パクリ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年06月07日

【韓国】食品・生活用品業界でコピー横行、韓国産業全体に被害与える恐れも

1: 2018/06/06(水) 13:25:13.34 ID:CAP_USER

 「当社が先に発売した。類似商品が後から登場した」(LG生活健康)
 「当社の発売時期は後だが、真似はしていない。独自開発した商品だ」(愛敬産業)
 練り歯磨き業界1−2位のLG生活健康(シェア40%)と愛敬産業(同20%)が最近、4週間の差で発売したヒマラヤ岩塩商品をめぐり、神経戦を展開している。口腔内の健康に良いとされるヒマラヤ岩塩を配合した商品コンセプトだけでなく、パッケージデザインも酷似しているからだ。両社はどちらがどちらのコンセプトを真似たのかを社内・社外的に追跡する一方、法的紛争に備え、大手法律事務所の助言も受けている。
■練り歯磨き業界両雄に戦雲
 LG生活健康は3月7日、「ヒマラヤピンクソルト入り練り歯磨き」を発売した。それに先立ち、1月23日には食品医薬品安全処(食薬処)から許可を取得した。4週間後の4月2日、愛敬産業が「2080ピュアマウンテンソルト」を発売したことで、対立が生じた。愛敬産業は2月8日に食薬処の許可を取得した。両製品はパッケージも似ている。ヒマラヤの山並みが描かれているだけでなく、機能によって水色とピンク色の2種類があるのも同じだ。
 これについてLG生活健康は「あまりに似た商品が発売され、コンセプト企画案やパッケージデザインが流出した経緯はないか社内で調べている」と説明した。愛敬産業は「食薬処に許可申請書を提出する以前から商品コンセプトとパッケージを開発していた」と主張した。
 ただ、価格だけは異なる。練り歯磨き100グラム当たりの価格はLG生活健康が54.5ウォン(約5円60銭)、愛敬産業は21.9ウォンだ。業界関係者は「類似製品が発売された直後に攻撃合戦に陥るのは珍しい。ヒマラヤソルト入りの練り歯磨きは既にブルガリア、米国などで市販されている」と話した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2018/06/06 10:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/06/2018060600685.html


3: 2018/06/06(水) 13:26:51.32 ID:jJGO8Imo

他でパクリがないみたいな言い方だな


35: 2018/06/06(水) 14:01:27.98 ID:6oIlVO1w

>>3
どちらが先に日本製品を朴ったかが問題。先にパクった者の勝ち。


5: 2018/06/06(水) 13:28:42.10 ID:FYdP5y37

日本からパクリまくる土民がなに騒いでるんだ

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | パクリ

2018年06月06日

【韓国】「百済の微笑み」金銅観音菩薩立像、韓国への返還に向けて始動

1: 2018/06/05(火) 19:18:55.24 ID:CAP_USER

 韓国彫刻史の最高傑作で、日帝強制占領期(日本の植民地時代)に日本に搬出された百済時代の金銅観音菩薩立像が最近公開された事実が伝えられると、国立中央博物館や文化財庁など関連機関は仏像の所蔵者側との返還協議に乗り出す意向を明らかにした。

 ペ・ギドン国立中央博物館長は5日、ハンギョレとの通話インタビューで「111年前にこの仏像と一緒に忠清南道扶余(プヨ)の窺岩里(キュアムリ)から出てきた金銅観音菩薩立像が、現在国立扶余博物館にある。必ず韓国に戻され扶余博物館に収まらなければならないものだと思う」とし、「文化財庁と協力し、多角的な経路を通じて日本の所蔵者側と協議を進めていく方針」だと話した。博物館が名乗り出て返還に向けた交渉を推進するという意志を示したということだ。

 彼は「具体的な部分までは言えない」とし、「博物館は以前からこの仏像の所在と現在の状況を把握するために、相当の努力を傾けながら所蔵者側の動きも注視してきた」と伝えた。さらに「仏像の歴史的意味や価値がこの上なく大きいため、このような努力もしてきたので、国家機関が乗り出して返還されることが当然だと思う。何よりもこのような大切な遺物が永久に日本に埋もれたり、他の外国へ出ることがないようにしなければならない」と強調した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00030777-hankyoreh-kr
ハンギョレ新聞


2: 2018/06/05(火) 19:20:08.63 ID:JenkeuPt

仏像返してよ


45: 2018/06/05(火) 19:47:17.35 ID:XbTujuTt

>>2
仏像だけじゃないし、
日本の重要文化財を盗んで、韓国の国宝にしてるし!


