嫌韓 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年04月01日

【ヘイトクライム】 大阪のコンビニで男性客刺される〜目撃者「韓国人だったのでこんな目にあったようだ」

1: 2018/03/31(土) 23:14:15.82 ID:CAP_USER

日本の大阪で韓国人男性が日本人が振り回した凶器に刺されて負傷しました。

日本大阪貿易会社の社員、韓国人イ某氏(29)は去る30日夕方8時45分ころ、大阪天王寺のあるコンビニで精算している時、このような被害に遭ったと情報提供者がYTNに直接知らせてきました。

情報提供者によればイ氏はこの日、ガールフレンドと天王寺公園に花見に行ってコンビニに立ち寄りました。

コンビニの中には日本男性二人がいて精算していたイ氏の後からばかにするようにあざ笑い1人はイ氏の背中を刃物で刺して長さ3センチの傷をつけ、二人共逃走しました。

天王寺警察はイ氏を刃物で刺した男性は黒い帽子に白いシャツ、黒いベストと紺色ズボンを着用していたとし、殺人未遂容疑で行方を追っています。

イ氏は病院に運ばれ簡単な治療を受けた後、4時間ほど警察調査を受けて帰宅しました。幸い大きな傷ではありませんでしたが、イ氏と一緒に現場にいた彼のガールフレンドがみな大きな衝撃を受けたと伝えられました。

情報提供者は「現地メディアでは単純な殺人未遂と報道されていたが、イ氏が日本語もつまりがちで、誰が見ても韓国人なので、こんな目にあったようだ」と話しました。

大阪駐在の私たちの総領事館がこのような事実を確認し詳しい経緯を調べています。

ソース:YTNニュース(韓国語) 日本、大阪で韓国人凶器にささってケガして
http://www.ytn.co.kr/_ln/0104_201803311539423368

関連記事:毎日新聞<天王寺公園 コンビニで切りつけ、男逃走>
https://mainichi.jp/articles/20180331/k00/00m/040/152000c
毎日放送<大阪・コンビニで男性客刺した容疑で男逮捕>
http://www.mbs.jp/news/kansai/20180331/00000027.shtml


2: 2018/03/31(土) 23:16:16.97 ID:7qBkxQHe

>>1
> 情報提供者は「現地メディアでは単純な殺人未遂と報道されていたが、イ氏が日本語もつまりがちで、誰が見ても韓国人なので、こんな目にあったようだ」と話しました。
なんやこのやっつけ仕事の差別ニダは


4: 2018/03/31(土) 23:16:52.47 ID:WjBwnb98

犯人を捕まえてみればチョーセン人
あると思います


5: 2018/03/31(土) 23:17:09.76 ID:2lX9skaq

どうせ加害者は在日というオチだろ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年03月30日

右傾化が加速する日本・・・嫌韓、嫌中意識

1: 2018/03/29(木) 09:11:10.18 ID:CAP_USER

ふたつの要因で右傾化が加速する日本


昭和の時代に生まれた方々の中には「日本って右傾化しているのではないか?」
「全体主義化していないか?」と感じている人も少なくないだろう。その通り、日本は右傾化に進んでいる。

その原因は大きくふたつある。一つは意図的に世論操作などを行って右傾化を進めようとしている勢力の存在。
もう一つは自然な流れとしての保守への回帰である(図1)。

立教大学の木村忠正教授はネット上での言論などの解析を続けている研究者である。今年の『中央公論』1月号に
「「ネット世論」で保守に叩かれる理由 実証的調査データから」を寄稿している。

木村教授によると、社会系ニュースへのコメント分析の結果、過激な言説は約1%の投稿者が生み出す約20%のコメントに顕著にみられた。
残り99%の投稿者の80%のコメントはそうではないとしている。

過激な一部の言説だけでなく、一般の投稿からも下記の三つの傾向が見られたという。

(1)韓国、中国に対する憤り(嫌韓、嫌中意識)
(2)「弱者権利」(立場の弱さを利用して権利を主張、獲得する)認識に基づく、マイノリティ(社会的少数者)への違和感
(3)マスコミに対する批判

(1)が右傾化、保守化を示しており、少数のアカウントが繰り返し投稿することで存在感を高めていることが実証研究で明らかになった。
愉快犯的な動機の者もいるが、政治的社会的動機があるのではないかと指摘している。ネットでの言説はある意味、正しさを巡る戦いであるとして、
MFT(Moral Foundations Theory、道徳基盤理論)を元に2016年7、8月に調査を実施しデータ分析を行った。その結果が、表1である。

リベラル層は年齢が高い層に多く(A〜F)、保守的傾向はデジタルネイティブ層(G、H)に見られた結果となっている。
リベラル層はネットでの発言をあまりせず、保守的傾向のある層の方がネットで活発である。

ネットで盛り上がっている方に便乗しそうな層(クラスタ)もあり、実際よりもネット上の世論は保守的に見えるようになっている可能性が高い。
木村教授はもともと保守パターンが人類にとってのデフォルトであり、日本では第二次世界大戦によってその傾向が抑制されていた。
それが時を経て保守に回帰している可能性を指摘している。

特定の政治団体に対しての誹謗中傷を書き込むライターを募集する告知や政権党の主張を指示する書き込みをするライターの募集などが堂々と行われている。
募集はクラウドワークスやランサーズなどのサイトで行われていたが、クラウドワークスでは騒ぎになったため非掲載になっている。

これらの募集の多くは現政権支持、保守的傾向あるいは差別を助長するような内容に関するものである(SNSで発言する、ブログを書く、コメントを残すなど)。
人手で意図的にツイートを量産するアカウントは「トロール」と呼ばれている、ボットと並んでネット世論操作でよく利用される。これらの広告はトロール募集の告知にしか見えない。

これについては枚挙にいとまがない。『BuzzFeed Japan』では選挙期間中に検証記事のシリーズを掲載している。
ここには安倍総理の事実誤認発言や作家の百田尚樹氏の事実誤認発言などが並んでいる。

最近では『産経新聞』が2月8日、「沖縄の交通事故で米兵が日本人を救出し、後続車にはねられた」という誤ったニュースを出した。
その後、産経新聞は謝罪したが、異例なことにこの記事を掲載したヤフージャパンも謝罪した。産経新聞はこのニュースを発信した際、
沖縄地元紙が報じていないことに触れ、厳しい批判を行った。検証記事がBuzzFeed Japanに掲載されている。

差別や誤った情報に対して日本の社会が、以前に比べて甘くなってきたとしか思えない。
本来なら、誤報や差別に対する発言を訂正し止めるか、社会的地位や信用を失うことになる。しかし実際には同じ地位に留まり、困っている様子もない。

以上のことを踏まえると、日本のネット世論は保守化、右傾化、全体主義化が進んでおり、維持し加速するためにボットやサクラの書き込み要員(トロール)が投入されている可能性が高い。
そしてデジタルネイティブ世代の右傾化も進んでいる。
https://the01.jp/p0006605/


5: 2018/03/29(木) 09:12:57.59 ID:PfZj46QQ

あいつらずっと反日じゃんw


7: 2018/03/29(木) 09:13:18.25 ID:UnhExgEg

嫌韓・建中だと右傾化なのか?
全体主義は、左傾化だろ。

馬鹿だな、この記事書いた奴。


8: 2018/03/29(木) 09:13:26.49 ID:evktFzWD

パヨチョンが異常だからみんな嫌悪してるだけです

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年03月24日

韓国選手とカナダ選手への対応がまったく違う! ドイツの航空会社に韓国ネットから非難の声

1: 2018/03/23(金) 09:39:02.49 ID:CAP_USER

2018年3月22日、韓国日報によると、ドイツの航空会社が荷物を紛失した韓国とカナダの選手に異なる対応をしていたことが分かり、韓国のネット上で非難の声が相次いでいる。

記事によると、韓国の甘強燦(カム・ガンチャン)選手は19日、フィギュアスケートの世界選手権に出場するためドイツの航空会社を利用してイタリア・ミラノへ出発した。

しかしイタリア到着後、甘選手は自身の手荷物が到着していないことを知り、同社の公式ツイッターのアカウントをタグ付けして「僕の荷物を探してほしい」と訴えるツイートをしたという。

これに対し、同社は「書類にある電話番号に連絡してほしい」としたが、甘選手はさらに「当該番号を含む2つの番号に電話したが、つながらなかったので別の番号を教えてほしい」と書き込んだ。

しかし同社からは「別の番号は教えられない」との回答が返ってきたという。手荷物を受け取れなかった甘選手は予定通りに練習を開始できず、急いで新たなスケート靴を購入してトレーニングに入ったとのこと。

これをめぐり、韓国のネット上では非難の声が上がっているというが、その理由について記事は「同社が同じ状況に遭ったカナダのフィギュア選手に対しては積極的な問題解決の意思を示していたため」と伝えている。

カナダのメーガン・デュハメル選手は20日、甘選手と同じく同社の公式ツイッターに手荷物の紛失に関するツイートを残した。すると同社は「あなたの気持ちを察する」とした上で「航空便についての詳しい情報が分かれば、それを職員に伝える」と回答したとのこと。

韓国のネットユーザーからは

「人種差別だ。本当に腹が立つ」
「信じられない。試合を控えた選手にそんな対応をするなんて!」
「アジア人をばかにしている。先進国の対応とは思えない」

など航空会社に批判的なコメントが数多く寄せられている。

また、

「こういう問題は(フィギュアスケート)協会が対応するべきでは?」
「韓国の協会は英語ができない。問題を認知できないし、規定を知らないから抗議もできない」と指摘する声や、
「正式に損害賠償を請求しよう」

と訴える声も。

その他「韓国の国格が大きく下がったことを実感する」「いつも韓国人は世界中のカモだ」などと落胆する声も見られた。


2018年3月23日(金) 6時50分
http://www.recordchina.co.jp/b584928-s0-c50.html


2: 2018/03/23(金) 09:40:20.59 ID:cZyfr+oe

因果応報


3: 2018/03/23(金) 09:41:33.49 ID:rm/veGMi

同情する気がまるで湧かないwww


4: 2018/03/23(金) 09:41:34.87 ID:9iemGcK5

>アジア人をばかにしている。先進国の対応とは思えない

韓国人だろw
いつも差別の問題だけアジア全体を巻き込もうとするよな
自分たちの日ごろの行いの印象が悪いの気にしてるんだろうなw

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年03月14日

世界に広がる「韓国疲れ」

1: 2018/03/13(火) 19:13:41.30 ID:CAP_USER

日米露中まで頭痛のタネ 世界に広がる「韓国疲れ」

平昌五輪を“利用”して北朝鮮との対話を始めた韓国。五輪後に訪朝した特使団は10年ぶりとなる南北首脳会談まで取り付け、あれよあれよという間に南北が大接近。一方で金正恩朝鮮労働党書記長はトランプ大統領に会談を申し入れ、5月までに実現する見込みとなった。見守るしかない世界の国々は“この先”の難儀を察して頭を痛めている──。

韓国の特使派遣は、朝鮮半島の平和実現に向けた大きな前進──というのが世界の表向きの評価である。4月末の南北首脳会談の開催に加え、北朝鮮が非核化に向けた米朝協議の用意があると表明したことを受け、米国のトランプ大統領も、「前向きだ」と評価した。

だが、韓国の“単独行動”に、各国は内心ヒヤヒヤしている。

「文在寅大統領の判断は、国連決議も含めて、世界各国が取り組んできた北朝鮮への圧力路線を壊すもの。各国はリップサービスのコメントを出していますが、本音では“韓国のおかげでこれまで続けてきた制裁や圧力がすべて無駄になった”と嘆いている」

こう指摘するのは、元在韓国特命全権大使で外交経済評論家の武藤正敏氏だ。

「今回、特使が伝えた合意内容は非常に曖昧で、『北朝鮮に対する軍事的脅威が解消されて体制の安全が保障されれば、核を保有する理由がない』というのは、米国が求める非核化とは程遠い。米国の情報関係者は揃って南北対話に懐疑的だし、日本はもちろん、欧州やアジア各国も同様です。韓国はあまりにも北朝鮮側に妥協、譲歩しすぎている」

慰安婦問題でさんざん「ゴールポスト」を動かされてきた日本にとっては、またも韓国の行動に翻弄される事態だ。2014年1月には米スタンフォード大学アジア太平洋研究センターのダニエル・スナイダー研究副主幹が、日本の政治指導者が「韓国疲労症」にかかっていると指摘したこともある。

だが、日本だけでなく、「コリア・ファティーグ(韓国疲れ)」は米国でも流行語になった。きっかけは執拗な“反日”だ。最初にこの言葉が、使われたのは6年ほど前のこと。

2012年4月、米国歴史教科書の「日本海」表記を「東海」に修正させようと、ホワイトハウスの公式サイトに「東海」支持の韓国人と見られる書き込みが殺到。サーバーが一時パンクする騒ぎになった。2015年4月には安倍首相の米国議会でのスピーチ阻止のため、在米韓国人が「訪米反対声明」を発表し妨害工作を展開。米国政府を激怒させた。

ソース:NEWSポストセブン 2018.03.12 11:00
https://www.news-postseven.com/archives/20180312_658711.html

続きます


2: 2018/03/13(火) 19:14:09.64 ID:CAP_USER

◆トランプは「弱腰」

今回の特使派遣についても、米外交専門メディア『ザ・ディプロマット』はこう書いている。

〈五輪後の金正恩の友好ムード演出は、文在寅の気前の良さと統一への情熱を食い物にして、食糧援助と制裁解除を獲得するための試みだ。ソウルと国際社会は、太陽政策を再試行しても、国民を無視し国防費を優先させる北朝鮮を変えることができないことを自覚するべきだ〉(3月6日配信)

産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏が言う。

「米国は北朝鮮が韓国のすり寄りを利用して、核開発のための時間を稼ぎ、自分たちに都合のいい形での米朝対話を画策する可能性を懸念しています。トランプ大統領の文大統領に対する不信感は根強い。象徴的なのが、文大統領を『appeasement』と批判した昨年9月のツイート。これは直訳すると『宥和』で、相手に不必要な妥協や譲歩をしてすり寄る姿勢を批判する時などに使われ、“弱腰”という強い意味が込められている。同盟国のトップに使うのは極めて異例です」

◆中国も「面白くない」

文大統領は政権発足以来、歴史問題で足並みを揃えようと中国に接近してきたが、その中国からも嫌われているという。中国に詳しいジャーナリストで拓殖大学教授の富坂聰氏が言う。

「朝鮮半島が平和へと向かうことに中国は賛成していますが、中国自らが主導して、北朝鮮が核とミサイル開発をやめる一方、米韓も大規模な合同軍事演習を当面中止する『ダブル・フリーズ』で非核化への交渉再開の条件を作り出そうとしていた。昨年7月にはロシアも合意して、それに乗る形になった。

中国は北朝鮮に特使を派遣していたが、今回の件で、韓国に主導権を持っていかれてしまった形です」

ちなみに中国の特使は金正恩氏に会えなかったというから、メンツを重んじる中国が怒らないはずがない。加えて、その中国に乗ったロシアも、韓国にハシゴをはずされた形だ。元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏が言う。

「南北首脳会談が、そのまま非核化に繋がるとは考えにくい。それどころか会談の中で“米国の干渉排除”や“経済制裁の中断”が議題にのぼり、その時に決裂を恐れる文大統領が強く否定できない展開もあり得る。

金正恩氏の狙いは日米韓の分断です。いずれ韓国はこの宥和策から降りなければいけない。そうなった時、米国や日本が対応することになる」

18年前に訪朝した金大中大統領(当時)はノーベル平和賞まで受賞したが、核放棄に繋がらず、逆に北朝鮮に開発の猶予を与える結果になった。だが、韓国の『中央日報』はこう書く。

「平昌でまいたタネを平和の巨木に育てることは、文大統領にとって重い歴史的荷物であると同時にノーベル平和賞までいける千載一遇の機会だ」

振り回される世界が疲れるのも無理はない。

※週刊ポスト2018年3月23・30日号

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年03月09日

【韓国YTN】日本の有名会社の会長が在日同胞を侮辱・・・「必要ない、帰れ」

1: 2018/03/08(木) 10:30:13.76 ID:CAP_USER

※ ソース元に動画があります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<アンカー>
日本の有名化粧品製造販売会社の会長が、以前から日本に居住していた在日同胞を侮辱する内容の文章
を自社のホームページに載せて波紋が広がっています。

似非(えせ)日本人は必要ないので自分の国に帰れという内容です。

東京からファン・ボヨン記者が報道します。

<記者>
化粧品や健康補助剤を製造販売する、日本の有名会社のホームページに掲載される会長の文章です。

本当と偽物、似非の違いを長々しく説明すると、これと関連して『チャイニチ(在日)』問題を避けられないと
述べました。

『チャイニチ(在日)』とは解放前から朝鮮半島から渡り、日本に居住する在日同胞を指す言葉です。

会長はこの文章で政官界やマスコミ、法曹界にいるチャイニチ(在日)が問題であると断定しています。

裁判官と被告が全員チャイニチ(在日)なら被告が100%勝つと言いながら、裁判は始まる前から結果が
分かると主張しています。

引き続き、似非日本人は必要ないので母国に帰れと言っています。

不明な根拠を出しながら、在日同胞を侮辱する内容です。

該当の文章は最近、インターネットメディアなどを通じて知られた後、急速に広がっています。

この文章を引用して、在日同胞を侮辱する内容の動画まで登場しました。

コメントには、「会長凄い」、「愛国企業を利用しよう」、「在日同胞は帰れ」というなどの嫌韓内容がほとんど
です。

文章に接した同胞社会は憤怒しています。

<在日同胞の声>
「愕然とした。このような大きな会社がこのような文章を堂々と載せられる事に驚いた。もちろん在日同胞に
対するヘイトゥスピチ(人種差別発言)と感じました」

この文章は2年前にホームページに掲載されましたが、特別な関心を受けないまま去る三一節を基点に
注目を集めています。

これについて海外同胞社会では、三一節記念式で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が慰安婦問題などに
ついて日本を強く批判すると、すぐに日本の保守勢力が反発して該当の文が再び注目を受ける事になった
という解析を出しました。

東京からYTNのファン・ボヨンでした。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=052&aid=0001123227

(関連)
【DHC会長】 「日本には驚くほどの数の在日がいる 似非日本人はいらない。母国に帰れ」★2 [03/02]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1519962914/


5: 2018/03/08(木) 10:33:31.72 ID:NhQj3ZxK

>>1
なんで、その在日を祖国である南鮮が
保護して帰国させようとしないの?


8: 2018/03/08(木) 10:34:37.03 ID:DWe0YEE1

どうでもいいから、、、引き取れ!!
チョンカス


10: 2018/03/08(木) 10:35:02.76 ID:R9fEJJm9

犯罪者は粗国に帰れよ

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年03月07日

【朝日新聞】 なぜ、売れるのか? ケント・ギルバート氏の中韓本

1: 2018/03/06(火) 16:04:46.45 ID:CAP_USER

米国人弁護士ケント・ギルバート氏の著書「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(講談社)が
昨年の新書・ノンフィクション部門で最多の発行部数になった。2月には続編も出た。

日本人の「高い道徳規範」を評価する一方、中韓の人について「『禽獣(きんじゅう)以下』の社会道徳」などと評する。

なぜ、売れるのか?

本は昨年2月に出版され、発行部数は47万部を超えた。同氏は人気クイズ番組「世界まるごとHOWマッチ」などへの出演で知られ、
近年は右派・保守系雑誌に寄稿。憲法や日本人に関する著作も多い。

初版を見ると、歴史をひもときながら日中・日韓関係に言及。
中韓では「儒教精神から道徳心や倫理観が失われ」「自分中心主義が現れて」きたと指摘。

一方、「日本人には高い道徳規範である『利他』の精神」があるなどと書く。
https://www.asahi.com/articles/ASL256K5DL25UTIL050.html
no title


2: 2018/03/06(火) 16:05:43.79 ID:6p4wKmcE

日本のマスゴミが書かない・伝えないことが書いてあるから。


3: 2018/03/06(火) 16:05:56.82 ID:+ieNfSZ0

パヨク書店員って自分たちに都合の悪い本は店頭に置かないんだってね
だからバタバタ潰れてるんだろうね


10: 2018/03/06(火) 16:08:03.03 ID:aoE7PnJ8

昔は本屋に置いてなかったけど今はネットで買えるからな。で、ベストセラーになると本屋も置くようになるし。

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年03月06日

ダナ・ホワイト報道官「在韓米軍は韓国政府の招請に応じて駐留している」…ムン・ジョンイン発言に米国防総省が不快感

1: 2018/03/05(月) 18:12:52.11 ID:CAP_USER

米、ムン・ジョンイン発言に不快感... 「在韓米軍は韓国政府の招請に応じて駐留している」

no title

ソン・ヨンム国防部長官(左)、ムン・ジョンイン大統領外交安保特別補佐官

ムン・ジョンイン大統領外交安保特別補佐官が「大統領が在韓米軍に出て行けと言えば撤退しなければならない」と発言したことについて、米国防総省が不快を表わした。

ダナ・ホワイト国防総省報道官は1日(現地時間)の定例ブリーフィングで、ムン・ジョンイン特別補佐官の発言に対する立場を問う質問に「在韓米軍の決定は、米国と韓国政府が共同で下さなければならない」と強調した。

ホワイト報道官は続いて「在韓米軍は韓国人と韓国政府の招請に応じて韓国に駐留している」とし、韓米同盟の原則を再確認した。

ムン・ジョンイン特補は、先月27日、米国ワシントンで開かれた「平和共感フォーラム」の講演で「大韓民国大統領は、軍事主権を持っている。大統領が在韓米軍に出ていけと言えば撤退しなければならない」と言って議論を巻き起こした。

これにソン・ヨンム国防部長官は先月28日、国会国防委員会でムン特補の発言に対する立場を問う質問に「その人はそのようなことを決定する立場ではないと思う」と、軍当局の公式的な立場と一線を引いた。

ソース:デイリーアン 2018-03-02 09:59(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=119&aid=0002243609


2: 2018/03/05(月) 18:14:25.45 ID:632vYK+F

うん、まあそういう反応するわな

文政権はこのコメント受けてどう言い訳するんだろうなw


4: 2018/03/05(月) 18:15:31.89 ID:POqP32nW

>>2
「そんなことは言ってない」又は「日本が悪い」


3: 2018/03/05(月) 18:15:03.85 ID:Er0oI3/Z

在韓米軍は韓国捨てて出ていってもいいんじゃないかな

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌韓