反日 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年08月16日

【終戦記念日】 反省のない安倍、反省するという日王

gyoro

1: 2017/08/15(火) 21:33:39.26 ID:CAP_USER

【アンカー】私たちには光復節、日本では敗戦日ですが、日本の右派政治家たちは周辺国の反発にもかかわらず、再び靖国神社に集団参拝しました。安倍総理は戦争を起こした責任や反省については口を閉ざしましたが、日王は深く反省すると話しました。東京からファン・ボヨン特派員が送ります。

【記者】侵略戦争で膝を屈した日本。戦犯たちが合祀された靖国神社には日章旗と旭日旗が並んでかかっています。参拝客は朝から列をなしました。靖国参拝をする会所属の国会議員らは今回も間違いなくぞろぞろ現れました。不名誉退陣した稲田前防衛相、そして執権自民党幹部らも行きました。

安倍総理は供物料を出すことで参拝の代わりとしました。北朝鮮の核ミサイル脅威に備えるために韓国と中国との協力関係が何より重要だという点が考慮されたと見られます。

[柴山昌彦/自民党総裁特別補佐:安倍総裁の指示を受け、尊い命を犠牲にした先人たちの英霊に哀悼の意を捧げました。]

しかし、日本の侵略戦争を認めたり反省するそぶりは今回もありませんでした。ただ戦後、良くやってきたし、これからも良くしていくだろうという言葉だけ繰り返しました。

[安倍晋三/日本総理:(戦後)世界平和と繁栄に努力してきました。(これから)世界平和と繁栄に貢献するでしょう。]

安倍総理と同じ位置に立った、明仁日王は3年目の反省を強調しました。

[明仁/日王:過去を顧みて深い反省と共に戦争の惨禍がまた繰り返されないことを切に願います。]

わが政府は侵略戦争の象徴である靖国神社に日本の政治家たちが供物料を出して集団参拝したことについて深い憂慮を表明しました。

東京からYTNファン・ボヨンでした。

ソース:YTN(韓国語) 反省ない安倍、反省するという日王
http://www.ytn.co.kr/_ln/0104_201708151930020386


2: 2017/08/15(火) 21:34:20.97 ID:ZaQ00m15

いいかげんにしろよ。


4: 2017/08/15(火) 21:35:01.15 ID:Uth1iRCF

陛下の反省は国民向けだ
負ける戦争してすまないってやつだ、支那朝鮮は関係ない


10: 2017/08/15(火) 21:41:16.18 ID:mFkzqOrl

>>4
ルーズベルトは何が何でも日本と戦争がしたかったので、
遅いか早いか問題なので、負け戦を恨んでなどいないのに。

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 反日

【韓国】 光復72年目の学校に漂う日帝の亡霊…学校の日帝残滓、号令台と学校名

1: 2017/08/16(水) 00:38:55.85 ID:CAP_USER

no title


我が国が日本から解放(光復)され72周年をむかえたが仁川(インチョン)地域の学校現場には相変らず日帝強制占領期間の痕跡が残っている。

我が国の学校建物配置は日帝強制占領期間の兵営と同じ姿を見せる。14日、仁川市教育庁によれば去る2015年以後、仁川地域に新設された9カ所の学校運動場には号令台がない。号令台を日帝強制占領期間の軍国主義文化の残滓と見て設置しなかったからだ。

学界では日帝強制占領期間の時から立てられた近代学校の施設配置を兵営文化の産物と判断する。日本軍兵営の指揮官が査閲台に上がって兵力を査閲したことを真似て号令台が設置され、教師は学生たちの隊列を合わせた。

日本残滓をなくそうという理由で運動場で行われる朝礼が消え、号令台の必要性もなくせるようにした。しかし、大部分の学校には号令台がまだ席を守っている。多くの学校が号令台の下の空間を倉庫などに活用するなど、まだ必要とする場所が多くて、撤去費用も発生するためだ。

