靖国爆発テロ - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年02月08日

【靖国爆発テロ】東京高裁 2審も韓国籍の無職、全昶漢被告(28)に懲役4年 「人的被害出なかったのは偶然」

全昶漢

1: 2017/02/07(火) 16:17:59.17 ID:CAP_USER

靖国神社(東京都千代田区)の爆発音事件で、火薬類取締法違反罪などに問われた韓国籍の無職、全昶漢(ヂョン・チャンハン)被告(28)=1審東京地裁で懲役4年の実刑=の控訴審判決公判が7日、東京高裁で開かれた。

弁護側は量刑を不服として控訴していたが、藤井敏明裁判長は「1審の量刑は妥当だ」として控訴を棄却した。

弁護側は「愉快犯的な犯行だったのに、1審はテロ行為と実質的に位置付けた量刑を下しており、不当だ」と主張していた。

しかし藤井裁判長は「犯行は危険かつ悪質で、人的被害が出なかったのは偶然にすぎない。テロ行為と位置付けなくても1審の量刑は導かれる」と指摘した。

判決によると、全被告は平成27年11月23日、靖国神社のトイレに金属製パイプや火薬などを使った装置を設置。タイマーで点火してパイプを推進させ、トイレの天井を壊すなどした。

産経
http://www.sankei.com/affairs/news/170207/afr1702070027-n1.html


3: 2017/02/07(火) 16:19:31.09 ID:pLBLuSi3

>>1
死ねテロリスト


4: 2017/02/07(火) 16:19:53.69 ID:J3egKvWA

テロ法だと、こいつを擁護するのもダメなんだろう?


5: 2017/02/07(火) 16:20:10.56 ID:1DEWD1NN

これ4年の刑期が終わった後はどうなるの
国外退去、入国禁止措置がとられるのだろうか。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ

2016年09月03日

【高橋洋一】メンツ捨て日本にスワップ再開を頼みこんだ韓国 助けてあげるのも外交だ ← あほかコイツ

高橋洋一.jpg
1: 2016/09/02(金) 17:11:54.64 ID:CAP_USER

 日韓両国は財務対話で、新たな通貨スワップ協定の締結について議論を始めることで合意した。

 通貨スワップ協定は、2国間や多国間で、自国通貨と外貨を交換する契約。日韓の通貨スワップ協定によって、韓国はウォンを日本に渡し米ドルと日本円を受け取れる仕組みだ。

 当初は「チェンマイ・イニシアティブ」という1997、98年のアジア通貨危機後の東アジアにおける金融協力の必要性に基づくものだった。
2000年5月の第2回ASEAN+3財務大臣会議(タイ・チェンマイで開催)にて、外貨準備を使って短期的な外貨資金の融通を行う二国間の通貨スワップに合意があり、それに基づき、財務省と韓国銀行間で2001年7月に通貨スワップ協定が締結された。
15年2月に、反日姿勢を強めた朴政権側から「協定延長は不要」との声が出て、打ち切られた。

 なお、日銀と韓国銀行との間でも05年5月に通貨スワップ協定が締結された。これは、リーマン・ショック以降、時限的に拡充されたが、13年7月に既に満期終了している。

 財務省や日銀と韓国銀行との間の通貨スワップ協定はどのような効果があるのだろうか。

 為替は、平常時であれば、両国間の金融政策の差で大体決まるが、通貨危機時には、そうした理論は働かずに、一方的に自国通貨が安くなる。金融引き締めを行っても、自国経済を痛めるだけで、為替の安定化にはあまり効果がない。

 こうした場合、直接的な自国通貨買い介入が有効である。ただし、自国通貨買いをするにしても、外貨準備が大きくないとそれもできなくなってしまう。その意味で、外貨準備が通貨危機の時にはものを言う。

 通貨スワップは、緊急時に外貨が手に入ることにより、外貨準備の増額と同じ効果になる。このため、日韓のどちらかといえば、通貨危機に陥る可能性の高い韓国のメリットの方が大きい。

 昨年2月の協定打ち切りは、経済危機がなくなったということが表向きの理由だったが、再び問題が生じたから、韓国は過去のメンツを捨てて日本に頼みに来たというわけだ。最近の韓国経済は低迷し、通貨危機に陥っても不思議ではない。

