朝日新聞 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年06月18日

【朝日新聞】国会が最終盤にさしかかり、いよいよ自民党が「数の力」をむき出しにしてきた。横暴を、これ以上許してはいけない

1: 2018/06/17(日) 15:11:17.33 ID:CAP_USER9

https://www.asahi.com/articles/DA3S13542216.html

 国会が最終盤にさしかかり、いよいよ自民党が「数の力」をむき出しにしてきた。安倍政権下でさんざん繰り返されてきた会期末の横暴を、これ以上許してはいけない。

 与党はきのう、さまざまな疑問や矛盾が指摘されている「カジノ法案」の採決を衆院内閣委員会で強行した。

 刑法が禁じる賭博を解禁する全251条からなる新規立法で、約20年前に成立した介護保険法(215条)以来の大型法案だ。にもかかわらず、与党は慎重審議を求める野党の反対を押し切った。

 さきの新潟県知事選での与党の勝利が、強気の国会運営に拍車をかけた。会期延長を視野に、次々に採決を強行する可能性が高まっている。

 なかでも目を疑うのは、与党の党利党略があらわな参院の選挙制度改革の強引さだ。野党との協議を打ち切って法案を国会に提出し、今国会での成立をめざす姿勢を鮮明にした。

 憲法改正での合区解消を唱え続けてきた自民党は今月になって、唐突に比例区4、選挙区2の定数6増案をまとめた。個人名得票の多い順に当選する比例区に、各党が優先的に当選させられる特定枠を設けたのは、合区された「島根と鳥取」「徳島と高知」の現職議員を比例区で救済する意図が明白だ。

 民主主義の土俵をつくる選挙制度改革では、党派を超えた幅広い合意が求められる。こんなお手盛りの法案が成立すれば、その下で選ばれる参院議員の正統性にも傷がつく。

 思い返されるのは、昨年の通常国会での「共謀罪」法の採決強行だ。委員会採決を省略できる「中間報告」という奇策で一方的に委員会審議を打ち切り、本会議で採決した。

 安倍政権と自民、公明の与党には、異論に耳を傾け、納得ずくで物事を進める姿勢が決定的に欠落している。

 参院の選挙制度改革では、自民党出身の伊達忠一議長の対応も信じがたい。

 野党に求められた「議長あっせん案」の提示を拒み、自民党の姿勢に同調した。中立的な立場から、熟議と幅広い合意形成を主導すべき議長の重い責任を放棄したも同然だ。

 この先、政権が今国会の目玉と位置づける働き方改革法案など、いくつもの法案がヤマ場を迎える。数の力におごらず、討論と熟慮を尽くす。その過程があってこその議会だ。

 自民党の「採決ありき」の姿勢は、国会の権威を失墜させ続けるだけだ。


2: 2018/06/17(日) 15:12:05.80 ID:M4nitvdF0

民意にイチャモンつけるテロリスト新聞

以上


3: 2018/06/17(日) 15:13:17.45 ID:zuLqrZ960

情報弱者相手に捏造。偏見を繰り返す朝日新聞は、ある意味極悪非道の犯罪集団だよな。


4: 2018/06/17(日) 15:13:52.86 ID:IO8EflDL0

数の力て…それが民主主義じゃ…

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 朝日新聞

朝日新聞、日本の大手新聞で最も信頼されてないことが判明 オックスフォード大ロイター研究所調査

1: 2018/06/18(月) 01:14:23.04 ID:dNaKFzka0 BE:135853815-PLT(12000)

http://www.digitalnewsreport.org/

Reuters Institute
Digital News Report 2018
http://www.medialiitto.fi/files/4493/Reuters_Institute_Digital_News_Report_2018.pdf

CatNA@CatNewsAgency
オックスフォード大学ロイター研究所の調査によると、日本の大手新聞・テレビメディアの中で、朝日新聞が一番信用されてないらしい。
意外。産経より低いとは。倒閣報道をやり過ぎたのでは?

Marika Katanuma@MarikaKatanuma
NHK @nhk_news and Nikkei @nikkei are the most trusted sources of news in #Japan via @risj_oxford #trustinnewsMarika Katanuma
https://i.imgur.com/jKsjrcP.jpg

CatNA@CatNewsAgency
出典はこのレポートの130P。『朝日新聞の信用度は五大新聞中最低』『リベラルな朝日は保守政治家や右派メディアから批判されてきた』。
安倍総理や足立議員が朝日を叩いたことにも言及している。著者は、共同通信の澤康臣。
https://i.imgur.com/nsCa67m.jpg


