パクリ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年03月03日

斎藤健農水相、韓国のイチゴについて、「以前に日本から流出した品種を基に、韓国で交配されたものが主」

1: 2018/03/02(金) 21:31:07.54 ID:CAP_USER

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180302/mca1803022035019-n1.htm

 斎藤健農林水産相は2日の閣議後会見で、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子「LS北見」のメンバーが試合中の休息時間「もぐもぐタイム」で食べて注目された韓国のイチゴについて、「以前に日本から流出した品種を基に、韓国で交配されたものが主だ」と指摘した。その上で、日本の品種保護を強化していく方針を示した。

 斎藤氏は「海外でも知的財産権を取得し、仮に流出が発見された場合は、栽培や販売の差し止め請求などを行うことが重要だ」と強調。海外での知的財産権の取得を支援するため、「今年度の補正予算や、新年度の予算案で対策費を計上している」と説明した。

 また、「日本の農林水産大臣としては、カーリング女子の選手には、日本のおいしいイチゴをぜひ食べていただきたい」と話した。


2: 2018/03/02(金) 21:32:02.30 ID:s2KBp2gG

>その上で、日本の品種保護を強化していく方針を示した

種子法あってもあのザマだしな。
制裁以外に何があるんだ?


3: 2018/03/02(金) 21:32:10.66 ID:FTJpbxMa

以前どこかのニュース特番で特集してたな
もう10年も経つのか


4: 2018/03/02(金) 21:33:38.47 ID:b6wrS5Q2

よく言った、齋藤大臣。流石、わしの上司。

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月01日

鈴木夕湖が「韓国のイチゴ」と発言 日韓のイチゴ事情ふまえ関係者が落胆

1: 2018/02/28(水) 07:24:46.22 ID:CAP_USER

「韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした!」

 2月24日の3位決定戦で英国を破り、日本カーリング史上初のメダルを獲得した女子日本代表の「LS北見」。初のメダルはむろんのこと、多くの日本人にカーリングに興味を持たせた功績や大である。だが、会見でのこの発言には頭を抱える日本人がいるのをご存知か。

 ***

「残念です! 彼女たちが食べたのは本当に韓国のイチゴだったのでしょうか」

 と悔しがるのは、「とちおとめ」「スカイベリー」などで出荷量、販売額ともに全国1位で、“イチゴ王国”を標榜する栃木県農政部経営技術課普及情報担当である。

「ゲームの最中から、あの“もぐもぐタイム”でイチゴを召し上がる率が高かったので気になっていたんです。もちろん『とちおとめ』や『スカイベリー』なら言うことなしですが、韓国から近い九州産のイチゴかな、などと思っていました。でも、鈴木夕湖選手から『韓国のイチゴ』と明言されてしまって……残念です」

 韓国で開催されている平昌(ピョンチャン)五輪なんだし、メダルも取れたんだから、堅いことを言うな、という向きもあるだろう。ハーフタイムに彼女たちが食べて、売り切れ状態になったチーズケーキ「赤いサイロ」に続きたいと思っているわけではない。イチゴ農家関係者には看過できない、とても「そだねー」などと言っていられない事情があるのだ。社会部記者がいう。

「昨年6月、農林水産省は、日本のイチゴが韓国に流出したことで、日本産イチゴの輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失。また、およそ1300億円といわれる韓国のイチゴ市場からのロイヤリティの損失は、年間16億円になるとの試算をまとめたのです」

9割以上が日本産

 農水省に聞いてみよう。

「そうですね、現在の韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が流出した日本の品種をもとに開発された品種なのです。例えば、韓国で開発された『クムヒャン(錦香)』は日本の『章姫(あきひめ)』と『とちおとめ』を交配に用いていますし、『ソルヒャン(雪香)』は日本の『章姫』と『レッドパール』といったものです。これらの日本の品種は韓国へ流出してしまったものなのです。それらの日本の品種が、韓国で育成者権を取得できていれば、現在もロイヤリティは入ってきたわけです。また韓国はこうした品種のイチゴをアジア各国に輸出もしておりますので、日本が流出を防げていれば、アジアへの輸出は日本産で代替できていただろうという試算なのです」(農林水産省食料産業局知的財産課種苗企画班)

 流出といえば穏やかだが、平たくいえば盗まれたのである。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14360112/


