通貨スワップ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年05月08日

韓銀総裁 「中国と日本が再開するなら、政治的理由で中断されている韓日通貨スワップも話し合われるかもしれない」

1: 2018/05/07(月) 08:48:38.38 ID:CAP_USER

韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が約3年間中断状態にある韓日通貨交換(スワップ)について、「今後、再開のための話し合いが始まる可能性があると見ている」と4日、明らかにした。

これは中国と日本が通貨スワップ再開を推進する過程で出た発言ということで、韓日通貨スワップ協議が再開するかどうかに関心が寄せられている。

李柱烈総裁は同日、「第21回東南アジア諸国連合(ASEAN)+3(韓中日)財務相・中央銀行総裁会議」に出席するため訪れたフィリピンのマニラで、記者団に「韓日通貨スワップは政治的な理由で延長できず、交渉も行われてこなかった。通貨スワップは中央銀行が経済協力の見地からアプローチするものだというのが我々の一貫した見解であり、そのように努力していく」と述べた。

そして、同総裁は「9日に東京で行われる日中首脳会談で、両国が尖閣諸島問題により中断されている通貨スワップ締結を推進している」という外信報道に言及した後、「中国と日本が再開するなら、政治的理由で中断されている韓日通貨スワップも自然と話し合われることになるかもしれないではないか」と言った。

同総裁はその上で「韓中通貨スワップも、昨年の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題のさなかで政治的議論を排除して延長している」と説明した。しかし、「時期が問題だ」とも述べ、再開の時期については慎重な姿勢を見せると同時に、「中央銀行だけでは解決が困難な問題だ。日本の方でも財務省など所管機関で共に協議が必要だろう」と語った。


2018/05/07 08:30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/07/2018050700349.html


2: 2018/05/07(月) 08:49:04.23 ID:luJeOKh8

ねーよ


3: 2018/05/07(月) 08:49:57.52 ID:kUiI45TZ

相手は麻生だぞwww
鼻で笑われるだけだwww


4: 2018/05/07(月) 08:50:00.32 ID:NpqJBd7m

>「中国と日本が再開するなら、政治的理由で中断されている韓日通貨スワップも自然と話し合われることになるかもしれないではないか」

どういう理屈やねん、おまエラ、関係無いやろ。

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2018年05月07日

【韓国】日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明

1: 2018/05/06(日) 15:43:12.78 ID:CAP_USER

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/05/06/0400000000AJP20180506000700882.HTML

【マニラ聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、金融危機時にドルなどを融通し合う韓日通貨交換(スワップ)の再開に向け努力すると表明した上で、今後このための協議が始まるとの見方を示した。4日の韓国、日本、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による財務相・中央銀行総裁会議後に報道陣に明らかにした。

 韓日のスワップ協定は2015年2月に終了したが、両国は16年8月、韓国の提案により再開に向けた協議を開始することで合意した。しかし、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の従軍慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことを受け、昨年1月に協議は中断された。

 李総裁は今年3月下旬まで「(協議)再開までは時間がさらに必要」と発言していた。だが、南北首脳会談などを機に北東アジアの情勢が変わり、スワップ協定を巡る協議の再開に向けた動きにも影響を及ぼしているようだ。

 韓国青瓦台(大統領府)高官も「韓日高官級会談が本格化する契機がつくられれば、スワップ協定問題も協議することになる」と話した。


7: 2018/05/06(日) 15:44:32.50 ID:gE/kfT9y

独り言(笑)


10: 2018/05/06(日) 15:44:54.73 ID:LySHQN0r

断固拒否だ


11: 2018/05/06(日) 15:45:07.35 ID:Cwf5Pqjm

諦めろ

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2018年03月23日

通貨危機再来の可能性、韓国で「日米との通貨スワップ必要」の声=韓国ネットの本音は?

