朝日新聞 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年02月07日

香山リカ「朝日新聞は偏ってると批判されても市民の声に重きを置くべき。両論併記は政府に有利」

1: 2017/02/05(日) 17:25:14.25 ID:CAP_USER

スレタイは記事の最後の段落より

朝日新聞 声欄 届け響けこの思い 精神科医香山リカさん(56)
no title


2: 2017/02/05(日) 17:26:32.79 ID:VZK1raVe

中指立ててなきゃ!


3: 2017/02/05(日) 17:26:34.33 ID:3PSa2jf+

狂人


4: 2017/02/05(日) 17:26:57.97 ID:I64vYa5e

パヨクは両論併記されると都合悪いんだな?^^

続きを読む
posted by 中島 at 04:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

【朝日新聞】うそのニュースやヘイトスピーチのように民主主義の土台をゆるがしかねない情報は、市民がチェックして取り除く

朝日新聞

1: 2017/02/05(日) 14:20:22.83 ID:CAP_USER

検索サイト 情報の流通、重い価値

人々の間で情報が円滑にやり取りされることの価値を重く見た判断というべきだろう。
 検索サイトに約5年前の逮捕歴が表示される男性が、その削除を求めた仮処分事件で、最高裁は訴えを退ける決定をした。
 容疑は児童買春という強く非難される行いで、今なお公共の利害にかかわる。最高裁はそう指摘したうえで、このケースでは、削除してプライバシーを守る利益が、検索結果が提供される必要性を明らかに上回るとはいえないと結論づけた。
 注目すべきは、決定が検索サイトを「情報流通の基盤」と位置づけ、「検索結果の提供は事業者自身による表現行為の側面をもつ」と述べたことだ。社会インフラとしての同サイトの意義を評価し、検索結果の削除に高いハードルを課した。

 この判断は一方で、事業者に大きな責務を負わせるものということもできる。
 検索結果を提供する行為も、憲法が定める表現の自由のひとつの形態として、一定の保障を受けることがはっきりした。そうであれば、正当な削除要請には、これまでにも増して誠実に対応しなければならない。
 グーグルやヤフーなどの事業者は、決定がもつ意味をよく理解し、公共財として、より適切な運営を心がけてほしい。
 今回の事件は、さいたま地裁が15年に「人は『忘れられる権利』をもつ」との判断を示し、削除を命じて話題になった。だが最高裁は言及しなかった。
 忘れられる権利は欧州で生まれたが、国内での議論は深まっていない。公人の犯罪歴や不適切な言動をはじめ、たとえ本人の望みに反しても、社会で共有すべきものは少なくない。
 権利として認めた場合、どんなメリット・デメリットがあり、世の中にいかなる影響が及ぶか。具体例の集積や学説の進展を見ながら、慎重に考えを固めていくべき事柄だろう。
 名誉やプライバシーの保護と表現の自由との調整は、長年の難しい課題だ。ネット時代に入り、悩みはますます深い。


 忘れてならないのは、民主社会の維持・発展には人々が自由に情報を発信し、アクセスできる環境が欠かせないということだ。今回の最高裁決定が改めて示すところでもある。


 このおおもとを押さえたうえで、うそのニュースやヘイトスピーチのように民主主義の土台をゆるがしかねない情報や、他人の人格を不当に傷つける表現行為は、市民が主体的にチェックし、取り除いていく。


その地道な積み重ねを大事にしたい。
http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S12778735.html


6: 2017/02/05(日) 14:22:18.92 ID:s+eYYxbP

うそのニュースとは慰安婦捏造ニュースのことですね


7: 2017/02/05(日) 14:22:38.87 ID:hGCzSfRq

笑えないな
すぐ廃業して


11: 2017/02/05(日) 14:24:43.36 ID:hhF7D77g

朝日新聞、取り除かれちゃうの?

続きを読む
posted by 中島 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年02月03日

【朝日新聞】「母を追いかけ済州島から日本に。日本人から嫌がらせ受けた」…在日のホンジョンピョさんの歩みと今をたどる

1: 2017/02/02(木) 06:05:30.95 ID:CAP_USER

一人芝居「身世打鈴(シンセタリョン)」を2千回以上演じた俳優の新屋英子(しんやえいこ)さんが、昨年5月に87歳で亡くなってから9カ月。「もっと、生きて演じてほしかった」との思いを募らす95歳の女性がいる。舞台衣装チマ・チョゴリを手がけた在日コリアンの洪貞杓(ホンジョンピョ)さん。新屋さんを裏で支えた「共演者」の歩みと今をたどった。

2人が出会ったのは、1972年の冬。大阪・鶴橋の近くで洪さんが営んでいた民族衣装店を新屋さんが訪ねてきた。そのとき、新屋さんは悩んでいた。

「初演が近づくなか、どうすればオモニ(母)になりきれるのか」。知人を介して会った洪さんから「白いチマ・チョゴリは朝鮮女性の清らかな心です」と言われ、すとんと落ちました――。新屋さんは生前の取材にこう語っていた。

衣装を洪さんが作ることも決まり、植民地支配下の済州島から日本に渡った在日コリアンのおばあさんの身の上話「身世打鈴」の上演が翌73年から始まった。それから40年以上にわたって2131回も続くとは、誰も予想することはできなかった。

    ◇

洪さんは33年、身世打鈴の主人公と同じく済州島から日本に来た。父が行方不明になり、生活費を得るために大阪に行った母を追いかけたのだった。

ところが、母は病で島に帰り、洪さんは12歳でひとり暮らしに。くしを作る工場で働き、月給の5割ほどにあたる5円を島の家族に仕送りした。チマ・チョゴリの胸のひもを引きちぎられて川に捨てられたり、汚水をかけられたり。日本人から嫌がらせを受けることもたびたびあった。

≪中略≫

〈一人芝居「身世打鈴(シンセタリョン)」〉 シンセタリョンは「身の上話」の意。日本の植民地支配下にあった済州島から15歳のときに来日したオモニを新屋さんが演じ、代表作になった。

実在するオモニへの聞き書き集が脚本のもとになった。白いチマ・チョゴリを着たオモニが戦争や差別に苦しみつつ、たくましく生きる半生を新屋さんは表現した。1973年4月に大阪市の喫茶店で初演。中国と韓国でも上演した。新屋さんは94年に劇団野火の会を創立し、大阪府富田林市を拠点に活動した。

抜粋以下ソース

ソース:朝日新聞 2017年1月31日22時36分
http://www.asahi.com/articles/ASK1Z362FK1ZPTIL004.html
1500回記念公演で新屋英子さん(左)に花束を渡す洪貞杓さん=1996年4月、大阪市
no title

洪貞杓さん=大阪市
no title

洪貞杓さん(右)の民族衣装店で談笑する新屋英子さん=1990年代後半、大阪市
no title

洪貞杓さん=大阪市
no title

チマ・チョゴリを着た洪貞杓さん=1948年、本人提供
no title

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年02月02日

【朝日新聞】盗まれた仏像、両国の共有財産に 投書欄「声」

1: 2017/02/01(水) 19:34:28.25 ID:CAP_USER

盗まれた仏像、両国の共有財産に
(2017年2月1日)

 主婦 上垣信子(東京都 75)  長崎県対馬市の観音寺から盗まれた観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)について、韓国の地裁が、保管する韓国政府に対し、韓国内の浮石寺

続きはソース
https://school.digital.asahi.com/opinion/voice/


4: 2017/02/01(水) 19:35:37.67 ID:rUSpLZKO

これかw
no title


28: 2017/02/01(水) 19:39:06.10 ID:rUSpLZKO

>>4
改めて見ると、朝日新聞らしく「朝鮮通信使」を宣伝してるのが笑える

これ完全に社員が書いてるだろw


2: 2017/02/01(水) 19:35:07.00 ID:F2Nnw1ZZ

朝日w


3: 2017/02/01(水) 19:35:27.29 ID:HRU4kuit

こいつ、馬鹿?

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年01月26日

【朝日】和田春樹「韓国のデモ、一種の平和革命。韓国が遅れてると言ってる人は負け惜しみのような感じがしますね」

朝日新聞

1: 2017/01/24(火) 17:59:19.29 ID:CAP_USER

(人生の贈りもの)わたしの半生 歴史学者・和田春樹:1 79歳

2017年1月23日16時30分

昨年末にもロシアを訪れた。今年はロシア革命100年。「ナロードニキ革命家の伝記を書き上げ、僕の研究の最後を締めくくりたい」=東京都中央区築地、郭允撮影

 ■難航する隣国との課題に向き合う

 ――日ロ関係は、昨年大きく動くのではないかと期待されていました。プーチン大統領訪日の結果をどう見ていますか。

 失望しました。北方領土問題解決のためのラストチャンスをいかす会談だったのです。安倍首相はそのつもりで時間をかけて準備してきたはずです。だから僕は、日ソ共同宣言を基礎にして歯舞・色丹の2島返還から出発するという方向に、安倍さんは踏み切るのではないかと考えていたのですが、そうなりませんでした。日本がサンフランシスコ条約で放棄したクリル諸島に択捉・国後が含まれていないという4島返還の論理は無理なのです。共同開発するのなら、2島をロシアが、2島を日本が領有することにした上でやるしかないと思います。

 ――プーチンさんは、2島返還でさえ消極的に見えました。

 日ソ共同宣言を出したフルシチョフはソ連共産党第1書記で、その決定に抵抗できる勢力は国内にはありませんでした。プーチン大統領は強力に見えても、フルシチョフほどの力はありません。日ソ共同宣言での約束を守ろうとしていますが、国民の同意を取り付けるのが難しいのです。

 ――安倍さんが北方領土問題を解決できれば、歴史に残る「名宰相」になりますよね。

 確かに安倍さんが残された日本の戦後処理の大問題を取り上げて解決する方向性を出せば、間違いなく評価が上がるでしょう。ロシアとの領土問題と並んで残る課題は、北朝鮮との国交交渉問題です。これも安倍さんの課題のはずです。アメリカは今は何もできないのです。むしろ植民地支配の清算が済んでいない日本なら、北朝鮮との関係を変えることができるのです。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12761764.html?rm=150


2: 2017/01/24(火) 17:59:40.76 ID:CAP_USER

 ――北朝鮮との間では、拉致問題で進展がありません。

 拉致は大変痛ましい問題ですが、北朝鮮が死亡したという人について生存しているはずだ、返せと言うだけでは交渉にはなりません。金大中(キムデジュン)さんが北朝鮮との関係改善でノーベル賞をもらったんだから、ロシアとの領土問題を解決し北朝鮮との国交回復を果たして平和に貢献すれば、安倍さんもノーベル賞をもらっても不思議はありません。そっちをがんばっていただけるなら、憲法改正などにこだわる必要はないと思いますね。

 ――韓国の政治状況は、日に日に劇的に動いていますね。しかし大きなデモが起こるのは、政治が不安定で民主主義が発展途上だからという人もいます。

 1987年の民主化革命が若い世代にまで継承されている。全体が非常に統制がとれて平和的で、あれだけ大きなデモなのに暴力的な衝突も起きていません。それで大統領が退陣するということなら、一種の平和革命です。日本では汚職があってもデモが起きるわけでもない。韓国が遅れているとか言っている人は、負け惜しみのような感じがしますね。

 (聞き手・樋口大二)=全10回

     *

 わだ・はるき 1938年、大阪市生まれ。専門はロシア・ソ連史、現代朝鮮研究。東京大学文学部西洋史学科を卒業し、東京大学社会科学研究所教授、所長を経て、現在は東京大学名誉教授。最近の著書に「『平和国家』の誕生」「スターリン批判 1953〜56年」など。

続きを読む
posted by 中島 at 04:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年01月23日

【アホの朝日新聞】 嘘ニュースを流す悪質なクズは絶対に許せない 欧州でも各国政府が撲滅に乗り出す

朝日新聞

1: 2017/01/21(土) 15:57:33.82 ID:XYaMJA9J0 BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典

偽ニュースが伝染する欧州 政府・新聞社、デマ対策本腰


「偽ニュース」の拡散を警戒する声が強まっている。
各国で、新聞社や政府、ネット企業などが次々に対策を打ち出し始めた。

仏ルモンド紙は2月にも、ブラウザーに導入すれば閲覧中のサイトの信頼性がわかるツールを発表する。
偽ニュースのサイトは赤、ジャーナリズムの手続きに従っていると思われるものは緑、事実を題材にした
パロディーサイトは青など、信頼性の度合いが色で示される仕組みだ。

 「あまりに(偽ニュースの)量が増えすぎた。記事で対応するだけではだめだと思った」。ネット上の情報や
画像の真偽を検証する部門の責任者で記者のサミュエル・ロランさんは、ツールの開発を始めた理由をそう話す。

以下クズ
http://www.asahi.com/articles/ASK1N4RSXK1NUTIL022.html?iref=comtop_favorite_03


