朝日新聞 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年03月12日

【アホの朝日新聞】 親や子供を大切にしようと訴えるトンデモ極右政治家、稲田防衛相は辞任すべきだ

朝日新聞

1: 2017/03/10(金) 11:06:45.03 ID:ojdYr1Rh0● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典

教育勅語肯定 稲田大臣の資質を問う


稲田防衛相に閣僚としての資質があるのか。重大な疑義を抱かざるを得ない発言である。
 稲田氏は8日の参院予算委員会で、戦前の教育勅語について次のように語った。

 「日本が道義国家を目指すというその精神は今も取り戻すべきだと考えている」

 「教育勅語の精神である道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう
核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」

 天皇を頂点とする国家をめざし、軍国主義教育の根拠となったのが教育勅語だ。
教育勅語を「全体として」(稲田氏)肯定する発言は、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という憲法
の理念と相いれない。

まして稲田氏は自衛隊を指揮監督する立場の防衛相である。軍国主義の肯定につながる発言は国内外に疑念を招く。

こうした主張は政権全体のものなのか。安倍首相は明確な説明をすべきだ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html


2: 2017/03/10(金) 11:10:01.68 ID:rrsOlFMN0

アホの振りをしてんのか?


3: 2017/03/10(金) 11:10:22.48 ID:+Gkq3LZ00

日本の侵略を煽ったアカヒ新聞は廃刊にすべきですね


4: 2017/03/10(金) 11:10:35.60 ID:6DXs1mik0

アカヒに言われてもなー

続きを読む
posted by 中島 at 02:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年03月10日

【朝日新聞】WBC 日韓戦なき寂しさ・・・日本のライバルといえば、やはり韓国だろう

朝日新聞

1: 2017/03/09(木) 00:20:26.24 ID:CAP_USER

★WBC、日韓戦なき寂しさ

 WBCで日本のライバルといえば、やはり韓国だろう。

第1回大会は準決勝、第2回は決勝が「日韓戦」となり、いずれも日本が勝った。
特に第2回決勝は、イチローの決勝打のシーンとともに名勝負として語り継がれている。WBCで日韓は1次、2次リーグを合わせ通算8度対戦し、4勝4敗と拮抗(きっこう)している。

 そのライバルがA組で2連敗し、1次リーグで姿を消した。韓国は前回大会に続く1次敗退となり、今回もWBCでの日韓対決は見られなくなった。

 A組はWBC初の韓国開催だったが、現地を視察した大会関係者によると、韓国戦でも球場は盛り上がりに欠けるそうだ。

大リーガーの不参加や主力選手のけがが要因といわれる。「政治問題が注目を集め、野球への関心が減っているのでは」という韓国紙の報道もある。日韓戦の熱気を知る身としては寂しい限りだ。

 今秋には日本、韓国、台湾の代表による「アジア・プロ野球チャンピオンシップ」が開催される。

大会成功には好敵手の存在が欠かせないのだが。
http://www.asahi.com/articles/ASK38436NK38UTQP00P.html


2: 2017/03/09(木) 00:21:24.55 ID:Y3sl9AiZ

朝鮮日報新聞らしい記事


3: 2017/03/09(木) 00:21:37.83 ID:Q1zv/w2e

どこの国の新聞だよ


5: 2017/03/09(木) 00:22:00.68 ID:1xzKFm58

あったのは熱気でなくて韓国人の狂気じゃん
なくて結構

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

【捏造】朝日新聞で上司が記者の勤怠を改ざん 10人分、最大月56時間短く

朝日新聞

1: 2017/03/08(水) 20:48:33.38 ID:CAP_USER9

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010005-bfj-soci

朝日新聞社で記者の申請した出退勤時間を上司が改ざんし、一定の基準内に収めていた問題で、その人数が記者10人、計26ヶ月におよぶことが、BuzzFeed Newsが入手した社内文書と同社への取材でわかった。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

