起源主張 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年12月24日

【米国】 ホワイトハウスのクリスマスツリー …原産地は韓国

1: 2017/12/23(土) 21:05:11.47 ID:CAP_USER

■白亜館聖誕ツリー 原産地は韓国

・ツリー80〜90%は「コリアン・ファー※」 
・1917年米国に渡って改良
・手入れ必要ないきれいな円錐形

※コリアン・ファー(Korean fir)=学名:Abies koreana E.H. Wilson,韓国名:クサンナム,和名:チョウセンシラベ、朝鮮白檜。
以下、「チョウセンシラベ」とします。

http://www.koreadaily.com/_data/article_img/2017/12/22/204215068.jpg
先月30日、ドナルド・トランプ大統領とファーストレディーのメルラニア女史が参加した中、ホワイトハウスの近隣で開かれたナショナル・クリスマスツリーの点灯式[AP]
-------------------------------------------------------------------

クリスマスツリーは、遠くから見ると調和のとれた三角形だ。 近くで見ると非常に高くて雄大に見える。裾が広く、上部に行くほど狭くなる円錐形であるためだ。

クリスマスシーズンになると、生木を採取したり、購入して家にクリスマスツリーを飾るため、ツリー市場の80〜90%を特定の種の木が占めている。その木の原産地はまさに韓国だ。英語圏でコリアン・ファー(korean fir)、つまり、「韓国モミ」と呼ばれる木であるが、韓国ではクサンナムと呼ぶ。韓国固有の木だ。

涼しい所を好むので主に高山に生息して、漢拏山、無等山、智異山、徳裕山などの海抜500〜2000mの間の高地帯で自生する。最近は俗離山でも発見された。

韓国固有種のこのチョウセンシラベが、西欧でクリスマスツリーの材料として人気を集めるのは、その形のためだ。 元々、クリスマスツリーは、松、モミ、トウヒなど常緑針葉樹を採取してから、適当に枝を切って円錐形にして用いられたが、チョウセンシラベはそのように手を入れて円錐形に作る必要がない。 最初からデザインがきれいな円錐形に育つからだ。先端は、細く尖って、下部に降りるほど枝が横に広がるのは、クリスマスツリーの典型的な姿と同じだ。 それこそ「最適」という言葉にぴったりのクリスマスツリー用の木だ。ただし、育っていくと高さが10〜20mまで達して、枝が多岐に分かれて四方に均等に伸長するから、成長前のこじんまりとした状態でクリスマス・ツリーとして使わなければならない。

そうすると、韓国特産チョウセンシラベがどうして米国に渡って、西欧代表のクリスマスツリーになったのだろうか? 19世紀の帝国主義時代、西洋人は新たな世界に渡ると必ず植物や動物などの生物資源を見つけて、研究しながら採取し持っていく作業をした。欧州や米国にある巨大な植物園は、実際、新大陸や植民地、貿易のために進出した地域から採取した植物資源を保存して観察し、栽培試験をするために建てたと言っても過言ではない。

1904年、韓国で植物資源を採集していたフランス人の神父らは、チョウセンシラベの標本を採取して、1907年、米国の植物学者ヘンリー・ウィルソンに送った。これを受けたウィルソンは1917年、韓国に来て直接チョウセンシラベを採取しに行って、この木を別物の種として分類して、自身の名前が入ったアビエス・コレアナE.H.ウィルソン(Abies koreana E.H. Wilson)という学名をつけて1920年、植物園学術誌で発表した。 アビス(Abies)はモミ属という意味で、コレアナ(koreana)は種の名前で「韓国モミ」として紹介したのだ。 このような過程を経て、米国へ渡ったチョウセンシラベは、クリスマスツリーとしての価値を発見した米国はもちろん、欧州人たちの間でも人気を集めるようになった。

皮肉なことに、気候温暖化の乱伐から、チョウセンシラベの原産地である韓国では世界自然保存連盟によって絶滅危惧種に指定された反面、海外に渡った「コリアン・ファー」はクリスマスシーズンになると、莫大な金を稼いでくれる林業資源になったということだ。 しかも「コリアン・ファー」種子についての権利は、スミソニアン博物館が持っている。