1: 2018/03/22(木) 11:43:21.83 ID:CAP_USER

2018年3月22日、デジタルタイムスなど複数の韓国メディアはこのほど、米利上げにより韓国との金利が逆転した場合、資本流出の可能性が高まり、通貨危機が再来する可能性が高くなるという見方が出ていると報じた。「金利が逆転しても外国投資者の離脱は制限的」という韓国銀行の見通しとは異なる分析だ。

報道によると、韓国経済研究院(以下、韓経研)は18日、「米通貨政策の正常化の影響と韓国の政策対応方向」の報告書を通じて上記のように明らかにした。韓経研では「米国は今年、金利引き上げや通貨還収などの通貨政策の正常化を進める」と展望し、欧州中央銀行についても「量的緩和政策を中断し、緊縮に転ずるもの」と予想しているという。

また「米利上げの際に通貨危機再来の可能性を排除できない」とも強調しているといい、記事では1994年の米利上げ後の1997年に発生した東アジア金融危機、2004年の米利上げ後の2008年に起きた新興国の流動性危機について伝えている。

記事は「同シーズンである1997年と2008年に2度の金融危機を経験した韓国としては、米利上げによる波及影響の分析と対策づくりが急がれる」と主張している。また通貨危機が発生した場合、外貨保有額が約1200億ドル(約12兆7000億円)不足するとも推定されたというが、実際の危機では不足額はさらに増える見通しだという。

韓経研では外貨危機の再来防止のために「米韓・日韓通貨スワップが必要」と強調しているというが、最近の対外関係を考慮すると、2008年のように米韓通貨スワップが可能かどうか確信しがたい状況である上、日韓通貨スワップの再議論もままならないのが実情とのこと。

これを受け、韓国金融ICT融合学会のオ・ジョングン会長は「過度な利上げは企業の不良化を深めて家計負債返済の負担を重くし、景気低迷を招く可能性が高いため、資本流出の動向をモニタリングしながら慎重に推進しなければならない」と指摘。

さらに「米通貨政策の正常化を推進するとしても、何より韓国政府が経済政策を安定的に運用し、外債借り換え比率の減少と外国人株式投資資金の流出が起きないように予防することが重要である」としているという。

この報道を受け、韓国のネット上では

「誰が正しいか見守ろうじゃないか」
「韓国銀行と韓国経済研究院、果たしてどちらの判断が正しいのか」

など両者の分析の行方を見守るコメントが寄せられている。

また、日韓通貨スワップについては

「1997年の通貨危機の時に日本に裏切られた。(※韓国では『日本が原因』との声も上がっている)だから日韓スワップは信じられない」など否定的な見方が強いようだが、韓国に対しても
「韓国は何してるの?まだ金利を上げてなかったの?」
「市民は不動産や物価の値上がりで苦しんでいるというのに、政府は物価が安いから金利を上げられないって…。これが国と言える?」

と不満の声も上がっている。

ただし、かつての通貨危機の恐怖から

「経済停滞も怖いけど、通貨危機がもっと怖い。前もって備えるべき」
「第2のIMF(>>1997年の通貨危機の際に韓国の救済に入った)

の前触れのようで怖い」と不安を漏らすユーザーも見られた。


2018年3月22日(木) 11時20分
http://www.recordchina.co.jp/b584196-s0-c20.html


2: 2018/03/22(木) 11:45:39.64 ID:E1ZuVYm/

「日韓スワップなんて必要なかった。迷惑だった。」
そんなふうに言っていたと思うけど、どーなの?


