ノーベル症 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年10月30日

ノーベル総合科学技術賞を新設するのはどうか=韓国

1: 2018/10/29(月) 17:50:35.97 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000028-cnippou-kr

いわゆる「ノーベル賞シーズン」の10月上旬が過ぎ、各分野のノーベル賞受賞者が発表された。女性差別に対する批判と反省という世界的な雰囲気が反映されたのか、今年は3つの分野で女性がノーベル賞を受賞することになった。特に女性の受賞者が極めて少なかった物理学賞と化学賞にも女性科学者が含まれ、目を引いた。

しかし科学分野のノーベル賞は長い歳月が流れながら大きく変化した今日の科学技術研究現況を十分に反映していない、という批判が依然として続いている。まず3人まで共同受賞が認められるという規定に問題が提起される。現代科学技術の特徴の一つ、いわゆる「巨大科学(Big Science)」が出現し、数百人以上の科学者が共同でする研究が多いが、3人に限られた科学者個人に賞を授与するというのは不合理と考えられる。

しかし機関や団体にも科学分野のノーベル賞を授賞する場合、欧州粒子物理研究所(CERN)のような巨大な研究機関または著名大学の研究団が順に受賞して科学者個人の機会を大きく減らすため、ノーベル賞制度自体の意味が薄れるおそれがある。

また、医学生理学賞、物理学賞、化学賞の3つの分野に分かれたノーベル科学賞が新しい科学技術の出現および学問分野の融合という時代的な要請に応じていないという批判も妥当と考えられる。21世紀に入って変化があり、特にノーベル物理学賞は情報通信革命と科学技術の融合などを反映したのか、厳密な意味の物理学的な業績と見なしがたい工学と技術的業績にも賞を授与している。すなわち、2000年、2009年と2014年にノーベル物理学賞を排出した集積回路(IC)、光ファイバーおよび青色発光ダイオード(LED)などはすべて電気工学者の業績であり、以前ならノーベル物理学賞を受賞するのは難しかったはずだ。

もちろん地球環境科学や人工知能、コンピューター科学などの功労者に授与するのに適したノーベル賞分野は依然としてない。1960年代にノーベル経済学賞を新設した事例のように、仮称「ノーベル総合科学技術賞」分野を新しく制定して運営するのはどうだろうか。

チェ・ソンウ/科学評論家


3: 2018/10/29(月) 17:51:58.46 ID:ZkNZZKbe

なーんのためーにー?


4: 2018/10/29(月) 17:52:43.66 ID:gUoAgM5d

韓国Noベル賞で新設してください


6: 2018/10/29(月) 17:52:51.02 ID:CbeLtNSi

ノーベルキムチ賞も新設しるニダ

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年10月27日

【韓国】『図太いやつら』・・・ノーベル賞を取る日本が羨ましい

1: 2018/10/26(金) 09:56:22.45 ID:CAP_USER

【人と生活】

(写真)
no title


毎年10月になると、スウェーデンのストックホルムでノーベル賞の受賞者を発表する。ところが我が国の者は見当たらない。それを見ると自尊心が傷つく。それもそのはず、2017年だけで5739億ドルを輸出した国である。それだけではなく、1人当りの国民所得が3万ドル、人口5千万人になってこそ加盟国になれる世界30-50クラブに我が国は、アメリカやイギリス、ドイツ、フランス、イタリア、日本に次いで、7番目の加盟国の名誉を狙う世界10大経済大国である。耳に快いだけでなく誇らしい。

ところが恥ずかしい事に経済大国らしくなく、科学分野のノーベル賞受賞者がたった1人もいない。 全人類がいかなる賞よりも好むノーベル物理学賞、ノーベル化学賞、ノーベル生理学医学賞、ノーベル文学賞、ノーベル平和賞の5つの分野を合わせても、我が国ではノーベル平和賞の分野で金大中(キム・デジュン)元大統領が受賞したのが唯一である。

科学分野や文学分野の賞は政治的性格で受けたノーベル平和賞とは違い、新たな物質や形態がない未知の見えない世界を切り開くという点で異なる。そのため科学と文学分野は特別な感覚を持ち、特別な意志や執念、根気と独創力が後押しされなければならない。そのため容易でない。そして科学と文学分野はより広範囲に現在と未来を行き来して、人類全体に及ぶという点である。そんな科学分野のノーベル賞を日本は受賞し、受け続けた。一言で羨ましい。

