嫌韓 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年10月19日

【韓国】日本で嫌韓を主導する250万人はどのような人たちか

1: 2017/10/18(水) 11:05:21.36 ID:CAP_USER

日本で嫌韓を主導する250万人はどのような人たちか

イ・ホンチョン東京都市大学メディア情報学部教授

no title

嫌韓デモ隊が乗ったバスを取り囲んで抗議するカウンター

「崩韓論」「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」「韓国破産 こうして反日国は、政治も経済も壊滅する」「さらば、自壊する韓国よ!」「韓国は、いつから卑しい国になったのか」「赤い韓国 危機を招く半島の真実」「中国と韓国は息を吐くように嘘をつく」「韓国人に生まれなくてよかった」「言いがかり国家「韓国」を黙らせる本」「日本よ、もう謝るな!」「韓国・韓国人の品性」... 。

今年に入って日本で出版された、いわゆる「嫌韓書籍」のタイトルである。韓国と韓国人を刺激するこのような嫌韓書籍は、日本の書店に堂々とコーナーを飾っている。この中には数十万部売れたベストセラーもある。去る2月に出版された「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」という本は、これまでおよそ40万部が売れた。この本はケント・ギルバートという親日寄りのアメリカ人が日本は肯定的に、韓国と中国は批判的に眺めた内容を盛り込んでいる。おそらく日本の読者たちは、韓・中・日ではなく、第3者のアメリカ人の視点で韓・日、中・日関係を眺めたという点に関心を見せているのだろう。

筆者は昨年末からソウル大学ハクボン財団の支援を受けて、日本の嫌韓に関する研究を進めてきた。研究結果は先日、「日本出版メディアの嫌韓の現況と批判的考察」という見出しの論文で出した。 1992年、「嫌韓」という言葉が日本のメディアに初めて登場して以来、日本で起きている嫌韓の生産・消費構造を本格的に暴いたのは、筆者の研究が初めてのようだ。この論文は、日本のメディアからも注目を集めた。日本のある週刊誌は昨年9月、筆者の論文の内容を記事で紹介しながら、筆者とのインタビューも行った。当時、日本の週刊誌の記事の見出しは、「なぜ嫌韓書籍は 売れ続けるのか、第2次嫌韓書籍ブーム出版界席巻中」だった。

ソース:朝鮮日報 2017.10.15 15:54
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/10/13/2017101302562.html

続きます


2: 2017/10/18(水) 11:06:04.48 ID:CAP_USER

2次嫌韓ブーム

この記事のタイトル通り嫌韓を本格的に研究した立場で筆者が注目するのは、最近の嫌韓の流れが2次ブームになっているという点である。 2013年から2014年までに洪水のようにあふれ出てきた、いわゆる「ヘイト(hate)出版物」の1次ブームに乗って嫌韓書籍が多数登場して以来、最近になって嫌韓書籍2次出版ブームが再び起きている雰囲気だ。特に嫌韓2次ブームがムン・ジェイン政府発足に触発された側面があるということは注目に値する。これは日本の右翼たちにムン・ジェイン政府が否定的に見られていることに起因する。嫌韓を主導するいわゆる「ネット右翼」(オンラインで活動する右翼)は、ムン政府を「反日」「親北」と集中攻撃している。日本のメディアも韓国の今年5月の大統領選挙を前後して「文氏は「 親北・反日」を貫くのか」(読売)、「親北路線で韓国は乗り切れるのか」(日経)など批判的な社説を載せてきた。特にムン・ジェイン政府がミサイル発射や核実験を強行した北朝鮮に対して、依然として対話を強調すると「親北左派政権の融和策」として、強力な批判が提起されている。最近、日本の放送は「放送版嫌韓」と呼んでもいいほど韓国政府叩きに余念がない。

no title

日本の東京駅丸善書店に嫌韓書籍が陳列されている。

事実、排外主義をベースにした右傾化の動きは、単に日本だけの現象ではない。しかし、私たちが日本の嫌韓の流れに特に注目しなければならない理由がある。韓国と韓国人に対する差別と敵意を露骨に表現する嫌韓の動きは、地域の安全保障の責任を負わなければならない韓日両国のパートナーシップを弱体化させる結果を招く可能性があるからだ。北朝鮮のミサイル発射と核実験により、北東アジアの安保状況が質的に変化しているのに、韓日両国が外交・経済・軍事的な面で滑らかな共同歩調を取っていないという指摘が出ている。これは嫌韓で両国民の感情の溝が深まったことが一定の影響を及ぼしたと見ている。他の民族、他の国、他の宗教を排撃する排外主義は日本だけの現象ではありませんが、長期にわたって継続している嫌韓書籍出版とその人気は明らかに日本特有の現象である。このような現象を一部の保守的な日本人の極端な反応と片付けては嫌韓を正しく理解することができない。嫌韓は韓国・中国の経済外交力強化、日本国内の韓流の拡散と定着、アメリカの一国覇権主義の弱体化という国際関係の構造的な変動によって発生する歪みを知らせる信号である。私たちが嫌韓にもっと関心を払わなければならないのは、このような信号音を早く把握することにより、韓・米・日の同盟関係の亀裂を防止し、結果的に韓半島問題の当事者として声を高めることができるからである。