仁川地域の学校名称にも日帝強制占領期間の痕跡は相変わらずだ。学校の名称に地域の名前と方位の概念を合成したのは代表的な日帝時代の行政便宜主義的名づけ法の残滓だ。仁川地域508の小・中・高など学校中17小学校と4中学校が区名に方位を合成した学校名を使っている。

富平区(プピョング)には「富平」と東西南北の名称を合成した小学校が4カ所、中学校が3カ所におよぶ。この様な事情にもかかわらず、市教育庁と学校は学校名変更の必要性を感じずにいる。

過去10年間、仁川地域の各学校中、名称変更した学校は11カ所だったが、学校名に東西南北を使った学校は一カ所もない。反面、京畿道(キョンギド)教育庁は日帝強制占領期間残滓清算を目的に昨年から一番、中央など序列を使ったり方位概念が入った学校の名称変更を誘導している。

市教育庁関係者は「一線学校が要請すれば、号令台撤去予算を支援したり学校名変更ができる」としつつも「まだ号令台撤去や方位名の学校名変更要請はない」と話した。

ホ・ジョウン記者

ソース:中部日報(韓国語) 72年目学校を飛び交う日帝亡霊…学校の日帝残滓
http://www.joongboo.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1186323


2: 2017/08/16(水) 00:42:14.27 ID:d5SU9gy9

だからさっさと捨てろよw
誰も維持してほしいなんて思ってない。

想像以上にいろんなものを捨てることになるがなw


3: 2017/08/16(水) 00:42:21.96 ID:WeoswkqN

ソウル大学とか潰さないと!


4: 2017/08/16(水) 00:42:55.27 ID:cjutPLjD

わかったから
サッサと潰せよ

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 反日

「靖国神社参拝」を騒ぎ立てる中国と韓国 いつから首相の靖国参拝が問題視されるようになったのか

gyoro

1: 2017/08/15(火) 17:33:01.22 ID:CAP_USER

終戦記念日の8月15日、日本では戦争による犠牲者の慰霊をするが、日本に併合されていた韓国にとっては『光復節』、北朝鮮は『祖国解放記念日』、いうならば独立記念日だ。

ちなみに戦勝国中華民国(台湾)と、日本と戦ってもいないのに“勝った”と言う中華人民共和国(中国)は、旧ソ連と同じく9月3日を『軍人節』や『抗日戦争勝利の日』と制定している。

8月15日に日本の首相や閣僚が靖国神社に参拝すると、なぜ中韓だけが騒ぐのか。いつから首相の靖国参拝が問題視されるようになったのか。

戦後初の首相である東久邇宮稔彦王から現在の安倍晋三首相まで、15人の首相が靖国を参拝している。特に1985年までは、ほぼ毎年首相が参拝していた。春秋の例大祭はもとより、終戦の8月15日に参拝することも何回かあったが、韓国も中国も何も言わなかった。

問題視したのは、日中が“蜜月”関係にあった時代だ。きっかけを作ったのは“戦後政治の総決算”を思想信条にした中曽根康弘元首相である。1985年8月15日に公式参拝を行ったのだが、これに対してさっそく中国が噛みついた。

「中曽根氏にもう少し気骨があれば、今日のような事態を招かずに済んだのです。ケ小平がどう文句を言おうと、翌年も翌々年も公式参拝を続けていれば、ケ小平は現実主義者ですから『抗議しても聞く耳持たない人間には言っても無駄だ』と思ったでしょう。

ところが、中曽根さんは中国に抗議されると、青菜に塩のようにヘナヘナとなり、翌1986年には参拝を見送ってしまうのです。日本の首相のみならず、閣僚が参拝するだけで、中国が文句を言うのは簡単な理由からです。中国は中曽根さんが公式参拝したから問題にしたのではありません。取りやめたことを問題としたのです」(評論家=石平氏)

中国は「お前は悪いことをしたと反省したからやめたのだな」と考えるからだ。さらに言えば、中国は日本に歴史問題で圧力をかければ、必ず平身低頭して折れて謝ると、この一件で味を占めた。こうして中曽根元首相の参拝中止以来、日中関係はおかしくなっていく。

