パクリ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年08月02日

【幹細胞】 一時は「幹細胞最強国」と呼ばれた韓国が死蔵した法案を持っていって幹細胞1位になった日本

1: 2018/08/01(水) 15:17:45.94 ID:CAP_USER

日本の厚生労働省が世界で初めて人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ったパーキンソン病治療の臨床試験を承認した。iPS細胞は皮膚細胞に特定の遺伝子を注入して多様な細胞と機関などに育つように作った幹細胞だ。臨床試験が成功すればパーキンソン病や他の難病治療に画期的な転機が設けられる見通しだ。

幹細胞後発国だった日本が世界を先導する背景には政府の果敢な支援と規制撤廃が背景にある。日本は幹細胞分野を新産業として育成するために韓国が2011年に導入した「医薬品迅速許可制」にアイデアを得て2014年に再生医療関連法を制定した。この法律により臨床初期の安全性だけ確認されれば幹細胞治療剤が難病患者に活用できるように「先承認、後評価」の制度を導入した。最後の臨床3相に必要とされる数千億ウォンの資金負担を減らし、治療剤発売も3年ほど繰り上げた。

日本政府は2015年に再生医療を含む生命科学基礎研究から産業化までを総括するコントロールタワーも発足させた。この10年間に1000億円を超える幹細胞研究費を支援した。日本でiPS細胞を活用した角膜移植成功、世界初の心臓疾患治療剤臨床承認などの成果があふれている理由だ。一時「幹細胞最強国」と呼ばれた韓国が幹細胞治療剤を迅速許可制対象に入れるかやめるかを論争し事実上関連法案を死蔵させたのと対照的だ。

韓国では「黄禹錫(ファン・ウソク)問題」以降厳格になった生命倫理法のために幹細胞を利用した治療剤開発と施術が大幅に制限されている。治療剤を開発しても安全性だけでなく効果が完全に立証されなければ許可が出ない。韓国のバイオ企業が日本で許可を受け、米国で実験する事例が生まれている。

退行性関節炎などを患う韓国の患者が数千万ウォンをかけて日本の幹細胞病院を訪れるのも目新しいことではない。日本は規制緩和を通じはるか遠くを進んでいる、韓国は数年にわたり生命倫理論争から抜け出せずにおり、もどかしいばかりだ。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

ソース:韓国経済新聞/中央日報日本語版<韓経:【社説】韓国が死蔵させた法案持っていき幹細胞1位になった日本>
http://japanese.joins.com/article/630/243630.html


2: 2018/08/01(水) 15:18:48.01 ID:zyLW45sx

うわ気持ち悪い


3: 2018/08/01(水) 15:19:17.46 ID:P/Y3+HMd

>「幹細胞最強国」

聞いたこと無いw


4: 2018/08/01(水) 15:19:40.82 ID:DBnHKN10

何一つ確立させてないよね?捏造してただけで?

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | パクリ

【韓国】 「テコンVは日本のパクリじゃない」の判決に、韓国ネットもびっくり

1: 2018/07/31(火) 20:48:28.96 ID:CAP_USER

no title

▲マジンガーZとテコンV。資料写真。

2018年7月31日、韓国・ニュース1によると、韓国の裁判所が、韓国を代表する巨大ロボットアニメのキャラクター「テコンV」について、日本のキャラクター「マジンガーZ」の模倣ではなく、独立した著作物であると判断した。

ソウル地裁は同日、株式会社ロボットテコンVが玩具類輸入・製造会社の運営者Aを相手に起こした損害賠償請求訴訟で、原告の訴えを一部認め、Aに4000万ウォン(約400万円)の支払いを命じる判決を下した。

テコンVの美術・映像の著作権を持つ株式会社ロボットテコンVは、Aの会社が製造し販売した玩具について「テコンVに類似しており、著作権を侵害している」と主張し、訴訟を起こした。これに対し、Aは「テコンVは日本のマジンガーZを模倣したものであるため、著作権法によって守られる創作物に当たらない」と反論していた。

ソウル地裁は「テコンVはマジンガーZやグレートマジンガーとは違う独立した創作物、またはそれらに手を加えた2次創作物にあたる」と説明。また、「テコンVは登録された著作物であり、マジンガーZなどとは見た目に明らかな違いがある。さらに韓国の国技であるテコンドーをテーマにしているため、日本文化に基づいて作られたマジンガーZなどとは特徴や個性の面でも違いがある」と強調した。その上で「一般消費者の多くがAの会社の製品をテコンVと認識している」とし、「テコンVに関する著作権を侵害したため、損害賠償する責任がある」と結論付けた。

