食品 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年12月26日

水分少なめ韓国ハクサイ、キムチ専門店などへ出荷

1: 2017/12/25(月) 07:53:47.19 ID:CAP_USER9

http://www.sankei.com/smp/life/news/171225/lif1712250013-s1.html

 昨年、高麗郡が建郡されてから1300年を迎えた埼玉県日高市で、韓国料理のキムチの原料になる韓国ハクサイの収穫が続いている。

 同市栗坪の岡野武二さん(70)の畑では24日、家族で年内最後の収穫に追われた。韓国ハクサイは水分が少なく、キムチの材料に適している。岡野さんは「苗の植え付け後の秋に寒さや台風に遭ったが、出来はいい」と笑顔を見せた。

 同市内では岡野さんら高麗高齢者農業生産集団のメンバー約20人が本格的に栽培を初めて2年目。今季は来年1月初めまでに2万株を出荷する予定で、副集団長の斎藤篤さん(75)は「都内の韓国料理店やキムチ専門店などで使われます」と話している。

no title


4: 2017/12/25(月) 07:54:59.78 ID:eGDGbZDY0

>>1
寄生虫いっぱいいそうだな。


7: 2017/12/25(月) 07:56:47.85 ID:mqAz65ND0

当たりくじ付きw


8: 2017/12/25(月) 07:57:14.21 ID:5eoCdlP60

絶対ウンコついてるよね

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

2017年12月25日

一時大ブームとなった韓国のマッコリ輸出、5年で75%減 日本酒と対照的

1: 2017/12/23(土) 13:59:44.83 ID:CAP_USER

韓国のマッコリ輸出が5年で75%減 日本酒と対照的

2017年12月23日 13時20分
聯合ニュース

韓国のスーパーで販売されているマッコリ(資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】一時、大ブームを巻き起こしたマッコリ(韓国伝統の濁り酒)の輸出が、安定した海外市場の構築に失敗したことで減少を続けている。

 韓国農水産食品流通公社(aT)が先ごろ公開した「2017農食品輸出イシュー報告書」によると、昨年のマッコリの輸出額は1286万8000ドル(約14億6000万円)だった。

 マッコリの輸出額は2011年に5273万5000ドルを記録したのをピークに、5年で75.6%減少した。

 今年1月から11月までの輸出額は前年同期比4.6%減の1110万ドルで、今年の年間輸出額も前年を下回る見通しだ。

 マッコリの輸出額は焼酎(8410万ドル)やビール(1億370万ドル)などほかの酒類と比べ小規模だ。最近、韓流ブームが起きているベトナムや台湾などでは輸出額が2桁成長を見せているものの、輸出量は多くない。

 同じ期間の日本酒の輸出額は1億4361万ドルで30.2%増加、中国の伝統的な蒸留酒「白酒」は4億6789万ドルで172.7%増加した。

 マッコリは10年から11年にかけ、韓流ブームと円高の影響を受け、生産量と輸出量が増加したが、海外で品質が認められず、「韓国の伝統酒」というブランドイメージを確立できなかったことなどが影響し、安定した消費市場を構築するのに失敗した。

 高級なイメージを確立した日本酒や白酒とは異なり、低価格中心の輸出戦略を進めたことがマッコリの敗因だったと報告書は分析している。

 実際、マッコリの昨年の平均輸出単価は1リットル当たり0.99ドルで、1ドルに満たない。一方、日本酒は1リットル当たり7.28ドル、白酒は同28.65ドルだった。

 また、マッコリはほとんどが透明か緑色の半透明のペットボトル容器に入れられ、類似したデザインで発売されており、若者層を攻略するためのデザインの面でも失敗したと報告書は説明した。

 aTは報告書で、マッコリの輸出を拡大するためには安いというイメージから、高価・高品質の酒というイメージに消費者の認識を変えなければならないと強調した。また、輸出先を多角化し、世界の主な市場のトレンドである低度数・ノンアルコールに合ったマッコリの新製品を開発するなどの努力が必要と指摘した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14069632/


2: 2017/12/23(土) 14:00:31.67 ID:ejQMjCSb

品質の悪いただの密造酒だし


3: 2017/12/23(土) 14:00:56.68 ID:QYuYUiFq

態々、人工甘味料を加えた濁酒のむ馬鹿って


4: 2017/12/23(土) 14:01:36.29 ID:vh3Ud411

大ブーム?w 押し売りしただけだろうがw

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食品

2017年12月23日

【韓国】Pulmuoneの『生麺食感』・・・韓国ラーメン業界初、日本式『豚骨ラーメン』発売!

1: 2017/12/21(木) 11:26:21.55 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ Pulmuoneの『トンコチュラメン』

Pulmuoneのラミョン(ラーメン)ブランド『生麺食感』が、韓国ラミョン業界で初めて日本式ラメン(ラーメン)
の『トンコチュラメン(豚骨ラーメン)』を発表した。

プルムウォン食品は21日、日本伝統のラメンスープと麺をしっかりと表現した『生麺食感トンコチュラメン』
を発売したと明らかにした。

油で揚げた『ユタンミョン(油揚麺)』が主流である国内ラミョン市場で『日本式ラメン』はスープと麺の調和
のバランス調節が難しく、消費者の眼鏡にかなう製品開発が容易でなかった。プルムウォンは日本現地
でラメン料理時に揚げてない『生麺』を使っているのに着眼、ノンフライ麺を使用してしっかりとした
トンコチュラメンを開発したのである。

トンコチュはトンゴル(豚の骨)の日本語発音で、骨が付いた豚肉や大根、こんにゃくなどをテンジャン
(味噌)で煮込んだ物を意味する。

『生麺食感トンコチュラメン』は、油で揚げずに曲線が少ない『ラメン専用麺』を使っているのが特徴である。
一般ラミョンのコブルコブル(くねくね)した麺と比べて滑らかな喉ごしが良いだけでなく、スープが麺に
よく浸透して深い風味を増してくれる。

日本ラメン特有の油っこさは減らし、淡泊さを一層生かしたスープも絶品である。

このためPulmuoneは、日本と国内の有名ラメン専門店をベンチマーキングして秘法を研究した。国内産
の豚骨を一回調理し取ったスープを、再び120℃の釜で丁寧に煮こんだスープを使って液状のスープを
開発した。これに香ばしいテンジャンと日本式カンジャン(醤油)である『チュユ(つゆ)』を入れて豚特有
の生臭さを除去した。

料理方式も日本伝統のラメン方式に従い、淡泊でスッキリした味を表現した。

まず麺だけ別に3分30秒間煮こんで火を消した後、液状スープと長ねぎ、具のスープを入れれば良い。
液状スープを麺と一緒に煮こまず、最後に入れるとスッキリした淡泊なスープを楽しむ事が出来る。

Pulmuone食品の関係者は、「“生麺食感トンコチュラメン”は専門店水準のラメン料理を家庭でも容易に
楽しめる製品」と言いながら、「今後も“生麺食感”ブランドのノンフライ麺だけが表現できる様々な
麺料理を披露して、ラミョン市場のトレンドを先導する」と明らかにした。

ソース:NAVER/ファイナンシャルニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=014&aid=0003928499


3: 2017/12/21(木) 11:27:16.84 ID:+mZqKc3B

そうして韓国起源になって日本が盗んだという


15: 2017/12/21(木) 11:31:28.54 ID:5hyvfDHJ

>>3
豚骨ラーメンは、九州発祥

豚骨ラーメンは、九州の在日発祥

トンコチュラメンの起源は、韓国ニダ!

の流れか?


4: 2017/12/21(木) 11:27:56.88 ID:WAbdX4dy

口蹄疫豚骨ラーメンか

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 食品

2017年12月19日

【韓国】カビ、虫、金属、ビニールなど、異物情報提供が殺到=2017年決算・飲食品

1: 2017/12/18(月) 11:28:39.46 ID:CAP_USER

今年は食品の安全問題が相次いで発覚して、飲食品に対する信頼が大幅に落ちた。殺虫剤成分が卵から
検出されたり、ヨーロッパ産の非加熱ソーセージ、ブラジルの腐った鶏などが国内まで影響を及ぼして、
安全な製品なのか、払い戻しは可能なのか等に対する問い合わせが相次いだ。

他にもカビや虫だけではなく、ビニールや金属など、想像し難い異物に対する情報提供も絶えずに寄せ
られた。

今年1月から12月10日までに消費者告発センター( www.goso.co.kr )に寄せられた飲食品分野の消費者
被害事例は3,956件で、昨年(3,448件)よりも14.7%増加した。

主な被害内容は、▲異物混入や製品の変質などが2,528件(63.9%)で最も多く、▲殺虫剤卵など、有害食品
に対する不安や抗議も348件(8.8%)を超えた。

■ 食品安全問題が相次いで発生・・・「不安で生活できない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年は食品の安全問題が特に浮上した。国内農家の卵から殺虫剤成分が検出されて、ブラジルの腐った
鶏が発見されたり、ヨーロッパ産の非加熱ソーセージを食べてE型肝炎に罹るなどの消息が伝わり、
消費者の不安を高めた。

食品安全問題は消費者告発センターの情報提供にも反映された。殺虫剤卵事件が起きると食品医薬品
安全庁と農林畜産食品部が責任転嫁をして、正確な情報を得られない消費者の不満が溢れた。

それだけでなく殺虫剤卵の騒動の後、キムパプ(海苔巻き)やクッパなどの卵を含むメニューを販売する
飲食店で、『卵』を使わないのに価格はそのままだという抗議が出た。

また、ブラジル産の腐った鶏騒動が起きた去る3月には、フランチャイズで販売する鶏製品の原産地が
ブラジル産である事を後から知ったとし、製品の払い戻しを要求する情報提供が相次いだ。

これにブラジル産の鶏パティを使っていたメクドナルドゥ(McDonald's)、ロッテリア(LOTTERIA)、ポゴキン
(Burger King)、KFC(Kentucky Fried Chicken)、マムストチ(Mom's Touch)などは原産地を変えたり
製品生産を中断した。

■ 「長かった猛暑のせい」で異物不安がますます高まる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年の長かった猛暑と大きな日較差のため、食品の変質やカビ、虫などの異物問題が大幅に増えた。

ピジャホッ(Pizza Hut)、ミストピジャ(Mr.Pizza)、トミノピジャ(Domino’s Pizza)などのフランチャイズの
ピザ製品から骨片が出て子どもが怪我をしたり、GS25、CU、セブンイレブンなどの便宜店(コンビニ
エンスストア)で購入した三角キムパプ(おにぎり)から石が出て、ゼリーに入っていた砂のせいで歯が
折れたりした。

(写真)
no title

▲ (左上から時計回りで)フランチャイズのピザから発見された骨片。シリアルから出た虫、ラーメンの
袋の中にいたゴキブリと卵の殻、三角キムパプに入っていた固い石。

この他にも、シリアル製品を食べていたら虫と見られる黒い異物が出て、ラーメンからゴキブリとゴキブリ
の卵の殻が発見され、ヨーグルトやミネラルウォーターなどにカビと見られる異物が浮かんで消費者が
驚愕した。

ソース:消費者が作る新聞(韓国語)
http://www.consumernews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=522495


3: 2017/12/18(月) 11:29:41.36 ID:hlVplZrJ

さすがに有機物じゃないものは消化できないニダ


4: 2017/12/18(月) 11:34:52.38 ID:a4XmOo4A

<丶`∀´>日本向けの異物は愛国者ニダよ。


6: 2017/12/18(月) 11:35:41.52 ID:sfuI8fk0

これの何割が嘘の訴えなんだろうなw

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

2017年12月17日

【韓国】「マッコリの屈辱」〜日本のサケ、中国のパイチュウ輸入増で・・・

1: 2017/12/15(金) 10:12:26.92 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ 去る8月9日、ソウル 中区((チュング)のロッテマート ソウル駅店で、モデルが光復節を迎えて発売
された『イドン・愛国・生マッコリ』をPRしている。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

昨年、日本のサケ(日本酒)と中国のパイチュウ(白酒)の輸入が大幅に増加したのに対し、マッコリの
輸出は引き続き下降線を辿っている事が明らかになった。これに従い、我が国の国酒であるマッコリの
輸出戦略に大手術が必要であると指摘されている。

14日、韓国貿易協会によれば、昨年のマッコリの輸出は1286万ドルで、2015年から0.3%減少した。
マッコリの輸出が頂点を極めた2011年の5273万ドルと比較して、4分の1にも満たない水準にまで縮小
した。毎年輸出が急減して昨年は少し弱まったが、今年に入って10月までに4.9%減少して、再び減少
傾向が増している。

一方、日本と中国酒の輸入は毎年増加傾向にある。サケの輸入は昨年1438万ドルで、2015年よりも
27.5%増加した。パイチュウも同期間1114万ドルで15.8%増加して、マッコリとは対照的だった。

特に、昨年は中国とのサドゥ(THAAD=高高度ミサイル防衛システム)関連の紛争が始まった時期であり、
日本とも慰安婦少女像の設立を巡って外交的に良くない関係が続いたが、該当国との酒の消費は
外交状況とは無関係に増加している。

結果的に3ヵ国の国酒のうち、韓国のマッコリの輸出だけが不振だったという点が際立つ。

専門家によれば、2011年当時は韓流ブームと円高効果で日本への輸出が90%以上行われ、マッコリが
爆発的人気を集めたが、韓流ブームが途切れた瞬間、マッコリの輸出も急落した事が分析で分かった。
今でも日本がマッコリ輸出の半分以上を占めるほど、地域偏重が激しい。

マッコリの輸出不振は、低い単価の問題も大きいという指摘が出ている。サケの輸出単価はリッター当り
7.28ドルで、パイチュウは28.65ドルと高い一方、マッコリは0.99ドルで1ドルにも満たない『安物酒』に
なってしまう。 低価格輸出戦略はブランドイメージにも否定的な影響を及ぼす上、韓国産マッコリ間の
過当競争も輸出単価の下落を煽っていると指摘されている。

中国と日本の酒が斬新なデザインと高級イメージを強調する一方、マッコリは相変わらずワンパターン
のペットボトル包装に加え、韓国ドラマと連携した単発のマーケティングもイメージ改善の障害になって
いるという批判も出ている。

農水産食品流通公社(AT)の関係者は、「韓国を代表する伝統酒としてのイメージを確保するためには
価格を高め、高級酒の認識を改善しなければならない」とし、「必要なら現地の食文化に合った
マーケティング戦略と共に、度数を下げて特有の臭い(匂い)を無くすなど、新製品開発の努力も必要
である」と話した。

ソース:NAVER/マネートゥデー(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=008&aid=0003978800


2: 2017/12/15(金) 10:13:22.73 ID:1mzzlXiV

>>1
どぶろくの劣化版だろ、そもそも。


4: 2017/12/15(金) 10:15:12.31 ID:gA3tYXu/

人工甘味料は体に悪いぞ


5: 2017/12/15(金) 10:15:14.91 ID:6q3Geo9Y

マッコリじゃなくてさあ…

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食品

2017年12月13日

【グルメ】韓国発・豚焼き肉店「サムゴリプジュッカン」日本上陸へ 渋谷

1: 2017/12/12(火) 17:06:13.60 ID:CAP_USER

2017年12月12日

ソウル「YG REPUBLIQUE IFC」店の外観
no title


 渋谷エリアに来年2月末、韓国発豚焼き肉店「サムゴリプジュッカン」の日本1号店がオープンする。

 同店は、5人組韓流グループ「BIGBANG」らが所属する事務所「YG ENTERTAINMENT」が手掛けるレストランで、2015年韓国・ソウルに1号店を出店。現在韓国内に4店舗、タイとマレーシアにそれぞれ1店舗を出店。日本への出店で7店舗目となる。

 今回、同社の日本法人YG ENTERTAINMENT JAPAN(渋谷区渋谷2)が事業主となり、台湾発かき氷店「ICE MONSTER」、NY発ペイストリーショップ「DOMINIQUE ANSEL BAKERY」など、海外の飲食店を多数国内展開しているTRANSIT GENERAL OFFICE(港区南青山3)に運営を委託する。

 「サムゴリ」は韓国語で「三叉路」、「プジュッカン」は韓国語で「肉屋」を意味する。同店では、「サムギョプサル」や韓国の代表的な肉料理「プルコギ」を中心に提供している。

 詳細な場所や営業時間などは未発表。

https://www.shibukei.com/headline/12769/


2: 2017/12/12(火) 17:06:57.07 ID:4ajKbW10

半年もつ?


4: 2017/12/12(火) 17:07:13.78 ID:7/JSS+Gx

絶対に行かない


5: 2017/12/12(火) 17:07:24.85 ID:AaMVShps

何か月持つかな

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食品

2017年12月11日

【犬食】「まるで友達を食べているようだ」イギリスの有名音楽プロデューサー、韓国の犬肉産業についてテレビで語る[翻訳依頼]

1: 2017/12/10(日) 00:30:51.19 ID:CAP_USER

「アメリカン・アイドル」「Xファクター」の司会などの音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル氏が
イギリスITVの朝の情報番組「グッド・モーニング・ブリテン」で韓国の犬肉産業について語った。

コーウェル氏は3匹のヨークシャー・テリアをペットとして飼っており、動物愛護団体ヒューマン・ソシエティ・インターナショナルのキャン
ペーンに賛同している。団体の最近の救出キャンペーンにより韓国の南楊州市にある牧場から170匹が救われたという。

韓国には17000の食用犬肉牧場があり、毎年250万匹が食用のため殺されている。

氏は「まるで友達を食べているようだ」「友好的で親切で可愛らしい動物なのに」
「我々は動物殺戮を止めなければならない」と語った。

テレビ番組「ジ・オンリー・ウェイ・イズ・エセックス」の出演で有名なピート・ウィックス氏は救出キャン
ペーンに参加し、食用牧場を見たことは私の人生の中で最も恐ろしいの経験の1つだと語った。

コーウェル氏とウィックス氏はキャンペーンに共同で賛同している。


5th December 2017, 8:23 am 依頼ですが間違っていたなら自分の責任です。
https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/5068912/x-factors-simon-cowell-reveals-sheer-horror-at-south-korea-dog-meat-farming-trade/
 
以下画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食品