嫌韓 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年12月26日

【AERA】日本では一部、嫌韓感情が渦巻いている パク・ミンギュさん「日本には、いまある敵が必要なんだな、と」

1: 2017/12/25(月) 18:15:53.88 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171222-00000051-sasahi-kr

 韓国で20万部超のベストセラー小説『三美(サンミ)スーパースターズ 最後のファンクラブ』。野球というスポーツを通して、韓国社会に人間にとって大切なことを問い続ける。著者であるパク・ミンギュさんがAERAのインタビューに答えた。

*  *  *
 誰にとっても記憶に刻まれる年というのはあるものだ。パク・ミンギュさんのデビュー作『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』の物語が始まる年であり、韓国人にとって忘れられない年といえば1982年。韓国でプロ野球が始まった瞬間である。

「68年生まれの私は、黎明期のプロ野球に熱中した世代です。みんな野球が大好きだったし、実際にプレーもしていました。そして私は、いつか野球の小説を書いてみたいと思っていたんです」

 ミンギュさんが選んだのは三美スーパースターズ。かつて実在したプロ球団である。ぶっちぎりで弱いチームとして知られていた。

「当時勤めていた職場の近くに大きな公園がありました。IMF(国際通貨基金)危機の時期で、リストラされたことを家族に言えず、一日中そこで過ごす人がたくさんいたんですね。その光景を見て、弱すぎる三美をモチーフに小説を書いて彼らを励ましたいと思うようになったんです」

 作中、最弱チームのファンクラブ会員だった少年2人は、やがて大人になり、まさにIMF危機を、そして自らの人生の困難を迎えることになる。それぞれの屈託の中で疎遠になっていた友人同士を再び結び付けたのは、やっぱり野球だった。

「私の中にはずっと、韓国はどうしてこんなに競争ばかりの社会になったのか?という疑問があります。野球は戦うスポーツではあるけれど、両チームが協力し合わなければゲームが成立しません。そのことをよく思い出してほしいのです」

 日本では一部、嫌韓感情が渦巻いていることに話が及ぶと、ミンギュさんは冷静にこう語って締めくくった。

「日本には、いまある敵が必要なんだな、と受け取っています。私が子どもの時も“北”が敵だと洗脳されましたが、その対象が変わっているだけでしょう。大切なのは、若い世代に憎悪を再生産させないこと。韓国と日本は2600年くらい交流の歴史があると言われますが、対立していたのは実は100年くらいなんですね。隣国同士のこうした友好関係は、世界史的に見てもめずらしいんじゃないでしょうか。そのことを忘れず、競争ではなく、協力し合うことでこそ良い結果が生まれる、ということを実践していきたいですね」

 弱すぎるチームと同居しながら、敗者のいない社会に向けた想像力を鍛えてくれる小説が、ここにある。(ライター・北條一浩)


3: 2017/12/25(月) 18:17:29.05 ID:PidViZXZ

>大切なのは、若い世代に憎悪を再生産させないこと
んん?韓国批判?


4: 2017/12/25(月) 18:17:33.32 ID:bwsvXQK2

敵が必要で反日を国策にしてる国があるらしい


5: 2017/12/25(月) 18:17:34.53 ID:lo5Pza4T

これだけ慰安婦問題で日本人の心を傷つけて何を言っているんだ?

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年12月19日

「ここはアメリカだ、英語を話せ」 韓国語を話す留学生にガチ右翼並の暴言を吐いた米女性、逆に警察に連行

1: 2017/12/18(月) 17:52:20.85 ID:8xkQiDo30● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典

「東洋人は嫌いなの」米スタバで人種差別発言を繰り返した白人女性、警察に通報されて店から追い出される

「ダメなものはダメ」。世の中には、そう言い切れることがいくつも存在する。その内の1つが「差別」。
2018年を迎えようとしている今の時代、いかなることでも他者を差別してはいけないとハッキリ断言できる……
が、それでも差別は起こり続けている。

性別、人種、国、外見……。今回も、スターバックスにて、ある女性が他の客に向かって「東洋人は嫌い」などと
人種差別的な発言をしたのだとか。動画とともに、詳細をお伝えしたい。

