起源主張 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年01月15日

「桜は韓国の花」「シルクは韓半島が起源」〜大韓民国を狭く深く知るための『コリアは再び浮上する』

1: 2017/01/13(金) 23:05:21.76 ID:CAP_USER

no title

▲「コリアは再び浮上する」/オ・チャンギュ著、262ページ、1万5000ウォン

ひざを打たせる本だ。これまで知らなかった事実が随所にある。「大韓民国」という主題だけ深く掘り下げてくみ上げた人文・歴史知識だ。今、洛陽の紙価を高めている「知的対話のための広くて浅い知識」と比べるなら「大韓民国のための狭くて深い知識」というか。

著者は32年目のジャーナリストだ。直接会ってみたら、あらゆることに好奇心を持つ。大韓民国全般に注目しないところがない理由だ。だから‘狭くて深い’結果が出てきた。

著者はずっと「四季(気候)-花こう岩(土壌)-半島国家(気)」の3拍子に言及する。この3拍子がオーケストラを成して韓半島が‘地球のカナンの地’になったと主張する。「5000種余りに達する自生植物」「韓国の土地だけで効力がある韓国高麗人参とイチョウの葉」等韓半島が植物と薬草のデパートになった理由を3拍子に求める。

一度持ったら置くのが難しい本だ。「韓国の花である桜が日本の象徴のようになった」、「シルクの語源は‘シル(韓国語で糸)’すなわち‘シルクリ(糸巻)’で韓半島が起源だ」、「アリランの‘アリ’は‘大きな’、‘ラン’は‘土地’を意味し、アリランはすなわち大きな国、韓国を意味する」、「朝鮮の没落は抑商政策と三綱五倫に起因する。平民の服に色を付けられないようにしたのが(白衣民族)商業放棄を象徴する」等読み物があふれる。

キム・ピルス記者

ソース:ヘラルド経済(韓国語) 日本国花桜の花は韓国花だ
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20170113000366


2: 2017/01/13(金) 23:06:25.76 ID:uHNJygSv

そんなこと言うとる場合か?


3: 2017/01/13(金) 23:06:34.91 ID:uwGmg2f0

どう考えても、韓国には未来が無いなwww


4: 2017/01/13(金) 23:06:38.29 ID:pEMzBTC8

頭打ったんじゃねぇの

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起源主張

2016年11月02日

【韓国】「済州の海女(ヘニョ)文化」、ユネスコ人類無形文化遺産に『登録勧告』

1: 2016/11/01(火) 08:03:54.74 ID:CAP_USER

(写真)
no title


『済州(チェジュ)の海女(ヘニョ)文化』のユネスコ人類無形文化遺産の登録が確実となる。

我が国がユネスコ人類無形文化遺産への登録を申請した『済州の海女(ヘニョ)文化』が
昨日(31日)、ユネスコ無形遺産委員会傘下の評価機構の審査結果により、『登載勧告』の
判定を受けた。

これに従い、『済州の海女(ヘニョ)文化』は来る28日から来月2日までエチオピアのアディス
アベバで開かれる、第11回無形遺産政府間委員会に提出されて、最終登録となる。

無形遺産委員会傘下の評価機構は、登録申請された遺産を審査して登録勧告、保留、
登録不可のうちの一つの結論を選んで報告書を委員会に提出する役割をするが、
登録勧告判定が覆るケースはほとんど無い。

評価機構は今回の審査で、「“済州の海女(ヘニョ)文化”が地域共同体の文化的多様性と
精神を強調して、潜水技術と責任感が先輩から後輩の海女(ヘニョ)に伝わる点、共同作業
を通じた社会の結束を見せていて、女性の権利を増進する事に貢献している」と評価した。

済州道と文化財庁は2011年からユネスコ無形文化遺産の登録を推進していたが、済州の
海女(ヘニョ)と競争して来た日本の海女(アマ)は今回申請しておらず、済州の海女(ヘニョ)
の単独登録が可能の見込みである。

済州の海女(ヘニョ)文化が登録されると、韓国は宗廟祭礼楽などとともに計19件の人類無形
文化遺産を保有する事になる。

ソース:NAVER/KBS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=056&aid=0010379641

