パクリ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年03月22日

韓国伝統文化の韓服と茶道が外国人を魅了

1: 2018/03/22(木) 00:45:55.03 ID:CAP_USER

no title


[STNスポーツ=イヒョンジュ記者]

韓服と茶道が外国人を魅了した。

江門韓服体験館が江陵の伝統文化体験の中核空間に生まれ変わって外国人の目を集め、文化オリンピックの実現に一役買っている。

ソッテ公園やビーチフォトゾーンでよく知られる江門ビーチに位置する韓服体験館に「韓服と茶道体験」スペースを設け、
外国人に韓服を着せてお辞儀の方法や茶道体験など異色の機会を提供し、韓国の伝統文化を対外的に知らせている。

オランダから来たオリンピック観覧客は、伝統衣装の韓服を着て軽食を味わって韓国の伝統文化に感心し、カメラを撮るのに忙しかった。

江門韓服体験館は、オリンピック後も江門ビーチと連携し、伝統文化を体験できる江陵の象徴的な場所として運営される計画である。

http://www.stnsports.co.kr/news/articleView.html?idxno=74238


3: 2018/03/22(木) 00:49:09.24 ID:fhq8cloA

〇〇道と名乗ってる時点で、日本からのパクリ丸出しだと気付いてないバカチョン


4: 2018/03/22(木) 00:49:37.27 ID:RgIOZKOC

あーあ、騙されちゃって可哀想に


5: 2018/03/22(木) 00:49:44.52 ID:jGVsIwV5

<丶`∀´> 30年の歴史を誇る伝統文化ニダ

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月15日

【韓国】「韓国漫画(マンファ)博物館、春の改装」・・・慰安婦漫画の原画展も

1: 2018/03/14(水) 09:46:36.75 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ 韓国漫画博物館春の全景
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

韓国漫画(マンファ)博物館が春の改装工事を終え、来る17日から観覧客を迎える。博物館は新たな展示コンテンツを拡充し、内部施設を入れ替えて快適な観覧環境を造成した。

博物館1階の企画展示室では、慰安婦被害者のハルモニの人生を女性の視点から鋭く描いたキム・グムスク作家の漫画『草』の原画展が、3月17日から4月29日まで行われる。

博物館3階・常設展示館の4D上映館では、『オムマ・カトゥリ(キジのお母さん)』を新たに上映する。

博物館内の漫画図書館も春のリニューアルを終えた。漫画本など閲覧用の漫画資料を以前より15%拡充し、利用者はより多くの漫画資料を楽める。

一方で博物館は改装を共にに祝う観覧客のため、17日の午後3時に漫画映画鑑賞館で公開予定の『ミニ特攻隊X』の無料試写会も行う。

ソース:中都日報(韓国語)
http://www.joongdo.co.kr/main/view.php?key=20180313010005878


2: 2018/03/14(水) 09:46:52.50 ID:CAP_USER

『ミニ特攻隊X』
no title


巨大ロボも出るらしいです
no title

no title

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月11日

韓国のおっさんたちに夢と傷を同時に与えた『テコンV』・・・韓国盗作ロボット総まとめ

1: 2018/03/10(土) 17:37:34.54 ID:CAP_USER

「タリョラ タリョ ロボトゥヤ♪ ナララ ナラ テクォンブイ♪( 走れ走れロボットよ♪ 飛べ飛べテコンV♪)」

30〜40代の韓国成人男性の大部分はテコンVの主題歌を頭に記憶している。それほどテコンVの影響力は
彼らにとって大きい。

1976年7月24日に世に出た『ロボットテコンV』は、1970年代末から1980年代初頭まで全国の劇場を通じて
上映された。この映画をリアルタイムで見て育った現在の中年男性に夢と希望を植え付けた作品である事は
確かだが、時間が経つにつれて失望感を与えたコンテンツとの指摘もある。

(写真)
no title

▲ テコンVのフィギュア

国産の子ども向けロボットアニメーションの基礎を確立したテコンVの唯一の欠点であり、ファンをがっかり
させた要素はまさに『デザインコピー』である。テコンVより4年前に世に出た、『マジンガーZ』の機体デザイン
を盗用したという疑惑のせいである。

漫画家の永井豪が1972年に一般に公開した『マジンガーZ』は日本のフジテレビで最高視聴率30.4%を記録
して、その後登場する全てのロボットアニメーション作品に大きな影響を与えるほど絶大な人気を得た。

