ノーベル症 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年09月28日

【ノーベル賞】 来週、ノーベル平和賞の主人公は?〜賭けサイトで南北韓首脳の共同受賞の可能性が最有力

1: 2018/09/27(木) 20:52:10.00 ID:CAP_USER

毎年10月は多様な分野でノーベル賞が授与されます。全世界の人々の耳目が集中する時期ですが、我が国の場合、今年は「ノーベル平和賞」を誰が受けるのか関心が高まっています。

それはムン・ジェイン大統領の受賞の可能性が提起されているからです。今年、南北首脳会談を三回成功させて韓半島平和の雰囲気を作った点を高く評価する声が少なくありません。

ムン大統領だけでなくトランプ大統領とキム・ジョンウン委員長もやはり受賞の可能性があると見られています。北米首脳会談を成し遂げたトランプ大統領が候補に推薦されたし、非核化意志を表わしたキム・ジョンウン委員長も受賞候補に名前を上げたことでしょう。

海外賭博サイトも三首脳に集中しています。南北首脳の共同受賞の可能性が最も有力に占われており、トランプ大統領は2位に位置しています。

まだ変数は多いです。ノーベル平和賞審査委員のうち一部はトランプ大統領について否定的な評価を下しています。キム委員長もやはり独裁政権と人権蹂躙などが問題になるという観測も出ています。

フランシスコ教皇とメルケル独総理も有力な受賞者候補に浮かび上がっています。

世界平和に寄与した人にあたえる「ノーベル平和賞」。2000年のキム・デジュン元大統領受賞後、我が国から再び受賞者が出てくることになるのでしょうか?

来週10月5日、今年の主人公は誰になるのか、耳目が集中しています。

ソース:YTNニュース(韓国語) 来週ノーベル平和賞主人公は?
http://www.ytn.co.kr/_ln/0104_201809271650018494

関連サイト:ラドブロークス”2018 NOBEL PEACE PRIZE”
https://sports.ladbrokes.com/en-gb/betting/politics/international/international/2018-nobel-peace-prize/226550294/
Kim Jong-un + Moon Jae-in
Donald Trump (alone Or With Any Others)


2: 2018/09/27(木) 20:53:01.99 ID:yyDxEm+7

ノーベル賞の汚点、平和賞w


3: 2018/09/27(木) 20:53:14.28 ID:RjvmITQE

まだなにもしてないじゃんw


39: 2018/09/27(木) 21:01:22.10 ID:a0OcSuob

>>3
小浜の時もそうだったけどなw
ノーベルお笑い担当だからな

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年09月25日

【ノーベル賞】 韓国、ノーベル科学賞に手が届くには、あと2パーセント足りない?

1: 2018/09/24(月) 17:06:32.56 ID:CAP_USER

韓国のノーベル賞受賞はいつ頃可能だろうか。毎年10月が近づくと今回は可能なのか国民みなの耳目が集中する。今年のノーベル科学賞も10月1日医学生理学賞を始め10月2日、物理学賞、10月3日化学賞を順に発表する。ノーベル科学賞は1901年初めて授与されて以来、過去117年間に599人の受賞者を出した。専攻別に見れば物理学賞207人、化学賞178人、医学生理学賞214人だ。国家別に見れば米国、英国、ドイツの順で受賞者を多く出した。アジア圏の国家では日本が22人で最も多い。

この様な統計で見ても「韓国=ノーベル賞ゼロ」は隠そうにも隠せない。それで毎年繰り返される最大関心事は、今年は果たして韓国のノーベル科学賞受賞確率がどれくらいかに集中される。結論的に言えば「可能性は高くはないが、完全にあきらめることもない」と要約される。手で捕まえられるが、なぜか2パーセント足りないという感じというか。今年や来年、すぐの受賞は難しいかもしれないが、近年のうちに受賞の可能性も「実際に相当ある」というのが筆者の総合的判断だ。

「ノーベル賞ピンセット」として有名な「クラリベイト・アナリティクス(Clarivate Analytics)」がノーベル賞発表を10日ほど前に控えた20日、発表したノーベル賞受賞有力候補者17人に韓国人科学者は含まれなかった。しかし、韓国の蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)所属の米国国籍ロドニー・ラオフ教授が17人に含まれた。これでとにかく韓国は国籍に関係なく国内活動学者基準で昨年に続き2年連続受賞候補学者を輩出し、ノーベル賞受賞の可能性を一層高めたという分析が出てきた。