より一層羨ましいのは、日本は我々と宿命関係にあるという点である。日本が数百年にわたりウリナラ近海を中心に略奪をして盗まれた悪縁と、36年という長い期間ウリたちを殖民統治しただけではなく、現在も我らの固有の領土である独島(トクド)を自分の領土なのに我が国が不法占拠しているというなど、一貫して苦しめている。それだけではなく、日本国内に住む我が同胞を対象に嫌韓ウンウン(云々)してチョセンジン出て行けというなど、我々を威嚇しているそんな日本が2018年のノーベル科学賞受賞者を含み、現在まで計23人を輩出した。だから羨ましくないはずがない。

残念な事は我が国が世界10大経済大国と言ったり、また世界30-50クラブ加盟国の加入を狙う国と言いながら、今まで科学分野のノーベル賞受賞者1人も排出する事ができなかった点である。その点から恥ずかしくならざるを得ない。

問題は現実がこうなのに、政府や企業は基礎科学分野の投資に消極的なだけでなく、一部だが大学や国策研究機関などで学問に励み、一生懸命に研究をしなければならない学者や科学者が権力の周辺を覗き見して、斎食だけに心を置いているという点である。

言い換えれば研究に没頭しなければならない多くの学者や科学者が、学者という科学者の頚木を背負って政治権力を味わい、その場所を覗き見している。そんな場所にノーベル科学賞、文学賞の期待なんてありえない。政府が基礎科学に特別な関心を持ち、企業も研究により多くの投資をして、学者と科学者は研究に没頭しなければ我が国からノーベル科学賞、文学賞の受賞者が出る事を期待(略)。 夢も良い。

(略)
政界を覗き見る学者や科学者の図太いやつら、ノーベル賞の受賞者見て恥ずかしくないか?

ハン・ジョンギュ(文学評論家)

ソース:中部日報(韓国語)
http://www.joongboo.com/news/articleView.html?idxno=1297001


2: 2018/10/26(金) 09:57:31.80 ID:s3X7eKQ4

パクりしかしないからでしょ


3: 2018/10/26(金) 09:57:43.21 ID:tadUNAHg

きちがいがブツブツ言ってる……キモ……


4: 2018/10/26(金) 09:58:08.58 ID:nZJYWYOm

>>7番目の加盟国の名誉を狙う世界10大経済大国である。耳に快いだけでなく誇らしい。

これがホルホルって奴か

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年10月13日

ノーベル賞大国日本で医学賞受賞が遅れた理由…731部隊

1: 2018/10/12(金) 12:24:06.76 ID:CAP_USER

no title

ノーベル科学賞今年まで23人、2000年代に入り毎年1人の割合…日本列島のすごい学脈

東洋圏でノーベル科学賞受賞者を出した国は日本・中国・インドだ。この中で連続する国は日本だけだ。インドは1930年受賞後、後継者がない。台湾を含む中国は1957年、在米科学者の共同受賞以来2人を輩出するのみ。日本は1949年の初受賞後、今年まで23人続く。20世紀後半の業績を土台に2000年代以後だけで18人が受けた。

21世紀に入って圧倒的1位の米国の次の席をめぐり英国と競争している。日本の躍進は根本的に科学の進歩が近代化とともに成功したことで可能だった。教育施設が充分だったし後発国家では比較的多くの資本が科学に投入された。しかし、師弟関係と国内研究拠点を中心に形成された学脈がなかったら敗戦と長期不況の中で動力を失っただろう。日本と研究文化が似た韓国が参考にするべき特徴だ。
(中略:日本のノーベル賞受賞経緯。主に大学別)

◇医学賞受賞が遅れた理由

日本の化学賞は湯川の初受賞後32年、生理学・医学賞は38年後に出た。しかし、日本医学の派閥は物理学や化学より派手だった。

医学者、北里柴三郎は1回、ノーベル生理学・医学賞候補に上がった。共同研究者のドイツ、ベーリングだけ受賞したが114年後、彼が設立した北里大学研究室からノーベル賞受賞者が出た(記者中:感染症治療薬を開発した大村智教授のこと)。日本医学界の伝説、野口英世は九度候補に推薦された。