チェ・インテク記者

ソース Korea Daily,LA中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5893515

【植物】 クリスマスツリーの故郷は済州?!世界的に最も多く使われる木は、韓国自生種「チョウセンシラベ」[12/22]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1513952346/
【ジングルベル!】クリスマスツリーは韓国生まれ!?=韓国ネットも「初めて知った」と驚き[12/10] [無断転載禁止](c)2ch.net
https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449756873/


10: 2017/12/23(土) 21:12:45.11 ID:WUd353wj

ムンジェインファンクラブ大活躍♪


12: 2017/12/23(土) 21:16:59.31 ID:c6EXmD6a

名前だけでしかも朝鮮とか名前つけられてなんの権利も無いんだから恥ずかしくないのか朝鮮人。


13: 2017/12/23(土) 21:17:14.47 ID:aIyCynL1

へえそうなんだって思って読んでたら
韓国では絶滅危惧種になってるというオチをつけるなんてさすがだわ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 起源主張

2017年12月23日

クリスマスツリーの故郷は済州?!世界的に最も多く使われる木は、韓国自生種「チョウセンシラベ」

1: 2017/12/22(金) 23:19:06.32 ID:CAP_USER

■クリスマスツリーの故郷は済州?!

年末になると町の各地で煌めく装飾が施されたクリスマスツリーが見られる。よく目にする人工クリスマスツリーは針のように細くて濃いグリーンの葉をびっしりと有する円錐形の木だ。

このようなクリスマスツリーの実際のモデルは、驚くべきことに我が国の漢拏山が故郷である「クサンナム※」だ。(※チョウセンシラベ,朝鮮白檜。以下、「チョウセンシラベ」とします。)
no title


実際、チョウセンシラベは世界的にクリスマスツリーとして最も多く使われる木だ。親戚といえるジョンナム(※Abies holophylla)と比較して背が低く、葉が所狭しと育って観賞用に適している。チョウセンシラベは1920年、英国の植物学者ヘンリー・ウィルソンによって伝えられた。ウィルソンは、漢拏山で採集したチョウセンシラベの標本を分析して、既に知られているものとは全く異なる「新型」であることを突き止めた。それで、チョウセンシラベの名前は英語で、「Korean fir(韓国モミの木)」と、学名は「Abies koreana E.H.Wilson」だ。

no title

▲チョウセンシラベの葉はソナム(※アカマツ)に比べて平たくて短い。葉の先端に溝が入っているのが特徴だ。 - Abies koreana。

ウィルソンの発表以降、米国はチョウセンシラベを改良して、数十種の新品種を作り出して特許まで登録した。米国は改良したチョウセンシラベを世界に販売した。以降、チョウセンシラベはクリスマスツリーとして広く使われるようになった。

チョウセンシラベが自生する森は世界で我が国だけだ。 国内チョウセンシラベの面積は1200ha程度と分かっていて、そのうちの67%程度が済州島の漢拏山に分布している。国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所の調査結果によると、現在自生している漢拏山のチョウセンシラベの面積は803.56haだ。1haが縦横100mの面積だから莫大な規模だ。

ところが、このようなチョウセンシラベの森を詳しく見ると、30%以上の木は枯死した木々だ。ここに若木も殆どない状況だ。2011年、世界自然保全連盟(IUCN)はチョウセンシラベを絶滅危惧種に指定した。

no title

▲済州島漢拏山に自生するチョウセンシラベ。多くが枯死した姿だ。 -国立山林科学院暖帯亜熱帯森林研究所提供

>>2以降につづく

ソース 東亜サイエンス(韓国語)
http://dongascience.donga.com/news.php?idx=20866

【ジングルベル!】クリスマスツリーは韓国生まれ!?=韓国ネットも「初めて知った」と驚き[12/10] [無断転載禁止]コピーライトマーク2ch.net
https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449756873/


2: 2017/12/22(金) 23:19:35.62 ID:CAP_USER

>>1のつづき

漢拏山チョウセンシラベが枯れ行く理由は確定的に解明されていない。 ただ、科学者達は春の水分不足、継続的な気温上昇、台風や強風などの環境的影響が原因だろうと推測している。

