南北統一 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年01月20日

【朝鮮半島】南北の高官級会談定例化・対北人道支援推進=韓国政府が方針

1: 2018/01/19(金) 09:21:03.73 ID:CAP_USER

【ソウル聯合ニュース】

韓国の統一部は19日、政府ソウル庁舎で行った2018年業務報告で、南北問題の包括的な議論を行う北朝鮮との高官級会談の定例化や乳幼児などを対象にした対北朝鮮人道支援を推進する方針を明らかにした。

南北は9日、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初めてとなる高官級会談を開催したが、会談の定例化には合意できなかった。統一部当局者は「南北のさまざまな懸案を大きな枠組み内で議論するためには高官級会談を定期的に開催する必要がある」と述べた。

統一部は高官級会談のほか、軍事当局者会談や赤十字会談なども推進する方針だ。

また、北朝鮮の平昌冬季五輪参加を機に、森林・宗教・スポーツ・保健医療などの分野で民間・地方自治体レベルの南北交流を拡大することにした。

ただ、南北交流は対北朝鮮制裁の枠組み内で推進する。


2018/01/19 09:10
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2018/01/19/0300000000AJP20180119000300882.HTML


3: 2018/01/19(金) 09:22:01.96 ID:AsryPls6

やめろ、核開発に流用されてきた歴史を知らんのか?


6: 2018/01/19(金) 09:25:27.53 ID:kN2+uiv4

>>3
北に核開発させて総取りしたがってんでしょ?
ロケットロケット言い出したのも同時期だし。
核ミサイルを半島で持ちたいんだと思うよ。


39: 2018/01/19(金) 09:56:56.26 ID:c9DdfI26

>>3
北の為だろ
文ら韓国を差し出す気じゃね
軍事パレードに軍人部隊含む応援団500人いれるとか
基地外だ

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南北統一

2018年01月16日

【韓国】 日本政府、南北韓対話の進展に「ジャパン・パス」を憂慮

1: 2018/01/15(月) 22:31:02.87 ID:CAP_USER

【東京=ニューシス】平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックと関連した南北間の対話が進む中、日本政府内では北朝鮮の核問題に関する韓日間の対北共助が弱まるのではないか、という憂慮の声が出ていると伝えられた。

15日、東京の外交消息筋によれば南北対話が進展し、これに関する韓米間の意見交換がかなりなされたように見え、日本政府内では「ジャパン・パス」現象が起きないか、憂慮の声が出てきているという。

日本政府は北朝鮮の核問題解決のためには何より韓米日間共助が最重要だという認識だ。これは南北高位級会談が開かれた去る9日、スガ・ヨシヒデ(菅義偉)日本官房長官の発言でも確認できる。彼は「平和の祭典のオリンピックに参加するという北朝鮮の姿勢の変化は評価する」としながらも北朝鮮の核ミサイル開発は今までなかった脅威とし、米日、韓米日間の共助を通した対北朝鮮圧迫を強調した。

日本政府が「慰安婦合意に対する韓国政府の新しい方針は絶対受け入れない」と強い不満を表わしながらも駐韓日本大使帰国措置などの強硬な対応を取らないのは、北核ミサイル危機の中で韓日関係の冷却は韓米日間の対北朝鮮共助に亀裂をもたらすと認識したためという分析だ。
(中略)

南北対話と関連してドナルド・トランプ米大統領とムン大統領の発言で外見上、相当な意見交換が行われたような姿を見せているのも日本としては喜んでばかりはいられない側面がある。韓国が独自に南北関係改善コースに突入する時、米国がブレーキの役割を正しくできるか確信できないからだ。

それでも日本が積極的に出るには現在の曖昧な韓日関係が障害物にならざるをえない。慰安婦合意をめぐる韓日間葛藤にともなう日本国内の世論を日本政府が無視するのも難しい状況だ。このような日本の悩みは現在ヨーロッパ6カ国訪問中の安倍総理の歩みでも確認できる。

彼は13日、リトアニアをはじめ訪問する国家ごとに「北朝鮮がもう(リトアニアの首都)ヴィリニュスまで射程に入る弾道ミサイルを発射するなどヨーロッパ全体を脅かしている」として対北朝鮮危機感を高めさせた。どこの国より率先して対北圧力政策を繰り広げた日本の存在感を確かめるためと見ることができる。