4: 2018/06/18(月) 01:15:33.25 ID:uMDc/vvM0

朝日「韓国以外の国が朝日新聞から孤立していくわww」って感じなんだろうな


14: 2018/06/18(月) 01:18:13.69 ID:dseMiqwv0

>>4
その韓国の大統領府で朝日新聞出禁になってるんですけど?w


18: 2018/06/18(月) 01:20:23.24 ID:1OzCVwmr0

>>14
ニュースにもしない朝日
産経は韓国にも中国にも喧嘩売って出入り禁止

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2018年06月11日

【アホの朝日新聞】 横田めぐみさんは密出国しただけです 拉致ではありませ〜ん (^Д^)プゲラw

1: 2018/06/10(日) 14:57:29.48 ID:rbtS1vYp0● BE:565421181-PLT(13000)

『メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道』 拉致未解決は誰の責任か


「日本海の方で変なことが起きている」

 小耳にはさんだつぶやきから阿部記者は動き始めた。本書は一人の社会部記者の事実を
探り当てようとする、記者として最も本質的かつ真っ当な取材の記録である。

突然消えたアベックの事例を探しに行った新潟では見えない壁に阻まれた。

ついに阿部氏の取材が「産経新聞」の大スクープとなって報じられた1980年1月、すべての
他社と専門家がこれを無視した。
その中でただ一人反応したのが横田早紀江さんだった。

 国民を守るという国家の最重要の責任を、わが国は果たせてこなかった。
防げたはずの第二、第三の拉致も防げなかった。なぜか。
政府とともに、「死んでいた」メディアに大きな責任がある。

 とりわけ拉致を密出国と報じるなど、産経の対極を行った朝日新聞はひどく死んでいた。
彼らは「モリカケ問題」で今も「死んでいる」と思う。

http://www.sankei.com/life/news/180610/lif1806100019-n1.html


3: 2018/06/10(日) 14:58:29.36 ID:jjsI78TX0

こんにちは
やっぱり朝鮮人を全員駆除した方が絶対いいと思うの


4: 2018/06/10(日) 14:59:00.41 ID:C0JjqNYv0

子供が密出国するわけねーだろ


6: 2018/06/10(日) 15:00:01.26 ID:baaYLvBq0

悪質な新聞社を社会から排除しよう

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2018年06月10日

【北朝鮮】「朝日新聞の謀略記事、許さない」北朝鮮が名指しで批判

1: 2018/06/09(土) 16:54:36.78 ID:CAP_USER

デイリーNKジャパン 2018年6月9日 15時9分
http://news.livedoor.com/article/detail/14839717/

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は8日、朝日新聞と同紙ソウル支局長を名指しし、北朝鮮と金正恩党委員長のイメージを傷つける報道に対しては「必ず高価な代償を払わせる」とする論評を配信した。

朝日新聞のソウル支局長は、北朝鮮問題で「特ダネ」を連発していることで知られる。最近では、北朝鮮国内で4月、金正恩氏が涙を流す場面を収めた記録映像が上映されたとする記事が同紙5月30日付朝刊の1面トップで掲載された。

(参考記事:【写真アリ】自分の「泣き顔」も公開する金正恩氏のねらい)

論評は、同支局長が「われわれの最高の尊厳をあえて冒とくし、朝鮮を悪らつに誹謗、中傷した謀略記事を書いた」としながら、具体的にどの記事が「謀略記事」に当たるか命じしていないが、金正恩氏に直接言及した内容が北朝鮮当局を刺激した可能性がある。

(全文は配信先で読んでください)


3: 2018/06/09(土) 16:56:05.11 ID:W2I/CfwU

やーい、お仲間から怒られてやんのw


4: 2018/06/09(土) 16:56:30.91 ID:RDbIZQyl

つぶしあえーーーwww


6: 2018/06/09(土) 16:56:41.09 ID:mcc0Jpxm

どっちもクズなのでやりあって共倒れ希望

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2018年06月08日

アホの朝日新聞「幼児教育無償化は安倍の人気取り政策だ 断固反対!」

1: 2018/06/07(木) 11:10:21.78 ID:dzJiQoS70● BE:565421181-PLT(13000)

sssp://img.5ch.net/ico/monakai.gif
(社説)子育て支援 無償化ありきでなく


安倍首相が昨秋の衆院選で掲げた幼児教育・保育の無償化の具体策が政府の
「骨太の方針」の原案で示された。
3〜5歳では認可保育所の利用を無料にしたうえで、認可外の施設を利用する人にも一定の
補助をする内容だ。今後、法改正などの準備にとりかかるという。

しかし経済的な負担を軽くすることが最優先の課題だろうか。
無償化ありきでなく、政府は政策の優先順位を柔軟に見直すべきだ。
 選挙戦の目玉として唐突に打ち出された無償化だけに、具体策には無理が見える。

保育所の整備が進まない理由の一つに、深刻な保育士不足もある。
人材確保のための賃金の引き上げや、職員の配置の増加といった取り組みにも、財源が必要だ。

 無償化以外にも、やるべきことはたくさんある。

https://www.asahi.com/articles/DA3S13529398.html


2: 2018/06/07(木) 11:11:23.54 ID:m3gRtpRb0

何でも反対とかまるで共産党みたいやね


3: 2018/06/07(木) 11:11:46.97 ID:R1tGBC1j0

ネタやろと思ったら本当に書いてあった
じゃあ軽減税率も要りませんよね?


