日本侵略 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2016年10月16日

ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 下條正男・拓殖大教授

1: 2016/10/15(土) 00:32:10.71 ID:CAP_USER

no title

慰安婦問題での日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の設立に反対し、記者会見場に乱入した韓国の市民団体メンバー。今につながる日韓の歴史問題の根底には竹島問題がある=7月28日、ソウル(共同)

 韓国の『朝鮮日報』は2016年9月8日、「歴史を正しく知れば謝罪・赦(ゆる)しも可能」と報じた。それは、ソウル大学で博士学位を得たドイツ人青年のユーリアン氏が、来年度から千葉大学国際教養学部の教壇に立ち、韓国史と日本史、日韓関係史の授業を担当するという内容であった。同紙によると、ユーリアン氏は「日本の学生たちに正しい東アジアの歴史認識について教え、韓日両国が歴史葛藤を解決して、和解に向かうところを共に模索する計画」と、その抱負を語っている。

「歴史認識」も「和解」も韓国側の論理

 だが、ドイツ人青年が言及した「歴史認識」と「和解」は、いずれも韓国側の論理を代弁するもので、朝鮮日報も次のように伝えている。

 「千葉大学は、西洋人として日本の学生に、韓国に対する客観的な認識を育てることができる教授要員を探し、ユーリアン氏を指名した。『正しい歴史認識と和解の道』という講義を準備中の彼は、『葛藤が激しくなるほど歴史を正しく知らなければならない』として、『歴史を互いに正しく認識してこそ謝罪も容赦も和解も可能になるだろう』と語った」

 このドイツ人青年が、「日本の学生たちに正しい東アジアの歴史認識について教えよう」とするのは、「日本側の歴史理解は正しくない」という前提があるのだろう。

 それに、「韓日両国が歴史葛藤を解決して、和解に向かうところを共に模索する」という文脈中での「和解」は、自らの歴史認識に日本側を従わせようとする際、韓国側が使う常套句である。

歴史問題と竹島問題を無理やり結びつけた韓国

 事実、「和解」という表現が登場するのは、竹島の領土権確立を求めて島根県議会が2005年3月に「竹島の日」条例を制定して、しばらくたってからである。

 韓国政府は同年4月、「竹島の日」の対抗措置として、国策機関「東北アジアの平和のための正しい歴史定立企画団」を発足させ、2006年9月には「東北アジア歴史財団」と改組した。その財団のホームページでは、財団設立の目的を「歴史葛藤を克服し、歴史和解ができるよう政策対案を開発する」としたからだ。

 東北アジア歴史財団にとって、究極的な「歴史和解」とは、1954年以来韓国側が不法占拠を続ける竹島を死守して、その正当性を日本側に認めさせることにある。

 そこで、東北アジア歴史財団が対日攻勢の「政策対案」として、その戦術に選んだのが、歴史教科書問題、慰安婦問題、日本海呼称問題、靖国参拝問題などの歴史問題である。

 それらを無理やり竹島問題と結び付け、日本には「過去の清算」を求め、日本側の真正な反省と謝罪を要求したのである。

韓国の属性に無頓着だった日本政府

 だが、竹島が歴史的に韓国領であったという事実はない。従って韓国の国策機関(東北アジア歴史財団)が歴史教科書問題、慰安婦問題、日本海呼称問題、靖国参拝問題などを使って、自らの侵略を正当化する行為はプロパガンダでしかない。日本が竹島を侵奪したとする「歴史認識」は、韓国側の妄想でしかないのだ。

 日韓の間に、次から次へと歴史問題が起こるのも、事実無根の「歴史認識」で歴史を語るからである。

 日本政府は、この韓国側の属性に無頓着であった。そこに従前の日本政府の場当たり的対応が影響し、日本を自縄自縛の状態に陥れてきたのである。

http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140001-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140001-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140001-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140001-n4.html
http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140001-n5.html

>>2以降に続く)


2: 2016/10/15(土) 00:32:32.12 ID:CAP_USER

>>1の続き)

 慰安婦問題では「河野談話」(1993年に当時の河野洋平官房長官が出した慰安婦関係調査結果発表に関する談話)が、歴史教科書問題では「近隣諸国条項」(近現代史の教科書記述で近隣アジア諸国への配慮を求めた旧文部省の検定規定)が足枷(あしかせ)となり、韓国側の容喙(ようかい)を許した。