3: 2018/02/28(水) 07:26:51.51 ID:lHk8HAiH

翻訳掲示板を見ると、韓国では

「以前はライセンスフリーだった、ライセンス料を払えと言い出したので
その後韓国が独自に開発した、だから完全に韓国のオリジナルだ
日本人は頭がおかしい」

全員この意見だったんで、こういう風に報道されてるんだな


8: 2018/02/28(水) 07:28:53.19 ID:SRamBc0K

>>3
ライセンスフリーだったと言うのが嘘なんだよなあ

韓国人は本当に嘘吐き


4: 2018/02/28(水) 07:26:53.96 ID:RuozVp8R

>>1
これはほんとに落胆した

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | パクリ

2018年02月09日

韓国の缶コーヒー「イッツババ(it’s BaBa)」」、日本の国民的缶コーヒー「ボス(BOSS)」のブランドイメージ盗作疑惑

1: 2018/02/07(水) 21:09:41.09 ID:CAP_USER

no title

▲熊津(ウンジン)食品の缶コーヒー「イッツババ」(下)が日本サントリーのコーヒーブランド「ボスコーヒー」のブランドイメージ(上)を盗作した疑惑が提起された。

熊津(ウンジン)食品が日本の国民的缶コーヒーと言われる「ボスコーヒー」のブランドイメージ(BI)を盗作した疑惑が提起された。ウンジン食品は「該当ブランドを参考にした事実は全くない」という立場だが、BIの中で中年男性の姿が似ており疑惑は容易に収まらない展望だ。

◇「髪型・目・鼻ひげ」が似た中年男性の顔

盗作容疑に包まれた製品はウンジン食品の「イッツババ(it’s BaBa)」コーヒーだ。2014年、ウンジン食品は既存のコーヒーブランド「ババ(BaBa)」とは別に国内で拡大するRTDコーヒー(即席コーヒー)市場を狙ってイッツババという新しいブランドを投入した。業界によれば国内RTDコーヒー市場は1兆2,000億ウォン規模と推算される。新しく誕生したブランドだけにイッツババは既存のババとコンセプト的に明確な違いを見せた。

イタリア三色国旗を描いたババがヨーロッパスタイルコーヒーのイメージを強調した一方、イッツババは特定大陸や国家を念頭にしなかった。代わりに特定の年齢と性別をターゲットにした。「Take a break、Man!」という製品スローガンが見せるように職場男性を狙った。

だるくなりやすい午後、イッツババで再充電の時間を持つというのが当時、会社関係者が明らかにしたイッツババの発売背景だ。BIもやはり「男のコーヒー」というコンセプトに合わせて製作された。まるで南米の中年男性を連想させるイメージが金色の輪の中に彫られた。男性のヘアースタイルはポマードを塗ったように「オールバック」で、男性美を象徴する鼻ひげが濃く描かれた。

しかし、一部ではこの男性のイメージがウンジン食品の100%創作物なのか疑惑のまなざしを送っている。日本の国民的缶コーヒーと言われる「ボスコーヒー」のロゴに似ているという指摘が出た。鼻ひげをたくわえた中年男性の姿とこれの表現方法が非常に似ているという。実際、イッツババのBIはボスコーヒーのBIと様々な面で似ている。キャラクターの特徴的な核心ポイントで大きな違いが見つからないのが実情だ。キャラクターの視線と顔の角度が違う程度だ。最も大きな違いはパイプを噛んでいるかどうかだ。額が広く見えるヘアースタイルと鼻ひげはもちろん眉毛の形まで似ている。さらにシワを表現したと見られる目の下線まで同じだ。

◇ウンジン食品、「日本製品を参考にした事実は全くない」

(中略:さらに類似点とボスの紹介)

一方、盗作疑惑についてウンジン食品関係者は「該当イメージは『40代のダンディーな男性イメージ』を表現して欲しいという自社の依頼を受けて協力会社で作ったもの」とし、「陰影効果のために似ていると感じるかもしれないが、確認した結果、会社では日本のボスコーヒーを参考にした事実は全くない」と話した。

同関係者はまた「製作後、日本の製品に似ているという意見があって法的検討をしてみたが、問題ないことが明らかになった」と伝えた。

現在のウンジン食品のイッツババは昨年10月、生産中止になり、これ以上生産されていない。ただし、一部の在庫物が一線のコンビニエンスストアなどで販売されている。

ボム・チャンヒ記者

ソース:時事ウィーク(韓国語) 熊津(ウンジン)食品、日本国民缶コーヒーBI盗作容疑
http://www.sisaweek.com/news/articleView.html?idxno=102782


4: 2018/02/07(水) 21:11:23.75 ID:bn4u8vdp

盗みの才能は天才的


7: 2018/02/07(水) 21:11:45.10 ID:m2BLDytE

田代?


