通貨スワップ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年11月17日

カナダさん、韓国とスワップ協定結んでしまう

1: 2017/11/16(木) 09:46:09.14 ID:ucqkHXJK0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典

カナダ銀行(中央銀行)は15日、韓国銀行(同)との間で金融危機時に資金を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を結んだと発表した。即時発効した。
危機に陥った国の中央銀行が国内市場への資金供給を続けられるようにし、市場を安定させる狙いがある。

韓国の通貨交換協定を巡っては、日本との協定が2015年2月に終了し、歴史問題が原因で日本が再締結の協議に応じない状態が続いている。
韓国は今年10月、中国との間で通貨交換協定の3年間延長に合意した。(共同)

http://www.sankei.com/economy/news/171116/ecn1711160015-n1.html


10: 2017/11/16(木) 09:47:38.43 ID:GXGuAiQF0

トルドーたん、
no title


3: 2017/11/16(木) 09:46:51.32 ID:CHAeHdNW0

やったぜ


5: 2017/11/16(木) 09:47:05.84 ID:WMlA0qyE0

バカナダァ


6: 2017/11/16(木) 09:47:08.79 ID:JvMinMm80

オワッタなカナダ

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2017年11月05日

【中韓通貨スワップ】全く効力なし、外国の対韓金融商品投資7000億ドル超の1割未満

nidanaki

1: 2017/11/04(土) 17:31:26.89 ID:CAP_USER

来週はトランプ米大統領が日韓中などアジアを歴訪し、北朝鮮が俎上に載る。追い込まれる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の出方次第で半島情勢が緊迫化する。そこで、なぞなぞ。日米韓の平均株価のうち年初来、10月末までに最も上昇したのはどれでしょう?(夕刊フジ)

 答えは韓国。10月30日時点で今年1月初めに比べ、韓国株価総合指数は27%上昇し、米ダウ工業平均の17%、日経平均の12%を大きく上回っている。前大統領の弾劾に加え、北はミサイル発射に加えて核実験にも踏み切り、「ソウルを火の海にする」とまで息巻く。ところが、政局混乱も北からの脅威もどこ吹く風と言わんばかりに上げ相場が続いてきた。

 韓国株購入の主力は海外勢である。外国の投資ファンドの安定した買いに国内の投資家もつられる。それにしても、景気の復調が顕著な米国を上回るスピードで韓国株価が上がるとは、驚きである。バブルや暴落の不安はないのだろうか。

 グラフは韓国の対外負債(海外にとっては対韓金融資産)の推移を、2008年9月のリーマン・ショック前から追っている。一目瞭然、負債は09年3月を底に急増を続け、今年6月末には2倍近く膨らんだ。その間の負債増加分の実に87%は外国からのポートフォリオ(株式など金融商品)投資が占める。海外の投資ファンドによるポートフォリオ投資は極めて投機的で、強欲そのものである半面で、逃げ足も速いはずである。

韓国は20年前、外国からの短期借り入れに依存していたために、アジア通貨危機に巻き込まれた。それを教訓に、韓国経済界は対外負債の長期化を図ってきたが、リーマン後は投機的な売り買いが可能な金融商品を通じた資金流入に偏重してきた。

 これまでは幸いなことに、外国の投資ファンドは「朝鮮半島有事」にひるむことがなく、強い国際競争力を誇るサムスンなど輸出企業に投資してきたのだが、本物の緊急事態とみれば、一斉に引き揚げかねない。となると、ウォンは暴落する。

 そんな不安におびえる韓国経済界は以前から日本に対し日韓通貨スワップ協定の再開を求めてきたが、「慰安婦」合意を履行しない韓国に対して、日本政府は応じないままだ。

 それに加えて、10月10日には中国との通貨スワップ協定が期限切れになったが、中国は韓国の懇請に対し3日後にスワップ協定延長に同意し、契約にサインした。さらに、中韓は10月31日、米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の韓国配備を巡って悪化していた両国関係の改善で合意したと伝えられる。中身は不明だが、ソウルの北京への従属関係が一層強まるのは不可避だ。

 中韓スワップは人民元建てで、たとえ全額ドルに換金できても約560億ドルで、外国の対韓金融商品投資7000億ドル超の1割にも満たない。政治的対中屈従の代償は不確かだし、あっても極めて少ない。最後は日本に泣きつくのだろうか。(産経新聞特別記者・田村秀男)


2017.11.4 10:00
http://www.sankei.com/premium/news/171104/prm1711040022-n1.html


3: 2017/11/04(土) 17:32:35.62 ID:7ol3FeW+

中韓スワップではドルの調達ができんからね。中国オコで


4: 2017/11/04(土) 17:32:49.06 ID:VA1ExA5w

関わるなよ


6: 2017/11/04(土) 17:34:27.16 ID:CSk/NVgA

中韓スワップってまだ中国側から何も発表が無かったんじゃないの?