【補足】
海女(ヘニョ)=ヘ(海)ニョ(女)


2: 2016/11/01(火) 08:05:01.14 ID:GmCP2Wjz

まーた起源主張するぞ


3: 2016/11/01(火) 08:06:50.78 ID:4onvFMOX

ユネスコの劣化が止まりません!(笑)


4: 2016/11/01(火) 08:06:59.64 ID:VkoXcS9u

検証も研究もしないユネスコにどれだけの価値があるのやら

続きを読む
posted by 中島 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起源主張

2016年10月28日

日本に紙を伝えたのは韓国 1600年の歴史を誇る韓紙を全世界に知らしめ、「東洋の伝統紙と言えば和紙」という現実を変える

にだ

1: 2016/10/27(木) 08:36:04.63 ID:CAP_USER

イ・チャンボク理事長の設立した韓紙開発院 
日本の大阪で今月10〜22日に韓紙文化祭開催

(社)韓紙開発院は10日から22日まで大阪で「2016大阪韓紙文化祭」を開催する。写真はイ・チャンボク韓紙開発院理事長=韓紙開発院提供//ハンギョレ新聞社

 「韓紙は、わが民族が1600年以上守ってきた誇らしい文化遺産です。韓紙の芸術的・商品的価値を、日本だけでなく全世界に広く知らしめ、第2の韓流商品として育てるべきです」

 今月10日から22日まで、日本の大阪で「2016大阪韓紙文化祭」が開かれる。大阪は日帝強制占領期(植民地時代)に強制徴集された在日同胞が多く暮らしているところだ。民主化運動に献身したイ・チャンボク氏が理事長を務める社団法人韓紙開発院が主催するイベントだ。

 イ理事長は原州(ウォンジュ)韓紙の生き証人だ。原州は昔から韓紙の原料である楮(こうぞ)が地域の主産物だという記録が世宗実録地理誌にあるなど、韓紙の産地として知られた。一時は紙に色を入れた300種あまりの色付きの韓紙で有名だった。かつての名声を取り戻すために、イ理事長は2001年に韓紙開発院を設立した。その後、新進作家の発掘のために毎年大韓民国韓紙コンクールを開き、原州で韓紙文化祭も開催している。

 大阪韓紙文化祭は、韓紙を世界に広めるための国際交流事業の一環だ。韓紙開発院は2005年にフランスのパリを皮切りにドイツやイタリア、米国などで韓紙文化祭を開いた。大阪のイベントは8番目の国外韓紙文化祭だ。

 彼は「大阪には祖国を懐かしむ同胞が多く住んでいる。ところが、ここ数年間は韓流が下火になり、市場が萎縮しているという声を聞いている。韓紙文化祭が韓流拡散の新しい導火線になると期待している」と語った。

 彼は大阪韓紙文化祭を推進したもう一つの理由は、東洋の伝統紙といえば日本紙(和紙)と通じている現実を変えるためだと話した。「中国を通じて韓国に伝えられた紙を、高句麗の僧侶の曇徴(タムジン)が610年に日本に伝えたのです。その後、高句麗出身の高仙芝(コ・ソンジ)将軍によって再び西洋に伝播されました」。彼は「世界各国の伝統紙と比べて決して劣らない競争力を持っている韓紙が、きちんとした評価を受けていない」と残念がった。

 大阪のイベントは韓紙ファッションショーや展示会、ワークショップなどで構成されている。開幕特別イベントとして準備された韓紙ファッションショーでは、国内で唯一3年連続でパリ・オートクチュール(高級オーダーメード服の博覧会)に参加したデザイナーのイ・ジンユン氏が現代ファッションの領域に広げられた韓紙の美しさを披露する。展示会では朝鮮時代の韓紙工芸の遺物や、遺物を現代的にアレンジした韓紙工芸作品、韓紙でつくる紙人形、造形品など34人の作家が参加した81の作品が展示される。ワークショップはセミナー形式ではなく、韓紙の紙人形作りや韓紙工芸品作りなど、直接韓紙工芸を体験できる方法で行われる。

