食品 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年03月24日

韓国人「日本のラーメンは糞不味い。二度と食べない」

1: 2018/03/23(金) 17:08:06.71 ID:IPT/YgQp0 BE:323057825-PLT(12000)

sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
ラーメンは日本人の大好きなメニューだ。しょうゆやみそ、トンコツ、鶏ガラ、魚介系などのスープや具材で多様なジャンルがあり、日々進化。欧米など海外でも人気を集めている。
だが、韓国人の一部は違うようだ。
訪日外国人でにぎわう大阪・道頓堀(大阪市中央区)で、急増している韓国人旅行者に尋ねてみると、特にトンコツラーメンに「脂っこい」「臭みがある」などと不満の声が聞かれた。
大阪は韓国でもグルメ都市として知られ、旅行者にとって食べ歩きが大きな楽しみだが、韓国のラーメンと日本のラーメンが「似て非なるもの」であることが、背景にありそうだ。(張英壽)

「もう一度は結構」人生初のトンコツラーメン

 道頓堀は訪日外国人客の一大聖地といえるほど、旅行者でにぎわう。夜になると、夕食を楽しもうと、あちこちの店で長い行列ができる。
初春のある夜に訪ねると、普段にもましてにぎわい、聞こえて来る言葉は圧倒的に韓国語が多かった。
最近、韓国では日本旅行の人気が高く、日本政府観光局によると、昨年1年間の来日韓国人は前年比40.3%増の714万人。
延べ人数だが、単純計算すると韓国人の7人に1人の割合で日本を訪れていることになる。
日本の都市の中で「くいだおれ」のまち大阪は、特に食に対する期待が大きい。

 その大阪の繁華街・道頓堀を歩く韓国人旅行者は、日本の食べものをどう感じたのか。直撃してみた。

 「神戸ビーフやたこ焼き、お好み焼き、そば、すしはおいしかったけれども、日本のラーメンは脂っこくて嫌いです。食べたけど、残しました。臭みがあるし、二度と食べません」

日本の「ラーメン」韓国人には不評?…「ラミョン」似て非なるもの
http://www.sankei.com/west/news/180323/wst1803230001-n1.html
no title


2: 2018/03/23(金) 17:08:32.43 ID:CygEGDDF0

どうぞどうぞ


3: 2018/03/23(金) 17:08:39.10 ID:bw5+dOpX0

どうでもいいから来んな


4: 2018/03/23(金) 17:08:57.00 ID:+nMazjPj0

というか来なくていいです

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 食品

2018年03月21日

【韓国】客が食べ残したスープまで集めて使い回し レストランで衝撃映像

1: 2018/03/20(火) 11:16:13.04 ID:CAP_USER

食べ残したスープまで集めて...衝撃的なおかず使い回し
SBS 2018-03-20 07:42

<アンカー>
今このようなお店はほとんどないだろうと思っても、必ずまた新たに一つずつ出てきます。
忠清北道清州の市外バスターミナルのレストランで、客が食べ残したおかずやチゲ(※)まで
リサイクルしている光景がカメラに捉えられました。

※肉・魚介・豆腐・野菜などを味噌(みそ)や唐辛子風味の調味料で煮込んだ朝鮮の鍋料理

CJBのク・ジュンフェ記者です。

<記者>
客が食べ残したおかずを捨てず、おかず容器に再び集めています。
おかずが間違って混ざったのか、容器をチェックして再び取り出しています。

このように集めたおかずをまるで新品かのように容器に入れます。食べ残したおかずを皿ごとそのまま出したりもします。

[元従業員:食べ残しの水キムチを捨てたら「なぜ捨てるんだ」と、残飯容器へ取り出して洗って出したこともあります。]

問題のシーンはまだあります。食べ残しのチゲを棚の下に隠されたボウルに集めます。スープまで余すことなく回収します。

[元従業員:罪悪感がたくさんありますよね。私なら食べません。]

しかし、レストラン側は意図的なおかずの使い回しは決してなかったと嘆願します。(中略)

このレストランでは、一日900回往復する市外バスの運転手とバス利用者まで、毎日数百人が食事をします。

http://news.nate.com/view/20180320n04372


2: 2018/03/20(火) 11:16:50.86 ID:vxHx8miA

え、今さら?


3: 2018/03/20(火) 11:17:33.54 ID:zrcYxbg0

韓国名物「涎スープ」


4: 2018/03/20(火) 11:17:52.79 ID:eNUjknnc

使い回しをしなかったら料理の値段はもっとはねあがるニダ、それでもいいニカ?

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食品

2018年03月02日

カット野菜大手のサラダクラブ「国産キャベツが品薄なので韓国産使います」

1: 2018/03/01(木) 20:01:17.50 ID:Bs4OoHKT0● BE:844481327-PLT(13345)

sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
野菜の価格が高騰し、いわゆる「カット野菜」の人気が高まる中、大手メーカーが国産だけでは需要をまかなえなくなったとして、今月から輸入キャベツを使うことになりました。

カット野菜の大手メーカー「サラダクラブ」は、一部の製品で3日から韓国や台湾、アメリカ、オーストラリアから輸入されたキャベツを使用します。

この会社は、国産野菜を中心にキャベツの千切りやサラダなどおよそ40種類のカット野菜を全国のスーパーなどで販売していますが、天候不順による国産野菜の価格高騰の影響でカット野菜の需要が例年の1.3倍に増えたため、国産だけでは必要な量を確保できなくなったということです。

この会社が輸入キャベツを使うのは平成11年の会社設立以来初めてだということです。

サラダクラブの萩芳彰社長は「企業努力を重ねてきたが、キャベツの生産量や価格の回復が見通せず、安定供給のためには今回の対応をとらざるを得なかった」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180301/k10011348171000.html


3: 2018/03/01(木) 20:01:53.63 ID:utzkvR0m0

法則


4: 2018/03/01(木) 20:02:03.26 ID:ePaFDuI50

殺す気か!


5: 2018/03/01(木) 20:03:07.11 ID:tinev432O

あーあやっちまったな

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食品

2018年02月28日

【韓国】世界5大健康食品で抗ウイルス強者の「キムチ」。インフルエンザの抑制を立証。世界の健康に責任を負うキムチに定着する

1: 2018/02/27(火) 10:17:46.97 ID:CAP_USER

抗ウイルス強者「キムチ」、インフルエンザ・疾病を予防する

インフルエンザウイルスの抑制効果を初めて立証

対象キムチの生産種菌特許、宗家キムチに適用

キムチのインフルエンザウイルスの抑制効果が初めて立証された中、包装キムチブランド「宗家」の大象(株)がキムチ乳酸菌を活用した新製品の開発に乗り出して注目を集めている。

大象はキムチの原料のうちネギと生姜が抗ウイルス効果が高いことが確認されたとし、インフルエンザウイルスの抑制に効果があるキムチ乳酸菌を活用して、新製品の開発に着手したと26日、明らかにした。

最近、キムチの摂取を介してインフルエンザを予防することができるという研究結果が出た。韓国食品研究院によると、キムチが新型インフルエンザ、鳥インフルエンザなどのインフルエンザウイルスを抑制することに有効であることが初めて立証された。韓国食品研究院と大象、世界キムチ研究所、高麗大学などの共同研究チームは、キムチの発酵過程に応じて3段階に分けて製造し、それぞれの試料をウイルス感染細胞や動物に投与してインフルエンザウイルスの抑制効果を確認した。 2週間インフルエンザウイルスに感染したマウスを対象に実験した結果、キムチエキスを投与したマウスの生存率が、そうでないマウスに比べて30%以上高かった。

これに先立ち、2001年にはキムチ乳酸菌を活用した抗菌剤も開発された。 「植物性乳酸菌発酵液ENT」は100%植物性原料である国産白菜を発酵して作られた天然の抗菌剤である。食品に害を及ぼす微生物が生成する物質から食品を保護する強力な抗菌効果があり、腐敗を誘発する微生物を抑制して食品の賞味期限を二倍に延長することができる。キムチだけでなく、飲料、健康機能食品、製菓、インスタント食品など、様々な食品に使用され、キムチ乳酸菌の活用地平を広げたという評価を受けている。

特に大象の宗家は昨年、農食品部と共同で韓国キムチの優秀な発酵能力と機能性を持ったキムチ乳酸菌を探索して選別する研究の末に、味が良く発酵能力に優れたキムチ発酵種菌「DRC1506」を開発した。大象はこれを「リューコノストック属メセンテロイデス宗家キムチ目」と命名し、キムチの生産種菌として特許出願しており、世界系統分類学会誌にも登録した。大象は新たに開発した菌株を、昨年2月から生産する宗家キムチのキムチ生産種菌に適用している。

これからキムチはインフルエンザなどの病気の予防だけでなく、肝機能の改善など腸の健康にも役立つことができる方向に研究の範囲が拡大される見通しである。

リュ・ビョンヒ大象中央研究所博士は「アメリカの健康専門誌「ヘルス」誌の世界5大健康食品に選定されたことがあるキムチは、それ自体で健康に役立つだけでなく、さまざまな研究を通して、無限の機能性素材を開発することができる天然原料」、「今後、健康機能性を極大化したキムチの開発を通じて、世界の人々の健康に責任を負うキムチとして定着できるように研究に拍車をかける」とした。

ソース:ヘラルド経済 2018-02-26 11:35(韓国語)
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20180226000508


3: 2018/02/27(火) 10:18:42.78 ID:h3mLtjt8

後の4大はなんやねん


4: 2018/02/27(火) 10:18:47.79 ID:WHlwt2td

人糞いりだろうなwww


5: 2018/02/27(火) 10:18:48.88 ID:OlAlqrSm

健康に責任負うなら流通させるな

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食品

韓国加工肉製品の日本輸出が可能に ハム・ソーセージなど

1: 2018/02/27(火) 14:42:25.34 ID:CAP_USER

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2018/02/27/0500000000AJP20180227001600882.HTML

【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部と食品医薬品安全処は27日、韓国産の熱処理済み加工肉製品を日本に輸出するための対日検疫交渉を終えたと明らかにした。

 今回の交渉により、26日付で日本政府に登録された韓国の3カ所の作業場で生産されたハム・ソーセージ・冷凍参鶏湯(サムゲタン、鶏スープの料理)など70度で1分以上加熱した加工製品の輸出が可能になった。

 農林畜産食品部と食品医薬品安全処は、輸出品目の拡大のために2012年3月から日本政府との検疫条件の協議、輸出を希望する業者の需要調査、事前検証などのプロセスを進めてきた。

 昨年10月に実施された日本政府の調査団による韓国での現地点検に備えて官民合同チームを立ち上げ、作業現場の対応を支援してきた。

 農林畜産食品部の関係者は「輸出を拡大できるよう現場での検疫・衛生管理に万全を期し、日本でのマーケティングなど輸出支援に努める」と説明した。


2: 2018/02/27(火) 14:43:11.22 ID:VLqGKDQ6

これこそ放射能汚染された食材だろ


3: 2018/02/27(火) 14:43:30.52 ID:Jy8DyYyh

農林水産省に苦情出してくる


4: 2018/02/27(火) 14:43:53.39 ID:nfOA2eLV

ノロウィルスをたっぷり練り込んだ手作りソーセージ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 食品

2018年02月22日

【知らん!!】日本で過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?

1: 2018/02/21(水) 02:29:33.05 ID:CAP_USER

2/20(火) 6:40配信
ITmedia ビジネスオンライン

「チーズタッカルビ」。外食チェーンのメニューに次々と採択されている
no title


 韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。

松屋の「チーズタッカルビ定食」は若手が開発した
http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1802/20/l_rs_nagahama2.jpg#utm_source=yahoo&utm_medium=feed&utm_campaign=20180220-007&utm_term=zdn_mkt-bus_all&utm_content=img

 牛丼チェーンの「松屋」が1月23日に「チーズタッカルビ定食」を新発売。ファミレスの「デニーズ」、コンビニの「ファミリーマート」でも、チーズタッカルビを今冬シーズンの目玉商品として販売している。全国チェーンのメニューに次々と採択されて、一気に知名度が高まった感がある。

 レシピサイト「クックパッド」の2017年食トレンド大賞の1位に「チーズタッカルビ」が選出され、いよいよトレンドから普及の段階に入った。

 タッカルビとは鶏肉と野菜をコチュジャンベースの辛いソースで炒めたもの。韓国・春川の名物だが、これにチーズを絡めたのがチーズタッカルビだ。とろけたチーズを絡ませることで、チーズフォンデュのようにまろやかな味の変化が楽しめる。

 チーズタッカルビは、東京・新大久保コリアン街にある「市場タッカルビ」という店が開発した創作料理だ。インスタ映えすると話題になり、10〜20代の女性の間で爆発的な人気となった。今やコリアン街のほぼ全ての店が、こぞってチーズタッカルビをメニュー化し、看板にチーズタッカルビ提供店であることをアピールするようになっている。

 チーズタッカルビの起爆力にけん引されて、一時期閑古鳥が鳴いていたコリアン街がよみがえり、「TWICE」(トゥワイス)のような新しいK-POPアイドルや、韓国の化粧品も見直されるようになった。

 今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000007-zdn_mkt-bus_all


2: 2018/02/21(水) 02:29:47.34 ID:CAP_USER

●若手女性社員が開発

 松屋の「チーズタッカルビ定食」が開発された経緯はユニークで、普段は商品開発に携わっていない女性社員によって考案された。

 その女性社員とは、同社が4年ほど前から立ち上げた「女性活躍推進プロジェクト」のメンバー。女性の店長、店長代理から立候補制でプロジェクトメンバー5〜6人が決められ、月に1回集まっている。このプロジェクトから提案された新メニューである。

 メンバーの平均年齢は26歳。店長クラスの若手で構成されている(松屋フーズでは入社して3年で店長になれる)。

 若い女性が松屋にもっと来てもらうにために、何をするべきかを話し合う中で、チーズタッカルビに着目した。経営陣から了承を受け、商品開発部と共につくり上げたメニューだという。プロジェクトが手掛けた初のメニューでもある。

 「彼女たち自身が、チーズタッカルビを食べに行っていますから、商品を見る目線がおじさんたちとは違います。SNSに投稿して見栄えがするように、濃厚なチーズの“とろーり感”を強調するなど、今までの松屋にはなかった視点の商品になっています」(松屋フーズ、広報担当者)。

 甘辛いコチュジャンと香辛料で仕上がったソースの中に、ゴロッとボリュームあるチキンが入っており、野菜もキャベツを中心に、ニンジン、タマネギと具だくさん。チーズと絡めると程よい辛さになるのが商品の特徴だ。

 「チーズタッカルビ定食」は730円で販売されている。700円を超える商品は松屋としては高単価。しかし、2月9日より韓国・平昌で冬季オリンピックが開催された効果も出て、「売り上げは右肩上がりに伸びている」(松屋フーズ・広報担当者)とのこと。特に女性にウケており、女性客の大半がチーズタッカルビ定食を食べているという。


3: 2018/02/21(水) 02:29:54.37 ID:CAP_USER

●ファミレス、コンビニでも

 外食チェーンでチーズタッカルビをはじめてメニュー化したのは、デニーズだ(発売は2017年11月28日から)。ブラジル産のビタミンやミネラルが豊富なマテ茶を飼料に使ったマテ茶鶏と、たっぷりの野菜、トッポギをジューシーに焼き上げ、甘辛いタレを絡めて、アツアツの鉄板で提供している。値段は1038円。

 また、コンビニでいち早くチーズタッカルビをメニューに取り入れたのがファミリーマートだ。2月6日より「韓国グルメ大集合!」と称して新発売した14種類の商品の中に含まれている「チーズタッカルビ」(398円)は、惣菜ブランド「お母さん食堂」の商品。甘辛く味付けた鶏肉と野菜に、2色のチーズを合わせ、濃厚な味わいに仕上げている。

 おにぎりにも「チーズタッカルビおむすび」(147円)があり、キムチ味のおにぎりに、甘辛く炒めた鶏肉とチーズを乗せ、こんがりと焼き上げている。また、肉まんの新商品として「チーズタッカルビまん」(180円)も販売している。

 ファミリーマートはチーズタッカルビを多面的に展開しており、普及に一役買っている。ファミリーマートに続き、セブン-イレブンは2月13日より「うま辛チーズタッカルビまん」(130円)、ローソンは関東限定で「チーズタッカルビ丼」(498円)を新発売している。


4: 2018/02/21(水) 02:30:01.10 ID:CAP_USER

●なぜチーズタッカルビは生まれたのか

 さて、そもそもチーズタッカルビは新大久保コリアン街で、いかにして生まれたのだろうか。新大久保コリアン街が発展したのは、2002年に日韓が共催したサッカーのワールドカップ辺りからで、翌03年にはNHKのBS2でテレビドラマ「冬のソナタ」が放映され、あまりの反響の大きさから04年にはNHK総合でも再放送された。

 いわゆる韓流ブームが、「冬のソナタ」のファン層である中高年女性を中心に起こり、韓国旅行がブームにもなった。

 ところが12年に当時の李明博大統領が竹島に上陸した後には、急速な日本人の客離れが起こり、約500店ほどあったコリアン街の飲食、雑貨などの店は1割ほどが閉店。人通りは激減し、大半の店に閑古鳥が鳴いて、すっかり寂れてしまっていた。

 市場タッカルビの前身である「7080トッポキ」というトッポギの専門店も、15年の時点では倒産寸前だった。

 しかし、同店はコリアンタウンのレストランの問題点は、「味の平準化」にあると考えた。「どの店に行ってもそこそこおいしいが、同じような味になって、飽きられてしまっていた」と、経営するハッピーエンタープライズ外食事業部の姜光植部長は振り返る。

 そこで、姜部長は顧客単価の低いトッポギに限界を感じ、もっと五感に訴えて単価の取れる料理はできないのかとの発想で、「冬のソナタ」の舞台でもある、韓国・春川の名物料理タッカルビをアツアツの鉄板で提供するプランを思い付いた。トッポギの店だったので、卓上で使える鉄板とカセットコンロはふんだんにあった。

 出入口の横に倉庫があったが、オープンキッチンに改造し、外からでも調理風景が見えるようにレイアウトを変更。店員が毎日、店の前に立ち、試食をすすめる販売促進活動を続けると、顧客が口コミで急増し、改装から1カ月で満席になる繁盛店に再生したという。タッカルビという料理が日本では全く普及していなかったので、まずは試食してもらうことから始めたのが奏功した。

 それでも行列ができるまでには至らず、もっとインパクトのある料理でなければ顧客を呼び戻せないと思案した末に編み出したのが、タッカルビにチーズを入れるチーズタッカルビであった。


5: 2018/02/21(水) 02:30:11.97 ID:CAP_USER

●「チーズタッカルビ」が飽きられる日

 16年2月に「チーズタッカルビ」を発売すると、タレの辛さをとろけたチーズが和らげてくれるので、辛いのが苦手な人でも食べやすいと人気が沸騰。チーズの両脇をタッカルビで挟むスタイルで提供したので、視覚的にも鮮やか。写真を撮ってSNSに投稿する人が急増した。

 姜部長はそれでも商品開発の手を緩めず、1500人のモニタリングを行い、チーズをナチュラルチーズから、モッツァレラチーズとチェダーチーズの2種類を使う形式に変更した。

 そして、16年6月には店名を「市場タッカルビ」に変更。元祖チーズタッカルビの店として再スタートを切った。その頃には、4時間待ちも当たり前の大行列店となり、通行の邪魔になると苦情が絶えず、毎日のように警察官が出動するようになった。そこで、系列店の「ハンサラン」と「bb・q」でもチーズタッカルビを販売するようになり、売り上げが倍増した。当時は閑散としたコリアン街で、市場タッカルビだけが1人勝ちしている状況だった。

 行列を解消するために、予約を取らず、一度店に来て名前と人数を書いてもらい、席が空けば携帯に電話を掛けて案内するシステムに変更した。

 そうすると、顧客は待っている間にコリアンタウンを周遊するようになり、街全体に波及効果が生まれていった。そうした中で、韓流のアイドルや化粧品も見直されていったのだ。

 16年末から17年初頭には、コリアンタウンの飲食店がチーズタッカルビを一斉にマネするようになり、あっという間に、どの店も看板に掲げる状況になった。

 今や平日の午前中からコリアン街は賑わっているが、課題はある。あちこちの店でチーズタッカルビを売りにしているため、結果的に過去最大の「味の平準化」が起こってしまったからだ。

 ある時、一気に飽きられるか。それとも、もんじゃ焼一本で集客し続けている月島のもんじゃ街のように、繁栄し続けられるのか。気まぐれな日本の若い女性の消費者たちは、いつまでもチーズタッカルビに熱中するほど、甘いだろうか。

 コリアン街が自滅すれば、牛丼チェーン、ファミレス、コンビニがチーズタッカルビを売ることもなくなるだろう。

(長浜淳之介)

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食品

2018年02月11日

【韓国】 病気で立ち上がることもできない牛、韓牛と混ざって食卓に

1: 2018/02/09(金) 22:01:43.69 ID:CAP_USER

■病気で立ち上がることもできない牛、韓牛と混ざって食卓に
no title


<アンカー>

…その他、病気になって立ち上がることができない牛を違法屠畜して売っていたグループも逮捕されました。

飲食店や精肉店などは、そのような肉であることを知りながら韓牛と混ぜて販売して、共に捜査されました。

JTVオ・チョンヒョン記者です。

<記者>

牛を積んだトラック。走り出して行くと、ある畜産農家に立ち止まります。

しばらく経ってから、潜伏していた警察が近づいてきて、

[停止!停止!]

まだ、屠畜が終わっていない雌牛の死体が転がって、既に処理が済んだ牛肉も発見されます。違法密屠畜現場です。

糞尿と堆肥の山の傍で、非衛生的で違法に行われたことも問題ですが、より深刻な問題は処理された牛が病気にかかっていたり、怪我をしていた牛だったという点です。

屠畜業者53歳のファン某さんらは、病気になって廃棄処分を控えた牛を30万ウォンから60万ウォンという安価で買い入れて、違法屠畜をしてきました。

警察の捜査で、明らかになったものだけでも1年間で10頭あまり。 処理された肉は市場価格と比べて半額で売れていったが、精肉店と飲食店側は健康な牛ではないという事情を知りながらも購入していました。

問題の肉は、一般の韓牛と混ざって消費者の食卓に上がりました。

[キム・ヒョンイク/全北警察庁広域捜査隊長:通常、屠畜をするにはちゃんと牛が起立できないといけません。牛がへばって、鼻水を流していて、何頭かは起立できずに倒れていて。死ぬ前に密屠畜をしたようです。]

警察は、屠畜業者ファンさんら2人を拘束して、飲食店のオーナーら13人を在宅起訴しました。

また、牛肉の需要が急増する祝日を控えただけに、最近、違法屠畜が他にも行われていると見て捜査を拡大しています。

JTVオ・チョンヒョン記者

ソース SBSニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=055&aid=0000611373


5: 2018/02/09(金) 22:05:57.92 ID:AVQDDCi1

牛は瀕死、ニワトリは鳥インフル、豚は口蹄疫、犬は脱走

ヘル朝鮮は家畜も地獄級


7: 2018/02/09(金) 22:06:44.46 ID:cY4O6dIP

まさかこの前の韓国マク〇ナル〇のアレって・・


9: 2018/02/09(金) 22:07:04.23 ID:XNkN/SDw

あんだけ狂牛病怖くて反米デモしてたのに自分らは何してるんだか

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 食品