(写真)
no title

▲ キム・チョンギ監督

キム・チョンギ監督はCBCラジオなど国内メディアのインタビューで、「マジンガーを真似ようという考えは
なく、当時どのようにすれば盗作疑惑を避けられるかで悩んだ」と述べ、自分の作品活動に対し、「良心を
売って作品を作れないという信条がある」と明らかにしている。

だが彼の主張とは異なり、テコンVは頭部を除いて手足と胴体のデザインが類似して、1982年の作品
スーパーテコンVは、同年に日本に放映された『戦闘メカ ザブングル』のメカニックデザインをそのまま
持って来たような印象を与える。

(写真)
no title

▲ スーパーテコンV(左)とザブングル(右)

ソース:IT朝鮮(韓国語)
http://it.chosun.com/news/article.html?no=2847915

>>2に続く


2: 2018/03/10(土) 17:37:51.15 ID:CAP_USER

>>1の続き

■ テコンV以外の盗作疑惑作品
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1970〜1980年代まで国内の子どもを楽しませていた大韓民国のロボットマンガやアニメーションは、『ほぼ
大部分』と言えるほど日本のロボットメカニックデザインの盗用が深刻なレベルであり、アニメーションの
内容と登場人物も同じ時期の日本のアニメーション作品とかなり似ていた。

この点は日本のアニメーション下請と、コピー玩具一色だった当時の大韓民国のコンテンツ産業の暗い
歴史を物語る証だ。

漫画家コ・ユソンの1977年の作品『ロボットキング』は、日本で1967年に出版されたロボット漫画『ジャイアント
ロボ』に登場するロボット『GR2』と外見が全く同じである。ロボットデザイン盗作疑惑でロボットキングの復刻版漫画では、ロボットデザインといくつかの場面が修正された。

キム・チョンギ監督の1978年の作品『ファングムナルゲ(黄金の翼)1.2.3』というロボットは日本の『ゲッター
ロボ』、主人公は『キャシャーン』と『破裏拳ポリマー』、黒ヒョウのロボットはキャシャーンの『フレンダー』の
デザインを盗用した。

1979年の作品『ロボットチッパ』は1976年に日本のTBSで放映された『ろぼっ子ビートン』のロボット『ブリキン』
と外見がそっくりである。

キム・チョンギ監督の1981年の作品『惑星ロボット・サンダーA』は、世界的に人気が高いロボット
アニメーション『機動戦士ガンダム』の主要モービルスーツ(ロボット)、RX-78ガンダムに瓜二つだった。

(写真)
no title

▲ サンダーA(左)とガンダム(右)

キム監督の1982年の作品『超合金ロボット・ソーラー・ワン・ツー・スリー』は、ロボットメカニックの盗作集と
言っても過言ではない。ソーラーワンは日本のロボットアニメーション『六神合体ゴッドマーズ』の『ラー』と
『シン』のデザインを交ぜて作り、ソーラーツーはゴッドマーズの左腕『タイタン』と右脚の『シン』を真似た。
ソーラースリーは『ロボット8ちゃん』と酷似していて、これらのロボットを搭載する母船のソーラーシップは、
特撮ドラマ『太陽戦隊サンバルカン』に登場する『ジャガーバルカン』とハンコを押したように全く同じである。

(写真)
no title

▲ ソーラー・ワン・ツー・スリー(左)とジャガーバルカン(右)

1983年の作品『スーパータイタン15』は、日本の東映が1982年に制作したアニメーション『機甲艦隊
ダイラガーXV』のロボット、ダイラガーXVとそっくりである。

(写真)
no title

▲ スーパータイタン15(左)とダイラガーXV(右)

>>3に続く

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月10日

【韓国農村振興庁】 「日本も19世紀に欧州から種子を持ち込んで独自の品種を開発した」 〜韓国産イチゴ、韓国内普及率93%に

1: 2018/03/09(金) 22:56:52.31 ID:CAP_USER

■カーリング女子日本代表もほめた韓国イチゴ 国産普及率93%に

【ソウル聯合ニュース】韓国の農村振興庁が7日公表した統計によると、国内で昨年栽培されたイチゴにおける国産品種の普及率は93.4%と集計された。2005年には9.2%にすぎなかったが、12年で大きく上昇した。

韓国では1970年ごろから国産のイチゴの品種を本格的に育成し始めたが、これといった成果を出せず、一時は日本の品種が韓国国内のイチゴ市場の8割を掌握していた。

2005年になって農村振興庁がイチゴの研究事業団を発足させ、研究に集中的に取り組むようになると、国産品種の普及が進み始めた。特に、同年に日本の品種「章姫(あきひめ)」と「レッドパール」を交配して開発した品種の「ソルヒャン(雪香)」が、国産の普及率アップに大きな役割を果たしたと同庁は説明している。