 イ理事長は「記録を1000年以上保存することのできる韓紙は、1600年以上韓紙文化を守り発展させてきた韓国人の特性に似ている。大阪の同胞たちに祖国に対する自負心と郷愁を癒やすことができる機会になるだろう」と語った。

http://japan.hani.co.kr/arti/culture/25310.html


3: 2016/10/27(木) 08:36:43.41 ID:j0KwhRHj

じゃあ技術失うなよ…


9: 2016/10/27(木) 08:38:06.42 ID:hAs/A8pr

>>3
ヒデヨシガー
ニッテイガー


5: 2016/10/27(木) 08:37:43.30 ID:q6nK4l3h

ただの中継地点です

続きを読む
posted by 中島 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起源主張

2016年10月01日

【韓国】 「茶道文化の生き証人」シン・ウナク、茶を語る。 「我が国の茶文化(抹茶)が、日本に渡った」

1: 2016/10/01(土) 01:24:01.04 ID:CAP_USER

[インタビュー] 茶道文化の生き証人シン・ウナク、茶を語る

「国内1世代茶人」ファジョン茶礼院シン・ウナク院長
・50年間、韓国茶の研究して知らせ
・日本茶道流派で正式な学び受け
・1967年から茶文化運動開始
・高麗時代使用していた沙鉢あり
・国内茶の歴史、関心を得ることができず残念

「茶真理悟るのに、30〜40年かかり
弟子たちに教えてあげるのが楽しく
80歳になっても教えています」

[天地日報=イ・ヒェリム記者] (省略...)

「一杯の茶には多くの人の苦労が入っています。茶を作るために、茶畑に出向き茶を育て、葉を摘んで製茶して、細雀・中雀・大雀に分けて包装します。陶芸家が茶盞を作るために24時間火を守りながら汗を流します。このように茶一杯のためには多くの方々の苦労を要します。」

蝉がひとしきり鳴いた8月、京畿道揚平郡楊西面ファジョン茶礼院で「茶」人生を過ごしてきたシン・ウンハク(80、女)院長に会って話を交わした。シン院長が運営するファジョン茶礼院の美しさは、都心の中で疲れた心を癒してくれた。

草木が青々と頭をもたげているこぢんまりとしながらも上品な庭付きの韓屋相心亭。ここで茶を飲めば心まできれいになりそうな気がするほどだった。

茶と共にした歳月ほどに真っ白になった髪をきれいに結ったシン院長は、健康状態の良くない身でありながら、ソウルから来た客人に茶を丁寧に迎えた。注意深く慎重な手を通して出てくる茶の香りはかすかながらも深かった。

韓国1世代目のシン・ウナク院長は半世紀もの間、伝統茶文化に光を照らし普及させた。彼女は日本茶道流派の一つである裏千家で正式な茶道を学んだ茶人である。

1937年に日本の大阪で生まれたシン・ウナク院長は大学で食品栄養学を専攻しており、日本赤十字社などに勤務した。

1962年に夫と出会い、1967年夫と共に韓国に定住した後に茶文化運動を開始した。

1968年、緑茶を淹れて飲むことや茶道基礎実技の普及および伝統茶の普及を図って、韓日国交正常化が始まる頃の韓日親善茶文化交流の先導もした。

この時期、飲料文化を発展させなければ、と決心をしたシン院長は新世界百貨店に「モカコーヒーハウス」を設立し、一般人には疎かったウィンナコーヒーと小豆かき氷を登場させた。

本格的に茶文化を研究したのは1971年、同じ日本出身の李方子夫人の招待で昌徳宮楽善斎で茶会を開いた後だ。

以降1982年にソウル鍾路区安国洞にファジョン茶礼院を開き、専門茶人を養成して抹茶法を研究して直接試演するなど、我が国の抹茶の発展と普及に大きな力を尽くした。 チョンジョン茶礼院イ・ジョンエ院長、ファミョン茶礼キム・ミョンリェ院長などが彼女の弟子だ。

「度々、抹茶は日本茶だと見られていて、抹茶を紹介すると非難を受けることもありました。 実は、我が国は高麗時代から抹茶を飲んできました。私たちが作った茶文化が日本に渡ったわけです。」