 韓国はまた、安全保障や経済面で日本と中国に二股をかけてきたが、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備と中国経済減速で、日本への傾斜を強めざるを得なくなった。
韓国の戦略的ミスであるが、韓国は西側諸国の一員であるし、対北朝鮮のことを考えると、日本側についておく必要がある。

 日韓の通貨スワップ協定が打ち切られ、また再開というのは、韓国の身勝手な振る舞いが原因ではあるものの、日本としては大した負担でもなく、日本の国益を考えれば、隣国が困ったときには助けてあげるのも外交であろう。
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160902/dms1609020830008-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160902/dms1609020830008-n2.htm

no title

日韓財務対話を終え、笑顔で言葉を交わす麻生財務相(左)と韓国の柳一鎬・経済副首相兼企画財政相=27日、ソウル(共同)


2: 2016/09/02(金) 17:13:08.92 ID:gjHJOHe8

つ【恩を仇で返すような民族を助けるのは、愚の骨頂】

つ【非韓三原則】


3: 2016/09/02(金) 17:13:14.08 ID:reYDejRe

ククク…

チョロいニダ


4: 2016/09/02(金) 17:13:20.45 ID:nOsmn63o

これをネタに脅すことができる外務省役人がいるなら「そうだね」といえるけど
実際はいないでしょ。なら単に無償援助にしかならないというのが実態

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ

2016年07月27日

【靖国爆発】韓国から襲来したテロリスト 思想性や組織性ない「ローンウルフ型」の脅威が改めて浮き彫りに…

1: 2016/07/26(火) 17:06:16.32 ID:CAP_USER

no title

靖国神社爆発音事件の全昶漢(チョン・チャンハン)被告
no title

靖国神社の爆発事件で、現場となった公衆トイレ=平成27年12月、東京都千代田区の靖国神社(早坂洋祐撮影)

 靖国神社の爆発音事件をめぐり、建造物侵入や火薬類取締法違反の罪などに問われた韓国籍の無職、全昶漢(チョン・チャンハン)被告(28)に実刑判決が言い渡された。
当初は「神社にA級戦犯が祭られている」ことなどへの憤りを動機にあげた全被告だったが、公判では「劣等感があり、他人に褒められたかった」と“真意”を説明。
独善的ともいえる動機で思いを募らせ、暴発する「ローンウルフ」(一匹狼)の脅威が改めて浮き彫りになった。

“靖国襲撃” 犯行は「テロ」?それとも…

 「計画性、危険性の高い悪質な犯行」

 東京地裁で19日に開かれた判決公判で、家令和典裁判官はこう指摘し、懲役4年(求刑同5年)を言い渡した。

 判決などによると、全被告は平成27年11月23日、金属製パイプや火薬を材料に作った「装置」を靖国神社のトイレに設置。タイマーで点火し、推進したパイプで天井を壊すなどした。この際、爆発音が発生した。

 「靖国神社で騒ぎを起こせばマスコミの関心を引けると考え、犯行を思い立った。火薬を使った装置の部品を航空機で持ち込み、下見をした上でトイレに設置した」。
判決では、こうした「計画性」とともに、人が自由に出入りできる神社で装置を起動させた「危険性」が厳しく指摘された。

 公判で、検察側は「悪質なテロで厳罰が必要」と主張。一方、弁護側は「テロとは性質が異なる」と執行猶予判決を求めた。判決では犯情の悪質さを指摘したものの、テロか否かの評価には言及しなかった。

 「全被告の『意図』は理解できるようで、結局、よく分からなかった」。警視庁の捜査関係者はこう漏らした。公判では、事件の経緯について、捜査段階で解明された概要と大きな違いはなかったが、全被告の“動機”の変遷も明らかになった。
「本人も明確な考えがまとまらないまま、襲撃を実行に移したのかもしれない」。捜査関係者はこう指摘する。

真の動機は「靖国神社への憤り」ではなく…

 昨年11月23日に靖国神社で装置を起動させて韓国に帰国後、翌12月9日に自ら再来日して逮捕された全被告。逮捕後の捜査段階で、供述は揺らいだとされる。

 「A級戦犯が祭られていることなどに韓国が抗議しているのに、日本が真摯(しんし)な対応をしていないことに怒りを覚えた」。当初、こう供述した全被告だが、供述は変遷し、時に黙秘することもあったという。