テコンVのマジンガーZ模倣疑惑は韓国のネット上でもたびたび話題に上がってきた。そのため、この記事を見た韓国のネットユーザーからは「マジンガーZをパクったことは誰もが知る事実」「パクリじゃないと主張することが恥ずかしい」「韓国の裁判所だから当然、そう言うしかないだろう」「時代のせいとはいえ、パクリキャラを自慢したら笑いものになる」「昔は日本のすべてをまねしていた。恥ずかしい過去を消そうとするのはやめよう。何でも初めは模倣から始まるのだから」「子どもが見てもパクリだと感じる。もう少し独創的だったら…」など、裁判所の判断に疑問の声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

ソース:レコードチャイナ<「テコンVは日本のパクリじゃない」の判決に、韓国ネットもびっくり>
https://www.recordchina.co.jp/b629956-s0-c30-d0058.html


6: 2018/07/31(火) 20:54:40.34 ID:t5K3FQMt

韓国人に恥ずかしいって気持ちが
あったんだな。


7: 2018/07/31(火) 20:54:53.05 ID:SNahn9oB

まあ国そのものが盗っ人なんだからこう主張するしかないよな


8: 2018/07/31(火) 20:56:53.83 ID:USAw2j2F

法治国家www

アホみてぇな司法www

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | パクリ

2018年07月26日

東南アジア人「寿司は韓国が世界に誇る料理で、本当に美味しいよ」

1: 2018/07/25(水) 08:33:26.65 ID:gohZme4C0● BE:855120918-2BP(6000)

寿司とラーメンを韓国料理と考える人が続出? 東南アジア3ヶ国で調査したところ…
和食を代表する「寿司」と日本人の国民食・ラーメン。少なくない人が「韓国料理」と考えている?!
2018/06/03 10:00 しらべぇ

今や世界中で愛される、和食の代表格・寿司。しかし、海外で日本人ではない寿司職人によってつくられた、かなり奇妙な寿司を食べたことがある人もいるだろう。

現地に合わせて多様化していくのはよいことだが、「日本料理」とは考えずに楽しんでいる人も増えているかもしれない。

■寿司を「韓国料理」と考えている割合は?

そこで、しらべぇ編集部は、海外80か国の生活者アンケートサービスを提供するSyno Japanと共同で、インドネシア・ベトナム・マレーシアに住む14歳?60代の男女3,265名を対象に「寿司が韓国料理だと思う人」の割合を調べてみた。

ラーメンについても同様の調査を実施したので、国ごとに合わせて見ていこう。

https://sirabee.com/2018/06/03/20161640094/


2: 2018/07/25(水) 08:33:47.20 ID:gohZme4C0 BE:855120918-2BP(5000)

>>1
■マレーシアでは5人に1人が「寿司=韓国」

まずは、クアラルンプールが東南アジア屈指の大都市として発展し、日本人が老後に長期滞在する国としても人気のマレーシア。

マレーシア
no title


「寿司は韓国料理」と考えている人の割合は2割を超え、ラーメン=韓国料理派については4割に迫った。どちらも、今回調査した3ヶ国でもっとも多い割合だ。

■ベトナムはラーメンの誤解率が低い

日本人にも人気の旅行先になっているベトナムの調査結果も見てみよう。

ベトナム
no title


「寿司は韓国料理」と考える人は2割で、ほぼマレーシアと同じ。やはり、現地の寿司店の問題なのか、少なくない割合で誤解があるようだ。

一方で、「ラーメンは韓国料理」と考えるベトナム人は、調査した3ヶ国中で最低の数字となった。


6: 2018/07/25(水) 08:35:45.09 ID:gohZme4C0

>>2
■インドネシア人はラーメンを誤解

2億6千万人の人口を抱える巨大市場・インドネシアでの印象は…

インドネシア
no title


寿司が韓国料理だと思っている人は、3ヶ国中でもっとも低く1割強。一方で、ラーメンについては2割を超え、マレーシアに次いで2位という結果となった。


9: 2018/07/25(水) 08:36:19.55 ID:gohZme4C0

>>6
【調査概要】

・方法:インターネットリサーチ

・期間:2018年4月24?26日

・対象:14歳?60代のインドネシア(1,057名)・マレーシア(1,104名)・ベトナム(1,104名)在住の男女

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | パクリ

2018年06月29日

韓国人は日本の文化についてどう考えているのか→「韓国文化と中国文化の模倣品」=中国メディア

1: 2018/06/28(木) 20:33:59.87 ID:CAP_USER

 中国メディア・今日頭条は26日、「韓国人は、日本文化についてどう考えているか」とする記事を掲載した。

 記事は、「20世紀、韓国は日本に占領されたことで日本の文化の影響を色濃く受けた。では、今の韓国人は日本文化についてどのように考えているのだろうか」としたうえで、中国に留学している韓国人学生の意見を紹介している。

