強制連行 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年01月03日

【韓国】慰安婦少女像の次は「強制徴用労働者像」設置へ

1: 2017/01/03(火) 02:27:08.86 ID:CAP_USER

崔碩栄@Che_SYoung 2016年12月29日

第2の慰安婦少女像が釜山に設置されたことが日本で話題になってるが、それは「始まり」に過ぎない。

写真は2017設置予定の「強制徴用労働者像」(予想図)。主導してるのは韓国労総と民族問題研究所、製作は少女像を作った金夫妻。

no title


次は何だろう?
(´- `*)

https://twitter.com/Che_SYoung/status/814706229897375744


2: 2017/01/03(火) 02:27:37.52 ID:47B2vOeq

韓国はイースター島みたいになるんだなw


17: 2017/01/03(火) 02:43:12.86 ID:xEzdBPkX

>>2
そして国が滅んでいくw


3: 2017/01/03(火) 02:28:22.76 ID:VHjvXlhd

いいよいいよ、やれやれw

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 強制連行

2016年07月07日

TOP NEWS 韓国の“強制徴用”被害団体、日本企業を訴えるうその被害者をでっち上げ ← 慰安婦詐欺で味しめたから当然やってくる だって朝鮮人だから

1: 2016/07/06(水) 20:39:41.93 ID:CAP_USER

2016年7月6日、韓国・聯合ニュースなどによると、戦時中に日本で強制労働をさせられたとして日本企業を相手取り訴えている韓国の団体が、脱北者などに高額の「報酬」をちらつかせ訴訟人に加わるよう求めていたことが判明した。

仁川に住む40代の脱北者Aさんは、義母から「日本の強制徴用被害の損害賠償訴訟に参加すれば1億ウォン(約870万円)もらえる」と聞き、5月中旬、社団法人日帝強占期被害者全国連合会の支部を訪ねた。Aさんは支部長から言われる通り「祖父の被害状況」を告訴状に書いたが内容はすべてうそ、Aさんの祖父が日本に連れて行かれた事実はなかった。支部長はAさんに対し、一緒に訴えてくれる人を紹介してほしいとも頼んできたという。

連合会は虚偽の告訴状を書かせた疑惑については認めたものの、金品の授受は行っていないとしている。

同連合会は13年以降、三菱重工業など日本企業を相手取り1000人規模の原告団を組織し数度にわたって訴訟を起こしている。現在、他の団体による訴えも含め韓国国内で進行中の同様の訴訟は11件あるが、今回の事件はこうした裁判にも影響を与えるものとみられる。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「こんなことをしてるから日本人はびくともしないんだよ」
「こういうことで詐欺を働くのだけは、頼むからやめてくれ」

「さすが朝鮮民族だ。しかしどうしてこんなになってしまったのか。韓国を離れて冷静になって見てみると、この世で一番怖いのは韓国人だと気付く」
「韓国人らしい。国際的に大恥をかかないとまともになれないのかな」

「まったく別世界からやって来て、韓国に定着しようと苦労している罪のない脱北者にこんなことをさせるなんて…」
「だから信ぴょう性がないと言われるんだ。自分で墓穴を掘ってるようなもの」

「日本人はカモじゃない。韓国を完全になめ切っているから、賠償なんてしてくれるわけがない。それに韓国政府も親日だから徹底して消極的。これが真理だ」
「これだけじゃない。『挺身隊』として働かされたと言っているおばあさんたちも信じられないよ。抗日独立運動に参加したと言って国から年金をもらってる人の8割は詐欺だと思う」
http://www.recordchina.co.jp/a136462.html


2: 2016/07/06(水) 20:40:46.00 ID:XJB13pn2

普通の朝鮮人だな


40: 2016/07/06(水) 20:56:08.35 ID:tsmsHz4v

>>2
>普通の朝鮮人だな


そだね。普通のチョンでした。
在日朝鮮人も同じような詐欺でナマポや在日特権を得てるしw


5: 2016/07/06(水) 20:41:33.05 ID:xdGkrdRr

全てが嘘といつ気付くんだ?

