捏造歴史 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年09月11日

【黒田勝弘のから(韓)くに便り】 日韓を独仏に見立てる快感〜歴史的事実無視の「対日戦勝史観」

1: 2018/09/10(月) 00:38:43.73 ID:CAP_USER

no title

▲8月15日、「光復節」式典で演説する韓国の文在寅大統領=ソウル(共同)

 1970年代以来の韓国との長い付き合いの中で主な関心の一つになってきたのは「韓国人の歴史観」だが、いまなおこのテーマは飽きない。最近も韓国メディアにこんな“歴史観”が堂々と書かれていて、うれしくなったりあきれたりで興味をそそられた。

 韓国を代表する新聞、東亜日報のパリ特派員がフランス北部のノルマンディーにある「カン平和記念博物館」を訪れた話をルポ風に書いた論評(5日付)がそれで、まず冒頭にこう書いてあった。「フランスとドイツの歴史的背景は韓国・日本とよく比較される。フランスと韓国は第二次大戦当時、ドイツと日本に占領された痛みがあるからだ」

 歴史的に日韓の関係はフランスとドイツの関係に似ているという言説は韓国(だけ)でよく語られるのだが、多くの日本人は「ええっ?」と思う。韓国人のこの“誤解”の背景には、過去の日本による支配・統治を条約による(合意の)併合ではなく「強占」つまり「強制的な占領」とし、われわれはそれと戦って解放を勝ち取ったのだという独特の歴史観がある。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、日本統治からの解放73年に当たる8月15日の「光復節」演説で「(日本からの)解放は決して外から与えられたものではありません」と述べ、解放は日本と戦って自力で勝ち取ったと強調していた。

 しかし事実としての歴史は、韓国は近代化の過程で日本に併合・統治され、戦時中は日本の一部として連合国を相手に戦い、最後は日本が敗戦したため日本支配から解放された−というものだ。ところが韓国では近年、日本の支配と戦ったという独立運動が過剰(?)に強調され、いわば“対日戦勝史観”が幅を利かせている。

 独仏関係との比較論に戻れば、フランスはドイツによっていわゆる植民地にされたことなどなく、ドイツの占領・支配によってフランスに近代化がもたらされたわけでもない。したがって韓国をフランスと同列に考えることなどどだい無理なのに、韓国は対日戦勝史観のせいで自らを連合国側のフランスに位置付けたがる。

 くだんのパリ特派員によると、博物館にはドイツの国旗も掲げられ、ドイツ語のガイドもあり、展示内容は「感情的に(ドイツに対する)怒りを誘うような刺激的なものはなかった」という。そして「フランスのこうした歴史に対する淡々とした姿勢はドイツの徹底した反省があったからだ」とし、論評の後半はそのドイツに比べると日本はいまだ何も反省していないという、事実無視のお決まりの日本批判だ。

 フランスが淡々としているのはおそらく連合国の一員として対独戦勝国だったからだが、韓国人の歴史観は自らをフランスになぞらえながらも、日本に対してはいまなお感情抜きの淡々とした姿勢を取れないでいる。

 これは、韓国がフランスの対独関係のように日本と戦って勝ったわけではなく、その鬱憤(うっぷん)が今も続いているためとみた方がいい。歴史的事実抜きで自らを安易(?)にフランスに見立て、ドイツに学べとばかり日本非難に熱を上げる論評の心理は痛みより快感という感じだ。

  (ソウル駐在客員論説委員)

ソース:産経ニュース【黒田勝弘のから(韓)くに便り】日韓を独仏に見立てる快感
https://www.sankei.com/column/news/180909/clm1809090005-n1.html