 そこで韓国側では、首相による靖国参拝までも外交イシューとし、日本側はその都度、首相の参拝が私的か公式か、「踏み絵」を踏まされるのである。

いつまでも続く“不愉快”な日韓関係

 竹島問題を解決できなかったばかりに、日本は韓国側の術中に嵌(はま)り、対日攻勢に晒(さら)されることになったのである。

 従って、「過去の清算」の対象は、日本による戦前の朝鮮統治ではない。竹島問題である。竹島問題を通じて形成された「歴史認識」によって、戦前の朝鮮統治が糾弾の標的にされるという、本末転倒の現象が起きているからだ。

 日本の教壇に立つドイツの青年教師は、この歴史的事実をどのように理解するのだろうか。「日本の学生たちに正しい東アジアの歴史認識」を教えるのであれば、竹島問題によって生じた「歴史認識」についても究明すべきである。

 戦後の日韓の蹉跌(さてつ)は、韓国政府が竹島を侵奪したことから始まるからだ。その最初のボタンの掛け違いを直さない限り、日韓の“不愉快な関係”はいつまでも続く。

朴教授の勇気ある提言

 2011年、韓国の朴裕河教授(パク・ユハ=世宗大学校日本文学科教授)が『和解のために』を刊行し、教科書問題、慰安婦問題、靖国問題、竹島問題をテーマにその解決策を模索した。

 だが、日韓の歴史問題の根底に竹島問題が存在する事実には触れていない。それは、朴先生が歴史学者ではなく、日本語の先生だからであろうが、残念な一点である。

 ただ日韓の関連著書を紹介し、双方の見解を客観的に見ようとする姿勢には敬意を表したい。一般的に韓国側には、日本側の見解を一切認めず、また知ろうともしない傾向が強いからだ。その精神土壌の中で、韓国側にとって不都合となる日本側の主張を紹介し、問題解決に向けて提言をするのは勇気がいる。

竹島の日韓共同管理を提唱する朴教授

 だが竹島問題は、文学作品ではない。日韓の意見を比較検討し、その可否を論ずる文学論とは違って、歴史の事実とそれを証明することのできる文献的論拠を示す必要がある。

 朴教授はその著書の中で、竹島は「カイロ宣言」(第二次大戦中に連合国側が発表した戦後の対日処理方針)でいう「日本が暴力と貪欲によって奪取した領土」だとし、その解決策の一つとして、日韓の共同管理を提唱している。

 だが歴史的に、竹島は韓国領ではなかった。従って、「日本が暴力と貪欲によって奪取した領土」とは無縁で、共同管理も不要である。

竹島は日本が国家かどうか見極める問題

 竹島問題は、解決しなければならない戦後の課題だ。しかし、領土が侵奪された事実がありながら、日本の政府及び国会議員たちは、解決に向けた努力を怠った。その一方で、民族的感情に駆られた韓国の一部の人士が騒ぎ立て、それに日本の一部が呼応して、問題を大きくしてしまった。

 問題解決を意味する朴教授の「和解」を実現するためには、客観的な歴史事実を明らかにし、日本の政府及び国会議員たちに当事者能力を持たせていくことだ。なぜなら竹島問題の解決は、日本が国家であるかどうかを見極める、主権に関わる問題だからである。

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本侵略

2016年10月09日

中核派「韓国の18万人と連帯し朝鮮核戦争を阻止しよう。日帝支配階級は凶暴化を深めている…安倍・小池打倒だ」

fabyon

1: 2016/10/08(土) 19:07:38.62 ID:CAP_USER

韓国18万人のゼネストと連帯し朝鮮核戦争阻止・労働改悪粉砕へ 豊洲移転撤回! 小池都政倒そう


■朝鮮戦争切迫と対決

 パククネ政権による労働改悪と米日韓の朝鮮核戦争策動と対決し、韓国・民主労総は9月第2次ゼネストに突入した。
9月27日から鉄道労組を先頭に公共運輸労組の6万3千人(鉄道、地下鉄など)が無期限ストに突入し、翌28日には保健医療労組、金属労組など18万人がストライキに入った。歴史的な大ゼネストの嵐が韓国全土を覆いつくそうとしている。

