朝日新聞 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年11月22日

朝日新聞が朝日批判本を書いた小川氏に謝罪と賠償を要求

朝日新聞

1: 2017/11/21(火) 17:09:59.01 ID:CAP_USER

2017-11-21
「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者・小川榮太郎氏と飛鳥新社への申入書

 2017年11月21日  
小川 榮太郎 殿
株式会社飛鳥新社
代表取締役 土井 尚道 殿
株式会社 朝日新聞社
広報部長 後田 竜衛

申 入 書

 小川榮太郎著・株式会社飛鳥新社発行の書籍「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(本書という)は、弊社による「森友学園」「加計学園」に関する一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「虚報」「捏造」などと決めつけています。

 本書は、弊社が取材で入手した文書について紙面で報じているにもかかわらず、「安倍の関与を想像させる部分以外は、文書内容をほとんど読者に紹介せず」「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽して報道し続けた」としています。また、実際には紙面で報じている当事者の発言等を「殆ど取材せず、報道もしていない」としています。さらに「加計学園」報道に関して、弊社がNHK幹部と「密議」や「共謀」して「組織的な情報操作」を行ったと記載するなど、荒唐無稽な持論を展開しています。

 弊社の一連の報道は、森友学園に国有地が大幅に値引きされて売却された不透明性・不自然さを指摘するとともに、約50年ぶりとなる加計学園による獣医学部の新設をめぐり、公平で適正であるべき手続きに疑念を抱かせる複数の文書の存在を明らかにしたものです。国民が当然抱くであろう疑問に答えるのは報道機関の使命であり、そのために現場の記者たちは内部文書を掘り起こすとともに、さまざまな関係者の証言を集め、事実に基づいて報じています。

 それを弊社に一切の取材もないまま、根拠もなく、「虚報」「捏造」などと決めつけるのは、弊社の名誉・信用を著しく傷付ける不法行為であり、到底見過ごすことはできません。

 貴殿及び貴社に厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます。

 以下に、事実に反する主な箇所を示します。

 本書面受領後2週間以内に、書面にて真摯にお答えください。

 なお、本書面は弊社コーポレートサイト(http://www.asahi.com/corporate/)で公表いたします。

http://www.asahi.com/corporate/info/11207014


4: 2017/11/21(火) 17:12:13.12 ID:DvSYU7uW

謝罪と賠償って、分かりやすいことで


5: 2017/11/21(火) 17:12:34.35 ID:iD7+BWoR

消えてなくなれ朝日新聞


6: 2017/11/21(火) 17:13:25.26 ID:ylu0PObA

ブーメランだらけw

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年11月21日

【朝日新聞】吉村洋文大阪市長 慰安婦像めぐる朝日新聞の社説に反論「こっちのセリフ」

朝日新聞

1: 2017/11/20(月) 20:22:57.85 ID:CAP_USER

トピックニュース2017年11月20日 10時47分
http://news.livedoor.com/article/detail/13915338/

19日、大阪市長の吉村洋文氏が自身のTwitter上で、いわゆる「慰安婦像」をめぐる朝日新聞の社説に反論した。

ことの発端は、アメリカ・サンフランシスコ市議会が慰安婦像の受贈を可決したことにある。今月14日、市議会は、地元市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れる、と全会一致で可決した。

像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現があるという。吉村市長は議決に強い不快感を示し、サンフランシスコ市長に拒否権行使を求めたそうだ。決定が覆らないかぎり、大阪市とサンフランシスコ市の間にある姉妹都市提携を解消する意向だという。

19日付「朝日新聞」の社説は、「姉妹都市 市民交流を続けてこそ」と題して、これまでの経緯を説明。その上で姉妹都市提携の解消については「ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない」と疑問視し、「慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない」と指摘しつつ、「国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ」と主張した。

(全文は配信先で読んでください)


3: 2017/11/20(月) 20:24:18.11 ID:d/r0O15c

吉村、いいぞ、頑張れ


4: 2017/11/20(月) 20:24:52.00 ID:m639Gzaf

正論

朝日氏ね


5: 2017/11/20(月) 20:24:57.43 ID:6tzbCeBi

朝日には捏造に説明責任がある

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年11月20日

【マスコミ】朝日新聞の当事者意識ゼロの社説に大阪市長が激怒

1: 2017/11/19(日) 20:25:55.62 ID:71MaUwzM0 BE:844628612-PLT(14990) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
吉村洋文(大阪市長)
@hiroyoshimura
「ちょっと待て」はこっちのセリフだよ、朝日新聞。吉田虚偽証言を何度も報道し、クマラスワミ報告に発展し、国際社会では朝日の虚偽報道が真実になってる。2014年になってやっと国内向けに訂正記事と謝罪。僕を批判する前にやることあるでしょ。
午後7:23 2017年11月19日
no title


関連スレ
【朝日社説】姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1511058879/

2以降にURL


2: 2017/11/19(日) 20:26:21.49 ID:71MaUwzM0 BE:844628612-PLT(14990)

sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
>>1の続き
https://twitter.com/hiroyoshimura/status/932192487044612097