 「劣等感を持っていた。(事件を起こして)他人から認められ、満足感や達成感を得られると思った」

 時間の経過とともに、こうも供述した全被告。事件が韓国で英雄的行動と称賛されると思い込んでいたのか、「歴史に名を残す」との趣旨の言動もあった。

 そして迎えた公判。「反日感情や靖国神社への否定感情はなかった」と、自らの“思想性”を否定した。

 「本当はA級戦犯合祀や靖国参拝への不満などはなかったが、警察への供述内容が報道されることは分かっていたので、思想的動機を述べる方が格好良く、また韓国のマスコミで称賛されると思った」

 さらに、全被告はこうも語った。「今となっては恥ずかしいが、犯行当時は注目されることが幸せだと思っていた」

 捜査関係者は「結果的に死傷者は出なかったが、重大な事態を招きかねなかった。こうしたケースが実際に起きることが恐ろしい」と話し、懸念を深める。

http://www.sankei.com/affairs/news/160723/afr1607230003-n1.html

>>2以降に続く)


2: 2016/07/26(火) 17:06:38.45 ID:CAP_USER

>>1の続き)

正体は「日本型ローンウルフ」?第2、第3の襲撃に脅威も

 海外では、差別や貧困に怒りを募らせ、移民の2世・3世などが国内でテロを起こす「ホームグロウン・テロ」が大きな問題となっている。
こうしたテロは、インターネット上に拡散した過激思想などに感化された一匹狼型の「ローンウルフ」によって引き起こされるケースが多いとされる。

 一方、宗教や人種をめぐる激しい対立がない日本では、一方的動機や思い込みで犯行に及ぶ思想的背景のないテロリストが生まれるリスクが高いとされる。
過去には、職に恵まれない境遇を逆恨みし、鉄道の爆破計画を練っていた人物が摘発されるなどの事件も起きている。

 こうしたテロリストを警察当局は「日本型ローンウルフ」と位置づける。警察関係者は「存在を把握するのは非常に困難」と警鐘を鳴らす。

 国際的過激組織や、日本国内の極左、右翼などは組織的背景や主張が明確で、動向も想定しやすいとされる。
捜査関係者は「そうした組織がテロやゲリラを起こす場合、手口や遺留品に自らの存在を誇示するケースも多く、背景の解明や比較的に容易だ」と説明する。

 一方、全被告について、別の捜査関係者は「韓国人が『日本型ローンウルフ』的な犯行に及んだ事例だ」と定義づける。サミットが無事閉幕した日本は、東京五輪の開催に向けて取り組みが加速する。捜査関係者はこう強調した。

 「事前の捕捉が難しければ、テロやゲリラを起こした後の追跡も当然、難しい。潜在化するテロリストの存在は最大の脅威だ」

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ

2016年07月23日

チョン容疑者の母「けが人もおらず、建物が爆発で壊れたわけでもないのにテロと決め付けて重い刑を言い渡したのはあんまりだ」 ← テロだし重くもないし

chah.jpg
1: 2016/07/22(金) 07:35:20.51 ID:CAP_USER

【群山聯合ニュース】東京都内の靖国神社内のトイレで爆発音がした事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われた韓国人の男(28)の母親が19日、聯合ニュースの取材に応じ、心境などを語った。

 被告は昨年11月23日、靖国神社に侵入し、火薬類の詰まったタイマー付き発火装置を境内の公衆トイレに設置、火薬を燃焼させて天井を壊した罪に問われた。また同年12月9日、韓国から日本に再入国する際に火薬約1.4キロを許可なく持ち込もうとして羽田空港で身柄を拘束された。

 東京地裁はこの日、被告に懲役4年(求刑同5年)の判決を言い渡した。

 先月半ばに日本で被告と面会した母親によると、被告は「日本の記者からも電話を受け、どうせ捕まるんだと思って堂々と自分の足で日本へ向かった」と、再入国の理由を語ったという。

 母親は「息子も捕まることを分かっていて日本へ行ったのだから、(日本のマスコミが報じたように)もう一度騒ぎを起こそうとして行ったというのは間違っている」と訴えた。

 日本の検察が犯行を「テロ」と規定していることにも強い不満を見せた。母親は「息子は裁判中にも、人を傷付ける意図はなかったと繰り返し述べた」とし、「けがをした人もおらず、建物が爆発で壊れたわけでもないのに、テロと決め付けて重い刑を言い渡したのはあんまりだ」と憤りを口にした。