続きます


3: 2017/10/18(水) 11:06:35.73 ID:CAP_USER

エリート層に拡散

最近の2次嫌韓ブームで目立つのは、新しい嫌韓ムードが日本のエリート層にまで拡散している兆しである。代表的な例が日本初の女性首相候補に挙げられる、小池百合子東京都知事である。 「希望の党」を結成し、10月22日に行われる日本の総選挙で「打倒安倍」を叫んでいる小池は、よく知られているように安倍首相に劣らない極右だ。彼女は「関東大震災時の朝鮮人虐殺はなかった」という嫌韓論者の主張に賛同して、9月1日に開かれた「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊祭」に追悼文を送らなかった。慰霊祭が行われる東京都墨田区の区長も彼女に同調して追悼文を送らなかった。

今年で43回目を迎える「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊祭」に東京都知事が追悼文を送るのは、これまで一種類の慣例だった。小池知事も昨年は追悼文を送っている。しかし、小池は3月に自民党都議会議員が慰霊碑に書かれた朝鮮人犠牲者数の客観性を取り上げ、追悼文の発送を問題視すると態度を変えた。彼女は都議会で「追悼文の発送を再考しなければならない」という議員質疑があると、待っていたように「見直し」を指示した。 9月26日に開催された都議会本会議では、「様々な歴史的な認識があろうかと思う。どれがどういうのかというのは、歴史家がひもとくものではないか」と関東大震災当時の朝鮮人虐殺の見解を明らかにしなかった。

日本人はインターネットだけで簡単に探しても多くの嫌韓情報に接することができる。慰安婦問題だけでも歪曲された情報と写真が精巧な嫌韓論理とともによく整理されている。歴史的事実に精通していない一般の日本人がこのような嫌韓論理に反論するのは容易ではない。インターネットを検索し、自ら学習して韓国に対して敵対的な態度に急変する学生も今まで何度も見た。

単に学生だけではない。筆者が以前在籍していた大学の同僚の教授は、最初の授業で独島が日本の領土だという主張などの領土問題を扱った日本外務省のパンフレット資料を学生に配って、パンフレットの内容を一文字も欠かさず読み上げた。筆者が「講壇を韓日間の戦場にしてはいけない」と全教員会議の席上で抗議したほどだった。

日本で嫌韓が生産され消費される最も大きな場所は出版界である。日本出版界で嫌韓書籍が絶えないのは、日本出版界の不況とも無関係ではない。経営難に陥った日本の出版業界は金になるものであれば、どのような内容でも出版するという雰囲気だ。このような状況で数十万部以上販売されている嫌韓ベストセラーが登場すると、不況に陥った出版業者の目が丸く大きくなった。簡単に売れる可能性があるテーマで、低予算でも利益を出すことができる嫌韓書籍は、すでに日本出版界で魅力的なアイテムとして定着した。

続きます


5: 2017/10/18(水) 11:07:07.72 ID:CAP_USER

嫌韓生産地は出版界

嫌韓書籍は雰囲気が盛り上がる時に合わせて出版してこそ、販売を保証することができます。ブームに乗らなければならないということだ。出版社が時期を合わせて出版するためには、自社の人材だけではつとまらない。この時、出版社の負担を軽減してくれるのが、編集代行会社である。注文に合わせて決まった日に原稿を納品してくれる編集代行会社の存在は、出版社の息の根を開けさせる。これらの代行会社は、出版社からいろんな内容の嫌韓書籍を書いてくれという注文が来ると、それに合わせて情報を書いて原稿を作成する。零細業者が少なくないので、原稿に対する責任や罪悪感を感じる暇がない。それよりも、原稿の内容が出版社の注文に合っていることがより重要である。そうしてこそ、次の仕事を確保することができるからである。 2015年「大嫌韓時代」を出版して話題を集めた「在日特権を許さない市民の会」(略称在特会)会長の桜井誠も、ある出版社の企画者が抜擢したケースだ。嫌韓書籍の出版に火をつけたと評価される、いわゆる「マンガ嫌韓流」の著者、山野車輪も出版社の企画者によって発掘された。