「彼が日中関係を修復できないほど壊した元凶です」(同氏)

とんでもない“戦後政治の総決算”だったわけだ。

1986年に当時の中曽根康弘首相は靖国神社参拝を取りやめるが、それまでは過去10回にわたり中曽根氏は靖国参拝をしていた。しかも、1985年8月15日には、現職首相として初めて靖国神社に公式参拝していた。

ところが、1986年に朝日新聞などのメディアが1978年に合祀されたA級戦犯のことを取り上げ、公式参拝を問題視した。中国側も朝日新聞から「この問題をどう思うか」と取材を受ければ「公式参拝はアジア各国人民の感情を傷つける」と言わざるを得ない。かくして、中曽根首相は1986年に一転して靖国参拝を取りやめる。

このときの後藤田正晴官房長官が残した「内閣総理大臣その他の国務大臣による靖国神社公式参拝に関する官房長官談話」(官房長官談話)は次のような内容だった。

《A級戦犯に礼拝したという批判があり、近隣諸国の国民感情に配慮するために、首相の公式参拝を差し控える》

この官房長談話は、『河野談話』、『村山談話』同様に罪深い。A級戦犯が合祀されたのは1978年(新聞が報じたのは1979年)で、その後も大平正芳首相や鈴木善幸首相は靖国を参拝しているが、中韓両国からは批判されていない。

以後、日本のメディアが“ご注進報道”を行い、それに反応した中国からの圧力に日本が屈するという悪しきパターンが出来上がった。中曽根元首相は後年、靖国参拝を見送ったことについて、次のように弁解している。

《この参拝が中国内部の権力闘争に援用され、特定政治家の失脚につながる危険があるという情報を聞き、日中友好を維持するために参拝は行わなかった》(読売新聞=1992年8月14日付)
ここで言う特定政治家とは、日中友好政策を推進する胡耀邦(こ・ようほう)のことだ。こうした中曽根首相の姿勢に対し当時、中嶋嶺雄国際教養大学学長(現代中国学)は『神社新報』のインタビューでこう批判している。

https://myjitsu.jp/archives/28342

>>2以降に続く)


2: 2017/08/15(火) 17:33:18.32 ID:CAP_USER

>>1の続き)

ここで言う特定政治家とは、日中友好政策を推進する胡耀邦(こ・ようほう)のことだ。こうした中曽根首相の姿勢に対し当時、中嶋嶺雄国際教養大学学長(現代中国学)は『神社新報』のインタビューでこう批判している。

《信念の問題でしょう。一見強く見えるけれど、どこが弱点か、中国はちゃんと見ていた。弱みを突いたら見事にぐらついた。そこが靖国問題の原点だと思う》
強固な政治的信念に欠け、状況を見て豹変する“風見鶏”と呼ばれた中曽根元首相の習性を、中国の対日強硬派は見事に見抜いていたということだ。

ちなみに、加計学園問題において安倍晋三首相を追及した前川喜平前文科省事務次官の妹の真理子さんは、中曽根元首相の長男、中曽根弘文(元外相、文部相)夫人だ。道理で親戚一同が安倍嫌いなわけだ。

韓国が日本の指導者が靖国神社を参拝することに否定的なのは、A級戦犯が“神”として祀られているのでという理由からだ。A級戦犯の罪を日本の指導者が否定することは、朝鮮人に対する残虐行為を肯定することにつながる非人道的行為という言い分である。

しかし、A級戦犯が靖国神社に合祀されたのは1978年のこと。以後、中曽根康弘首相が参拝を中止した1986年まで何人もの首相が公式参拝しているが、韓国は一度も抗議していない。A級戦犯関連は後付けの難癖だ。

A級戦犯という悪人の響きを持つ言葉を生み出した東京裁判は、以下のような“罪”を犯した者たちを裁いている。

【極東国際軍事裁判所条例第5条】

平和ニ対スル罪
通例ノ戦争犯罪
人道ニ対スル罪

このうち、1に該当する人々がA級戦犯として裁かれ、25人が有罪となり、7人が絞首刑になった。ところが、この《平和ニ対スル罪》というのは、明らかな事後法だ。

そもそも“侵略戦争”というものの意味が不明確であり、東京大空襲や原爆投下で大量の一般市民を殺戮したアメリカは、明らかに国際法に反している。アメリカの指導者及び指揮官は、3《人道ニ対スル罪》を負っているが、誰ひとり罰せられていない。

しかもA級、B級、C級というネーミングから、A級が一番悪質な罪と捉えられているが、実際にはこれは罪の等級ではない。だからB級C級戦犯のなかにも死刑になった人がいる。

テレビや映画になった『私は貝になりたい』は、捕虜を殺害したB級C級戦犯として逮捕され、理不尽な裁判で死刑を宣告される元陸軍中尉の手記に基づいた物語だ。

裁く側から言えば、B級C級戦犯の死刑がA級戦犯の死刑よりも“軽い”というわけでもない。したがってA級戦犯を分祀さえすれば、靖国神社への海外批判を交わすことができるというのは的外れなロジックにすぎない。

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 反日

2017年08月15日

【韓国】日帝式地名、いつまで使い続けるのか? 専門家「昔の地名を調査・整理し、正すべき」

1: 2017/08/14(月) 23:39:37.38 ID:CAP_USER

太宗・世宗の村「俊秀坊」、「壯義洞」の名は消え
ソウルの最も伝統ある町内の「(郷)校洞」は「楽園洞」に
専門家「昔の地名を調査・整理し、正すべき」

解放から72年も経ったが、ソウルの地名の30%以上は依然として日帝の支配から抜け出せていないことが分かった。

14日、韓国地名学会の説明を総合すれば、ソウルの法定洞467個のうち30%以上の140洞の名前が日帝時期に誤って付けられたものであることが分かった。残りの70%も、朝鮮時代まで使われた伝統地名ではなく、日帝が1914年に洞名称改定時に既存の地名を参考にして新たに付けた地名だ。

解放後、日帝が誤って付けた地名の一部は直したが、大部分は日帝式の“町”を韓国式の“洞”に変える水準だった。

例えば、日帝の洞名称改定で太宗(テジョン)李芳遠(イ・バンウォン)と世宗(セジョン)が暮らした村の地名が完全に消え去った。『朝鮮王朝実録』によれば、世宗が生まれたところはソウル北部の「俊秀坊」潛邸(王の私邸)であり、育って即位したところは北部の順化坊「壯義洞」本宮(王の私邸)だった。

しかし日帝の歪曲で俊秀坊は通仁洞(トンインドン)に、壯義洞は孝子洞(ヒョジャドン)に変えられた。特に壯義洞は朝鮮時代、現在の西村(ソチョン)地域の代表的地名なのに、日帝の歪曲により完全に消えてしまった。

また、ソウルで最も由緒深い地域であり、高麗時代に南京(ソウル)の郷校があった村である「(郷)校洞」は楽園洞(ナグォンドン)に変わった。日帝がこの一帯の地名の一つである「園洞」に「楽」字を勝手に付けて作ったでたらめな地名だ。

五葉松が多かった「栢洞」(松の実谷)は東崇洞(トンスンドン)に変わった。「崇教坊」の東側町内という誠意のない名前だった。この他にも「薬コゲ」(薬ヒョン)は中林洞(チュンニムドン)に、「トングルネ」(蔓草川)は旭川(ウクチョン)に、「漢ネ」(漢川)は中浪川(チュンナンチョン)に勝手に変えられた。

当時日帝は、人が多く暮らし知名度の高かった鍾路区(チョンノグ)一帯の地名は既存地名2個以上を混ぜ合わせる方式で歪曲した。

「玉流洞(オクリュウドン)」と「仁旺洞」(インワンドン)は玉仁洞(オギンドン)に、「清風渓」(チョンプンゲ)と「白雲洞」(ペクウンドン)は清雲洞(チョンウンドン)に、「雲ヒョン洞」と「泥洞」(ニドン)は雲泥洞(ウンニドン)に、「寛仁坊」(クァンインバン)と「大寺洞」(テサドン)は仁寺洞(インサドン)に変えて、本来の地名の意味を失わせた。

また「楼閣洞」(ヌガクドン)は楼上洞(ヌサンドン)と楼下洞(ヌハドン)に分けることもした。

地名学会のペ・ウリ名誉会長は「直ちに昔の地名を復活させることはできないとしても、昔の地名を調査してよく整理しておかなければならない。それでこそ後に地名を付け直す時に活用できる」と話した。

ファン・ビョンウ韓国文化遺産政策研究所長は「解放後に親日派が政権を掌握し日帝式地名を清算する作業がなされなかった。今からでも韓国の実情に合わない道路名住所の導入を中断し、正しい昔の地名を蘇らせる事業を始めなければならない」と話した。

キム・キュウォン記者

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28182.html

no title

ソウルの地名の30%以上が日帝が誤って付けた地名であることが分かった。ソウルで地名の歪曲が最も深刻なところは、古くから人が多く暮らし知名度の高かった四大門内だった=キム・キュウォン記者//ハンギョレ新聞社


2: 2017/08/14(月) 23:40:08.50 ID:ohIGH5sj

中華世界の地名に戻したら?


3: 2017/08/14(月) 23:40:37.10 ID:I3ErsBGX

バカチョンらしく乳出しチョゴリも復活させないとな!


4: 2017/08/14(月) 23:41:27.72 ID:dzPZDMNz

こういう細かい調査が出来るのに
慰安婦や徴用工はファンタジーになっちゃうもんなぁ

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 反日

2017年08月13日

北朝鮮の脅威によって、日本の再軍備は正当化されるのか?

1: 2017/08/12(土) 01:52:16.54 ID:CAP_USER

小野寺五典氏が再び防衛大臣に就任してから、日本の防衛政策は大きく転換することになった。8月3日に内閣改造が行なわれたとき、安倍晋三首相は小野寺防衛相に対し、2013年に閣議決定した防衛力整備の指針「防衛計画大綱」を見直すように指示した。

小野寺氏はまた、防衛省は2018年の夏までに、例えば巡航ミサイル「トマホーク」の配備など、敵基地攻撃能力をもつかどうか検討するということを明らかにした。それ以外にも小野寺氏は、もし北朝鮮が米国領のグアム島をミサイルで攻撃するなら、日本は集団的自衛権を行使してそれを迎撃する可能性について排除しなかった。

日本の防衛政策の変更はもちろん、北朝鮮が日本を単なる「米軍基地がある場所」として見なしているのではなく、軍事的な敵として、ミサイルの標的と見なしていることに起因している。

この問題は、技術的な側面と政治的な側面に分けて考えることができる。技術的な側面というのは、日本はもう近いうちに、じゅうぶん攻撃ができる武器をもつリアルな可能性をもっているということだ。こういった武器装備のプログラムは、巡航ミサイルトマホークRGM/UGM-109Eの利用を視野に入れているということになる。

トマホークは1600キロもの距離を飛ばすことができ、東京湾から、北朝鮮のどんな場所にでも撃つことができる。しかしこのようなミサイルの配備には時間もかかるし、日本の船、砲撃機能をもつ潜水艦、または米国のミサイルなどとからんだ配備の技術的問題を処理しなければならない。

その中でも、他のバリエーションもある。トマホークがまだ配備できないうちは、他の巡航ミサイルを使うという方法である。例えばフランスとイギリスは、SCALP Navalという水上発射型の巡航ミサイルを開発。これは1000キロの距離を飛ばすことができる。日本の領海内から北朝鮮を攻撃するには、距離的にはじゅうぶんである。

このミサイルはあまり大きくない海軍の武器として輸出(NATOの国々と、NATO以外ではサウジアラビア)されていた。それ以外にもストーム・シャドウという空中発射型のミサイルもあり、これは250キロの射程距離がある。このミサイルは、F−35ステルス戦闘機に配備できる。

ということは、もし「やる」ということになれば、日本は初の攻撃用の武器を一そろい、年内にも、いや、むしろ緊急の場合には、数ヶ月以内にも有するということになる。

政治的な側面というのは、安倍氏が、自身の内閣を取り巻く状況の中で、結論を出したということである。防衛大臣になったばかりの小野寺氏の発表から判断してみると、安倍氏と小野寺氏は、日本の再軍備を急ぎ強行しているということになる。

日本社会はこのような決定的な再軍備にもろ手を挙げて賛成しているわけではないが、それであっても、安倍氏には根拠とできるものがある。

まず第一に、社会が真剣に心配し恐れている北朝鮮の脅威がある。もし2006年、防衛庁が防衛省になったときの「再軍備」が国としての体面を保つための形式的なアクションであったとしたら、今の状況は、本物の戦争に向けて準備している「再軍備」である。

第二に、安倍内閣の支持率低下がもし続いたとしても、安倍氏が、残りの任期内で、不可逆的に日本を再軍備化させられるという希望を抱いていることは明らかである。

安倍氏は、誰が彼の後継者になったとしても、その人物が日本の再軍備開始のプロセスを嫌でも知らねばならぬようにし、それを続けなければならないような状況を作ることができる。このようにすることで、安倍氏の最も重要な政治的目的のひとつ、憲法改正は、実際的に避けられないものになる。

現在、日本は世界で第五位の海軍戦力をもち、軍事費では世界8位である。「グローバル・ファイヤーパワー」の軍事力ランキングでは日本は7位に位置している。しかし日本の上層部は、世界第4位の経済大国としては、それでは不十分だと考えている。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201708113978796/

>>2以降に続く)


2: 2017/08/12(土) 01:52:34.39 ID:CAP_USER

>>1の続き)

日本には、ロシア・中国・米国・フランス・英国が有しているような武器のうちいくつかのものがない。それは空母、戦略的爆撃機、大陸間弾道ミサイルである。戦略的爆撃機と大陸間弾道ミサイルは日本には必要ない。日本には核兵器がないし、近い将来にそれを持つ予定もない。

しかし通常の武器に関しては、上に列記したような国々にひけをとっている。日本では、安倍氏率いる日本政府が防衛に力を入れているのは「普通の国」になるためだと説明されている。しかしながら、北朝鮮が核ポテンシャルを増大させようとしている行為も、「普通の国」になるためだという名目で、正当化することも可能だ。

目指すのはそこではなくて、もしかしたら、平和憲法こそ世界の大国が目指さなければならないものではないだろうか?

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 反日

2017年08月11日

日本の防衛白書に中国と韓国が反発、「古い論調を繰り返しただけ」「意味のない主張」

fabyon

1: 2017/08/08(火) 22:20:26.05 ID:CAP_USER

日本の防衛白書に中国と韓国が反発している。

中国の王毅外相は8日、中国の海洋進出に懸念を示した防衛白書について「古い論調を繰り返しただけだ」と批判した。

また、中国の国営メディアは、防衛白書の大部分を中国批判にあてているとして猛反発している。

国営新華社通信は、「東シナ海と南シナ海での中国の合法的な海洋活動を、威圧的な現状変更の試みと中傷している」と指摘。「安倍政権は、軍拡の言い訳として中国脅威論を騒ぎ立てている」とする専門家の分析なども紹介している。

一方、防衛白書で、日本と韓国が領有権を主張する島根県の竹島が例年通り「わが国固有の領土」と記されたことについて、韓国の外務省は8日午後、韓国・ソウルの日本大使館の公使を呼んで抗議した。