8: 2018/02/07(水) 21:11:47.13 ID:ihv6iOCl

誰なんだ「ババ」って?

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パクリ

2018年02月06日

中国日本には神戸牛が、韓国には韓牛があるのにどうして中国はブランド牛肉がないの?」

1: 2018/02/04(日) 17:09:26.88 ID:5nM2Lh3c0 BE:683789119-2BP(1500)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国メディア・今日頭条は1日、「日本には神戸牛があり、韓国には韓牛がある。まさか中国は良質な牛肉が生産できないとでも言うのか」とする記事を掲載した。

記事は「牛肉と言うと、様々な美食が目の前に浮かんでくる。牛肉は、中国人にとっては非常におなじみの食材だ。しかし、中国の肉牛の品種となると、
多くの人があまりよく理解していない。われわれは、日本の神戸牛が非常に高価でしかもおいしいという話をしばしば聞く。その肉には全体に霜が降ったようなサシが入っているのだ。

また、韓国の韓牛も自然の摂理に近い環境で飼育されるこだわりの牛肉だが、それゆえ生産量は非常に少なく、なかなか庶民の手には届かないという」とした。

そのうえで「広い国土を持つわが国は様々なタイプの地形を持っているので、牛の品種も実はとても多いのである。例えば南方の水牛、北方の黄牛、
チベットのヤクなどが代表的な品種だ。しかし、これらの牛肉はいずれも品質的にやや劣る部分がある。

なぜなら、中国は古くより食べるためではなく農耕のために牛を育ててきたからだ。では、中国には食用に適した肉牛はいないのか、と言うと、それもまた違うのである」と説明し、
優れた肉質を持つ品種を紹介している。

最初は「魯西牛」だ。魯西牛は又の名を山東牛といい、食用にも農耕用にも適した黄牛の品種だという。穏やかな性格で育てやすく、程よく油も入り、
肉質も良好とのことだ。続いては、「三河牛」である。

当然ながら日本の「三河」ではなく、内モンゴル自治区フルンボイルにある三河地区の地名が付けられた品種である。乳牛としても肉牛としても優れており、
耐寒性や耐病性に強く放牧に適しているという。

記事はまた、本土の品種以外にも中国ではシンメンタール、シャロレーといった世界的に有名な肉牛の品種も輸入して飼育していると説明した。




2018-02-04 12:12
http://news.searchina.net/id/1652898?page=1


2: 2018/02/04(日) 17:09:57.13 ID:fT9I3DTR0

韓牛wwwww


3: 2018/02/04(日) 17:10:52.77 ID:2WaVn4000

韓牛ってなに?
うんこでも食わせて育てるの?


7: 2018/02/04(日) 17:12:17.62 ID:sSzp5g+c0

韓牛ってなに?

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | パクリ

2018年01月30日

韓国で日本映画のリメークブーム カギは日本カラーを極限まで薄めて韓国的情緒を加えること

1: 2018/01/29(月) 10:58:31.82 ID:CAP_USER

韓国版『ゴールデンスランバー』(左)と『リトル・フォレスト』。
no title


韓国映画界に日本映画のリメークブームが起きている。

2月14日に公開される『ゴールデンスランバー』(ノ・ドンソク監督)をはじめ、『リトル・フォレスト』(イム・スンレ監督)、『いま、会いにゆきます』(イ・ジャンフン監督)、『人狼』(仮題、キム・ジウン監督)など、日本映画を原作とする作品が次々と封切られる。

日本映画リメーク作の共通点は豪華なキャスティングだ。同名の日本の小説と映画を原作としている『ゴールデンスランバー』にはカン・ドンウォン、キム・ウィソン、ハン・ヒョジュ、キム・ソンギュンらが出演する。特にカン・ドンウォン出演の新作として期待されている作品だ。