2: 2017/01/21(土) 15:58:58.11 ID:ks0oPob40

朝日からデマ記事取ったら何も残らないじゃん


41: 2017/01/21(土) 16:13:41.45 ID:PgSQa56i0

>>2
東スポ>朝日

ウンチマークたこウンチマーク


51: 2017/01/21(土) 16:16:21.30 ID:Vb3kZ1P50

>>41
東スポは悪意のないデマ記事
朝日は売国のためのプロパガンダ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年01月21日

韓国・朝日が反対するほど安倍晋三政権は強くなる 「卑怯も卑怯で、朝日は読者を馬鹿にしきっている」

朝日新聞

1: 2017/01/19(木) 20:40:08.77 ID:CAP_USER

韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された問題について、17日付の韓国紙、朝鮮日報が面白い分析を加えていた。「安倍首相の政権基盤固めに貢献する韓国人」と題するコラムがそれである。

コラムは、(1)李明博前大統領による竹島(島根県隠岐の島町)上陸(2)朴槿恵大統領が慰安婦問題と日韓関係全体を結びつけたこと(3)現在の次期大統領候補らが日韓合意を覆すと主張していること−が、いずれも安倍晋三首相を利したとしてこう説いている。

「釜山の少女像報復措置により安倍晋三首相の支持率は5ポイント上昇した(NHK調べ)。韓国人が安倍首相をさらに強くしたのだ」

確かに、駐韓大使を一時帰国させるなどの日本の対抗措置に関し、国民は高く評価し、内閣支持率も上昇している。7日付の社説で政府を「ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている」などと厳しく批判した朝日新聞の直近の世論調査では、内閣支持率が4ポイント上がった。

また、対抗措置についても75%が「妥当だ」と答え、「妥当ではない」は15%にとどまっている。朝日は、安倍首相が戦後70年談話を出した際も社説で「この談話は出すべきではなかった」と酷評したが、直後の自社の世論調査では談話を「評価する」国民の方が上回り、世論にはしごを外されていた。

政官界では、法案審議などをめぐり、「朝日が反対するのだから正解だ」との冗談とも本気だともとれる言い回しが流通している。韓国同様、朝日新聞が反対してくれるので安倍政権が強くなるのかもしれない。

そして近年、その傾向はますます明確化しているのではないか。韓国や朝日の情緒的・感情的な反発に、国民の方が辟易しているからだろうと思う。

もちろん、メディアが世論に迎合する必要もないが、それにしてもなぜ国民意識と離れて、どんな場所に立っているのか。ヒントとなる本が、ともに元朝日新聞記者である長谷川煕、永栄潔両氏の対談集「こんな朝日新聞に誰がした?」(ワック)である。

例えば昨年2月にジュネーブで開かれた国連女子差別撤廃委員会で、外務省の杉山晋輔外務審議官(現次官)が、慰安婦問題への朝日新聞の影響に言及した際に、朝日が紙面ではその部分に触れず、外務省に抗議した件についてはこうだ。

永栄氏「朝日の一報にはそのことがすっぽり抜かしてあった。他紙で杉山発言の詳報を読んだ時は震えが来ました。(中略)いわば編集局ぐるみでやってしまった秘匿報道だからです」

長谷川氏「卑怯も卑怯で、これではもはや新聞とは言えない。(中略)朝日は読者を馬鹿にしきっているのです」

また、両氏は朝日新聞が呪文のように唱え続けている「立憲主義」に関しても疑問を呈している。

長谷川氏「護憲派勢力に利用される目くらましの言葉になっている。(中略)こうした言葉の捻(ね)じ曲げは非常に危険です」

永栄氏「読者を思考停止に追い込み、自分らの考えを刷り込んで、それに従わせようとしている感じ」

このほか朝日新聞に対し、中国当局の言うがままに旧日本軍の住民虐殺説を広めた本多勝一記者の記事検証を求めるなど、内部事情を熟知する2人の話だけに説得力がある。

弊紙もOBからこのように叱られ、読者にあきれられることのないよう、姿勢を正したい。

産経【阿比留瑠比の極言御免】(論説委員兼政治部編集委員)
http://www.sankei.com/premium/news/170119/prm1701190005-n1.html


2: 2017/01/19(木) 20:42:41.89 ID:bEXUTxGY

阿比留さんの言う通りやなぁw


3: 2017/01/19(木) 20:43:41.38 ID:QFapqnrN

>>1
>朝日は読者を馬鹿にしきってるのです。

だって本当に馬鹿だし。


49: 2017/01/19(木) 21:22:52.79 ID:IVuJv6zM

>>3
そうな、
未だに朝日取ってる奴らは確かにもう救いようのない馬鹿だ。

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