労務管理を担う所属長によって、記者の提出した出退勤時間が改ざんされていたこの問題。1人の記者が改ざんに気づき、2016年5月、労働組合に通報した。これについては、16年11月にBuzzFeed Newsが報じている。

同社はその後、ヒアリングやログ解析を実施。今回、改ざんの実態が新たに判明した。
.
BuzzFeed Newsが入手したのは、朝日新聞社の労働組合が3月3日、メールで配信した文書だ。

それによると、改ざんが見つかったのは2015年6月から16年5月までの10人分、延べ26ヶ月分だ。関係者によると、大阪本社経済部だという。

「みなし労働制」を採用している記者職では、出退勤時間から1日あたり8時間を引いた「措置基準時間」が健康確保や労働実態把握の目安となっている。

同社によると、月100時間を超えると産業医の面談が受けられるようになり、180時間もしくは3ヶ月連続で120時間を超えると、面談が義務付けられる。

改ざんには、措置基準時間を一定以内に収める目的があったとみられる。

ただし、今回の問題は、残業代の未払いとは無関係だ。「みなし労働制」では残業代が固定で決まっているためだ。

1ヶ月で計56時間30分、短く改ざんされていた社員もいた。

最初に改ざんに気づいた社員のもので、今回発覚したケースの中では一番大きい。改ざんされた延べ26ヶ月分の内訳は、以下の通りだった。

・50時間以上:1ヶ月分
・40時間以上:2ヶ月分
・30時間以上:3ヶ月分
・20時間以上:2ヶ月分
・10時間以上:4ヶ月分
・9時間以下:14ヶ月分

この改ざんにより、産業医面談を受ける機会を失った記者もいたという。

なぜ、こんなことをしたのか。文書によると、所属長は社内調査にこう答えている。

「当初は部員に声をかけて書き換えていたが、その後、自分が考えるあるべき働き方に基づいて無断で書き換えるようになった。100時間、120時間までに収めることは意識した」

そのうえで、「産業医面談を避けたり、管理職としての評価をよくしようとする意図ではない」と説明しているという。

BuzzFeed Newsの取材に、同社は「勤務記録を勝手に書き換えるやり方は論外です。時短についての認識が根本的に誤っていたと言わざるをえず、会社として容認できるものではありません」と回答した。

所属長は問題発覚時と今回の2度に渡って処分を受けているが、同社はその内容を明らかにしていない。改ざんされた社員には今後、個別に説明をするという。

また、2016年11月の社内調査では、同様の事案は他に見つからなかったという。同社では、再発防止策として、一度提出した出退勤時間を勝手に書き換えられないようにする、などの方法を検討している。

以下ソース


2: 2017/03/08(水) 20:49:07.05 ID:tr8jOTIU0

記事以外も改竄すんのかよ


3: 2017/03/08(水) 20:49:20.46 ID:7wcjEMeZ0

あさひる


4: 2017/03/08(水) 20:50:22.72 ID:DhHXHv5m0

流石!捏造大好き朝日新聞

続きを読む
posted by 中島 at 01:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年03月07日

慰安婦誤報の元凶、元朝日新聞記者の植村隆が沖縄で反基地運動に その論理はメチャクチャ

植村隆

1: 2017/03/06(月) 09:36:31.48 ID:adhUeLD50● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典

まさかと言うべきか、やはりと言うべきか。慰安婦誤報の元凶の1人にして未だ無反省の元朝日記者、植村隆氏(58)が「辺野古座り込み」集会に参加した。
今度は沖縄基地問題に食指が動いているようだが、その論理、メチャクチャです。