これまでクラリベイトが選定したノーベル賞候補の中で韓国人は2017年パク・ナムギュ成均館大化学工学部教授と2014年ユ・リョン(63)KAIST自然科学大学化学科教授の2人だ。これと関連してクラリベイト・コリアの責任者のキム・ジンウ支社長も「韓国の研究影響力は最近何年間か着実に発展してきたし、もう世界的水準の成果を出す分野が現れている」と分析した。

しかし、今年の候補者名簿に韓国国籍の学者がいないのも厳然たる事実だ。さらに2002年からクラリベイトが指定したノーベル賞受賞予測学者304人中、合計46人が実際にノーベル賞を受賞、適中率が15.1%を越える。期待と落胆、文字どおり明暗が交差する状況に違いない。

大韓民国基礎科学研究開発(R&D)事業の執行機関である韓国研究財団もノーベル賞発表が迫り韓国ノーベル賞受賞の可能性と限界を同時に発表した。

去る21日、財団発行の「ノーベル科学賞総合分析報告書」では被引用数を基準としてノーベル科学賞受賞者の業績に近い韓国研究者は6人で、今後3年内に接近すると予測される韓国研究者は7人だと分析した。しかし、同時に研究成果の側面での分析だけではノーベル科学賞受賞を予測できないというのが今回報告書の核心メッセージだ。研究成果の書誌分析はノーベル科学賞受賞を予測する分析指標の一つに過ぎないということだ。
(中略)

結論的に研究財団は「韓国のノーベル賞の夢」を実現するには三つの問題を診断しなければなければならないと注文する。

まず、国内の大部分の研究分野が基礎科学ではなく応用科学に偏重している点だ。今後、国際競争力を強化し多様な技術分野での発展と活用のためには国内基礎科学活性化を考慮する必要があるという指摘が出る理由だ。

二番目は研究装備の観点だ。既存の産業政策から脱して先端研究装備開発の力を育てることが重要だと財団は明らかにした。

三番目にノーベル科学賞受賞者の国際協力ネットワークで韓国は協力の中心部と距離がある点を指摘した。それも主に米国との協力に集中していることが明らかになったという。従って我が国の研究者が海外有数の研究者らとの積極的なコミュニケーションを通じて国際研究協力を効果的に引き出す努力が必要だと分析された。研究財団は「政府の積極的な交流支援と国内研究者らの成果広報も伴わなければならない」と強調する。

結論的に韓国のノーベル賞受賞のためにはこのように「足りない2パーセント」を満たさなければならない。毎年10月初めノーベル賞シーズンが近づけば「ノーベル賞、韓国はいつ」でなく「ノーベル賞受賞、韓国人の中の誰」に変わる日が一日も早くくることを願う。

キム・ヨンソプ記者
no title


ソース:ニュースピム(韓国語) [ANDAコラム]近づいたノーベル賞、2%不足(?)
http://www.newspim.com/news/view/20180923000061


2: 2018/09/24(月) 17:07:03.94 ID:10uDXRAF

100%足りないんじ


3: 2018/09/24(月) 17:07:14.28 ID:wfa0jVCk

可能性が2%
98%がマイナス


4: 2018/09/24(月) 17:07:57.66 ID:OYbV/ZYA

どこからその数字が出るんだいw

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年09月22日

ノーベル賞受賞者のレベルに到達した韓国の科学者6人

1: 2018/09/21(金) 18:45:34.81 ID:CAP_USER

機械翻訳

京郷新聞 記事転送2018-09-21 17:22

米国ハーバード大学ギムピルリプ教授をはじめとする韓国人科学者6人がノーベル賞受賞者級の研究成果に到達したという評価が出た。

韓国研究財団は21日、「論文被引用面でノーベル科学賞受賞者級の研究成果を創出した韓国の科学者の現況分析」報告書で、科学技術論文の評価によく利用される被引用数で、過去10年間のノーベル賞受賞者のレベルに達してした韓国人科学者が6人とした。 また、3年以内にノーベル賞受賞者のレベルに達すると予測される研究者も7人である。 これは、最近10年間にノーベル賞を受賞した科学者77人の合計論文数とチョンピ引用することができ、論文1編当たり引用することができ、論文生産性・影響力指数などと比較した分析である。

