仏像盗難 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2016年05月01日

遠のく対馬の盗難仏像返還 浮石寺が「14世紀に略奪された可能性が高い」と引き渡し請求で提訴へ ← 頭おかしいな

butu02.png
1: 2016/05/01(日) 09:14:35.34 ID:CAP_USER.net

2016年4月30日、長崎県対馬市の寺から韓国人グループが盗んだ仏像の返還問題が新たな局面に入った。
「かつて所蔵していたが、略奪された」と主張する韓国の寺がこのほど、韓国政府を相手取り、仏像の引き渡しを求め提訴。
3年前、盗品の返還を韓国の裁判所が拒むという前代未聞の経緯をたどった事態の解決は、さらに遠のいた。

盗まれたのは、対馬市の海神神社の国指定重要文化財「銅造如来立像」と観音寺の県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」の2体。
12年10月に盗難が発覚。翌13年1月に韓国警察当局が窃盗団を摘発して2体を回収した。
このうち、「銅造如来立像」は紆余曲折を経て、15年7月、対馬市に戻った。

しかし、「観世音菩薩坐像」については「過去、日本に不当に略奪された」と主張する韓国中部・瑞山の浮石寺が日本への返還差し止めを請求。
13年2月、大田地裁が差し止めを認める仮処分を決定した。

今回、大田地裁に新たな訴訟を起こしたのも浮石寺。韓国メディアによると、
「仏像が日本に渡った経緯を調べた結果、14世紀に略奪された可能性が高いことが分かった」などとして、
大田の国立文化財研究所に保管されている仏像の引き渡しを求めている。

韓国の法律では、差し止めの仮処分は執行から3年間、本訴訟が起こされなければ、政府が仮処分の取り消しを申請できる。
日韓関係の修復を進める韓国政府は仏像の返還を視野に入れているとされ、提訴は返還を阻止する狙いとみられる。

「観世音菩薩坐像」について、観音寺は朝鮮半島でつくられたとしながらも、朝鮮国王から贈られた衣や交易で
もたらされた渡来仏が対馬に数多く存在するなどと指摘。「仏像は韓国との友好関係の証」であり、
観音寺が数百年にわたり本尊として祭ってきたことを強調して所有権を主張し、日韓両国の寺の言い分は真っ向から対立している。

盗難被害に遭った仏像の返還は、日韓関係に刺さった「トゲ」の一つ。返還を差し止めた大田地裁の異例の判断は、
12年8月の李明博大統領(当時)による竹島(韓国名・独島)上陸や天皇陛下への謝罪要求発言、13年3月の朴槿恵大統領の
「(日本と韓国の)加害者と被害者という歴史的立場は1000年の歴史が流れても変わることはない」発言などと重なって、
日本国内で韓国への不信感を高める要因にもなった。

聯合ニュースによると、韓国文化財庁はこのほど、仏像に関して「中世に日本に略奪されたと断定するのは難しい」との調査結果を出した。
日本政府は仏像の返還を韓国政府に求め続けている。返還に向けた環境は整いつつあったが、その是非が
司法の場に再度、持ち込まれたことで早期実現は困難になった。

http://www.recordchina.co.jp/a136988.html


2: 2016/05/01(日) 09:15:39.12 ID:BXUzV6U2.net

現代法を14世紀に適用する朝鮮脳


4: 2016/05/01(日) 09:18:06.63 ID:P1sJqQQV.net

文化・歴史的価値やらとか関係なくただ反日したいだけだろ?


5: 2016/05/01(日) 09:18:37.22 ID:VMOdDNvI.net

1300年代ておまえらなぁ。
ほんと常識とか無いの?