その「招かれざる人物」が沖縄を訪れたのは2月頭のこと。「沖縄講演ツアー」と題し約1週間、大学での講義や書店サイン会、懇話会などをこなしたのである。

慰安婦問題に詳しいジャーナリストが言う。

「ハイライトは2月3日、辺野古のキャンプシュワブのゲート前での“激励”です。植村さんは、基地を前に、そこに座り込む30人ほどに向かってスピーチをぶちました」

 ここで植村氏は、
「未だに戦前のような朝鮮人や沖縄人などへの差別があると思う!」

「武力では世界を支配できない時代。信頼関係の構築で解決を図るべきだ!」

「沖縄ヘイトや慰安婦を否定する勢力には絶対に負けない。みなさんと連帯して戦う!」

などとアジを飛ばした。

自己陶酔してしまったのか、その後の2月10日には、帰宅した札幌で「報告集会」を開催。沖縄ツアーを「目覚めへの旅」とした上で、

「日本の歪みが最もよく見える沖縄の立ち位置を再認識した!」

「札幌、韓国、沖縄を結ぶ三角形から、中心の東京を包囲したい!」

とまで述べたというのだ。

http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03060600/?all=1


7: 2017/03/06(月) 09:40:37.62 ID:adhUeLD50 BE:844481327-PLT(12345)

>>1続き
戦前の朝鮮、沖縄と同じ差別が未だ「ある」とは、「事実」を見るべき記者としての能力の低さを証明しているし、「信頼関係」で国際問題が解決できるとは、いまどき、中学生でも口に出さないお気楽平和主義。

どのように「目覚め」ても「連帯」しても結構だが、誰がどう見たって、両問題の繋がりは薄い。
無理やり結び付け、共闘と煽ることが、個別の問題を「政治問題」に貶めていることに、ちっとも気がついていないのだ。

実際、地元名護市の「辺野古移設」反対派の面々に聞いてみても、

「基地と慰安婦を繋げられても、唐突としか言いようがありません。いったいどういうこと?」(さる市議)

「何が目的で来たんですかね。自分の主張を述べるため?」(別の市議)

 と目を白黒。「日本の歪み」より、こうした「己の歪み」をはやく「再認識」してほしいものである。

「植村さんは昨春から韓国カトリック大学の客員教授を務めていますが……」

 とは先のジャーナリスト。

「自らを“言論テロの被害者”と位置付け、昨年は年40件の講演、10件以上の大学の講義に呼ばれています。今春以降も大学の契約が延長され、コマ数も増えた。
言わば、慰安婦誤報で食っているワケですが、今度はこれに沖縄も加え、嘴(くちばし)を挟んでいずれ『生活の糧』にしていくのでしょう」


17: 2017/03/06(月) 09:45:58.99 ID:adhUeLD50 BE:844481327-PLT(12345)

>>7続き
当の植村氏に聞くと、なぜか代理人が、

「植村氏のジャーナリストとしての基本は『人権と平和を守る』ということであり、今後もこの原則のもとに行動していく所存です」

とコメントするのだが、古巣の先輩に当たる「週刊朝日」元編集長の川村二郎氏が呆れて言う。

「もはや植村君は、ジャーナリストではなく、反体制活動家でしょう。これ以上、恥をさらさず静かにしていてもらいたいけれど、イデオロギーの眼鏡しかかけていないから、無理だろうねえ……」

まともな大人は決して近づいてはいけないのである。

おしまい

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年03月06日

【朝日新聞】やはり「日本死ね」の気分になる (声)

1: 2017/03/05(日) 03:37:14.29 ID:CAP_USER9

(声)やはり「日本死ね」の気分になる

地方公務員 池田瑠美(東京都 37)

 子どもを保育園に預けています。
雨の日、知り合いのお母さんが別の保育園に預けている1歳の下の子を連れ、
午後6時ギリギリに駆け込んで来ました。門から玄関まで数十メートル。
傘もささず、泣き叫ぶ1歳児を引きずるように抱えて。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12822703.html
no title


3: 2017/03/05(日) 03:40:50.95 ID:BKQ44oaH0

KYって誰だ?