国産品種の普及率が高まったことで、イチゴの輸出も大きく伸びている。香港やシンガポール、マレーシア、タイなどへの生鮮イチゴの輸出額は昨年に総額4299万ドル(約45億円)と、07年の10倍ほどに急増した。一部の品種はベトナムや中国に輸出され、年間4万ドル程度のロイヤルティーも得ている。

韓国の国産イチゴは、2月の平昌冬季五輪でカーリング女子日本代表の選手が試合中の休憩時間に食べ、味をほめたことで話題を集めた。

これを受け斎藤健農林水産相は、韓国のイチゴは「日本から流出した品種を基に韓国で交配されたものが主だ」と指摘したが、農村振興庁の関係者は「新品種はもともと異種の交配、遺伝子の安定化技術の開発などを経て作られるもの。日本も19世紀に欧州からイチゴの種子を持ち込んで独自の品種を開発した」と説明する。

この関係者はまた「新品種が開発されても、正式な品種として登録するには技術特許と同様に2〜3年の検証期間が必要になる。国産品種は検証を経て正式に登録された品種であり、法的な問題もない」と強調した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14398874/

【流出】斎藤健農水相、韓国のイチゴについて、「以前に日本から流出した品種を基に、韓国で交配されたものが主」[03/02]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1519993867/


3: 2018/03/09(金) 22:58:55.10 ID:/U15rr34

あのさ?当時特許とか著作権あったわけ?
バカなんかね朝鮮人は


8: 2018/03/09(金) 23:00:03.75 ID:SzCvdhsZ

>>3
向こうにそれが判ると思ってるの?


4: 2018/03/09(金) 22:59:04.30 ID:n7gyUqnb

何世紀たってもこいつらなんもかわらん

売春と窃盗が民族のDNA

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月09日

カーリング娘も食べちゃった“盗作イチゴ”流出元の韓国農家を直撃

1: 2018/03/07(水) 18:55:09.12 ID:AQ9vrcI70● BE:628276651-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 平昌五輪カーリング女子代表が“もぐもぐタイム”に頬張っていた韓国産イチゴが波紋を呼んでいる。イチゴの名産地、栃木県の農業関係者は複雑な表情だ。

「美味しそうに食べている姿は、イチゴの産地としては嬉しいものがありました。ただアスリートは食に気を遣うので、日本から持っていったイチゴかなと思っていたのですが……」

 3月2日には、斎藤健農水相が「(韓国のイチゴは)日本から流出した品種をもとに、韓国で交配されたものが主だ」と会見で語るなど
、五輪終了後も、この騒動は燻り続けている。韓国が日本の品種を元に開発したイチゴは全体の9割を占め、そのイチゴを輸出することによって、
日本が失った輸出機会は金額にして「5年間で最大220億円に上る」(農水省食料産業局知的財産課種苗室)という。

 韓国で最もシェアの高い「雪香(ソルヒャン)」は、
愛媛県の西田朝美氏が開発した「レッドパール」と静岡県の萩原章弘氏(ともに故人)が開発した「章姫」を交配させたものだが、
小誌記者は、「レッドパール」を韓国に持ち込んだ韓国人、金重吉氏(85)を直撃した。現在も韓国で農家を営む金氏は、流暢な日本語でこう答えた。

「日本で、韓国の気候にあったイチゴを捜し求めて、西田さんを知りました。交渉の末、『期限を設けた上で毎年、一定のロイヤリティを払う』
『種苗を人に売ってはいけない』という条件で、契約を結びました」

 こうして90年代半ばに種苗を持ち帰った金氏は、周辺の農家と共同で栽培を始めたという。ところが00年代に入ると、
異変が起こる。西田氏から「レッドパールが名古屋で凄く安い値段で売られている」という連絡を受けたのだ。

「驚きましたが、調べてみると、私が種苗を分けていた農家が勝手に『隣にも分けてあげた』という話がいくつもあった。
輸出業者に“(日本と)契約があるんだ”と掛け合いましたが、手の打ちようがないところまで広がっていました」

当時の韓国では品種を保護する法律は、ほとんど整備されていなかったが、結果的に、金氏は“種苗泥棒”に手を貸すことになってしまったのである。

 イチゴ種苗泥棒の真相を追った韓国現地取材の詳細は、3月8日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