 日本のテレビや新聞は韓国ゼネストが日本の労働者人民、青年・学生に与える巨大なインパクトに恐怖して、ゼネスト報道を徹底的に抹殺している。国境をこえて労働者階級の魂が呼び覚まされ、日本でも巨大な決起が巻き起こることを恐れているのだ。

 だからこそ、この制動を打ち破って10〜11月に猛烈な宣伝戦・組織戦を展開し、世界にとどろく11月国際共同行動―11・6日比谷労働者集会の壮大な決起をつくり出そう。国鉄闘争と国際連帯を武器に、職場・地域・大学キャンパスからの総決起を呼びかけよう。

 民主労総の決起と軌を一にして、動労千葉は運転士の過酷な労働条件の改善などを要求して9月13日から指名ストに突入した。さらに9月30日、10月1日にはCTS(千葉鉄道サービス)の就業規則改悪と対決して抗議行動に決起した。

 パククネ政権による「成果年俸制」などの労働改悪は、安倍政権の「働き方改革」と同じ新自由主義攻撃である。就業規則を一方的に改悪し成果主義を導入して雇用と賃金制度を根本から変えようとしている。
韓国の労働者は「これを許したら、私たちの生活と権利、団結は根本から破壊される。必ず阻止する」と立ち上がっている。

 民主労総のゼネストは同時に、朝鮮半島を覆う戦争切迫情勢と対決して闘われている。米空軍は超音速戦略爆撃機B1Bを朝鮮半島に派遣した。また横須賀を母港とする原子力空母ロナルド・レーガンが朝鮮海域に出動した。
米韓両軍は10月中旬、韓国・済州島沖と黄海で合同軍事演習を、また米アラスカ州でも航空機による「核基地攻撃を想定した合同演習」を行う。さらに10月下旬には日米共同統合演習「キーン・ソード」が実施される。これらは、米日韓が一体となった朝鮮戦争・核戦争の準備そのものである。

 こうした中で民主労総は、「戦争を止めよう」「戦争を必要とする社会を根本から変えよう」と行動をもって全人民に呼びかけている。
そして、日本の労働者階級に「11月国際共同行動をともに闘おう」という歴史的な呼びかけを発したのだ。11月12日にソウルで行われる20万人の民衆総決起闘争への呼びかけでは、「サード配備絶対阻止」「韓米日軍事同盟反対」とともに「日本の軍国主義化・武装化絶対反対」が掲げられている。これは決定的である。
全力で韓国労働者階級のゼネスト決起に応えよう。

■アベノミクス大破産

 9月26日に臨時国会が始まった。安倍は所信表明演説でTPP法案の成立や改憲論議の開始など反労働者的な政策を訴えた。安倍はとりわけ、「1億総活躍社会」実現のカギは「働き方改革」にあると強調した。
これは正社員ゼロ化=総非正規職化を進め、低賃金で無権利、使い捨ての労働力としてすべての人民を動員する攻撃である。
また「同一労働同一賃金」や「長時間労働の是正」をペテン的に強調する一方、「生産性向上」を叫んで一層の賃下げと労働強化、解雇の自由化、労働運動解体を狙っている。絶対に阻止しなければならない。

 だが、これらはすべて労働者が反撃しないこと、連合や全労連のように屈服することを前提にしてかけられている攻撃だ。労働者が屈服を拒否して団結して闘うならば必ず粉砕できる。
動労千葉の不当解雇撤回、CTS就業規則改悪反対の闘いは、安倍政権の団結破壊の狙いを核心点で打ち破って闘われている。



中核派機関紙・週刊前進
http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2016/10/f27850101.html


2: 2016/10/08(土) 19:08:11.56 ID:CAP_USER

>>1の続き

アベノミクスは完全に破綻し、日帝は出口のない経済危機にあえいでいる。3年半前に「2年間でデフレ脱却」を目標に掲げた日銀総裁・黒田の「異次元緩和」政策は完全に失敗した。日本経済は成長率ゼロの近辺で低迷している。