 母親は控訴する意向を示している。

聯合ニュース

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/19/2016071902329.html


5: 2016/07/22(金) 07:39:08.29 ID:KpiftIkl

>>1
>火薬を燃焼させて天井を壊した

>建物が爆発で壊れたわけでもないのに、

壊れたぞクソババア


9: 2016/07/22(金) 07:39:46.74 ID:1KrS/Skn

懲役4年でこの反応なのに、
慰安婦として娘が連れ去られても父母は何も言わず抵抗もしなかったのか


11: 2016/07/22(金) 07:40:46.32 ID:uYzPakeu

そもそも火薬を持ち込むなと

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ

2016年07月21日

靖国爆発音事件、日本はこれを抗議行動ととらえようとしない ← 韓国人が日本の地でテロを起こしただけ 韓国は土下座しろよ

chah.jpg
1: 2016/07/20(水) 21:33:16.38 ID:CAP_USER

東京地方裁判所は、昨年靖国神社のトイレに爆発物を設置し天井を壊した罪に問われた韓国人の男性(28)に 懲役4年の判決を言い渡した。

靖国
c AFP 2016/ YOSHIKAZU TSUNO
日韓関係に爆弾を仕掛けたのは誰か?
被害を受けたのが公衆トイレだけで人間はだれも負傷しなかったという事実を考慮すると、この判決はあまりに厳しくないだろうか?また、最近起きた暴行の罪で、沖縄の米兵は懲役2年5か月を言い渡されただけだった。そもそもこの2つの犯行を1まとめにしてもいいのか? 専門家らは、同じ性質のものと見なすことは到底できないとの見解を表している。沖縄の暴行事件は、犯行の重大さにかかわらず個人に対する国内犯罪だと見られている。しかし、靖国神社での爆発事件の後、日本のマスメディアは性急に事件の罪を韓国と中国にかぶせ、この2国には「歴史問題を理由に暴力的行動をする準備ができている団体があまりに多い」と指摘した。これではすでにテロに近い。韓国のナショナリストらにとって日本の軍国主義と植民地主義というテーマは、未だ過去の出来事ではなく、非常に痛々しいまま残っており、その結果、今回のようなことを日本で実行しようなどと考える、精神不安定者が時に現れることもある。ロシア科学アカデミー経済研究所、朝鮮研究センター所長ゲオルギー・トロラヤ氏はスプートニクのインタビューで次のように述べている。

「爆破やテロリズムは疑いなく、国家に向けられた重犯罪だ。そのため、判決に反論することは難しい。つまり、今回の事件には日本に対して未だ残されている韓国一般の不満に裏付けられた政治的動機がある。

韓国は、日本は第二次世界大戦時の犯罪に対して十分に謝罪していないととらえている。確かに日本は最近、戦時に朝鮮女性を慰安婦として利用したことを謝罪したが、それでも2国間の歴史問題に関するクレームは依然として、日韓関係における長きにわたる要因として残っている。

そして、靖国神社といった日本人にとって象徴的な場所での爆破事件に対する今回の判決は、被告に対する実際の罪ではなく、この爆破事件が日本にどう解釈されるかという話に置き換えられてしまにおそらく話がいくだろう。おそらく、隣国である日韓の国民が歴史を受け入れるためには、まだ数世代は変わる必要があるだろう。なぜなら、この問題の証人はいまだ多くが存命で、歴史の恨みは非常に長く記憶されるからだ。」

キャサリン・ジェーン・フィッシャーさん
c AP Photo/ Shizuo Kambayashi
米軍兵レイプ被害者が語る米軍と日本政権との闘争ー独占インタビュー
現代世界でテロはいつの間にか当たり前のものになり、政治的目的を達するための手段に変わった。韓国専門家コンスタンチン・アスモロフ氏はスプートニクのインタビューに対し、こうした理由で今回の韓国人による靖国神社のトイレ爆破は無害な抗議活動ではなく、深刻な犯罪だと日本で受け取られるのは驚きではないとして、次のように述べている。

「今回の爆破事件の犯人は自分を、日本の弾圧に対し自由を求める韓国戦士の後継者だと位置づけた。韓国では、植民地解放を求めて闘争した同国人は未だに正義の戦士だとも呼ばれているが、日本ではテロリストだと考えられている。