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 強制連行

2016年07月04日

強制徴用問題を縮小? 長崎市「軍艦島は監獄島ではない」 ← 本当のこと言ったらなんだってんだ

gunk.jpg
1: 2016/07/03(日) 12:38:07.47 ID:CAP_USER

【長崎、東京聯合ニュース】日本の長崎市は、昨年7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)に含まれている同市内の端島炭坑(軍艦島)などで朝鮮人の強制徴用があった事実の公開について、
日本政府の決定に従うとの立場を示した。

 長崎市が作成した文書には、端島炭坑の朝鮮人強制徴用問題の縮小、または正当化を図っているとみられる内容が盛り込まれており、果たして強制徴用の事実を公開する意思があるのか疑問を抱かざるを得ない。

 長崎市の関係者は、強制徴用の事実を説明するためどのような措置を取る計画かとの聯合ニュースの質問に対し、
施設の全体の歴史を理解できるよう求めたユネスコの民間諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告への対応は日本政府が行うとした上で、「政府の指示通りにする」と答えた。

 聯合ニュースの情報公開請求に対し、長崎市が先ごろ公開した文書「明治日本の産業革命遺産(基本事項)」には、端島炭坑での朝鮮半島出身労働者の強制徴用が当然のことだったように記載されている。

 文書には「国家総動員法に基づき制定された国民徴用令の対象が、朝鮮半島者にも適用されたことに伴い、昭和19(1944)年9月から終戦までの期間、朝鮮半島出身者も徴用された」と書かれている。

 また、「我が国の男子の多くは、当時、徴兵制(赤紙)により、健常者はいずれも前線に戦いに行った。半島からの徴用者は、端島炭坑をはじめとする日本各地の生産現場を支えた。
炭鉱は落盤、出水など危険な職場であったが、現場では労働者として協力し、一緒に働いた」と説明している。

 「徴用という政策の性質上、一般論として意思に反して連れて来られた者もいたことは否定できない」としながらも、
「当時、端島で終戦を経験した住民の話によると、島民は、共に遊び、学び、そして共に働く、衣食住を共にした一つの炭鉱コミュニティであり、一つの家族のようであったといわれている」と主張。「島は監獄島ではない」と付け加えた。

 1910年の韓日併合条約(日本側名称:韓国併合に関する条約)の効力について韓日間で意見が対立している中、
日本による植民地時代に日本が制定した法律に基づき朝鮮半島出身者が徴用されたという内容が明記してあるのは、徴用が手続き上問題がなかったかのような印象を与える恐れがある。

 徴用問題に触れながら日本人男性が戦場で戦ったという内容をわざわざ盛り込んであるが、日本人に代わって過酷で危険な労働を強いられた朝鮮人や中国人の立場からみれば巧妙なイメージ操作に近い。

 また、「一つの家族のようであった」という説明は、きちんとした食事はおろか差別を受けながら働かされた徴用被害者の証言内容とかけ離れ、日本人中心の観点で記述した内容だ。

 長崎市は端島炭坑などの案内資料を多数製作し、観光行政の中核的役割を果たしているため、こうした観点は今後も産業革命遺産の歴史を説明する過程に影響を与える可能性があるとみられる。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/07/03/0200000000AJP20160703000300882.HTML


3: 2016/07/03(日) 12:40:03.04 ID:J09YrPez

単なる炭鉱


4: 2016/07/03(日) 12:40:07.99 ID:7ACH9Eu+

日本人そして出稼ぎの朝鮮人が働いてた、炭鉱そして付随する街ってだけだし


6: 2016/07/03(日) 12:40:45.38 ID:mFIOYWZg

死滅してくれ朝鮮人。

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 強制連行

2016年06月11日

「八幡製鉄所の案内板に朝鮮人徴用の記録残したい」 強制徴用被害2世在日同胞の「東録さん ← 朝鮮人を雇ったらこのメンド臭さ 関わってはいけない

1: 2016/06/10(金) 07:22:03.59 ID:CAP_USER

no title

強制徴用2世の「東録さん=シン・ドンミョン記者

徴用を告発する講演、1千回を超す
八幡製鉄所は昨年、世界文化遺産に登録
4世も帰化せず民族のアイデンティティを固守

 「八幡製鉄所の案内板に1行でもいいから『朝鮮の人たちが強制的に連れてこられ労働していた』という記録を残すことが願いです」

 在日同胞2世の「東録(ペドンロク)さん(73)は9日、昨年7月にユネスコの世界文化遺産に登録された八幡製鉄所が「日本よる強制徴用の代表的な歴史の現場」と語った。
「さんは、日本の植民地時代に親が福岡県北九州市の八幡製鉄所に強制徴用されたため、日本で生まれて70年以上日本で暮らしている。