国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所では、今年からチョウセンシラベの森の復元研究を進めている。研究所では、若いチョウセンシラベの苗木1000本を漢拏山海抜1630mにあるヨンシル登攀路一帯に初めて試験的に植えた。対象地は縦横50mの面積でチョウセンシラベが大量に枯死した場所だ。

試験植栽したチョウセンシラベは、漢拏山ヨンシル登攀路1630mの一帯に自生するチョウセンシラベの種子を収集してから播種して3年の間で培った若い苗木だ。

今年7月に植栽した苗木は現在70%以上、生育していることが確認された。国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所のキム・ジェフン博士は「試験植栽した場所に、7月から10月までの平均二日に一度の割合で24ミリレベルの降水量を見せたが、このように少ない量の雨が持続的に降る環境は苗木が育ちやすい」とし、「今後、自生地での降水量、土壌状態、気温、風速などの環境がチョウセンシラベの植生に与える影響などを分析する計画」と説明した。

no title

▲国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所で植栽したチョウセンシラベの苗木。根の保護のために親環境素材で包んだ。コインラベリングをつけて生長過程を監視する予定だ。 - 国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所提供

さらに、キム博士は、「漢拏山は内陸部とは違って、火山の噴出によって土壌が積もって土層が薄い」とし、「したがって、漢拏山に自生するチョウセンシラベは台風のような強い風や集中降雨のような急激な気候変化で根が大きく揺らぐなど大きな被害を受ける可能性がある」と話した。

来年、国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所は、済州西帰浦市ハンナム研究試験林現地保存院に漢拏山チョウセンシラベの苗木を移し替える予定だ。 自生地以外の地域で遺伝資源を保存するためだ。 キム博士は「漢拏山チョウセンシラベの復元研究を本格的に始めてから1年しか経過していない」とし、「以後、着実に漢拏山チョウセンシラベの保全・復元に向けた技術開発に努める」と話した。

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 起源主張

2017年11月23日

韓国メディア「茶道は朝鮮半島に影響を受けた 漢字と仏教も韓国から来た むしろ起源である」と報じる

1: 2017/11/22(水) 16:24:05.42 ID:QF84W4Xe0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
韓国メディアが「日本が誇る茶道は朝鮮半島に影響を受けたもの」という記事を公開していたので紹介したい。
東亜日報に公開されたその記事によると、茶道は日本文化として紹介される。建築から書道、絵画、陶器、
生け花、衣服、懐石料理、お菓子などが網羅されているからである。

こう書いている日本の茶道が好きなこの記者は1冊の日本の小説に出会った、それは『利休にたずねよ』という小説。

『利休にたずねよ』は2008年権威ある文学賞である直木賞を受賞し、日本茶道を完成した千利休(1522〜1591)の
生活を扱った小説である。千利休は日本の美意識の頂点とされる。

小説の中には千利休が確立した美の原点に、朝鮮から拉致された女性と彼が残した咲ヨ(リョクユウ)の向かいにあると書いた。
もちろん作家である山本兼一の想像である。しかし、意味するところは明確である。日本の茶道と美意識が韓半島の影響を受けた
ものである。

更にこの記者は「同作が2013年に映画化された際に右翼が強く反発した。日本が世界に誇る茶道文化が朝鮮半島から
影響を受けたことを認めたくなかったのだろう」と書かれている。

この記者は「いきなりある日突然、茶道文化が生まれるはずがない。茶道文化は中国で発展し生まれ、
韓国を経て日本に入ったと考えるのが自然だ」としている。

しかし、この小説で書かれている内容はあくまで一部想像やフィクションが入っている。そのほかにもこのニュース記事は
「漢字と仏教は朝鮮半島を経由して伝えられた」としている。

このニュースだけでなく有名なのは陶器の話で朝鮮半島は元々陶器技術があり、それが日本に伝わったという話がある。

http://gogotsu.com/archives/34825
no title


3: 2017/11/22(水) 16:25:27.27 ID:ldynA/0f0

こいつらの仏教って人んちの仏像盗む教えだし漢字なんて使ってないだろ?


