在日 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年10月14日

【国内】聴覚障害ある女性に手話で脅迫・・・暴力団幹部と妻(韓国籍)ら3人逮捕

1: 2018/10/12(金) 22:58:34.50 ID:CAP_USER

※ ソース元に動画
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

聴覚障害がある知人女性を手話で脅し、無理やり謝罪文を書かせた疑いで、聴覚障害がある暴力団幹部らが逮捕された。

指定暴力団住吉会系組長の阿部太容疑者(54)や、韓国籍のイ・ヘイヨン容疑者(44)ら3人は、2018年6月、都内の飲食店で聴覚障害がある女性を脅し、無理やり謝罪文を書かせた疑いが持たれている。

聴覚障害がある李容疑者らは、同じく聴覚障害がある男性の年金などを、介護名目で勝手に使っていたため、女性が男性を避難させ、トラブルとなっていた。

このため李容疑者らは、女性を手話で脅し、「男性がいなくなったのはわたしの責任」などと謝罪文を書かせたという。

調べに対し、阿部容疑者らは容疑を認めている。

ソース:FNN
https://www.fnn.jp/posts/00403027CX


7: 2018/10/12(金) 23:00:08.66 ID:J59TjGwC

屑ばっか


16: 2018/10/12(金) 23:03:22.39 ID:xJ4TfmiU

いい加減にしろよ!韓国人!
いい加減にしろよ!韓国人!
いい加減にしねよ!韓国人!


17: 2018/10/12(金) 23:03:29.89 ID:I58XAdlh

ゴミはゴミ箱へ
祖国へ帰りな
ゴロツキ共


18: 2018/10/12(金) 23:03:56.36 ID:zL2wN4sb

毎日逮捕されてるねこいつら

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 在日

2018年10月13日

【文大統領】 「居住国社会で根をおろすよう」 在外同胞支援を強調…世界韓人の日

1: 2018/10/11(木) 09:36:09.56 ID:CAP_USER

【ソウル】

「第12回世界韓人の日」記念式と2018世界韓人会長大会閉幕式が10月5日、ソウルで開かれ、世界韓人会長団(約400人)や政界関係者ら計550人が参加した。「韓人の日」記念式で文在寅大統領は韓半島の平和プロセスを説明するとともに、「在外同胞は祖国の発展に寄与したが、在外同胞関連法が十分に機能せず残念だ。政府レベルでできることから始めたい」と強調した。また、文大統領から呉公太民団中央本部常任顧問に無窮花章が授与された。

文大統領は「子どもらが母国を忘れないようにわが国の文化、歴史と韓国語教育を拡大する。韓民族としての自負心をもちながら、居住国の社会で堂々と根をおろすよう支援する」と強調した。また、民団中央本部の呉公太常任顧問に「同胞社会の団結と『ヘイトスピーチ対策法』成立など同胞の法的地位伸張に寄与するとともに、韓日間の主要行事や災難時に募金活動をした」として無窮花章を授与した。

一方、韓人会長大会では在外同胞財団の韓祐成理事長が「大会期間中、母国と居住国の同胞社会発展のため尽力している会長らの姿に深い感銘を受けた。今後の母国の平和政策と繁栄に力と知恵を集め、世界に伸びていく原動力として懸け橋の役割を果たしてほしい」と歓送辞を述べた。

このたびの大会では、会長らが自発的に準備した1800万ウォンの奨学金がグローバルハンサンドリームに伝達された。奨学金は国内外の次世代人材が、学び、成長する環境づくりに使われる。

康京和外交部長官は午餐会で「在外国民がいつでもどこでも充分な領事協力を受けることができるようインフラを拡充している」と述べた。

また、外交部が5月にオープンした海外安全センターは、政府の100大国政課題のひとつとして、▽海外での事件・事故を24時間モニターし初動対応▽在外国民にリアルタイムの安全情報提供−などの役割を説明した。

閉会式に先立って開かれた全体会議では▽韓半島の平和定着のための母国政府の努力を積極支持▽母国の青年層の海外進出支援▽在外同胞関連の韓国憲法条項明文化要請▽韓民族の相互理解と和合増進のための「在外同胞記念館」建立要望など5つの条項を盛り込んだ決議文を採択した。


掲載日 : [18-10-10]
http://www.mindan.org/news_view.php?number=353


2: 2018/10/11(木) 09:36:29.45 ID:62QkdPZW

おろすな!!!


3: 2018/10/11(木) 09:37:03.54 ID:csagy64d

ウイルス


4: 2018/10/11(木) 09:37:29.95 ID:x9vDbLzT

帰りなさい!

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 在日

2018年10月07日

レイプしようとして女性の首の骨を折り両手両足まひの後遺症を負わせたチョンヨシキに懲役10年

1: 2018/10/06(土) 14:21:54.70 ID:3i0wh47T● BE:593349633-PLT(16000)

sssp://img.5ch.net/ico/u_puni.gif
2018年10月5日 22時06分
強制性交致傷事件で男に懲役10年判決 名古屋地裁

 名古屋市中区のマンション自室で女性に暴行しようとし、ベランダから転落させて重傷を負わせたとして、強制性交致傷罪に問われた韓国籍で無職鄭良樹被告(35)の裁判員裁判の判決公判が
5日あり、名古屋地裁は求刑通り懲役10年を言い渡した。

 田辺三保子裁判長は量刑理由について「女性が両脚や両腕のまひなどの後遺症を負った結果は重大。被告に反省の態度もうかがわれない」と述べた。

 弁護側は「無理やり性交しようとはしておらず、玄関から帰した」と無罪を主張。
被告の部屋は2階だが3階の空き室で女性の所持品が見つかったことから、女性はこの部屋から転落したと訴えたが、田辺裁判長は、女性が頭から落ちたものの頭部は骨折しなかったことなどから
「けがの程度などに合わず、不合理だ」と退けた。この部屋に女性の所持品が持ち込まれた経緯は「不明」とした。

 判決によると、被告は昨年8月17日未明、自室で20代女性に乱暴しようとし、逃げる際にベランダから転落した女性に首の骨折などの重傷を負わせた。

 裁判は5月に始まったが、別室に遺留品があると分かったため審理が中断。9月に再開された。

(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018100590220629.html


3: 2018/10/06(土) 14:22:45.49 ID:PQPvC75S0

え?軽すぎじゃね?


34: 2018/10/06(土) 14:30:04.14 ID:Lgeph0350

>>3
軽すぎだな


4: 2018/10/06(土) 14:22:48.73 ID:nwadBGpd0

朝日は報道しないか通名にする案件

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 在日

2018年10月05日

日本の「在日」はなぜ民族アイデンティティーにこだわるのか

1: 2018/10/04(木) 00:27:10.59 ID:CAP_USER

数年前、寒さが厳しかった冬の日、大阪の小さな飲み屋で涙を流したことがある。誠実そうな女性が経営するその店は「朝鮮籍在日2世」が退勤後に寄っていく憩いの場のようなところだった。財政難で数カ月間も月給を受けず朝鮮学校を守る人、事業のために韓国国籍を取得したが朝鮮総連で働いた経歴のため韓国に行けなかった人、差別を受けて職場を転々とし、結局は食堂をする父を手伝うことにした人。それぞれ経験は異なるが、みんな朝鮮籍という「民族」を握って生きている人たちだった。

グローバル化時代に「民族」とは。それが何を意味し、どうして世代を継いでまで必死に守ろうとするのか。個人の安全と幸せのためにあらゆることが可能な最近のような時代にだ。朝鮮籍の在日は日本にいてもその一部になることはできない。戦争が終わって日本に残された朝鮮人のうち多くは南北に分断した祖国を拒否し、「朝鮮籍」として残ることを選択した。この人たちにとって朝鮮国籍と韓民族というアイデンティティーは日本社会の差別に耐えていく共同体のもう一つの名前だった。実際、安倍政権は朝鮮学校を高校無償化から除くなど差別をし、最近、大阪高等裁判所も高校無償化差別政策に軍配を上げる判決を出した。

こうした差別は今からでも国籍を変えれば簡単に解決することだが、あえて日本社会で孤立する険しい人生を選択する在日を理解できなかった。いったい何のために朝鮮籍を維持するのかという筆者の質問に対し、お酒を出していた女性経営者が強い口調で答えた。「ただ、自分の民族だから」。

この人たちにとって民族は分断した南北や韓民族のような大層なものではなく、ただ、すぐそばに座っている友人・家族・隣人のようだった。日本で厳しい生活を送ってきた父の世代に対する敬意と愛、朝鮮学校で一緒に勉強しながら乗り越えてきた友人に対する思い、そして朝鮮人として生きていかなければいけない子どもに対する責任感など入り混じった感情が、まさにこの人たちが話す民族アイデンティティーだった。

告白すると、今まで筆者は民族を暴力的であり排他的な呼名と信じていた。民族は他者と区別することで生産される集団アイデンティティーであり、多くの場合は個人の自由と集団間の違いを抑圧するものとして作動する。民族の名を前面に出した暴力・戦争・排除・葛藤事例は数えきれないほど多い。

しかし朝鮮籍の在日の生活が語っているように、簡単に民族を捨ててしまうのも難しい。ある人は民族という枠の中でなんとか暮らしを維持し、何よりも民族という名の想像共同体が依然としてその命脈を維持しているからだ。

さらに分断した韓半島(朝鮮半島)で民族の平和な共存は否定できない未来の目標であり、切り裂かれた民族こそが現在の韓国社会の根源的な矛盾だ。韓半島の脈絡で民族を単純に否定することでは問題を解決できない。むしろ今までいかなる脈絡で民族が強調され、いかなる民族アイデンティティーが生産されたかを知ることで、グローバル化の時代にふさわしい民族の位置づけを悩もうという姿勢が要求される。

在日が日本社会の差別に耐えるための少数者のアイデンティティーとして民族を呼称したとすれば、分断した韓半島で民族アイデンティティーは過去の原形復元で未来を想像することだ。南北ともにあらゆる社会問題を繕う目的で規律的アイデンティティーとして民族を強調してきたことも忘れてはいけない。

何よりもこうした形態の民族は、グローバル化時代の平和を模索すべき昨今の韓半島状況とはかけ離れている。原形として民族を召還していた最近の南北交流イベントが以前ほどの市民の反響を呼ばなかった理由を改めて考えてみるべきだろう。

韓半島大転換の時期に民族という言葉があちこちから出ている。「南北は韓民族」という先験的な主張があふれ、南北交流と経済協力を民族の血脈復元という当為として接近したりもする。逆に民族自体を否定しながら徹底的に経済的価値として北朝鮮を他者化する人たちもいる。ともに現実的でなく、かといって未来志向的な代案でもない。分断の脈絡から民族の問題を認めながらも平和な韓半島で「新しい民族」に対するもう少し激しい悩みが必要な理由だ。原則はある。それはグローバル化時代に民族の位置づけは他者を排除したり内部を規律するのではなく、分断と新自由主義で破片化した南北市民の生活の回復、そして分裂と敵対で破壊された全員の共同体復元でなければいけないという事実だ。ちょうど今日は開天節(建国記念日)だ。

キム・ソンギョン/北朝鮮大学院大教授

ソース
中央日報/中央日報日本語版 2018年10月03日14時37分
https://japanese.joins.com/article/727/245727.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp


3: 2018/10/04(木) 00:29:04.79 ID:cAjD6afT

でも帰らない


4: 2018/10/04(木) 00:32:05.39 ID:vFHXyiTj

犯罪歴があって帰化できない連中はもうそこしかないからな


5: 2018/10/04(木) 00:32:44.26 ID:zP+It3Vm

所詮、三国人だから

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 在日

2018年09月23日

【EBS】在日韓国人学生の北朝鮮修学旅行

1: 2018/09/21(金) 10:21:49.28 ID:CAP_USER

【EBS ニュースG】
※ 動画がソース元にあります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<アンカー>
今日(20日)の午前、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長が一緒に白頭山(ペクトゥサン)に登る感動的なシーンがありました。南北首脳会談が開かれた3日間、北韓(北朝鮮)と平壌(ピョンヤン)の変化した姿も印象的でした。その後の変化、特に北朝鮮旅行を期待する人たちも多いと思いますが、今日のニュースGでは在日韓国人学生の北朝鮮修学旅行の様子を準備しました。一緒に見ましょう。

<レポート>
北朝鮮の鴨緑江(おうりょくこう)沿岸にある恵山市(ヘサンシ)。

力一杯ジャンプする写真を撮る学生たちは、日本の朝鮮学校の在日韓国人の若者たちです。

我が国と同様、3年生になれば卒業旅行をしますが、その目的地がまさに『北朝鮮』なのです。

北朝鮮に滞在する1〜2週間の平壌観光、白頭山登山、妙香山(ミョハンサン)および開城(ケソン)訪問など、北朝鮮の観光地と遺跡を見学します。

伝統文化や芸術を鑑賞して人々と出会い、北朝鮮の風景をカメラに収めますが、これまで教科書だけで見てきた北朝鮮に直接向かい、発展した姿を見ながら驚いたという反応です。

日本社会で北朝鮮のイメージが良くないだけに、自分たちが旅行で北朝鮮を訪問できる事を知っている学生は多くありませんが、そのため半分は不安な気持ちで旅立った学生は北朝鮮の変化した日常と住民に会って不安が消えたと言います。

同じ年頃の北朝鮮の軍人と撮った写真の中の表情が、自然なのもこのような理由です。

日本社会で日本の学校に進学する在日韓国人が増加する中、『韓国人』または『朝鮮人』としてのアイデンティティーを守って韓国学校や朝鮮学校に通う学生は多くの場合、日本の極右主義者やヘイトスピーチの対象になります。

そのため、日本朝鮮学校の学生の北朝鮮修学旅行は特別な時間として心に残りますが、生まれて初めて気楽に堂々と歩いて韓国語を使ったり、歓迎してくれる姿から家に来たような気楽な印象を受けたという感想を残します。

分断の象徴である板門店(パンムンチョン)や硬直した社会の雰囲気、貧困からかろうじて生きている住民の姿などにも接しますが、しかし恐ろしいよりも、いつかは変化するだろうという期待を感じると言います。

このように北朝鮮修学旅行の瞬間は携帯電話の中の思い出として残り、日本社会で生きて行く学生に勇気になります。

ソース:EBS(韓国語)
http://news.ebs.co.kr/ebsnews/allView/10955556/H


2: 2018/09/21(金) 10:23:26.94 ID:CAP_USER

写真もありました

[no title


3: 2018/09/21(金) 10:24:10.54 ID:WKpeCR/P

再入国禁止で


6: 2018/09/21(金) 10:26:00.84 ID:/dRvSXoF

『朝鮮人』としてのアイデンティティーがあるなら祖国へ帰れ


7: 2018/09/21(金) 10:26:45.10 ID:ajRbM2Hn

そのまま祖国に移住しなさい。

日本に来ないでね

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 在日

2018年09月19日

【テレ朝】男性はね殺害した疑いで韓国籍のタクシー運転手逮捕・・・車載カメラに直前映像

1: 2018/09/18(火) 09:05:12.19 ID:CAP_USER

東京・六本木で、タクシー運転手の男がハイヤーの運転手の男性をはねて殺害したとされる事件で、ドライブレコーダーに事件直前の交通トラブルの様子が映っていたことが分かりました。

殺害された岡田進さん(45)が運転するハイヤーのドライブレコーダーの映像では、狭い道で1台のタクシーとすれ違えず、ハイヤーから降りた岡田さんが歩道によけるよう促す様子が映されています。タクシー運転手の韓国籍の南康弘容疑者(69)は15日、港区六本木で進路を巡って口論になった岡田さんをはねて殺害した疑いで送検されました。「被害者が罵声を浴びせてきた。自分は冷静に対応した」「体が半分、車外に出たまま右足でブレーキペダルを3回踏んだが、車が止まらなかった」と容疑を否認しています。

ソース:テレ朝
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136418.html


3: 2018/09/18(火) 09:09:17.12 ID:pSuO2c02

犯罪はやっぱり朝鮮人


6: 2018/09/18(火) 09:11:32.05 ID:mnNOMf/f

やはりな。
奴らを一掃するだけで治安よくなりそう。


7: 2018/09/18(火) 09:11:39.73 ID:7wZpzRiK

殺意があり 行為で轢き頃した殺人者

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 在日

【在日パチンコ業界の闇】パチンコと北朝鮮 〜朝鮮総連とパチンコと脱税〜

1: 2018/09/17(月) 13:00:09.79 ID:CAP_USER9

 パチンコ業界は歴史的経緯もあって在日資本が多い業界です。

在日韓国人にしろ、在日朝鮮人にしろ、そのアイデンティティは複雑です。
なのでこの辺の問題はさらっと経緯を述べるのみにしますが、太平洋戦争終了時に日本に在住していた朝鮮半島出身の方々は、
(少なくとも国籍上は)日本人であったものが、戦後の民族解放という流れの中で朝鮮人として扱われるようになり、
帰国するか、もしくは、日本に残るか選択が迫られました。(一部には戦後渡航したという方々もいます)

ここで日本に残る選択をした方々がいわゆる在日韓国・朝鮮人の一世なわけですが、
祖国解放・独立を経験し、なおかつ親族の多くが本国に残っていた彼らのアイデンティティは当然にして日本よりも韓国、北朝鮮に向いていました。
そのため、日本にいながらも祖国の発展に貢献したいという思いが強く、戦後しばらくすると、それは本国への送金という形で表に現れます。

この時、在日韓国人の方々は公式なルートで本国へ送金なり投資をすればよかったのですが、日本と国交のない北朝鮮側にアイデンティティを求めていた人はそうはいきませんでした。
そのため彼らの代弁者たる朝鮮総連が、不正な送金ルートを開発していきます。
その代表がかつて日本と北朝鮮の交易船としての役割を果たしていた「万景峰号」で在日朝鮮人から集めた数十億円単位の資金を現金で北朝鮮で送るということが繰り返されていました。

このように当初パチンコ業界と北朝鮮の関係というのは、朝鮮総連を介した間接的なものでした。
朝鮮総連は、在日朝鮮人の歌劇団である金剛山歌劇団の公演を全国各地で行い、その公演開催に対する寄付やチケットという形式で在日商工団体から資金を集め、その資金を万景峰号をとおして北朝鮮に送金していました。

そしてそのお金のかなりの部分はパチンコを通して稼がれたものであった、という関係です。

>>2へ続く

http://lite.blogos.com/article/324400/


3: 2018/09/17(月) 13:01:00.91 ID:CAP_USER9

なお在日韓国人系の団体である韓国民団は必ずしも大韓民国政府の傘下にあるわけではありませんが、朝鮮総連は北朝鮮政府の完全な従属団体です。

話を戻しますと、北朝鮮へ寄付する在日朝鮮人も、商売人なだけあって祖国愛だけで多額の寄付をするというわけではありませんでした。
朝鮮総連は地方自治体や日本政府に対して恫喝を繰り返すことで、在日朝鮮人の経営する企業が脱税しやすい環境を作り出して、本国への送金の原資を作り出すことに貢献していたのです。

平沢勝栄議員は著書「警察官僚が見た『日本の警察』」でその辺の事情を以下のように記しています。


 家族や親類を北朝鮮に残して日本に来たものにとって「祖国に送金しろ」という命令には逆らえない。身内を人質に取られているようなものだからだ。
パチンコ業者の中には、かつて一人で数十億円も寄付した者までいた。昔は、1億円以上寄付したものには全員勲章が与えられ、名前が北朝鮮関係の雑誌に出た。
祖国に貢献した人々として、パチンコ業者の名がズラーッと雑誌のページに並んでいたのである。

 北朝鮮系のパチンコ店に対しては、国税の取り立ても甘かった。
かつて国税局が北朝鮮系のパチンコ店に査察で入ったとき、朝鮮総連がその国税局に、デモ隊を組織して批判のシュプレヒコールをあげたことがあった。この一件で、国税局はすっかり怖じ気付いてしまったからだ。
そして、北朝鮮系の店舗の税金問題は、必ず朝鮮総連系の在日朝鮮人商工連合会に相談するという約束まで交わしてしまったのことである。

 北朝鮮の組織としては
「北朝鮮系のパチンコ店は、我々のおかげでいくらでも金がごまかせるようになったじゃないか。そのごまかした金を我々に送ればいいだろう」
という論法で、パチンコ業者に催促していると聞いた。


このような背景もあり戦後ながらくパチンコ業界は脱税業種No1といわれており、その脱税された資金が北朝鮮に送られている、という構造がありました。
この金額は年間数百億円と言われており、おそらくはその資金の一部が核兵器の開発に使われたと目されています。
これは日本としては由々しき事態ですが、だからと言って在日朝鮮人のパチンコ店の経営者は人質を取られていた状態で他の選択肢もなかったので、彼らだけを責めても解決になりません。

このように在日1世の時代はパチンコと北朝鮮の関係は朝鮮総連を介した間接的なものでしたが、これが在日2世の時代になると変わって来ます。
本国への関わりをほとんど持たない北朝鮮系の在日2世の多くは1世とは異なり、民族としては朝鮮に、社会としては日本に帰属意識を持つようになりました。
その結果、徐々に本国への寄付金は減少し始めます。こうなると朝鮮総連は1980年代後半から自らパチンコ店経営に乗り出します。

これを仕切ったのが当時総連中央財政局第二副部長だった韓光煕(ハン・グァンヒ)でその辺の事情は著書で詳細に記しています。

まずは人材育成から入ったようで、朝鮮大学校の優秀な学生をひっぱって来て在日朝鮮人のパチンコ店経営者などの専門家を招いたセミナーで座学を行い、現地研修で実務を覚えさせて優秀な店長を次々と育てていったそうです。

>>3へ続く


4: 2018/09/17(月) 13:01:14.40 ID:CAP_USER9

ホールの立地については幹部自ら土地選定を行い、地価の安い郊外に用地を確保して、次々と全国に大型ホールを建設していきました。戦略的ですね。

第一号として建設されたのは山形県の「パチンコ・ジャンボセブン(現在はパーラー国際新庄)」で、このホールはまだ営業しているようです。(まだ朝鮮総連が運営しているのかどうかは未確認です。)

こうして在日二世の時代になるとパチンコと北朝鮮の関係はより直接的になり、朝鮮総連がパチンコホールを運営し、脱税し、その利益が北朝鮮に送金される、という構図になります。

このように北朝鮮とパチンコ業界の関係はかつては非常に深いものだったのですが、現在では大きく環境が変化し、こうした構図はだいぶ廃れて来ています。
そもそも万景峰号はもう日本に来てませんしね。その辺の事情についてはまた次回まとめたいと思います。

おわり

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 在日