4: 2018/03/22(木) 11:47:11.89 ID:l96BEM2F

日本でウオンの両替止めた方がいいぞ
そうすれば韓国からの旅行者も減るし韓国も衰退する


5: 2018/03/22(木) 11:47:34.21 ID:fhtbrhhg

日本はG7+スイスの中央銀行と無制限のスワップ協定結んでるから、韓国は心配しなくてもいいよ。

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2018年03月21日

【韓国】米利上げ時に韓国に通貨危機の可能性…日本との通貨スワップが必要と報告も

1: 2018/03/19(月) 19:10:19.44 ID:CAP_USER9

※たまたまスレです

米国が利上げに踏み切る場合、ドル・ウォン為替相場が上昇してウォン安ドル高が進み、外国資本が韓国から流出することによって通貨危機が再来する可能性があるとの警告が出てきた。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院(以下、韓経研)は18日、報告書「米国通貨政策正常化の影響と韓国の政策対応方向」を発刊し、この中で「米国が年内に利上げに踏み切った場合、第3の金融危機が発生する可能性がある。これを防ぐためには米国および日本との通貨スワップが必要だ」と明らかにした。

韓経研は、米国が年内に利上げやドル回収など通貨政策の正常化を進める一方、欧州中央銀行(ECB)も量的緩和政策を中断して緊縮政策に転じることによって韓国経済に少なくない影響を与えるだろうと予想した。

韓経研は韓国が通貨危機に陥った場合、外貨保有額が約1200億ドル(約12兆7000億円)不足すると推算している。また、「国内居住者の資本流出と海外韓国法人の現地金融のうち短期償還分、市場安定化のための韓国銀行による外国為替市場介入分などを考慮すると、不足額はさらに増えるだろう」と分析した。

2018年3月19日 13時47分
中央日報
http://news.livedoor.com/article/detail/14454569/


5: 2018/03/19(月) 19:11:19.92 ID:wD0h7Tz20

知った事か恩知らず


6: 2018/03/19(月) 19:11:27.30 ID:IL+KsCJM0

スワップ協定して助けてほしいニダ


7: 2018/03/19(月) 19:11:43.28 ID:NamvEhENO

日本にメリットなし

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2018年03月20日

韓国、米利上げ時に通貨危機の可能性…日米との通貨スワップ必要

1: 2018/03/19(月) 14:16:38.83 ID:CAP_USER

米国が利上げに踏み切る場合、ドル・ウォン為替相場が上昇してウォン安ドル高が進み、外国資本が韓国から流出することによって通貨危機が再来する可能性があるとの警告が出てきた。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院(以下、韓経研)は18日、報告書「米国通貨政策正常化の影響と韓国の政策対応方向」を発刊し、この中で「米国が年内に利上げに踏み切った場合、第3の金融危機が発生する可能性がある。これを防ぐためには米国および日本との通貨スワップが必要だ」と明らかにした。

韓経研は、米国が年内に利上げやドル回収など通貨政策の正常化を進める一方、欧州中央銀行(ECB)も量的緩和政策を中断して緊縮政策に転じることによって韓国経済に少なくない影響を与えるだろうと予想した。

韓経研は韓国が通貨危機に陥った場合、外貨保有額が約1200億ドル(約12兆7000億円)不足すると推算している。また、「国内居住者の資本流出と海外韓国法人の現地金融のうち短期償還分、市場安定化のための韓国銀行による外国為替市場介入分などを考慮すると、不足額はさらに増えるだろう」と分析した。


2018年03月19日13時47分
http://japanese.joins.com/article/701/239701.html?servcode=300&sectcode=300


2: 2018/03/19(月) 14:17:10.65 ID:Tx9hP/9X

知らんがな


4: 2018/03/19(月) 14:18:43.42 ID:U4IYhqVm

>>1
日本は無関係

ザイニチ朝鮮人のドルを韓国が接収すればいいだけ


5: 2018/03/19(月) 14:18:44.93 ID:elPyJhHz

自分が助けられる事しか考えてないクズ理論

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2018年03月18日

韓国の通貨スワップ、今後の課題は何か スイスと締結も米日との交渉進展せず

1: 2018/03/17(土) 09:02:41.30 ID:CAP_USER

韓国企画財政部と韓国銀行は2月9日、スイスと100億スイスフラン(約106億ドル)規模、期限3年の通貨スワップ協定を結ぶことで合意したと発表した。スイスフランは米ドル、ユーロ、円、英ポンド、カナダドルと共に世界の6大基軸通貨に数えられる。スイスとの通貨スワップ締結に成功したことで、韓国の金融の安定性はさらに高まったと評価できる。

