環境汚染 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年04月22日

【韓国】微細粉塵が描いた山水画(写真)

1: 2018/04/20(金) 20:26:26.53 ID:CAP_USER

(写真)
no title

no title

no title

no title

no title

no title


首都圏の粉塵濃度のレベルが『悪い』を示した20日午前、ソウル麻浦区(マポグ)のハヌル公園から見た都心が霞んでいる。

ソース:NAVER/news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003327875

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 環境汚染

2018年04月05日

日本近海の「微細プラスチック」濃度、世界平均の27倍〜深刻な汚染の理由は?

1: 2018/04/03(火) 22:48:45.04 ID:CAP_USER

no title

no title

▲YTN

日本の微細プラスチック問題が深刻であることが確認された。

今月2日、YTNは日本近海に漂う微細プラスチック濃度が世界平均の27倍に達すると報道した。対馬近隣の浜辺では魚漁に主に使われる網や発泡スチロール、プラスチックのバケツ、各種飲み物用ペットボトルなどが簡単に発見される。

目に見えるこの様なプラスチックも問題だが、本当に深刻なのは小さくて見えない微細プラスチックだ。微細プラスチックは5ミリ未満の大きさで非常に小さく肉眼では発見しにくい。

海洋生物の体に蓄積される場合、これを食べる人間にも悪影響を及ぼす可能性があり危険だ。

日本政府の調査の結果、海水1平方キロで検出された微細プラスチックは合計172万個だった。これは世界平均より27倍多い水準だ。

日本の海(訳注:日本海(イルボンヘ)ではなく日本の海(イルボン・パダ))だけ微細プラスチック濃度が高い理由は何だろうか。東京農工大学、高田秀重教授はプラスチック製品を多く使って捨てる事実を理由に選んだ。日本は年間約900万トンのプラスチックゴミを排出すると把握された。特に1人当り年間平均300枚も使うビニール袋も原因と指摘される。

日本はプラスチック問題を解決するためにビニール袋有料化法案を推進しようとしたが流通業界の反発で不発になったことがある。

最近、韓国でも市販中のミネラルウォーター、歯磨き粉などから微細プラスチックが検出されるなど世界的に環境汚染にともなう問題が深刻な状況だ。

キム・ヒョンジ記者

ソース:インサイト(韓国語) 日本の海の「微細プラスチック」濃度、世界平均より27倍高い
http://www.insight.co.kr/news/148393


2: 2018/04/03(火) 22:49:44.26 ID:Seccssii

>>1
鮮人だろ。
ゴミが流れ着くからな。


35: 2018/04/03(火) 23:13:03.50 ID:ClpBEsFa

>>2
これにつきる。
日本海はともかく、太平洋側やオホーツク海にも○と―の表記のごみが漂着しまくり。


3: 2018/04/03(火) 22:49:59.27 ID:GQgpuapO

韓国から流れてきている?

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 環境汚染

2018年03月28日

【韓国】微細粉塵に覆われた韓国を見た『日本のネトウヨ』の反応

1: 2018/03/27(火) 11:33:16.60 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ 聯合ニュース

呼吸するたびに煤煙を吸っているようで喉がカルカル(からから)だ。しばらく青空を見ていない。

韓半島(朝鮮半島)が微細粉塵で疲弊している。日増しに酷くなる微細粉塵濃度によって、国全体が非常事態となった。

26日、国立環境科学院は微細粉塵濃度でソウルと京幾北部、京畿南部、江原嶺西、忠北は『悪い』と予想し、他の地域は『普通』と予想した。

ただし中国発の微細粉塵濃度が急増する恐れがあり、外出はなるべく控えた方がいいと求めた。

微細粉塵が深刻な事により、2カ月ぶりに首都圏を中心に『微細粉塵非常低減措置』が施行された。

(写真)
no title

▲ nullschool

大気状況の深刻度は、国別の微細粉塵数値を通じて一目で確認できる。

去る25日を基準に我が国ソウルの微細粉塵濃度は約179で、ネパールのカトマンズとインドのデリーに続いて世界3位になった。

気象庁関係者によれば、現在南海(ナムヘ)上に高気圧が位置して中国の微細粉塵が入りやすくなっており、微細粉塵を掃う風も吹かないためしばらく晴天にはなりにくいらしい。

このように連日続く中国の微細粉塵が深刻な社会問題として台頭する中、これを見ている日本人の反応が物議を醸している。

いわゆる『ネッウイク(ネトウヨ)』と呼ばれる日本の極右志向オンラインコミュニティ5ちゃん(元2ちゃん)を筆頭に、各種ポータルやSNSでは韓国の微細粉塵の状況を見た日本人がそれぞれ意見を出した。