河野太郎外相も来る16日、カナダ、バンクーバーで開かれる朝鮮戦争国連参戦国を中心にした関連国外交長官会議に参加し「対北朝鮮圧力強化」方針を訴えると発表された。

慰安婦合意問題に続き、平昌オリンピックを契機とした南北対話が韓日関係にどの様な変数として作用するのか、また、逆に韓日関係の変化が北朝鮮の核問題にどんな影響を与えるのか、東北アジアの情勢が微妙にからまっている局面だ。

チョ・ユンヨン特派員

ソース:ニューシス(韓国語) 日政府内外、南北対話進展に「ジャパンパス」憂慮↑
http://www.newsis.com/view/?id=NISX20180115_0000203574


3: 2018/01/15(月) 22:33:28.19 ID:vhJUkbdL

元より韓国なんか信用してねえしw


4: 2018/01/15(月) 22:33:42.34 ID:4WVfG9Oi

>>1
そんな憂慮、誰がしてるんだ?


7: 2018/01/15(月) 22:34:48.37 ID:VfTpmiW4

相変わらず笑える解釈に終始してるぞ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南北統一

2018年01月14日

【南北会談】女子アイスホッケー 韓国が「北」に統一チームを提案

1: 2018/01/13(土) 17:26:26.95 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180113-00000786-fnn-int
フジテレビ系(FNN)

南北閣僚級会談で、韓国が平昌(ピョンチャン)オリンピックでの女子アイスホッケー南北統一チームの結成を、北朝鮮に提案していたことがわかった。
これは、韓国の聯合ニュースが伝えたもので、1月9日の南北閣僚級会談で、韓国側は、2月開幕する平昌オリンピックでの、女子アイスホッケー南北統一チームの結成を、北朝鮮側に提案したという。
韓国代表のメンバーは、すでに決まっているため、北朝鮮の選手のために、チームの定員を増やせるよう、IOC(国際オリンピック委員会)などに要請しているということだが、実現するかは不透明。
また韓国側は、1月15日に軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で、南北実務者協議の開催を北朝鮮側に提案していて、この場で統一チームについて、議論が交わされる可能性がある。


2: 2018/01/13(土) 17:27:35.47 ID:T6srnw/s

五輪は余興か


3: 2018/01/13(土) 17:28:21.55 ID:u4THNl0l

一緒に練習する時間なさそうだけど、一つのチームとしてやってけるもんなのか?


4: 2018/01/13(土) 17:29:06.81 ID:VbwQ/Esc

ホストなら何しても良いわけじゃないぞ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 南北統一

2018年01月08日

【南北会談】トランプ氏、南北会談に「オリンピック以上」期待 米も「適切な時期に参加」

トランプ

1: 2018/01/07(日) 05:25:02.30 ID:CAP_USER9

トランプ氏、南北会談に「オリンピック以上」期待 米も「適切な時期に参加」
1/7(日) 4:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000001-jij_afp-int

 【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は6日、北朝鮮と韓国の軍事境界線がある板門店(Panmunjom)で来週予定されている南北高位級会談で「オリンピック以上」の内容が取り上げられることを期待していると表明した。トランプ氏はまた、米政府は「適切な時期に参加する」と述べた。

 会談は前回の南北の公式対話から2年以上を経て行われるもので、9日に予定されている。双方は来月開催される平昌冬季五輪への北朝鮮の参加について話し合う計画。

 トランプ大統領は米メリーランド(Maryland)州の大統領専用別荘キャンプデービッド(Camp David)で記者会見し、「(南北会談の内容が)オリンピック以上のものになることが望ましい」と発言。「適切な時期に、われわれも参加するだろう」と述べた。

 トランプ氏はまた、「(北朝鮮の金正恩〈Kim Jong-Un〉朝鮮労働党委員長は)私が時間をほんの少しも、1%も無駄にしないことを知っている」と述べる一方、「もし、何かが起こり得るのであれば、そうした対話から何かが生まれ得るのであれば、それは全人類にとって素晴らしいことだろう。世界にとって素晴らしいことだろう」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


2: 2018/01/07(日) 05:26:59.61 ID:Y7ggUrlB0

>>1
>適切な時期
いつ来るんですかね(笑)


