強制徴用 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年08月23日

【韓国】文大統領が“タカリ外交”宣言 韓国が作った『強制動員調査委員会報告書』徴用工問題で日本企業2000社標的

no title

1: 2017/08/21(月) 11:26:52.76 ID:CAP_USER

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が歴史問題を蒸し返し、日本に「タカリ外交」を展開する姿勢を鮮明にした。就任100日の17日に開いた記者会見で、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工問題について、「個人の権利は残っている」と述べたのだ。韓国政府として、個人請求権が消滅していないとの判断を示したのは初めてとなる。

慰安婦問題に加え、徴用工問題が新たな「賠償カード」となり、訴訟を通じて日本企業に補償を迫ってくることは確実だ。
 
徴用工をめぐる文氏の17日の発言は、狂気の沙汰としかいいようがない。1965年の国交正常化に伴う日韓請求権協定に基づき、日本政府は政府や企業に補償、賠償の義務はないとの立場で一環している。
 
韓国政府も2005年、徴用工問題について「解決済み」との立場を示していた。慰安婦とサハリン残留韓国人、韓国人被爆者については協定の対象外と主張する一方で、協定で日本から韓国に支払われた3億ドルの無償資金は「強制動員の被害補償問題を解決する(性格の)資金」と指摘していたのだ。
 
05年といえば、文氏の盟友で「反日」に邁進(まいしん)した盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代。しかも、文氏は政権の高官を務めていた。
 
ところが文氏は、韓国人の個人請求権が消滅していないとする12年の韓国最高裁の判断をよりどころに「韓国政府はこの立場で歴史問題に臨んでいる」と説明した。

12年の最高裁判断後、韓国では元徴用工らが日本企業に損害賠償支払いを求めた12件の訴訟で、日本企業に賠償を命じる判決が続いている。最高裁の最終的な確定判決は出ていないが、文氏の今回の発言で原告勝訴の確定判決が出る可能性は高まり、その場合、日本企業は多大な出費を強いられることになる。
 
慰安婦問題についても、文氏は「慰安婦問題が判明し、社会問題となったのは(1965年に日韓基本条約を締結した)韓日会談よりかなり後で、会談で解決したというのは正しくない」と述べ、「未解決」と強調した。
 
こうした文氏の発言について、拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「韓国は永久に補償ビジネスを国家ぐるみでやろうとして、大統領がその先頭に立ったという宣言だ」と指摘する。さらに、「韓国が作った『強制動員調査委員会報告書』の中には、徴用工問題で日本企業の名前が2000社ぐらい出ており、今後、訴えられる可能性がある。

日本企業は唯々諾々として、不当な判決に応じるべきではなく、2000社は結束して不当な請求に対しては応じないという姿勢をはっきりと示すべきだ」と語った。


2017.8.21
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170821/soc1708210003-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170821/soc1708210003-n2.html


3: 2017/08/21(月) 11:30:39.84 ID:j41cm+g8

韓国に進出してる企業帰ろうね
何で国交断絶しないんやろ
安部がバカやから!
年金支給75才にしたら国民は自民党に入れるな!


6: 2017/08/21(月) 11:31:33.64 ID:yoXKtdeY

まずは薄汚い在チョンを10万匹ほど送り返してやれ!


7: 2017/08/21(月) 11:32:36.60 ID:MIEMNe1b

チョン政府に言うと良い。
個人請求権は消滅していないからチョン政府が
補償に応じる筈。
どうぞブーメランになります様に

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 強制徴用

2017年08月22日

日韓議連が文大統領と面会、徴用工問題で日本の立場伝える

no title

1: 2017/08/21(月) 19:25:00.48 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170821-00000054-jnn-int
TBS系(JNN)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、日韓両政府で解決済の「徴用工問題」を一方的に蒸し返している問題で、日韓議員連盟の議員が21日文大統領と面会し、日本の立場を伝えました。

 超党派でつくる日韓議連の額賀福志郎会長らは午後、文大統領とおよそ40分間にわたって会談しました。日本の植民地時代に動員された「徴用工」について、文大統領は17日、これまでの韓国政府の見解を覆し「個人の賠償請求権は残っている」との認識を示しています。これについて、額賀会長は、「1965年の日韓請求権協定で解決済み」との日本側の立場を伝えました。

 「(大統領には)未来志向でお互いの利益をはかっていこうと、解決策を見いだしていこうという一貫したトーンがあったと思う」(日韓議連 額賀福志郎会長)

 徴用工問題をめぐっては、日本企業に賠償を命じる判決が韓国で相次いでいて、確定すれば韓国内の資産が差し押さえられる懸念も浮上しています。


2: 2017/08/21(月) 19:26:46.42 ID:wPLbBucD

額賀、こりゃ駄目だ!


3: 2017/08/21(月) 19:27:31.76 ID:SYU6imHv

>>1
> 額賀
こいつは信用できん。
というか、よく防衛大臣やったな、こいつ。


4: 2017/08/21(月) 19:27:44.16 ID:TxkbKfnB

条約を忘れた民族に未来はない

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 強制徴用

2017年08月21日

【韓国】呉善花氏「徴用工は新たな反日カード」「慰安婦問題と同様に、(反日の)大きな力となる危険がある」

1: 2017/08/20(日) 09:19:03.97 ID:CAP_USER

評論家で拓殖大教授の呉善花(オソンファ)氏は19日、佐賀市天神のアバンセホールで講演し、日本統治下の朝鮮半島での徴用工問題について「韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は人権問題として持ち出した。新たな反日カードであり、言葉だけが国際社会で一人歩きすると危険だ」と語った。

文大統領は17日、徴用工について「個人の権利は残っている」と述べた。これに対し、日本政府は日韓請求権協定(1965年)で「完全かつ最終的に解決済み」と抗議した。

呉氏は「徴用工問題はまだ盛り上がっていない。しかし今後、韓国側が人権問題として世界に訴えれば、専門家が反論しても通じてしまうだろう。慰安婦問題と同様に、(反日の)大きな力となる危険がある」と警鐘を鳴らした。

文大統領は徴用工について、北朝鮮と共同での被害実態調査にも言及した。呉氏は「日本を巻き込み、北朝鮮を支援したいとの狙いがある」と指摘した。

また、長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)を舞台にした韓国映画「軍艦島」(柳昇完(リュスンワン)監督)について、「過剰な演出がある。いくら映画といっても、歴史を扱う際は、事実関係に忠実であるべきだ」と批判した。講演会「佐賀土曜セミナー」で語った。

http://www.sankei.com/world/news/170820/wor1708200014-n1.html

no title

佐賀市内で講演する呉善花氏


2: 2017/08/20(日) 09:21:55.56 ID:+9WWNBB/

ヘタレ安倍はいつまでこんな嘘、捏造で日本を攻撃する国と付き合うつもりかね。


3: 2017/08/20(日) 09:22:20.72 ID:kZH4CVRI

ライダイハン像を韓国に立てよう


4: 2017/08/20(日) 09:22:30.59 ID:gGGK8chM

だったらパチンコ送金とかカウンターしろよ。
公営ギャンブルなみに税金取って、過去分も遡及して取ればかなりの埋蔵金だ。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 強制徴用

2017年08月20日

【正当な権利】産経「韓国が蒸し返すのなら日本は半島に残してきたインフラ施設の対価要求するのもいいだろう」

fabyou

1: 2017/08/19(土) 21:44:56.01 ID:CAP_USER9

http://www.buzznews.jp/?p=2110387

産経ニュースが8月19日の産経抄で最近の韓国の態度に業を煮やし「日本が半島に残してきたインフラ施設の対価を要求するのもいいだろう」という意見を紹介しています。

「産経抄」では韓国の文在寅大統領が徴用工に関連した請求権について「個人の権利は残っている」などと語って問題を蒸し返し始めた点に「もともとは、韓国政府も徴用工への補償は『解決済み』との見解だった」と懸念を示し、韓国事情に詳しい作家が「蒸し返したり、否定したりするのは、韓国人のお家芸」と指摘しているのを挙げて論を展開。

「そういう国であるのなら、それなりの対処の仕方がある」として目には目をと言わんばかりに河野談話を取り消したり「日本が半島に残してきたインフラ施設について、正当な権利だとして対価を要求するのもいいだろう」としているのです。

このコラムは反響を呼んでいるようで、8月19日の夕方までに3,000回以上シェアされていますが、多くの人は現実的ではないのではないかと受け止めるとともに、韓国と同じような手口を使えば向こうの要求にも対応せざるを得なくなるとして冷静に捉えているようです。

しかし慰安婦問題に関する日韓外相合意では日本から10億円を受け取りながら慰安婦像の撤去に動こうともしない韓国が、他にも日本海呼称問題で攻勢を強めたり今回の徴用工問題についても像の設置や「個人の権利」という形で蒸し返しを容認する態度であることについては「それなら日本もやってやれ」と言いたくなる気持ちもわからないではない、という形での理解も少なくはありません。

産経では同じ8月19日の「目線〜読者から」を「終戦72年『中韓に忖度しても何も改善しない』」というタイトルで掲載するなど韓国への不満を強めていますが、8月18日には朝日新聞までもが社説で徴用工問題について文在寅大統領の言動を「あやうさを感じざるをえない」と表現していたほどであり、北朝鮮のミサイル問題に対し日米韓の連携を強化していかなければならない時期であるにも関わらず日韓関係を悪化させたいかのような文在寅大統領への失望感がメディアの間にも広がっています。


2: 2017/08/19(土) 21:47:05.20 ID:VrgpzAZF0

在日返還もお忘れなく


4: 2017/08/19(土) 21:47:32.27 ID:RCdx6xv70

「今こそ、韓国に謝ろう」翻訳してダウンロードできるようにすればええねん


5: 2017/08/19(土) 21:47:58.83 ID:ExE8MCw90

韓国で言ってくれ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 強制徴用

2017年08月19日

【徴用工問題】 日韓議連会長・額賀福志郎氏、21日に韓国・文在寅大統領と会談へ 日本の立場説明

額賀

1: 2017/08/18(金) 19:32:39.81 ID:CAP_USER

http://www.sankei.com/politics/news/170818/plt1708180026-n1.html

 超党派の日韓議員連盟の会長を務める自民党の額賀福志郎元財務相は18日、議連幹部らと21日にソウルを訪問し、韓国の文在寅大統領と会談すると明らかにした。安倍晋三首相と首相官邸で面会後、記者団に語った。

 額賀氏は安倍首相と、韓国の文在寅大統領が日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について「個人の権利は残っている」と主張したことをめぐっても意見交換した。

 額賀氏は元徴用工の個人請求権について「1965年の日韓国交正常化における請求権問題は処理されているという認識を持っている。盧武鉉元大統領時代も互いにそういう確認をした経緯もある」と述べた。


4: 2017/08/18(金) 19:38:12.18 ID:LKSfO426

何しに行くのかはっきりしろ


9: 2017/08/18(金) 19:39:18.02 ID:vuA7gF5m

何でわざわざこっちから行くの
ほっときゃいいのに


10: 2017/08/18(金) 19:41:23.18 ID:mc7T539x

説明もいらねー。
相手すんな。しかもこっちから行くとか属国かよ。

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 強制徴用

ついに朝日も「あやうさ」指摘 文大統領の「請求権」発言めぐり日本メディアが「総攻撃」

munn

1: 2017/08/18(金) 19:52:37.14 ID:CAP_USER

https://www.j-cast.com/2017/08/18306216.html?p=all

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2017年8月17日に就任から初めて開いた記者会見で、徴用工問題をめぐる従来の政府見解を覆した。日韓の新たな火種になるのは確実で、読売新聞が「賠償蒸し返し」の見出しで発言を非難し、朝日新聞も社説で文氏の発言には「あやうさ」があるとした。

日本メディアがそろって文氏の発言を批判するという珍しい事態だ。

2005年見解では3億ドルが「被害補償問題を解決する性格の資金が包括的に勘案」

文氏は2017年8月15日に行った演説で、徴用工や慰安婦の問題について、

「被害者の名誉回復と補償、真実究明と再発防止の約束という国際社会の原則がある。韓国政府は、この原則を必ず守る」
と述べていた。

日本は1965年の国交正常化時に締結された日韓請求権・経済協力協定に基づいて5億ドル(無償3億ドル、有償2億ドル)を韓国に供与。協定では、日韓の請求権をめぐる問題が「完全かつ最終的に解決された」ことを確認すると定めている。日本側は徴用工の問題が起こるたびに、この点を強調してきた。

韓国側も、少なくともこの点については日本側と足並みをそろえていたはずだった。05年に廬武鉉政権が示した政府見解では、元慰安婦や原爆被害者の個人請求権は失われていないと主張したが、徴用工については、日本から受け取った3億ドルを

「被害補償問題を解決する性格の資金が包括的に勘案されている」
として、徴用工の請求権問題は韓国政府が責任を負うべきだとしていた。当時大統領首席秘書官だった文氏は、この見解をまとめた官民「共同委員会」の政府委員メンバーだった。

こういったことを念頭に、記者会見ではNHKのソウル支局長が韓国政府の具体的な対応方針を質問する中で、特に徴用工問題については、「特に大統領もよくご承知のとおり...」と念押ししながら、

「過去の盧武鉉政権の時、日韓基本条約で解決された問題であり、被害者への補償は、韓国政府が行うという結論を下している」
と認識をただした。

「両国間での合意が、一人一人の権利を侵害することはできない」
これに対して文氏は

「両国間での合意(日韓請求権協定)が、一人一人の権利を侵害することはできない。両国間の合意があるにもかかわらず、徴用された強制徴用者個人が三菱などをはじめとする企業に対して有する民事的権利はそのまま残っている、というのが韓国の憲法裁判所や韓国大法院(最高裁)の判例(判断)だ。政府はそのような立場から、過去の歴史問題に取り組んでいる」
と述べた。

徴用工問題をめぐっては、韓国の最高裁が2012年、「個人の請求権は消滅していない」とする判断を示している。これを機に、元徴用工や元女子挺身隊が日本企業を相手取って相次いで訴訟を起こしており、続々と日本企業が敗訴している。文氏としては、過去の政府見解を覆す形で裁判所の判断を追認したことになる。仮に日本企業の敗訴判決が確定すれば、その企業が韓国で持つ財産が凍結されるおそれも指摘されている。

徴用工以外に慰安婦の問題も引き続き「火種」だ。慰安婦問題は、15年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」したとされているが、文氏は

「(1965年の日韓国交正常化に向けて行われていた)日韓会談当時には知らなかった問題だった。いわば、その会談では取り上げられなかった問題だ。慰安婦問題が知られて社会問題となったのは、韓日会談から後のことだった。だから慰安婦問題が(国交正常化に向けた)日韓会談で解決されたということ正しくないと思う」
などと主張。問題は未解決だとの立場をにじませた。合意については

「今、外交部(外務省)が自主的にタスクフォース(作業部会)を設置して、その合意の経緯(に検証)や評価について作業を行っている。その作業が終わり次第、外交部が方針を決める」
と述べ、現時点では大統領選で公約にしていた「再交渉」への言及は避けた。

続く


2: 2017/08/18(金) 19:53:10.86 ID:CAP_USER

続き


日本メディアの反応に「保守・進歩問わず『日韓関係に火種』」

日本の外務省は発言について韓国側に抗議しており、日本メディアも、総じて発言に批判的だ。読売新聞は1面に「徴用工『解決済み』覆す」、総合面で「韓国 賠償蒸し返し」の見出しで発言を批判。産経新聞は1面に「歴史戦」のマークつきで「文大統領『徴用工 個人に請求権』」の見出しで事実関係を伝えた。毎日新聞は総合面で「徴用工『火種』の恐れ」と題して発言をめぐる懸念を解説。日経新聞は政治面で「韓国大統領、政府認識覆す」の見出しで事実関係を伝え、「韓国不信、増幅する懸念 慰安婦に続き蒸し返し」と題した解説記事をつけた。

朝日新聞は全国紙では唯一、この問題を社説で取り上げた。「徴用工問題 歴史再燃防ぐ努力こそ」の見出しで、文氏の発言を「あやうさを感じざるをえない」と指摘。日本側も「わだかまりをほぐすための方策を探り続けるのは当然の責務」だとしながらも、

「歴代政権が積み上げた歩みをまず尊重する。それが歴史問題の再燃を防ぐ出発点である」
と、判断を覆したことを疑問視した。

こういった日本メディアの反応を、韓国メディアは

「保守・進歩問わず『日韓関係に火種』」(中央日報)
などと伝えている。全紙が「火種」という単語を使っているわけではないが、共通して文氏の発言がリスクになりうるという指摘をしている点に着目したようだ。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 強制徴用

「映画には想像が多い」「日本人は遺体を送還しよくやった」 韓国人の元徴用工が映画「軍艦島」の虚偽指摘

nidanaki

1: 2017/08/18(金) 21:53:32.91 ID:CAP_USER

【ソウル=名村隆寛】「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」(柳昇完(リュ・スンワン)監督)が韓国で上映中だが、軍艦島で実際に徴用工として働いたという韓国人男性が韓国メディアに対し、映画の内容が実際とは異なり誇張されていると指摘している。

問題を指摘したのはチェ・チャンソプ氏(87)。チェ氏を取材した韓国日報(電子版)によると、チェ氏は先月26日、韓国政府の招待を受け、元徴用工や遺族50人余りとともに「軍艦島」を鑑賞した。

チェ氏は鑑賞後、「映画には想像が付け足されているようだ」と語った。その例として、映画に登場する楽団長の娘を挙げ、「あんな幼い少女を軍艦島では見たことがなかった」と述べた。

この指摘に、記事では「強制徴用が始まった後、連れて来られた朝鮮人はほとんどが少年だった」との説明が加えられていた。

一方、米軍の爆撃で死亡した朝鮮人の死体を一カ所に集め燃やす場面について、チェ氏は事実と違うと否定。

「端島で働いていて亡くなった人は多かったが、日本人はその遺体をちゃんと弔って、韓国に送還していた。それだけは実に善良によくやった」と回顧した。

また、映画では朝鮮人徴用工らが力を合わせて、管理する日本人らと戦い脱出を敢行する場面があるが、チェ氏は「全く不可能だ」と断言した。

チェ氏は「映画はもう少し淡泊であるべきだった」「日本人がしたことをそのままに、韓国人もしたことをそのままに映画にすべきだった」と不満を語った。

多額の制作費をかけ鳴り物入りで7月末に封切られた「軍艦島」。公開当初こそ関心を集めたが、現在は観客動員数が伸びず苦戦を強いられているという。

http://www.sankei.com/premium/news/170818/prm1708180014-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/170818/prm1708180014-n2.html


2: 2017/08/18(金) 21:56:08.31 ID:9/WUAEXe

結局、全て嘘やん


4: 2017/08/18(金) 21:57:07.42 ID:dhC9CVfV

高給出稼ぎだしな馬鹿チョンどもって事ですね


5: 2017/08/18(金) 21:58:15.22 ID:vVbpsiNd

本当に知ってる当時青年だったこの世代が全員死んだあと、
少年の頃に無理やり働かされたっていう奴らが何人も出てきて
慰安婦のような国際問題に発展する

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 強制徴用