 追いつめられた日銀は9月21日に金融政策決定会合を開き、「緩和政策の修正」を打ち出した。そして「量より金利重視」と称して、世界の中央銀行でも前例のない「長期金利の操作」という手法に踏み切った。
これは、この間のマイナス金利政策が日帝経済に破壊的な作用を及ぼしていること、また日銀による巨額の国債購入が国債価格の暴落を招く危機に震え上がり、あがきを強めている表れである。これ自体、およそ展望のない破滅的な政策である。

 安倍政権と日帝支配階級は、いつ爆発して吹き飛ばされるかもしれない「噴火山上」にあって、絶望的な危機と凶暴化を深めている。

新自由主義の破産と大恐慌、世界的な軍拡―戦争の危機は何を意味するか? それは「賃労働と資本」を基礎とする資本主義経済が、一方における過剰資本・過剰生産力の膨大な累積と、他方における労働者階級の失業と貧困化を生み出しつつ、歴史的な崩壊の危機を深めていることである。
もはや、社会全体が資本主義のもとではやっていけなくなっている。巨大な社会変革の時代が到来しているのである。

 しかし、どんなに危機を深めても、資本主義は自動的には崩壊しない。いよいよ労働者階級が国境をこえて団結し、プロレタリア革命に総決起し、新しい社会の主人として登場する時である。

■労組破壊を狙う小池

 小池都知事は核武装・改憲を持論とする極右政治家であり、安倍政権と一体である。自民党東京都連との対立は、金権腐敗の自民党内部の、東京オリンピックなどをめぐるおぞましい利権争奪戦である。
小池が狙う築地市場の廃止と豊洲新市場、都営交通の24時間化と民営化、羽田国際線増便による都心低空飛行ルート、「都政改革」などは、ことごとく大資本の利益、延命のために都の職員と都民を犠牲にするものである。

都労連の労働者を先頭に安倍・小池打倒へ闘おう。

豊洲新市場は汚染と利権と労組破壊のかたまりだ。築地市場の廃止―豊洲新市場の開設を契機として市場のあり方そのものを大資本のために改悪し、築地で81年の間培われてきた独特の市場文化と労働者の共同性、労働運動を解体しようとしている。
また、小池は盛り土問題で、石原慎太郎元都知事や自民党の犯罪性には手を触れず、「全職員の粛正」と言って、都職員への締め付け、賃下げ、労組破壊を狙っている。絶対に許すな!

■11月国際共同行動へ

 11・6日比谷―11・12〜13ソウルの大成功のために闘う中で、階級的労働運動の拠点建設を推し進めよう。闘う仲間が一人でもいる職場は、どこでも拠点化の大きな可能性と展望をもっている。
この間、労働組合の結成をリードしたり、あるいは職場の仲間に対する雇い止め解雇を撤回させたりした労働者の闘いが、それを示している。
率先して資本・権力と闘うことで組合員の信頼を獲得し、組合権力を体制内派から奪取する挑戦が各地で始まっている。全力で決起し勝利しよう。

 韓国・サイバー労働大学代表のキムスンホ氏は「生きている人間主体の能動的・目的意識的、創造的実践」が、歴史の歯車を動かす決定的な動力であること、そのための闘争主体の自己変革が決定的に重要であることを提起し、闘いを呼びかけている(8月の民主労総政策代議員大会への提言)。
民主労総はこうした提起を真っ向から受け止め、鉄道労組を先頭に歴史的な第2次ゼネストに決起している。

 この闘いに全力で応え11月国際共同行動―11・6日比谷集会の大高揚をかちとり、日韓労働者の熱い合流を実現しよう。そして、日本でのゼネストの実現へ進撃しよう。
 京都大学4学生への「無期停学」不当処分を許すな! 処分撤回署名を全国で展開し、全国大学反戦ストライキをかちとろう。
三里塚の市東孝雄さんの農地を守りぬき第3滑走路建設を阻止するため、10・9三里塚全国総決起集会に大結集しよう。沖縄の辺野古新基地建設絶対阻止・米軍基地全面撤去へ闘おう。
 闘う労働者・学生の新聞『前進』を読み、全人民の中に拡大しよう。

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日本侵略

2016年10月08日

「全てのハリアーと基地撤去しろ!」 サヨク市民が沖縄・嘉手納基地前を占拠し大騒ぎ中

1: 2016/10/07(金) 12:55:32.94 ID:c4BKfJA10● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典

no title

抗議集会で横断幕を掲げながら「沖縄を返せ」を歌う参加者=7日午前8時30分、北谷町砂辺の米軍嘉手納基地第1ゲート前

【中部】本島東沖に9月22日に墜落したAV8Bハリアー戦闘攻撃機の飛行が再開されるのを受け、有志の市民らによる団体「カデナ・ピースアクション」が7日午前7時30分、北谷町砂辺の米軍嘉手納基地第1ゲート前で抗議集会を開いた。
132人の市民らが「全てのハリアーを撤去せよ」との意味の英文を書いた横断幕を掲げて抗議の声を上げた。

喜友名稔さん(77)は2013年の米軍ヘリ宜野座墜落事故に触れ「原因究明がない中での飛行再開は今回だけではない。米国、日本政府の姿勢が変わらなければ同じことが起こる」と批判した。

普段は第2ゲート前で基地撤去を訴えている女性は「安全であれば墜落するはずがない。私たちは何度抗議行動をしなければいけないのか。基地撤去まで頑張ろう」と訴えた。

市民らは「ハリアーの飛行再開糾弾」「ハリアーを飛ばすな」「全ての基地を閉鎖せよ」とシュプレヒコールを上げた。

カデナ・ピースアクションは毎週金曜日に米軍嘉手納基地の四つのゲートで抗議行動を実施している。7日の行動は27回目で、これまでのべ約3千人が参加した。
【琉球新報電子版】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-371408.html


2: 2016/10/07(金) 12:56:12.11 ID:KkHtEYNA0

じゃあF35Bだな


4: 2016/10/07(金) 12:56:25.81 ID:OyYxMijs0

あいつらどうやって生活費を捻出しているんだ?


6: 2016/10/07(金) 12:57:15.15 ID:c4BKfJA10 BE:844481327-PLT(12345)

>>4
生ポとカンパ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本侵略

2016年10月01日

釜山―対馬に430人乗り新高速船 来月5日に就航式

1: 2016/09/30(金) 20:02:53.54 ID:CAP_USER

【釜山聯合ニュース】韓国・未来高速(釜山市)が高速旅客船「NINA」を釜山―長崎・対馬に就航する。同社は10月5日午後に釜山港国際旅客ターミナルで就航式を行うと、伝えた。

 昨年4月にクジラと衝突する事故で破損した「コビー3号」に代わり就航するNINAは340トンで430人を乗せることができる。現在、釜山―福岡などを往復するコビー号、コビー5号より230人多い。

 未来高速によると、NINAは双胴船でこれまでの高速船より安定性が高いと明した。同船の就航により、同社が運航する日本航路の旅客船は3隻に増える。

 NINAは1日1往復。釜山と対馬比田勝港を1時間半、釜山と厳原港を2時間半で結ぶ。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/09/29/0200000000AJP20160929005800882.HTML


2: 2016/09/30(金) 20:03:52.16 ID:beoVQZGn

現代の元寇


3: 2016/09/30(金) 20:04:21.43 ID:4VpN/YTe

泥棒呼び込んでどうすんだ


4: 2016/09/30(金) 20:04:35.39 ID:l+pirxkC

またやっちまったな、対馬島民

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本侵略

2016年09月15日

【国内】米軍通信所に無断侵入、韓国人の自称記者を聴取

1: 2016/09/14(水) 12:06:12.24 ID:CAP_USER

在日米軍の早期警戒レーダー(Xバンドレーダー)が配備されている京都府京丹後市の米軍経ヶ岬通信所で7月、
韓国人の自称記者の男性が施設内に無断侵入し、府警が任意で事情聴取していたことがわかった。

男性は敷地内の設備を撮影し、その動画はインターネット上に公開されていた。米軍側は「安全保障上の影響はない」としている。

米軍などによると、男性は7月中旬、同通信所の車両通行口から施設内に侵入。
カメラで撮影しているところを、警備員が見つけ、通報を受けた京丹後署員が男性を同署に任意同行した。

カメラには施設内を映した動画があり、同署員がその場で削除させ、厳重注意して釈放したという。

ところが、その後、韓国のニュースサイト上に、施設の設備を映した動画や写真が公開され、
サイトには「削除したレーダーの画像が復旧できた」などと書かれていた。

米軍側は「サイトの画像はレーダーではなく、機密情報も含まれていない」とし、特段の措置はしていないという。

韓国では7月、同様のレーダーを用いたミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」を
在韓米軍に配備することが正式決定され、国内で関心が高まっていたという。


2016年09月14日 11時56分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160914-OYT1T50054.html


2: 2016/09/14(水) 12:06:53.76 ID:ubK63mpA

ノート7持ってたら爆弾テロリスト


3: 2016/09/14(水) 12:07:23.60 ID:atyp+m/U

また朴さんとかか?w

死刑で


4: 2016/09/14(水) 12:07:54.26 ID:izEAls35

こいつら戦争中なの自覚してんのかな?

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本侵略

2016年08月30日

漁業主権法違反容疑、韓国漁船を拿捕・・・鹿児島沖のEEZ内で無許可操業

1: 2016/08/29(月) 17:13:47.07 ID:CAP_USER

水産庁九州漁業調整事務所(福岡市)は29日、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで、韓国の
アナゴ筒漁船を拿捕(だほ)し、船長(46)を現行犯逮捕したと発表した。

27日に取締船が拿捕し逮捕。同事務所によると、船長は「違法と分かっていたがやってしまった」と
供述している。担保金を支払うとの保証書を提出し、同日釈放された。

逮捕容疑は、26日、鹿児島県十島村の宝島荒木埼灯台の西北西約250キロの日本の排他的
経済水域(EEZ)で無許可で操業した疑い。

ソース:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290048-n1.html


3: 2016/08/29(月) 17:15:08.77 ID:MkKAHNHs

もっと罰則を強くして罰金払ってから釈放しろ
漁船を爆発させるのが一番いい


4: 2016/08/29(月) 17:15:20.29 ID:8RC86FzV

ゴミはゴミ箱へ


6: 2016/08/29(月) 17:16:05.59 ID:hW5MCSLN

これは死刑だわ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本侵略

2016年07月25日

【埼玉】皆野の自然公園(ムクゲ自然公園)にあずまや・・・韓国の山林組合が寄贈

1: 2016/07/24(日) 10:24:46.21 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ あずまやの前でテープカットをする日韓の関係者ら
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

約10万本のムクゲが咲き誇る「ムクゲ自然公園」(皆野町)で23日、韓国・山林組合中央会から
贈られたあずまやがお披露目された。園内で開かれた落成式典で日韓両国の関係者が完成を祝い、
両国の友好を願った。(出来田敬司)

同園は二〇〇二年、韓国出身の故・伊藤嘉規さんが開設した。山がちの土地約三十ヘクタールに、
韓国の国花でもあるムクゲを約五十種類植えている。一つの公園でムクゲ約十万本という規模は
「世界最大級」という。美術館やホールなどもあり、週末を中心に家族連れやカップルでにぎわう。

贈られたあずまやは、幅、奥行きが各八メートル、高さが五メートル。高床で韓国産のカラマツ材を
使っている。昨年七月に山林組合の関係者が公園を訪れた際、伊藤さんが私費を投じてムクゲを
植栽したことに感銘を受け、寄贈が実現した。

式典には、皆野町の関係者や山林組合の関係者ら約七十人が出席。テープカットの後、韓国の
舞踊や秩父の屋台囃子(ばやし)などが披露され、両国の親善を誓った。

山林組合中央会の李錫炯(イソクヒョン)会長は「ムクゲ公園は、伊藤さんの国を愛する気持ちの
表れだ。あずまやを贈ることで、交流できるのをうれしく思う」と話した。伊藤さんの次女で公園の
代表を務める長谷川信枝さん(52)は「父は、日本にいる韓国人がふるさとのように思ってくれる
ように、と公園を造った。父の思いを受け継いでいきたい」と述べた。 

ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201607/CK2016072402000122.html


2: 2016/07/24(日) 10:25:44.19 ID:B0Ov8Pio

雑種化早そうだな、50種類も植えたら


6: 2016/07/24(日) 10:29:54.91 ID:qXrviJL7

これ、サウスコリアンの侵略じゃねえのか?


8: 2016/07/24(日) 10:31:25.37 ID:d2Th/XVj

朝鮮人とは関わるなって偉人が言ってるだろ。

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本侵略