6: 2017/11/22(水) 16:26:11.28 ID:Of5axN+y0

ストローがジュースの権利を主張する


8: 2017/11/22(水) 16:26:44.23 ID:cg+0Vi3P0

>>6
いい例えだな

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 起源主張

2017年11月22日

【韓国】 「利休にたずねよ」を読んで日本茶道を初めた〜夢で利休に会えたら訊ねたい。あなたの美意識はどこからきたのかと

1: 2017/11/21(火) 21:11:14.09 ID:CAP_USER

しばらく前から日本茶道を習い始めた。日本茶道の特徴は茶室に入る瞬間からすべてのことが決まっているということだ。何歩歩いて座るのか、挨拶はどのようにして湯飲み茶碗をどのように持つか…。入門コースで二カ月を超えて習ったあげく、先週末、初めて茶をたてて他の人を接待した。

茶道はよく日本文化の完結版という。建築から書道、絵画、陶磁器、生け花、衣服、会席料理、菓子などが網羅されているからだ。それでも茶道を一緒に学ぼうという日本人の知人の勧誘を受けて少なからず迷った。韓国茶道も知らないのに日本茶道だなんて…。それでも心に決めたのは一冊の小説を読んだからであった。

2008年、権威ある文学賞の直木賞を受賞した「利休にたずねよ」という日本茶道を完成した千利休(1522〜1591)の人生を扱った小説だ。茶聖で呼ばれる千利休は日本の美意識の頂点と見なされる。作家、山本兼一は小説で千利休が確立した美の原点に朝鮮から拉致された女性と彼女が残した緑釉の香合があると書いた。

もちろん作家の想像だ。しかし、その意味は明確だ。日本の茶道と美意識が韓半島の影響を受けたということだ。2013年、作品が映画化された時、日本右翼は強く反発した。日本が世界に誇る茶道文化が韓半島の影響を受けたことを認めたくなかったのだ。当時の嫌韓風潮とかみ合ってインターネットには映画を批判する文があふれ、作家に向かって「反日作家」という非難が続いた。

映画には作品のモチーフの香合が高麗青磁で出てくる。茶道を薦めた日本人の知人は「韓国博物館でみた青磁の美しさを思い出した」と言う。実際に映画の小道具を作った陶芸家は韓国を何度も訪問し高麗磁器を深く勉強したという。考えてみれば当然の話だ。ある日突然、空から落ちてくる化があるだろうか。

茶文化は中国から始まって韓国を経て日本に入ったというのが定説だ。茶道は韓中日で各々発達したが、日本は形式美を極大化して「道」に昇華させたのが特徴だ。隣あう韓国と日本は歴史的に多様な経路を通じてお互いに文化的影響を及ぼした。漢字と仏教は韓半島を通じて伝えられ、朝鮮茶碗は日本で「城一つに匹敵する」という評価を受けた。一方、近代西洋文化は日本を通じて韓国に伝えられた。

韓国のマンファ、大衆歌謡、小説などでは今も日本文化の影響を簡単に探すことができる。最近、韓国では日本式居酒屋が好況で、日本では韓国の美男美女メーキャップが流行だ。一つの国の文化が他に伝播したからと言って優越感や劣等感を持つ理由はない。イタリアのピザが米国式ピザより優れているわけでもなく、日本式カレーがインドカレーより劣るわけではない。むしろ心を開いて相手の文化を受け入れる時、自身の文化もさらに豊かになる。

日本漫画の影響を受けた韓国ウェブトゥーンの躍進を思い出せば簡単に知ることが出来る。反面、教祖的に自国文化の優秀性を主張して排他的態度を見せることこそ衰退への近道だ。日本茶道を勉強することが韓国茶文化の発展に繋がる可能性があるという事だ(帰国したら韓国茶道も習うつもりだ)。

千利休は壬辰倭乱を起こした豊臣秀吉の黄金茶室を軽べつし、朝鮮茶碗に象徴される素朴で不完全な美しさを称賛したという。夢ででも会えたら利休に訊ねたい。あなたの美意識はどこからきたのかと、ひょっとして茶道が韓日和解協力の端緒にならないかと話だ。

チャン・ウォンジェ東京特派員
no title


ソース:東亜日報(韓国語)[光化門から/チャン・ウォンジェ] 利休にたずねよ
http://news.donga.com/East/MainNews/3/all/20171121/87375211/1


2: 2017/11/21(火) 21:12:13.17 ID:H+SQbPSc

魔法瓶の茶道を卒業してから言えよ。(・ω・)


4: 2017/11/21(火) 21:14:41.84 ID:ON5x81xI

利休に起源を尋ねたにだ


15: 2017/11/21(火) 21:18:46.65 ID:GKxzBC5F

>茶文化は中国から始まって韓国を経て日本に入ったというのが定説だ。
韓国の定説は世界から見ればファンタジー

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 起源主張

2017年11月05日

【韓国】これらはみんな韓国が発明したものだったのか!―韓国メディア

にだ

1: 2017/11/04(土) 11:41:11.42 ID:CAP_USER

Record china 配信日時:2017年11月4日(土) 7時20分
http://www.recordchina.co.jp/b188863-s0-c30.html

2017年11月2日、海外網は記事「韓国が発明したものってなに?あかすり手袋だ!」を掲載した。

どんなものであれ、「うちの国が起源」とすることで知られる韓国だが、本当に韓国人が発明したものはなんだろうか?韓国紙・中央日報が韓国4大発明を紹介している。

第一に1976年に開発されたスティックコーヒー。インスタントコーヒーに砂糖などを配合したもので、韓国におけるコーヒーの普及に大きな役割を果たした。

1998年に開発されたのがロック&ロック社の密閉保存容器。

2008年にクッションファンデーション。いずれも世界で大流行している。

そして韓国ならではの発明とも言えるのが1976年のあかすりタオル。当初はイタリアから輸入した布を使っていたためイタリアタオルと言われていたという


5: 2017/11/04(土) 11:43:25.92 ID:4e7mkQA7

だけ?


6: 2017/11/04(土) 11:44:32.55 ID:5KM2YMfF

みじめな民族だな


8: 2017/11/04(土) 11:45:27.49 ID:6waQJ+SI

漢字、金属活版印刷、も朝鮮人の発明
と、韓国人は信じています

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 起源主張

2017年10月07日

【韓国メディア】 中国最高のコメ、「武昌米」の起源は朝鮮

1: 2017/10/06(金) 21:54:33.12 ID:CAP_USER

■ 中 最高コメ「武昌米」起源は朝鮮 2017-10-04
no title


<アンカーコメント>

昨日(3日)、中国第一のコメ、武昌米を紹介させていただきましたが、

中国人たちが天下一味と言うこの武昌米を作った人たちは、まさに朝鮮族ということです。

中国米の歴史は波乱万丈だった桎梏の朝鮮族の歴史そのものだと言っても過言ではありません。

カン・ミンス特派員が報道します。

<レポート>

中国の黒龍江省平野、その中でも自然環境が良い武昌、そしてその武昌でも最高に選ばれる、それが民楽県(※おそらく民楽郷のこと)の米です。

民楽郷は朝鮮族の村です。

村の各所にあるこうした壁画は、ここが私たちと変わらない韓民族がいることを示しています。

旧韓末から、食べ物を求め移住してきた朝鮮族がここに定着して水田を作り始めました。

<インタビュー>クム・チョン(民楽郷住民):「長靴もなく素足のまま冷たい水に入って開墾したそうですよ。 父より上の人がみんなで、漢族たちはできないから…」

黒竜江省政府が発行した本には、朝鮮族が1895年に初めて武昌に入ってきたとされています。

定着過程で中国人から悲しみを受け、

<録音>故ソ・ミョンフン(元ハルビン市民族宗教事務局副局長/黒竜江新聞社提供):「民国政府より、朝鮮人に土地を開拓できないようにされました。」

日帝強占期には、日本人から悲しみを受けました。

<録音>イ・チュンシル(ハルビン朝鮮族芸術館副館長):「(1920〜30年代には)強制移民と日本人に引かれてきた人も多くて、地主の土地を耕したり、荒れ地の実際の石を手で取り除き…」