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2017年10月17日

【中央日報/社説】「与えるから得られる」確認させてくれた韓中通貨スワップ延長 人民元の国際化に韓国の助けは切実だろう

にだ

1: 2017/10/16(月) 10:54:07.11 ID:CAP_USER

韓国と中国が3カ月を超える交渉の末に通貨スワップを延長した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備以降の中国の過度な経済報復が1年以上続いてきたところでありさらに意味がある。

外貨準備高が不足した時に相手国の資金を事前に約定した為替相場で交換して使う通貨スワップは経済危機に備えた「国家間マイナス通帳」のようなものだ。韓中両国が延長に合意した規模は従来通り560億ドル(約62兆ウォン、3600億元)で、韓国が締結した全通貨スワップ規模の46%を占める。

米国と日本とは未締結状態のためどうにか残った安全ラインを守った格好だ。

韓国の外貨準備高は9月末現在3847億ドルに達し、すぐに外貨不足を心配する状況ではない。だが国際経済の変動性が大きくなり、韓国経済の弱点も少なくなく、あらゆることで最悪のケースに備えていくのが正しい。金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相と李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁が延長交渉で終始「政経分離」を強調したのも適切だった。

中国がこの論理を受け入れたのも評価に値する。これを契機に中国が「北朝鮮核危機」の根本原因を直視し、無分別なTHAAD報復を撤回して「自由な投資、公正な交易」というWTO体制の開放経済に復帰するよう望む。

もうひとつ注目すべきことは韓中通貨スワップが中国にも必要な協定という点だ。人民元の国際化という中長期戦略に韓国の助けは切実だろう。アジアインフラ投資銀行(AIIB)創設議長国で低開発国開発を先導する国際リーダーに成長するためにも同様だ。多様な外為安全策もまた中国に緊要になるほかない。

大きな経済規模同様に中国は外貨準備高も多く9月末現在3兆1090億ドルに達するが、昨年初めにジョージ・ソロスなどヘッジファンドの「為替攻撃」を受けた時は人民元相場が揺らぎ、外貨準備高が急減したりもした。

険悪な言葉を伴ったTHAAD報復攻勢でも半導体のような部品産業は言及すらしない事実も思い起こす必要がある。韓国の競争力が優秀で韓国製以外では代替が難しい領域はどんな場合にも尊重されることになる。これに対し中国人観光客が減ったと悲鳴が出ている観光業界はそれだけ基盤自体が弱いのだ。

実力を備えてこそ尊重されるのが国際社会の冷厳な現実だ。外交・安保もそうであり、経済はさらにそうだ。


2017年10月16日10時47分
http://japanese.joins.com/article/419/234419.html?servcode=100&sectcode=110


2: 2017/10/16(月) 10:55:24.73 ID:wlOVH8Cq

ここまで勘違いできるって才能だよなw


3: 2017/10/16(月) 10:55:50.47 ID:b1U0gdJ/

スワップ延長させてやったニダ!中国を助けてやったニダ!


5: 2017/10/16(月) 10:55:54.99 ID:C8xet+lO

反日と幸せ回路

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

中韓通貨スワップ延長で日韓スワップ再開に注目集まる、韓国政府内では「積極的に動くべき」の声も

fabyou

1: 2017/10/16(月) 16:45:48.48 ID:CAP_USER

2017年10月16日、韓国・京郷新聞によると、13日に中韓通貨スワップが3年間延長されたことにより、韓国では今年初めに中断した日韓スワップ交渉再開の可能性に関心が集まっている。

韓国の企画財政部関係者は15日、日韓スワップ交渉の再開をめぐり「現在進められているものはなく、当分は予定もない」と明らかにした。

これまでの歴史を見ると、日韓通貨スワップは締結時から日本側が信頼性に欠ける行動をしてきたと京郷新聞は指摘している。2008年のグローバル金融危機の際、韓国は日本に通貨スワップの拡大を求めたが日本の反応は冷たかった。

当時、日韓スワップは20億ドル(約2230億円)の規模だったが、日本は30億ドル(約3350億円)水準を提案してきたという。そこで韓国は中国との交渉に乗り出し、300億ドル(約3兆3570億円)規模の通貨スワップを締結した。

これに焦った日本もその後、数百億ドル規模を提示し、11年には一時700億ドル(約7兆8330億円)にまで拡大した。

その後、12年8月に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島を訪問したことを受け、日本は満期を迎えた570億ドルの通貨スワップを終了させ、15年1月に日韓通貨スワップは完全に終了となった。

朴槿恵(パク・クネ)前政府は約1年半後の昨年8月に日本との通貨スワップ交渉を再開したが、今年1月に議論は中断された。日本が釜山日本総領事館前の慰安婦少女像の撤去を要求し、交渉を一方的に中断したためだという。

京郷新聞は菅義偉官房長官が当時、「韓国側から要請があれば延長を検討する」と述べたことについて「韓国側を挑発する発言だった」と指摘している。外交上の「要請」は上下関係の意味が含まれるため、通常は「提案」を使用するのだという。

企画財政部の日本財務省に対する不信が高まる中、韓国では「中韓通貨スワップの締結は日韓通貨スワップ交渉再開の可能性をさらに低下させた」と分析する声があるという。韓国政府としては一安心した状況であるため、交渉の再開を日本側に強く求める必要がないとみられるためだ。

それに加え、慰安婦少女像に対する日本側の考えにも変化はみられていない。

しかし、通貨スワップは多ければ多いほど韓国の心強い外貨安全弁になるため、非常時の円の威力を無視することはできないという点で「韓国政府が立場を変えるべきだ」と指摘する声も出ているという。

元企画財政部次官のチュ・ギョンホ「自由韓国党」議員は「外交的な面で韓米はもちろん、韓日通貨スワップ再開の必要性は今も高い」と述べた。外交部でも「経済的実利のため、日本との通貨スワップ再開のため積極的に動くべき」と求める意見が出ている。

米国を訪問中のキム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官も13日、日米との通貨スワップについて「米国でも日本でもチャンスがあれば締結する」との考えを明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーからは

「後悔するのは日本の方。放っておけばいいよ」
「必要な時に助けてくれないのに、なぜ日本と締結を?」
「日本と通貨スワップを締結するには慰安婦問題で低姿勢を取る必要がある。それを望む国民はいない」

など日本との通貨スワップ交渉の再開に否定的なコメントが多く寄せられている。

一方で

「北朝鮮問題などを考えると、中国よりも日本と仲良くするべきなのに」
「いつまで日本ともめているつもり?」

など現在の状況に懸念を示す声も。

また、

「通貨スワップは両国にとって良いことでしょう?韓国が下手に出るのはおかしい」
「日本に物乞いするなんて屈辱的だ」

と韓国政府の態度を批判する声や、

「嫌韓が習慣化している日本政府と、反日感情をあおり続ける韓国政府が存在する限り、日本との親交は難しい」
「今のままでも日本が困ることはない。自分たちの希望が100%通らなければ締結してくれないよ」

と指摘する声も見られた。


2017年10月16日(月) 16時40分
http://www.recordchina.co.jp/b193911-s0-c10.html


2: 2017/10/16(月) 16:46:43.14 ID:IJicM8zT

は?w


3: 2017/10/16(月) 16:46:57.01 ID:rQ65RUaK

「現在進められているものはなく、当分は予定もない」


4: 2017/10/16(月) 16:46:58.59 ID:ma60kYwV

盗人猛々しい
契約書を守らないで情緒で動く国とお金の話なんかできん

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

韓国「日韓スワップ再開するニダ!後悔するのはチョッパリ」日本「」

fabyou

1: 2017/10/16(月) 17:19:02.88 ID:KqDYdHFt0 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典

2017年10月16日、韓国・京郷新聞によると、13日に中韓通貨スワップが
3年間延長されたことにより、韓国では今年初めに中断した日韓スワップ交渉再開の
可能性に関心が集まっている。 韓国の企画財政部関係者は15日、
日韓スワップ交渉の再開をめぐり「現在進められているものはなく、当分は予定もない」と明らかにした

面倒くさいから(中略

この報道に、韓国のネットユーザーからは「後悔するのは日本の方。放っておけばいいよ」
「必要な時に助けてくれないのに、なぜ日本と締結を?」
「日本と通貨スワップを締結するには慰安婦問題で低姿勢を取る必要がある。
それを望む国民はいない」など日本との通貨スワップ交渉の再開に否定的なコメントが
多く寄せられている。

https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_193911/?p=2


2: 2017/10/16(月) 17:20:04.35 ID:Xlh4L1qp0

こっち見んな


3: 2017/10/16(月) 17:21:00.09 ID:XfSYSd9R0

>>1
Good-byeコリアン
お前は本当に嫌な隣国だったよ。

中国の属国としてケツの穴舐めてな


6: 2017/10/16(月) 17:21:48.15 ID:VIQiJ8x50

中国の寄生虫になったんだろゴキブリ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2017年10月16日

韓国政府、韓中通貨スワップの延長を遅れて公開…中国への配慮か、中国当局は公式反応も示さず

1: 2017/10/14(土) 20:56:06.60 ID:CAP_USER

no title

▲今月13日(現地時間)、ワシントンでキム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官(左)とイ・ジュヨル韓国銀行総裁が、米ワシントンで記者団に中国との通貨スワップ契約を3年間延長することで合意した事実を説明している=企画財政部提供写真//ハンギョレ新聞社

 韓国と中国間の通貨を交換する通貨スワップ協定がさらに3年間延長されたことが13日に確認された。これまで協定期限が過ぎたにもかかわらず、合意の有無も公開されず、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備後に増幅された両国の対立が影響を及ぼしたのではないかという推測が飛び交っていた。両国の合意後、3日間も関連内容が公表されなかったことが明らかになり、満期延長が韓中間の軋轢を解消する信号と拡大解釈されることをはばかっていた中国側の立場を考慮した処置と見られている。
 国際通貨基金(IMF)・世界銀行(WB)の年次総会に出席するため、米ワシントンを訪問中のキム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官とイ・ジュヨル韓国銀行総裁は同日、現地で記者懇談会を開き、韓中通貨スワップ契約をさらに3年延長することで両国が合意した事実を公開した。イ総裁は「韓中通貨スワップ交渉はいかに進められているか」という記者団の質問に「(既存の協定期限の)10日に契約を延長することで中国と合意した。技術的検討が残っていたため、今日(13日)お知らせすることになった」と答えた。さらに、イ総裁は、「更新された契約は、規模と期限において従来の契約と同じだ。従来の契約は10日に満了しており、今回の契約は11日から始まる」と明らかにした。キム副首相も「形式的には新規契約だが、実質的には途切れることなく期限が延長される効果が現れる」と付け加えた。

 このように両国間による満期延長合意事実の公開は合意の時点から3日も過ぎてから、それも公式発表ではなく、記者団の質疑に副首相と韓銀総裁が答弁する異例の形で行われた。3年前、協定を更新した際には、イ総裁と中国人民銀行の周小川総裁が協定文への署名式を開いた。

 韓中通貨スワップは、米国発金融危機が本格化していた2008年末、300億ドル規模で初めて締結されてから、2014年に期限が3年間延長され、契約の規模も560億ドルに増えた。今回両国がスワップ契約を再延長したことで、両国間通貨スワップは2008年以来2020年まで12年間維持されることになった。

 今回の協議はTHAAD配置をめぐる両国間の政治・外交的軋轢が深まると共に、北朝鮮のミサイル発射などによる地政学的危険が大きく浮上する環境の中で行われた。このような理由から、延長協議が失敗に終わった場合、韓中間の葛藤や地政学的危険がさらに深まり、金融市場の変動性が拡大する可能性もあると見られていた。特に、既存契約満了日の今月10日まで協議妥結のニュースが伝わらず、このような懸念はさらに高まった。

 両国間の協定延長の合意により、軋轢の深まりに対する懸念がある程度払拭されたが、今回の合意を両国間の関係改善のシグナルと見るにはまだ早いという指摘もある。慶煕大国際大学院のパク・ポクヨン教授(経済学)は「韓中通貨スワップの満期延長は、人民元の位相をさらに高めたい中国にも非常に必要な事案であるため、朝鮮半島へのTHAAD配備に反発して貿易報復を進めながらも、スワップ協定まで経済報復の手段に使うことはできなかったはず」としたうえで、「中国としては、今回の合意が大々的に知られて、韓中関係の改善と解釈される状況を避けたかったのではないかと思う」と話した。両国間の合意事実をすぐに公開しないよう、中国側が要請した可能性があるという分析だ。これと関連し、大統領府関係者は「韓中通貨スワップと関連し、最終的にどのよう公開するかの時期と方法を両国が検討する過程があったものと聞いている」と話した。

 実際、合意事実が韓国で公開された後に中国が示した態度はこのような分析に説得力を与えている。まず、中国当局は今回の合意に対する何ら公式立場を表明していない。中国外交部の華春瑩報道官も同日の定例会見で「中国の主管部門である人民銀行に問い合わせてほしい」と述べた。中国の消息筋は「(今回の合意が)いいシグナルではあるが、中国自らが何の立場も示さない状況で、(その意義を)解釈するのは難しい」と話した。

キム・ギョンラク、チョン・ユギョン記者、北京/キム・ウェヒョン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-10-13 21:34
http://www.hani.co.kr/arti/economy/finance/814434.html 訳H.J(2046字) 

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<韓国政府、韓中通貨スワップの延長を遅れて公開…中国への配慮か>
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/28690.html


3: 2017/10/14(土) 21:02:09.72 ID:Mn3uADZB

人民銀行に問い合わせてないの?


5: 2017/10/14(土) 21:02:29.79 ID:5h+BKApb

中国側の約束が守られた時点で発効なんじゃね


6: 2017/10/14(土) 21:03:02.29 ID:IUfVByz8

事実上合意だから心配するなと
前もって関係者が暴露してたじゃん
互いに持ちつ持たれつなんだから誰も心配してないよ

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2017年10月13日

【統一日報】韓中通貨スワップ期限切れ、日本とのスワップ協定が必要ではないか

にだ

1: 2017/10/12(木) 16:30:11.76 ID:CAP_USER

韓中通貨スワップ期限切れ

課題多く、望まれる日米との協議

北韓と国際社会の緊張が高まるなか、投資家による「韓国売り」が懸念されている。通貨下落や資本流出が現実的になった際の命綱の一つが各国との通貨スワップだ。中国とのスワップ協定が今月10日、満期を迎えた。国際情勢が流動化するなか、専門家は「3度目の通貨危機を招きかねない」と警告する。

韓中間の通貨スワップ協定の延長交渉に注目が集まっている。中国との通貨スワップ協定は10日、満了を迎えた。昨年4月、20カ国・地域(G20)首脳会議時点では、韓国は中国との通貨スワップの延長に原則的に合意していた。しかし、THAAD配備などによる韓中間対立の影響で延長交渉が進まなかった。

一転、期日の10日に一部メディアが、「北京の消息筋が、韓国銀行と中国人民銀行関係者が協議、協定を維持することで合意した」と報じた。ただし「習近平国家主席ら中国指導部による最終承認には至っていない」とし、完全合意には不透明な要素が残っているとしている。合意が事実であるならば、韓中通貨スワップ協定解消という危機は乗り越えた形だ。

韓国はこれまで2度の大きな通貨危機を経験している。1997年、韓国経済は、アジア通貨危機の影響を直接受け、国際通貨基金(IMF)の救済を受けた。続いてリーマン・ショックが起きた2008〜09年にかけて2度目の通貨危機を迎えた。

当時は、米国からの通貨スワップで国家財政の破綻を回避した。現在、韓国の外貨準備高は3837億6000万ドル(8月末時点)。通貨危機時と比べて増加しているが、それでもウォンの対ドル変動性は新興国通貨の中でも大きく、ウォンの脆弱性が韓国経済の弱点となっている。そのため他国とのスワップ協定は韓国経済の命綱ともいえる。

数カ国と結んでいるスワップ協定のなかでも韓中通貨スワップの規模は大きく3600億元(約6兆1000億円)に達する。これは韓国が他国と結んでいる全通貨スワップの45・8%を占めており、協定が解消された場合、通貨危機時に利用できる外貨資金が、現在の約半分に減ることになる。そのため韓中スワップ協定の延長交渉が注目されてきた。

しかし、中国一国に依存するスワップ協定の在り方に異を唱える専門家も多い。シンクタンクの韓国金融研究院は、10年に終了した米国とのスワップを再開するため「米国を説得する必要がある」と提言している。日本に対しても交渉すべきだとして、対中依存の協定から方向転換するべきだとの声があがっている。

スワップ協定のなかで、韓中スワップの占める割合はあまりにも大きく、また現在までの中国の外交姿勢を見たときに、通貨危機時に協定が実行されるかどうかも疑念がもたれるからだ。他にも問題点がある。韓中スワップが実行された場合、韓国は基軸通貨である米ドルを直接受け取ることはできず、中国人民元で受け取ることになる。近年、人民元で貿易決済が可能な国も増えてきているが、国際基軸通貨としては、ドル、ユーロ、円などよりも弱い。また肝心の対中貿易はドルで決済される場合が多いため、通貨危機時の人民元の使い道は限定される。

文政権は、中国との交渉の動向にかかわらず、米国および日本とのスワップ協定締結に向けて働きかけが必要ではないか。

ソース:統一日報 2017年10月12日 00:00
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=83638&thread=01r03


2: 2017/10/12(木) 16:30:53.01 ID:ki8sli6x

御断りします。


4: 2017/10/12(木) 16:31:27.04 ID:OAYpiG5Z

ふざけんな


5: 2017/10/12(木) 16:31:39.92 ID:pR0dQphi

ドルが欲しいならアメリカとやれよw

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 通貨スワップ