 彼は「わが民族をひとつに」蔚山(ウルサン)運動本部の招待で、日本による強制徴用と在日同胞の生活を伝えるために蔚山を訪れ、当日の講演の前に記者懇談会を開いた。

 「さんは日本の九州地域を中心に良心的な日本の民間団体の活動家たちと共に、日本の朝鮮人強制徴用の歴史の現場を訪ね歩き、当時の朝鮮人がどのように日本に連れて来られ、
日本でどのような差別と蔑視、苦しみを経験してきたのかを知らせる活動を行っている。彼は1995年から母親と共に毎週北九州市の小中高校を訪ね、日本の青少年に向けた講演を開いてきた。
2004年に母親が93歳で亡くなってからは、姉と娘などと共に講演を行い、今年2月19日に1000回講演の記録を作った。 20年間、平均1年に50回の講演をこなしてきたのだから、ほぼ毎週欠かさずやってきたことになる。
母親は、彼が講演を始める10年前の1986年から講演活動を行ってきた。

 「『日本の地の片隅で私たち同胞がどのように生きてきたのか、爪跡を残さなければならない』というのが母親の口癖だった。
軍艦島や八幡製鐵所など、日本の強制徴用の現場が世界文化遺産になったのに、案内板に強制徴用の記録は見当たらない」と語る「氏は、さらにこう続ける。
「日本人の生徒たちには、隣国の歴史を正しく学び、互いに不幸な歴史を繰り返してはならないという気持ちをこめ講演をする。
日本人と韓国人が互いに異なることを認識し、偏見を持ったり差別しないことと、隣人として、戦争せずに平和に暮らせる社会を作るために努力しようということに重点を置く」

 「さんの父親は1940年に慶尚南道陜川(ハプチョン)で農業を営んでいたが、日帝によって八幡製鉄所に強制徴用された。母親も2年後に4人の子供を連れて夫を探しに日本に渡り、翌年の1943年に「さんが生まれた。
日本は第2次世界大戦の戦況が厳しくなると、出産食後の彼の母親まで父が働いていた八幡製鉄所に強制動員し、1日10?12時間も鉄鉱石を運ぶ重労働をさせた。

 「さんは「日本は『募集』と言うが、明らかに強制徴用であり、動員だった。
製鉄所はもちろん、近隣の炭鉱地域にも数万人の朝鮮人が強制徴用で連れてこられ、ろくに食べることも、寝ることもできず、暴力に加え差別と蔑視に耐えながら、奴隷のように働かされた。
当時の製鉄所や炭鉱の強制労働の現場は地獄のようだったという」と言いながら身を震わせた。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24366.html

>>2以降に続く)


2: 2016/06/10(金) 07:22:30.18 ID:CAP_USER

>>1の続き)

 すでに亡くなった親から兄弟姉妹、子供(1男2女、日本在住)、孫に至るまでの4代が日本に帰化せず、私たち(朝鮮半島の人々)の言葉と民族アイデンティティを守り抜いている。
彼は「日本が敗戦した後、両親は故国に帰りたい一心だったが、釜山(プサン)に行く船賃がなくて、仕方なく日本に残ることになった。解放された祖国では、南も北も日本に強制的に連れて行かれた同胞の帰還問題には無関心だった。
その後、日本で暮らしながらも、民族のアイデンティティを失わないために総連(在日本朝鮮人総聯合会)系朝鮮学校に通っていたことで、1990年代の初めに韓国国籍を取得するまでは、韓国に地を踏むことができなかった」と話した。
彼は「日本に強制的に連れて来られ、解放後も故国に戻れず、仕方なく日本に残った人たちを、まるで日本に出稼ぎに来た人のように扱う視線が何よりも嫌だった」と打ち明けた。

 彼は2007年、日本が韓国に犯した戦争犯罪を謝罪する意味で行った国際反戦平和巡礼 「ストーンワーク・イン・コリア2007」のイベントのため、
韓国と日本、米国などの民間団体のメンバーと共に「謝罪と友好、平和のために」と刻まれた重さ1トンの碑石を乗せたリヤカーを引きながら、釜山から臨津閣(イムジンガク)まで国土縦断行進を行った。