韓国の外務省副報道官は「意味のない主張を繰り返すことは、未来志向の日韓関係のためにならないことを日本政府は自覚すべき」として記述の撤回を求めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13448616/


2: 2017/08/08(火) 22:21:42.41 ID:AWOIt3qN

中韓朝と共に進む先に未来はない。


3: 2017/08/08(火) 22:21:44.80 ID:eaN2HuRl

よい事


4: 2017/08/08(火) 22:22:32.01 ID:j1B0FFHK

流石に赤組は仲が良いな

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 反日

2017年08月07日

韓国世論の熱気「平昌五輪↓」「慰安婦像↑」…祭典より反日か 慰安婦問題への関心や不満拡大

1: 2017/08/06(日) 15:15:36.67 ID:CAP_USER

 2018年2月の平昌冬季五輪の開幕まで200日を切る中、韓国で冬季五輪に対する関心が低迷している。世界中が注目するスポーツの祭典の自国開催が目の前に迫っているものの、その高揚感は広がっていないようだ。

 一方、慰安婦問題では、時がたつにつれ韓国国内外で慰安婦像が増えていく状況で、若者も抗議デモに参加するなど日本への反感は広まっているようにも見える。

自国五輪への関心薄く

 韓国のメディアによると、文化体育観光省が7月末に公表した世論調査で、平昌冬季五輪に関心があるとした人は、5月に行われた全回調査から5・2ポイントも下落し、35・1%と低迷している。

 また、朝鮮日報の報道では、五輪チケットの販売状況は、今年2〜6月の第1次販売期間で22万9000枚と、総販売目標数107万のわずか21%と低迷しているという。

 しかも、販売できた22万9000枚の内、韓国国内の販売分は、わずが5万2000枚。国内販売目標数75万枚の6・9%に過ぎない。

 朝鮮日報によると、開催・運営に向けて平昌冬季五輪組織委員会は約940億円をスポンサー・寄付後援金として集める予定だったが、まだ約50億円不足している。市民も経済界も平昌冬季五輪への関心は明らかに薄い状況だ。

 韓国経済が必ずしも順風満帆でない中、冬季五輪“特需”を起こして景気の底上げが期待されるところだが、朴槿恵(パク・クネ)前大統領を罷免に追い込んだデモなど韓国国内の世論の高まりとは非常に対照的だ。

慰安婦問題への関心は拡大

 また、朴前大統領へのデモと連動する形で慰安婦問題への不満も広がり、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を撤去しようとした韓国行政側には強い反発も生じた。

 米南部ジョージア州ブルックヘブン市の公園ではこの6月に米公有地で2例目の慰安婦像が設置された。

 慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」をうたい両政府が一昨年末にまとめた日韓合意があるにも関わらず状況は悪化する一方だ。

 この状況は一昨年末の日韓合意だけではない。

 1993年の河野洋平官房長官談話や、「アジア女性基金」を設立し元慰安婦に「償い金」も渡してきた事業など日本政府がこれまで行ってきたさまざまな対応でも、韓国側の「ムービング(動く)・ゴールポスト」で前政権などが日本とまとめた取り組みを無視して謝罪を求め続ける状況が続いている。

 慰安婦問題への関心や不満は、時がたつにつれ拡大しているようだ。

http://www.sankei.com/west/news/170806/wst1708060004-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/170806/wst1708060004-n2.html

no title

ソウルで開かれた抗議集会で、慰安婦問題に関する日韓合意の撤回を求める人々と慰安婦像=3月、ロイター
no title

2018年平昌冬季五輪・パラリンピックの公式マスコットたち(AP)


2: 2017/08/06(日) 15:18:45.96 ID:N4WCt6XP

渡航禁止にしろ


3: 2017/08/06(日) 15:19:06.60 ID:jzaWt3Pr

(◎__◎;)日米韓、離反のチャンスのようです。


4: 2017/08/06(日) 15:19:08.31 ID:WxlOQ4H5

現実逃避

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 反日