しかし、朝鮮人たちは最後まで生き残りました。

荒れ地を沃土へと開墾、現在最も脚光を浴びている桃花香米の品種開発も朝鮮人がやり遂げました。

中国人が発行した「黒竜江稲作発展史」という本には、稲作功勲者43人が出ているが、このうち朝鮮族がおよそ39人も含まれています。

黒竜江省五常市民楽郷からKBSニュース、カン・ミンスでした。

ソース KBSニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=056&aid=0010509732


3: 2017/10/06(金) 21:56:07.65 ID:hQ0Hy9n9

韓国人に生まれなくて良かった


5: 2017/10/06(金) 21:56:33.31 ID:RT9kBY/I

まぁ宇宙の起源も韓国のことだし


6: 2017/10/06(金) 21:56:47.52 ID:kw7Bwpi+

>>1
いや、気候を考えろよ、起源言う前に。

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 起源主張

2017年09月24日

【韓国】 新羅高僧が唐で「禅茶」を創始…これが「草庵茶」として発展し、日本に伝わり「わび茶」になった 〜韓茶文明の東伝

1: 2017/09/23(土) 22:44:22.41 ID:CAP_USER

■「我が国の草庵茶、日本茶道に大きな影響」チェ・チョンガン 茶文化研究家
no title

「日本茶を飲む礼法の中で、『草庵茶茶道』の根は我が国から始まりました。」

陶芸家であり、茶文化研究家でもあるチェ・チョンガン氏は、
「新羅の高僧である無相禅師が唐国で『禪茶』を創始し、朝鮮時代の学者である梅月堂(※金時習の号)がこれを『韓茶』すなわち草庵茶として発展させて、日本ワビ茶になった」と主張する。

梅月堂は、我が国の最初の漢文小説である「金鰲神話」の作家としてもよく知られている。

チェさんは30年間、100回以上中国と日本の現地図書館と博物館などを往来しながら茶を研究した。

以来、これを集大成にした著書「韓茶文明の東傳」は学界の注目を浴びた。

チェ氏は、本を通じて
「16世紀日本茶精神のうち、ワビ茶に影響を与えた人は梅月堂で、茶を飲む時に使う器である「ワン」も朝鮮時代の南部地方から伝わったものだから、我が国が日本に影響を与えたということ」と強調した。

我が国の茶の精神と茶器の一部が日本に渡り、日本式に再創造されたというのだ。

次はチェ・チョンガン研究家との一問一答。

Q.著書を通じて、韓日の間で「茶道文化」が移り行く過程が私たちが知っていた事と異なるという主張をした。
ここでの日本茶道とは、草庵茶茶道すなわち禪茶を意味する。

7世紀中頃、唐代で新羅王子だった無相禪師から発達した禪茶は、仏教において茶を飲みながら遂行する文化だ。

以後、高麗時代に寺刹を中心とした禪茶意識が発達し始めた。三国遺事の著者である一然禅師も禪茶を発展させ、新羅と伽耶の茶に関する記録を整理した。

その後、朝鮮時代の梅月堂先生にも禪茶精神が伝授された。禪茶は「草庵茶」へと生まれ変わった。

草庵茶は農民が住む草家を母体にした。清貧を基礎として15世紀日本に伝播されて新しい文化を作った。これを30年間研究した結集がまさに著書「韓茶文明の東傳」だ。

Q.それならば、我が国と日本の茶道の違いは何か?
日本ワビ茶は韓国の「草家」に根を置いている。しかし、初期のワビは高台広室のような大きな家から始まった。

これに対し、我が国の草庵は草家のように小さい素朴な自然主義を追求するソンビを通じて発展した。

金時習は、禅家と道家、仏家思想を土台に、儒教茶の伝統にこのような哲学的な深みと法式を加えた。

Q.梅月堂によって「草庵茶」が日本に伝播したという事実はどうやって明らかにしたのか?
研究の始まりは35年前だ。金時習が草庵で日本の外交使節の僧侶に徹夜で草庵茶の精神世界を論じる送別詩を詠んだことを梅月堂文集の中から発見した。

1988年、江原大学で開かれた梅月堂関係の国際学術セミナーで、「日本室町時代草庵茶に与えた梅月堂の影響」を主題に論文を発表し注目された。その後に本格的な研究が開始された。(省略...)

ソース YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=052&aid=0001058685


2: 2017/09/23(土) 22:45:15.34 ID:zBkBhW29

ま〜た始まった


3: 2017/09/23(土) 22:45:59.14 ID:xGKSGpYq

少女強姦した牧師に似てるなww
 
 


4: 2017/09/23(土) 22:46:44.02 ID:JPAaYpef

半島で茶なんて飲んでるやついたのか?

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 起源主張