嫌韓 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年08月15日

「感謝の気持ちを知らない国」韓国〜韓流熱風の中心地・台湾にある根深い反韓感情の理由

1: 2018/08/13(月) 23:21:13.10 ID:CAP_USER

台湾はKOTRA「2015年韓流の経済的効果に関する研究報告」で韓流指数世界11位に上がるほど韓流熱風の中心地だ。しかし、同時に「反韓感情」も広く広まっている。韓国製品と韓国文化については興味が高いが韓国の国家と韓国人については否定的認識が広く共有されている。さらに一部の台湾人の間では韓国に対する誤った認識があたかも定説のように広まっている。

2015年台湾学者クォ・チュウォン(郭秋〓)は台湾人の韓国人に対する印象を調査した結果、強い民族性、愛国、勝負欲、積極性、体面重視などのキーワードが出てきた。2017年、彼が再び調査した結果、酒、体面重視、整形、保守的、団結、急な性格、排他的、利己的、勝負欲などの返事が出てきた。

彼は「韓流熱風」に包まれた台湾で全般的には韓国を嫌う現象が現れる理由について「個人として韓流が好きでも集団の流れにより集団の反韓に従わなければならないため」と分析した。

特に反韓感情が激しい世代は40〜50代という。それなら台湾に反韓感情が広がった理由は何だろうか。複合的原因がいろいろからまっていると見られるが、最も大きな理由は感謝の気持ちを知らないことに対する一種の背信と見られる。台湾人と対話してみれば「1992年、韓国-台湾断交」に関する話がしばしば出る。

1949年、中華民国だった時期に修交して長い間、友好国として過ごした韓国が突然断交を通知し、その過程が道義的でなかったということだ。これについて韓国人の多数は「『一つの中国』原則により、中国の圧迫が厳しかった」とか「台湾との断交がドミノのようになされた局面で、むしろ信義を長く守った方だ」と受け返す。

莫大な外貨準備高を土台に他国と友好的外交関係を維持した台湾だったが、それまで共産主義国家とだけ交流した中国が1978年、経済現代化を旗じるしに改革開放政策を始め、国際社会に出てくる過程で急激に力を失った。多くの国家は「中国か台湾か」を選択しなければならなかったし、大多数の国家は修交と通商を通じて「規模の経済」を実現できる中国を選んだ。韓国もやはりこのような流れにより台湾と断交して「非公式な最高の関係」に切り替えた。

わずか何カ月か前の同年5〜6月にもドミニカ、パナマなどが続けて台湾と断交して中国と修交した。もう台湾と公式外交関係を結んだ国は20にもならない。しかし、この様な過程で韓国に特にさびしい感情を感じたのはそれまでの友好感がだいぶ大きかったし、政治的同盟が力強かったためだ。

多くの韓国人は知らないが、台湾(中国国民党)は大韓民国臨時政府を物心両面で支援した。当時、大韓帝国のように日本帝国の植民支配を受けていた台湾は1932年、尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の上海虹口公園義挙(4・29義挙)について深く感銘受け、本格的に大韓民国臨時政府を通じた抗日独立運動支援に出た。台湾初代総統、蒋介石は義挙について「中国100万大軍も出来なかったことを朝鮮青年がやり遂げた」と讃えた。

しかし、他国の亡命政府支援は容易ではなかったので国際社会の目を避けて「中国国民党」や蒋介石個人の名義、あるいは彼の夫人スン・メイリン女史の名義で支援金を支給した。白凡金九(キム・グ)先生の秘書室長だったミン・ピロ先生は「私たちの対中国外交は「求吃的外交(貰う外交)だ」と言って、家族の生活費や事務室維持費用などを全部台湾の支援に頼ったと明らかにしたことがある。両国の独立後も韓国と台湾はどちらも共産陣営との戦いに突入する境遇に処した。
(中略)
>>2-5あたりに続く

ソース:マネー・トゥデー(韓国語) 「どうしても勝ちたい」…韓国が憎らしい国http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2018080911101164489


2: 2018/08/13(月) 23:21:23.24 ID:CAP_USER

>>1の続き
中華民国は「反共」の次元で似たような状況に置かれた韓国を1949年1月に米国に次いで世界で2番目に国として承認し、早めに公式外交関係を樹立した。このような過程を経て、台湾は抗日・反共同盟に編入され両国の関係が変わることがない強固なものと認知されるようになった。