9: 2017/11/19(日) 20:27:56.44 ID:wDRzegzW0

朝日新聞●●
朝日新聞社員●●●●


12: 2017/11/19(日) 20:28:22.91 ID:Kfq077BS0

市長の言うとおり
正に朝日死ね


13: 2017/11/19(日) 20:28:35.85 ID:OPalNcNX0

言うたれ言うたれ

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝日新聞

【朝日新聞/社説】姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない

朝日新聞

1: 2017/11/19(日) 10:45:44.17 ID:CAP_USER

(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。

ソース:朝日新聞 2017年11月19日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html?ref=editorial_backnumber


2: 2017/11/19(日) 10:47:15.63 ID:ft64vOh3

朝日新聞社広報部の話 「捏造」とは、存在しないことを存在するように偽ってつくることを意味し
ます。弊社は、関係者に取材し、文書を入手し、それらを踏まえて報道しています。国会内で行
われた足立氏の発言は事実に反し、報道機関である弊社の名誉を傷つけるものです。国会議
員がこうした誤った認識に基づく発言や発信を繰り返すことは、極めて問題だと考えており、
足立氏に強く抗議します。

ともっともらしいこと言ってねつ造するのがアサヒ


4: 2017/11/19(日) 10:47:57.96 ID:QXhAIahf

おまえがいうな。おのれのせいだろうがバカヒ。


5: 2017/11/19(日) 10:48:33.95 ID:KMXQZeTv

「慰安婦合意」を履行しない本国のことはスルー

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年11月12日

【朝日新聞】空母3隻、米韓が演習 軍事関係筋「北朝鮮は米韓の行動を誤解して、先制攻撃に出る恐れも」

朝日新聞

1: 2017/11/11(土) 14:26:29.24 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000019-asahi-int

 米韓両海軍は11日、朝鮮半島近海で米原子力空母のロナルド・レーガン、セオドア・ルーズベルト、ニミッツの計3隻などが参加する合同軍事演習を始めた。14日まで実施する。北朝鮮は演習を激しく批判しており、軍事的な衝突をめぐる懸念が高まっている。

 韓国軍によると、演習には米側から空母やイージス艦など14隻、韓国側からイージス艦2隻を含む7隻の艦艇が参加。米空母を中心に複数の艦艇で構成する「空母打撃群」が順番に日本海に入って韓国軍と合同で軍事演習する。最大時で二つの空母打撃群が日本海に入るという。

 北朝鮮の官営メディアは連日、米空母3隻の集結を非難し、軍事行動を警告する報道を続けている。11日付の労働新聞(電子版)は「理性を失ったトランプ(米大統領)らの無分別な戦争にはやる気持ちが、いつ侵略核戦争に火を付けるかわからない」と訴えた。

 軍事関係筋によると、北朝鮮の地上レーダーでは米空母打撃群の全ての動きを把握できないため、北朝鮮は米韓の行動を誤解して、先制攻撃に出る恐れもあるという。

 また、北朝鮮が国際社会の制裁強化による行き詰まりを打開するため、国際社会の仲介を期待して、意図的に小規模な衝突を起こす可能性も懸念されている。(ソウル=牧野愛博)


4: 2017/11/11(土) 14:28:57.60 ID:2OfmVrrK

ムンの支持母体が黙ってないのか


6: 2017/11/11(土) 14:29:46.32 ID:zJWpUnIN

>>1
北が先制攻撃?素晴らしいじゃないかw


7: 2017/11/11(土) 14:30:51.01 ID:/aaMYq8s

> 北朝鮮は米韓の行動を誤解して、先制攻撃に出る恐れもあるという。

ないな。北は自分の権力を守りたいだけ。そのために核開発している。
奴らから先制してくることはない。
あ、韓国向けの挑発は別。国際情勢的には、そんなものはどうでもいい。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年11月05日

【朝日新聞】大統領訪日 何よりも重要なのは、北朝鮮への軍事力行使は避けるよう釘をさすことだ

朝日新聞

1: 2017/11/04(土) 13:38:52.20 ID:CAP_USER

http://www.asahi.com/articles/DA3S13212915.html

 米国のトランプ大統領が5日に初来日する。韓国、中国などアジア歴訪の最初の訪問国だ。

 6日に予定される日米首脳会談の焦点は、北朝鮮への対応である。「日米蜜月」をうたうだけでなく、言うべきことを明確に伝える必要がある。

 何よりも重要なのは、北朝鮮への軍事力行使は避けるよう釘をさすことだ。

 安倍首相は1日の記者会見で「『すべての選択肢がテーブルの上にある』という大統領の立場を一貫して支持している」と従来の姿勢を強調した。

 核・ミサイル開発をやめない北朝鮮には圧力が必要だとしても、米軍が攻撃に踏み切れば、北朝鮮の反撃で日本は大きな被害を受ける恐れがある。武力行使をほのめかすトランプ氏の背中を押してはならない。

 大統領の歴訪でもっとも注目されるのは、日韓訪問後の中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談だ。両大国が基本的な考え方をすり合わせる機会となる。