7: 2017/03/05(日) 03:42:57.26 ID:YEEWlJdg0

税金で安閑と暮らしてる地方役人がナニ言ってやがる


8: 2017/03/05(日) 03:44:31.51 ID:usFYgKRw0

行政死ねならまだわかる。
その程度で日本死ねとか思うのは頭イカレてるからだろ。

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

朝日新聞記者、無免許運転で書類送検 朝日新聞「社内処分の内容は明らかにできない」

朝日新聞

1: 2017/03/04(土) 23:18:33.09 ID:o3l3fcS+0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

朝日新聞記者を書類送検
金沢総局、無免許運転疑い

 朝日新聞金沢総局の20代男性記者が運転免許証失効後も運転を続けていたとして、
石川県警が道交法違反(無免許)の疑いで書類送検していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者らによると、男性記者は昨年夏ごろ、金沢市内の右折禁止道路を曲がったところを警察官に摘発された。
免許証の有効期限が切れているのに気付いていたが、運転を続けていたと認めたという。

 朝日新聞大阪本社代表室は「法令違反があったことを重く受け止め、社内で厳正に処分した。再発防止に努める」とのコメントを出した。
同社は「処分は昨年12月に決定したが、内容は明らかにできない」としている。

https://this.kiji.is/210575669570143741


2: 2017/03/04(土) 23:22:17.13 ID:mOLEF3870

報道しない自由を行使してるな


3: 2017/03/04(土) 23:22:38.34 ID:oLsN9zjL0

隠蔽ですか?


5: 2017/03/04(土) 23:23:18.85 ID:kBV9IKHo0

外国人の場合、国籍書いてあんの?

続きを読む
posted by 中島 at 01:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年03月05日

【朝日新聞】「2大政党制どこへ」「民進が自民にとって代わる機運はみえてこない」 膨張自民、労組にも接近 民進は退潮

1: 2017/03/04(土) 13:45:06.35 ID:CAP_USER9

http://www.asahi.com/articles/ASK2V7789K2VUTFK00M.html

no title


■平成の楼閣

 民進党が12日の党大会で決める今年の活動方針案に、こんな表記がある。

 「強大で横暴な安倍政権と対決し、政治の流れを変えていく」「安倍政権の強大化に歯止めをかける」

 衆参で圧倒的多数を握る「安倍1強」を意識した内容だが、一方で政権の「再交代」をめざすような直接的な表現は見当たらない。

 政治改革で1996年の衆院選から導入した小選挙区制は、政権交代可能なシステムをめざした制度だった。09年で民主党に、12年に自民党に交代し、その意味では機能した。

 しかし、民主から名を変えて再出発した民進が自民にとって代わる機運はみえてこない。支持率は1ケタ台で自民の5分の1だ。対する自民の国会勢力は前回衆院選後も膨張を続ける。民主と協力してきた新党大地の鈴木宗男代表は、昨年の国政選挙から自民との協力に転じ、長女・貴子氏も自民会派に入った。かつて自民を飛び出した平沼赳夫氏、園田博之氏も復党し、日本のこころも自民と統一会派を組んだ。

 世代交代が進み、もともと自民議員で今も民進に残るのは、岡田克也前代表と増子輝彦参院議員だけになった。90年代もいったん離れた議員が徐々に自民に回帰する現象はあった。岡田氏は「野党より与党の方が良いと言う人はいつの世でも出てくることだ」というが、自民膨張の理由はそれだけではなさそうだ。

 2月13日、自民の茂木敏充政…


2: 2017/03/04(土) 13:46:32.32 ID:G9RP9SO60

野党がマヌケすぎて選択肢がないわ


3: 2017/03/04(土) 13:49:19.69 ID:HMiqhqri0

巨大じゃないだろ、民進が貧相なだけだわ
それから、横暴でもない、衆愚政治の見本が自民政治、何も決められない


4: 2017/03/04(土) 13:51:26.75 ID:HMiqhqri0

民進が小さくても信念のある政治をやってれば、相手が自民なんだから支持も増えるだろうが、
あんな幼稚なアホ集団に票入れる奴は、同類アホだから入れてんだろね

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