3: 2018/06/05(火) 19:20:18.65 ID:T8DM3Tt+

盗んだ仏像返してからほざけ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | パクリ

2018年05月18日

韓国人の中には、今でもマジンガーZより『テコンV』が本家本元だと思っている者も少なくない。

1: 2018/05/17(木) 08:49:26.97 ID:dQtc7pNG0 BE:306759112-BRZ(11000)

sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
本日5月17日から韓国で公開される日本の映画が、局所的な注目を集めている。映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』だ。

「帰ってきた“マジンガーZ”…おじさんたちの思い出の旅にぴったり!」(『東亜日報』)、
「マジンガーZが帰ってきた、もう一度人類を守るために」(『中央日報』)などと韓国大手メディアが報じているように、
一部のマニアたちの間ではかなり期待されているようだ。

近年、韓国で公開された日本のアニメ映画といえば『君の名は。』の大ヒットが記憶に新しいが、
『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が韓国でどのような反応を示すか興味深いところだろう。

それにしても、なぜ韓国でマジンガーZは有名なのだろうか。

実は韓国でも1975年8月から毎週月曜日にテレビ放送されていたのだ。




まさに愛と憎しみの『マジンガーZ』。韓国における日本のロボットアニメ人気とは?(慎武宏)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180517-00085247/


2: 2018/05/17(木) 08:49:50.38 ID:dQtc7pNG0

“黒歴史”の因縁も

当時の韓国は日本の大衆文化が禁止されていた時代。そのため日本のアニメではなく、アメリカのアニメとして放映されていたとされている。

しかも、マジンガーZが韓国に与えた衝撃と影響はかなり大きかった。

韓国ではマジンガーZがアニメ放送された翌年の1976年に『ロボット テコンV』なるアニメが放送開始されているのだ。

この『ロボット テコンV』。マジンガーZとかなりソックリなことで有名だ。
韓国では盗作疑惑にさらされ、テコンVの企画段階のタイトルが「マジンガーテコン」だったことなどが明らかとなり、
韓国アニメ業界における“黒歴史”となっているほどだ。

前出の『中央日報』の記事では、「マジンガーZの影響で1976年にテコンドーと操縦型ロボットを結合した『ロボット テコンV』が誕生した」と紹介していたが、
筆者の同世代の韓国人の中には、今でも『テコンV』が本家本元だと思っている者も少なくない。

しかも、同じようなケースは、サッカー漫画でもある。例えば『キャプテン翼』だ。

もともと『キャプテン翼』は韓国で不人気で同じジャンプ漫画でも『スラムダンク』とは対照的なほどだが、
それは同じ頃にとあるサッカーアニメが韓国でヒットしていたことも無関係ではないだろう。

そのサッカーアニメのタイトルは『蹴球王シユットリ』。

ただ、実はこの『蹴球王シユットリ』も日本の漫画だったことを知らせると、多くの韓国中年男性たちが驚く。
「テコンVにも日本のアニメを参考にしている」と教えると、複雑な苦笑いを浮かべる中年男性も多いのだ。

とはいえ、マジンガーZやテコンVは、その後の韓国におけるロボットアニメ人気の基盤になっているといっても過言ではないだろう。

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | パクリ

2018年04月20日

【朝鮮日報】 日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの「二つの顔」 〜自分たちの行為は『参考』、他社の行為は『パクリ』

1: 2018/04/18(水) 22:19:02.63 ID:CAP_USER

(朝鮮日報日本語版) 日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの「二つの顔」

今月5日に新製品のアイスクリーム「スーパーコーン」を発売した韓国の食品メーカー、ピングレに「パクリ疑惑」が持ち上がっています。「スーパーコーン」はピングレが100億ウォン(約10億円)を投じて4年間かけて作った製品です。