しかもこの犯人は、おそらく技術不足からうまくいかなかった1度目の爆破試みの後、再び試みを繰り返そうと新たな火薬とともに日本に再び戻ってきた。韓国ではこの男性を正当化しようとする人もいる。つまり、爆破は悪く、正しくないが、真実を復元するという善意が犯人を動かしたのだという解釈だ。」

いずれにせよ、靖国神社のトイレでの爆破のような事件は、長い空白の後修復され始められたばかりである日韓の善隣関係を促進しないだろう。
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160720/2527355.html


2: 2016/07/20(水) 21:33:49.72 ID:QT+pvSnr

抗議じゃなくて、テロ未遂でしょ。


3: 2016/07/20(水) 21:35:37.36 ID:X0UNTxV4

人を殺傷させなくても、テロ実行犯


4: 2016/07/20(水) 21:38:01.86 ID:qz15oG1f

というかさ、お前らは靖国神社に何回危害を加えてきたと思ってるんだ
英雄視した放火未遂ももう忘れたか
馬鹿チョンは反日民族であり、いつでも日本にテロをしようとする
犯罪者予備軍民族なんだよ
4年でなく極刑にすればよかったんだよ
今後もまた同じ事が起こるぞ

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ

2016年07月20日

【靖国爆発音事件】韓国人に懲役4年の実刑、家族が控訴へ 「判決が重過ぎる」

chah.jpg
1: 2016/07/19(火) 15:26:54.76 ID:CAP_USER

【群山聯合ニュース】東京都内の靖国神社内のトイレで昨年11月に爆発音がした事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われた韓国人の男(28)の判決公判が19日、東京地裁であり、同地裁は懲役4年(求刑同5年)の判決を言い渡した。

 これを受け、被告の母親は聯合ニュースの取材に応じ「判決が重過ぎる」として控訴する意向を示した。

 先月、日本で被告と面会した母親は「息子は裁判で、人を傷付ける意図はなかったとはっきり述べた」
「わざわざ人のいないトイレに発火装置を設置し、人が出入りすることを考えて近くから20分ほどトイレを見張ったと言っていた」などと述べ、犯行は検察側が言う「テロ」ではなかったと主張した。

 被告が育った韓国西部の全羅北道・群山に住む親戚や知人らも、重い判決が下されたと聞いて家族を労わった。被告の叔母は、執行猶予が付くと期待していただけに「良くない結果が出て痛ましい気持ちだ」と語った。

 被告は昨年11月23日、靖国神社に侵入し、火薬類の詰まったタイマー付き発火装置を境内の公衆トイレに設置、火薬を燃焼させて天井を壊した罪に問われた。
また同年12月9日、日本に再入国する際に火薬約1.4キロを許可なく持ち込もうとして羽田空港で身柄を拘束された。

 検察側は今月12日の論告求刑公判で、犯行は「用意周到に計画されたテロ行為」だと指摘。弁護側は「テロとは全く性質が異なる」として執行猶予を求めていた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/07/19/0200000000AJP20160719002800882.HTML


2: 2016/07/19(火) 15:27:52.63 ID:iZ/YGd71

ざまあ


3: 2016/07/19(火) 15:27:56.38 ID:VKzBmKvs

控訴で死刑にならんの?


6: 2016/07/19(火) 15:28:43.03 ID:TE4txXqZ

反省してないみたいだから

懲役8年で

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ

【靖国爆発音事件】韓国人被告に懲役4年 東京地裁

chah.jpg
1: 2016/07/19(火) 11:22:38.24 ID:CAP_USER

時事通信 7月19日(火)11時13分配信

 靖国神社の公衆トイレで昨年11月、爆発音がした事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われた韓国籍の無職全昶漢被告(28)の判決が19日、東京地裁であり、家令和典裁判官は懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 弁護側は執行猶予を求めていた。

 検察側は論告で、全被告は靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されていることに不満を持ち、犯行に及んだと指摘。新たな事件を起こすため、大量の火薬を持って再び来日しており、「危険な発想に基づくテロ行為だ」と批判した。

 弁護側は最終弁論で「マスコミの注目を集めたかっただけで、テロ行為ではない」と訴えていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000038-jij-soci


2: 2016/07/19(火) 11:23:22.44 ID:W/3bfUBN

執行猶予はナシwww


3: 2016/07/19(火) 11:23:51.46 ID:cVDeP/IF

実刑だけでも短いだろ、これ


4: 2016/07/19(火) 11:23:55.96 ID:j+9arRaX

死刑にしろよ!

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国爆発テロ