4: 2018/01/07(日) 05:28:31.28 ID:obqzDynX0

トランプ氏も皮肉まじりの嫌味ばかりになってきたなw


5: 2018/01/07(日) 05:28:43.36 ID:Fz9BgTY30

あぁ〜ぁ 面倒臭せ・・・迄読んだ

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南北統一

2017年12月06日

北朝鮮問題で団結が必要なのに文在寅が反日政策。最終ゴールは「北との統一」、民族感情を高揚させ日韓離反を目論む

1: 2017/12/05(火) 12:33:28.61 ID:CAP_USER

北朝鮮問題で団結が必要なのに韓国が反日政策をとる理由

北朝鮮がどれだけミサイルを発射し、日米だけでなく中国も加わって、国際社会が北朝鮮への批判をするなか、韓国の文在寅大統領だけは対話を呼びかけ、融和政策を変えようとしない。そのために反日政策を続け、ついに慰安婦記念日まで制定する始末。評論家・ジャーナリストの室谷克実氏が、文在寅政権がなぜ、理屈にあわない反日と親北政策を続けるのかについて解説する。

* * *

多くの日本人は、「北朝鮮の核問題で団結する必要があるのに、なぜ韓国は執拗に反日政策を進めるのか」と疑問に思うだろう。

だが、ゴリゴリの従北・反日主義者の文在寅氏にすれば理にかなった行動だ。彼の最終ゴールは「北との統一」である。そのために反日を煽って韓国人の民族感情を高揚させて日韓が離反することを目論む。

青瓦台には、政権ナンバー2にあたる大統領秘書室長・任鍾ソク氏の下に首席秘書官と秘書官合わせて26人いるが、そのうち任氏を含めた10人が過激な左翼学生運動の出身者だ。すべての関係が「上下」である韓国社会では「上司に忠実に仕えて出世する」ことしか価値判断の基準がなく、「上の人」である学生運動出身者の“反日色”を忖度した政策が進められる。

強力な反日シフトのなか、文政権の従北・反日政策は今後も続く。慰安婦問題はすでに再燃しているが、映画『軍艦島』に代表される戦時中の徴用工問題でも裁判所が世論におもねり、日本企業に賠償金を命じる判決が出る可能性が高い。

一方で世界が北朝鮮に制裁を加えようとするなか、文政権は北へ800万ドル(約9億円)の人道支援を決定し、開城工業団地の再開を検討するといった優遇路線を突き進む。文在寅は韓国経済を意図的に破壊して北朝鮮との同質化を計り、ゆくゆくは北朝鮮に呑み込まれようという算段だ。

実際、文政権が誕生してから大企業・富裕層増税が検討されて「財閥いじめ」が顕著になった一方、来年の最低賃金は16%も引き上げられる。インフレが避けられないが、文在寅にとって経済悪化は思うツボだ。

近い将来、懸念されるのは文在寅が「キレる」ことである。韓国社会のトップに立つ文大統領は就任以来、「謙虚にして庶民的な振る舞い」をアピールするが、過去の資料をいくら検索しても「文在寅の庶民性」を紹介する証拠は出てこない。

彼はマスコミや国民に対して「庶民派」を演じているだけかもしれない。だとすれば、「上の人」が絶対的に偉くパワハラが当たり前な韓国社会で、「謙虚で庶民的なトップ」を装い続けること自体、凄まじいストレスであるはずだ。

同様の「庶民派装いストレス」が爆発し、竹島問題で島根県内の防衛省(当時は防衛庁)施設の軍事攻撃を検討し、国家安保会議で日本船の撃沈作戦を決定するなど、軍事面でも反日行為に走った盧武鉉政権の二の舞となる怖れがある。

韓国の反日は今後ますます加速する。日韓の黄昏はまだ始まったばかりだ。

●むろたに・かつみ/1949年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、時事通信社に入社。政治部記者、ソウル特派員などを歴任。退社後、評論活動に入る。近著に『崩韓論』(飛鳥新社)など。

※SAPIO2017年11・12月号

ソース:NEWSポストセブン 2017.12.05 07:00
https://www.news-postseven.com/archives/20171205_629308.html
https://www.news-postseven.com/archives/20171205_629308.html?PAGE=2