物理学では、キム教授とジョンサンウク米国ラトガース大学教授、イ・ヨンヒ成均館教授が総論文数とチョンピ引用数で、過去10年間にノーベル物理学賞受賞者の中間値と平均値を超えた。 キム教授は、グラフェンの物理的特性評価の研究では、チョン教授は川関係作用電磁界の新物質合成の研究では、この教授はカーボンナノチューブを利用した電子素子・燃料電池の研究で世界的権威である。 化学では、ヒョンテクファンソウル大教授とキム・グァンス蔚山科学技術院(UNIST)教授の研究レベルがノーベル賞受賞者級と評価された。 県教授は、均一なナノ粒子を合成する昇温法の開発が、キム教授は、リチウム二次電池の正極・負極材料源泉技術の開発が代表的研究である。 生理医学では、真核細胞の生理作用に関与するリン脂質分解酵素を発見したイソグ延世大教授がノーベル賞受賞者と同様の成果に達した。 ただし研究財団は、ノーベル賞受賞は、学界内ネットワーク、認知度、研究テーマの独創性、技術的・社会的波及効果などが影響を与えるので、今回の分析だけで受賞の可能性を予測することはできないと述べた。

http://news.nate.com/view/20180921n28720?mid=n1006


3: 2018/09/21(金) 18:46:40.73 ID:isMZHa49

何か成果をあげないとなれないのにレベルもクソも有るかよ


4: 2018/09/21(金) 18:46:48.02 ID:7GtWIx4G

実質ノーベル症ニダ


5: 2018/09/21(金) 18:46:49.52 ID:osnYyXsp

単なる勘違い

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ノーベル症

ノーベル物理学賞韓国代表候補「偉大なカルシウム」、米国FDAの骨粗しょう症治療剤に登録

1: 2018/09/21(金) 00:26:41.76 ID:CAP_USER

no title

▲世界初のナノ粉砕技術を導入した「偉大なカルシウム」
no title

▲FDA骨粗しょう症改善および治療剤登録証

最近、天然ナノ素材技術を導入して開発した「偉大なカルシウム(ナノカルシウム)」が骨粗しょう症治療に効果的という研究結果が発表され大きな話題だ。

エイペクセル(株)が開発した「天然ナノ素材技術」は2018年ノーベル物理学賞韓国代表候補に選ばれ、不治の病である骨粗しょう症改善にも卓越した効果があることが分かった。特に、「天然ナノ素材技術」を利用して市中に流通するカルシウム剤と比較にならない程体内吸収率が高いと明らかになって注目をあびている。

骨の健康を測定する指標である骨密度は35才に最高値に到達後、毎年0.4%ずつ減少して、女性の場合、閉経後、3倍程度速い速度で減少する。それで、カルシウムが不足して骨の健康が悪化し老化速度が非常にはやくなることを意味する。だからカルシウム補充は人間に必ず必要な要素だ。

効果的なカルシウム吸収のためにはビタミンDとマグネシウムを共に摂取した方が良いが体内吸収率は最大20%未満であることが分かった。ところが「偉大なカルシウム」は摂取すると同時に即血管と細胞に移動する過程ですぐに体内に吸収できるように世界初のナノ粉砕機術で作ったカルシウム剤だ。

また、国内で唯一食品医薬品安全処から「世界初」と「模倣不可能」という広告文句を使っても良いという許可を受け、米国FDAから「骨粗しょう症改善および治療剤」と登録されている。

「偉大なカルシウム」を独占販売しているゼイニモブ(zanymob)ニナノヘルスケア(Ninano Healthcare)事業団のキム・ジノ代表は「世界的に最も多く売れている米国「ファアジャ・カルシウム剤」と「偉大なカルシウム」を比較した臨床結果でも「偉大なカルシウム」が不利な条件にもかかわらず卓越した効果を見せ、骨粗しょう症効果を測定できるT-Scoreも良くなった事例が多い」と話しながら「カルシウムが不足する場合、何と147種類にもなる病気になる可能性があるから生存のためにも必ず必要な栄養素」と強調した。

元気な100才時代を迎えるために「偉大なカルシウム」は骨粗しょう症が疑われたり骨密度が低い人だけでなく、成長期から老年期まで老若男女を問わず必須の栄養剤であることは間違いない。

オンライン日刊スポーツ

ソース:中央日報(韓国語) 世界最初ナノカルシウム開発「偉大なカルシウム」米国FDA骨粗しょう症治療剤登録
https://news.joins.com/article/22990152?cloc=rss%7Cnews%7Ctotal_list

関連スレ:【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定〜韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」★4[08/29]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535633824/


4: 2018/09/21(金) 00:31:17.19 ID:b2btWw/N

国別対抗代表戦なんだっけ、ノーベル賞って


7: 2018/09/21(金) 00:33:25.05 ID:VKMgkZUZ

>>4
トーナメント戦で勝ち進むんじゃないのw


27: 2018/09/21(金) 00:42:09.99 ID:BHL8FSpU

>>7
春は選抜ニダ

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年09月21日

【ノーベル賞】 情報分析会社が今年のノーベル賞候補17人を発表〜韓国人ゼロでも韓国の研究所から一人選ばれる

1: 2018/09/20(木) 16:19:59.43 ID:CAP_USER

http://dimg.donga.com/wps/NEWS/IMAGE/2018/09/20/92099824.2.jpg
▲2018年被引用優秀研究者17人のイラスト(クラリベイト・アナリティクス提供)

来る10月、ノーベル賞受賞者発表を控えて「ノーベル賞ピンセット」と呼ばれるクラリベイト・アナリティクスが有力候補17人を選定した。残念ながら韓国人は名簿にただ1人もいない。

情報分析サービス企業クラリベイト・アナリティクス(旧トムソンロイター)は2018年ノーベル賞を受けると予想される世界の研究者17人を選定して20日発表した。分野別に医学生理学賞3人、物理学賞6人、化学賞3人、経済学賞5人だ。

候補者名簿に韓国人はないが蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)特別教授兼基礎科学研究院(IBS)多次元炭素材料研究団長の米国人ロドニー・ラオフ(Rodney Ruoff)教授がノーベル物理学賞候補に含まれている。

ラオフ教授はグラフェン・カーボンナノチューブのように、ナノサイズの炭素材料の構造と特性の研究の専門家だ。炭素素材を土台にした「スーパーキャパシタ(Super capacitor)」研究が重要だった。スーパーキャパシタは高性能大容量電気保存装置だ。2008年に「ナノレターズ(Nano Letters)」に発表したこの研究結果は合計6431回引用された。

選ばれた17人中11人は北米地域の教育機関で活動している。ラオフ教授を含む6人は英国・フランス・ドイツ・スペイン・日本・韓国で活動中だ。

今年も候補群に日本人が含まれている。ミノル・カネヒサ(金久實)京都大教授は医学整理学賞候補に名前を上げた。金久教授は京都遺伝子およびゲノム百科事典(KEGG)を開発した。日本は2016年、大隅良典、東京工業大教授のオートファジーの研究成果でノーベル医学生理学賞を受賞した。

2002年から2017年までクラリベイトが予測した研究者のうち実際にノーベル賞を受賞した人は46人に達し、この中で27人は名簿に名前が上げられてから2年以内にノーベル賞を受賞した。クラリベイトがノーベル賞ピンセットと呼ばれる理由だ。

ソース:東亜日報(韓国語) 今年ノーベル賞候補者17人議論…韓国人候補は「0人」
http://news.donga.com/list/3/02/20180920/92099423/1

関連記事:zakzak<クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞」を発表 2018年 日本からの受賞者は1名 〜京都大学 金久實氏(医学・生理学 )〜>
http://www.sankeibiz.jp/business/news/180920/prl1809201414038-n1.htm
クラリベイト・アナリティクス(英語)Clarivate Analytics Reveals Annual Forecast of Future Nobel Prize Recipients
https://clarivate.com/blog/uncategorized/clarivate-analytics-reveals-annual-forecast-of-future-nobel-prize-recipients/

関連スレ:【ノーベル賞】 「ノーベル科学賞に偏り、『公平性』に問題」「韓国受賞の可能性は高まっている」〜韓国研究財団報告書★2[09/13]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536798749/