この「野心作」をめぐり、日本のグリコのアイス「ジャイアントコーン」とデザインやパッケージがそっくりだとの指摘が出ているのです。ジャイアントコーンは江崎グリコが1963年に発売したアイスで、国民のコーンアイスとも言うべき有名な商品です。

パクリ騒動が拡大すると、ピングレは「昔のピングレのコーンアイス製品のパッケージを参考にしただけで、パクリではない」とコメントを発表しました。しかし、問題になったパッケージのデザイン変更を検討するなど、騒動拡大を防ぐために問題をうやむやにしようという雰囲気です。

ピングレのパクリ騒動は今回が初めてではありません。2013年にオンエアされたたい焼き型アイスのCMは、コカ・コーラ社の2009年のCMにコンセプトが酷似しているとして物議を醸しました。また、ピングレは07年に発売した牛乳が、南陽乳業の「おいしい牛乳GT」のデザインとコンセプトにそっくりだとして提訴され、法廷闘争の末に生産を中止した「前科」もあります。

ピングレはこれまで、自社製品をまねた企業に対しては厳しい対応を取ってきたことで有名です。16年にある中小企業がピングレの代表製品「バナナ味牛乳」のパッケージにそっくりなゼリー製品を作ると、裁判に持ち込んで販売を中止させました。このときピングレは「ピングレのブランド資産を侵害するいかなる行為に対しても、断固として対応する」と明言しました。

日本の江崎グリコ側も、今回のパクリ疑惑について認識しているといいます。ある日本メディアは今回のパクリ疑惑について「日本にいいものがあれば、とりあえず取り入れて使う」というのが韓国人の発想」と報じました。「自分たちの行為は『参考』、他社の行為は『パクリ』」という態度が、国に恥をかかせているのです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00003163-chosun-kr


4: 2018/04/18(水) 22:22:53.46 ID:BYO/ug9e

 ,;:⌒:;,
8(・ω・)8 こいつらには知的財産権とかの概念がないんだろうな


8: 2018/04/18(水) 22:25:51.63 ID:39dea639

>>4
そりゃあ何一つ覚えていられない民族だからな

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | パクリ

2018年04月18日

韓国、今度は「ジャイアントコーン」丸パクリ 高月靖氏「『日本にいいものがあるなら持ってきちゃえ』という発想」

1: 2018/04/17(火) 20:14:34.52 ID:CAP_USER

4/16(月) 16:56配信 夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000011-ykf-int

 韓国の食品メーカーが今月販売を始めたアイスクリームの新製品が、
日本の江崎グリコの「ジャイアントコーン」のパクリではないかと批判が巻き起こっている。
韓国では日本の菓子の模倣品がたびたび市場に出回ってきた。現地事情に詳しい識者は
「拙速に結論を出そうとする文化がパクリを繰り返すことにつながっているのではないか」と分析する。

 ジャイアントコーンのCMに出演する女優の綾瀬はるか(33)も「スーパーコーン」の存在を知れば、目を丸くするに違いない。

 今月5日に発売した韓国の食品メーカー、ピングレは広告で「100億ウォン(約10億円)を投じて
4年間かけて作った世界に類のないアイスクリーム」「試作品だけで2000万個作った」とぶち上げていた。

 ところがこの商品、円錐(えんすい)形のコーンにアイスが詰められ、トップにはチョコをコーティングという特徴はもとより、
パッケージに書かれたロゴの位置やデザイン、包装紙の色までジャイアントコーンにそっくり…というかそのまんまなのだ。

 韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏によると「これまでも韓国ではカルビーの『かっぱえびせん』、
明治の『きのこの山』、森永製菓の『おっとっと』などの類似品が出回ってきた」というが、
スーパーコーンについて「ここまで露骨にマネをした商品は最近見かけたことがない」と驚きを隠さない。

 パクリが横行する背景について「韓国では、こつこつとモノを生み出す文化は長年尊ばれることなく、
すでにあるものを持ってくる人間が評価されてきた。『日本にいいものがあるなら持ってきちゃえ』という発想だ」と高月氏は分析する。