40: 2018/06/07(木) 11:19:59.57 ID:SlEvE+oW0

>>3

そうだね
ネットもあるし
いらんよ

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2018年05月30日

朝日新聞、6年連続減収 2018年3月期 広告収入下落

1: 2018/05/28(月) 20:32:03.02 ID:CAP_USER9

産経ニュース2018.5.28 20:10更新
http://www.sankei.com/economy/news/180528/ecn1805280017-n1.html

朝日新聞社が28日発表した2018年3月期の連結売上高は前期比2・9%減の3894億円となり、6年連続で減収だった。発行部数の減少に伴う広告収入の下落が響いた。

 最終利益は35・9%増の120億円で、増益は2年連続となった。前年は早期退職制度の割増退職金で特別損失を計上していたが、その影響がなくなったため。


2: 2018/05/28(月) 20:32:49.29 ID:4mC/3u0k0

押し紙明るみに出たら廃刊やな


4: 2018/05/28(月) 20:32:58.68 ID:OZotyeiH0

落日新聞


7: 2018/05/28(月) 20:33:15.66 ID:/UURDr5X0

早く廃刊しろ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2018年05月27日

【朝日新聞】 米朝会談 「日本、再開へ提言を」 「非核化巡り食い違い」

1: 2018/05/26(土) 17:05:52.84 ID:CAP_USER

■スティムソン・センターの辰巳由紀東アジア共同部長(安全保障政策)
■(聞き手・青山直篤)

米国として、北朝鮮の非核化は譲れない一線だった。ここ1〜2週間の北朝鮮のメッセージからは、北朝鮮が非核化に取り組む気があるのか、米国側にみえなくなっていた。この段階で首脳会談をして不用意な合意をするより、米国にとっては健全な判断だったといえるだろう。

米国は初期の段階で韓国から、北朝鮮の非核化に前向きな情報を得ていたものの、会談に向けた具体的な準備を進める段階で、「話が違う」ということになったのもしれない。米朝の仲立ちをしてきた韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、厳しい立場に置かれるだろう。ただ、「6月12日に会談はしない」というだけのことで、トランプ政権にも協議を続ける意思はあるのではないか。

日本は今後も、米国に合わせて制裁強化を訴えるのが一番楽だ。だが、このまま米朝間の緊張がエスカレートすれば、必ずしも日本のためにならない。

日本は会談の再開に向け、北朝鮮の誠意を試すためにはどのような道筋がありうるのか、米側に提言していくべきだ。北朝鮮が誠意を見せた時には、米国の後押しをする用意がある、と米国にも示していく必要がある。(聞き手・青山直篤)

■米外交問題評議会のパトリシア・キム研究員
■(聞き手・峯村健司)

トランプ米大統領が米朝首脳会談を取り消した最大の理由として、非核化の道筋を巡る見解が異なっていたことがある。米側は、核兵器を「完全で検証可能かつ不可逆的に廃棄(CVID)」することを求めた。北朝鮮はこれに同意せず、核廃棄の前提として、米国による経済制裁と軍事的圧力の中止を求めた。

ログイン前の続きどちらかが態度を変えない限り、折り合いがつかなかった。だが、米側は北朝鮮に拘束されていた米国人3人が解放された以降も、強硬姿勢を崩さなかった。

金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は米側から何も見返りを得ていないことに不満を感じていたのだろう。北朝鮮側が24日の声明で、ペンス米副大統領を「ダミー(まぬけ)」と批判したことが、米側が中止を判断する決定打となったとみられる。

中国政府は、米朝首脳会談の実現を支持しているとみられる。正恩氏も、引き続き米側との対話の可能性を探っていくだろう。本心では制裁を緩和してもらい、経済発展をしたいと思っているであろうからだ。外交成果が欲しいトランプ氏も会談を実現させたいのが本音だ。北朝鮮に対する軍事行動をすぐにとるとは思わない。


2018年5月26日16時11分
https://www.asahi.com/articles/ASL5T2QY4L5TUHBI00J.html


2: 2018/05/26(土) 17:07:34.16 ID:i76ZXd37

はあ?モリカケで散々邪魔してきたお前が言うな


4: 2018/05/26(土) 17:08:22.48 ID:Hf99w2BO

日本は蚊帳の外とか煽ってたくせにw


5: 2018/05/26(土) 17:08:37.47 ID:yNv1jNNf

日頃は、さんざんに日本を貶めてるくせに、困った時は日本頼みかよ・・・

タヒねよ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 朝日新聞