外交 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年10月19日

日本政府、文大統領への年内訪日要望を断念 慰安婦や観艦式、摩擦多く

1: 2018/10/17(水) 20:05:13.29 ID:CAP_USER

10/17(水) 6:00配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000003-mai-int
 政府は16日、韓国政府に求めていた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年内訪日を断念する方針を固めた。慰安婦問題に関する日韓合意(2015年12月)の履行や海上自衛隊の旭日旗掲揚問題を巡る摩擦が表面化。韓国政府が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長の訪韓に向けた調整に追われていることもあり、年明け以降に改めて訪日時期を調整すべきだと判断した。

 日韓両政府は、1998年の日韓共同宣言20周年にあたる今年、両国関係の進展を模索していた。文氏は5月に日中韓首脳会談に合わせて来日し、李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)以来となる約7年ぶりの単独訪日を希望。安倍晋三首相も9月の米ニューヨークでの首脳会談などで、年内を念頭に「適切な時期」での訪日を求め、相互往来を軌道に乗せる考えだった。

 しかし、日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」について、韓国の閣僚が相次いで解散を示唆。文氏も9月の首脳会談で「(国内では)解体を要求する声が強い」と述べ、日本側は「日韓合意の破棄につながる」と反発していた。今月11日に韓国で行われた国際観艦式では、韓国側が自衛艦旗の旭日旗掲揚の自粛を要請。日本側は護衛艦派遣をとりやめ、その後に外交ルートで抗議する事態に発展した。

 さらに、日本の植民地時代に強制労働させられたとする元徴用工による損害賠償請求訴訟の判決が年内にもある。日本政府関係者は「歴史問題を抱え、文氏の年内訪日は難しい」と語った。外務省幹部は、韓国が金委員長の初のソウル訪問を年内に目指しているとして「韓国も訪日に気が回らないだろう」と指摘した。

 ただ、対北朝鮮政策での連携を見据えれば、安倍政権も関係悪化までは望んでいない。文氏は来年6月に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて来日する予定だが、別の外務省幹部は「引き続き訪日を求める」と話し、単独訪日のタイミングを探る考えを示した。【秋山信一】


3: 2018/10/17(水) 20:06:37.55 ID:qhPdKmBh

<# `Д´> 全部日本が悪いニダよ


4: 2018/10/17(水) 20:06:52.08 ID:Pd4byYYu

 仏像と竹島と国連演説〜合意違反と旭日旗でもう何も無理。


27: 2018/10/17(水) 20:11:54.11 ID:wn7OcD7Q

>>4
役満だな

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 外交

2018年10月14日

米軍の同意がないまま20日後に施行される偵察制限

1: 2018/10/13(土) 09:11:52.10 ID:CAP_USER

12日に韓国国会で行われた国政監査で、平壌での南北軍事合意により安全保障体制の空白を懸念する指摘が相次いだ。これに対して韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長は「(指摘には)認められない点が多い」と反論したが、これこそ納得しがたい言葉だ。

今回の南北軍事合意により軍事境界線から南北10−40キロの範囲が飛行禁止区域に設定され、この区域では空からの偵察ができなくなった。北朝鮮は休戦ライン周辺に100万人以上の兵力を配備し、また北朝鮮が保有する火力のほとんどにあたる1100門以上の長射程砲を設置している。これらを使った朝鮮人民軍による軍事挑発の動きを事前に察知するため韓国軍はドローンなどを使っているが、そのほとんどは探知可能な距離が10−20キロしかないことから、軍事合意の内容が施行されればこれらの偵察活動はほとんどできなくなる。

また既存のRF16偵察機などが活動できる範囲も制限された。これらの情報がなければ敵に精密攻撃を行う兵器も使い道がなくなってしまう。侵略を阻止し平和を守るには、朝鮮人民軍の動向をリアルタイムで監視することが何よりも重要だが、平壌軍事合意によってこれができなくなったのだ。

このような懸念に対して韓国軍は「韓米両国軍の協力により、遠距離偵察システム、有人・無人の高高度偵察機、人工衛星などを使い北朝鮮を常に監視しているので問題はない」と繰り返すばかりだ。この言葉が事実なら、なぜこれまで韓国軍は無意味な偵察を行うため、巨額の税金を投入して偵察機まで購入したのか。

米軍が使用するU2などの偵察機や偵察衛星は、北朝鮮の後方にある核施設などの監視が主な任務だ。韓国軍が軍団クラス以下の部隊に独自にドローンなどを配備したのはそのためだった。また米軍の偵察機などが前方地域の監視に使われるとしても、24時間ずっと韓半島(朝鮮半島)上空にとどまることはできない。つまり前方はもちろん後方に対する監視能力も一気に低下してしまうのだ。

米軍の偵察機などから円滑に支援を受けられるかどうかも疑問だ。米国のトランプ大統領は在韓米軍の撤収を平気で口にするような人物だ。また米軍は飛行禁止区域の拡大に今のところ完全に同意していないという。そのためもし韓米同盟に亀裂が入れば、韓国軍はいわば目隠し状態で戦うしかない。もしかすると韓国軍は「まさかそんなことが」と甘く考えているのではないか。

世界史を振り返ると、軍縮を行う際には相手の動向をしっかりと把握できる状態であることが必要だ。それには相互に対する監視と偵察能力をむしろ強化しなければならないが、今回の軍事合意はそれとは正反対で、逆に偵察能力にまで制限をかけるものとなった。この南北軍事合意は来月1日から施行される。北朝鮮との非核化交渉は今なお決して楽観できない状況にあり、最悪の場合はただの政治ショーとして終わることも考えられる。

これに対して軍事合意は韓国の安全保障体制にただちに実質的な変化をもたらす。韓国軍内部に懸念の声が全くないとは考えられないが、それでも誰もが口を閉ざし周囲の顔色をうかがうばかりだ。


2018/10/13 09:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/13/2018101300386.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/13/2018101300386_2.html


3: 2018/10/13(土) 09:14:17.96 ID:rmOppwx8

凄いことになってるな。韓国。
粛々と北朝鮮軍が突如としてソウルに侵攻可能な道筋をつくっていってる。


58: 2018/10/13(土) 09:44:10.30 ID:4GozGcHN

>>3
ソウルが火の海になればいいな〜


5: 2018/10/13(土) 09:14:49.59 ID:rmOppwx8

これは米軍も危険に晒すからトランプ怒るだろうな。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 外交

【南北軍事合意】アメリカメディアが韓国の裏切りに失望か 制裁措置の解除にトランプ氏は怒り

1: 2018/10/13(土) 22:03:51.29 ID:CAP_USER

対北めぐり米韓に亀裂 制裁解除示唆、南北軍事合意に米不満 現地メディアからも失望の声
2018年10月13日 9時0分

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が10日、北朝鮮に対する制裁解除を検討していると述べた。これに対し、「最大限の圧力」を対北戦略の中心に掲げるアメリカが激怒している。米メディアの一部は、既に「アメリカは韓国というパートナーを失った」「圧力路線は失敗しつつある」などと、韓国の“裏切り”に強い失望感を示している。

◆「勝手にやらせはしない」とトランプ大統領が激怒
 康外相は10日の国会で独自制裁措置の解除について問われ、「関係官庁で検討中だ」と述べた。あくまで韓国が独自に行っている制裁についてのことで、同外相は国連制裁には触れていない。しかし、アメリカでは文在寅(ムン・ジェイン)政権がアメリカ主導の国連制裁の枠組みを抜け、独自に制裁解除に踏み切る意思の表れだと受け止められている。米ニュースサイト『Vox』も、「韓国の対北制裁の多くは国連が行っているものと重なっているため、それを見直すということは、単なるポーズ以上のことを意味する」という表現で、事実上アメリカと国連に反旗を翻す発言だとしている。

 トランプ大統領もすぐに反応。「我々の許可なくやらせはしない。彼らは我々の許可なしでは何もしない」と語った。ワシントンの政府関係者の間からは、北が非核化するまで「最大限の圧力」を決して緩めはしないという大合唱が起きているという。トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩委員長と会談し、個人として良好な関係を築いた後も、制裁解除は非核化とセットだという姿勢を崩していない。今回も「私も解除したいのはやまやまだ。しかし、そうするには何か得るものがなければならない」と述べている(英紙ガーディアン)。

 こうした米側の強い怒りの反応を見て、韓国側も少しトーンダウンしたようだ。康外相は、「制裁解除の問題は、南北関係全体の状況を見ながら検討されるべきだ」と、後にフォロー気味の発言をしている(Vox)。各主要紙の社説など、韓国メディア内にも拙速な制裁解除の動きを批判する論調が出ている。

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/15440402/


3: 2018/10/13(土) 22:04:44.63 ID:SWzcm9dM

当然こうなるわなwwww日本がーとか言ってどうせ誤魔化すんだろうなあホロンは


4: 2018/10/13(土) 22:05:50.24 ID:7/0dOPW+

今月末で38度線が飛行禁止区域になるんでしたっけ


9: 2018/10/13(土) 22:07:50.02 ID:AQ5xLvio

>>4
ルール無用の悪党だから、正義のパンチをぶちかます
ルールを守らない奴が決めたルールなど一切無視するだろ
いざとなりゃ飛行機バンバン飛ばすだろ、米軍は

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交

2018年09月22日

韓国とアメリカが「衝突」する日が迫っている〜トランプ大統領の突飛な行動がリスク要因に

1: 2018/09/21(金) 22:46:23.59 ID:CAP_USER

no title

▲韓国・文在寅大統領が置かれている状況は、他国とは比べものにならないくらい苛酷だ(写真:北朝鮮ニュース)

アメリカの外交当局者とやりとりしている人間の間で最近、誰の目にも明らかになってきたことがある。米韓関係の行く末を不安視する声が急速に広まっているのだ。

一見すると、米韓関係は良好だ。韓国の文在寅大統領はアメリカのドナルド・トランプ大統領を褒めちぎり、トランプ大統領の北朝鮮政策を持ち上げるだけでなく、良好な2国間関係を維持しようとあらゆる手を打っている。国際貿易の専門家からは、韓国は通商面でもトランプ大統領の要求に異例の譲歩姿勢で応じている、といった見方も出ている。

米韓はこのままいくと衝突する可能性

文大統領はもちろん、米韓関係を危機にさらしたいと考えているわけではない。無用な緊張を避けられるのであれば、かなり大きく譲歩することすらいとわないスタンスだ。ただ、客観的にいって、韓国とアメリカはこのままいくと衝突する可能性がある。北朝鮮をめぐる双方の国益が明らかにずれてきているからだ。アメリカ政府内で米韓関係の行く末に懸念が強まっているのは、理由のないことではない。

アメリカ政府が北朝鮮を重要視するのは、核を手にしているからにほかならない。はっきり言って、それ以外にアメリカが北朝鮮を相手にしなければならない理由などない。核さえなければ、遠く離れた、どうでもいい小国にすぎないからだ。しかし、北朝鮮はロシア、中国に次いで、アメリカ本土を核攻撃できる世界第3の国になろうとしている。アメリカが快く思わないのは当然だ。つまりアメリカの北朝鮮政策は、ほぼ核問題一本に絞られているといってよい。

だが、韓国にとって核問題とは、南北が分断していることから派生してきた数ある問題のうちの1つでしかない。また韓国では、核問題が必ずしも今にも爆発しそうな圧倒的緊急課題と考えられているわけでもない。確かに、長い目で見れば北朝鮮の核兵器は韓国を制圧する目的で使用される可能性もなくはない。しかし、このようなシナリオが現実化する確率はどちらかといえば低い。近い将来に核攻撃が行われる可能性が低いことは、もっとはっきりしている。

一般に想像されているほど、韓国は北朝鮮の核に脅威を感じてはいないということだ。韓国政府は表向き平和的な統一や非核化、その他ほぼ実現不可能な素晴らしい展望を口にしてはいるが、本音では北朝鮮をなだめながら平和と安定、つまり現状を維持することが最優先課題だと考えている。現状維持のために核問題に目をつむらなければならないのだとしたら、それはそれで仕方がない、というスタンスなのである。