特定の国や民族、宗教を対象にしていなくても、差別意識と排外主義は、人間の内面に存在する感情の部分である。問題はこのような感情が広範囲に広がって、メディアや知識人、政治家がこれを利用したり扇動したりすることにある。日本で「嫌韓」という言葉がメディアに初めて登場したのは1992年である。宮澤首相が韓国を訪問した直後のことである。 1992年11月8日の産経新聞は日本で嫌韓ムードが起きているいくつかの理由を挙げたが、最初は韓国側が日王に過去の歴史に対して繰り返し謝罪を要求することについて、保守層を中心に反発が起きているということだった。二番目は、88年のソウルオリンピックを契機に日本人に対して韓国の存在感が大きくなり、冷戦終結以降、韓国に対する日本人の認識が変化したのだった。そして最後に、従軍慰安婦問題で日本の自尊心を傷つけたのだった。

それでは日本人のうち、嫌韓を叫ぶ人々は何人だろうか。これらの数字を具体的に把握することは容易ではないが、彼らの活動がネット右翼の活動と重複するという点を考えると、ネット右翼の規模と推定することが可能である。日本の若い批評家、古谷経衡はこの前の投票傾向をもとに、ネット右翼の数を計算したことがある。彼は2014年の選挙で自民党よりも右翼的な次世代の党(現日本のこころ)が収めた比例代表の得票と、同じ年の1月に行われた東京都知事選挙でネット右翼の圧倒的支持を受けた田母神候補が納めた得票などを考慮して、ネット右翼の数を200万〜250万人と推定した。これを援用した場合、嫌韓日本人の数が最大250万人を超えないという推定が可能である。ネット右翼とは一体どんな人たちなのか。古谷経衡の分析によると、ネット右翼は平均的にこうだ。 「平均年収450万円、一流大学卒業者が60%、平均年齢は38歳、男性中心(60%以上)、東京・神奈川を中心とした首都圏の居住者が60%程度、職業は自営業者が多数。」

続きます


6: 2017/10/18(水) 11:07:57.77 ID:CAP_USER

ヘイトスピーチデモ隊

日本で嫌韓日本人に簡単に接することができるのは、「ヘイトスピーチ(憎悪演説)」のデモ現場である。人種差別的な発言が普通に出てくる、ここでの定番ネタが嫌韓だ。去る7月、筆者は家の近くの公園でヘイトスピーチデモが開かれるという知らせを聞いて、カメラを持って現場に駆けつけたことがあった。ところが、デモの予定時間を過ぎても主催者たちの動きは見られず、むしろヘイトスピーチに反対する人たち(これらを日本では「カウンター」と呼ぶ)の数だけがさらに増加した。カウンターが道路に出ないように、道路沿いに間隔を合わせて並ぶ警察の数も同時に増えた。

この日、ヘイトスピーチデモは予告された場所から500mも離れたところで行われた。日本で警察に届け出したところではなく、別の場所で集会が開かれることは非常に異例のことだ。しばらく経ってデモの場所が変更されたことに気付いた数百人のカウンターが現場に走って行き、最終的にはヘイトスピーチデモ行進を遮るカウンターの抗議デモは10分を超えずに終わった。警察の護衛を受けなければ、デモ隊を乗せたバスはカウンターに囲まれて現場を抜け出せなかったのだ。

日本では嫌韓が声を上げるほど、これらを防ぐカウンターの反対活動も活発になる。カウンターはヘイトスピーチデモを阻止するにとどまらない。カウンターの継続的な広報活動によって、ヘイトスピーチデモの参加者とカウンターの数字が一部の地域では逆転したことまであった。東京新宿のコリアタウンで嫌韓デモが姿を消したのはカウンターの活動が少なからず作用した。このような活動は、昨年5月にヘイトスピーチ対策法の通過という成果につながった。この法律では、日本に合法的に居住する特定の人種や民族、またはその子孫に対して差別を目的に生命、身体に危害を加えると知らせたり、侮辱するヘイトスピーチを許さないと宣言している。また、日本政府や自治体には、差別的行為を解消する責任と努力義務を課している。表現の自由を侵害する恐れがあるという指摘のため罰則規定は作らず、宣言的意味のみを持つ中途半端な法として実効性に疑問を提起する声もあるが、この法律の実際の効果は少なくない。法施行から1年で極右性向団体のデモや集会が急減したためである。