■「第2の外貨準備」

通貨スワップは文字通り、通貨を交換し合うことを意味する。互いの相手国の通貨を取り決めた為替レートで相互交換する為替取引であり、元々は異なる国の個人や企業による取引で為替変動リスクに備えるために生まれた金融商品の一つだった。しかし、最近は通貨危機を防ぐために国家間で結ばれる通貨スワップ協定が一般的になっている。

国家間の通貨スワップは有事に際し、あらかじめ定めた限度内で自国通貨を相手国に預け、所定の為替レートで相手国通貨を借り入れることができる契約だ。例えば、韓国が通貨スワップ契約を結べば、韓国は必要な時にウォンをスイスの中央銀行に預け、スイスフランを調達できる。外貨不足で通貨危機が起きれば、相手国が限度内で外貨を融通してくれるため、流動性危機を回避することができる。

そうした意味で、通貨スワップは「第2の外貨準備高」とも呼ばれる。外貨準備高が外貨不足に備える「積立金」ならば、通貨スワップは一種の「当座貸越」と言える。通貨危機に際し、国際通貨基金(IMF)から資金支援を受けるためには、さまざまな規制を受けることになり、経済主権と国家イメージが低下しかねない。これに対し、通貨スワップは特に干渉を受けず、安定的に外貨流動性を確保できるというメリットがある。

■金融危機で本格化した通貨スワップ

2008年の世界的な通貨危機は、世界の主要国が通貨スワップ協定を通じた外貨のセーフティーネットを構築する契機となった。米連邦準備理事会(FRB)は07−08年の金融危機を受け、欧州連合(EU)、スイス、韓国など14カ国の中央銀行と二国間の通貨スワップ協定を結んだ。規模は総額5800億ドルで、世界の金融市場によるクレジットクランチ(信用収縮)を防ぐための巨大なセーフティーネットが形成された。

これについて、フランスのシンクタンク、国際経済予測研究センター(CEPII)は「FRBが通貨スワップを通じ、全世界の最終貸出機関の役割を担うことになった。通貨と金融市場の不安定性をコントロールする手段として、通貨スワップが登場した」と分析した。

金融危機後、各国の中央銀行は通貨スワップ協定を拡大している。米国、ユーロ圏、英国、日本、スイス、カナダなど6カ国・地域の中央銀行は13年、常時有効の多国間通貨スワップ協定を結んだ。自国でドルが不足した場合、他国の中央銀行から3年間の短期融資を受ける内容だ。

日本は中国に対抗し、東南アジアへの影響力を拡大する手段として、通貨スワップを活用している。シンガポールに続き、昨年にはタイ(30億ドル)、フィリピン(120億ドル)との通貨スワップを結んだ。中国も人民元の国際化に向け、通貨スワップを積極的に利用している。中国は韓国など32カ国と3兆元を超える通貨スワップ協定を結んでいる。

通貨スワップは一国の信用格付けを向上させる要因にもなる。外国人の投機資本による攻撃で、外貨が引き潮のように流出しても、外国から流動性を確保し、防衛することができるからだ。また、通貨スワップ協定を結ぶということは、互いを簡単にはデフォルト(債務不履行)には陥らない国として認定することを意味し、国内金融市場に心理的な安定をもたらす。

キム・ドンヨン経済副首相が昨年10月、中国との通貨スワップ協定を延長した際、「通貨スワップは多ければ多いほどよい。米国であれ、日本であれ、機会があれば結びたい」と述べたのもそのためだ。

2018/03/17 05:02
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/16/2018031601613.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/16/2018031601613_2.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/16/2018031601613_3.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/16/2018031601613_4.html