・米スタバ店内で韓国語を話していたら
この動画は、米カリフォルニア州で撮影されたものだ。スタバ店内で留学生であるアニー・アンさんが、
他の学生とともに韓国語を使って話をしていたそう。

すると近くに座っていた白人女性が「あなたたちの言葉は聞きたくない」とアンさんたちの会話に割って入って来た。

・アンさん「自分の言語を話す自由がある」
そんなことを言われれば、誰だってショックを受けるはず。だがアンさんは負けずに、女性に対して「ここはアメリカよ。
自分の言語を話す自由がある」と言い返した。騒ぎを聞きつけた店員も、「彼女たちは何も悪いことをしていません。
あなたがトラブルを起こしています」と店から出て行くように女性に言い渡した。

だが女性は、さらに以下のような言葉を続けながら退店を拒否した。

「アメリカでは英語を話すべき」
「東洋人は嫌いなの」
「あなたの言語はとても不快」
「静かに座っているならいいわ。でもあなたの言語は聞きたくない」

・店員に対しても
また女性は、店員に対しても、持っていたノートパソコンのキーボードを打ちながら「私がこの苦情メールを出したら、
問題になるわよ」と発言。しかしすぐに他の店員から「あなた数字のキーを叩いているだけじゃない」とツッコミが
飛ぶのだった。

その後女性は、店員からの通報を受けた警察官によって、店から連れ出されたとのことだ。

https://rocketnews24.com/2017/12/18/995339/


2: 2017/12/18(月) 17:53:10.17 ID:yjY8jiE+0

ここは日本だ、日本語を話せ(´・ω・`)


47: 2017/12/18(月) 18:08:15.40 ID:tKSryNoD0

>>2
頑なに日本語喋らず買い物する中華にいってやりたい


3: 2017/12/18(月) 17:53:46.79 ID:jXSJUxO50

郷に入っては郷に従え

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年11月29日

天皇陛下のご訪韓は「あってはならない」拓殖大学の藤岡信勝客員教授が警鐘

1: 2017/11/28(火) 08:59:50.08 ID:aoFF1opo0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
無法韓国が「慰安婦の記念日」制定へ 平昌五輪危機、拓殖大・藤岡教授「重大な『日韓合意』違反」

韓国側は、天皇陛下のご訪韓にも関心を持っているとされる。北朝鮮の軍事的脅威が続くなか、「反日・反米・従北・親中」の
文政権の言動を信用できるのか。

藤岡氏も「とんでもない話だ。韓国がこれほど無礼を働いている最中に、天皇陛下がご訪韓されることなど、あってはならない。
安倍首相も同様だ。韓国は、慰安婦を『反日ネタ』として、最大限のゆすり・タカリを続けようとしている。日本の弱腰が増長の一因となっている。
政府は『経済的断交』も含めた強気の対応を検討すべきだ」と語っている。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171127/soc1711270009-n1.html
慰安婦の記念日を法制化した韓国。北朝鮮の脅威を前に、文氏は日本と連携する気があるのか?
no title

文在寅大統領(AP)
no title


4: 2017/11/28(火) 09:00:43.13 ID:UazEwdRn0

まさに正論


5: 2017/11/28(火) 09:01:58.30 ID:ww2eXtl30

正論だな
こういうことを発言力のある人達が
勇気を持って言ってほしい


8: 2017/11/28(火) 09:03:26.84 ID:WOIe/99+0

安重根されるからな

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年11月23日

米国務省幹部「日米韓の枠組みを理解していない韓国は、本当にしょうがないな。日本はよく我慢しているよ」

1: 2017/11/22(水) 15:03:18.51 ID:CAP_USER

「嫌韓」でなくてもさすがに呆れる「韓国よ、そこまでやるか!?」

11/22(水) 11:00配信
現代ビジネス

 元駐韓大使の武藤正敏氏が言う。

 「韓国はしばしばTPOをわきまえない行動を取りますが、今回は人権派弁護士出身の文在寅大統領が、『衣の下の鎧』を見せてしまった格好ですね」

 11月7日夕刻、トランプ大統領を招いて韓国大統領府で開かれた晩餐会の模様に、呆れかえった人は少なくないだろう。

 トランプ大統領は文大統領とともに元慰安婦の李容洙さん(89歳)を出迎えたが、李さんは挨拶と握手だけでなく、トランプ大統領になかば飛びつくように抱擁を交わした。

 さらに、夕食メニューで、竹島の韓国側呼称「独島」の名前を冠した「独島エビ」を提供した。

 慰安婦問題と竹島問題――日韓のあいだで何度も話し合ってきたこのテーマを、わざわざ米国大統領の前で蒸し返すのはどういうつもりか。今は「北朝鮮有事」という目の前の問題に対して協力すべきときではないのか。

 日本政府はすぐさま韓国に対し抗議した。菅官房長官も当日の記者会見で「どうかと思う。日米韓の緊密な連携に悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある」と不快感を表明した。

 漫画家の小林よしのり氏も、呆れ顔で言う。

 「いくらなんでも、そこまでやるかという思いです。あれで喜ぶ韓国の国民がいるとなると、日韓合意なんて意味をなさないと考えざるをえない。

 そもそも、慰安婦問題は'65年の日韓基本条約で最終的な決着はついていたのに、再度2015年に日韓合意を行ったんですよ。それをまた守らないのだから、約束が役に立たない国でしょう。体質は北朝鮮と同じですよ」

 '15年12月、日韓は慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決されること」で合意した。ところが、今もソウルの日本大使館前には、慰安婦像が置かれたままだ。

 今年5月、文在寅は大統領に当選するやいなや、安倍首相に対し、「国民の大多数が心情的に合意を受け入れられない」と突然述べ、解決したはずの慰安婦問題は、蒸し返されることになった。

 晩餐会に出席した李さんは、元慰安婦の象徴的存在である。日韓合意の破棄を主張し、国内外での慰安婦像の設置にかかわっている。'07年には米国議会で慰安婦問題に関して証言したこともある人物だ。彼女を使い、韓国は何をしようとしたのか。

 ケンカで困ったから大国アメリカにチクリを入れ、事態を有利に進めようとしたのである。

 無茶苦茶だ。だが、彼らなりの事情もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00053521-gendaibiz-kr


2: 2017/11/22(水) 15:03:33.62 ID:CAP_USER

 「今回の韓国の対応を、『けしからん』と皆言うでしょう。しかし、そういった反応をすればするほど、韓国は喜ぶんですよ」と語るのは、元朝日新聞政治部長で東洋大学教授の薬師寺克行氏だ。

 「韓国は、綱渡りの外交をしています。対中国では、高高度迎撃ミサイルシステム『THAAD』配備を巡り対立したあげく、『これ以上のTHAAD配備はしない。日米韓は軍事同盟にならない』と表明し、和解した。

 一方で、米国とは北朝鮮問題で同盟関係を維持せざるを得ない。相容れない2つの国と仲良くせざるをえず、しかも、北朝鮮を暴発させてはならない。

 国民もストレスがたまるわけですね。韓国の大統領は、国民の支持率を一番気にします。国民のガス抜きをするための国は、日本しかないんです」

 その結果が、大統領晩餐会だったわけだ。

 デイリーNKジャパン編集長の高英起氏も言う。

 「韓国にとっては、この種のことは『客観的な外交手段』です。外交は政治ですからね。ただしアメリカだって、『韓国側にも言い分がある』くらいにしか考えていない」

 国民感情受けを狙ったパフォーマンスだというのだ。それは、安倍首相が支持率低下にあえいだ時に、拉致問題などを声高に主張し出すのに似ているかもしれない。


4: 2017/11/22(水) 15:04:06.95 ID:CAP_USER

「大変、残念でした」

 ただ、意外にもトランプ大統領は文大統領の行動を冷静に見ている。米国務省幹部は、今回の騒動後、こう漏らした。

 「北朝鮮封じ込めのための日米韓の枠組みを理解していない韓国は、本当にしょうがないな。日本はよく我慢しているよ」

 韓国外交部の諮問委員として、トランプ訪韓にあわせ韓国入りしていた日本大学准教授の金惠京氏(ソウル出身)は、文大統領をこう擁護する。

 「韓国では、慰安婦女性のお婆さんたちは、『戦争による女性の人権被害の象徴』として捉えます。

 トランプ大統領にどれだけ伝わっているかは微妙ですが、(北朝鮮との)戦争の危険が迫る中で、戦争の惨禍を繰り返さないようにという思いもあったのではないか。日本での反発は韓国では意外に映ったようです」

 今回の騒動を経て、日本はどう韓国に向き合うべきか。前出の元駐韓大使・武藤氏は言う。

 「今こそ日米韓が一致団結すべき時なのに、大変残念でした。安倍総理も『慰安婦合意の再交渉はない』と断言していますが、日本は、慰安婦・徴用工・竹島という3つの問題に関しては、抗議すべきは抗議し、毅然とした態度を貫くべきです」

 小林よしのり氏は、諦め気味にこう語る。

 「韓国にまともな大統領が出てくるまで待つしかない。今回、日本ではネトウヨが大喜びでしょう。ネトウヨと韓国の反日勢力が罵声を浴びせ合うのは見たくないね」

 安倍首相は、今回の騒動について、「だから韓国は信用できない」と吐き捨てるように菅官房長官に語ったという。

 前出の薬師寺氏は、今回の騒動よりも重要な問題があると警鐘を鳴らす。

 「有事の際に韓国の在留邦人をどう避難させるかについて、韓国が『受け入れられない』と、自衛隊機での邦人救出について話し合いを拒否していることのほうが深刻です。日韓で積み上げてきた関係を、今の文政権は壊そうとしている」

 北朝鮮情勢がきな臭くなっている状況で、日韓関係の悪化を望む人はいない。だが、「そこまでやるか!? の気持ちを日本人にもたらしてしまったのは、残念ながら事実だ。

 「週刊現代」2017年11月25日号より

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

米アトランタ空港、韓国人85人の入国を拒否し強制送還

nidanaki

1: 2017/11/22(水) 09:05:27.50 ID:CAP_USER

米アトランタ空港、韓国人85人の入国を拒否し強制送還
記載した訪問目的と空港入国審査時の回答が違い強制送還措置か

 韓国人85人が19日(現地時間)、米アトランタ空港で入国を拒否され、韓国に強制送還措置された。外交部(省に相当)は21日、「駐アトランタ総領事館が20日午前(現地時間)、『ESTA(電子渡航認証システム)でアトランタ空港から米国に入国しようとしていた韓国人85人の入国を拒否され、韓国に出国措置になった』という通知を(米国側から)受けた」として、具体的な経緯を把握していることを明らかにした。

 現地メディアなどによると、入国拒否された85人はデルタ航空(約50人)と大韓航空(約30人)を利用して19日、米アトランタ州のハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に到着したが、約24時間にわたり空港に待機させられ、21日に韓国に戻ったとのことだ。

 85人は全員、特定の団体に所属し、過去に研修会を目的として米国に入国した後、実際には野菜を販売するなど営利活動をしたことを米国側が問題視したという。外交部当局者は「彼らが記載した入国目的と実際の空港での入国審査で語られた入国目的が異なったため、入国が拒否された。政治的な理由ではないことを確認した」と説明した。

 外交部は「総領事館は今後このような事例が発生しないよう米合衆国税関・国境警備局(CBP)関係者に連絡し、具体的な入国拒否の経緯について把握した上で国民に広報を行う予定だ」と明らかにした。

金真明(キム・ジンミョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/22/2017112200742.html


2: 2017/11/22(水) 09:07:17.48 ID:a9QMAmqK

終わりの始まり?


10: 2017/11/22(水) 09:11:56.36 ID:zhu9rr4K

賢明な対応だな


11: 2017/11/22(水) 09:12:01.48 ID:iiyZXI9o

日本は朝鮮人出国オンリーにした方が治安が守られて良いと思うよ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年10月19日

【韓国】日本で嫌韓を主導する250万人はどのような人たちか

1: 2017/10/18(水) 11:05:21.36 ID:CAP_USER

日本で嫌韓を主導する250万人はどのような人たちか

イ・ホンチョン東京都市大学メディア情報学部教授

no title

嫌韓デモ隊が乗ったバスを取り囲んで抗議するカウンター

「崩韓論」「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」「韓国破産 こうして反日国は、政治も経済も壊滅する」「さらば、自壊する韓国よ!」「韓国は、いつから卑しい国になったのか」「赤い韓国 危機を招く半島の真実」「中国と韓国は息を吐くように嘘をつく」「韓国人に生まれなくてよかった」「言いがかり国家「韓国」を黙らせる本」「日本よ、もう謝るな!」「韓国・韓国人の品性」... 。

今年に入って日本で出版された、いわゆる「嫌韓書籍」のタイトルである。韓国と韓国人を刺激するこのような嫌韓書籍は、日本の書店に堂々とコーナーを飾っている。この中には数十万部売れたベストセラーもある。去る2月に出版された「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」という本は、これまでおよそ40万部が売れた。この本はケント・ギルバートという親日寄りのアメリカ人が日本は肯定的に、韓国と中国は批判的に眺めた内容を盛り込んでいる。おそらく日本の読者たちは、韓・中・日ではなく、第3者のアメリカ人の視点で韓・日、中・日関係を眺めたという点に関心を見せているのだろう。

筆者は昨年末からソウル大学ハクボン財団の支援を受けて、日本の嫌韓に関する研究を進めてきた。研究結果は先日、「日本出版メディアの嫌韓の現況と批判的考察」という見出しの論文で出した。 1992年、「嫌韓」という言葉が日本のメディアに初めて登場して以来、日本で起きている嫌韓の生産・消費構造を本格的に暴いたのは、筆者の研究が初めてのようだ。この論文は、日本のメディアからも注目を集めた。日本のある週刊誌は昨年9月、筆者の論文の内容を記事で紹介しながら、筆者とのインタビューも行った。当時、日本の週刊誌の記事の見出しは、「なぜ嫌韓書籍は 売れ続けるのか、第2次嫌韓書籍ブーム出版界席巻中」だった。

ソース:朝鮮日報 2017.10.15 15:54
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/10/13/2017101302562.html

続きます


2: 2017/10/18(水) 11:06:04.48 ID:CAP_USER

2次嫌韓ブーム

この記事のタイトル通り嫌韓を本格的に研究した立場で筆者が注目するのは、最近の嫌韓の流れが2次ブームになっているという点である。 2013年から2014年までに洪水のようにあふれ出てきた、いわゆる「ヘイト(hate)出版物」の1次ブームに乗って嫌韓書籍が多数登場して以来、最近になって嫌韓書籍2次出版ブームが再び起きている雰囲気だ。特に嫌韓2次ブームがムン・ジェイン政府発足に触発された側面があるということは注目に値する。これは日本の右翼たちにムン・ジェイン政府が否定的に見られていることに起因する。嫌韓を主導するいわゆる「ネット右翼」(オンラインで活動する右翼)は、ムン政府を「反日」「親北」と集中攻撃している。日本のメディアも韓国の今年5月の大統領選挙を前後して「文氏は「 親北・反日」を貫くのか」(読売)、「親北路線で韓国は乗り切れるのか」(日経)など批判的な社説を載せてきた。特にムン・ジェイン政府がミサイル発射や核実験を強行した北朝鮮に対して、依然として対話を強調すると「親北左派政権の融和策」として、強力な批判が提起されている。最近、日本の放送は「放送版嫌韓」と呼んでもいいほど韓国政府叩きに余念がない。

no title

日本の東京駅丸善書店に嫌韓書籍が陳列されている。

事実、排外主義をベースにした右傾化の動きは、単に日本だけの現象ではない。しかし、私たちが日本の嫌韓の流れに特に注目しなければならない理由がある。韓国と韓国人に対する差別と敵意を露骨に表現する嫌韓の動きは、地域の安全保障の責任を負わなければならない韓日両国のパートナーシップを弱体化させる結果を招く可能性があるからだ。北朝鮮のミサイル発射と核実験により、北東アジアの安保状況が質的に変化しているのに、韓日両国が外交・経済・軍事的な面で滑らかな共同歩調を取っていないという指摘が出ている。これは嫌韓で両国民の感情の溝が深まったことが一定の影響を及ぼしたと見ている。他の民族、他の国、他の宗教を排撃する排外主義は日本だけの現象ではありませんが、長期にわたって継続している嫌韓書籍出版とその人気は明らかに日本特有の現象である。このような現象を一部の保守的な日本人の極端な反応と片付けては嫌韓を正しく理解することができない。嫌韓は韓国・中国の経済外交力強化、日本国内の韓流の拡散と定着、アメリカの一国覇権主義の弱体化という国際関係の構造的な変動によって発生する歪みを知らせる信号である。私たちが嫌韓にもっと関心を払わなければならないのは、このような信号音を早く把握することにより、韓・米・日の同盟関係の亀裂を防止し、結果的に韓半島問題の当事者として声を高めることができるからである。

続きます


3: 2017/10/18(水) 11:06:35.73 ID:CAP_USER

エリート層に拡散

最近の2次嫌韓ブームで目立つのは、新しい嫌韓ムードが日本のエリート層にまで拡散している兆しである。代表的な例が日本初の女性首相候補に挙げられる、小池百合子東京都知事である。 「希望の党」を結成し、10月22日に行われる日本の総選挙で「打倒安倍」を叫んでいる小池は、よく知られているように安倍首相に劣らない極右だ。彼女は「関東大震災時の朝鮮人虐殺はなかった」という嫌韓論者の主張に賛同して、9月1日に開かれた「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊祭」に追悼文を送らなかった。慰霊祭が行われる東京都墨田区の区長も彼女に同調して追悼文を送らなかった。

今年で43回目を迎える「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊祭」に東京都知事が追悼文を送るのは、これまで一種類の慣例だった。小池知事も昨年は追悼文を送っている。しかし、小池は3月に自民党都議会議員が慰霊碑に書かれた朝鮮人犠牲者数の客観性を取り上げ、追悼文の発送を問題視すると態度を変えた。彼女は都議会で「追悼文の発送を再考しなければならない」という議員質疑があると、待っていたように「見直し」を指示した。 9月26日に開催された都議会本会議では、「様々な歴史的な認識があろうかと思う。どれがどういうのかというのは、歴史家がひもとくものではないか」と関東大震災当時の朝鮮人虐殺の見解を明らかにしなかった。

日本人はインターネットだけで簡単に探しても多くの嫌韓情報に接することができる。慰安婦問題だけでも歪曲された情報と写真が精巧な嫌韓論理とともによく整理されている。歴史的事実に精通していない一般の日本人がこのような嫌韓論理に反論するのは容易ではない。インターネットを検索し、自ら学習して韓国に対して敵対的な態度に急変する学生も今まで何度も見た。

単に学生だけではない。筆者が以前在籍していた大学の同僚の教授は、最初の授業で独島が日本の領土だという主張などの領土問題を扱った日本外務省のパンフレット資料を学生に配って、パンフレットの内容を一文字も欠かさず読み上げた。筆者が「講壇を韓日間の戦場にしてはいけない」と全教員会議の席上で抗議したほどだった。

日本で嫌韓が生産され消費される最も大きな場所は出版界である。日本出版界で嫌韓書籍が絶えないのは、日本出版界の不況とも無関係ではない。経営難に陥った日本の出版業界は金になるものであれば、どのような内容でも出版するという雰囲気だ。このような状況で数十万部以上販売されている嫌韓ベストセラーが登場すると、不況に陥った出版業者の目が丸く大きくなった。簡単に売れる可能性があるテーマで、低予算でも利益を出すことができる嫌韓書籍は、すでに日本出版界で魅力的なアイテムとして定着した。

続きます


5: 2017/10/18(水) 11:07:07.72 ID:CAP_USER

嫌韓生産地は出版界

嫌韓書籍は雰囲気が盛り上がる時に合わせて出版してこそ、販売を保証することができます。ブームに乗らなければならないということだ。出版社が時期を合わせて出版するためには、自社の人材だけではつとまらない。この時、出版社の負担を軽減してくれるのが、編集代行会社である。注文に合わせて決まった日に原稿を納品してくれる編集代行会社の存在は、出版社の息の根を開けさせる。これらの代行会社は、出版社からいろんな内容の嫌韓書籍を書いてくれという注文が来ると、それに合わせて情報を書いて原稿を作成する。零細業者が少なくないので、原稿に対する責任や罪悪感を感じる暇がない。それよりも、原稿の内容が出版社の注文に合っていることがより重要である。そうしてこそ、次の仕事を確保することができるからである。 2015年「大嫌韓時代」を出版して話題を集めた「在日特権を許さない市民の会」(略称在特会)会長の桜井誠も、ある出版社の企画者が抜擢したケースだ。嫌韓書籍の出版に火をつけたと評価される、いわゆる「マンガ嫌韓流」の著者、山野車輪も出版社の企画者によって発掘された。

特定の国や民族、宗教を対象にしていなくても、差別意識と排外主義は、人間の内面に存在する感情の部分である。問題はこのような感情が広範囲に広がって、メディアや知識人、政治家がこれを利用したり扇動したりすることにある。日本で「嫌韓」という言葉がメディアに初めて登場したのは1992年である。宮澤首相が韓国を訪問した直後のことである。 1992年11月8日の産経新聞は日本で嫌韓ムードが起きているいくつかの理由を挙げたが、最初は韓国側が日王に過去の歴史に対して繰り返し謝罪を要求することについて、保守層を中心に反発が起きているということだった。二番目は、88年のソウルオリンピックを契機に日本人に対して韓国の存在感が大きくなり、冷戦終結以降、韓国に対する日本人の認識が変化したのだった。そして最後に、従軍慰安婦問題で日本の自尊心を傷つけたのだった。

それでは日本人のうち、嫌韓を叫ぶ人々は何人だろうか。これらの数字を具体的に把握することは容易ではないが、彼らの活動がネット右翼の活動と重複するという点を考えると、ネット右翼の規模と推定することが可能である。日本の若い批評家、古谷経衡はこの前の投票傾向をもとに、ネット右翼の数を計算したことがある。彼は2014年の選挙で自民党よりも右翼的な次世代の党(現日本のこころ)が収めた比例代表の得票と、同じ年の1月に行われた東京都知事選挙でネット右翼の圧倒的支持を受けた田母神候補が納めた得票などを考慮して、ネット右翼の数を200万〜250万人と推定した。これを援用した場合、嫌韓日本人の数が最大250万人を超えないという推定が可能である。ネット右翼とは一体どんな人たちなのか。古谷経衡の分析によると、ネット右翼は平均的にこうだ。 「平均年収450万円、一流大学卒業者が60%、平均年齢は38歳、男性中心(60%以上)、東京・神奈川を中心とした首都圏の居住者が60%程度、職業は自営業者が多数。」

続きます


6: 2017/10/18(水) 11:07:57.77 ID:CAP_USER

ヘイトスピーチデモ隊

日本で嫌韓日本人に簡単に接することができるのは、「ヘイトスピーチ(憎悪演説)」のデモ現場である。人種差別的な発言が普通に出てくる、ここでの定番ネタが嫌韓だ。去る7月、筆者は家の近くの公園でヘイトスピーチデモが開かれるという知らせを聞いて、カメラを持って現場に駆けつけたことがあった。ところが、デモの予定時間を過ぎても主催者たちの動きは見られず、むしろヘイトスピーチに反対する人たち(これらを日本では「カウンター」と呼ぶ)の数だけがさらに増加した。カウンターが道路に出ないように、道路沿いに間隔を合わせて並ぶ警察の数も同時に増えた。

この日、ヘイトスピーチデモは予告された場所から500mも離れたところで行われた。日本で警察に届け出したところではなく、別の場所で集会が開かれることは非常に異例のことだ。しばらく経ってデモの場所が変更されたことに気付いた数百人のカウンターが現場に走って行き、最終的にはヘイトスピーチデモ行進を遮るカウンターの抗議デモは10分を超えずに終わった。警察の護衛を受けなければ、デモ隊を乗せたバスはカウンターに囲まれて現場を抜け出せなかったのだ。

日本では嫌韓が声を上げるほど、これらを防ぐカウンターの反対活動も活発になる。カウンターはヘイトスピーチデモを阻止するにとどまらない。カウンターの継続的な広報活動によって、ヘイトスピーチデモの参加者とカウンターの数字が一部の地域では逆転したことまであった。東京新宿のコリアタウンで嫌韓デモが姿を消したのはカウンターの活動が少なからず作用した。このような活動は、昨年5月にヘイトスピーチ対策法の通過という成果につながった。この法律では、日本に合法的に居住する特定の人種や民族、またはその子孫に対して差別を目的に生命、身体に危害を加えると知らせたり、侮辱するヘイトスピーチを許さないと宣言している。また、日本政府や自治体には、差別的行為を解消する責任と努力義務を課している。表現の自由を侵害する恐れがあるという指摘のため罰則規定は作らず、宣言的意味のみを持つ中途半端な法として実効性に疑問を提起する声もあるが、この法律の実際の効果は少なくない。法施行から1年で極右性向団体のデモや集会が急減したためである。