すべての韓国人が日本に対して好感を持たないように、すべての日本人が韓国に対して親近感を持たないのは当然のことである。韓国に対して嫌なことを言う人々の存在はありがたくない、彼らの存在が目により頻繁に入ってくるのは当然の感情である。しかし、ネット右翼の数で見られるように、これらの日本人は多数をなすものではないことは明らかである。彼らより韓国に親近感を持つ日本人の数が多く、嫌韓より親しい(親韓)の歴史はもっと長い。何十年もの間、関東大震災時に虐殺された朝鮮人の慰霊祭を続ける日本人や、日帝強占期と徴用者の遺骨を探して韓国に返還する運動を繰り広げる日本人もいる。また、慰安婦問題の真相を伝える活動をしている日本人も少なくない。嫌韓に対する関心と同じくらい知韓、親韓にもさらに関心を持たなければならない。それこそ「いい朝鮮人も悪い朝鮮人もすべて敵だ」という嫌韓デモ隊のスローガンと嫌韓書籍の出版を根絶させる基礎になるだろう。

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年10月04日

トランプ「韓国人には30日だと言うな。韓国人に30日与えれば、彼らは交渉をずるずる引き延ばす」

トランプ

1: 2017/10/03(火) 10:42:12.35 ID:aPlgHwht0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
ドナルド・トランプ米国大統領が韓国との自由貿易協定(FTA)再協議に関連し、側近に「狂気(madman)の戦略」を使よう注文していた事実が伝えられた。
1日(現地時間)、米オンラインメディア「アクシオス(AXIOS)」がホワイトハウス消息筋の言葉を引用して報じた。

これによると、そのような注文をつけたのは、先月初めにトランプ大統領がレックス・ティラーソン国務長官、
ジェームズ・マティス国防長官、ロバート・ライトハイザー通商代表部(USTR)代表など側近を呼んで、韓米FTAの廃棄をめぐって議論をしていた過程だったという。

また同メディアは、「トランプ大統領の交渉術が赤裸々に表れた場面」と評価しながら、トランプ氏とライトハイザー氏との間でやり取りされた会話を紹介した。

▼トランプ「あなたに30日与える。その間に(韓国から)譲歩を引き出すことができなければ私は(韓米FTAから)抜ける」

▼ライトハイザー「分かりました。では韓国側に30日間の時間を与えると伝えましょう」

▼トランプ「違う違う。交渉をそのようにしてはダメだ。30日を与えると言わずに『大統領がまともな精神状態ではないから(This guy’s so crazy)、今すぐにでも韓米FTAを廃棄できる』というように言え」

トランプ氏は引き続き「必ず“今すぐにでも(any minute)”と言わなければならない。私は今すぐにでも(韓米FTAを)廃棄することができる。
皆さん全員が、私がそうできるという事実を周知していなければならない」とし「韓国人には30日だと言うな。韓国人に30日与えれば、彼らは交渉をずるずる引き延ばすだろう」と強調した。

トランプ大統領は昨年の大統領選挙遊説中に「米国は予測不可能な(unpredictable)国にならなければならない」と述べて、自身の外交政策方向を説明したことがある。
自分の手の内を相手には知らせず、自分を「何でもできる人物」に見せかけることによって、相手国が事前に対応できないようにさせるという主張だった。

アクシオスは「トランプのこのような話法は同盟国を不快にさせ、敵国を刺激し、不必要な戦争を引き起こすおそれがある」と指摘した。

http://japanese.joins.com/article/044/234044.html


5: 2017/10/03(火) 10:45:15.04 ID:bW4cyLme0

一番良いのは関わらないこと


53: 2017/10/03(火) 11:04:22.09 ID:c1ItpCbh0

>>5
現代人はそれだな
だがトランプは奴隷にしようとしてるんだ
それが1番正しい在り方だとシナチョンが公言、証明している


6: 2017/10/03(火) 10:45:16.27 ID:zmfamhR80

よく分かってらっしゃる

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年10月01日

【韓国】 福岡で韓国人相手の「ワサビテロ」また発生〜他にも「虫テロ」「ほこりテロ」

1: 2017/09/30(土) 21:16:28.47 ID:CAP_USER

no title

▲オンラインコミュニティから

[インサイト]イ・ソヒョン記者=福岡にある寿司店で再び韓国人を対象に「ワサビテロ」が発生したことが分かった。

29日、あるオンラインコミュニティには「知人が福岡でワサビテロにあった」としてワサビをいっぱい入れたスシの写真を添付した掲示物がアップされた。該当の話を伝えたネチズンA氏は「今日、知人が福岡で初めて食べたのに(ワサビテロとは)ひどい」として2枚の写真を公開した。

公開された写真の中には外から見れば完全に見えるスシがある。しかし、もう一枚の写真ではウニの卵のスシの上の部分を取り除くとすぐに隠されていた多量のワサビがあらわれた。A氏は「知人が日本語が基礎水準なので対応できなかった」として「食べ物にいたずらをすることにとても腹が立つ」とくやしい心情が込められた文を付け加えた。

no title

▲オンラインコミュニティ

日本の観光地で韓国人を対象にした「嫌韓テロ」が問題になったのは昨日今日のことではない。昨年10月、オンラインコミュニティとSNSを中心に大阪の有名寿司店で「ワサビテロ」をされたという書き込みが列をなして「嫌韓テロ」問題が浮上した。情報提供者などは「(該当店の)店員らがワサビをいっぱい入れたスシで涙を流す韓国人客等を見てあざ笑った」という主張を共通して提起した。

批判が続くとすぐに店側は「海外から来た客からワサビの量を増やしてくれという要請がとても多かった」として「事前に確認せずにサービスで提供した」と釈明した。しかし、該当店に「(今は)韓国人客だけ、最初からワサビを入れない」という情報提供が入ってきて論議が再点火した。

no title

▲Facebook

「ワサビテロ」に続き、先月には東京の有名パンケーキ専門店で韓国人観光客を相手に「ほこりテロ」、「虫テロ」が行われたと主張するネチズンも明らかになった。ネチズンB氏は「渋谷に位置するパンケーキ専門店で食べ物を注文したが、女性従業員が飲み物に虫を浮かせて持ってきた」として「従業員に抗議するとすぐに虫があった部分だけ捨ててまた持ってきた」と主張した。

引き続き「飲み物の量も減った状態だった」として「従業員を呼んで『飲めないから返金してくれ』とで要求したところ返金できないからアイスコーヒーに変えると言った」と付け加えた。それと共に「抗議の末、受けることになったアイスコーヒーにはホコリがうずたかくカップに含まれていた」と話してネチズンらの公憤を買った。

イ・ソヒョン記者

ソース:インサイト(韓国語) 日本、福岡で韓国人対象「ワサビテロ」また再び発生
http://www.insight.co.kr/news/121428


3: 2017/09/30(土) 21:17:34.67 ID:XUfaQTPr

めんどくせえ
韓国人とはやっぱ関わっちゃ駄目だな
日本にもくんな


4: 2017/09/30(土) 21:18:14.09 ID:A1ebEu0c

面倒くさいから来るな


5: 2017/09/30(土) 21:19:44.09 ID:x8FugGyk

チョンの存在自体がテロなんだけどそれについては?

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年09月29日

【新・悪韓論】佐賀県唐津市が慰安婦像の町に「友好訪問」の能天気 韓国側にすれば「役に立つバカ」でしかない

gyoro

1: 2017/09/28(木) 17:18:13.60 ID:CAP_USER

レーニン、スターリンは、ソ連を賛美する西側の左翼、ソ連観光に来る西側の人間を「役立つバカ」と言っていたそうだ。韓国人が自国の国内旅行を「ボッタクリが多い」「見る所がない」と忌避する中で、わざわざ韓国旅行に行く日本人とは、韓国にとって、まさに「役立つバカ」だ。それなのに、市長を先頭にした訪問団が韓国に行く。そして減ったとはいえ、父母の反対を押しのけて修学旅行で韓国に行く高校…裏に何かあるのではないのか。

 これから書くことは、8月30日発行の夕刊フジ「ワサビテロ、民泊盗撮テロ…」の続編になる。

 韓国全羅南道(チョルラナムド)の麗水(ヨス)市といえば、2012年に「大腸菌博覧会」と揶揄(やゆ)された万国博を開催した田舎町だ。麗水市は今年3月1日(=反日の記念日である三・一節)、市内の李舜臣(イ・スンシン)公園に慰安婦像を建てた。

 その麗水市に、日本の佐賀県唐津市が市長以下の大訪問団を「姉妹都市35周年」を記念して送り込んだ。

 韓国側からすれば「わが町は慰安婦像を建てたのに、日本の姉妹都市は友好を求めて、市長を先頭にやってきた」。まさに唐津市とは「役に立つバカ」でしかない。

 例年どおりの追悼文であっても、「政治的に利用される恐れがある」として送付をとりやめた東京都知事とは、驚くほど認識レベルが違う。

 そもそも、日本の自治体が張り巡らす「海外の姉妹都市」とは、首長と公務員、自治体議員らの「公費による海外旅行」の手段に他ならない。

 唐津市は、35年間で麗水市との関係で、いくら支出し、いかなる具体的なメリットがあったのか。唐津市に「意欲ある市民」がいるならば、黙っているべきではない。

公務員の相互派遣をしている自治体もある。「韓国の町役場に2年間いて、何か学ぶところがあったのか」「汚職の仕方でも勉強したのかね」と尋ねたくなる。それは「帰国後、ちゃんとリポートを出しました」で済む話ではない。

 「国際感覚を高めるため」と銘打った韓国への修学旅行は、お笑いの域を越える。「ウリ(われわれの意味)は世界一優秀な民族」「ウリの常識は世界の常識」と信じる不衛生大国、ファンタジー歴史国家に“国際感覚”を学びに行くのか。

 中学や高校の修学旅行のような「大規模集団旅行」の場合、事前に視察団が行く。旅行業者が、その視察団を「徹底歓待」するが、韓国でいう「徹底歓待」とはどんな内容なのか。韓国に長く滞在した日本のビジネスマンなら誰でも、よく心得ている。

 日本のビジネスマンは韓国流の「徹底歓待」に耐久性が十分にある。しかし、「田舎の先生」の多くは「徹底歓待」されると、もう「ノー」とは言えなくなるのではないか。それらしき話を、韓国の複数の旅行業者、韓国で蠢(うごめ)く日本人の売春斡旋(あっせん)業者から何度も聞いた。彼らの口調は自信に満ちていて、とても明るかった。

 日本人は世界一の反日国家にとっての「役立つバカ」であってはならない。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

2017.9.28
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170928/soc1709280005-n1.html

https://i.imgur.com/w0fQohd.jpg
ソウルの南大門。韓国旅行には、いろいろ問題がありそうだ


2: 2017/09/28(木) 17:22:12.81 ID:Qv0OLoY5

時代劇でもいるでしょ盗賊の引き込み役とか・・・


5: 2017/09/28(木) 17:27:08.97 ID:83VytKnX

ほんと、これ。
嫌がらせしてもエサもらえると思われたら
そりゃ、嫌がらせが無くなることないわ。


6: 2017/09/28(木) 17:27:25.89 ID:Az11O/2g

馬鹿じゃないの
マジで

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年09月27日

韓国修学旅行が激減、10年超で10分の1に 反日的言動きっかけ、朝鮮半島危機が追い打ち

1: 2017/09/26(火) 01:22:22.29 ID:CAP_USER

北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返し、「6回目の核実験」を強行するなど朝鮮半島の緊張が高まるなか、長崎県対馬市の県立高校が韓国への修学旅行を中止した。

実は修学旅行先として韓国を選ぶ高校はここ15年あまりの間に減少の一途をたどっている。原因は危ない隣国だけではなく、韓国自身にもある。特に政権が反日姿勢を強めた2012年以降は激減しており、専門家は「保護者も韓国はダメだと気づき始めたからではないか」と分析する。

北朝鮮による米領グアム沖へのミサイル発射計画を受け、グアムへの修学旅行を中止する高校が相次いでいるが、韓国行きの修学旅行を取りやめたのは、韓国から直線距離で最短49・5キロしか離れていない対馬市の県立上対馬高校だ。

2年生36人が来年1月に釜山(プサン)やその周辺を3泊4日で訪れる予定だったが、北朝鮮のミサイル発射などの事態を受け、7月下旬に中止を決めた。同校では「国際感覚を身につけてもらうため、毎年実施していたが、生徒の安全・安心を考慮して中止を決めた」(浅井隆教頭)と説明している。

もっとも、韓国への修学旅行が減少傾向にあるのは以前からで、北の暴挙はそれに追い打ちをかけたというのが実状のようだ。

文部科学省の調査によると、修学旅行の行き先として韓国を選んだ高校は2000年度で公立、私立合わせて全国241校あり、参加者は3万7663人。外国への修学旅行先では、国別順位で中国に次いで2位だった。

11年度までは減少傾向ながらも2万人台をキープし、国別順位も3位だったが、13年度の調査では一気に1万2000人台まで減少、国別順位も6位に低下した。

最新調査である15年度時点ではさらに激減し、全国で31校、参加者数は2793人と、04年度と比べて約10分の1になっている。

国別の順位も1位の米国、2位の台湾、3位のシンガポールに大きく引き離され、5位のマレーシア、8位のベトナム、9位のニュージーランドの後塵(こうじん)を拝して10位に後退した。

『呆韓論』(産経新聞出版)などの著書があるジャーナリストの室谷克実氏は「礼儀を知らないあの国では国際感覚なんて身につかない」と指摘。その上で、日本人の韓国に対する心境の変化をこう分析する。

「12年に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が日本固有の領土である竹島に上陸したり、天皇陛下に対し『ひざまずいて謝れ』という旨の発言をするなど、日本を陥れてきた。朴槿恵(パク・クネ)大統領当時の14年には旅客船セウォル号の沈没事故があったほか、15年にはMERS(中東呼吸器症候群)の流行などの災いが頻発しており、韓国に行くことに保護者らから反対の声があがるのもごく自然なことだ」

確かに文科省の統計をみても、李元大統領の反日的言動の翌年で、朴前大統領が就任した13年度から韓国への修学旅行参加者がガクンと落ち込んでいる。

セウォル号の事故では、修学旅行中だった韓国の高校生ら約300人が犠牲になったこともあってか、韓国への修学旅行を予定していた学校で、保護者の9割以上が「(行き先が)韓国なら承諾しない」と回答したケースもあったという。