2: 2017/12/05(火) 12:36:09.03 ID:gJY5IT8c

アメリカに跪くだけだから


3: 2017/12/05(火) 12:39:46.87 ID:ICe2VzoH

慰安婦合意は無視するニダ
  でも冬季五輪は来るニダよ
        徹頭徹尾ボッタくるニダ・・・   by ムンジェイン


4: 2017/12/05(火) 12:40:09.50 ID:5RZwYxW+

さっさと統一して、一緒に死滅してくれないかなぁ?
チョウセンヒトモドキなんぞ、生きてる意味無いだろ。

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 南北統一

2017年11月14日

【朝鮮半島】朝鮮民族で団結し、統一国家を作る夢が韓国内で加速 核保有朝鮮国への道となり、いっそう強固な反日大国出現への道

hatanida

1: 2017/11/13(月) 11:37:45.44 ID:CAP_USER

北朝鮮が事実上の核保有国となりつつある。不可解なのはそれでも韓国が“平時”のままだということだ。長年に亘る北の脅威に韓国人が麻痺しているということもあるが、それだけではない。背景には韓国世論の激変と、秘めた野望がある。拓殖大学教授の呉善花氏が警鐘を鳴らす。

 * * *
 
いよいよ朝鮮半島情勢が危険水域に達しつつある。トランプ大統領は米韓合同軍事演習を大規模化させるなど、かつてない圧力をかけて北朝鮮に核開発・ミサイル開発を断念させようとしている。

しかし、その一方で韓国は、米韓合同軍事演習に参加しつつも、北朝鮮へ800万ドル(約8億9000万円)相当の食糧支援を表明するなど、対北圧力を高めようと共同歩調を取る日米を呆れさせた。圧力よりも融和路線が文在寅大統領の本音だ。気をつけなくてはならないのは、それが文大統領だけの考えではなく、多くの韓国人が共有する考えだという点だ。

◆「北は平等で清貧」

まず、そもそもなぜ北朝鮮が核開発に固執するのかについて触れておきたい。

金正恩が決して核開発を諦めない理由は朝鮮戦争の時点まで遡る。重要なことは、1950年に勃発した朝鮮戦争は、北朝鮮対韓国の戦争ではなく、中国・北朝鮮連合軍とアメリカを中心とする国連軍との戦争で、韓国は国連軍の一部に過ぎなかった、ということである。

1953年に休戦となったが、休戦協定は上記両者間に結ばれたのであり、当然ながら韓国は協定の署名者ではない。核・ミサイル問題で、北朝鮮が韓国からの話し合い要請には決して応じようとはせず、アメリカとしか応じないと言い続けているのはそのためだ。

休戦協定では、新たな武器・核兵器・ミサイルの持ち込みが禁じられた。だがアメリカも北朝鮮も新たな武器を導入し、アメリカは核兵器・ミサイルをも持ち込んだ。両者とも休戦協定を侵したのである。こうした状況下で北朝鮮は、1994年以降たびたび「休戦協定に束縛されない」と表明し、2009年5月には、「もはや休戦協定に効力はないとみなす」と表明している。つまり、武力行使の再開はいつでも可能、ということになる。

アメリカは北朝鮮が核開発を止めれば、武力侵攻しないし現体制を認めると中国経由で伝えている。だが、金正恩はそんな言葉を信じはしない。核を持たなければ、これまで消された独裁者と同様にやられると思っている。したがって、北朝鮮はアメリカと平和条約を締結して朝鮮戦争終結が実現されるまでは絶対に核開発を止めない。

皮肉なことに、その北朝鮮とかつて干戈(かんか)を交えた韓国はいまや圧倒的に親北派が強くなり、圧力を強めようという意見は少数派だ。ターニングポイントは金大中政権(1998─2003年)だった。2000年の南北首脳会談以降、韓国では対北融和政策がとられて国民の北朝鮮イメージは一変し、国内に親北ムードが高まった。続く左派の盧武鉉政権下で、国民の親北傾向はいっそうのこと強くなっていった。

その後、保守政権の李明博、朴槿恵政権は一定の対北強硬姿勢に転じたが、北朝鮮はそれに対抗するかのように軍事挑発を多発させていった。そのため、国内では対北融和姿勢への再転換を是とする声が高まり、親北派勢力が後退することはなかった。

この背景には、若い世代の台頭により、朝鮮戦争で北から攻められた記憶が国全体として薄れていることがある。左派政権以降の教科書では北朝鮮史評価の傾向が強く、若者たちの大半は「同じ民族なのだから北朝鮮が韓国にミサイルを撃ち込むことはない」と信じるようになっている。さらには、北朝鮮に対していいイメージを抱いている者が少なくない。