この様な学閥は日本医学界の拭えない罪悪で断絶危機を経験した。人間生体実験で悪名高い731部隊の石井四郎隊長は京都大の医学者であった。京大医学部は組織的に彼に医師を供給した。これらは敗戦後、研究データを持って米国と取り引きして全員免責された。その時、免責された内藤良一は石井の大学の後輩であり軍では部下だった。後日、彼は製薬会社を作って血友病製剤を開発した。この薬が日本人1800人をエイズに感染させた。そのうち600人余りが亡くなったという。

日本医学界は倫理的問題を清算できないまま1987年以後、ノーベル賞受賞者5人を輩出した。今年の受賞者(記者中:癌の免疫療法を開発した本庶佑教授のこと)をはじめとして2人が京大出身だ。韓国が念願した幹細胞分野初のノーベル賞受賞者も京大医学研究室から出た(記者中:iPS細胞を作製した山中伸弥教授のこと)。これらの学閥は石井と直接関係しない。人類の健康に大きな寄与をした研究者たちだ。

[研究のもう一つの軸、日本企業]
(中略:田中耕一、江崎玲於奈、中村修二など企業研究の紹介)

これら受賞は学閥と関係がない。価値を見違えて補償にケチな側面があるが(記者中:発明報奨金が安いという意味)、これらの場合は世界的研究拠点として日本製造業の実力を見せる。

日本のノーベル賞

ノーベル科学賞を受けた日本人23人中2人は受賞当時、米国国籍者だった。日本は一般的にこれらを日本受賞者に分類する。学閥と研究が相当部分日本で成り立ったためだ。2008年受賞者の南部は日本で成果を蓄積して渡米した。幼少時に英国に渡って英語で小説を書いた2017年文学賞受賞者、イシグロは日本人受賞者に含めない。

ソン・ウジョン社会部長

ソース:朝鮮日報(韓国語) [ソン・ウジョンのニュース狙撃]ノーベル賞大国日本の力、100年受け継いできた「国内派らの師事」
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/10/11/2018101104157.html


2: 2018/10/12(金) 12:24:46.70 ID:X/92UysU

くやぴいにだ


3: 2018/10/12(金) 12:25:43.60 ID:AT1Pv5f0

ああ、悔しい、悔しい、日本が憎いニダ
まで読んだ


4: 2018/10/12(金) 12:27:25.00 ID:kxMh0cYz

BC級戦犯国の犬食い糞コリアが


被害者ヅラするなゴミクズ死ね

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年10月07日

日本のノーベル賞受賞に沈む韓国科学界 「指をくわえて見るしかない状況。韓国人受賞者は最低でもあと10年はかかる」

1: 2018/10/05(金) 20:08:25.06 ID:CAP_USER

2018年10月5日、韓国・ニュース1によると、日本に26人目のノーベル賞受賞者が誕生したニュースに、韓国の科学界が大きく落胆している。

ノーベル委員会は1日、ノーベル医学生理学賞の受賞者に京都大の本庶佑特別教授が選ばれたと発表した。
これにより、日本は自然科学系分野で23人のノーベル賞受賞者を輩出した国となった。

記事は「これまでに1人も自然科学系分野でノーベル賞受賞者を輩出していない韓国の科学界は、指をくわえて見るしかない状況」とし、
「基礎研究に投資すればすぐにノーベル賞がもらえるわけではないため、数十年先を見据えた投資が必要だが、現実にそれができていないため」と説明している。

記事によると、韓国が基礎科学分野への投資を始めたのは1970年代。当時は基礎研究の土台がなく、
ほとんどの研究が先進国を追いかける「追撃型」で行われた。その後、科学技術のレベルが上がったことで1990年代にようやく基礎研究の必要性が叫ばれるようになり、
本格的に投資が始まった。そのため、19世紀から基礎研究に投資してきた日本や欧州より、かなり遅いスタートとなった。

ソウル大教授は5日、「基礎研究を支援する政府の政策に一環性を持たせることが何より重要」とし、
「今すぐノーベル賞がとれないことに落胆し、批判することは、韓国の科学界に否定的な影響を与え得る」と指摘した。

韓国が自然科学系分野でノーベル賞を受賞するには、最低でもあと10年はかかるとみられている。
文在寅(ムン・ジェイン)政権は発足後、国政課題の1つとして基礎研究費を拡大した。

