食品 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年03月27日

国内産漬物1位「キムチ」が減少傾向、昨年生産量は18年前の水準に… 背景に何が?

1: 2017/03/25(土) 00:26:49.85 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)

国内生産された漬物の中で、何が最も多いかご存じだろうか。実は浅漬やたくあん漬などではなく、朝鮮半島由来のキムチが平成11年から昨年まで18年連続でトップを続けている。
ただ、生産量は14年に約38万6千トンと最高を記録したが、その後減少。
昨年は、前年比6.8%減の約17万9千トンとなり、18年前の水準に落ち込んだ。キムチは日本の家庭に入り込み、スーパーの漬物売り場でも種類が多く目立っているが、日本人の嗜好(しこう)などに変化の兆しがあるのだろうか。

平成11年から首位維持、ピークは40万トン弱

 漬物の国内生産推計値を発表している一般社団法人「食品需給研究センター」(東京)によると、キムチ生産量は昭和60年に約4万7千トンだったが、徐々に伸び、平成3年には約8万5千トン、
8年に10万トン超、10年に約18万トンとなり、11年に約24万9千トンと生産量トップに躍り出た。14年には最高の約38万6千トンに達したが、以降、減少傾向となり、
22〜27年は19万トン台で推移。
昨年は一気に約17万9千トンにまで落ちた。昨年の数字は、生産量が浅漬に次いで2位だった10年とほぼ同じで、18年前の水準になった格好だ。

 一方、たくあん漬は昭和60年に約25万4千トンと漬物の品目の中で最も多かったが、昨年は5分の1以下の約4万6千トンにまで落ち込んだ。
また、浅漬は62年から平成10年までトップの座を占め、この間20万〜30万トン台で推移したものの、キムチに押され昨年は約13万トンになっている。
梅干・梅漬は昭和60年〜平成28年の32年間で2万〜4万トン台、福神漬は同期間で5万〜6万トン台だった。

 ただ、漬物の国内生産全体が大きく減少していおり、昨年は昭和60年の約104万4千トンからほぼ30%減の約71万8千トンとなった。
キムチは生産量が減少したとはいえ、昨年の国内の漬物生産量で25%を占め、存在感は依然として大きい。

 キムチは国内生産のほかに、韓国からの輸入キムチが市場に出回っている。
ただし、こちらも減少傾向で、韓国政府系の世界キムチ研究所がまとめた日本へのキムチ輸出量によると、2004(平成16)年に約3万2千トンだったが、その後2万トン台になり、
2015(平成27)年と昨年は1万4千トン台だった。

大阪では“キムチ離れ”につながる声聞かれず

 減少傾向が著しい国内産のキムチ。日本人はキムチをどれくらい食べているのか。
人々が行き交う大阪・ミナミ(大阪市中央区)で20〜60代の男女に尋ねると、頻度の違いはあれ、すべての人が食べていた。

 「キムチは月1回くらい、スーパーで買って家で食べています。キムチをそのままでも食べるし、豚キムチにして使い切ります。たまに食べたくたりますよね」

 堺市中区の会社員の女性(23)はそう語る。小学生の頃からキムチは食卓にのぼっていたそうだ。

 「週1、2回、家でも外でも食べますね。カクテキ(ダイコンのキムチ)とか白菜キムチとか。お酒のアテ。
辛いから合う」と話すのは、堺市堺区の会社員の男性(43)。「小学生の頃は食卓にはありませんでしたが、20歳くらいからこの頻度で食べています」

一方、出張で大阪に来ていた千葉県柏市の会社員、柳下正之さん(53)は「月1回くらいスーパーなどで1パック買ってきて、1カ月くらいでなくなってから、また買う。
ちょっとずつ食べて、酸っぱくなってきたら、キムチチャーハンにします」。
柳下さんは首都圏に暮らしているが、大阪府出身で、昔は自宅近くに韓国から来た人がおり、そこで漬けたキムチをもらっていたといい、「キムチはすごく身近」と語った。

 大阪市中央区の会社員、山根三枝さん(55)も子供の頃、近所に在日コリアンが住んでおり、「たまにキムチをもらっていた。そのキムチは本当においしかった」と思い起こす。
「キムチといえば白菜だけと思っていたんですけど、大人になって焼き肉店に行き、カクテキとかキュウリのキムチも知り、食べるようになった」と話す。

no title

no title


続きはソース先で
【関西の議論】国内産漬物1位「キムチ」が減少傾向、昨年生産量は18年前の水準に…普及促した「桃屋のキムチの素」発売から40年、背景に何が? - 産経WEST 2017.3.23 11:00
http://www.sankei.com/smp/west/news/170323/wst1703230003-s1.html

続きを読む
posted by 中島 at 02:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食品

2017年03月16日

【韓国】「トンパンって、糞パンなの?」〜味は最高!