「ヘル朝鮮」と呼ばれるほど若者の失業率が高止まりし、財閥をはじめとする一部特権階級に富が集中する韓国に比べれば、むしろ北朝鮮は平等で清貧だという理解なのだ。


2017.11.13 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_626628.html
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_626628.html?PAGE=2
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_626628.html?PAGE=3
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_626628.html?PAGE=4
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_626628.html?PAGE=5

>>2に続きます。


2: 2017/11/13(月) 11:38:05.95 ID:CAP_USER

>>1の続き。


実際、最近の世論調査でも親北派の伸張は顕著だ。調査会社、韓国ギャラップの調査(9月5日〜7日)によると、アメリカによる対北先制攻撃について、「反対」が59%、「賛成」が33%だった。一方、北朝鮮が韓国に戦争を仕掛ける可能性については、「ない」が58%、「ある」が37%だった。

◆核を保有した統一朝鮮

トランプ大統領、安倍晋三首相は、文在寅大統領が対北800万ドル支援を表明した直後の3か国首脳会談で、「北朝鮮への圧力を損ないかねない行動は避ける必要がある」と苦言を呈した。だが、文大統領は意に介していない。なぜなら、彼が本当に気にしているのは韓国国内の世論だからだ。

いま、文在寅政権は韓国内で反発を受けている。大統領選のときに主張していた「対北融和」、「THAAD配備中止」は、最終的にアメリカからの要請を受け入れる形で変更を余儀なくされた。熱烈な文在寅支持派、つまり強固な親北派が期待していた開城工業団地の再稼働や金剛山観光の再開は思うように進まず、またTHAADも北朝鮮のミサイル発射が頻発して受け入れざるを得なくなった。

同盟国アメリカからの強い要請を文在寅氏は一応聞かざるを得ないが、これ以上、“譲歩”すれば支持者たちが離反する怖れがある。もちろん文大統領自身、本音は北朝鮮との融和にあるわけだから、北朝鮮にエールを送ることでその意志に変わりのないことを示そうとするのだ。この意志は、平昌オリンピックへの参加を北朝鮮に強く訴えかけたことにも滲み出ている。

文大統領は、任期中に南北統一への道筋をつけたいと考えている。まずは、かつての左派政権時代のように文化的・経済的交流を拡大し、すでに南北で合意している第一段階としての「一国二制度による統一」を目指して南北共通市場を形成していくこれが文大統領の描くシナリオだ。「一国二制度による統一」は左派だけではなく、保守派も一致しての国家方針である。

韓国の考えは、南北共通市場の形成や外国資本の参入によって、北朝鮮がそれなりに豊かになり、少なくとも人民が貧困に喘ぐことがなくなれば、統一に向けての韓国の負担は大きく軽減される、というものだ。実際、現在の北朝鮮は国内の「資本主義化」をかなり推し進めており、経済特区への外国資本の参加を公募している。

こうした道が開かれるかどうかは、アメリカが「核放棄」の主張から退き、核を保有する北朝鮮の現体制を容認するかどうかにかかっている。文大統領は「核放棄」ではなく「核凍結」を求めている。核開発を一時的にストップすればそれでよいという姿勢だ。しかしこれはポーズにすぎない。文大統領がそう考えているように、現在の韓国社会は「ここまで北の核開発が進んだのであれば、もはや認めるしかない」という方向性を強くしている。他の諸国にもそうした声があるし、アメリカ国内ですらそう発言する要人も少なくない。

さらに踏み込んで言えば、韓国も核を持ちたいのだ。韓国ギャラップの調査では、核保有に「賛成」は60%で、「反対」は35%だった。  そもそも韓国の歴代政権は1972年以降、極秘裏に核開発を続けてきた。しかし2004年にIAEA(国際原子力機関)の調査で、2000年に金大中政権下でウラン濃縮を進めていたことが発覚し、中止せざるを得なくなったのである。韓国にとって核武装は悲願なのだ。南北統一がなれば、「北の核は自分たち朝鮮民族のものになる」のである。

韓米両国は「韓国が独自に戦時作戦統制権を行使できる条件が整えば、それを韓国に移譲すること」に合意している。朴槿恵政権下ではその時期を2020年としたが、文大統領は早期移譲を求めている。移譲となれば在韓米軍の撤退は時間の問題だ。アメリカでも在韓米軍撤退論者は少なくない。北朝鮮は米軍撤退を統一の第一条件としている。

リーマン・ショック以降、とくに現在、アメリカ、イギリスをはじめ、多くの諸国で国際主義から国家第一主義へ転換しようとする流れが加速度を増している。朝鮮民族で団結し、統一国家を作るという夢は、かつてないほど韓国内で共感を得やすくなっている。

韓国が描く統一朝鮮への道は、このままでは核保有朝鮮国への道となり、いっそう強固な反日大国出現への道となる。日本はそうした流れをはっきり見据え、北朝鮮問題に対処しなくてはならない。


>>おわり。

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 南北統一

2017年11月12日

【韓国】大統領特別補佐官「南北関係が解決すれば韓米同盟にこだわる理由はない。韓中関係がギクシャクすることもなくなる」

hatanida

1: 2017/11/11(土) 20:08:07.43 ID:CAP_USER

韓国大統領特別補佐官「南北関係よく解決すれば韓米同盟にこだわる理由ない」

文正仁大統領統一・外交・安保特別補佐官は8日、「ドナルド・トランプ米大統領の訪韓で韓米同盟が強固になり、トランプ大統領が韓国に対してとても良い印象を受けたようだ」と話した。文特別補佐官はこの日、統一ニュース創刊記念基調講演で「(7日)国賓晩餐に参加したが、(トランプ大統領が)韓国大統領夫婦に会って対話を交わし、良い印象を受けたそうだ」とし「全般的に非常に無難な訪韓だった」と話した。

また「(トランプ大統領が)韓国に来る前にキッシンジャー博士のような人物に会ってきたというが、周りから『どうか書かれている通りに読んでほしい』『なるべく同盟と親善関係を害するような発言はしないでほしい』などの話を散々言われた」とし「晩餐会で乾杯の辞を述べる時も(事前に書いておいた乾杯の辞を)読んだ」とし「それはトランプ大統領らしくないが、それだけに事実上誠意を見せたと見られる」とも話した。

文特別補佐官は「核を越えて平和の道へ−文在寅(ムン・ジェイン)政府の北核対応戦略」というタイトルの演説で「(文在寅政府は)北朝鮮の核武装を我々が受け入れることはできず、韓半島で戦争があってはならないという2つの(北核解決)原則を設定している」とし「対話と交渉を通した平和的で外交的な解決、核抑止力の強化、北朝鮮のミサイル迎撃能力の拡充、我々が主導する運転席論など4つの戦略がある」と説明した。

彼は「(文大統領が強調した)運転席論は南北対話と米朝対話を並行して推進する過程で我々が北朝鮮と信頼を構築すれば米朝間対話の活性化を支え、韓半島の平和と安定をもたらすのに我々が主導的な役割を話そうとすること」と話した。また、個人的な見解を前提に「南北関係がうまく解決すれば、韓米同盟にこだわる理由がない。韓米同盟にこだわる理由がなければ、韓中関係がギクシャクすることもなく、それでは中朝関係も改善するだろうし、そのような状況で米朝関係も良くなり、米朝、韓米、韓中、中朝、南北、このように好循環をもたらすだろう」とし、南北関係回復の重要性を強調した。

文特別補佐官は「オリンピック(五輪)規定を見ると、戦争をしていた国家も五輪をれば休戦することになっている。良いニュースがあるだろう」としながら「来年2月、平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)と3月パラリンピックは平和な五輪になるだろう」と予想した。文特別補佐官は南北対話が再開するかどうか、および直接対北朝鮮特使に出る意向があるかと尋ねた質問には「今のように(雰囲気が)整えられていけば(対話も)可能になるのではないかという気がする」とし「特使は『従北人事』と批判されている私のような人は適切でなく、大統領と身近な方や南北関係に詳しい方がチームになって行けば役に立つだろう」と答えた。

ソース:中央日報 2017年11月10日11時00分
http://japanese.joins.com/article/291/235291.html


2: 2017/11/11(土) 20:09:07.38 ID:OlQm1qbr

あ〜あ。

あ〜あw


3: 2017/11/11(土) 20:09:52.15 ID:asPqHjpO

朝鮮問題は朝鮮人で解決しろよ


9: 2017/11/11(土) 20:11:02.25 ID:xx9Yjb3i

>>3
喧嘩両成敗で南北とも灰にしちまおうぜ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南北統一