すべての韓国人が日本に対して好感を持たないように、すべての日本人が韓国に対して親近感を持たないのは当然のことである。韓国に対して嫌なことを言う人々の存在はありがたくない、彼らの存在が目により頻繁に入ってくるのは当然の感情である。しかし、ネット右翼の数で見られるように、これらの日本人は多数をなすものではないことは明らかである。彼らより韓国に親近感を持つ日本人の数が多く、嫌韓より親しい(親韓)の歴史はもっと長い。何十年もの間、関東大震災時に虐殺された朝鮮人の慰霊祭を続ける日本人や、日帝強占期と徴用者の遺骨を探して韓国に返還する運動を繰り広げる日本人もいる。また、慰安婦問題の真相を伝える活動をしている日本人も少なくない。嫌韓に対する関心と同じくらい知韓、親韓にもさらに関心を持たなければならない。それこそ「いい朝鮮人も悪い朝鮮人もすべて敵だ」という嫌韓デモ隊のスローガンと嫌韓書籍の出版を根絶させる基礎になるだろう。

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年10月04日

トランプ「韓国人には30日だと言うな。韓国人に30日与えれば、彼らは交渉をずるずる引き延ばす」

トランプ

1: 2017/10/03(火) 10:42:12.35 ID:aPlgHwht0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
ドナルド・トランプ米国大統領が韓国との自由貿易協定(FTA)再協議に関連し、側近に「狂気(madman)の戦略」を使よう注文していた事実が伝えられた。
1日(現地時間)、米オンラインメディア「アクシオス(AXIOS)」がホワイトハウス消息筋の言葉を引用して報じた。

これによると、そのような注文をつけたのは、先月初めにトランプ大統領がレックス・ティラーソン国務長官、
ジェームズ・マティス国防長官、ロバート・ライトハイザー通商代表部(USTR)代表など側近を呼んで、韓米FTAの廃棄をめぐって議論をしていた過程だったという。

また同メディアは、「トランプ大統領の交渉術が赤裸々に表れた場面」と評価しながら、トランプ氏とライトハイザー氏との間でやり取りされた会話を紹介した。

▼トランプ「あなたに30日与える。その間に(韓国から)譲歩を引き出すことができなければ私は(韓米FTAから)抜ける」

▼ライトハイザー「分かりました。では韓国側に30日間の時間を与えると伝えましょう」

▼トランプ「違う違う。交渉をそのようにしてはダメだ。30日を与えると言わずに『大統領がまともな精神状態ではないから(This guy’s so crazy)、今すぐにでも韓米FTAを廃棄できる』というように言え」

トランプ氏は引き続き「必ず“今すぐにでも(any minute)”と言わなければならない。私は今すぐにでも(韓米FTAを)廃棄することができる。
皆さん全員が、私がそうできるという事実を周知していなければならない」とし「韓国人には30日だと言うな。韓国人に30日与えれば、彼らは交渉をずるずる引き延ばすだろう」と強調した。

トランプ大統領は昨年の大統領選挙遊説中に「米国は予測不可能な(unpredictable)国にならなければならない」と述べて、自身の外交政策方向を説明したことがある。
自分の手の内を相手には知らせず、自分を「何でもできる人物」に見せかけることによって、相手国が事前に対応できないようにさせるという主張だった。

アクシオスは「トランプのこのような話法は同盟国を不快にさせ、敵国を刺激し、不必要な戦争を引き起こすおそれがある」と指摘した。

http://japanese.joins.com/article/044/234044.html


5: 2017/10/03(火) 10:45:15.04 ID:bW4cyLme0

一番良いのは関わらないこと


53: 2017/10/03(火) 11:04:22.09 ID:c1ItpCbh0

>>5
現代人はそれだな
だがトランプは奴隷にしようとしてるんだ
それが1番正しい在り方だとシナチョンが公言、証明している


6: 2017/10/03(火) 10:45:16.27 ID:zmfamhR80

よく分かってらっしゃる

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌韓