嫌韓 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年10月13日

【韓国】『嫌韓』飛び交う日本のアニメ・ゲーム

1: 2018/10/11(木) 10:39:24.82 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ 韓国を嘲弄する台詞を使う日本のアニメーションとゲーム。シュタインズゲート(左)、ネプテューヌV(右)。

今月10日から始まるる済州(チェジュ)国際観艦式で、日本海軍の旭日旗掲揚議論が不参加で一段落した。このような渦中、とある日本のアニメーションが『お詫びと補償を求めるNIDA』というセリフを使った事が判明して、嫌韓議論が浮上した。

「謝罪と賠償を求める」は慰安婦や強制労働、強制連行関連の韓国団体が、日本政府を糾弾する時に頻繁に使う単語でありスローガンである。しかし、嫌韓日本人はこれを嘲弄する際に頻繁に使用する。

「〜NIDA(ニダ=です・ます・ございます・ござります)」体は、韓国を嫌悪する日本人が韓国人を真似て皮肉る際に使ったりする。

(写真)
no title

▲ ゲーム:シュタインズゲートに登場する旭日旗

■ 日本のゲーム制作会社、極右議論で有名に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
問題になったアニメーション、『シュタインズゲート(STEINS;GATE)』の11話では、韓国語の看板が出た後「謝罪と賠償」の話が出る。これについてネチズンは、「これは明らかに右翼・嫌韓のためのシーン(@キム****)」、「名不虚伝、日本(@エ***)」と言いながら非難した。

シュタインズゲートの制作会社であるWHITE FOXは、以前から製作物に『靖国神社参拝』を暗示するシーンを入れるなど、極右議論で有名になっている。

原作のゲームも問題が多かった。ゲーム内の携帯電話の背景画面で旭日旗が登場する。ゲーム制作会社5pbの社長である志倉千代丸はSNSに、「君が代をアニメ主題歌として使わなければならない」と極右認証を行い、韓国ゲームファンの怒りを買った。

シュタインズゲートは、『ファミ通アワード』で優秀賞を受けるほど名作である。このせいで一部のネチズンは、「こんなに面白いのに政治的要素を排除して文化だけ楽しめないのか(@レプ***)」という反応を見せている。

■ 日本の軍国主義美化アニメ・ゲーム、深く掘り下げる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本の軍国主義を美化し、右翼・嫌韓要素をそのまま反映した日本のアニメーション・ゲームが韓国人の間に深々と浸透した。実際にシュタインズゲートは国内で劇場版が公開されたり、ファンサイトが作られるなど大きな人気を得ている。

専門家は、右翼志向の日本文化が青少年に歪曲した歴史観をもたらす恐れがあると指摘する。

光云大学校・北東アジア文化産業学部のカン・テウン教授は、「大人より自浄作用が弱い学生は、日本の歪曲された文化に同化されやすい」とし、「したがって青少年が大衆文化の読解力を育てられるよう、政府次元の持続的な教育対策が必要である」と述べた。

ソース:NAVER/イーデイリー(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=018&aid=0004219250


2: 2018/10/11(木) 10:41:05.42 ID:tYBv+yV6

ゲームは知らんけど嫌韓は日本の国是になりつつある


5: 2018/10/11(木) 10:42:25.20 ID:pNp6pA4k

嫌われてんだから当たり前 ♪


6: 2018/10/11(木) 10:42:30.31 ID:xPBihr0G

>>1
みなければいいだけだろ。

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年10月06日

【旭日旗掲揚問題】 未来志向の関係は遠く・・・日本では嫌韓感情が、韓国では反日感情がくすぶり続けている

1: 2018/10/05(金) 15:37:12.71 ID:CAP_USER

韓日共同宣言から20年 未来志向の関係は遠く


【ソウル聯合ニュース】1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が「韓日共同宣言」を発表してから8日で20年を迎える。
ただ韓日関係は故人となった両氏の期待とは距離があるといえる。

過去の歴史を乗り越え、未来を見るとしたものの、旧日本軍慰安婦問題を巡る2015年の両国合意に基づき設立された慰安婦被害者を支援する「和解・癒やし財団」の運営や、
済州島で今月開かれる国際観艦式で日本の海上自衛隊が旭日旗を掲げる問題など、両国は依然として「過去」にとどまっている。

1998年10月8日に東京で開かれた韓日首脳会談を機に採択された宣言は政治、安全保障、経済、人的・文化交流、
国際問題の5分野の協力原則を含んだ11項目で構成された。

付属文書の「21世紀に向けた新たな韓日パートナーシップのための行動計画」は具体的な実践課題が43項目挙げられた。 
両国が過去を直視し、相互理解と信頼に基づいた関係を発展させていくのが重要ということに、両首脳が意見を一致させたとの内容がその骨子だ。

ここには小渕氏が植民地支配に対し「痛切な反省と心からのお詫びを述べた」との内容が盛り込まれ、
また金氏が「両国が過去の不幸な歴史を乗り越えて和解と善隣友好協力に基づいた未来志向的な関係を発展させるために
お互いに努力することが時代の要請である旨表明した」との内容も含まれている。

宣言発表後、韓国では日本の大衆文化が開放され、日本では韓国ドラマ「冬のソナタ」が大ヒットするなど、「韓流ブーム」が起こり、
両国の民間交流は広がりをみせた。2002年のサッカー・ワールドカップ(W杯)を共同開催したことも両国関係における一つの里程標になった。

だが両国の政府は慰安婦問題や太平洋戦争のA級戦犯が合祀(ごうし)された靖国神社の問題など、歴史認識の問題を乗り越えることができずにいる。
韓日関係が改善する兆しが出ても歴史問題によって冷え込み、両国首脳の信頼に基づいた持続可能な協力関係はなかなか形成されずにいる。 

首相在任中に靖国神社に6回参拝した小泉純一郎氏や「歴史修正主義者」と指摘される安倍晋三首相など、
日本の首相の歴史認識とともに、日本社会も全般的に保守化する傾向にあることに加え、日本では嫌韓感情が、
韓国では反日感情がくすぶり続けるなど、協力関係が持続しないのには複合的な要因があると評価される。

朴槿恵(パク・クネ)政権時代に過去の歴史問題を解決するための試みとして、慰安婦問題を巡り両国が合意したが、
被害者の意見が十分に反映されていない政治的な妥結として結局、問題は解決されないまま不信だけがふくらんだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/05/2018100502211.html


2: 2018/10/05(金) 15:38:38.46 ID:qU0svIdc

韓国のBMWだけ連続出火事件
原因が韓国製排ガス循環装置にあると判明
一切報道禁止状態に

これが韓国  糞食い 売春民族  国交断絶を


3: 2018/10/05(金) 15:39:27.91 ID:to44XbCX

嫌韓が進みますね 


4: 2018/10/05(金) 15:39:36.82 ID:THpJgIza

ええやん。
「ただの隣国」と言う関係になるだけや。

隣だからと無理矢理仲良くなる必要なんて
これっぽっちもないんだからさ。

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年09月25日

嫌韓団体の街頭デモ「朝鮮人を殺せ」 日本では「反人種主義」という規範が欠如している

1: 2018/09/24(月) 07:34:22.43 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00001772-chosun-kr

【新刊】梁英聖(リャン・ヨンソン)著、キム・ソンミ訳『嫌悪表現はなぜ在日朝鮮人を狙うのか』(山のように社)

 「朝鮮人は出ていくべきゴキブリ」「朝鮮人は首をつれ、毒を飲め、飛び降りろ」「良い韓国人だろうと悪い韓国人だろうとみんな殺せ」。1923年の関東大震災で朝鮮人が虐殺されたときのスローガンではない。2013年2月、東京・大久保で行われた嫌韓団体の街頭デモで登場した垂れ幕の文言や、参加者らの暴言だ。いくら日本が憎くても、ソウルでこんなレベルの「嫌日」デモは起きていない。実際に会ってみれば実に温和、丁寧で立派な先進国の国民だという日本の人々の間で、たとえ一部であっても、なぜこんなことが起きるのだろうか。

 「在日朝鮮人」3世でNGO(非政府組織)「反レイシズム情報センター」活動家の著者は、現在日本で起こっている憎悪表現について、人種主義と外国人排斥を公然と掲げて「遊び半分で」参加するという特徴があると分析する。にたにた笑いながら「死ね」と叫ぶ極端な反人間性や脅迫、営業妨害、傷害といった物理的暴力を伴う深刻なレベルだという。

 その原因は何か? 1960−70年代に反人種主義政策の枠組みを整えた欧米とは異なり、日本では「反人種主義」という規範が欠如している。むしろ、政界では在日朝鮮人に対する差別を扇動してきた。加えて、日本軍「慰安婦」や朝鮮人強制連行、南京大虐殺といった歴史的事実に言い逃れをする「歴史否定」まで扇動している。これが日本で憎悪表現の増えている社会的要因で、人種主義によって社会と民主主義が破壊されることを防ぐためには、まさにこれらの要因の除去と是正に乗り出さなければならないと語っている。376ページ、1万8000ウォン(約1780円)。


2: 2018/09/24(月) 07:35:18.15 ID:o+iTRyo4

国籍による区分は
人種問題ではない


3: 2018/09/24(月) 07:35:36.76 ID:Tz4P41X7

本当にくだらねえ。
どっちにしても国家ぐるみで日本ヘイトを当たり前にやる朝鮮人が口を出せる問題じゃねえよ。


5: 2018/09/24(月) 07:36:22.01 ID:UAnMfxEX

>>1

嘘捏造報道

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年09月09日

【書籍】『嫌悪表現はなぜ在日朝鮮人を狙うのか』〜日本の嫌悪表現の基盤に敷かれた暴力的人種主義に警鐘

1: 2018/09/08(土) 00:43:59.46 ID:CAP_USER

・嫌悪表現はなぜ在日朝鮮人を狙うのか
・リャン・ミョンソン著/キム・ソンミ訳
・サンチョリョム/376P/18,000ウォン

(写真)
no title

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

『日本の嫌韓(韓国や韓国人を嫌悪する行為)』は見慣れない光景ではなくなった。街頭デモでは「チョーセンジンを殺せ」などの言葉が登場する。嫌悪表現反対者に対する集団リンチなど、物理的暴力も現れる。2016年に通過した『嫌悪表現解消法』の効果は僅かである。法律だけをより強化すればこのような事が消えるのだろうか。

著者は「そうではない」と話す。嫌悪表現を止めるには不十分と見ている。基盤に敷かれた人種主義自体を突き抜け、人種主義が暴力に繋がるようになっている社会的回路と条件を見つけて、取り除かなければならないと言う。

人種主義と嫌悪表現の相関関係が克明に表れるポイントがまさに、嫌悪表現のメイン攻撃対象である在日朝鮮人である。本は在日朝鮮人に集中して嫌悪表現の歴史と社会的条件、原因を掘り下げる。日帝強占期である1923年の関東大地震時の朝鮮人虐殺から、戦後である1960〜1970年代の朝高生(朝鮮学校高校生)襲撃事件、1980年代のチマチョゴリ事件、2007年以降に頻発した『在特会』などの嫌悪表現の事例が盛り込まれた。主な原因では、日本に反人種主義のルール自体が成立していないという点を挙げている。物差しがなく、人種主義が『見えずに』作動するという事である。 このため、人種差別撤廃国際条約に基づいた反人種主義法を制定して『物差し』を作り、被害の実態調査と教育を施行しなければならないと主張する。歴史否定に対抗する規範を立て、政界など『上からの差別扇動』に対する方法も提案している。

著者は反人種主義活動家である在日朝鮮人3世である。日本での法的地位は『朝鮮籍』。北朝鮮国籍と誤解する者が多いが、これは南北朝鮮政府樹立前の1947年、日本政府が外国人登録令を施行して作った臨時国籍である。その後韓国と日本政府が韓国国籍と朝鮮籍を分離する政策を広げ、『日本製の38度線』になったと言う。 本は出版されたが、彼は韓国を自由に行き交う事ができない。韓国の読者のための序文で彼は、この本が『可哀そうな同胞の叫び』で消費される事を越えて、『連帯の輪』になるように願うと話した。

ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=032&aid=0002892461


4: 2018/09/08(土) 00:49:07.50 ID:Xqy8AOon

朝鮮人は恩を仇で返すから、
その辺を反省しないとな、
話にならん。


5: 2018/09/08(土) 00:51:46.65 ID:Pdjy0P1V

きもいな
日本に粘着するなよ


7: 2018/09/08(土) 00:55:03.52 ID:In+95X72

生まれつきの嘘つき民族である朝鮮人。

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年09月07日

【韓国】 日本の嫌韓、そのまま放っておこう〜経済力も軍事力も落ちる一方の日本、嫌韓は自害行為/元オーストラリア大使

1: 2018/09/06(木) 12:16:47.60 ID:CAP_USER

以前、某日刊紙に「日本の嫌韓、このまま放っておいてはいけない」というコラムが掲載された。このコラムによれば、日本の嫌韓の雰囲気は1990年代初め、慰安婦問題が台頭してから順次広がり始め、今は非常に憂慮すべき状態だと説明する。そして日本の嫌韓の雰囲気をそのまま黙認すれば、今後、関東大地震当時の朝鮮人大虐殺と同じ様な事がまた起きるかも知れないとまで言う。

筆者は少し違う意見だ。日本の嫌韓現象は望ましくなくて遺憾ではあるが、そのまま放ってお方がむしろ良いと思う。

日本経済は1990年代から長期沈滞に入り今は世界3位の経済規模まで落ちて4位のドイツとも大差ない状況に至った。このような現象は一時的ではなく、これからずっと落ちていき、近い将来、インドにも遅れをとるだろうという展望も出ている。世界第2位の中国との格差は一層広がり、現在の中国経済の1/3水準に留まっている。

そして国連憲章に出ているようにまだ第二次世界大戦の戦犯国家だから正常な国家の軍事力を持つのは難しい。日本の安倍総理が憲法を修正して正常国家になろうとしているが、そんなに簡単ではないだろう。

しかし、筆者は日本の経済力と軍事力が過去の日本が享受した時期とますます遠ざかる現象をいい気味だと考えてこれを指摘しようと思うのではない。日本が嫌韓を克服できなければ結局、世界に立つ場所を失うことになる自害的な結果になる点を指摘しようと思うからだ。

現在の世界が一時的に非自由主義国家(例えば、ロシア、トルコ、フィリピン、中国など)の登場で自由主義の衰退を憂慮するが、これは一時的な現象であり、世界は再び自由主義精神が一層広がると思う。人類の発展を様々に説明できるが、自由主義的精神が広がることが全人類の利益を極大化するからだ。これはヘーゲル哲学が主張するところでもある。

自由主義精神が世界的に完全に定着していないといっても現在の国際社会で人権の保障と増進は誰にでも当然の普遍的価値として受け入れられていることは否認できないだろう。

日本が過去の歴史に対し十分に反省していないという認識はただ韓国人だけではない。西欧先進社会では全部そのように認識している。特に、慰安婦問題は日本が国際社会で顔を上げることもできない致命的な恥ずかしい過去の歴史だ。これを継続否認する限り、日本は国際社会から常に片隅に追い込まれる他ない。

そこに嫌韓の雰囲気が日本で広がれば、これは日本が自ら自害する行為となる。西欧先進国家では人種嫌悪、女性嫌悪など特定の理由で嫌いだと表現すること、すなわちhate speechは法で禁じている。日本でもこれを憂慮する声もあるというが、大きく効果がない形だ。私たちは日本の自害行為を防ぐために私たち自ら努力する必要はない。日本が自害するように放っておこうというのが筆者の意見だ。

もちろん、日本の嫌韓の雰囲気がより一層広がることもあるだろう。日本が過去の栄華を再確認しながら現在を嘆き、そのしこりができていく心理状態を嫌韓で解こうと考えるからだ。日本の経済がまた回復するというが、日本が再び世界第2位の経済大国にのぼることは容易ではないだろう。日本の軍事力も核を持てない限り、そして国連憲章上戦犯国として記録されている以上、日本が韓半島に再侵攻する可能性は非常に低い。侵攻するといっても1910年当時の様に韓国を支配することはないと断言できる。

私たちは日本の嫌韓を憂慮するのでなく、私たちの経済の未来成長潜在力を拡張して強化するための多角的な努力をしていかなければならない。
(中略:私たちが日本の嫌韓を憂慮する前にすべきことリスト)

私たちは日本の嫌韓を憂慮するのではなく、私たちが国際社会にどのように寄与するのかを悩もう。国際社会が直面したグローバルな挑戦に対し韓国がきちんと寄与していこう。気候変化問題、開発途上国に対する人道的支援、難民問題に対する寄与など韓国が国際社会で模範国家として席を占めることが日本の嫌韓に対応するより先であろう。

日本の嫌韓?そのまま放っておこう。

キム・ポンヒョン/16回外交官試験合格、元オーストラリア大使、国立外交院兼任教授、済州大学招聘教授
http://www.ijejutoday.com/news/photo/201809/211239_173812_1034.jpg

ソース:済州(チェジュ)トゥデイ(韓国語) [キム・ポンヒョン]日本の嫌韓、そのまま置けばどうだろうか?キム・ポンヒョン/前オーストラリア大使
http://www.ijejutoday.com/news/articleView.html?idxno=211239

関連スレ:【慰安婦問題】 オーストラリアの慰安婦被害者「安倍は犯罪者。真の謝罪と培養を」〜韓国の招請断り法王へ手紙託す[07/27]
https://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1406472299/


2: 2018/09/06(木) 12:17:55.67 ID:AUqfqGNC

>>1
韓国って日本に何で勝ってるつもりなの?


3: 2018/09/06(木) 12:18:47.92 ID:+Oma//A2

韓国はラオスを放置すんなよ


4: 2018/09/06(木) 12:19:09.91 ID:9rDoWh1C

なぜ嫌韓になったか冷静に考えろよw
バーーカw

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年09月02日

【韓国】嫌韓デモを阻止する活動をしていた人たちのドキュメンタリー映画「カウンターズ」の広報を全面中止

1: 2018/09/01(土) 12:02:23.74 ID:CAP_USER

「日本列島をひっくり返した東京のアベンジャーズ」というフレーズとともに、しばらくの間、韓国のマスコミ記事で「偉人伝」扱いを受けていたドキュメンタリー映画があります。

「カウンターズ」という映画で、嫌韓デモを阻止する活動をしていた人たちのドキュメンタリーです。確か、映画そのものが韓国側が制作したもの(監督も韓国人)だと聞きました。

韓国側では「ヤクザ出身の男が、人権を守り差別と戦う」などと宣伝されていましたが・・・この映画の広報(広報、追加上映、インタビューなど)が全面的に中止となりました。また、記事の題によると「早期に上映を終了する」とも。

主演の男(の「元」となる人物)の「性醜行(日本で言うセクハラなど)」が明らかになったからです。

シンシアリーのブログ
http://sincereleeblog.com/2018/08/30/%E9%9F%E5%9B%BD%E3%81%E6%A0%E7%BB%E3%8C%E3%AB%E3%A6%E3%B3%E3%BF%E3%BC%E3%BA%E3%8D%E3%AE%E5%BA%E5%A0%B1%E3%92%E5%A8%E9%9D%A2%E4%B8%AD%E6%AD%A2/


「カウンターズ」の主人公セクハラ暴露されて.. "イベントのキャンセル、早期放映終了"
https://movie.v.daum.net/v/20180830161200433
ソース(韓国語)


3: 2018/09/01(土) 12:03:49.70 ID:xADcIqS6

な?


4: 2018/09/01(土) 12:03:58.01 ID:2uqSxdmw

パヨク涙目www


6: 2018/09/01(土) 12:04:29.34 ID:PbpBsl7U

ヤッパリ朝鮮には報道の自由は無いんだ。
ローソクの所持検査も始まりそうだな。

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌韓

2018年08月28日

【韓国】<寄稿> 日本の嫌韓、そのまま見過ごしていてはいけない=京郷新聞

1: 2018/08/27(月) 08:35:40.96 ID:CAP_USER

最近、YouTubeで日本の極右勢力の動画チャンネルが次々と閉鎖されている。これらが我が国と中国に対し、度が過ぎる嫌悪発言(Hate Speech)をしたからである。

(写真)
no title


2018年8月15日、73周年の光復節を迎えて映画『カウントス(カウンターズ=Counters)』が公開された。『カウント(カウンター=counter)』という英語は、『パンテハダ(反対する)』、『パダチダ(跳ね返す)』という意味である。日本の嫌韓デモや嫌悪発言に反旗を翻し、行動に乗り出した人々を称するカウントス(カウンターズ)は、日本で2013年に登場した市民団体である。