(写真)
no title

▲ 聯合ニュース

日本ネチズンは、「韓国の微細粉塵は中国のせいだけはない。韓国も問題だ」、「どうせ中国の属国だから何の話もできないだろう」、「韓国はすぐに滅んぶ」など不愉快な意見を出した。

またあるネチズンは、「焼きサバの食べすぎだ」と言いながら揶揄した。

さらに一部からは、「微細粉塵国だから、我々をこれ以上放射能国と言わないで」、「日本のためにフィルター役に集中しろ」などの高水準な発言もあった。

(写真)
no title

▲ 聯合ニュース

キム・ヨンジン記者

ソース:インサイト(韓国語)
http://www.insight.co.kr/news/146837

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境汚染

2018年03月27日

【韓国】PM2.5全域に飛散で苦しむ国民「他国へ移住したい」「終末映画の中の空だ」…政府には中国への対策要求も

1: 2018/03/26(月) 21:13:49.70 ID:CAP_USER

◆韓国全域にPM2.5飛散…「他国へ移住したい」「終末映画の中の空だ」…政府には中国への対策要求も

「最初はメガネに何か付いているのかと思った。空全体が灰色で、まるで地球終末映画の中の空みたいだ」

25日、ソウルのある地下鉄構内で会った大学生キムさん(24)の言葉だ。
市民は3日間続いている高濃度粒子状物質発の「灰色の空」に視覚的な恐怖を感じていると口々に話した。

韓国環境公団の大気情報サイト「エアコリア」によると、25日午後12時のソウルのPM2.5(微小粒子状物質)濃度は1立方メートルあたり104マイクログラムだ。
粒子状物質の予報段階上、「非常に悪い」に該当する。
京畿道(キョンギド)は121マイクログラム/立方メートル、光州(クァンジュ)は116マイクログラム/立方メートル、忠清北道(チュンチョンブクド)110マイクログラム/立方メートル、仁川(インチョン)107マイクログラム/立方メートルなどで全国の大部分が「灰色空襲」を受けた。

ソウル銅雀区(トンジャクク)に住むソさん(66)は毎朝家族から粒子状物質の濃度が書かれた文字メッセージを受け取っているという。
この日朝も「サングラスとマスクをして外出して」という連絡を受けたというソさんは「年を取ったせいか粒子状物質の状態が非常に悪い日はとても息苦しい。だが、家に返ってきて水をたくさん飲むこと以外にこれと言った対策がない」と話した。

また「粒子状物質がどこでどれくらい発生しているのかも正しく知らされずにいる。国家次元の対策が急がれる」と付け加えた。
イさん(23)は「ニュースで粒子状物質が深刻だというのでマスクをして出てきたが目と肌がチクチクする。本当に大きなストレス」と話した。

オンライン掲示板などには「空気がきれいな国に移民したい」という書き込みが多数寄せられた。
ある市民は「職場を整理してカナダやオーストラリアに移住したい。冗談ではなく本当に真剣に悩んでいる」と書き込んだ。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願掲示板には「粒子状物質のせいでやりきれない思いです。助けてください」
「粒子状物質で韓国の市民たちを生きにくくしている中国の粒子状物質に対する外交的対策を具体的に用意してください」などのコメントが掲載された。

一方、全国有名観光地や遊園地の中には、このように粒子状物質が多く飛散する中でも訪問客で混み合っているところが多かった。
雪岳山(ソラクサン)・五台山(オデサン)国立公園は山登りを楽しもうとする登山客が多く訪れ、大規模マラソン大会が開かれた釜山(プサン)では5000人余りがマスクをしたまま3〜10キロコースを走った。

写真:http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/3/43df1_204_5d121b49_8f749734.jpg

Yahoo!ニュース(中央日報) 2018年3月26日 9時23分
http://news.livedoor.com/article/detail/14485174/


2: 2018/03/26(月) 21:16:31.09 ID:kNWN0XY6

そのうち全て焼き払ってもらえるよ。


4: 2018/03/26(月) 21:17:26.73 ID:LLbrRMGn

韓国に観光客がこない理由が1つ見つかって良かったね


8: 2018/03/26(月) 21:21:33.25 ID:4UNzasAo

文句は中国に言え。
あと日本を見るな。日本に来るな。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 環境汚染

2018年02月21日

【韓国】済州道で畜産の糞尿が深部地下水に流入。硝酸性窒素が基準値を超えて深刻な問題に

1: 2018/02/19(月) 13:28:09.26 ID:CAP_USER

「畜産の糞尿が深部地下水に流入」波紋

済州道調査の結果、15カ所のうち9カ所が硝酸性窒素「基準値超え」

沈積された糞尿が降水時に地層や深部にまで流入汚染加重

no title

[済州道民日報資料写真]畜産の糞尿が無断排出された済州道内の地下水の硝酸性窒素が基準値を超えていることが確認されるなど、問題の深刻さを示している。

翰林巴上明里一帯の地下水の家畜の糞尿の流出範囲が下流地域まで広範囲にわたって、雨が降ると雨水と一緒に透水性の地層や深部地下水にまで流入することが確認され、畜産廃水による汚染がどの程度なのか実感させている。

特に畜産糞尿の無断排出地域の地下水観測井14カ所のうち9カ所で硝酸性窒素の濃度が地下水環境基準を超過しているうえ、汚染された地下水を自然浄化で水質を回復するにはかなりの時間がかかると判断され、問題の深刻さを表わしている。

済州道は翰林上明里の家畜の糞尿の無断排出による近隣地域の地下水の汚染実態調査の結果と、汚染度が高い地下水の揚水・排出試験の結果を19日に発表した。

道によると、家畜の糞尿の不正排出地域の地下水観測井14カ所を対象に、昨年8月から12月までの降雨前・後の水質試料など計430件の地下水の水質を分析した結果、汚染指標項目の硝酸性窒素の濃度が環境政策基本法に基づく地下水環境基準(10mg / L以下)を超える観測井が9カ所と調査された。

観測井によって多少の差はあるが、一部の観測井の場合、水質試料の採水のタイミングによって水質の変化が非常に大きく、硝酸性窒素の濃度が生活用水の水質基準(20mg / L)を超えており、全体的に降雨直後に硝酸性窒素の濃度が高い傾向を示した。

no title

no title

家畜の糞尿による地下水汚染の実態を掘削して調査している。

汚染度が高いことが調査された2つの観測井の揚水・排出試験実施の結果、揚水初期には生活用水の水質基準(20mg / L)を超えていた硝酸性窒素の濃度が、揚水・排出が続いたことにより徐々に下がって、約12mg / L水準まで水質が改善された。

しかし、揚水・排出を中断して一定時間が経過した後再び再開した場合、初期排出水の汚染濃度が再び上昇する様子を見せた。

特に地下水汚染の範囲と帯水層別水質汚染の現状等を把握するために、家畜の糞尿の不正排出の下流約200m地点で実施されている調査・観測井の掘削過程で回収された掘削コア(深度21m区間)でも、家畜の糞尿の流入の痕跡が確認された。

これによって、家畜の糞尿の流出範囲が下流地域まで広範囲だと推定されている。

これらを総合すると、地層に沈積されている家畜の糞尿が降雨時に雨水と一緒に、透水性の地層や地下水管のケーシング外壁に沿って深部地下水に流入することが確認された。

一度汚染された地下水を短期間で人為的に改善させることには限界があり、自然浄化による水質回復にはかなりの時間が必要になると判断されたことによって、道は家畜の糞尿の排出施設に対する事前管理を強化していくことにした。

現在進行中の3カ所の掘削調査が終われば、地下水の水質専用観測工業に転換して常時水質監視システムを構築する計画である。

道はまた、2022年までに全域に拡大して養豚場など地下水汚染誘発施設の近隣地域の水質汚染の監視を強化していく方針だ。

no title

[済州道民日報資料写真]家畜の糞尿の不正排出の様子。

ソース:済州道民日報 2018.02.19 09:53(韓国語)
http://www.jejudomin.co.kr/news/articleView.html?idxno=96698

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境汚染

2017年05月26日

韓国の深刻な大気汚染、なぜか文大統領誕生を境に突然解消=韓国ネット「これもみんな文在寅のおかげ」

munsyou

1: 2017/05/25(木) 10:21:07.45 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177966&ph=0

2017年5月24日、韓国で深刻だった大気汚染問題が不意に解消した原因について、韓国・ニューシスが報じた。

韓国環境公団によると、微小粒子状物質PM10およびPM2.5の濃度に関する注意報・警報の発令は今年1〜5月(9日まで)で289回、うち半数近くの128回(44.3%)が5月2〜9日の8日間に集中していた。しかし9日午前7時、中部の都市・大田(テジョン)西部圏域に注意報が出されたのを最後に、以降約2週間、注意報・警報が全国で一度も発令されない状態が続いている。