(「週刊文春」編集部)

no title

韓国最大の出荷拠点 コピーライトマーク文藝春秋

no title

イチゴのモニュメントも飾られた「晋州水谷イチゴ輸出農団」 コピーライトマーク文藝春秋

http://blogos.com/article/282210/


2: 2018/03/07(水) 18:56:48.80 ID:dMNgeiBE0

ようは、韓国人は泥棒だってことだ


3: 2018/03/07(水) 18:56:52.39 ID:1SQaGK1m0

泥棒国家


4: 2018/03/07(水) 18:57:15.31 ID:Px8RdG9t0

まあ、この人のせいじゃないよ。
契約しなかったら苗盗んで、勝手に韓国で生産するだけだから。

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月08日

パヨク誌「日本品種と掛け合わせた苺は、もう韓国の物。日本だって元は外国産と掛け合わせだろ」

1: 2018/03/07(水) 17:16:55.28 ID:Vg9MjDSt0 BE:878978753-PLT(12121)

sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
カーリング女子「韓国のイチゴおいしい」にネトウヨが「日本から盗んだイチゴ」とデマ攻撃! 農水相も「日本産を食べろ」と
https://hayabusa9.5ch.net/news/

カーリング女子日本代表のLS北見の選手が競技のハーフタイムに食べていたイチゴをめぐり、ネット右翼や右派メディアが“狂乱”している。
周知の通り、選手の「韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした」という発言が報じられるや否や、
「そりゃそーだろ、本当は日本産なんだから」「韓国のイチゴは日本から盗んだもの」「日本の物を何でも盗む泥棒韓国」
「無断で品種改良したものだろ!」なる韓国バッシングが飛び出したのだ。

 韓国のイチゴがおいしいって言ったぐらいでこの反応……。毎度のことながら連中のファナティックさには呆れるが、ネトウヨだけでなく
『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)や新潮社のニュースサイト「デイリー新潮」といったメディアまでがこの韓国イチゴ問題を取り上げ、
「デイリー新潮」は女子カーリング選手たちに対して「“もぐもぐタイム”には、国産をご賞味あれ」などとんだ物言いまでしている。

 さらには、あろうことか齋藤健農林水産相までもが、2日の会見でこんな“クレーム”を付け出した。

「選手の一人の方が韓国のイチゴはおいしいと発言されて随分それがキャリーされたわけでありますけど、日本の農林水産大臣といたしましては、
女子カーリングの選手の皆様には日本のおいしいイチゴを是非食べていただきたいなというふうに思います」
「韓国で生産されているイチゴは、以前に日本から流出した品種を基に韓国で交配されたものが主であるというふうに承知をしております」

 おいおい、大臣が選手が食べる果物の産地にまで注文をつけるって、どうかしているとしか思えない。ところがネットでは、
この齋藤農水相のトンデモ発言を賞賛する声が目立つ。というか、メディアでは“韓国のイチゴは日本から盗んできたもの”
“日本は巨額の損失”なるストーリーがさも真実かのように語られているのだ。


2: 2018/03/07(水) 17:17:11.20 ID:Vg9MjDSt0

カーリング女子「韓国のイチゴおいしい」にネトウヨが「日本から盗んだイチゴ」とデマ攻撃! 農水相も「日本産を食べろ」と
https://hayabusa9.5ch.net/news/

カーリング女子日本代表のLS北見の選手が競技のハーフタイムに食べていたイチゴをめぐり、ネット右翼や右派メディアが“狂乱”している。
周知の通り、選手の「韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした」という発言が報じられるや否や、
「そりゃそーだろ、本当は日本産なんだから」「韓国のイチゴは日本から盗んだもの」「日本の物を何でも盗む泥棒韓国」
「無断で品種改良したものだろ!」なる韓国バッシングが飛び出したのだ。

 韓国のイチゴがおいしいって言ったぐらいでこの反応……。毎度のことながら連中のファナティックさには呆れるが、ネトウヨだけでなく
『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)や新潮社のニュースサイト「デイリー新潮」といったメディアまでがこの韓国イチゴ問題を取り上げ、
「デイリー新潮」は女子カーリング選手たちに対して「“もぐもぐタイム”には、国産をご賞味あれ」などとんだ物言いまでしている。

 さらには、あろうことか齋藤健農林水産相までもが、2日の会見でこんな“クレーム”を付け出した。

「選手の一人の方が韓国のイチゴはおいしいと発言されて随分それがキャリーされたわけでありますけど、日本の農林水産大臣といたしましては、
女子カーリングの選手の皆様には日本のおいしいイチゴを是非食べていただきたいなというふうに思います」
「韓国で生産されているイチゴは、以前に日本から流出した品種を基に韓国で交配されたものが主であるというふうに承知をしております」