ここで、このような「感謝の気持ちを知らない国、韓国」というイメージがあるのは日帝植民地を眺める視点の差も寄与したようだ。台湾の歴史教科書と中国・韓国の教科書の間には日帝植民地時代を眺める視点の差が大きい。三カ所の歴史教科書全てに日本植民地期間の収奪と抑圧があり、これに伴う抵抗が強かったと記述されている。しかし、台湾は日帝が「近代化に寄与した」と記述する。

実際に台湾の多数(80〜85%)を占める内省人(中国の明・清時期に移住した漢族や先住民など生え抜き)の中には日帝植民地の時よりはその後、外省人(1949年国民党が本土で敗走するとすぐに国民党政府とともに移住した大陸人)らが台湾に入ってきて内省人を圧迫したと考え、この時期をより一層苦痛に感じる人が少なくない。このために私たちより日本に対する反感が少ない方だ。

その他にも「韓国に対する劣等感」も台湾の反韓感情の原因に選ばれる。
(後略)

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年07月24日

白人男性が韓国人女性の頭に唾を吐きかけ問題に 男性が「国から消え去れ」と罵倒

1: 2018/07/23(月) 17:24:36.09 ID:CAP_USER

ニューヨークの駅で白人男性が韓国人女性に対して侮辱する行為を取ったとしてその動画がFacebookに公開され問題となっている。

7月7日に撮影された動画はニューヨークのコニーアイランド駅での出来事で、白人男性が電車から下車する際に韓国人女性の頭に唾を吐きかけるという内容。

>>>0�女性は「アナタ ナニスルカ!」と抗議するも白人男性は女性を突き倒して階段を駆け上がるようにのぼっていってしまった。

撮影された映像と共に「1人の男性がマンハッタンから乗車し、コニーアイランド駅で下車する際に頭に唾を吐きかけた」とFacebookに投稿した。

また男性は女性に対して「私の国から消え去れ(Get the fuck out of my country)」と人種差別発言もしていた。映像には唾を吐きかける瞬間は含まれて折らず、乗車後の男性と女性との口論からの撮影となっている。

女性は警察に行き被害届けをだし、捜査が行われるという。しかし2週間経った今も捜査に進展が無いと伝えられた。

どうやら電車の中で女性と男性で少しトラブルがあったようで、男性がそれに苛立ち唾を吐きかけたようだ。


2018/07/23 17:07:07
http://gogotsu.com/archives/41652

>>>0�動画
https://twitter.com/twitter/statuses/1021306326423441408


2: 2018/07/23(月) 17:26:56.25 ID:6ief2QC7

>>1
日本もザイニチにはそう思う


4: 2018/07/23(月) 17:27:08.99 ID:hKqfg1rL

ゴキブリがまた迷惑かけたのか


5: 2018/07/23(月) 17:27:13.61 ID:iZGwOOhh

嫌われ者チョチョンガー

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年06月20日

韓日の相互好感度逆転、「韓国の印象良い」と答える日本人減少

1: 2018/06/19(火) 01:40:06.78 ID:CAP_USER

 韓国人の日本人に対する好感度が順調に改善している一方で、日本人の韓国に対する好感度は下がり、今年は逆転現象が起きたことが分かった。また、「北朝鮮の核問題は解決しない」と考える人の割合は韓国人が23.2%だったのに対し、日本人は65.1%と大きな差が付いた。

 韓国の東アジア研究院・韓国高等教育財団と日本の非営利団体・言論NPOは18日、韓日国民相互認識調査」の結果を発表した。同調査は2013年から毎年実施されており、今年で6回目。調査は5月19日から6月3日にかけ、韓国と日本の成人男女2014人を対象に行われた。

 報告書によると、日本に対する印象を「良い」と答えた韓国人の割合は、16年の21.3%、17年の26.8%に続き、今年は28.3%と毎年増加。一方、韓国の印象について「良い」と答えた日本人は16年の29.1%、17年の26.9%に続き、今年は22.9%と減少し続け、好感度が逆転するという現象が見られた。印象が良くない理由としては、韓国人(70.0%)、日本人(69.3%)とも「歴史問題」を1位に挙げた。好感を持つ理由としては、韓国人は「日本人の親切で真面目な国民性」(73.5%)、日本人は「韓国文化に関心があるため」(50.7%)をそれぞれ1位に挙げた。

 東アジア研究院のソン・ヨル院長は「日本を何度も訪れて情報を得ている韓国の20−30代の若者層で、日本に対する好感度が上がった結果だ」と述べた。また、言論NPOの工藤泰志代表は「日本人が韓国を嫌っているのではなく、歴史問題などによって関係改善が困難だと考え、関心が薄れた」と分析した。

 現在の韓日関係について「悪い」と考える韓国人は54.8%、日本人は40.6%で、昨年に比べそれぞれ10.8ポイント、17.1ポイント減少し、改善の兆しが見られた。解決すべき問題としては、独島(日本名:竹島)問題(韓国82.1%、日本38.7%)、歴史認識および教育問題(韓国78.1%、日本54.7%)、旧日本軍慰安婦問題(韓国73.5%、日本42.2%)を挙げる人が多かった。

兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓日の相互好感度逆転、「韓国の印象良い」と答える日本人減少>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/18/2018061803163.html


5: 2018/06/19(火) 01:48:33.64 ID:cp94D0k3

こんな状況を作り出した朝日新聞さんは責任をとれ
日本人が韓国を嫌うように仕向けた朝日新聞さんは責任をとれ


6: 2018/06/19(火) 01:48:58.73 ID:kBBynwN+

あいつらの考える良い関係というのは
一方的に日本を利用するというあいつらの都合のいいものだからな
あいつらはアイゴーアイゴー叫んで暮らすくらいがちょうどいいんだよ


7: 2018/06/19(火) 01:50:44.35 ID:NpbUQhuN

いまさら?

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年06月19日

日韓の相互好感度逆転「韓国の印象良い」と答える日本人が減少

1: 2018/06/18(月) 21:46:22.27 ID:6CWZBrwi0● BE:201615239-2BP(2000)

 韓国人の日本人に対する好感度が順調に改善している一方で、日本人の韓国に対する好感度
は下がり、今年は逆転現象が起きたことが分かった。また、「北朝鮮の核問題は解決しない」
と考える人の割合は韓国人が23.2%だったのに対し、日本人は65.1%と大きな差が付いた。

 韓国の東アジア研究院・韓国高等教育財団と日本の非営利団体・言論NPOは18日、韓日国民
相互認識調査」の結果を発表した。同調査は2013年から毎年実施されており、今年で6回目。
調査は5月19日から6月3日にかけ、韓国と日本の成人男女2014人を対象に行われた。

 報告書によると、日本に対する印象を「良い」と答えた韓国人の割合は、16年の21.3%、17年
の26.8%に続き、今年は28.3%と毎年増加。一方、韓国の印象について「良い」と答えた日本人
は16年の29.1%、17年の26.9%に続き、今年は22.9%と減少し続け、好感度が逆転するという
現象が見られた。印象が良くない理由としては、韓国人(70.0%)、日本人(69.3%)とも
「歴史問題」を1位に挙げた。好感を持つ理由としては、韓国人は「日本人の親切で真面目な
国民性」(73.5%)、日本人は「韓国文化に関心があるため」(50.7%)をそれぞれ1位に挙げた。

 東アジア研究院のソン・ヨル院長は「日本を何度も訪れて情報を得ている韓国の20−30代の
若者層で、日本に対する好感度が上がった結果だ」と述べた。また、言論NPOの工藤泰志
代表は「日本人が韓国を嫌っているのではなく、歴史問題などによって関係改善が困難だと
考え、関心が薄れた」と分析した。

 現在の韓日関係について「悪い」と考える韓国人は54.8%、日本人は40.6%で、昨年に比べ
それぞれ10.8ポイント、17.1ポイント減少し、改善の兆しが見られた。解決すべき問題としては、
独島(日本名:竹島)問題(韓国82.1%、日本38.7%)、歴史認識および教育問題(韓国78.1%、
日本54.7%)、旧日本軍慰安婦問題(韓国73.5%、日本42.2%)を挙げる人が多かった。

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018061803163


2: 2018/06/18(月) 21:47:27.56 ID:fFoeLSxm0

あれ?
K-POP人気は?