今月9日と言えば、韓国の第19代大統領選の投開票が行われた日。文在寅(ムン・ジェイン)氏が正式に大統領に就任したのは翌10日だ。もちろん大気汚染の解消と大統領交代にはなんの因果関係もないはずだが、この偶然の一致に韓国のネットユーザーからは「政権が代わったからだ」「これもみんな文在寅のおかげ。天が助けてくれているのさ」「文大統領は黄砂も避けていくんだね」「大統領が変わればすべてが変わる。世の中が変わりつつあるんだ」などの声が寄せられている。

記事によると、専門家が語った大気汚染解消の本当の原因は、季節が変化し中国から飛来する黄砂が韓国に大きな影響を及ぼさなくなったこと。国立環境科学院で大気環境研究を行うイ・ドンウォン研究員は、「5月初旬の大気汚染の原因物質は中国発の黄砂」とした上で、「季節が春から夏に移るにつれ、気象条件が偏西風系列から南東風系列に変わってきているため、最近は汚染物質の濃度が下がった。夏になれば太平洋側からの風が吹くので、中国発の黄砂の影響をより受けにくくなる」と説明した。

韓国ネットでは「文大統領のおかげ」とする意見がなお多くの「いいね」を集めているものの、専門家の説明に「つまり汚染は中国のせいってことね」「ディーゼル車やサバが原因と言われてたはずだけど…」「中国の影響がなくなるとこんなにきれいになるのか。本当に最近は生き返った心地だ」などのコメントも寄せられた。


2: 2017/05/25(木) 10:21:52.86 ID:fEshyDHV

そんなわけないでしょ


3: 2017/05/25(木) 10:22:33.12 ID:7q3qGbCU

基準を変えたら基準値を超えなくなった とかそういうオチだろ


4: 2017/05/25(木) 10:22:49.56 ID:reflRcLr

機械の故障、メンテナンス不足には考えが及ばないミンジョク

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境汚染

2017年05月16日

韓国で大気汚染対策に「人工雨」降らせる計画が浮上

にだ

1: 2017/05/14(日) 18:33:02.79 ID:CAP_USER

2017年5月12日、韓国で大気汚染が大きな社会問題となる中、韓国気象庁が人工の雨を降らせてPM2.5やPM10などの微細粒子状物質の減量を図る実験を施行することが分かり、その効果に関心が集まっている。韓国・YTNが伝えた。

韓国では、中国からのスモッグに続いて最悪の黄砂が重なり、マスク着用が欠かせなくなってきている。今年1〜3月の微細粒子状物質の全国平均濃度をみると、1立方メートル当たり32マイクログラムと昨年の同時期に比べて2マイクログラム高くなっており、4月には57マイクログラム、今月1〜9日には98マイクログラムまで上がる結果となった。特に、ソウルや仁川(インチョン)、京畿道(キョンギド)、江原道(カンウォンド)など7カ所では、世界保健機関(WHO)の基準で「危険レベル」となる110〜120マイクログラムを記録した。

中国から飛来する微細粒子状物質が50%を占めるとされる中、唯一の解決策として浮上しているのが「人工降雨」だ。まず自然状態の雲に水蒸気が付着できるヨウ化銀やドライアイスといった「雨の種」をまき、水蒸気が付着し水滴が重くなると雨になって降るという仕組みで、この雨が微細粒子状物質を洗い流してくれると期待されている。国立気象科学院によると、今年9〜10月ごろから本格的に実験を行う予定だという。

実は韓国気象庁は、干ばつ対策として人工降雨実験を続けてきている。ただし人工降雨には巨額の費用がかかり、また水資源を人為的に使用することになることから、十分な検討と研究が必要になりそうだとYTNは伝えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「行うのは秋?明日にでも実験して」「人工降雨でも大型扇風機でも何でも試して。ぜんそくが再発して苦しい。学校に行く子どもたちもかわいそう」「中国に費用負担をお願いしよう」と実験に期待を寄せる声が上がる一方で、「それが土に染み込んだら、農作物を通じて口から入ることになる。もう少し根本的な解決案はないの?」「人工降雨の副作用はものすごいらしいけど、干ばつや洪水などの自然に逆らったらどうなっちゃうんだろう」とその副作用を心配する声も相次いでいる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177958&ph=0


3: 2017/05/14(日) 18:36:54.47 ID:iHEabtO7

韓国は水不足先進国なので大丈夫


4: 2017/05/14(日) 18:37:16.81 ID:qXmj6/Fn

空から小便か。(・ω・)


5: 2017/05/14(日) 18:37:30.21 ID:+m4ZF5Bd

中国がしょっちゅうやってるわけだが...何か意味あるのか?w

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境汚染