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像盗難

2016年04月30日

日本の国宝1号「広隆寺弥勒菩薩半跏思惟像」〜たとえ日本にあっても、その「絶対微笑」は韓国人のもの ← 日本の物すべて難癖つけて奪う気満々です 動かなくなるまで殴り続けるしかないね

1: 2016/04/29(金) 22:02:51.86 ID:CAP_USER.net

no title

▲左から韓国の「金銅半跏像」と日本の「半跏像」=韓国国立中央博物館提供(ハンギョレ新聞社)

「我が国の国宝1号は何か?」まだ各種試験に出る問題だ。小学校社会科や機動警察試験、外国人帰化試験などに抜けることなく出題される。出題意図は崇礼門(南大門)を知っていなければ基礎常識が不足だったり韓国人の資質がないということではないかと思う。

現在の国宝1号が我が国を象徴する文化財なのかの論議が一時あった。その背景は日帝が付した連番がそのままだったからだ。1933年、朝鮮総督府が朝鮮宝物1号と初めて指定し、1962年文化財保護法が制定され同じ地位が与えられた。訓民正音、石窟庵、朝鮮王朝実録、景福宮などに変えようという意見が学者ごとに異なり、政府次元で何回も議論されたが結局うやむやになった。まだ一部異見はあるが、文化財の価値には順番を付けられないという意見に整理された。

日本の国宝1号は何だろうか?京都広隆寺にある‘弥勒菩薩半跏思惟像’だ。1951年、日本文化財委員会が彫刻部門1番に登録しただけで価値の順番ではない。だとしても日本は内心‘絶対微笑’を持つこの仏像を本当に誇りにしている。哲学者ヤスパースが1945年に「人間存在の最も美しく永遠の表徴」と絶賛してさらに有名になり、1960年、京大学生が‘あまりにも美しくて’無意識のうちに抱いて仏像の指を折ったこともあった。

おもしろいのはこの仏像が新羅や百済で作られた点だ。日本で使われなかった赤松で製作され、韓国の国宝83号の‘金銅弥勒菩薩半跏思惟像’と完全にそっくりだ。日本学者らは自身の誇らしい宝物を日本産に変身させるために様々な努力をしながらも、韓半島産であることをある程度認める雰囲気だ。

最近、国立中央博物館が韓日修交50周年記念として「韓日国宝半跏思惟像の出会い」企画展に広隆寺の木製半跏思惟像と韓国の金銅半跏思惟像を同時に展示しようとしたが失敗した。何と10年間交渉をしたのに広隆寺側が頑強に拒否して実現しなかった。代わりに、奈良の中宮寺半跏思惟像を持ってきて来月24日から展示する。

広隆寺は元々、国内外の取材はもちろん外部展示をしない。仏像を外に出したら再び製作地論議に包まれることを憂慮するからだ。たとえ仏像は日本にあっても、その‘絶対微笑’は韓国人のものではないだろうか。

パク・ビョンソン論説委員
http://www.imaeil.com/news_img/2016/column/20160428_204600000.jpg

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [オイ姑と嫁]日本の国宝1号
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=21658&yy=2016


3: 2016/04/29(金) 22:05:17.84 ID:cdy/B81D.net

そりゃうっかり韓国に持って行ったら、また難癖つけられて押収してくるだろうからな


4: 2016/04/29(金) 22:05:37.89 ID:Z1qIiIrm.net

貸すなよ、帰ってこないぞ!


5: 2016/04/29(金) 22:07:42.84 ID:8pyef0vp.net

日本が羨ましくて、言ってる事がめちゃくちゃだなw

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像盗難

2016年04月27日

盗まれた対馬市の仏像でまた神経戦…返還それとも還収

butu02.png
1: 2016/04/26(火) 12:14:36.75 ID:CAP_USER.net

■今年初めに返還停止仮処分の期限迎え 
■日本側 「早期返還」求める書簡送る 
■浮石寺側、引き渡し中止訴訟で対抗

2012年、韓国人窃盗団が対馬市の寺から盗んで国内に持ち込み、押収された14世紀の高麗観世音菩薩坐像の返還、還収をめぐり、最近になり議論が再燃している。
 
3月11日、仏像を盗まれた対馬市の観音寺側が、韓国の法務部、外交部、文化財庁宛に、早期に返還の手続きを進めることを要請する書簡を送ったことが発端だった。

また今月11日、NHKなど日本のメディアは「『中世に日本側に略奪されたものだ』という訴えを受けて返還されていない問題で、韓国文化財庁は
『略奪されたと断定するのは困難』という調査結果を出していた」として、文化財庁が昨年、検察に出した未公開の調査報告書の内容を一斉に報じた。