 その前に、日米が認識を共有しておくことには意味がある。

 最終的には外交的な解決しか道はない。圧力はあくまで、対話に導くための手段である。その大原則のうえに日米韓連携の基盤を築き、中国やロシアを協力に巻き込むことが肝要だ。

 気がかりなのは日米首脳が5日にゴルフをすることだ。首脳同士が親密になるのは大事だろうが、2月の首相訪米の際にはゴルフ直後に北朝鮮がミサイルを発射した。日本政府にはその再来を危ぶむ声もある。

 それを押してまでゴルフをするのなら、培った関係を外交にしっかり生かすべきだ。

 沖縄県で先月起きた米軍ヘリコプター事故で、日本の捜査当局が現場検証もできないままの一方的な飛行再開に怒りと反発が出ている。県は日米地位協定の見直しを日米両政府に求めている。首相はこうした現状を大統領に伝えるべきだ。

 トランプ氏が身勝手な「自国第一主義」にいっそう傾くことのないよう、国際社会やアジアへの建設的な関与を求めることも欠かせない。

 イラン核合意を反故(ほご)にするかのような発言、気候変動をめぐるパリ協定や環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱などの動きは、国際社会に不安と困惑を広げている。

 その現実を率直にトランプ氏に直言することは、国際社会の要請にこたえるのみならず、米国の国益にも資する。

 トランプ氏との信頼関係を自負する首相には、その重い責任がある。


2: 2017/11/04(土) 13:39:27.68 ID:AxZucGtR

寝言は寝て言え(笑)


3: 2017/11/04(土) 13:39:32.69 ID:pmKB56rN

なにを言ってるんだこいつ?


4: 2017/11/04(土) 13:39:58.30 ID:DATyAay1

エラそうに上から目線で

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2017年11月04日

産経「日本を貶める日本人をあぶりだせ」→朝日「との記事に排他的だと批判がネットで集まっている!」

朝日新聞

1: 2017/11/03(金) 08:27:47.22 ID:RscdAt2E0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典

産経新聞コラムのウェブ版、「排他的」見出しに批判次々

仲村和代、田玉恵美

2017年11月3日07時57分

 産経新聞のウェブ版「産経ニュース」で、「日本を貶(おとし)める日本人をあぶりだせ」という見出しがついたコラムが配信され、
ネット上で批判が集まっている。あぶり出した後でどうしようというのか。こうした言葉が、排他的な言説を拡散し、増幅させることにならないか――。

 「あぶりだせ」の見出しは、10月19日付産経新聞1面コラム「産経抄」を産経ニュースが配信した際につけられた。
コラムは、「報道の自由度ランキング」で日本の順位が低いのは、「日本に対する強い偏見」に加え、「一部の日本人による
日本の評判を落とすための活動」が助長しているためだ、などと批判する内容だ。紙面に見出しはついておらず、本文中にも「あぶりだせ」という表現はない。

 朝日新聞の調べでは、産経抄に言及したツイートの数は、配信された19日から2日間で約2万件あった。
大半はウェブ版の見出しや、内容に批判的なものだった。一方で、「全くその通り。反日日本人を徹底的にあぶりだすべきだ」など賛同する投稿もあった。

 見出しについて、約1万2600人のフォロワーがいる編集者の早川タダノリさんは「『非国民狩り』を提起していて、もはや報道ではなく憎悪扇動ビラ」と厳しく批判するツイートを投稿した。

 「異なる者に対して攻撃をそそのかす言説をまき散らす団体に、ジャーナリズムを名乗る資格はない」とツイートした文化人類学者の亀井伸孝・愛知県立大教授は、
取材に対して「本文に書かれていないことを見出しにとり、SNSで拡散されて話題になることが目的化されているのでは。大手メディアは自らの言説が何万、
何十万という単位で増幅される立場なのだから、その弊害に自覚的であるべきだ」と話す。


http://www.asahi.com/articles/ASKC1666HKC1UTIL04M.html?iref=comtop_8_01

2以降に続く


2: 2017/11/03(金) 08:28:04.79 ID:RscdAt2E0 BE:882533725-PLT(14141)

>>1

 「ネットと愛国」の著書があり、ヘイトスピーチ問題に詳しいジャーナリスト安田浩一さんも「大手メディアによる排外的な論調がはびこること
で差別のハードルが下がり、一般の人にも排他的な主張が広がる悪循環が起きている」と指摘した。

 2日、国会内で開かれた人種差別撤廃基本法の実現を求める集会でも、ネット上の排外主義的な主張が出版物になることなどで
「信憑性(しんぴょうせい)」を増し、拡大している実態が報告された。報告者の韓東賢(ハントンヒョン)・日本映画大准教授(社会学)は
朝日新聞の取材に「ネットでは新聞の部数とは関係なく、フラットに記事が読まれ、流通する。一般紙のサイトに排外、
排他主義的な主張が載ることで重みが増し、そのような行動を正当化し、根拠づけることにもなりかねない」との懸念を示した。

 産経新聞社広報部は朝日新聞の取材に「個別の記事に関することにはお答えできません」としている。

産経コラム

日本を貶める日本人をあぶりだせ 10月19日
http://www.sankei.com/column/news/171019/clm1710190003-n1.html

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝日新聞