3: 2018/09/10(月) 00:44:14.99 ID:o2ktroC+

>歴史的事実抜きで自らを安易(?)にフランスに見立て、ドイツに学べとばかり日本非難に熱を上げる論評の心理は痛みより快感という感じだ。
絶頂感すらあるよな


4: 2018/09/10(月) 00:45:57.79 ID:ZJcPGYa+

>>3
絶対オナってますね


9: 2018/09/10(月) 00:49:45.87 ID:1LeYydru

>>3
サイコパスだね

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 捏造歴史

【韓国】日本による鉄道敷設の過程で韓国は多くの労働力と土地を収奪された

1: 2018/09/09(日) 09:27:19.51 ID:CAP_USER

日本、北京、果ては欧州ともつながっていた国際交通都市・京城
「日帝による鉄道敷設は開発にして収奪」
「当時は釜山発京城行きが下り線だった」

日本、北京、果ては欧州ともつながっていた国際交通都市・京城

 「20世紀前半、ソウル(京城)は東アジア鉄道ネットワークのハブ(中心地)だった。日本列島−韓半島(朝鮮半島)−満州−ユーラシア大陸を最短距離で連結するための鉄道が韓半島を貫通した。近代のソウルは鉄道が作った都市にほかならなかったが、鉄道の歴史はすなわち収奪された韓国人の血史でもあった」

 東北アジア歴史財団の理事長も務めた歴史学者の鄭在貞(チョン・ジェジョン)ソウル市立大学名誉教授(67)が、新たな歴史書『鉄道と近代ソウル』(国学資料院刊)を出版した。5年にわたり韓国と日本の資料およそ1000点を集めて研究した成果で、600ページにもなる。

 1979年に鄭教授が日本留学へ出掛けた際、日本の歴史学界では植民地支配を美化し、「日本が韓国に鉄道を敷いてやったではないか」
という見方が広く存在していた。「実にとんでもないことだった。鉄道敷設の過程で韓国がどれほど多くの労働力と土地を収奪されたか…」。その後、近現代史全般を幅広く研究した鄭教授は、単行本『日帝侵略と韓国鉄道 1894−1945』(1999)など鉄道史研究にも関心を持ち続けた。

 今回の著書で鄭教授は、ソウルを中心に近代鉄道の歴史を振り返っている。ソウルは京仁線、京釜線、京義線、京元線、京春線、京慶線(中央線)など、「京」の字が付く韓国の幹線鉄道網の始発点にして終着点だった。さらに、北東アジアの直通国際列車が奉天(現在の瀋陽)を経て北京へ、ハルビンとシベリア鉄道を経て欧州につながる、四方八方とつながった国際交通都市でもあった。「日本の下関からユーラシア大陸の反対側にあるエストニアのタリンまで行く、1940年に発行された乗車券の写真がある。その路線は当然、ソウルを経由しなければならなかった。ソウルで、パリやモスクワまで行く列車の時刻表を買うことができた」

 鄭教授は「鉄道は、一言でいえば利器であると同時に凶器だった」と語った。1899年から1945年までの間、日本は総延長6400キロに及ぶ鉄道を韓半島に敷設し、その鉄道網を通して支配力を強化・拡大し、物資を持ち去った。「徹底して日本帝国主義の利益のために作られた鉄道路線は、『侵略』と『開発』、『収奪』と『近代』という両方の属性を併せ持っていた」という。

 鉄道は、ソウル市民が近代文物を受け入れるルートでもあった。「1日を12の単位に分けていた時間概念は、汽車に乗り遅れることのないよう分・秒単位に変わらなければならず、また汽車は老若男女が同じ空間に混在する、社会的に開放された場所だった」。独立運動でも大きな役割を果たしたのが鉄道だった。三・一運動は、鉄道路線を介して朝鮮全土に広がっていった。一方、同じ料金を払っても日本人より一等級下の扱いを受けるという、差別と抑圧の空間でもあった。植民地時代にあっては、釜山から京城(現在のソウル)に向かう路線が「下り」だったが、これは「帝国の首都たる東京から植民地の京城に下っていくルート」という意味だった。

 あまり知られていない話も多い。大日本帝国は、鉄道を敷きやすい地形を選んで京釜線のルートを決めたため、ソウル−大田間では慶尚道・全羅道に向かう交通量が合わさり、ボトルネック現象が起きた。この問題は現在まで続いている。鄭教授は「南北の鉄道連結、そして1940年代に既にシステムを備えていた東アジア鉄道網の回復は、政治的利害関係とは関係なく将来必ず行われるべきこと」と語った。鉄道によって連結されたとき、ソウルは東アジアの拠点都市として真価を発揮したが、その鉄路に血のにじむ歴史があったという事実も忘れてはならないと言う。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/07/2018090701782_1.html


3: 2018/09/09(日) 09:29:12.59 ID:roYE89Z8

>>1
鉄道爆破して作り直したら?


11: 2018/09/09(日) 09:32:28.63 ID:y2f15Wzz

朝鮮だけでは不可能だった鉄道網が日本の力で完成した事実以外のことは歴史的な価値がない


12: 2018/09/09(日) 09:32:35.78 ID:5g22nf3N

改善もしないで混雑も日本人のせいにするのかよ
もう戦後73年だぞ。何やってたの?

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 捏造歴史

2018年09月09日

【VANK】「日本の歴史歪曲が腹立たしい」〜青少年、韓国を正しく知らせます

1: 2018/09/08(土) 20:23:07.71 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ 独島を自国領と主張するなど日本の歴史歪曲が続き、韓国の青少年が韓国を正しく知らせる事に乗り出した。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

■ VANK、『歴史外交大使』の募集に集まり・・・445人今日、結団式
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[ヘラルド経済] 日本の止まらない歴史歪曲に対し、青少年が韓国正しく知らせる事に乗り出す。

サイバー外交使節団パンク(VANK)は独島(トクド)、東海(トンヘ)、日本の歴史歪曲に対応するために募集した『第23期グローバル歴史外交大使』に多くの青少年が申請して、445人が8日ソウル市庁8階の多目的ホールで行われた結団式と教育に参加したと明らかにした。

パンク(VANK)の朴起台(パク・キテ)団長は、「当初100人を選抜する計画だったが “独島を自己地” と言い張り防衛白書に14年間載せるなど、日本の挑発と歴史歪曲に憤怒した全国の青少年の問い合わせが殺到して、審査を経て4倍を超える “予備歴史外交大使” を選んだ」と説明した。

朴団長は、「今回のグローバル歴史外交大使に団体創立以来、最も多い人員が参加した」と明らかにした。

青少年は志願動機として、「ますます深刻化する日本の歴史歪曲と強弁に怒りを感じた」、「これを正すためにパンク(VANK)のドアを叩いた」などと明らかにしている。

23期志望生のカン・ゴンウ君(民族史観高等学校)は、「独島、東海に対する日本の措置や対応を見て常に怒りを感じていた。先進国と呼ばれる日本が果たしてあのような行動がとれるのか疑問だった」とし、「特に独島を自己地と全ての教科書に表記するという教育政策を見て、怒りを通り越して悲しかった」と志願動機を明らかにした。

仁川(インチョン)チョウン高校のカン・イジェさんは、「海外居住の外国人は独島を日本の領土と思っているケースが多い。このままでは後日、独島を日本に本当に奪われるのではないかと思い、独島を通り越して韓国の文化も強奪して行くかも知れないと思い、パンク(VANK)の活動に参加するようになった」と説明した。

海雲台(ヘウンデ)の中学校の在校生イ・ドンウク君は、「日本は独島が自国領土という政府の主張だけではなく、教科書にも表示して国民に間違った考えを植えつけている。たまに地図に “タケシマ(竹島)” と表示されているのを見ただけで息苦しくて火が起こる(腹が立つ)」と“し、「特に今回のアジア大会の南北統一旗から独島を消させた事は、到底理解する事ができない事だった」と打ち明けた。

これらは今後1ヶ月間、全世界の教科書とポータルサイトなどで韓国関連の誤謬(間違い)を見つけて改め、『パンク(VANK)=テロリスト』と歪曲して自国民と世界に知らせる日本の右翼ネチズンに対応する活動を繰り広げる。

ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001438878


2: 2018/09/08(土) 20:24:21.37 ID:G88KZEGB

※火病です


3: 2018/09/08(土) 20:24:22.94 ID:L9xYHWXG

証拠はないニダ ウリが証拠ニダ!


4: 2018/09/08(土) 20:24:32.90 ID:MU0eQYFV

ハーグで会いましょう

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 捏造歴史

2018年09月06日

【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作

1: 2018/09/05(水) 18:47:33.38 ID:CAP_USER

>>0�動画)韓国の宝1 - 韓国の古代国家古朝鮮と高句麗の宝物
https://www.youtube.com/watch?v=9famXOf45uk



【ソウル聯合ニュース】

インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKは5日、韓国の悠久の歴史と輝かしい文化を紹介するPR映像をシリーズで制作し、交流サイト(SNS)を通じて世界に広めていくと明らかにした。

VANKは「韓国の宝」シリーズの第1弾として、「古代国家・古朝鮮と高句麗の宝」編を4日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載した。

近く英語字幕付きの映像も掲載し、フェイスブックなどのSNSで拡散させる。韓国語の映像は各国のハングル学校や韓国語専攻を開設する大学、外国のK―POPファンなどを広報の対象とする。

第1弾の映像では、韓国に多い支石墓や、今年2月の平昌冬季五輪開会式に登場した人面鳥などを扱った。高句麗時代の壁画に描かれた人面鳥は、百済、新羅、朝鮮の文化財にも登場すると紹介している。


2018/09/05 17:03
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/09/05/0800000000AJP20180905003300882.HTML


3: 2018/09/05(水) 18:50:38.30 ID:KgSiYpkX

中国に従属していた歴史晒すとはマゾかよ


4: 2018/09/05(水) 18:50:50.64 ID:/7bxuCmW

試し腹は?


6: 2018/09/05(水) 18:51:03.01 ID:fQXP6Cqe

嘘も千回言えば本当になるニダ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 捏造歴史

2018年09月02日

【韓国】韓国人の頭のサイズ、光復後に大きくなった

1: 2018/09/01(土) 06:41:05.12 ID:CAP_USER

光復を前後にして、韓国人の頭のサイズと顔立ちが激変した事が判明した。

高麗(コリョ)大学校医科大学(学長=イ・ホンシク)のユ・イムジュ解剖学教室教授は、1930年代に生まれた韓国人よりも1970年代に生まれた韓国人の方が頭蓋腔の体積が約90ml大きく、同時に頭の形が変わったという研究結果を発表した。

研究陣は、磁気共鳴画像(MRI)で1930年代と1970年代に生まれた韓国人115人の頭を撮影して、3次元映像で再構成して研究した結果、このような変化を確認したと明らかにした。

研究結果によれば、光復後に社会経済的安定を求めた1970年に生まれた韓国人の頭の骨の内側、すなわち頭蓋腔の体積が光復前の1930年代に生まれた韓国人と比べて約90ml大きくなり、頭蓋骨の形態も男は頭骨の高さと幅、長さが全て大きくなり、女も高さと幅が大きくなった事が判明した。

西欧社会でも産業革命以降の産業化、都市化が急激に進み、1〜2世紀にわたって頭の骨の形態学的変化が伴う事があり、国内では光復を前後に40年という短期間中このような変化が現れたのである。

これは1930年代、日帝強占期に生まれた韓国人が社会的に抑圧されていたのはもちろん、経済的困難による栄養不足などによって成長の発達が遅れた一方、社会的、経済的安定を求めた1970年代の韓国人は、成長に必要な適切な栄養が供給できていたという事を示唆している。

研究責任者のユ・イムジュ教授は、「頭蓋腔の体積と頭の骨で脳のサイズを測れるため、自然人類学だけではなく脳科学、進化人類学分野でも重要な指標とされており、今回の研究結果を通じて同じ韓国人でも地理的、環境的な原因だけではなく社会、経済的な変化によって頭サイズと顔立ちが変化する事を証明した」と強調して、「1970年代は社会が安定して経済成長が始まり、適正な栄養が供給され、韓国人の身体的変化も同時に起きたと見られる」と付け加えた。

今回の研究は教育省BK21プラス事業の支援で遂行され、100年の伝統がある国際学術誌の最新号に『Changes in intracranial volume and cranial shape in modern Koreans over four decades』のタイトルで掲載された。この学術誌はクラリベイト・アナリティクス発刊するSocial Science Citation Index(SSCI)で人類学分野の国際学術誌のリスト中、上位8.8%を占めている著名な学術誌である。

ソース:月刊 癌(韓国語)
http://www.cancerline.co.kr/html/19814.html


2: 2018/09/01(土) 06:41:45.37 ID:8aJf5wZk

火病との関連性について


4: 2018/09/01(土) 06:43:07.56 ID:TAHfdpae

つまり、日韓併合のころの韓国人の頭蓋容積は北京原人くらいだった?


7: 2018/09/01(土) 06:44:32.00 ID:WujI3TS7

>>4
併合前はウニだったんだと

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 捏造歴史

2018年08月29日

【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」〜檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲

1: 2018/08/28(火) 22:09:05.58 ID:CAP_USER

週末を利用して家族と山清東医宝鑑村を行った。王が上がったという王山(ワンサン)幹に多様な造形物が造成されていたが、その中で熊と虎の造形物が目に映った。「ニンニクとヨモギという薬草を最初に摂取した動物として韓医薬が私たち民族の誕生と共にしてきた歴史性を代弁することで、これもまた世界最大の雄壮な造形物だ」と説明されていた。

特に三部からなる壁画には洞窟の中に熊と虎が暮らし、熊はニンニクを食べ虎は我慢できずに逃げる絵のそばに熊が人(熊女)に変わる姿があり、そのそばに神檀樹の下で子供を抱いて祈る熊女の絵を大きく描いていた。

私たちの先祖は熊がニンニクを食べて人間になったというあまりにも非科学的な形で大韓民国のアイデンティティを抹殺する呆れ返った檀君神話の歪曲場面だ。

三国遺事の「時有一熊一虎同穴而居常祈于神雄願化為人」という文章を植民史家らが「おりしも熊一匹と虎一匹がいて同じ穴で暮らしながら神雄(シンウン)に人に変えてくれと常に祈った」と間違って解釈したものを今もそのように信じている。

「一熊一虎」は一匹の熊と一匹の虎を示すものではなく、熊部族と虎部族がいたという意味だ。そして「同穴而居」は熊と虎が同じ洞窟で暮らしていたのではなく、雄を崇める部族と虎を崇める二つの部族が一緒に暮らしていたという意味だ。

今でもロシア、日本、世界のいろいろな所に熊を崇める部族が残っている。現在の私たちの生活の中にも動物を形象化して象徴するこの様な風俗は受け継がれており、プロ野球10チームの象徴は全部動物だ。慶南(キョンナム)を本拠とするNCダイノースは恐竜だ。ベトナム戦に参戦した猛虎、青龍、鳩部隊を虎、龍、鳩が参戦したと主張することと何が違うのか?国際奉仕団体ライオンズ・クラブは獅子(ライオン)ではなく人々が集まった団体だ。

開国以来、朝鮮末に至るまで檀君は私たちの国祖であり、私たちは檀君の子孫だった。ところが日帝強制占領期間35年をたどりながら日帝は韓民族の悠久な歴史を日本の歴史より短くしようと植民史学者らを利用して偉大な檀君の歴史を神話に変えたのを70年過ぎた今もそのまま信じている大人たちが残念だ。

代表的な植民史学者イ・ビョンドは死ぬときに檀君は神話ではなく実在の人物だと懺悔した。最後の朝鮮総督、阿部信之は次の通り予言した。「私たちは敗れたが、朝鮮が勝利したのではない。大言壮語したところで、朝鮮民が正気に戻って絢爛として偉大だった過去の朝鮮の栄光を取り戻そうとするなら100年という歳月がかかるだろう。私たち日本は朝鮮民に銃と大砲より恐ろしい植民教育を植えておいた。結局は互いに仲違いして奴隷生活を送るだろう。見よ!実に朝鮮は偉大だったし絢爛としていたが、現在の朝鮮は結局、植民教育の奴隷に転落するだろう。そして私・阿部信之は再び戻ってくる。」

今、学生たちが習う歴史の本には熊と虎を崇める部族となっている。山清郡(サンチョングン)は植民史観から目覚めて大陸を支配した偉大な古朝鮮の歴史を土台に東医宝鑑村を訪れる内外の観光客に韓民族の偉大だった精気神先導文化や弘益(ホンイク)人間、梨花(イファ)世界の地球人精神を知らせる造形物を建設し精神指導国・大韓民国の広報を望む。

キム・スゴン/密陽東明高等学校教師
http://ph.idomin.com/news/photo/201808/574521_439022_5316.jpg

ソース:慶南(キョンナム)道民日報(韓国語) [発言台]檀君「神話」は日帝が「歴史」歪曲したこと
http://www.idomin.com/?mod=news&act=articleView&idxno=574521

関連スレ:【韓国】 「教科書の韓国史は中国史か日本史だ」〜檀君を神話とし歴史空間を韓半島に限定するなど植民史観に基づく[09/05] [転載禁止](c)2ch.net
https://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1441459157/


2: 2018/08/28(火) 22:09:26.57 ID:U0wqt1ef

それも日帝のせいなのかよw


3: 2018/08/28(火) 22:10:31.02 ID:5qI4U29r

君らはウニが人間になったんじゃないか
ああ、まだ人間にはなってないのかw


4: 2018/08/28(火) 22:10:33.76 ID:tGm+YXTf

でも

人間がゴキブリになることは

朝鮮人が証明してるよな

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 捏造歴史

2018年08月19日

【韓国】 73年前の今日、戦勝国の仲間入りをするため韓国に帰ってきた光復軍、汝矣島で再現

1: 2018/08/18(土) 15:15:23.47 ID:CAP_USER

no title

no title

▲メディアファサードによる汝矣島公園のC-47機
no title

▲光復軍の少年役を担ったシム・ヒョンソ君
no title

▲日本軍が降参酒を注いぐパフォーマンス
no title

▲C-47機からおりて帰国するキム・グ先生

73年前の今日1945年8月18日。韓国光復軍挺進隊員、イ・ポムソク、キム・ジュンニョプ、ノ・ヌンソ、チャン・ジュナが汝矣島(ヨイド)飛行場(現汝矣島公園)に着陸したC-47輸送機から飛び降りた。戦勝国の仲間入りをするため、激しい戦闘を計画したからだった。

日王降参後も韓半島の日本軍は「まだ武装解除命令を受けていない」として持ちこたえた。彼らと対立した光復軍は米国OSS部隊(米CIAの前身)の引き止めで引き返さなければならなかった。到着24時間も過ぎない19日の明け方だった。

彼らは光復軍の名前で最初で最後に祖国に到着した4名になった。光復軍初の祖国帰還日を記念して去る17日夜、汝矣島公園ではC-47機胴体をスクリーンとみなして独立運動の一線を引く事件に光を当てたメディアファサード映像ショー「ある少年光復軍の飛行」が開かれた。

ソウル市は2015年から光復軍挺進隊が着陸した地点に実際C-47機を設置し展示館として使っている。今のところ国内唯一の大韓民国臨時政府記念館だ。久しぶりに涼しくて散歩に出た市民が集まった中、光復軍の帽子をかぶった一人の少年がC-47機の中に歩いて入り、アニメ上映が始まった。主人公の少年の顔は数百人の日本軍に対抗したキム・サンオク義士の顔を土台に作った。

少年を乗せた飛行機が時間を越えて到着したところは日帝強制支配期。少年は青山里戦闘現場で日本軍と戦い、ユン・ボンギル義士になって壇上に爆弾を投げる。安重根義士に変わって伊藤博文を狙撃したりもする。日本軍に捕まる危機にひんした少年をした飛行機が飛んできて乗せ、ゆうゆうと脱出する。時間旅行を終えて帰ってきた少年はC-47機のドアの前で名前を呼ぶ。

「キム・グ先生!キム・ギュシク先生!イ・シヨン先生!…」光復軍初の帰還3カ月後の1945年11月23日、C-47機に乗って金浦(キンポ)飛行場を通じて祖国に帰ってきたキム・グ先生と臨時政府要員15人の名前だ。この時、光復軍は「個人」の資格で帰還しなければならなかった。

少年が名前を呼ぶごとに独立活動家にふんした青少年がC-47機からおり、すぐに市民らは拍手して歓呼した。日本軍が独立活動家らに降参酒を注ぐパフォーマンスが続くとすぐに拍手の声はより大きくなった。

今回の行事を企画したソ・ヘソン3・1運動100周年ソウル市記念事業総監督は「光復軍4人が汝矣島飛行場に着陸した夜、日本軍の大佐がビールとサケを持って訪ねてきて「私たちが負けた」として降参酒を注いだという」として「チャン・ジュナ先生はこの時、生涯初めて酒を飲んだ」と紹介した。
(中略)

汝矣島公園では今週末(18〜19日)ずっとハルビン義挙の主人公、安重根義士、虹口公園で爆弾を投擲した尹奉吉義士、韓国初の女性飛行士クォン・キオクなど独立運動義士・烈士らの話がアニメーションで上映される。

パク・チョロン記者

ソース:聯合ニュース(韓国語) 73年前今日光復軍が帰ってきた…短いが太い帰還汝矣島(ヨイド)で再現
http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20180818017800004&site=0900000000

続きを読む
posted by 中島 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造歴史