3: 2018/06/18(月) 21:48:00.94 ID:kUJb6sD/0

上がる要素が何一つないわ


5: 2018/06/18(月) 21:48:50.99 ID:/gBO7Okc0

ん?第三次寒流ブーム来てるって言ってなかった?www

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年06月10日

「コリアを許さない」 差別落書き、新たに35件 川崎、同一の文言も

1: 2018/06/09(土) 18:30:29.13 ID:CAP_USER

6/9(土) 15:39配信 カナロコ by 神奈川新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00026570-kana-l14
【時代の正体取材班=石橋 学】川崎市高津区内の公園のベンチなどで在日コリアンを差別する落書きが見つかった問題で市は8日、
新たに21カ所で35件の差別落書きが見つかった、と発表した。市によると、記録が残る過去5年間の差別落書きは計3件だった。

 中原、高津、多摩区では橋の欄干や公園のベンチで確認され、白字で「朝鮮人こそレイシスト」などと書かれていた。
6、7日に高津区で発見された11件と文言が同一かほぼ同じで、筆跡も似ているという。

 川崎区では、市の広報掲示板に貼られた法務省作成ポスターの「ヘイトスピーチ、許さない」というキャッチフレーズに「コリアを」と書き加えられ、
「コリアを許さない」と読めるようになっていた。近くの小学校には在日コリアンの児童が多く在籍しており、
地域住民から「下校時間までに対処してほしい」と通報があったという。

 市は人権侵犯事案として一部を横浜地方法務局川崎支局に通報し、消去またはシールを張って人目に触れない措置を取った。


9: 2018/06/09(土) 18:34:29.45 ID:XjFMPV7x

そんなことより貴様ら!今度はチとテはちゃんと判別できるのか?


10: 2018/06/09(土) 18:34:43.27 ID:lzkeJnWb

コリアって呼ばせようとしてるのはチョンだぞ
自作自演だな


13: 2018/06/09(土) 18:34:56.99 ID:zX6tVRCi

防犯カメラには写っているだろうけど、こんなんじゃ警察動かないだろうな。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

『二度目の人生を異世界で』だけではない ネット小説登竜門サイトに見られるネトウヨ的傾向

1: 2018/06/09(土) 10:16:03.91 ID:CAP_USER

◆『二度目の人生を異世界で』だけではない。ネット小説登竜門サイトに見られるネトウヨ的傾向

10月にアニメ化が決定していた人気ライトノベル『二度目の人生を異世界で』が、放送中止になった。
原因は、原作者まいん氏のTwitterでの中国・韓国へのかなり直接的なヘイトスピーチ。

過去のツイートだけではなく、本作の主人公の設定で、日中戦争時における残虐行為を想起させる部分などがあったことも炎上を呼ぶ結果となった。
これを契機に、作品の政治性を問われ炎上し、声優の降板のアナウンスに続いて、アニメも放送中止になった。

原作者まいん氏は、この件を受け不適切な表現があったと謝罪、原作小説についても「自らの拙い文章表現と軽率な発言により、不快感を与える文章となってしまっている」ことを認めた。
また、原作小説についても出版元のホビージャパンは刊行された計18巻を出荷停止にすることを決めた。

この一連の事件を受け、ネットでは、「ヘイトスピーチだから当然」から、「創作物の出荷停止まで行くのはやりすぎ」までさまざまな意見が出ている。
今回は作者のヘイトスピーチが問題視されたケースだが、アニメ関連で嫌中・嫌韓的なレイシズム思想がきっかけとなり、抗議の声があがったり炎上した事件は、発端となった批判の思想的左右を問わず、今回が初めてではない。

■嫌韓ムードが作品中の「韓国料理」を批判することも

最近では、『弱虫ペダル』内で旭日旗がギャグシーンに掲載され炎上。
自衛官の主人公が活躍し、自衛隊員募集ポスターにも採用された『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』では、歴史認識に歪曲があるとして韓国のメディアに取り上げられた。
『ヘタリア Axis Powers』では韓国を擬人化したキャラクターが侮辱的だと炎上するなど、中韓のアニメファン掲示板やメディアが取り上げた作品は多い。

逆に、ネット右翼層の嫌韓感情を刺激されての炎上も多い。
『さくら荘のペットな彼女』では、原作ではシンプルなおかゆだった介護食がサムゲタンに改変されたことで、「韓国料理を出すな」と炎上した。
他にもアニメの背景に韓国の制作会社を起用し、看板などにハングル文字が書き込まれたと炎上するアニメは枚挙にいとまがない。