>>2以降につづく)

ソース ニュース天地(韓国語)
http://www.newscj.com/news/articleView.html?idxno=376183


2: 2016/10/01(土) 01:24:15.10 ID:CAP_USER

>>1の続き)

抹茶は日陰で育てた傷のない新芽の茶葉を蒸気で蒸した後、乾燥させて石臼や粉砕機で微細に作った粉末型の茶だ。

高麗時代に寺院を中心に茶文化が隆盛しており、この時、抹茶も人気を集めた。高麗図経を見ても、高麗の茶文化を話しながら、様々な茶具とともに「翡翠色の小さな沙鉢(翡色小甌)」を説明してる。

当時、茶具は飲み方により作られていたが、この鉢は主に抹茶を飲むときに使用した。

シン院長は「高麗時代、抹茶をよく飲んでいたということを知ることができる。その時使用した沙鉢が現在(韓国)国立博物館に展示されている」とし、「我が国は茶の歴史が古かったが、多くの人たちの関心を集められず残念だ」と話した。

在日同胞二世の彼女が茶に魅力を感じた理由は何だろうか。茶の幹は同じだが、国ごとにその味が違うというのがシン院長の説明だ。

彼女は「日本の茶道は厳格な様式を守りながら体系化されている。韓国の茶礼は自由で素朴な生活礼節が盛り込まれており、中国は茶芸といって茶をつくる技術を重要視している」とし、「韓国茶がおいしいと中国で作ってみようとしても、その味が出ない。土地に差があるから。 茶に触れて茶道文化を知らせれば良いだろうと思った」と説明した。

そうして何人かが茶を普及し始め、現在も韓国茶人連合会という名前で活発に活動中だ。1979年から現在まで、日本と米国、台湾、中国、英国などの茶関連行事に着実に参加して、韓国茶礼を試演して茶道法を知らせるなど、我が国の茶文化発展に努めている。

「茶一杯飲むことに私の人生を捧げたようです。茶道をする人も茶を知らないまま、この世界に入った人が多いです。私は30年過ぎてから茶の真理を少しずつ分かりましたね。真理を悟るのに、30〜40年かかりました。中国茶、台湾茶、日本茶、韓国茶の研究をしながら、私の弟子に教えてあげるのが楽しくて80歳になっても座って教えています。」

no title

▲茶について説明するシン・ウナク院長
no title

▲ソウルから来た客のために抹茶を出すシン・ウナク院長

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 起源主張

2016年09月08日

【韓国】 「王桜、済州島から日本と米国に渡った」アメリカン大ルイス・グッドマン学長 〜大邱でカトリック生態フォーラム

ubaitoru.jpg
1: 2016/09/07(水) 23:19:57.03 ID:CAP_USER

2日、大邱(テグ)中区毎日ビル8階で社団法人青い平和が主催し、大邱カトリック大学社会的経済大学院が主管した「カトリック生態フォーラム」が注目を集めた。

「エミール・タケ神父の王桜の兄弟たち」という主題で進められたこの日のフォーラムは、この1年間にエミール・タケ神父の功績を追ってきたチョン・ホンギュ神父が企画した席だ。

この日、主題発表をしたチョン・ウンジュ博士(江原大学山林科学部教授)は、桜の専門家として王桜の世界化について話した。

チョン博士は、植物を世界化して産業化するにはその木が由来した国と地域の人々の暮らしや文化を世界に知らせすることだとし、王桜の世界化のためには科学的技術とともに文化芸術的感覚、そして外交的な努力が必要だと強調した。

さらに、米国のアメリカン大学(AU)社会学科のルイス・グッドマン学長は、済州島王桜が日本に渡って日本の園芸師達によって増殖されて、今から100年前に更に米国に渡って米国首都ワシントンD.C.のタイダルベイスンの湖畔に王桜通りが造成された事実を言及し、王桜が持っている韓国・米国・日本間の歴史、政治外交的・文化的価値について言及した。

アメリカン大学は我が国の王桜と非常に縁の深いところだ。2011年4月、アメリカン大学の校庭には「韓国庭園」が造成されたが、王桜の自生地の済州市奉蓋洞にある天然記念物王桜から増殖した王桜などを植えた。