嫌韓は韓国、あるいは韓国人に対して嫌悪発言する事を意味する。日本メディアでの嫌韓談論の出現経緯を詳しく見れば、1990年代初頭に登場したグローバル時代以降、日本軍『慰安婦』問題が全面に露出する事で、日本と我が国のメディアで台頭し始めた。 特に1991年8月に日本軍『慰安婦』に対する被害を証言して、日本の最大の有力総合月刊誌『文藝春秋(1992年3月号)』の特集対談記事に掲載された嫌韓談論が導火線になった。その後、この特集対談記事が我が国の日刊紙で報道されて、韓国で報道された事がまた日本の日刊紙に掲載された。その後、嫌韓談論は日本メディアで現在まで繰り返し再生されている。

ヘイトゥ・スピチ(ヘイトスピーチ)、すなわち嫌悪発言という用語はアメリカで初めて登場して、地球村(Global village)の世界化が始まった1990年代から本格的に使われ始めた。嫌悪発言は特定集団や人々を排斥するため、偏見と暴力を煽り立てる差別発言を意味する。このような先入観と偏見が通過する段階について、憎悪犯罪研究者であるブライアン・レビンは『憎悪のピラミッド』の5段階で説明している。1段階目は偏見、2段階目は偏見による行動、3段階目は差別行為、4段階目は暴力行為、最後の5段階目はジェノサイド(民族の虐殺)で見ているのである。これは韓国と韓国人に向けた日本の嫌韓と嫌悪発言について、1〜2段階目の偏見と偏見による行動を次々と黙認して放置した場合、3〜4段階目の差別と暴力行為は過激なデモに発展して行くという事で、5段階目の関東大震災当時の朝鮮人虐殺と類似する事件がいつまた起きうる事を示唆しているのである。

過去、日本は世界2位の経済大国だった。GDPはアメリカの70%に迫り、人口も1億2000万人の大国だった。このような日本が長期低迷に陥った。一瞬にして崩れて失われた20年を過ごし、今は失われる30年を心配する境遇に置かれたのである。これは国家と企業を率いる指導者が未来変化を洞察することができず、間違った意思決定を下したからである。成長の限界に直面したシステムを、立て直せなかった事が主な要因である。

しかし現在、日本は再び立ち上がるため、歪曲した民族主義と愛国心の鼓吹に集中している。これは日本の政治だけではなく、文化界でも現れている現象である。結局、これは日本が犯した過去の過ちに対し、公式に謝罪しない吝嗇感(物惜しみ)につながっている。 日本は歴史美化というまた別の誤った意思決定を繰り返している。したがって嫌韓は、日本の自国民の民族主義と愛国心を低下させるものに対する強力な拒絶反応の過程で登場するようになったもので、この嫌韓は再び嫌韓デモにまで続いたと見る事ができる。

日本の極右勢力が韓国と韓国人を憎悪するのは、自身らの主張に対する確信があるから可能な事である。そうではなければ韓国と韓国人をこのように見下して侮辱し、攻撃する事はできないだろう。したがって嫌悪と憎悪はイデオロギーに基づいて集団的に形成された感性であり、いきなり爆発したものではなく、訓練されて養成されたものである。

そのため我々は、日本の嫌韓を絶対に一時的な現象で片付けて放置してはならない。むしろ嫌韓を形成する成分を、ゆっくりと一つ一つ解体しなければならない。そして歴史的、文化的脈絡を超えて作動している嫌韓の構造的な問題も同時に考察しなければならないだろう。

ノ・ユンソン(高麗大学校・人文力量強化事業団・研究補助員)

ソース:京郷新聞(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=032&aid=0002889830


4: 2018/08/27(月) 08:37:28.91 ID:24hwRLSc

なんで嫌われているかわからず改善しようともせず日本のせいばかりにする。仲良くなれるわけがない


5: 2018/08/27(月) 08:37:46.32 ID:2FAeW9LX

チョーセンが日本と対等な国だと妄想している

はやり バカチョン


6: 2018/08/27(月) 08:37:57.29 ID:r2OZZJuu

おいおい なじぇウリに無断で良心的日本人様は滅んだニカ?ってかよ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 嫌韓