今年に入ると、40年以上にわたって韓国への修学旅行を実施してきた学校法人智辯学園(奈良県五條市)が運営する3つの高校が、北朝鮮問題を考慮して韓国行きを取りやめた。

淑徳大観光経営学科の千葉千枝子教授は「韓国は熱心に日本の修学旅行の誘致活動をした結果、一時は多くの学校が行き先として選んでいた。だが、現在では台湾も誘致に力を入れており、近隣諸国への修学旅行先は完全に韓国に取って代わっている」と解説する。

前出の室谷氏によると、「以前は修学旅行生に対し、過去の歴史について韓国人に土下座まがいの『謝罪』をさせるなど、とんでもない高校もあった」という。韓国を修学旅行とする学校が減ったことについては、「それだけ日本人が冷静に物事を考えられるようになってきたのだろう」と話した。

イヤな思いをしてまで行く必要はないということか。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170904/soc1709040006-n1.html

no title

韓国への修学旅行を実施した高校の推移


2: 2017/09/26(火) 01:24:55.65 ID:XrIkWogm

まだ韓国に行ってる学校があるのか。
校名を全部出せ。全てに抗議しよう。


6: 2017/09/26(火) 01:29:09.97 ID:K4SFrbUw

>>2
智弁ですら親の反対で中止なんだっけ?
あそこ以上に強硬なとこが有るとは。


16: 2017/09/26(火) 01:39:00.35 ID:Exxd30QI

>>2
講義はともかく受験生とその保護者には知らせて欲しい

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年09月24日

【韓国】 明仁天皇の「訪韓の夢」〜退位後、故郷を訪問するように訪韓すれば、韓日関係は急速に正常化できる

gyoro

1: 2017/09/22(金) 20:06:56.91 ID:CAP_USER

1975年7月17日、戦没者戦災犠牲者を追悼する沖縄の「ひめゆりの塔」。皇太子明仁親王(当時)が訪問した時、火炎瓶が飛んできた。洞窟に潜伏して1週間待っていた2人の青年の犯行だった。第2次世界大戦当時、玉砕作戦で12万人以上の沖縄の住民が犠牲になった。戦争責任がある天皇の長男の訪問が許せなかったのだ。事件の収拾後、皇太子は訪問を終えた。

◆天皇が20日、埼玉県日高市の高麗神社を初めて訪れた。高句麗最後の王である宝蔵王の息子若光と遊民1799人が亡国の恨みを抱いて1307年前にここに定着し、子孫は若光を称えて神社を建てた。参拝すれば出世するという俗説もある。参拝後、首相や大臣になった政治家だけでも斎藤実をはじめ6人。「捜査が解決する」という噂も一時広まり、検事たちもここを訪れて祈った。地元料理に高麗鍋がある。白菜に韓国式の味噌・醤油を入れて煮込んだ高句麗の料理だ。

◆桓武天皇は日本の第50代天皇で、第49代の光仁天皇と百済人の高野新笠の息子だ。天皇は、「続日本紀」を根拠に二度にわたってこのことに言及した。2001年12月23日、誕生日を控えた記者会見と2010年に奈良県で開かれた第1回東アジア地方政府会合でだ。「桓武天皇の生母が百済の武寧(ムリョン)王を始祖とする渡来人の子孫」という趣旨だった。それで「深いゆかりを感じる」と述べた。韓国に対する深い関心も、高麗神社を訪れたのもそのような理由からだ。

◆天皇が健康を理由に生前退位を宣言した昨年、日本社会は騒然とした。天皇は第2次世界大戦の戦没者慰霊碑を訪れ、懺悔の思いを続けた。安倍首相をはじめとする右派を牽制する「静かな反対者」の役割も果たした。韓国訪問を希望するという意向も数回示した。在位中の訪韓は、両国国民の感情に触れる敏感な問題であるため、実現は難しい。しかし、来年の退位後なら…。故郷を訪問するように訪韓が実現すれば、韓日関係は急速に正常化できる。天皇もそのような夢を見ているのかもしれない。
(記者注:韓国語記事で天皇は日王でタイトルは아키히토 日王의 ‘訪韓夢’)

ソース:東亜日報日本語版<明仁天皇の「訪韓の夢」>
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1069660/1


2: 2017/09/22(金) 20:07:23.36 ID:gzTzjOTx

なるわけねーだろ。


3: 2017/09/22(金) 20:07:35.95 ID:eVIH4CaB

 

  _ノ乙(、ン、)_利用する気満々w


4: 2017/09/22(金) 20:08:45.45 ID:/XfvdDSh

誘拐犯の言葉

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2017年09月17日

「ヘイト本」はどうして生まれたのか?嫌韓中本の異例のヒットから考える

imako

1: 2017/09/16(土) 21:11:57.48 ID:CAP_USER

今、書店をのぞけば、「世界情勢」や「東アジア」といったコーナーや、ベストセラーのコーナーを埋め尽くす本がある。異様に長いタイトル、帯文が特徴の「ヘイト本」だ。一時は沈静化したが、再び隆盛の兆しを見せている。

◆異例のヒットを飛ばす嫌韓中本の現状

書店の棚に異変が起きている。韓国や中国への露骨な嫌悪感をベースとした書籍群が、売れ筋コーナーに大量に並んでいるのだ。

取材班が都内各地の大型書店で売り場担当者に聞いてみたところ、一番人気はケント・ギルバート氏。今年2月発売の『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社)は40万部を突破した模様だ。

これに次ぐのが、右派論壇の重鎮・百田尚樹氏の著作群。朝日新聞の全5段広告で土下座を披露して話題になった『今こそ、韓国に謝ろう』(飛鳥新社)は、一部店舗ではケント氏を上回る数字を叩き出す。

書店員たちは、「購買層は40代以上の中高年男性。ジャンル全体として売れ行きはいいが、書かれている内容は、どの本もほぼ同じで、反日的な韓国に対するテンプレート化した反論が中心。書店員の良心としては早く出版社に返品したい」と本音を漏らす。

一方、出版業界内においてもこうした民族差別や排外主義を煽る本を「ヘイト本」と呼び、問題視する声もある。’14年に出版業界による自浄を訴える団体を立ち上げた編集者の岩下結氏は嘆く。

「顕著にヘイト本が書店に並ぶようになったのは’12年。’13年から’14年にかけての時期には、書店の棚がヘイト本で占拠されていました。その後、’15年になるとヘイト行為に世間の風当たりが強まり、’16年6月にはヘイトスピーチ解消法が施行されました。これで一時ヘイト本の出版には様子見の動きが広まりましたが、今年に入ってからまた急に増えています」

岩下氏が危機感を持って反ヘイト活動に参戦した’13〜’14年を第1次ヘイト本ブームとするならば、現在は第2次ブームと呼ぶことができそうだ。しかも今回のブームではついにヘイトの対象が自国民にまで広がっており、事態は悪化の様相を見せている。

「『沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください』(ビジネス社)は許せません。同じ日本人である県民に対して『エサをやるな』という言い方は凄まじい。韓国や中国へのヘイト本を作っているうちに、言葉の感覚が麻痺したんでしょう」(岩下氏)

かくも攻撃的なヘイト言論の根はどこにあるのか。右派論壇誌が新聞広告で使う文言の変遷を研究している能川元一氏に聞いた。

「伝統的に日本の右派は、反共の同盟意識から親韓であり、一方的なヘイトはしませんでした。『諸君!』の’95年5月号の読売新聞広告では、韓国を蔑視する右派文化人への批判記事が強調されています。昨今の広告のように韓国の非ばかりを一方的に意識させる文言ではない点が大きく違います」

この状況が変わった大きな転換点は、’96年に慰安婦問題が中学校の全教科書に載ると明らかになったことだと能川氏は指摘する。

「危機感を持った右派は’97年に『新しい歴史教科書をつくる会』や日本会議を設立。彼らは『反日包囲網が敷かれている』という被害者意識を募らせていきました。’97年2月の『諸君!』の朝日新聞広告には、米中韓が一体となり日本の戦争犯罪を追及する事態への警鐘を鳴らす記事が見られます」

慰安婦や南京大虐殺などの歴史認識問題において、日本の右派は「自分たちは犯罪をでっちあげられて責められている」と考える。そうした被害者意識ゆえの攻撃性が、使う言葉に表れるのだろう。

【岩下 結氏】
「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」事務局。書籍『NOヘイト! 出版の製造者責任を考える』の発刊に携わる

【能川元一氏】
研究者。右派論壇誌などを研究対象としている。共著に『海を渡る「慰安婦」問題』(岩波書店)、『憎悪の広告』(合同出版)など

― なぜ[ヘイト本]は売れ続けるのか? ―

http://news.livedoor.com/article/detail/13620384/


3: 2017/09/16(土) 21:13:04.79 ID:Yixu32Qp

答え
実は日本人みんな韓国人中国人が嫌いだったから


6: 2017/09/16(土) 21:13:49.58 ID:PGtlFTUF

×ヘイト
○反チョンウヨ


7: 2017/09/16(土) 21:15:10.36 ID:331Xe+sO

ホントのこと書いたらヘイト本

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