昨年は1兆2600億ウォン(約1260億円)だった研究者主導の自由公募基礎研究予算を、2022年までに2兆5000億ウォンに増やす計画という。

韓国の西河大学の教授は「ノーベル賞受賞に向け基礎研究の長い伝統が必要だが、韓国はまだその段階に到達していないことを認めなければならない」とし、
「他国が基礎研究に専念している時、韓国は現実に経済的価値を創出できる技術を開発していたことに誇りを持つべき」と主張した。

その他、専門家からは「研究者らが研究に専念できるよう支援することが何よりも重要だ」との指摘も相次いでいるという。
https://www.recordchina.co.jp/b651010-s0-c30-d0058.html


2: 2018/10/05(金) 20:08:47.73 ID:FzelwZtk

>>1
10年前から言ってたよねそれ


4: 2018/10/05(金) 20:09:07.32 ID:5IP1iMG8

永遠の10年後


8: 2018/10/05(金) 20:10:40.42 ID:xjc6nQ5r

結果か出なくても金が出るようになったら
益々研究に打ち込まないのが朝鮮人

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年10月06日

【ノーベル平和賞】 文在寅大統領の受賞、不発に終わる …ムクウェゲ氏とムラド氏に選定

1: 2018/10/05(金) 19:05:24.96 ID:CAP_USER

■文在寅大統領、ノーベル平和賞受賞不発…デニス・ムクウェゲ ナディア・ムラド選定

[ソウルワイヤ ヨムボラ記者] 文在寅(ムン・ジェイン)大統領のノーベル平和賞の受賞が不発に終わった。

5日(現地時間)、ノルウェー・ノーベル委員会は、今年のノーベル平和賞受賞者にデニス・ムクウェゲとナディア・ムラドを選定したと発表した。

デニス・ムクウェゲはシリアで活動したボランティア救助団体である「ホワイトヘルメット」とコンゴ内戦犠牲者を助けたコンゴの医師として昨年も候補に上がっていた。

http://www.seoulwire.com/news/articleView.html?idxno=28878#09S2
no title


【ノーベル賞】 来週ノーベル平和賞発表…文大統領が受賞するだろうか[09/28]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538127348/
【韓国】ノーベル平和賞はPSYやBTSがふさわしい。トランプ・文・金の同時受賞も好ましい
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538457431/
【ノーベル平和賞】 南北首脳:文大統領とキム・ジョンウン委員長が有力候補に …賞金は?[10/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538728089/


2: 2018/10/05(金) 19:06:08.95 ID:nAd2fPe9

受賞するわけねえだろ


3: 2018/10/05(金) 19:06:13.82 ID:niRZs3iJ

賞金をどう分けるかの心配までしてたのにw


4: 2018/10/05(金) 19:06:22.29 ID:LDmFT5oo

ム、までは合ってたな
ムンジェイン

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年10月04日

「ノーベル賞強国」日本の科学政策を謙虚に学ぶべき

1: 2018/10/03(水) 10:38:13.94 ID:CAP_USER

本庶佑京都大特別教授が2018年ノーベル医学生理学賞の共同受賞者に選ばれ、日本のノーベル科学賞受賞者は23人になった。「科学強国」日本が改めて証明された。ノーベル科学賞受賞者が一人も出ていない韓国としては日本をうらやましく感じるしかない。

韓国はこれまで経済発展戦略で「追撃型」技術開発に集中し、日本に比べて基礎科学を軽視してきた。2000年代以降、「脱追撃型」に転換するために基礎科学に視線を向け始めた。この時からノーベル賞シーズンを迎えるたびに「ひょっとすると」という期待を隠していないが、短期間での成は期待しにくい。

専門家らは日本がノーベル科学賞受賞者を相次いで輩出する要因を大きく2つ挙げている。基礎科学に対する集中的な投資と長期間にわたり研究に没入できる文化だ。韓国で盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権、李明博(イ・ミョンバク)政権、朴槿恵(パク・クネ)政権に続いて文在寅(ムン・ジェイン)政権が基礎科学への投資を着実に増やしているのは良い方向だ。