 ある学生は、「実際、韓国と日本ではそれぞれ長い歴史や文化において関わりを持って来たので、韓国人が日本文化についてどう考えているかの結論を出すのは難しい。日本文化を否定すれば、韓国自身の多くの文化を否定することになるし、日本文化を称えれば、韓国文化の起源は日本文化だと言われてしまう」と答えている。

 次の学生は、「20世紀の日本統治により、多くの韓国人が日本文化を教えられた。韓国では日本からの影響がとても多く見られる。ただ、これらは表面的なもの。なぜなら、日本文化はそもそも韓国人の考え方に合わないからだ。今、多くの韓国人は日本の文化を韓国文化と中国文化の模倣品だと考えている」とした。

 さらに別の学生は、「日本文化と韓国文化は、中国文化とつながりあっている。ただ、韓国人は日本の文化、とくに日本の流行文化を排斥する傾向にある。リスペクトするのは中国の文化だ。韓国と日本の文化に大きな影響を生んだことは紛れもない事実だから」と語っている。

 記事は、「3人の韓国人留学生の答えは、主観的な印象を覚える。日本統治時代に日本の教育を受けさせられたことについて、韓国人は屈辱だと思い続けてきたのだ。また、日本文化も韓国文化も中国文化に源を発しているゆえ、韓国人が日本文化ではなく中国文化をリスペクトするというのも自然なことだろう」と評した。(編集担当:今関忠馬)

ソース:サーチナ<韓国人は、日本の文化についてどう考えているのか=中国メディア>
http://news.searchina.net/id/1662156?page=1


3: 2018/06/28(木) 20:35:36.71 ID:0BHlnQ6b

気持ち悪い


5: 2018/06/28(木) 20:37:13.46 ID:x0E2GVWX

韓国文化っつーか朝鮮文化って何を指してるんだか


6: 2018/06/28(木) 20:37:29.99 ID:S0GtXkO8

これは中韓で意見が揃うんだね
でも欧州の人はあんまり中韓文化は好きではない印象

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | パクリ

2018年06月07日

【韓国】食品・生活用品業界でコピー横行、韓国産業全体に被害与える恐れも

1: 2018/06/06(水) 13:25:13.34 ID:CAP_USER

 「当社が先に発売した。類似商品が後から登場した」(LG生活健康)
 「当社の発売時期は後だが、真似はしていない。独自開発した商品だ」(愛敬産業)
 練り歯磨き業界1−2位のLG生活健康(シェア40%)と愛敬産業(同20%)が最近、4週間の差で発売したヒマラヤ岩塩商品をめぐり、神経戦を展開している。口腔内の健康に良いとされるヒマラヤ岩塩を配合した商品コンセプトだけでなく、パッケージデザインも酷似しているからだ。両社はどちらがどちらのコンセプトを真似たのかを社内・社外的に追跡する一方、法的紛争に備え、大手法律事務所の助言も受けている。
■練り歯磨き業界両雄に戦雲
 LG生活健康は3月7日、「ヒマラヤピンクソルト入り練り歯磨き」を発売した。それに先立ち、1月23日には食品医薬品安全処(食薬処)から許可を取得した。4週間後の4月2日、愛敬産業が「2080ピュアマウンテンソルト」を発売したことで、対立が生じた。愛敬産業は2月8日に食薬処の許可を取得した。両製品はパッケージも似ている。ヒマラヤの山並みが描かれているだけでなく、機能によって水色とピンク色の2種類があるのも同じだ。
 これについてLG生活健康は「あまりに似た商品が発売され、コンセプト企画案やパッケージデザインが流出した経緯はないか社内で調べている」と説明した。愛敬産業は「食薬処に許可申請書を提出する以前から商品コンセプトとパッケージを開発していた」と主張した。
 ただ、価格だけは異なる。練り歯磨き100グラム当たりの価格はLG生活健康が54.5ウォン(約5円60銭)、愛敬産業は21.9ウォンだ。業界関係者は「類似製品が発売された直後に攻撃合戦に陥るのは珍しい。ヒマラヤソルト入りの練り歯磨きは既にブルガリア、米国などで市販されている」と話した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2018/06/06 10:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/06/2018060600685.html


3: 2018/06/06(水) 13:26:51.32 ID:jJGO8Imo

他でパクリがないみたいな言い方だな


35: 2018/06/06(水) 14:01:27.98 ID:6oIlVO1w

>>3
どちらが先に日本製品を朴ったかが問題。先にパクった者の勝ち。


5: 2018/06/06(水) 13:28:42.10 ID:FYdP5y37

日本からパクリまくる土民がなに騒いでるんだ

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | パクリ

2018年06月06日

【韓国】「百済の微笑み」金銅観音菩薩立像、韓国への返還に向けて始動

1: 2018/06/05(火) 19:18:55.24 ID:CAP_USER

 韓国彫刻史の最高傑作で、日帝強制占領期(日本の植民地時代)に日本に搬出された百済時代の金銅観音菩薩立像が最近公開された事実が伝えられると、国立中央博物館や文化財庁など関連機関は仏像の所蔵者側との返還協議に乗り出す意向を明らかにした。