2: 2018/09/20(木) 16:21:22.79 ID:9sLxYY9s

いよいよ秋だな


3: 2018/09/20(木) 16:21:29.15 ID:P/tprPRO

ノーベルパクリ賞とか放火賞があれば韓国が総ナメなのに…


5: 2018/09/20(木) 16:22:25.18 ID:S40Ye8Rt

鬱陶しい季節がやって参りますた

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年09月15日

【韓国】 米NBC「対北朝鮮外交スタイル、ムン大統領はカメでトランプはウサギ。ノーベル賞にふさわしいのはムン」

1: 2018/09/14(金) 13:39:57.63 ID:CAP_USER

no title

▲米NBC「対北朝鮮外交スタイル、ムン大統領は亀トランプはウサギ」記事の写真

米国外交専門家が北朝鮮非核化交渉方式と関連してムン・ジェイン大統領を「亀」に、ドナルド・トランプ米国大統領を「ウサギ」に各々比喩した。ムン大統領は非核化外交のために着実に力をつくすスタイルである一方、トランプ大統領は速度を重視するということだ。

米NBC放送は11日(現地時間)、韓米首脳の交渉スタイルを比較したジョージ・ロペス(George Lopez)元国連対北制裁委員会専門家パネル委員の発言を伝えた。

ロペスは「トランプ大統領はウサギに例えられる」として「トランプ大統領は不安定な約束と大層な宣言を土台にした速度戦を通じて外交レースで勝利を占めるために努力している」と話した。彼は引き続き「ムン大統領の交渉スタイルは亀と同じだ」とし、「ムン大統領はゆっくり、そして着実に行きながらデテールに注目している」と分析した。

同放送はまた、ムン大統領は非核化交渉初期から「キードライバー(key driver)だった」と高く評価した。それと共にムン大統領はトランプ大統領が北朝鮮非核化の成果でノーベル平和賞候補に推薦されるべきと明らかにしたが、トランプ大統領ではなく他の人が推薦されるなムン大統領だろうと伝えた。

米シンクタンク、ウッドロー・ウィルソンセンターのエイブラハム・デンマーク(Abraham Denmark)局長もムン大統領を高く評価した。彼は「現在二つの外交トラックが並んで作動している」として「一つは韓国が主導する(南北)平和トラックで、もう一つは米国が率いる非核化トラック。今までは平和トラックがはるかに多くの成果を作り出した」と話した。

NBC放送はムン大統領が非核化よりは南北関係進展に重点を置いていると見た。核政策専門家ジェフリー・ルイス(Jeffrey Lewis)は「ムン大統領は北朝鮮の武装解除可否は念頭に置いていない」として「ムン大統領の目標はトランプ大統領を満足させるほどの点数を上げること」と話した。

もちろん米国内の官民にムン大統領に対する賛辞だけ存在するのではない。同放送は韓米関係に対する懐疑的な見解も伝えた。放送はまた、韓米両国が非核化交渉にあって現在まで大きな衝突なしに無難に協力してきたが、迅速な結果を望むトランプ大統領の意地と漸進的発展を望むムン大統領の期待の間で韓米関係が圧迫を受ける可能性もあると指摘した。

ワシントン=ハ・ユネ特派員

ソース:国民日報(韓国語) 米NBC「対北朝鮮外交スタイル、ムン大統領は亀トランプはウサギ」
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924007086

関連記事:NBC” South Korea's talks with North are going well, unlike Trump's”
https://www.nbcnews.com/news/north-korea/north-korea-s-talks-south-are-going-well-unlike-trump-n907416


3: 2018/09/14(金) 13:42:09.39 ID:d/jOzCkP

ノーベル症なら。


4: 2018/09/14(金) 13:42:22.53 ID:rrKuAFyB

文だったら牛の糞とかそんなのだろ


5: 2018/09/14(金) 13:42:45.47 ID:7uZ5QH6t

ムンとかかすりもしねーよ

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年09月13日

【ノーベル賞】 「ノーベル科学賞に偏り、『公平性』に問題」「韓国受賞の可能性は高まっている」〜韓国研究財団報告書

1: 2018/09/12(水) 21:19:23.80 ID:CAP_USER

ノーベル賞シーズンを控えた中、韓国科学界の「ノーベル賞0」は常連メニューだ。しかし、ノーベル科学賞は必ず1等に与える賞ではないとする政治社会学的分析を通した「ノーベル賞受賞の公平性問題」を本格提起した韓国研究財団(NRF)報告書が出て注目される。