これに対して仏像の元の安置先だった忠清南道瑞山(ソサン)の浮石寺側は19日、大田(テジョン)地方裁判所に
仏像の引き渡しを求める民事訴訟を提起することで対抗した。

浮石寺の仏像は大田国立文化財研究所収蔵庫に保管されている。
2013年2月に大田地裁が浮石寺側の返還中止仮処分申請を受け入れた後、翌年、検察の没収措置が執行された状態だ。

裁判所が指定した仏像の返還猶予仮処分は今年2月に期限を迎えた。仏像の行方をめぐる判断が韓国の検察に委ねられたことを受け、
観音寺側と現地メディアが再び返還を取り上げており、浮石寺側も、検察の恣意的判断による仏像の返還を防ぐ対抗策として、訴訟に乗り出した。

これに先立ち窃盗団が対馬市で(高麗観世音菩薩坐像と共に)盗んだ統一新羅如来立像は、
搬出の経路と国内の所蔵先が確認されなかったため、昨年7月、元の所蔵先の海神神社に返還された。

浮石寺側が訴訟を提起したことで、この仏像の所蔵先は裁判所の判決で決められるものと見られる。

浮石寺側は、これまで知られている史料だけも明らか略奪であり、還収の根拠も十分であると主張している。

文化財庁の調査報告書が倭寇の略奪の可能性を認めただけでなく、日本でも美術史界の権威である菊竹淳一氏が、1978年に発表した著書を通じて、
観音寺創立者の先祖が倭寇であり、実際に倭寇が仏像を一方的に請求(略奪)したものと推測されると記述した点などを、有力な根拠として提示している。

「浮石寺仏像の元の位置への奉安を目指す委員会」は2月24日、大田地検庁舎の前で早急な還収を求める会見を開いた。

一方、法曹界と学界では、概ね還収は困難と見ている。

具体的な略奪と搬出の経緯が実物で確証されておらず、返さなければならない“盗品”の性格も免れないということだ。

文化財庁が昨年学界に依頼した調査報告書も、仏像の造成と搬出の時期とされる昔の文献情報をたどって略奪の心証を提示しながら、
仏像の諸元や様式などを明らかにした程度で、実証的な手がかりは提示できなかったと指摘されている。

2014年、最高検察庁公判訟務部長として仏像の没収関連業務を担当したカン・ギョンピル弁護士は、
「いつ、どこで、どのよう略奪が行われたのかを明示できる証拠が出てこない限り、法理的に還収判決を下すのは難しいだろう」と予想した。


2016.04.26 07:46
http://japan.hani.co.kr/arti/culture/23974.html


3: 2016/04/26(火) 12:18:44.06 ID:DNM/o0ll.net

>>1
>実際に倭寇が仏像を一方的に請求(略奪)したものと推測される

んなもん証拠になるかよ


28: 2016/04/26(火) 12:31:08.52 ID:gUwvOGZr.net

>>3
でもあの国ではなるよ
『物証は無いが心証的には確実ニダ』で


5: 2016/04/26(火) 12:21:14.31 ID:f0/bkp8I.net

>早期に返還の手続きを進めることを要請する書簡を送った
日本側は訴訟は起こしてない? 韓国司法は何やるかわからないから
返還訴訟しといた方がいいんじゃないか?

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像盗難

2016年04月22日

「対馬盗難仏像の引き渡しを」 「略奪された」と主張する韓国の浮石寺が韓国政府を相手に訴訟を起こす

nyorai02.png
1: 2016/04/20(水) 20:29:32.30 ID:CAP_USER.net

 【ソウル時事】

 長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国に運び込まれた県指定文化財の仏像「観世音菩薩坐像」について、
「かつて所蔵していたが略奪された」と主張する韓国の寺が韓国政府を相手取り、仏像を引き渡すよう求める訴訟を中部・大田の
地方裁判所に起こした。関係者が20日明らかにした。

 この寺は中部・瑞山にある浮石寺。関係者によると、仏像が日本に渡った経緯を調べた韓国文化財庁の書類から、14世紀に
略奪された可能性が高いことが分かったという。このため、窃盗団から没収され、大田の国立文化財研究所に保管されている
仏像の引き渡しを請求した。

 大田地裁は13年、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで日本側への返還を差し止める仮処分を出している。

時事ドットコム (2016/04/20-16:59)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042000676&g=soc


2: 2016/04/20(水) 20:30:52.71 ID:6ppvX55v.net

嫌がらせ民族


3: 2016/04/20(水) 20:31:01.65 ID:reOLoGFm.net

伝統芸能、仲間割れ


4: 2016/04/20(水) 20:31:36.12 ID:aDa6GQcb.net

基地外同士の争い

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像盗難

2016年04月21日

日本の木造菩薩半跏像、来月から韓国で展示 今回が初の海外展示

1: 2016/04/21(木) 03:13:56.29 ID:CAP_USER.net

【ソウル聯合ニュース】韓国の国立中央博物館(ソウル市竜山区)で来月24日から6月12日まで開催される特別展で、韓国と日本を代表する大型の半跏思惟(はんかしゆい)像が一緒に展示される。同館が20日、伝えた。

 展示は2015年の韓日国交正常化50周年を機に企画された「韓日の国宝・半跏思惟像の出会い」。韓国の国宝第78号「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」と日本の国宝「木造菩薩半跏像」(奈良・中宮寺所蔵)が公開される。


 片足をもう片足のひざにのせ、指をほおにあてて考えにふける姿の半跏思惟像は韓国と日本に多いが、高さが1メートルほどの大型の像はこの2点を含め、両国に2点ずつしかない。

 金銅弥勒菩薩半跏思惟像は三国時代の6世紀後半に製作され、気高い美しさを表現した秀作と評される。1916年から博物館に所蔵されているが、奉安されていた場所や出土地ははっきり分かっていない。

 木造菩薩半跏像は7世紀後半の飛鳥時代に木材を組み合わせて製作された。今回が初の海外展示となる。

 2点は6月21日から7月10日まで、東京国立博物館(台東区)で展示される。

聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/20/2016042001923.html


3: 2016/04/21(木) 03:16:06.35 ID:N7ThQngu.net

盗んでくれと言っているような(ry


4: 2016/04/21(木) 03:16:55.44 ID:hUt7cduE.net

全然学習してない


7: 2016/04/21(木) 03:19:37.37 ID:kjxgj4it.net

戻ってこないに1000円

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仏像盗難

2016年04月12日

韓国「仏像は日本に略奪されたものだから返さん」 → 「略奪とまでは言えないのかもしれないね…うん」

nyorai02.png
1: 2016/04/11(月) 08:31:58.64 ID:T786DN4M0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典

対馬の仏像 「略奪と断定は困難」韓国文化財庁

長崎県対馬市から盗まれ、その後、韓国で見つかった仏像が、「中世に日本側に略奪されたものだ」という
訴えを受けて返還されていない問題で、韓国文化財庁は「略奪されたと断定するのは困難」という調査結果を
出していたことが分かりました。これを踏まえて、韓国の検察が返還を巡ってどのような判断をするか注目されます。

この問題は2012年に対馬市の寺や神社から盗まれた仏像のうち、韓国国内で見つかった「観世音菩薩坐像」について、
日本政府が返還を求めているものです。

この仏像を巡っては、韓国の寺の信者らが「もともと倭寇に略奪されたものだ」と訴え、韓国の裁判所が
2013年2月に返還を差し止める仮処分を決定しています。

韓国の法律では、仮処分から3年間、裁判が起こされなければ、検察などが裁判所に対して処分の取り消しを
申請することができますが、3年が過ぎた現在も、そうした申請が行われていません。

「観世音菩薩坐像」について、NHKは、韓国の情報公開制度に基づき、韓国文化財庁が検察からの依頼で
まとめた調査報告書を入手しました。この中で、韓国文化財庁は「倭寇に略奪された蓋然性は高いものの、
それを断定することは困難」という結論を出していたことが分かりました。

韓国の検察はこの調査報告書を踏まえて、仏像の返還手続きを始めるかどうか決めるものとみられ、
どのような判断をするか注目されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160411/k10010474461000.html?utm_int=news_contents_news-main_006


7: 2016/04/11(月) 08:36:45.84 ID:jPOdwYSD0.net

そもそも略奪だって主張に根拠ゼロだからな…
話にならんよ。


8: 2016/04/11(月) 08:37:08.85 ID:OatvAx+R0.net

ま、ちょっとは覚悟しておけ


10: 2016/04/11(月) 08:38:06.94 ID:uH20Qt2R0.net

この結論に至るまでに何年費やしたんだお前ら

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像盗難

2016年04月01日

浮石寺金銅観音菩薩座像、日本への返還阻止のため訴訟準備

butu02.png
1: 2016/04/01(金) 00:22:47.42 ID:CAP_USER.net

<速報>=2012年、日本、対馬島から密搬入された瑞山(ソサン)浮石寺(プソクサ)金銅観音菩薩座
像を浮石寺に奉安するために法的訴訟戦を準備する足取りがはやまっている。
<本誌2月29日付2面報道>

30日、文化財還収国際連帯によれば浮石寺と文化財還収国際連帯、市民団体などで構成された
浮石寺金銅観音菩薩座像元の場所奉安委員会は現在の大田(テジョン)国立文化財研究所が保
管中の仏像を浮石寺に奉安するための本案訴訟提起を検討している。

浮石寺金銅観音菩薩座像は2012年、韓国窃盗団が日本対馬観音寺から盗んで国内に密搬入し
た後、検察が没収した。14世紀、高麗後期仏像の金銅観音菩薩座像は1951年に発見された服飾
物を通じて1330年、浮石寺ケジン僧侶が主導して32人が一緒に作った仏像と明らかになった。
正確ないきさつが確認されて学問的価値が高いだけでなく当時、民衆信仰の結社体という点でよ
り一層意味深いというのが文化財還収国際連帯の説明だ。

2012年、一緒に密搬入された新羅仏像金銅菩薩立像は過去、日本から不法搬出されたという根
拠がなく、所有を主張する寺や団体がなくて昨年、政府の'還付'発表二日後に日本に帰った。反
面、金銅観音菩薩座像は2013年、浮石寺が提起した仏像の日本返還禁止仮処分申請が裁判所
によって受け入れられ、国立文化財研究所に保管された。

現在は3年間の仮処分時効が今年2月25日で終わり、被告人の政府が本案訴訟を提起せず、
効力が持続しているが、31日、韓・米・日首脳会談を控えて日本国内で仏像還付を主張する世論
が激しくなることが分かった。日本は仏像の文化財指定当時、対馬観音寺が政府から所有者と明
示されており、'盗難'に関連した刑事事件が終結した時点で所有者に戻すことを主張している。

奉安委員会は倭寇による略奪の可能性が高い金銅観音菩薩座像の日本還付を防ぐために所有
権の譲渡、保管場所移転請求などの訴訟を提起する方案を検討している。イ・サングン文化財還
収国際連帯代表は「3国首脳会談を控えて'還付'を主張する日本メディアの世論戦が強まっており、
訴訟開始のための準備を急いでいる」として「金銅観音菩薩座像は14世紀、高麗時代に王室、貴
族でない賎民、奴婢出身の民衆が参加して作った唯一の仏像であるだけに、これを守るための努
力を継続していくだろう」と語った。

キム・ヨジ記者

ソース:大田日報(韓国語) 瑞山浮石寺金銅観音菩薩座像自分の席をさがす訴訟準備
http://www.daejonilbo.com/news/newsitem.asp?pk_no=1209067


2: 2016/04/01(金) 00:24:03.22 ID:gMBRCe0v.net

経済的に滅ぼしてしまえ。仏罰全開で全然OK牧場。


5: 2016/04/01(金) 00:26:13.28 ID:DNQdGrly.net

こら第2のセウォル号が来てもおかしくねーな


6: 2016/04/01(金) 00:26:33.09 ID:ZX4b6MO3.net

本当に罰当たりな不逞センジンだな
チヨウ汚染半島全部焦土化してしまえ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像盗難