問題は韓国では科学者が長期間にわたり一つの分野の研究に没頭するのが容易でないという現実だ。政権が交代すれば科学政策も変わる。政権が好む分野があればすべての研究が予算を確保するためにその方向に傾く。基礎科学への投資をいくら増やしてもこうした研究風土ではノーベル科学賞の受賞者を輩出するのは難しい。

本庶教授が「日本の基礎科学分野の若い人が元気づけられることを願う」としながら述べた所感は、ノーベル科学賞が空から落ちてくるのではないという点を悟らせる。

「物事に不可能はない。必ず道があるとの思いでやってきた」「時代を変える研究をするには好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、連続が必要」「科学は多数決ではない。既存の概念を壊す少数派の中からこそ新しい成果が生まれる」。こうした研究文化は一日で築かれるものではない。

我々が依然として日本から学ぶべきことが多いことを見せている。日本をノーベル科学賞強国に導いた科学政策を謙虚な姿勢で学ばなければいけない。


2018年10月03日07時54分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/713/245713.html?servcode=100&sectcode=110


2: 2018/10/03(水) 10:39:22.23 ID:J7u6/047

性格性質の違い
政策レベルでどうにかなる問題じゃない


4: 2018/10/03(水) 10:40:00.66 ID:wEKJvxel

こっち見んな、日本に興味を持つな。
参考にするならアメリカにしろ。


8: 2018/10/03(水) 10:41:15.75 ID:gDGMcUKE

毎年言ってるよな「日本に学ぶべき」と
何をw

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ノーベル症

2018年10月03日

【こっち見んな】なぜ日本は「ノーベル賞強国」になれた?韓国からうらやむ声続々

1: 2018/10/02(火) 19:41:02.53 ID:+b5FeLu+0● BE:776149888-2BP(2000)

2018年10月1日、京都大学の本庶佑特別教授が今年のノーベル生理学・医学賞に選ばれた。これにより、日本のノーベル賞受賞者は計27人となる。

【その他の写真】
no title

no title


韓国・ソウル新聞は2日、このニュースを伝え、「日本がノーベル賞強国になった理由」を分析した。記事によると、1901年に始まったノーベル賞は、昨年までに6分野で計923人が受賞。そのうち日本からの受賞者は26人(外国籍含む)で、米国、英国、ドイツ、フランスに続いて5位だ。ただ、2000年以降の自然科学分野に限ると、米国に続き2位を記録している。

記事は、日本が「ノーベル賞強国」になった理由の一つとして、「西洋で始まった現代の自然科学をいち早く取り入れ、国レベルの大胆な投資を行ってきた点」を挙げている。
次に挙げているのは「他人の視線を気にせず好きなことに打ち込む日本人特有の職人精神」。また、そういう精神を尊敬する社会の雰囲気も重要な理由だと指摘している。さらに「研究の中心が首都圏に集中していない点」も強みと分析。日本のノーベル賞受賞者は地方大出身者からも生まれている。

これに、韓国のネットユーザーからは「日本の職人精神は本当に素晴らしい」「ものすごい底力。感動した」「科学者を尊敬するところは本当にうらやましい」「日本人のおごらず謙虚な性格は大きな強みだ」など称賛や羨望の声が寄せられている。

また、韓国と比較し「技術を重視する日本と、公務員の勉強ばかりする韓国の違い」「国力と国民性の違い。韓国人はまだ、金と社会的地位ばかりを重視している」と指摘する声も。
あるユーザーは、ノーベル賞発表後に日本各地で新聞の号外が配られた点に注目し、「印刷媒体の影響力が大きいところもうらやましい。ネットに占領された韓国では人々が扇動されやすいが、日本人は個人的に読書や新聞を楽しむから、人に流されず自分の哲学を持って生きている」との声を寄せている。(翻訳・編集/堂本)
https://www.recordchina.co.jp/b649823-s0-c30-p0.html


2: 2018/10/02(火) 19:42:15.86 ID:Y1Kuz4uy0

チョンがバカすぎるだけ


3: 2018/10/02(火) 19:42:16.09 ID:HVpvT7Bl0

前向いて生きるか、フィクションで生きるかの差だよ
ちょーーーーん


4: 2018/10/02(火) 19:42:30.48 ID:nJ5Op7x60

朝鮮語は高度な思考ができない欠陥言語

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | ノーベル症