 おいおい、大臣が選手が食べる果物の産地にまで注文をつけるって、どうかしているとしか思えない。ところがネットでは、
この齋藤農水相のトンデモ発言を賞賛する声が目立つ。というか、メディアでは“韓国のイチゴは日本から盗んできたもの”
“日本は巨額の損失”なるストーリーがさも真実かのように語られているのだ。

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月04日

【盗作】韓国の盗作イチゴ、日本の被害額は220億円… 農林水産相も指摘 北海道産の「白いんげん」も流出

1: 2018/03/03(土) 21:06:28.41 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00538832-shincho-soci

 カーリング女子日本代表「LS北見」が食べていたことで、一躍世間の注目を集めた韓国産のイチゴ。メンバーからは「びっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした!」との発言も飛び出すが、その一方、この発言に頭を抱える面々も。3月2日の会見で斎藤健・農林水産相が「日本から流出した品種をもとに韓国で交配されたものが主だ」と指摘したように、根深い“盗作イチゴ”問題が存在するのだ。

 ***

「残念です! 彼女たちが食べたのは本当に韓国のイチゴだったのでしょうか」

 と悔しがるのは、「とちおとめ」「スカイベリー」などで出荷量、販売額ともに全国1位で、“イチゴ王国”を標榜する栃木県農政部経営技術課普及情報担当である。

中略

韓国内で日本の種苗が盗まれる

 愛媛県宇和島市のイチゴ農家、西田朝美さん(故人)が3年をかけて交配し開発された『レッドパール』は、韓国人から種苗を分けてくれと日参され、何度も断ったが、根負けして品種を分けたという。それが韓国内で盗まれたのだ。西田さんと共に韓国に招かれ、栽培の講師を務めたという赤松保孝さんが振り返る。

「西田さんと何度も韓国へ行って、各地で栽培の仕方を教えたんだ。韓国の人が喜んでくれればと思ってね。一時は韓国のイチゴの6割は『レッドパール』になったそうだけど、そのうちの3分の2は盗まれた種苗だったそうだ。220億円? 最近の話はわからないけど、ちゃんと売れていたら西田さんが生きていたら大金持ちになっていたかもしれないね。当時は韓国で種苗法が通らなかったから……」

 そう、韓国には法律がなかったのだ。社会部記者が言う。

「国際的には、育成者権を守る国内法整備を進める『ユポフ(UPOV)条約(植物の新品種の保護に関する国際条約)』があり、日本は82年に批准しています。その後、91年に、育成者権の存続期間を延長した新条約に改正され、韓国が加わったのは2002年のこと。それでようやく韓国もイチゴを権利対象にすることを検討し始めたのですが、イチゴを保護対象から外してしまったのです。その期間はユポフ条約の延長期間の限界である10年間、つまり12年まででした」

 ユポフ条約では、海外への譲渡開始後4年以内でなければ、海外での品種登録はできない。それゆえ、「とちおとめ」も「レッドパール」も韓国で品種登録することはできなかった。その代わり、12年に登録されたのが“ウリジナル(韓国オリジナル)”の「錦香」や「雪香」というわけである。

 余談だが、韓国では「イチゴ大福」をめぐり、2店が“元祖”の争いをしたこともあるという。勝手にやってろ! と言いたいところだが……、

北海道産の「白いんげん」も流出

 農水省は、今年度予算を組み、東アジアでの流出の実態をつまびらかにしていくという。

「すでに流出してしまったものに関しては、対策の取りようがありません。しかし、新たな品種に関しては権利化を進めていきます。え? カーリングですか。ええ、ああ、話は聞いていますが……それについてはコメントいたしかねます」(前出の農林水産省食料産業局知的財産課種苗企画班)

 日本ブランドの流出はイチゴに限らない。LS北見の故郷・北海道北見市でも育てられている白いんげん「雪手亡(ゆきてぼう)」の種苗は、中国に盗まれ、収穫されて日本に輸出されたこともある。

「雪手亡」は和菓子の白あんにも使われる。LS北見の選手たち、“もぐもぐタイム”には、国産をご賞味あれ。


2: 2018/03/03(土) 21:06:51.93 ID:zbTjAAWV

WTOになんで訴えないの?


3: 2018/03/03(土) 21:10:00.54 ID:/1dIrIFL

技能実習生廃止しろや!


4: 2018/03/03(土) 21:11:00.68 ID:lGrDJ2e+

チョンはこんな奴ら。

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パクリ