1: 2017/03/15(水) 09:40:38.15 ID:CAP_USER

(写真)
no title

no title

no title

no title


里帰りや用事があって行き来する際に立ち寄る西海岸高速道路の華城(ファソン)休憩所。下りの
時は最初に行き、戻る時は最後に寄ります。ここの休憩所はとにかくトイレが綺麗でお勧めです。
『華城行宮トイレ』という名前が付いて、普通の所よりも気持ち良く用を済ませ、風変わりな洗面台で
手を洗うとスッキリします。

お湯で手を洗って出ると、店の中から綺麗なアガシ(お嬢さん)が手招きをして、試食用の一切れの
パンを手渡します。

「トンパンいかがですか?これ、すごく美味しいです!」

アガシの笑顔が気さくなので店に立ち寄りました。

「トンパン(dongppang)ではなく、トンパン(ttongppang=糞パン)ですか?」
「みんなに笑いを与えるパンです。味も良いとお客様がたくさん買います」

試食のパンにバニラクリームが入っています。焼き立てで暖かいです。斬新な名前に斬新な味
です。

関心を見せる私にアガシは説明を加えます。

「これです?パンはふわふわして、アンコはとても甘いですよ!無着色に加えて防腐剤も使って
いません! アンコは3種類で味も様々です!」

『アンコ』という言葉は日本語だから、それよりは『パッソ(餡)』という言葉を使いなさいと言うと
恥ずかしがりました。年配の方にはアンコと言えば分かりやすいと、アガシが悪くならないよう冗談
で済ませます。客に自分が売る味を宣伝しようと努力する、若いアガシが優しく健気に見えます。

「アガシは何味が好きですか?」
「どれも美味しいけど、私はバニラクリームが入ったのが好き」

妻はバニラクリームが入ったのを一袋買います。

私がパン屋の写真を撮ろうとすると、アガシは妻に『糞帽子』を勧めます。

「糞帽子を被って記念写真を一発飛ばしてください!お客様はこれを被って写真を撮って笑って
おられます!」

妻が糞帽子を被ります。妻の姿が滑稽です。

(以下、略)

ソース:NAVER/オーマイニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=103&oid=047&aid=0002144151

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

2017年03月15日

韓国のニセ納豆「チョングッチャン」 大豆を雑菌で発酵 あまりの臭いに全部は食べられない

1: 2017/03/13(月) 15:18:29.06 ID:XzVOujuf0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
日本の納豆に匹敵する健康食品が韓国に?韓国紙が効能を比較分析=韓国ネット「においがきつい」「納豆を知ってる欧米人はいても…」

no title


2017年3月9日、韓国・ヘラルド経済は、日本の健康食品として知られる「納豆」と、
納豆のようなにおいが特徴の韓国の健康食品「チョングッチャン(清麹醤)」を比較、その似ているようで異なるポイントについて報じた。

チョングッチャンといえば、日本では映画「HERO」(2007年公開)で木村拓哉演じる主人公・久利生公平が食べていたシーンを思い出す人もいるのではないだろうか。
ゆでた大豆を自然発酵させて作った韓国の豆みそ・チョングッチャンは、納豆よりもにおいが強く、韓国人でも食べられない人がいる。

納豆とチョングッチャンはどちらもゆでた大豆を発酵させて作られるが、納豆が納豆菌のみを使って発酵させる一方で、
チョングッチャンは発酵の際に使うわらに付着したさまざまな菌が繁殖することで出来上がる。

その効能を見てみると、まず、納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓予防に効果があり、血圧を下げる働きをしてくれる。
また、ビタミンB群、K群をはじめビタミンEやイソフラボン、サポニンといった多くの抗酸化酵素を含有し、
骨粗しょう症の予防、抗菌効果、更年期障害予防、成人病予防、老化防止、脳卒中や心血管疾患の予防など、さまざまな効果が期待できる。
チョングッチャンも負けていない。チョングッチャンの成分には腸内の腐敗菌を作る有害物質を抑制し血栓を溶かす作用がある。
心筋梗塞や脳卒中なども予防でき、植物性タンパク質は分解酵素によりアミノ酸となって体内吸収と消化を促すとされている。中でも必須アミノ酸と繊維が豊富で便秘治療にも役立つという。