これらの騒動を経て、深夜アニメにおいて中国・韓国や政治的なものを想起させるネタは一種タブー化している。
『WWW.WORKING!!』では原作では韓国の帰国子女であるキャラクターが、どこの国からの帰国子女か明かされないまま登場することになった。

それだけ、日本の深夜アニメにとって中国・韓国の描写はナイーヴにならざるを得ないだけのリスクがあるというわけだ。
この傾向は、名作といわれる田中芳樹『銀河英雄伝説』の再アニメ化『銀河英雄伝説 Die Neue These』も例外ではない。
主人公ヤン・ウェンリーが国家斉唱のさいに席を立たなかった描写から「パヨク」と批判されプチ炎上している。

■ネット右翼的作品の多いネット投稿小説

今回問題になった『二度目の人生を異世界で』は、ネットの小説投稿サイト『小説家になろう』での人気作を商業出版化したもの。
アニメ・ライトノベルファンの多い本サイトは、現在ライトノベル業界で大きな勢力を誇っており、ライトノベル商業売り上げのトップ20の過半数を占める登竜門の役割も担っている。

編集者不在で、投稿者が好きな設定の小説を自由に投稿できるため、ネット右翼的な思想を基にした作品も多く、それらがどんどん商業化されている流れも今回の事件とは切り離しがたいだろう。
『小説家になろう』内でのネット右翼的作品は、人気を得るためとアマチュアである作者の力量からか、とにかく直接的な表現が多い。

筆者が購読していた作品だけでも「世界中から感謝されず酷使された日本が国ごと異世界に転移して、科学力と精神性で快進撃」したり、「韓国済州島に出現した異世界の門に、スラム街から特別徴兵した韓国軍が入り、異世界で虐殺を行う。それを防ぐために日本の高校生が戦」ったり、「異世界に転生したら、現実世界地図を裏返したような地理だが、なぜか朝鮮半島だけが存在しない」という設定などが目白押し。

ゴブリンやオーガ、敵国のキャラクター付けが中国・韓国なのは序の口だ。
これらの作品が人気を獲得すると商業出版されていくと、今回の「二度目の人生を異世界で」のようなケースに発展しやすいことは想像に難くない。

ハーバービジネスオンライン 2018年06月08日
https://hbol.jp/167691

※続きます


2: 2018/06/09(土) 10:16:23.43 ID:CAP_USER

※続きです

■メジャー作の原点にもある「嫌中」的な設定

『小説家になろう』出身のネット投稿小説の最大ヒットの一つで、アニメ化から劇場化も果たした『魔法科高校の劣等生』では、原作内でテロなどを企む大亜連合は、『なろう』掲載時には中華連合という名称だったもので、商業出版時に一応の配慮が行われたことがうかがえるものの、全体的なストーリーに変更はなかった。
同作のアニメ化では、背景である大亜連合の描写を大きく省く処理がなされていたため、嫌中・嫌韓ではないかとの指摘はたびたびあったが、主人公の特異なキャラクター性に注目が集まり大きな炎上には至らなかった。
しかし、このようなビッグタイトルにも、問題化してもおかしくない構造が隠れているのだ。

このことから考えれば、今回の『二度目の人生を異世界で』の場合、筆者の過去のヘイトスピーチもさることながら、作中の日中戦争の残虐行為を想起させるような箇所を、商業出版の際に編集者が何も口添えせず手を入れなかったことにも責任の一端はあるだろう。
そうしたことを抜きにして、批判の声が上がったからと、きちんとした声明も出さずに出荷停止にする判断は、問題がないとは言えないだろう。

著者自身がネット右翼的な思想を持っているか否かは内心の自由ではあるし、そうした考えを背景にした作品が出版されることの是非や、アニメ放送されることの賛否はさまざまな意見・立場がありうるだろう。
また、過剰反応する視聴者側の問題も小さくはないだろう。

しかし、日本兵がもはや規格外の化物的存在に描かれすぎて中国でもネタ扱いしたり批判する人もいる抗日ドラマや、韓国の『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』のような、日本にミサイルを打ち込むような設定の小説を批判するなら、まずは国内のヘイトスピーチ傾向のある作品をこそ注視する必要があるのではないか。
そして、これらの作品が問題化しやすい背景には、ヘイトスピーチが孕む問題に無自覚なまま書かれたネット投稿作品がそのまま商業化、アニメ化されて広く普及していく中で、商業媒体側がコントロールする努力を怠り、直接的なヘイトスピーチ的言説がそのまま残されてしまう構造にも問題があるのではないだろうか。