 ただ、そんな傾向も多少は変わりつつあるようで、ネット上では発売直後から「味からデザインまで丸パクリ」
「製品名が違うだけ」「パクるのに4年がかりで100億ウォンも使ったのか」と辛辣(しんらつ)なコメントであふれている。

 韓国経済新聞によると、ピングレは「1980年代に発売した『ハリケーンコーン』のアップグレード版」などと釈明したが、
批判を受けてパッケージの修正を検討しているという。

 江崎グリコの担当者を直撃すると、事実関係について「承知している」とした上で、「本件にかかわらず、
当社商品の独自性を模倣するようなものがあれば、内容を精査の上、適正に対処する」とのことだった。


17: 2018/04/17(火) 20:22:22.10 ID:cR9+szbK

参考画像
no title


2: 2018/04/17(火) 20:16:23.67 ID:d+DuSxkN

恨という意味不明な文化はあるが、
恥という概念の無い国、それが韓国。


54: 2018/04/17(火) 20:32:19.61 ID:MBtS7apx

>>2
「恥をかく」という概念は無いが、「恥をかかされる」という概念は在る。


3: 2018/04/17(火) 20:16:45.94 ID:pA6oCKy4

あいつらリスペクトしねぇからな
嘘ついて自分が考えましたっていうから嫌われる
そして相手が逃げるまで言い続ける
気持ち悪い

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | パクリ

2018年04月12日

【パクリ】 日本製品パクリ議論…韓国企業「パッケージ変更を検討」

1: 2018/04/11(水) 09:13:04.84 ID:CAP_USER

韓国ピングレ「スーパーコーン」(左)、日本グリコ「ジャイアントコーン」
no title


ピングレが5日に発売したアイスクリーム新製品「スーパーコーン」2種がパクリ議論に包まれた。日本製品を模倣したのではないかとの消費者の指摘が相次ぎ、会社側はパッケージのリニューアルを積極的に検討することにした。

ピングレはスーパーコーン2種を出し「4年間に100億ウォンを投資して作った『この世になかったアイスクリーム』」と広告を出した。

だが消費者は日本のグリコの長寿製品である「ジャイアントコーン」と似ているとしてパクリ疑惑を提起した。模倣対象とされたグリコのジャイアントコーンは1963年に発売された長寿製品だ。

グリコは2013年にジャイアントコーン発売50周年を記念してバニラアイスを基本としたチョコナッツ味、チョコトッピングをのせたクッキー&チョコレート味など4種のリニューアル新製品を発表した。

消費者はスーパーコーンがジャイアントコーンとデザイン包装などがほとんど同じだと主張する。実際に両製品とも回してむく既存のアイスクリムコーンのパッケージではなく三角形の包装でふたを開ける方式だ。製品名が書かれた位置や文字のデザイン、青と赤で作られた包装紙の色まで似ている。

こうしたパクリ議論に対しピングレは製品を模倣したものではないと釈明している。

ピングレ関係者は「1980年代にハリケーンコーンという製品を出し三角形のふたを使ったことがある。スーパーコーンは当時のデザインを改善して用いたもの」と話した。この関係者は「模倣したものではないが、消費者が類似していると感じ苦情を出しているだけに外観上議論の余地があるパッケージ修正を検討している」と話した。

製菓業界のパクリ議論は今回が初めてではない。1983年に発売されたロッテ製菓「ペペロ」は1966年に日本のグリコが発売した「ポッキー」をパクったという評価を受けたことがある。

オリオンが8年間かけて開発し昨年発売した「コブクチップ」もやはり日本の「サクサクコーン」「エアリアル」などと味と形が似ているという議論が続いている。

オリオンが今年初めに発売した「マーケットオー生チョコレート」も日本の生チョコレートブランド「ロイズ」のパッケージデザインや味などがほとんど似ているという主張が出ている。


2018年04月11日08時58分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/448/240448.html?servcode=300&sectcode=320


2: 2018/04/11(水) 09:14:08.74 ID:dKK1FMPv

>>1
南朝鮮に、パクリ以外の物ってあるの?


11: 2018/04/11(水) 09:17:23.13 ID:f+QiBvev

>>2
トンスルはウリナラオリジナルにだ


4: 2018/04/11(水) 09:15:26.28 ID:rYsYG6IL

何を今更w

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パクリ

2018年03月29日

日本代表も惚れた、大韓民国「イチゴ独立」成功記

1: 2018/03/28(水) 10:15:19.42 ID:CAP_USER

2018年03月28日08時58分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

論山イチゴ試験場の研究員が雪香や梅香など韓国産イチゴを収穫している。左からイ・インハ、キム・ヒョンスク、ナム・ミョンヒョン研究士、キム・テイル場長、イ・ヒチョル研究士。

2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪期間にカーリング日本代表チーム選手が韓国産イチゴの味に感嘆したという報道が出てきた。すると日本の斎藤健農林水産相が「韓国産イチゴは日本から流出した品種を基に交配されたもの」と鋭敏な反応を見せたりもした。

農村経済研究院などによると、韓国のイチゴ市場で国産イチゴ品種が占める割合は2017年基準で93.4%だ。品種別では雪香(ソルヒャン)が83.6%、梅香(メヒャン)が3.3%、竹香(チュクヒャン)が5%、サンタが1.5%などだ。外国品種は日本の章姫が4.8%、レッドパールが1.0%などだ。

韓国産品種の割合は2002年の1.4%から15年間で66.7倍に増えた。2000年代半ばまで韓国のイチゴ畑の90%以上はレッドパールや章姫など日本品種が占めた。

韓国産イチゴ品種が全国に普及したのは1994年に忠清南道論山市(チュンチョンナムド・ノンサンシ)に開設された忠南農業技術院傘下の論山イチゴ試験場があったために可能だった。イチゴ試験場の職員は研究員4人を含む6人だ。

22日に試験場を訪れた。ここには品種改良用のイチゴを専門に育てるビニールハウス33棟(1万1838平方メートル)がある。

研究員は世界のイチゴ170品種を収集し品種開発作業をしている。品種別に花粉を採取して交配する方法で1年間に特性がそれぞれ異なる1万5000個ほどの個体を作り出す。

この個体は再び6カ月間育て、生育状態が良い100個ほどだけ残しすべて淘汰させる。キム・テイル試験場長は「花粉で交配するとイチゴの個体はすべて違った性質になる。これらの個体を育て優秀品種だけ選び出す作業」と話した。農家での試験栽培過程まで経ると新しい品種が出てくるのに6〜7年がかかる。

試験場ではこれまで▽梅香(2002年)▽晩香(マンヒャン、2003年)▽雪香・錦香(クムヒャン、2005年)▽キングズベリー(2016年)▽サニーベリー、ドゥリヒャン(2017)などを含め9種類の韓国産イチゴ品種を開発した。韓国産品種開発過程にはレッドパールなど日本の品種が主に使用された。イチゴ試験場関係者は「韓国産代表品種である雪香はレッドパールと章姫を交配して開発したもの。このため日本の農林水産相が鋭敏な反応を見せたようだ」とした。

韓国で日本のイチゴ品種が本格普及したのは日帝強占期からだと伝えられている。

主に育苗業者などが買い農家に広めた。日本とのイチゴ品種問題は2002年に韓国が植物新品種保護国際同盟(UPOV)に加盟して大きくなった。UPOV加盟国は品種保護権を設定し、これに伴い他国の品種を使うにはロイヤルティーを支払わなければならない。

だが韓国産品種の代表である雪香が登場してロイヤルティー問題が解決された。雪香は糖度が10.4%と日本品種と似ているが、実が多く付き病虫害にも強い。肥料に副作用もほとんどなく、「だれでも苗木を地面に差せば良く育つ」と言われるほどだ。全国のイチゴ栽培面積は2017年基準5907ヘクタールで、忠清南道が21.1%を占めている。

http://japanese.joins.com/article/015/240015.html?servcode=300&sectcode=300


2: 2018/03/28(水) 10:15:51.82 ID:KTcN/jnh

盗品の正当化


3: 2018/03/28(水) 10:16:37.56 ID:AHiLVkW0

いや、こいつら1980年代までイチゴなんて存在も知らなかっただろw


5: 2018/03/28(水) 10:17:01.46 ID:f6YEXvAp

×惚れた
○疲れた

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パクリ