(続く)


2: 2017/03/13(月) 15:19:01.76 ID:XzVOujuf0 BE:135853815-PLT(12000)

sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
(続き)

では、どのように食べられているのだろうか。日本では毎年7月10日が「納豆の日」とされ、人気の朝食メニューとして主に生で食べられることが多い。
ほかほかのご飯のほか、そば、冷やしうどんにかけて食べるなど、その食べ方もバリエーションに富んでいる。
それに対しチョングッチャンは、野菜や肉などと一緒に煮込んだチゲ(鍋)として食べられることが多い。
しかし調理中に家中ににおいが充満してしまうのが問題で、記事は、におい対策としてろうそくをともしておく方法を紹介している。

この記事を受け、韓国のネットユーザーからは「この前お店でチョングッチャンを頼んだけど、あまりのにおいに全部は食べられなかった」
「臭くないチョングッチャンもあるよ」「決定的な違いは菌の種類。多様な菌の効能を期待できるチョングッチャンはやはり優秀」とチョングッチャンにまつわるコメントや、
「チョングッチャンは煮込むから菌の効果も減少する。韓国の医者もよく納豆を食べるらしい」「韓国もチョングッチャンを生で食べよう」
「納豆は鼻水みたいで見た目が嫌」「7月10日が誕生日だけど、納豆デーだったとは…」と納豆に賛否のコメントなど、さまざまなコメントが寄せられている。

中には、「欧米人は納豆は知っていてもチョングッチャンは知らない。比べるなら徹底して比べて」と認識の違いを比較するネットユーザーもいた。

http://www.recordchina.co.jp/b171855-s0-c30.html

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食品

2017年03月14日

日本の納豆に匹敵する健康食品が韓国に?韓国紙が効能を比較分析

1: 2017/03/13(月) 11:19:19.15 ID:CAP_USER

チョングッチャンチゲ
no title



2017年3月9日、韓国・ヘラルド経済は、日本の健康食品として知られる「納豆」と、
納豆のようなにおいが特徴の韓国の健康食品「チョングッチャン(清麹醤)」を比較、その似ているようで異なるポイントについて報じた。

チョングッチャンといえば、日本では映画「HERO」(2007年公開)で
木村拓哉演じる主人公・久利生公平が食べていたシーンを思い出す人もいるのではないだろうか。

ゆでた大豆を自然発酵させて作った韓国の豆みそ・チョングッチャンは、納豆よりもにおいが強く、韓国人でも食べられない人がいる。

納豆とチョングッチャンはどちらもゆでた大豆を発酵させて作られるが、納豆が納豆菌のみを使って発酵させる一方で、
チョングッチャンは発酵の際に使うわらに付着したさまざまな菌が繁殖することで出来上がる。

その効能を見てみると、まず、納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓予防に効果があり、血圧を下げる働きをしてくれる。

また、ビタミンB群、K群をはじめビタミンEやイソフラボン、サポニンといった多くの抗酸化酵素を含有し、骨粗しょう症の予防、
抗菌効果、更年期障害予防、成人病予防、老化防止、脳卒中や心血管疾患の予防など、さまざまな効果が期待できる。

チョングッチャンも負けていない。チョングッチャンの成分には腸内の腐敗菌を作る有害物質を抑制し血栓を溶かす作用がある。
心筋梗塞や脳卒中なども予防でき、植物性タンパク質は分解酵素によりアミノ酸となって体内吸収と消化を促すとされている。

中でも必須アミノ酸と繊維が豊富で便秘治療にも役立つという。

では、どのように食べられているのだろうか。

日本では毎年7月10日が「納豆の日」とされ、人気の朝食メニューとして主に生で食べられることが多い。
ほかほかのご飯のほか、そば、冷やしうどんにかけて食べるなど、その食べ方もバリエーションに富んでいる。

それに対しチョングッチャンは、野菜や肉などと一緒に煮込んだチゲ(鍋)として食べられることが多い。

しかし調理中に家中ににおいが充満してしまうのが問題で、記事は、におい対策としてろうそくをともしておく方法を紹介している。

この記事を受け、韓国のネットユーザーからは「この前お店でチョングッチャンを頼んだけど、あまりのにおいに全部は食べられなかった」
「臭くないチョングッチャンもあるよ」「決定的な違いは菌の種類。多様な菌の効能を期待できるチョングッチャンはやはり優秀」と
チョングッチャンにまつわるコメントや、

「チョングッチャンは煮込むから菌の効果も減少する。韓国の医者もよく納豆を食べるらしい」「韓国もチョングッチャンを生で食べよう」
「納豆は鼻水みたいで見た目が嫌」「7月10日が誕生日だけど、納豆デーだったとは…」と納豆に賛否のコメントなど、さまざまなコメントが寄せられている。

中には、「欧米人は納豆は知っていてもチョングッチャンは知らない。比べるなら徹底して比べて」と認識の違いを比較するネットユーザーもいた。


2017年3月13日(月) 10時50分
http://www.recordchina.co.jp/b171855-s0-c30.html


2: 2017/03/13(月) 11:20:18.57 ID:7gVZ7LWW

>チョングッチャン

食品とは思えないような汚い語感ってなんとかならんのか?


3: 2017/03/13(月) 11:20:31.84 ID:DL+ujFUt

チョングッチャン ぐっちょぐちょ


4: 2017/03/13(月) 11:20:53.67 ID:RspRPDFH

まあ大体嘘だと分かる

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食品

2017年03月09日

韓・日の辛ラーメン比較・・・「日本の方が具が多い、内需逆差別」

1: 2017/03/08(水) 08:55:16.36 ID:CAP_USER

あるネチズンが、韓国と日本で販売されている辛ラーメン・カップ麺の品質を比較した投稿が、
『内需逆差別』議論に広がっている。

日本旅行関連情報ブログ、『テチュソクチョンドゥン』を運営するネチズンは最近、韓日両国で
販売中の辛ラーメン・カップ麺の中身の違いを比較する投稿文を書いた。

韓国のコンビニと日本のスーパーで、カップ容器に入った辛ラーメンを購入した。デザインは
ほとんど同じだった。容器のふたの材質で、日本の販売品が少し柔らかい程度だ。

しかし中身は一目で大きな違いがあった。日本販売品には長ねぎと唐辛子、シイタケなどの
乾燥野菜の具が大きく、大量に入っている。これと比較して、韓国販売品の具はまるで屑を
集めたかのようにお粗末だった。

(写真=韓日辛ラーメン比較)
no title

no title

no title

no title

no title


麺の量と形も違っていた。日本販売品は細くて量が多いが、韓国販売品は麺の成型が雑だった。
スープは韓国販売品が日本よりも若干辛い味が強調されていた。これは両国の消費者の嗜好を
反映したからである。

投稿文を見たネチズンは、「国内消費者に対する逆次別だ」と言いながら不満を示している。

あるネチズンは、「台湾で販売する辛ラーメンも日本ほどではないが、韓国よりも具が多かった」
とコメントした。また別のネチズンも、「タイのはフォークが入っていて、アメリカのは韓国よりも
安い」とし、「見た目で品質の違いが感じられる」とコメントした。

「韓国企業が自国民を“ホゲン(カモ)”にする慣行は昨日今日の事ではないが、消費者から
適切な制裁を受けるべきだ」と批判した。

一部のネチズンは、「韓国と日本の製品の価格差だと思う」という意見を出したりした。

辛ラーメンの内需逆次別議論は、数年前にも浮上した事があった。2012年にあるネチズンが、
スイスで食べた辛ラーメン・カップ麺の写真と共に、「量が多くて具が優秀だ」と書き込んだ事が
発端になった。先立って韓・中・日で販売するカップ麺の内容物の比較でも、韓国販売品が
一番品質が低いという批判が出たりしている。

会社側は物議を醸す度に、「各国別の趣向によって内容物が少しずつ違うだけ」と説明するが、
議論の終止符を得るには説得力が弱かった。

ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=025&aid=0002692086

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食品

2017年03月08日

日本で「食品韓流」に再点火…韓国の食品メーカー、日本市場への大々的な攻略に乗り出す

1: 2017/03/07(火) 13:42:50.51 ID:CAP_USER

日本で「食品韓流」に再点火...韓国の食品メーカー、東京の食品・飲料専門展示会に総出動

7日から4日間、世界最大規模で開催... 127社「韓国料理の魅力」を発散
2012年をピークに韓国食品の対日輸出は下り坂...昨年4年ぶりに上昇反転

(東京=聯合ニュース)チェイラク特派員=「しばらく低迷期に陥っていた、日本の食品韓流を再点火します。」

韓国の食品メーカーが日本市場への大々的な攻略に乗り出した。

韓流ブームの勢いに乗っている途中、日韓関係が悪化し、低迷期に陥った日本の食品韓流を再現するためだ。

攻略の舞台は7日から4日間、東京近隣の千葉県の大型会場である幕張メッセで開かれた「2017食品・飲料専門展示会(Foodex Japan 2017)」だ。

アジア最大規模のこの食品展示会に127社の韓国企業が出展し、食品韓流の再点火に乗り出したのだ。

韓国農水産食品流通公社(aT)によると、これは、食品展示会の歴代で最大規模の韓国企業が参加したのだ。

この展示会には、日本の有名食品会社だけでなく、米国、ヨーロッパなど世界80カ国3千社のメーカーが出展した。

食品バイヤーも世界から7万8千人も参加した。日本市場だけでなく、世界市場への進出の契機にもなるのである。

no title

昨年の食品展示会の参加者たち、韓国のり巻きと和風のり巻きを持って「パシャッ」[聯合ニュース資料写真]

韓国は今回の展示会に8つの地方自治団体と41社が参加する統合国家館も設置した。

ここには日本の最近の食品の消費トレンドである簡単、健康、プレミアムを反映して、単身および共働き世帯のための簡単食品や高齢者層を狙った健康食品を大量に出した。

簡単食品にはゴンドゥレ味噌汁、インスタントチャジャンご飯など手軽に一食の食事ができる食べ物、健康食品は生エゴマ油、菜種油などが出品された。

また、プレミアム水溶性紅参、五味子エキス、オーガニックジャム、天日塩などハイエンド消費者層を攻略するための製品も出した。

統合国家館に加えて、韓国では、外食企業館、キムチ・水産物・林産物館、輸出有望品目館など8つの独立した広報館も運営に入った。

特に、これらの広報館では、2018平昌五輪ブームを盛り上げるためのプロモーションビデオを上映して参加者に広報物も配布している。

aT側は青年の海外雇用創出とグローバル競争力強化のために韓国人参公社の日本法人と「青年雇用協約式」も締結した。

協約式に続いて、現場では日本の大学生が参加して、のり巻きを作るイベントが開かれた。

no title

昨年、日本の食品展示会場に用意されたキムチ広報館[聯合ニュース資料写真]

aTは今回のイベントで農水産物の日本への輸出を引き上げるきっかけにする計画だ。

実際、2000年代後半の韓流ブームと一緒に食品韓流も拡散し、2012年には韓国食品の対日輸出額は23億9000万ドル(約2兆7千700億ウォン)で最高値を記録した。

しかし、その後、韓日関係が悪化して輸出額も下落、2015年には18億3000万ドルまで下がった。

幸い2015年末の韓日慰安婦少女像の合意に続いて農食品部とaT、食品企業の努力に支えられ、昨年は18億9000万ドルで4年ぶりに回復に転じた。

キム・ホドンaT東京支社長は「新商品の開発などを通じ、4年ぶりのプラス成長を持続して維持する」とし、「2018年の平昌五輪と2020年の東京オリンピックを契機に韓国食品が第2の日本輸出全盛期を迎えられるようにする」と述べた。

no title

昨年、日本の食品展示会場でのマッコリ広報[聯合ニュース資料写真]

ソース:聯合ニュース 2017/03/07 07:00(機械翻訳)
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/03/06/0200000000AKR20170306127500073.HTML

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食品

2017年03月07日

【韓国】栄養粥召し上がれ(写真)

1: 2017/03/06(月) 13:28:30.38 ID:CAP_USER

(写真)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


6日午前、ソウル中区(チュング)蓬莱洞(ポンネドン)のロッテマート・ソウル駅店で、モデルが
鉄原(チョルウォン)五大米で作った栄養粥5種をPRしている。

ロッテマートはナズナ・アサリ粥、ミツバ・さざえ粥、ホウレンソウ。牛肉粥、とうもろこし・カボチャ粥、
伝統小豆粥(300g/1パック)を各3,500ウォンで販売する。

ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=003&aid=0007809809

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 食品