こちらも同名の映画を再解釈した『リトル・フォレスト』は同年代の女優の中でも独歩的な位置づけのキム・テリと、ジャンルやキャラクターを問わず多くのラブコールを受けている俳優リュ・ジュンヨルの組み合わせが注目されている。

韓国でも原作映画が大きな人気を博した『いま、会いにゆきます』では俳優ソ・ジソブと女優ソン・イェジンがロマンス演技で息を合わせる。

『密偵』のキム・ジウン監督の新作であり、日本アニメ『人狼 JIN−ROH』が原作の『人狼』ではカン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、キム・ムヨル、ハン・イェリらが活躍する。カン・ドンウォンは2本続けて日本映画のリメーク作に挑戦する。

『容疑者X 天才数学者のアリバイ』『フライ・ダディ』など日本映画を原作とする韓国映画は以前から作られてきた。だが、興行の面では大きく振るわなかった。その中で2016年10月に公開された『LUCK−KEY ラッキー』が697万人観客を動員して大ヒットを飛ばし、この雰囲気を逆転させた。

リメークのカギは日本カラーを極限まで薄めて韓国的情緒を加えること。素材と設定は借用するものの、全く違う映画を作り出す場合もある。

『LUCK−KEY ラッキー』の場合、原作『鍵泥棒のメソッド』とはかなり異なる。浴場での出来事がきっかけで殺し屋と俳優の鍵が入れ替わるという序盤の設定以降は『LUCK−KEY ラッキー』オリジナルの展開となる。

オープニング・シークエンスから歌手ハム・ジュンアの『その男』を挿入したことで、韓国観客はすんなりと物語の中に入っていくことができた。

今後公開される日本映画原作の韓国映画も、音楽などの装置を利用するか韓国式の大胆な再解釈を試みている。『ゴールデンスランバー』には故シン・ヘチョルの『君に』と『元気を出して』が挿入曲として使われている。ノ・ドンソク監督は「その曲に含まれた思い出と情緒が良さそうだったので」とし、シン・ヘチョルの歌を選択することになった背景を説明した。

『リトル・フォレスト』も原作との差別化に自信を表わしている。制作側は「日本の同名映画は夏と秋編と冬と春編の2本に分けて公開したが、韓国では1本で四季をすべて描き、時間の流れをより際立たせてスピード感とリズムを加えた。原作が食べるものに焦点を合わせていたとすると、この映画は人物のストーリーに集中して韓国映画として脚色することにフォーカスを当てた」と明らかにした。


2018年01月29日10時50分
http://japanese.joins.com/article/012/238012.html?servcode=700&sectcode=730


2: 2018/01/29(月) 10:59:47.12 ID:ZQFV/0Iy

セノリムービー


3: 2018/01/29(月) 11:00:37.91 ID:ojlLJ8GY

そこまでやるなら日本映画じゃなくてもいいなw


4: 2018/01/29(月) 11:00:42.14 ID:+C82ND33

カギは日本カラーを極限まで薄めて韓国的情緒を加え韓国起源を主張する。

これが朝鮮人の流儀。

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パクリ

2018年01月27日

【栄養ドリンク】 東亜製薬が商標権侵害訴訟で負けた理由〜ネチズン「東亜製薬のバッカスはリポビタンのぱくり」

1: 2018/01/27(土) 00:16:18.93 ID:CAP_USER

no title

▲日本コミュニティに投降された大正製薬のリポビタンと東亜製薬「バッカス」の比較写真.
no title

▲サムスン製薬の「バクタン」(サムスン製薬ホームページ)

東亜(トンア)製薬が「バッカスを盗作した」としてサムスン製薬の滋養強壮制「バクタン」に対する生産および販売禁止仮処分訴訟を起こしたが、裁判所は「盗作ではない」として仮処分訴訟を棄却した。ところがこの過程で東亜製薬が日本の大正製薬の「リポビタン」を盗作したのではないか、という容疑が再び提起されて関心が集まっている。

今月20日、ソウル中央地方法院は東亜製薬がサムスン製薬を相手に起こした「商品および営業表示侵害禁止」仮処分申請を棄却したと明らかにした。裁判所は「東亜製薬とサムスン製薬が長い間、製品を独自に生産・販売してきた」として「二つの製品の外観と呼称(製品名)等の差異点で消費者は混同せず、二つの製品を区別してきたと見るのが妥当だ」と説明した。