太平洋戦争の真っ最中だった1943年4月8日、李承晩博士が、桜の原産地は韓国であることを主張してアメリカン大学に4本の桜の木を植えたが、その木こそが済州産王桜だ。

また、パク・ソンジュ嶺南大学教授(生命科学科)は、これまでDNAフィンガープリンティング技法を活用してエミール・タケ神父がカトリック大邱大教区庁に植えた王桜をはじめ、羅州老安聖堂と馬山聖旨女子高の王桜が、王桜の自生地である済州奉蓋洞王桜と遺伝的に一致するということを突き止めた。チョン神父と済州島などを何度も行き来しながら現地を確認してサンプルを採取して得た結果だ。

パク教授はまたタケ神父が済州島で植物標本を採取して欧州に送って登録した事実など、植物学者としてのタケ神父の活動状況を掘り出している。

この日のフォーラムに出席した人士たちと王桜の権威者であるキム・チャンス博士など、いわゆる「王桜の兄弟たち」が作っていくストーリーへの期待は日増しに高まっている。

パク・ジョンムン教育チーム長

ソース 嶺南日報(韓国語)
http://www.yeongnam.com/mnews/newsview.do?mode=newsView&newskey=20160907.010310820390001


3: 2016/09/07(水) 23:21:41.61 ID:J/8xMQYs

もう秋だよ


4: 2016/09/07(水) 23:21:59.69 ID:ZwCr0hwt

また専門外の人を連れてきて、言わせてるのか(´・ω・`)


5: 2016/09/07(水) 23:23:13.84 ID:YGyGB0mV

ヒント:遺伝子検査

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 起源主張

2016年09月04日

大韓民国代表清酒「白花壽福」、茶礼酒にぴったり 〜清酒は我が国の伝統酒、百済人が日本に製造技術を伝えた

1: 2016/09/04(日) 02:10:38.88 ID:CAP_USER

[gift&] 大韓民国代表清酒、茶礼酒にぴったり

[写真、ロッテ酒類] 白花壽福
no title


ロッテ酒類が名節(祝祭日)のギフト用に72年の伝統を持つ大韓民国代表清酒「白花壽福」を披露した。

「長生きしていつまでも福を享受しなさい」という意味を持った白花壽福は、もらう人への健康と幸福を祈る心が込められた我が国の代表清酒。国産米を100%原料として低温発酵工法と熟成方法を適用し、清酒特有の柔らかくすっきりとした味が際立つ。

ロッテ酒類関係者は「米の外皮を30%削り出し心を込めて醸成された白花壽福特有の深い香りと豊かな味わいで、冷やして飲んでも良し、温めて飲んでも良し、ご祖先様に捧げる祭礼用または秋夕の贈り物用に最適」と述べた。

名節茶礼用やギフト用の白花壽福は、製品の容量が700ml、1リットル、1.8リットルと3種ある。利便性や用途に合わせて選ぶことができる。消費者価格は一般的な小売店の基準で、700mlは5200ウォン、1リットルは7000ウォン、1.8リットルは1万1000ウォンだ。

清酒は米で作った醸造酒で、漢字の意味そのまま清い酒をいう。日帝強占期を経て清酒が日本式表現である「正宗」と呼ばれ、日本の伝統酒として知られている。

しかし、清酒は我が国伝統の酒だ。日本の古事記に「応神天皇の時(AD 270〜312年)、百済人の仁番が日本に渡って清酒の製造技術を伝授した」という記録が伝わる。

ロッテ酒類の関係者は「白花壽福はご先祖様に捧げる清酒であるために厳選した米から心を込めて醸成した製品」とし、「価格も5000ウォン台から1万ウォン台まで多様で経済的な製品となっているので、祝祭日の朝、家族全員が一緒に茶礼を過ごし飲むのに良い酒」と言い添えた。

(後略...)