蔚山/シン・ドンミョン記者

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 強制連行

2016年05月03日

鄭大均氏「強制連行という表現は日本の尊厳を傷つけ日本人の心に後ろめたさを植え付ける憎悪表現である」

1: 2016/05/02(月) 12:31:42.60 ID:CAP_USER

一般社団法人日本戦略研究フォーラム
2016年04月29日 14:30

「強制連行」とは憎悪表現である - 鄭 大均

首都大学東京教授名誉教授 鄭 大均

 近年、「憎悪表現」や「憎悪扇動」についての議論を耳にするが、それを言うなら、ある集団には共感語として作用するが、他の集団には「憎悪表現」や「憎悪扇動」として作用するという言葉にも注目してほしいと思う。

 「朝鮮人強制連行」はちょうどそんな熟語で、学校教科書にも記載されているから、価値中立的な歴史用語と考える人がいるかもしれない。だが、この熟語を広めた『朝鮮人強制連行の記録』(未来社、1965年)を読んでみればよく分かる。著者の朴慶植は、朝鮮人の被害者性とともに日本人の加害者性を誇張するためにこの熟語を活用したのであって、価値中立的な言葉などでは初めからなかった。

 そもそも、この熟語は、戦時期に労務動員された朝鮮人の体験を指して使われることが多いが、それを「強制連行」と呼んで、朝鮮人の被害者性や日本人の加害者性を語る態度はおかしくはないか。

 注意してほしいが、当時は朝鮮人も日本帝国の国民だった。だから不本意ながら朝鮮人も日本人の戦争にも巻き込まれてしまったのだが、「朝鮮人強制連行論」は、朝鮮人が炭鉱や軍事工場に動員されていたまさにその時期に、日本人の男たちが戦地に赴いていたことには触れないまま、労務動員された朝鮮人の被害者性や犠牲者性ばかりを語る。

 しかし朝鮮人に対する労務動員とは、戦地に赴いた日本人の男たちを補充するためのものであったのだから、それを無視して、朝鮮人の被害者性や犠牲者性ばかりを語るというのは、被害者論としても身勝手すぎると思うのだが、それを批判するものはいない(朝鮮人にも志願兵制度があったが、徴兵制が適用されたのは戦争末期の1944年のことであった)。

 にもかかわらず、この本は刊行されるや、ある種の人々に啓示を与え、実践に導く力となる。70年代、朝鮮総連は日本人に呼びかけて、朝鮮人戦時労務動員の調査・発掘を各地で行うが、それはやがて90年代以降、全国的な交流集会を生みだし、史料集を生みだし、強制連行プロパガンダの先鞭をつける。一方には、日本国を相手に戦後補償訴訟に取り組んだ弁護士たちもいたし、ILO(国際労働機関)にかつての労務動員が条約違反であると提訴する労働組合もあった。

 『朝鮮人強制連行の記録』は、日本の侵略史や加害史が日本国のアイデンティティにとって重要であると考える人々にとってバイブルのような存在であったというだけではない。この本は日本の社会運動に影響を与えたというだけではなく、戦後日本で刊行された本のなかでは例外的に国際関係にまで影響力を発揮したのである。

 とはいえ、この本が優れていたのは、その書名にある「朝鮮人強制連行」という熟語であって、その内容ではない。日本への憎悪を喚起しながらも、朝鮮人の犠牲者性への共感を示すというこの熟語の性格は、やがて国際社会において日本に対する否定的ステレオタイプ(固定観念)を形成する媒介となり、日本の尊厳を傷つけるに貢献するのである。

 「朝鮮人強制連行」の熟語はこうして世界を駆けめぐる。60年代半ば、日本の左派系メディアに誕生した「朝鮮人強制連行」のイディオムは、80年代以後、マスメディアや教科書に登場し、日本人の心に、韓国・朝鮮人に対する歴史道徳的な後ろめたさの感覚や思考を植え込むようになる。「朝鮮人強制連行」の熟語が優れているのは、それが日本の尊厳を傷つけるスティグマ(烙印)でありながらも、日本人の心に集団的な後ろめたさの感覚を植えつけるという両義的性格である。

 そして、90年代以後、「強制連行」の熟語は、「慰安婦」の単語に結びついて、新しい喚起力を発揮するが、この時期になると、日本よりはむしろ韓国によって国際社会に発信されるようになる。「朝鮮人強制連行」の熟語は、今や慰安婦を象(かたど)ったというあの少女像とともに、人類史上最悪の組織的犯罪がなされたナチス・ドイツに匹敵する犯罪国家日本というステレオタイプの伝播に寄与するところ大なのである。