また「東亜製薬『バッカス』は3音節、サムスン製薬『バクタン』は2音節の単語」として「『バッカス』の商標の枠が歯車形の楕円形である反面『バクタン』の商標は枠が刃形の原形で差がある」と付け加えた。

東亜製薬の仮処分申請棄却後、東亜製薬は日本の大正製薬のリポビタンを盗作したのではないかという容疑が再び提起された。2011年1月、東亜製薬のリポビタン盗作容疑は社会的論議になったことがある。

東亜製薬がバッカスを発売したのは1963年。ところがその1年前の1962年、バッカスと成分が同一で、商標デザインが類似の製品が日本で先に発売された。1962年、日本の大正製薬が発売したリポビタンだ。インターネットコミュニティでは二つの製品が双子の様で、どちらが元祖なのかをめぐり舌戦が起きたことがある。

一部では東亜製薬がサムスン製薬を相手に出した仮処分申請をめぐり東亜製薬が「泥棒は自分の足がしびれる(悪いことをすると気がとがめて馬脚をあらわすの意)」と指摘している。ネチズンA氏は「バッカスを盗作したと東亜製薬がサムスン製薬を相手に仮処分申請を出したのは東亜製薬が日本の大正製薬のリポビタンを盗作したと認めたに等しい」として「バッカスとリポビタンは成分が同じだけでなく、歯車形の楕円形枠と商標デザインの色が非常に似ている」と指摘した。ネチズンB氏は「先に真似たのは東亜製薬だ。サムスン製薬が真似たから東亜製薬は自分が元祖のようにふるまう。元祖は大正製薬なのにね」と文を残した。

これについて東亜製薬関係者は「大正製薬と協業を通じてバッカスを発売したので問題がない」と明らかにしたが、協業したのは確実なのか、という記者の質問に「1960年代にあったことで確認するのは難しい」と立場を変えた。また、大正製薬のリポビタンの盗作を疑う見方については「商標デザインが似ていることは事実だが盗作ではない」と主張した。

サムスン製薬を相手に仮処分申請を出したことについては「昨年、サムスン製薬がバクタンの海外輸出を本格化した」として「ハングルを知らない外国人の場合、バッカスとバクタンを区別できないから東亜製薬の売り上げ減るのは避けられないと判断した。それで仮処分申請を出すことになった」と説明した。

ユ・シヒョク記者

ソース:ビズ韓国(韓国語) あの有名な東亜製薬「バッカス」が商標権仮処分訴訟で負けた理由
http://www.bizhankook.com/bk/article/14745


5: 2018/01/27(土) 00:22:05.72 ID:2xy9uPCX

ロッテの製品以外は何でもパクるからなあ
ポッキーしかりかっぱえびせんしかり


54: 2018/01/27(土) 08:15:18.62 ID:fhxqY0NM

>>5
ロッテが日本の製品をパクってたりもするしな


6: 2018/01/27(土) 00:22:28.37 ID:tuNS4stO

またパクリか

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パクリ

2018年01月22日

【フィリピン】「偽ファミリーマート」韓国人オーナー日本国内報道にビビリ、急遽看板を撤去

1: 2018/01/22(月) 09:00:36.90 ID:CAP_USER

no title

no title

no title

no title

no title


2018年1月19日、フィリピン・マニラ郊外の繁華街に、偽コンビニファミリマートが誕生し、フジテレビの報道番組「みんなのニュース」1月15日放送などでも取り上げられ批判を浴びていた問題で、偽ファミリーマートのオーナーは、急遽この偽類似看板を撤去して、店名そのものは変えず看板デザインを変更した。

新しい看板は、以前の看板の下に小さく表示されていた「4EVER A&J」を大きくし、右側に小さくFAMILY MARTと表示。デザインの完成度は低く、焦って施工したためビニールシールにはしわが寄っており、貧相な仮設店舗に見える。

周辺には、韓国系のホテルがオープンしたり、アメリカ系のバーの経営者が韓国人に変わったりと、韓国の勢力が増している地域。

ファミリーマートではなく「4EVER A&J FAMILY MART」だと主張し、偽看板を撤去さえすれば、すべて解決といった短絡的な思考のようだが、対応の速さだけは危機管理能力が高く、証拠の隠滅には長けているようだ。


2018年1月22日 8時15分
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4877&&country=1&&p=2

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | パクリ