※茶礼
陰暦の毎月一日・十五日、民俗的な節日及び祖先の誕生日などに行う簡略な祭祀

ソース 中央日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002640708


5: 2016/09/04(日) 02:15:52.55 ID:rMq0VNr7

日帝残滓がウリナラ起源説によってコリエイト商品へ


6: 2016/09/04(日) 02:17:12.76 ID:+ahQu5oK

百済とおまエラは関係ないじゃん
そして実際に継承してきた清酒なんて存在しないじゃん


> 72年の伝統を持つ大韓民国代表清酒

代表清酒が72年の伝統とか言ってておかしいとなぜ気づかない


69: 2016/09/04(日) 02:40:11.89 ID:KUK63uTI

>>6
多分気付いたら負けなんだと思います…(-_-;

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 起源主張

2016年08月28日

【韓国起源】「大豆」の全盛時代…韓半島が故郷の食べ物、世界食品になる

1: 2016/08/27(土) 22:08:06.78 ID:CAP_USER

大豆全盛時代…韓半島の食べ物 世界食品になる
[食品の裏話]穀物のうち、唯一の韓半島生まれ「大豆」

世宗(セジョン)=ニュース1 イ・ウンジ記者

大豆は私たちが食べる穀物の中で、唯一韓半島を故郷とする。大豆は3000年前から栽培されたものと推定され、我が国は大豆の故郷らしく、多くの種類の地元豆を保有している。霜を迎えた後に収穫するとして「ソリテ」と呼ばれる大豆をはじめ、チョンソンコン、カブサンテ、チャンダンコン、プソクテなど地名が入った大豆も多い。

大豆をナムルとして育てて食べる国は私たちが唯一であり、食文化全般に豆を素材にした多様な料理がある。

大豆を利用した非発酵食品の豆腐は中国で作られ、我が国を経て、壬辰倭乱時に日本に渡ったというのが定説だ。豆腐は95%にのぼる高い消化吸収率にもかかわらず、カロリーは100g当たり79kcalと低く、ダイエット食品として脚光を浴びている。中国の場合、乾燥豆腐、燻製豆腐、豆腐皮などの様々な種類があり、日本にも揚げ豆腐、卵、胡麻などの加工豆腐が販売されている。

私たちの先祖は三国時代から大豆を利用して醤を口にし始めたのだと推定される。醤類は120種にのぼる。醤類の有用成分は体内の有害物質、アルコールとニコチンの解毒作用をする。清麹醤など様々な発酵大豆製品の市場も連なり成長しており、世界化によって納豆、ミソなどの製品群も国内で発売されている。

大豆は優秀な脂肪成分によって食用油としても愛用されており、最近のウェルビーイングブームで、豆乳や豆肉などの市場が拡大傾向を見せている。大豆油は約2300万トン以上生産され、最も多く消費されている食用油である。

韓半島と満州を中心に栽培された大豆は18世紀の西洋に伝えられており、特に米国に導入された後は全世界に広がった。西部映画でもよく登場する「ベイクドビーンズ」は米国と英国の代表的な料理であり、フランスのカスレは世界最高の大豆料理だ。

(省略...)

大豆は既に世界の人の食品であり、また親環境産業素材へと変貌している。世界的に重要なバイオエネルギー源であり、繊維、プラスチック、インク、壁紙などの競争力のある親環境産業素材として活用されている。

年々、大豆産業は成長しているが、わが国の大豆自給率は8.7%に過ぎない。我が国は世界10位の大豆輸入国でもある。我が国で消費されている大豆は飼料用96万トン、食用44万トン前後に至る。韓国国民1人当たりの年間大豆消費量は8kgで米や小麦に次いで多い。

韓半島が大豆の原産地という位相を生かすためには大豆の技術と食文化を全世界に伝播できる国家的戦略が必要な時期だ。 (後略...)

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=421&aid=0002246071


4: 2016/08/27(土) 22:09:55.87 ID:qNwno0o1

大豆は中国原産で、日本でも一万年以上前の縄文時代の遺跡から食していた証拠が
見つかっているんだがww


5: 2016/08/27(土) 22:11:06.42 ID:cxmqjPKm

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま〜た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


7: 2016/08/27(土) 22:12:02.08 ID:ZGd6yDiY

結局、日本の大豆加工食品のほうがうまいし

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起源主張