 ペ・ギドン国立中央博物館長は5日、ハンギョレとの通話インタビューで「111年前にこの仏像と一緒に忠清南道扶余(プヨ)の窺岩里(キュアムリ)から出てきた金銅観音菩薩立像が、現在国立扶余博物館にある。必ず韓国に戻され扶余博物館に収まらなければならないものだと思う」とし、「文化財庁と協力し、多角的な経路を通じて日本の所蔵者側と協議を進めていく方針」だと話した。博物館が名乗り出て返還に向けた交渉を推進するという意志を示したということだ。

 彼は「具体的な部分までは言えない」とし、「博物館は以前からこの仏像の所在と現在の状況を把握するために、相当の努力を傾けながら所蔵者側の動きも注視してきた」と伝えた。さらに「仏像の歴史的意味や価値がこの上なく大きいため、このような努力もしてきたので、国家機関が乗り出して返還されることが当然だと思う。何よりもこのような大切な遺物が永久に日本に埋もれたり、他の外国へ出ることがないようにしなければならない」と強調した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00030777-hankyoreh-kr
ハンギョレ新聞


2: 2018/06/05(火) 19:20:08.63 ID:JenkeuPt

仏像返してよ


45: 2018/06/05(火) 19:47:17.35 ID:XbTujuTt

>>2
仏像だけじゃないし、
日本の重要文化財を盗んで、韓国の国宝にしてるし!


3: 2018/06/05(火) 19:20:18.65 ID:T8DM3Tt+

盗んだ仏像返してからほざけ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | パクリ

2018年05月18日

韓国人の中には、今でもマジンガーZより『テコンV』が本家本元だと思っている者も少なくない。

1: 2018/05/17(木) 08:49:26.97 ID:dQtc7pNG0 BE:306759112-BRZ(11000)

sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
本日5月17日から韓国で公開される日本の映画が、局所的な注目を集めている。映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』だ。

「帰ってきた“マジンガーZ”…おじさんたちの思い出の旅にぴったり!」(『東亜日報』)、
「マジンガーZが帰ってきた、もう一度人類を守るために」(『中央日報』)などと韓国大手メディアが報じているように、
一部のマニアたちの間ではかなり期待されているようだ。

近年、韓国で公開された日本のアニメ映画といえば『君の名は。』の大ヒットが記憶に新しいが、
『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が韓国でどのような反応を示すか興味深いところだろう。

それにしても、なぜ韓国でマジンガーZは有名なのだろうか。

実は韓国でも1975年8月から毎週月曜日にテレビ放送されていたのだ。




まさに愛と憎しみの『マジンガーZ』。韓国における日本のロボットアニメ人気とは?(慎武宏)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180517-00085247/


2: 2018/05/17(木) 08:49:50.38 ID:dQtc7pNG0

“黒歴史”の因縁も

当時の韓国は日本の大衆文化が禁止されていた時代。そのため日本のアニメではなく、アメリカのアニメとして放映されていたとされている。

しかも、マジンガーZが韓国に与えた衝撃と影響はかなり大きかった。

韓国ではマジンガーZがアニメ放送された翌年の1976年に『ロボット テコンV』なるアニメが放送開始されているのだ。

この『ロボット テコンV』。マジンガーZとかなりソックリなことで有名だ。
韓国では盗作疑惑にさらされ、テコンVの企画段階のタイトルが「マジンガーテコン」だったことなどが明らかとなり、
韓国アニメ業界における“黒歴史”となっているほどだ。

前出の『中央日報』の記事では、「マジンガーZの影響で1976年にテコンドーと操縦型ロボットを結合した『ロボット テコンV』が誕生した」と紹介していたが、
筆者の同世代の韓国人の中には、今でも『テコンV』が本家本元だと思っている者も少なくない。

しかも、同じようなケースは、サッカー漫画でもある。例えば『キャプテン翼』だ。

もともと『キャプテン翼』は韓国で不人気で同じジャンプ漫画でも『スラムダンク』とは対照的なほどだが、
それは同じ頃にとあるサッカーアニメが韓国でヒットしていたことも無関係ではないだろう。

そのサッカーアニメのタイトルは『蹴球王シユットリ』。

ただ、実はこの『蹴球王シユットリ』も日本の漫画だったことを知らせると、多くの韓国中年男性たちが驚く。
「テコンVにも日本のアニメを参考にしている」と教えると、複雑な苦笑いを浮かべる中年男性も多いのだ。

とはいえ、マジンガーZやテコンVは、その後の韓国におけるロボットアニメ人気の基盤になっているといっても過言ではないだろう。

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | パクリ