鄭大均(てい たいきん)

首都大学東京名誉教授。1948年岩手県生。専門はエスニック研究、日韓関係。著書に『韓国のイメージ』(中公新書)、『在日・強制連行の神話』(文春新書)。最近の編書に『日韓併合期ベストエッセイ集』(ちくま文庫)がある。

http://blogos.com/article/173863/


2: 2016/05/02(月) 12:32:24.74 ID:CAP_USER

『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書) より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分かる。」


3: 2016/05/02(月) 12:33:17.88 ID:vt/OcKQc

強制連行、創氏改名、従軍慰安婦

これ全部捏造だからね


9: 2016/05/02(月) 12:36:30.09 ID:lQ3zTSNd

金を儲けに来ただけだろ

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 強制連行

2016年04月08日

【韓国】日帝強制占領時の強制徴用労働者宿舎に存廃議論

1: 2016/04/08(金) 10:12:05.76 ID:CAP_USER.net

三菱列社宅は日帝強制占領期間の1938年、日本の軍需工場に強制徴用された労働者たちが暮らしていた合宿所だ。
建物が数珠つなぎに列をなしていて「列社宅」という名前がついた。歳月が流れて荒れ地になった。
no title


3日午後、仁川市富平区(インチョンシ・プピョング)プヨンロ21−81の一帯。高いマンション建物の間で、低層の古くて小さな家90軒余りが連なっている。

コンクリート壁は塗りがはげて一部は崩れ、相当数の建物の屋根が落ちていた。門扉は大人1人が入るのにも狭苦しかった。
空き家のドアを開けて入ると13平方メートル程度の小さくて暗い部屋が見える。建物の片隅には、カギのかかった共用トイレがある。「三菱列社宅」だ。

この列社宅の保存問題をめぐる議論が真っ最中だ。見た目が良くないので完全撤去すべきだという主張と、改装を推進する区庁が対抗している。
またもう一方では、列社宅地域に歴史記録版を設置すべきだという学界専門家の主張と「住居空間を観光商品にする」という居住民が対抗している。

三菱列社宅は日帝強制占領期間である1938年に機械製作会社の弘中商工が労働者を受け入れるために作った宿舎だ。
建物が列をなしているようだったので「列社宅」と呼ばれた。

1942年に軍需物資補給工場を運営していた三菱重工業が買収した。当時1000人余りの韓国人労働者が列社宅で生活していた。
光復(解放)後に日本が退いた後も、相当数の労働者が列社宅に住んでいた。

古かったが賃貸料が安く1950〜60年代には貧しい音楽家たちが集中的に暮らしていたこともあった。
列社宅は当初1000軒余りの規模だったが、今は87軒だけが残っている。このうち50軒余りは空き家だ。

残りの37軒に1人の高齢者と基礎生活受給者ら40人余り(住民登録上では70人余り)が暮らしている。自己所有または賃貸形態だ。

列社宅は、古い外観などで都心の荒れ地になりながら近隣住民たちは「すぐに撤去して開発すべきだ」と主張している。
火災発生の危険性が高い上に、地域がスラム化して被害が大きいから撤去しようということだ。

富平区は2018年までに45億ウォンをかけて三菱列社宅の住居環境を改善する「過疎地域事業」を推進している。
人が暮らしている住宅はリフォームと一部の空き家などは撤去して、共同トイレやコインランドリー、共同作業長などにする事業だ。

学界の要人を中心に「列社宅の歴史性を保存すべきだ」という声もある。
誠信(ソンシン)女子大学のソ・ギョンドク教授研究チームは最近「三菱列社宅の前に案内板を立てる」と発表した。
強制徴用の歴史を後世に伝えるべきだというのがソ教授側の主張だ。

列社宅に住む住民は「人が暮らしている場所を観光地にする」として反対している。
列社宅で20年暮らしたというある住民は「一日に何度もカメラをもった人々が訪ねてきて家の周辺を撮る中で、生活にならないほどだ」として
「案内板までできたら、そんなことがもっと増えることではないのか」と語った。

実際、列社宅はメディアに紹介された後に訪問客が増えて住民たちが生活に支障をきたしていると吐露しているという。

ソ教授側は先月30日に説明会を開いて趣旨を説明した。
だが全住民のうち12人だけが参加した上に、賛否が交錯して結論を出せなかった。

金正薫(キム・ジョンフン)富平歴史博物館学芸研究家は
「趣旨は良いが、住民たちとの共感が形成されていない状態で推進される中で反発を買うことになったようだ」として
「いまだに社宅に人々が暮らしているだけに、慎重なアプローチが必要だ」と話した。