確かに、米韓に横たわる認識のずれや国益の違いは昔から存在していた。しかし、トランプ大統領と文大統領が両国のトップになったことで、矛盾は以前にも増して目立つようになってきた。
(中略:元記事参照)

もちろん、トランプ大統領は同盟国の国益を考慮するような人物ではない。韓国政府がいくら抵抗を試みたとしても、アメリカ政府のスタンスを変えることなどできないだろう。だが、このような事態となれば、米韓の同盟関係には大打撃となる。

つまり、アメリカと韓国が衝突するのではないかという政策当局者の心配は絵空事ではない。米韓首脳の思想的傾向や性格の違いにも原因はあるが、それ以前に双方の国益がそもそも大きく食い違っているからだ。

(文:アンドレイ・ランコフ/韓国・国民大学教授・北朝鮮ニュース取締役)

ソース:東洋経済<韓国とアメリカが「衝突」する日が迫っている>
https://toyokeizai.net/articles/-/238683

関連スレ:【南北韓】 「朝鮮半島は統一により韓国が消滅する」〜国際政治学者・藤井厳喜氏/千葉「正論」懇話会[09/20]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537460850/


2: 2018/09/21(金) 22:48:17.49 ID:9KYf1c+4

北朝鮮への制裁を続けるべきである、
と日米英が、G7が、世界が団結している今。

韓国政府は統一旗を高々と掲げて
「韓国と北朝鮮は一心同体!」と、
存分にアピールしててくれ。


3: 2018/09/21(金) 22:48:28.41 ID:8BC86Sbg

シナや北の味方してりゃあそうなるだろ


4: 2018/09/21(金) 22:49:00.47 ID:/JWeCh1i

文大統領も十分突飛だと思うが

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 外交

【南北首脳会談】 北朝鮮テレビ、文大統領「90度お辞儀」報道…「しばらく語られるだろう」

1: 2018/09/21(金) 01:08:30.12 ID:CAP_USER

no title

▲南北首脳が20日、白頭山天池に上がって手を合わせた(左)。19日夜、平壌5.1競技場で北朝鮮住民たちに挨拶する文大統領。(別ソース:韓国語版「白頭山・90度の挨拶・・・北の住民に衝撃を与えた2つのシーン」)

北朝鮮朝鮮中央テレビが韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪朝日程を25分かけて詳しく報じた。特に、文大統領が平壌(ピョンヤン)市民たちに対して腰を曲げて挨拶する様子は3回以上放送した。

朝鮮中央テレビは文大統領の訪朝翌日である19日に関連のニュースを詳しく報じた。平壌順安(スナン)空港で文大統領を待つ北朝鮮首脳部の様子から「大統領閣下」と優遇する儀仗隊査閲の様子、21発の礼砲もそのまま放送した。

文大統領が平壌市民に対して腰を90度曲げて深々とお辞儀をする姿は3回以上伝えた。平壌順安空港で出迎えに集まった市民に挨拶する姿、平壌大劇場では2階観覧席から1階に向かって腰を曲げて挨拶する姿などが大きく取り上げられた。

文大統領は19日午後、平壌綾羅島(ヌンラド)5・1競技場で開かれた集団体操『輝く祖国』を観覧した後、演説をした当時も、15万人の観衆の前で腰を曲げる挨拶をした。

文大統領のこのような「90度挨拶」は北朝鮮住民に大きな影響を与えるものと予想される。

脱北者で仁川(インチョン)大学北東アジア国際通商学部のチュ・スンヒョン招へい教授は、CBSのラジオ番組『時事ジョッキー チョン・グァンヨンです』とのインタビューで「北朝鮮で90度挨拶は首領だけにする挨拶」とし「大韓民国大統領が北朝鮮住民に対して90度の挨拶をしたというだけでもその影響は非常に大きく、北朝鮮住民たちの間でしばらく語られるだろう」と分析した。

ソース:朝鮮日報日本語版<北朝鮮テレビ、文大統領「90度お辞儀」報道…「しばらく語られるだろう」>
https://japanese.joins.com/article/375/245375.html


2: 2018/09/21(金) 01:10:04.30 ID:vw8usqVl

あたまのなか、どーなてんだろー


4: 2018/09/21(金) 01:11:28.17 ID:aSUsEmRi

文が自分が金より格下の存在なのを認めた形だな


10: 2018/09/21(金) 01:15:06.82 ID:8yJeDJHV

>>4
てか工作員だし

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 外交

2018年09月15日

【文大統領】 「北はすでに不可逆措置取った」 米に相応措置求める

1: 2018/09/14(金) 10:35:01.68 ID:CAP_USER

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、大統領府で林東源(イム・ドンウォン)元統一部(省に相当)長官ら南北首脳会談元老諮問団と昼食懇談会を行った。

文大統領はこの会で、米朝間非核化交渉について、

「北朝鮮は将来の核だけでなく、現在保有している核兵器、核物質、核施設、核計画などを廃棄する段階に進まなければならない」
「北朝鮮は核とミサイルをより高度化する能力を放棄したと言える。表現するならば、将来の核を廃棄する措置を既に取ったと思う」

と述べた。

文大統領が北朝鮮の「現在の核」廃棄などの非核化プロセスに具体的に言及したのは今回が初めてだ。

文大統領はさらに、「北朝鮮は米国に相当の措置を要求している」と北朝鮮の見解を詳しく紹介した。

そして、「自分たちは(北朝鮮は)これまでさまざまな措置を誠実に実践してきたのに、米国は韓米合同軍事演習中止以外に何もしていないではないか、北朝鮮がとった措置は一つ一つすべて不可逆的な措置だが、我々(韓国)の軍事演習中止はいつでも再開できるではないか、だから北朝鮮が追加的措置に出るには、米国が相応の措置を取ることが必要だというのが、今の米朝間膠着の原因のようだ」と語った。

北朝鮮の措置は不可逆的であり、米国の措置は元に戻すことができるという北朝鮮側の主張をそのまま紹介したものだが、これに対する韓国政府の評価や分析は特になかった。このため、韓国政府が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「メッセンジャー」役のように見えかねないという懸念の声もある。

また、文大統領は

「たとえ(米朝)実務会談が振るわない面があるとしても、北・米(米朝)両首脳は信頼を繰り返し確認している。北・米ともやらないと言っているのではなく、北朝鮮は非核化のために将来と現在の核を廃棄するということで、米国も体制保障措置をやるというとだ」
「ただし、相手に対して先にやらなければならないという要求のため、行き詰まっていることなので、十分に接点を見いだすことはできる」
「南北関係において、特にあらためて新しい宣言が必要だという段階は過ぎた」
「(今年)4月27日の(南北首脳会談)共同声明と、それ以前の南北間合意を充実させて実践していくことが重要だ」
「今の段階で最も重要なのは、南北の軍事的緊張あるいは軍事的衝突の可能性、戦争の脅威を終わらせることだ」

とも述べた。

元老諮問団の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐(統一・外交・安全保障担当)は「北朝鮮の非核化を順にすべてしようとすると時間がかかるため、南北が非核化タスクフォース(TF=作業部会)を作って協議すれば、破格の代案が出てくるだろう」と言った。

しかし、李洪九(イ・ホング)元首相は「金正恩委員長は国際社会の反応を得るには、核物質や設備に対する申告と検証が必要だ。そうしなければ米国の終戦宣言は引き出せない」と述べた。


2018/09/14 10:01/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091400906.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091400906_2.html


2: 2018/09/14(金) 10:36:02.37 ID:9VV9npg5

子供のお使いかよwwww


3: 2018/09/14(金) 10:36:24.21 ID:3TOx+sCj

あ?なに言ってんだこいつ


5: 2018/09/14(金) 10:36:43.39 ID:mKqTebCg

なんだ? 北の代弁者なの?

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 外交

2018年09月14日

トランプ大統領、今年初の文大統領との電話会議で怒り爆発「FTAを廃棄して貿易関係を破棄したい」

1: 2018/09/13(木) 16:47:35.87 ID:CAP_USER

米国のドナルド・トランプ大統領が今年初めの文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、「お金の問題」で怒りを爆発させていたというホワイトハウスの秘話が公開された。

「ウォーターゲート」のスクープで有名なワシントン・ポスト(WP)のボブ・ウッドワード副編集者は、11日(現地時間)に公開された新刊『Fear: Trump in the White House(恐怖:ホワイトハウスのトランプ)』で、トランプ大統領が文大統領と数回の電話会談を行い、韓米FTA(自由貿易協定)の廃棄とTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)の費用支出を圧迫していたと伝えた。ウッドワード氏はホワイトハウス内外の関係者から取材した内容に基づいて新刊を出した。

ウッドワード氏が明らかにした内容によると、トランプ大統領は文大統領に180億ドル(現レートで約2兆円)の貿易赤字について言及して「180日以内にFTAを廃棄する書簡を送り、貿易関係を破棄したい。あなたが我々から金をむしり取っている」と述べた。

トランプ大統領が貿易と安保イシューを分離するよう求めると、文大統領は「貿易と安保は密接に関係している。我々はあなた方と協力したい。経済的関係において、一部誤解があるかもしれないが、結局、お互いに理解に到達するよう願う」と述べたという。ウッドワード氏は文大統領の語調について「なだめるようなトーン」だったと紹介した。

トランプ大統領はTHAAD配備問題で第2戦を仕掛けた。トランプ大統領は「あなた方はTHAAD弾道迎撃ミサイルシステムに対して費用を支払わなければならない。我々が弾道迎撃ミサイルを一体なぜそこへ置かなければならないのか」と言って語調を高めた。

ウッドワード氏は「ホワイトハウスの側近と国家安保チームは仰天し、文大統領がこれ以上耐えられないと言う前に何か措置を講じなければならないという共感が形成されていた」と当時の状況を伝えた。あわせて、トランプ大統領が韓国と韓国の新たな指導者を軽く見て、感情を隠さずに激怒したことは非常に「非外交的」であり関係を吹き飛ばしてしまう直前だったと指摘した。

ホワイトハウスのジョン・ケリー首席補佐官やハーバート・マクマスター当時大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、レックス・ティラーソン当時国務長官、ジェームズ・マティス国防長官もこのような状況に対して苦々しい冗談をやり取りしたとウッドワード氏は伝えた。彼らは「大統領がライバルである中国、ロシア、イラン、シリア、北朝鮮よりも韓国に対して怒りを表現したことは理解できない」という対話をやり取りした。

結局、マティス長官が事態の収拾に出た。この日、韓半島(朝鮮半島)問題を話し合うために招集されたホワイトハウスNSC(国家安全保障会議)で、マティス長官はトランプ大統領に「(在韓米軍駐留に伴う)利益は非常に大きい」と言って説得しようとし、ジョセフ・ダンフォード合同参謀議長もこれに加勢したと伝えられた。

マティス長官は「情報力と部隊がなければ戦争のリスクは非常に高まるであろうし、韓国と日本に対する防御手段も減る」とし「このような資産がないまま戦争をすれば、残るオプションは核だけで、他の方式では同じような抑止効果を達成することはできない」と話し、在韓米軍に対して不満を持つトランプ大統領を説き伏せた。

ソース:中央日報/中央日報日本語版「トランプ氏、今年初めの文大統領との電話会議で怒り爆発」
https://japanese.joins.com/article/054/245054.html


4: 2018/09/13(木) 16:53:10.76 ID:N0yOT9YC

ワロタ

支那より扱い酷いわw


5: 2018/09/13(木) 16:54:16.79 ID:2gpfl3TD

FTA破棄して韓国製品に関税かければいいのにトランプもお優しいことで


9: 2018/09/13(木) 17:01:46.35 ID:tXd6z+Ig

 
韓国は死ねば良い
 

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 外交