12日「科学史から見たノーベル科学賞」というタイトルの研究財団発行政策研究報告書は「ノーベル賞の公平性」をまないたに上げてノーベル科学賞選定過程の政治社会学的分析を通じてノーベル科学賞受賞の意味を展望した。

報告書は「ノーベル科学賞受賞に対する国内の関心と努力が大きくなると同時に、韓国人ノーベル科学賞受賞に集中する科学技術政策に対する批判も国内外で提起されている」と韓国の「ノーベル科学賞コンプレックス」を指摘した。続けて報告書は海外の大学者からも「韓国のノーベル賞ノイローゼ」という指摘が出るほどノーベル賞に過度に没頭する姿がかえって国内科学界の品位を落とすと批判した。

報告書は「韓国のノーベル科学賞コンプレックスは韓国科学技術水準に対する韓国社会内部の自信欠如が表われており、ノーベル科学賞という外部的認定を通じてそれを確認しようと思う社会的欲求が反映されている」と分析した。

特に報告書は「ノーベル科学賞は良い研究に与えられる多くの報償と認定の中の一つなのに、それ自体を政府科学技術政策の目標に設定するのは適切でない」と指摘した。

報告書は実際に科学史の事例を中心にノーベル科学賞の研究方式、受賞国家と機関、ジェンダーなどに現れる受賞トレンドとノーベル科学賞をめぐる論争を見ればノーベル科学賞に傾向性があって「公平性問題」が自然に導き出されると強調した。

報告書によればまず、ノーベル科学賞受賞者の研究主題の場合、実験研究に偏重されるということだ。実験研究が理論研究より「3対1」の割合で非常に受賞率が高いことが分かった。
(中略)

また、これまでノーベル科学賞受賞国を見ると米国、英国、ドイツの3カ国に集中してきたという。2015年まで3カ国のノーベル科学賞受賞者は全体の70パーセントを占めるなど国家偏重現象が現れる。これはノーベル科学賞の選定過程が公平ではないことを暗示すると分析した。

合わせてノーベル科学賞受賞者が発表した論文はよく4大メジャージャーナル(Nature、Cell、Science、PNAS)に掲載された比率が高いと明らかにしてジャーナルとの相関関係も高いことが分かった。これと関連しておもしろい点はこの頃よく言及される両極化現象がノーベル科学賞にも似たように目撃されるということだ。

これは科学社会学者ロバート・マートンが指摘した科学界のマタイ効果(Matthew Effect)と説明される。名声と報償で富めば益々富を作り、貧は益々貧しくなる現象を称する言葉で、1、2回の受賞で注目され始めた科学者、ジャーナル、国家はさらに多くの注目をあびてさらに多く引用され、さらに多くの名声と報償を得るということだ。

これと共にノーベル科学賞の「性偏重」も深刻だと報告書は指摘した。1901年から現在まで女性のノーベル科学賞受賞は18回に過ぎず全受賞者の3パーセント水準に止まる。従って「ノーベル委員会は過去の受賞者選定過程で女性科学者について保守的な態度を見せた」と報告書は明らかにした。

しかし、報告書はノーベル賞のこの様な傾向にもかかわらず、韓国のノーベル賞受賞の可能性は最近になって高まっていると肯定評価した。報告書は「最近、何年間か政府と科学界がノーベル委員会の持続的な関心を引いてきた点や最近の韓半島に対する国際的関心が急増する状況に照らしてみる時、韓国科学界がノーベル科学賞の好循環の輪に進入する時間は遠くはないと期待される」と付け加えた。

キム・ヨンソプ記者

ソース:ニュースピム(韓国語) [単独]「ノーベル科学賞も両極化...必ず1等ではない」..ノーベル賞「政治社会学」報告書
http://www.newspim.com/news/view/20180912000351

関連スレ:【ノーベル賞】 韓国の科学者の半分「10年以内に科学分野のノーベル賞受賞者は出ないだろう」★2[09/04]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536159037/


4: 2018/09/12(水) 21:21:51.30 ID:d97x6thE

今年もそろそろノーベル症の季節か・・・(´ω`)


5: 2018/09/12(水) 21:22:00.10 ID:wJK/TCWa

「韓国消滅の可能性は高まっている」


6: 2018/09/12(水) 21:22:08.04 ID:qJLXAsvY

とうとうノーベル賞にまでケチ付け始めたよw

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | ノーベル症