富平歴史博物館は専門家たちが参加する富平地域の歴史記録作業をしているが、列社宅住民らの反発で、富平2洞のほかの地域から研究に着手することにした。

ソ・ギョンドク教授は「時間がかかっても住民たちに『歴史性の保存などのために案内板の設置が必要だ』という立場を伝え続けて説得する予定」と話した。

2016年04月08日09時17分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/253/214253.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|breakingnews
http://japanese.joins.com/article/254/214254.html?servcode=A00&sectcode=A10


3: 2016/04/08(金) 10:13:48.27 ID:s1UCf9YS.net

丈夫な住宅だなw


4: 2016/04/08(金) 10:16:14.42 ID:5I6V5aaU.net

歴史の残らない国


5: 2016/04/08(金) 10:16:16.17 ID:C6+zW3wd.net

壊そうぜ
朝鮮人には維持とかそういう話は無理なんだから

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 強制連行

2016年03月10日

日本戦犯企業・不二越「韓日協定で勤労挺身隊の責任は消滅」〜韓国で賠償請求裁判開始 ← タカリねた不足だから 条約無視しそうだな

yokose.gif
1: 2016/03/09(水) 13:11:51.35 ID:CAP_USER.net

日帝強制支配期、日本に引きずられて行って強制労働させられた勤労挺身隊ハルモニらが日本
軍需企業、不二越に2回目の賠償責任を問う訴訟が9日、本格的に始まった。

この日、法廷で不二越側は「韓日請求権協定で請求権は消滅した」として賠償責任を否定した。不
二越は太平洋戦争当時、10代初めの韓国人少女1000人余りを日本の富山工場などに強制的に
連れて行って労働をさせた戦犯企業だ。

ソウル中央地方法院民事19部(裁判長イ・ジョンミン)の審理でこの日開かれた初公判でキム・オク
スン(87)ハルモニなど5人の勤労挺身隊被害者側は「大法院で日帝強制動員被害者に対する戦
犯企業の賠償責任を認めた。そのような趣旨で不二越に損害賠償責任が認められなければならな
い」と主張した。

大法院は日帝強制動員被害者に対する戦犯企業の損害賠償責任を認め、不二越を相手にした
他の事件の下級審でも同様の判決が下されており、今回の事件でも不二越に賠償責任を問うこと
ができるという主張だ。不二越側は裁判管轄権が韓国になく、1965年締結された韓日請求権協定
で債権は消滅し、消滅時効も完成しと対抗した。

次の裁判は来る5月11日10時に開かれる。

これに先立って、キムハルモニとパク・スンドク(84)ハルモニ、オ・ギョンエ(86)ハルモニ、イ・ソクウ
(86)ハルモニ、チェ・テヨン(87)ハルモニなど5人は昨年4月「不二越の強制労働など反人道的不
法行為でこうむった精神的・肉体的・経済的被害を補償せよ」と今回の訴訟を起こした。訴訟額は1
人当り1億ウォンずつ合計5億ウォンだ。

一方、裁判所は去る2014年10月、キムハルモニなど勤労挺身隊被害者13人と被害者遺族18
人が不二越を相手に出した損害賠償請求訴訟1審で「被害者らに8000万〜1億ウォンを支給せよ」
と判決した。大法院は去る2012年5月、強制徴用被害者と遺族たちが「不法強制労働による損害
賠償と未支給賃金を支給せよ」として日本三菱重工業と新日本製鉄を相手に出した損害賠償請求
訴訟上告審で日本企業の賠償責任を認めたことがある。

シン・ジハ記者

ソース:ニューストマト(韓国語) 日本戦犯企業、"韓日協定で勤労挺身隊責任消滅"
http://www.newstomato.com/ReadNews.aspx?no=632394


3: 2016/03/09(水) 13:15:26.56 ID:GWgKrypc.net

いつの間にか慰安所に入れられて慰安婦としてひどい目にもあったとなると予想。


4: 2016/03/09(水) 13:15:30.49 ID:uvERT0Q1.net

(´・(ェ)・`) 集りのプロ


5: 2016/03/09(水) 13:16:18.60 ID:61K808LN.net

条約すら読めない大法院()wwwwwwwwwwww

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 強制連行