これ以上、大きな地震が起こりませんように」
「韓国人も多く住む地域。全員の無事を願っている」など被害拡大を心配する声も寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14887026/


2: 2018/06/19(火) 18:38:23.12 ID:+i7aSXNo

チョンは泥棒するだけだからねぇ


4: 2018/06/19(火) 18:40:39.45 ID:/uP/A7H7

日本下げ反日パヨク涙目w


5: 2018/06/19(火) 18:41:05.90 ID:3A5NxjMm

正直韓国の反応なんかどうでも良い

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震

2018年04月30日

【韓国】浦項M5.4地震は地熱発電所が誘発 韓国の研究者ら立証

1: 2018/04/29(日) 09:16:10.46 ID:CAP_USER

浦項地震:「地熱発電所が誘発」 韓国の研究者ら立証

no title


 昨年11月に韓国南部の浦項で起きたマグニチュード(M)5.4の地震は、付近の地熱発電所から地中に水を注入したことが直接的原因だという研究結果がまとまった。浦項地震は2016年9月の慶州地震(M5.8)に次ぎ、韓国で発生した地震としては過去2番目に強い地震だ。

 李晋漢(イ・ジンハン)高麗大教授、キム・グァンヒ釜山大教授ら研究陣は、科学誌「サイエンス」最新号に発表した論文で、過去40年間に浦項興海地区で発生した地震を分析した結果、2016年から始まった地熱発電所の水注入が地震の直接的原因であることが立証されたと指摘した。浦項地震は地熱発電所によって誘発されたとの主張だ。

 地熱発電は地下4キロメートル以上の深さに穴を2本堀り、一方に水を注入し、地熱で加熱した上で、発生する水蒸気を別の穴から取り出し、発電所のタービンを回すことで発電を行うものだ。昨年11月15日に浦項地震が起きた直後、震央が地熱発電所からわずか600メートルの地点だったため、科学界からは「地下に注入した水が地震の原因」という主張が出ていた。地下で高い水圧が発生し、周辺の地層を割ったか、既に形成された断層を滑らせたとの見方だ。研究陣は「韓国で地震観測が始まった1978年以降、2015年まで浦項興海地区でM2.0以上の地震が起きたことはないが、16年から地熱発電所による水注入が始まり、M2.0以上の地震が4回発生した」と指摘した。

 地震が最初に発生した位置も地熱発電所が水を注入するために地中に挿したパイプの深さとほぼ一致した。浦項地震の発生5日前、研究陣は地熱発電所付近に8台の簡易地震計を設置した。11月15日からM5.4の本震が発生するまでの間、9時間前から6分前にかけ、6回の前震が発生した。研究陣は前震の震源の深さは4−6キロメートル、本震の震源は4.5キロメートルで、地熱発電所のパイプが挿された深さとほぼ同じだという。一般的に韓国で発生する地震の震源の深さは10−20キロメートルが多い。

李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/27/2018042701566.html


2: 2018/04/29(日) 09:16:35.81 ID:CAP_USER

研究陣は「浦項地震はこれまで世界で起きた地熱発電所誘発地震とは形態が異なる」とした。これまで地熱発電所が誘発した地震の最大規模はスイス・バーゼルで起きたM3.4だった。これまで国際学界では地熱発電所が誘発する地震は注入する水の量に比例し、浦項地震のようにM5.4の地震が起きるためには、1000万トンの水が注入されなければならないとみられていた。しかし、浦項地熱発電所による水の注入量はそれよりはるかに少ない1万2800トンだ。それにもかかわらず、M5.4の強い地震が起きたことについて、李教授は「浦項のように既に危険な状況にある断層であれば、少ない量の水を注入しても大規模な地震を誘発することがあり得ることを立証している」と述べた。

 一方、スイス、ドイツ、英国の研究陣も同日、「浦項地震は地熱発電所によって誘発された可能性が高い」とする論文を発表した。研究陣は衛星写真で観測された地表面の変化で断層運動を推定した結果、「地熱発電所から注入された水が断層を揺るがした可能性がある」とした。

 韓国政府の浦項地震調査研究団は、今回の研究結果について、「地熱発電と浦項地震に関連がある可能性は否定できない」としながらも、「関連性を明確に判断するためには追加的な証拠が求められる」との認識を示した。調査団長を務める李岡根(イ・ガングン)大韓地質学界長(ソウル大教授)は「今年3月から水を注入した後、パイプ周辺と断層に実際にどんな変化が生じたかなどを遠隔探査方式で調べている」と説明した。

李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 地震