※おわり〆

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年06月08日

好転しない韓国人・中国人への排外主義・・・若い世代を中心とした右傾化傾向が続いている・・・早稲田大学

1: 2018/06/06(水) 15:48:35.66 ID:CAP_USER

米軍基地が沖縄県に集中している問題で、沖縄県民の7割が不平等と感じているのに対し、全国では半数程度にとどまり、
認識に大きな差があることが、早稲田大学文学学術院の田辺俊介教授らの2017年意識調査で分かった。

戦後教育の見直しを求める声は2009年の調査より減ったが、中国人や韓国人に対する排外意識が強く、
若い世代を中心とした右傾化傾向が続いているようだ。

調査は2009年から4年ごとに継続して進めているもので、2017年分は選挙人名簿から抽出した全国1万500人のうち、
沖縄県民504人を含む4,385人から回答を得た。

それによると、沖縄に集中する米軍基地問題では、沖縄県民の54.9%が「不平等」、
18.9%が「やや不平等」と答えたのに対し、全国では「不平等」が21.8%、「やや不平等」が30.1%にとどまった。

沖縄経済が米軍基地なしの成り立つかどうかでは、沖縄県民の10.3%が「成り立たないと思う」、
21.1%が「成り立たないとやや思う」と回答したが、全国では「成り立たないと思う」が14.0%、
「成り立たないとやや思う」が35.5%と大きく沖縄を上回っていた。

若者を中心に日本の右傾化傾向が指摘されているが、愛国心教育の推進を求める声は2009年の59%から49%に下がった。
その一方で、外国人の増加については、中国人に対して75.0%、韓国人に対して66.7%が反対の意向を示し、2013年調査で急増した排外的意識が継続している。

マスメディアの報道については47.9%が「信頼できない」「やや信頼できない」と答え、特に若年層で拒否反応が強かった。
安倍晋三首相に対して「嫌い」と評価する声が34.9%と2013年の1.5倍に増えたが、自民党の好感度に大きな変化はなかった。
https://bioimpact.jp/news/detail/547447

日本人の国際化、政治、社会に関する意識 全国を対象とした2009年からの継続調査を分析
https://www.waseda.jp/top/news/59444
no title


好転しない韓国人・中国人への排外主義

2009年頃から盛んになったヘイトスピーチの問題とも関連し、特に近隣諸国の人々(韓国人・中国人)への排外主義が社会的に大きな問題となっている。
本調査では「あなたが生活している地域に、以下のような人々が増えることに賛成ですか、反対ですか」とたずねた上で
「1.賛成、2やや賛成、3やや反対、4反対」という4つの選択肢からの回答を求めた。

調査の結果、ヘイトスピーチ問題が議論され始めた2009年に比べ、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事故(2010年)が大きく報道された後の2013年調査では、
中国人の増加に反対する意見が急増(2009年の反対+やや反対65.7%から2013年では75.8%と10ポイントの増加)し、2017年でも75.0%と同水準を維持している。

韓国人に対する意見も同様の変化を示しており、2009年では「反対+やや反対」で55.3%だったものが、
2013年で66.7%、2017年でも66.7%とほぼ変化がなかった。

2009年と2013年の間の排外主義的回答の急増は、中国(尖閣諸島問題)・韓国(竹島問題)などの領土問題がクローズアップされた結果と考えられる。
さらに2017年でもその悪化した状況が継続していることが、2017年の結果にも影響したと推察される。


2: 2018/06/06(水) 15:50:24.71 ID:Q5p2GapJ

日本人への韓国人・中国人の排外主義は調査しないのか?


3: 2018/06/06(水) 15:50:42.95 ID:OlqCERJ+

いーえ
やって来た事がバレて
広く周知されつつあるという事です
やった事は消せません

ヘイトではありません
彼等がやらかして来た事に対する
正当な怒りです。


4: 2018/06/06(水) 15:51:40.01 ID:enK5tBGF

シナチョン人の反日主義はいつ改まりますか?

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