2に続きます。


2: 2018/03/17(土) 09:02:54.70 ID:CAP_USER

>>1の続き。

■米日との交渉難航

今回のスイスとの通貨スワップをきっかけとして、基軸通貨国である米国、日本との通貨スワップも関心事になっている。韓国は現在、米ドル、日本円、ユーロによる二国間通貨スワップ協定がない。国際取引に多用される信頼性が高い通貨とウォンを交換できる協定を結ぶことが重要なのだが、実情はそうではない。特に米日とは過去に通貨スワップ協定を結んでいたが、現在は解除された状態だ。

韓国は世界的な金融危機を経験した08年10月、米国と300億ドル規模の通貨スワップ協定を結んだことで、対ドル為替レートが正常化し、金融市場が安定を取り戻した。しかし、期限の2010年2月に協定が終了後、両国間では正式は協定延長交渉はなされていない。

韓国は再交渉に向け、米国と水面下で話し合いを続けているとされるが、市場に放出した巨額の米ドルを回収している米国にとっては、韓国と通貨スワップ協定を締結する明確な理由がないとの分析が支配的だ。米国にとっては、通貨スワップが潜在的にドルを国外に輸出する要因になるからだ。韓国も韓米自由貿易協定(FTA)改定交渉と重なり、再交渉を強く要求しにくい状況にある。

韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は2月9日、韓米通貨スワップ再開の可能性について、「先走って発言するのは難しい」と言葉を濁した。

日本の場合は事実上、両国間の協議ルートが全てストップした状態だ。日本は実は韓国が最初に通貨スワップを結んだ国だった。韓日通貨スワップは01年の20億ドルからスタートし、11年には700億ドルにまで規模が拡大した。しかし、12年に独島(日本名・竹島)の領有権争いなど外交問題で規模が130億ドルへと縮小され、15年2月に完全に終了した。

16年8月、韓国の求めで交渉が再開されたが、昨年1月に日本側が釜山の日本領事館前への慰安婦少女像設置を理由に交渉中断を宣言し、現在まで交渉が行われていない。

■万能薬はない 経済の基礎体力を

通貨スワップ協定は当事国間で結ばれる国際契約なので、政治的、外交的要因による影響を受けざるを得ない。独島、慰安婦の問題をめぐる対立で韓日通貨スワップが中断したように、韓中通貨スワップも昨年、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で中断の危機に直面した。昨年10月に何とか協定が延長されたが、北朝鮮リスクが高まる中、通貨スワップを含む中国との経済協調は不安な状況だ。

経済専門家は通貨スワップが為替市場の安定を保障する「万能薬」にはならないとアドバイスする。世界的な通貨危機は特定の国にだけ起きるものではなく、各国で同時に発生するため、通貨スワップを結んだ国から実際に支援を受けることが難しくなる可能性もある。

成太胤(ソン・テユン)延世大教授は「通貨スワップに頼るよりも、外貨準備高を安定的に管理し、経常収支黒字を持続的に維持するとともに、通貨危機自体が発生する余地を小さくすることが重要だ」と語った。

>>おわり。

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨スワップ

2018年03月03日

韓国、スイスと通貨スワップ締結 日本、アメリカとはめど立たず

1: 2018/03/02(金) 21:35:14.68 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00010005-newsweek-int

韓国銀行は2018年2月20日にスイス国立銀行と通貨スワップ協定を締結した。金融危機の際などにウォンとスイスフランを融通し合う協定で、上限は100億スイスフラン、期間は3年である。

韓国・文大統領「慰安婦問題、加害者の日本が終わったと言ってはならない」

李柱烈韓国銀行総裁は、スイス国立銀行との契約署名式で訪れたスイスのチューリッヒで、基軸通貨国のなかでもとりわけ日本との通貨スワップに関心があると話している。

■ カナダにつづき二カ国目

6つの基軸通貨国である米国、ユーロ圏、日本、英国、カナダ、スイスは、期限と上限を定めない通貨スワップのネットワークを形成している。

韓国は2017年11月にカナダと通貨スワップを締結しており、スイスとの協定は先進国間通貨スワップネットワークの二カ国目となる。さらに英国とも交渉を進めているが、ブレクジット(英国の欧州連合脱退)のすべての過程が終了して落ち着くまで難しいという見方が強い。

■ 日韓は、2001年に二国間の通貨スワップの協定を締結

日本と韓国は2001年、チェンマイ・イニシアティブにもとづいて、通貨スワップの協定を締結した。1997年から98年のアジア通貨危機を踏まえたASEAN+3財務相会議が2000年5月にタイのチェンマイで開催され、二国間の通貨スワップのネットワーク構築に合意したもので、チェンマイ・イニシアティブ(CMI)と呼ばれ、2010年には多国間のマルチ化契約(CMIM)が発効している。

また日本銀行と韓国銀行は、2005年5月27日、チェンマイ・イニシアティブとは別に限度額を30億ドル相当の自国通貨とする通貨スワップを締結した。2011年にはCMIのスワップと合わせて総額700億ドル相当まで拡大したが、2012年の李明博大統領の竹島上陸などで日韓関係が悪化し、日本銀行と韓国銀行の通貨スワップの協定は2013年7月3日、チェンマイ・イニシアティブの協定も2015年2月23日の期限到来とともに終了した。

韓国は、スイスとカナダの他に、中国と560億ドル相当、インドネシアと100億ドル相当、オーストラリアと77億ドル相当、マレーシアと47億ドル相当の通貨スワップをそれぞれ締結しているが、いずれも相手国通貨の協定である。最近締結したカナダドルとスイスフランを除くと、基軸通貨はチェンマイ・イニシアチブ(CMIM)のマルチ化契約による384億米ドルのみとなっている。

■ 米国は交渉に応じていない

通貨スワップは通貨危機等に際に、中央銀行が外貨を確保して市中に流通させ、外貨不足で決済が不能になる事態を防ぐ制度だが、一方、為替介入による通貨の安定を目的に使用することがある。

2007年、米国のサブプライムローン問題を発端とする世界同時不況時、韓国は甚大な通貨危機に見舞われた。韓国ウォンは信用を失い、1ドル1500ウォン台まで下落した。韓国は米国と締結した通貨スワップを利用した為替介入で短期的に持ち直し、1ドル1259ウォンまで回復したが、2009年にはふたたび1ドル1500ウォン台になった。通貨スワップの限度額300億ドルのうち、200億ドルを使っている。

日本との通貨スワップの協定終了と前後して、韓国は基軸通貨、特に米ドルの通貨スワップを求めていた。米国発の世界同時不況で米国と締結したスワップ協定は2010年に終了し、韓国政府は再開を求めたが、米国は一切の交渉に応じていない。

米国との交渉を断念した韓国は日本にスワップの協定再開を示唆する。日本政府は交渉に応じる姿勢を示したものの、2017年1月に釜山の日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受けて中断し、交渉再開の目処は立っていない。

通貨スワップの協定締結は対外信用度にプラスの影響を及ぼし、通貨高の要因として作用する。韓国がカナダとの通貨スワップを締結した2017年11月16日に1ドル=1100ウォンまで上昇し、以降、1ドル=1060ウォンから1100ウォンで推移している。


2: 2018/03/02(金) 21:36:40.67 ID:ZUCcvXua

しつこいなあ。もういい加減あきらめろ。
日米は韓国を切り捨てたんだよ。


3: 2018/03/02(金) 21:36:42.22 ID:mgMyCjJR

まるで多重債務者だな


5: 2018/03/02(金) 21:37:53.56 ID:6Ns0VmUb

約束を守らない奴に金は貸せねぇわな。


って財務大臣が吐き捨ててたな

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨スワップ