調査 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2019年02月10日

【韓国世論調査】 日本に 「好感が持てる」 急落、最大の下落幅、日本を 「信頼」 18.1%

1: 2019/02/09(土) 09:49:37.07 ID:CAP_USER

公益財団法人「新聞通信調査会」は8日、米英仏中韓とタイの計6か国で行った対日好感度の世論調査を公表した。

慰安婦問題や徴用工問題で日本と関係が悪化した韓国では、日本に「好感が持てる」とした人は、
「とても」と「やや」を合わせて32・0%で、6か国中最低だった。

韓国での好感度は約1年前に比べ6・3ポイント下落し、調査が始まった2014年度以降で最大の下落幅となった。

調査期間は昨年11月23日〜12月3日だったため、
12月20日に起きた韓国海軍による自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題の影響は反映されていない。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190209-OYT1T50085/


日本に対する「信頼度」は、中韓で依然低いものの、中国は2年前の2倍に当たる32.4%に上昇。
調査会は「日中関係の改善を反映した」と分析した。

他方、徴用工問題などをめぐって険悪化する日韓関係を背景に、韓国では前年比1.1ポイント減の18.1%にとどまった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020900178&g=int


2: 2019/02/09(土) 09:50:21.07 ID:uyrYl+k+

これほど気にならない好感度も珍しい


3: 2019/02/09(土) 09:51:07.79 ID:irpeEsDC

下がることが嬉しい好感度も珍しい


4: 2019/02/09(土) 09:51:39.88 ID:36Hhd8aE

好感持たれる方が気持ち悪い

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 調査

2019年01月28日

【日経世論調査】韓国レーダー照射 「もっと強い対応をとるべきだ」62% 「もっと韓国側の主張を聞くべきだ」7%

1: 2019/01/28(月) 03:13:19.37 ID:pA5eOKXq9

※韓スレ

日本経済新聞社の25〜27日の世論調査で、韓国海軍の駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダーを照射した問題を巡る日本政府の姿勢を尋ねると「もっと強い対応をとるべきだ」が62%で最も多かった。「もっと韓国側の主張を聞くべきだ」は7%にとどまり「静観すべきだ」が24%だった。

安倍政権や自民党を支持する層は強い対応を求める声が多かった。内閣支持層では67%が「もっと強い対応をとるべきだ」と答え、内閣不支持…

※公開された無料記事のみ引用しました 続きは非公開の有料記事のためそちらでお読みください
2019/1/27 20:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40539000X20C19A1PE8000/


2: 2019/01/28(月) 03:14:52.82 ID:dY9zUQPo0

そりゃそうだ


3: 2019/01/28(月) 03:14:56.18 ID:C9OLKMZ90

7%もチョンがおるんか
追い出し大変やの


4: 2019/01/28(月) 03:15:47.90 ID:eo41wbW10

支持率もっと上がるぞwwやれよ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 調査

2019年01月17日

【韓国】文政権は日本に対してもっと強い対応を 韓国国民45.6%

1: 2019/01/16(水) 00:11:44.80 ID:CAP_USER

2019年01月15日06時28分
[? 中央日報日本語版] comment61 sharemixi
https://japanese.joins.com/article/118/249118.html?servcode=A00
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の日本への対応についての調査結果が公表された。

世論調査専門機関リアルメーターが韓国メディア「YTN」のニュース番組『ノ・ジョンミョンのザ・ニュース』の依頼で、今月11日に全国19歳以上の有権者505人を対象に実施した政府の日本への対応についての調査の結果、45.6%が「現在よりももっと強く対応するべき」と回答した14日、明らかにした。

「現在、適切に対応している」は37.6%、「対応を自制するべき」は12.5%、無回答は4.3%だった。

今回の集計は無線電話面接(10%)、無線(70%)・有線(20%)自動応答混用方式で、無作為に生成された標本枠を通じて任意に電話をかける方法で実施された。


2: 2019/01/16(水) 00:13:40.33 ID:nxCu862C

「自民党政権は韓国に対してもっと強い対応を」で調査したら何%になるか?


16: 2019/01/16(水) 00:22:26.23 ID:KNNGCv5X

>>2
これで50%超したら、迷わず軍事オプション
まずは竹島奪還


3: 2019/01/16(水) 00:14:35.84 ID:+KlL6Ev/

>>1
これ以上強い反応って、対日宣戦布告とか本当に海自に向けて実弾を撃つぐらいしかやることなくない?
反日麻薬もいよいよ行き着くところまで行き着いたのかな

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 調査

2018年09月01日

文大統領支持率さらに下落 就任後最低の53%=韓国ギャラップ 

1: 2018/08/31(金) 15:05:08.31 ID:CAP_USER

【ソウル聯合ニュース】

調査会社の韓国ギャラップが31日に発表した世論調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ3ポイント下落した53%だった。同社の前回の調査に続き、2週連続で就任後の最低記録を更新した。不支持率は5ポイント上昇の38%で、過去最高となった。

調査は28〜30日、全国の成人1000人を対象に実施された。

今回の調査で文大統領を支持する理由は「北との関係改善」(14%)が最も多く、「庶民のための努力・福祉拡大」(11%)、「対北・安全保障政策」(10%)、「最善を尽くしている・頑張っている」(9%)などの順だった。

一方、支持しない理由では「経済・民生問題の解決が不十分」(41%)が最も多く、「対北関係・親北傾向」(10%)、「最低賃金引き上げ」(9%)、「過去のことを蒸し返す・報復政治」「雇用問題・雇用不足」「独断的・一方的・不公平」「過剰な福祉」(いずれも4%)などが続いた。

政党支持率は与党「共に民主党」が前週比で2ポイント下落の40%、野党「正義党」が3ポイント下落の12%だった。最大野党「自由韓国党」は前週比1ポイント上昇の12%、野党「正しい未来党」は2ポイント上昇の7%だった。

このほか韓国政府の政策に対する調査も行われ、所得主導型の成長政策に対しては賛成意見が60%、反対意見が26%だった。経済成長と所得分配のうちどちらに重きを置くべきかについては、49%が経済成長、40%が所得分配と答えた。


2018/08/31 14:36
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/08/31/0200000000AJP20180831001500882.HTML


2: 2018/08/31(金) 15:06:40.21 ID:x+cf8Y1d

おい、がんばれよ文!
お前が韓国最期の大統領なんだからさ!


3: 2018/08/31(金) 15:07:14.38 ID:LWqUucFz

>>1
運命の道


6: 2018/08/31(金) 15:08:18.35 ID:lvBIh9OM

ロウソクの増産体制に入れ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 調査

2018年08月19日

【韓国】文大統領に朗報 支持率58%から60%に上昇

1: 2018/08/17(金) 14:55:31.08 ID:CAP_USER

(機械翻訳)

ドア大統領の支持率60%... 8週連続の下落停止反発[韓国ギャラップ]
聯合ニュース記事転送2018-08-17 10:53

(ソウル=聯合ニュース)チャジヨン記者=ムン・ジェイン大統領の国政支持率が60%台に戻ってオルラソゴ与党であるとともに民主党の支持率が一緒に反発したという世論調査結果が17日出た。

韓国ギャラップが過去14?16日、全国の成人1200人を対象にアンケート調査した結果(95%の信頼水準で標本誤差±3.1%ポイント)、ドア大統領の職務遂行のための肯定的評価は、先週より2%ポイント( p)上昇した60%と集計された。

ドア大統領の国政支持率は、6・13地方選挙直後79%で先週58%まで8週連続の下落している途中、9週間で反発した。

否定の評価は32%、意見留保は9%であった。

肯定評価の理由としては「対北・安保政策」(19%)が最も多く、「北朝鮮との対話再開」(13%)、「最善を尽くし・熱心にする」(8%)、「庶民のための努力・福祉の拡大」(7%)などが続いた。

否定評価者は、「経済・民生問題の解決不足」(38%)を最大の理由挙げており、「対北朝鮮関係・親北朝鮮性向」(14%)、「最低賃金引き上げ」(8%)などがその次に多かった。

支持政党別では、民主党支持層で83%、正義党支持層で73%に職務肯定率が高く、自由韓国党(11%)と正しいミレダン(37%)の支持層では低かった。支持政党がないシャーマン層の正率は33%であった。

韓国ギャラップは「9月に平壌南北首脳会談成功、アジアンゲームコリア、金剛山離散家族再会のニュースなどがしばらく停滞した南北関係の改善に対する関心と期待感を改めて呼び起こし職務肯定率追加下落を阻止したと思われる」と分析した。以下略

http://news.nate.com/view/20180817n12750


2: 2018/08/17(金) 14:58:07.07 ID:N/G83oTw

爆上げ


5: 2018/08/17(金) 14:59:37.65 ID:GeWv26l5

永遠にルーピーでお願いします!!


6: 2018/08/17(金) 15:00:03.44 ID:j/+haNUm

最大の反日ウィークだからな

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 調査

2018年06月12日

【米朝首脳会談】「決定的成果を期待」米で21.8%、日本は6.2%−世論調査

1: 2018/06/11(月) 09:38:17.61 ID:CAP_USER

12日に予定されている米朝首脳会談で
「朝鮮半島の非核化に向けて決定的な成果が期待できる」と予測している人が米国では21.8%いるのに対し、
日本では6.2%にとどまっている。

  日本の特定非営利活動法人「言論NPO」が8日、米メリーランド大との共同調査結果を公表した。
「米朝首脳会談はどのような結果となるか」との質問に、
日米ともに最も多かった回答は「いくつかの問題について進展があるが、
非核化への成果にはつながらない」で日本が52.2%、米国では35.9%だった。

■米朝首脳会談はどのような結果になるか

  北朝鮮の核開発問題が「いつ解決するか」の問いでも日米で認識に差が出た。
日本では「解決は難しい」が65.1%と圧倒的に多かったが、米国は25.8%。
「5年後には解決する」とした人は日本が3.2%だったのに対し、米国では25.4%いた。 

  一方、金正恩朝鮮労働党委員長の平和への意思を「信頼できる」「どちらかといえば信頼できる」とした人は日本で4.1%、
米国は6.6%。逆に「信頼できない」「どちらかといえば信頼できない」は日本で66.2%、
米国で72.1%に上り、共になお懐疑的な見方が強い。  

■金正恩氏の平和への意思は信頼できるか

  北朝鮮が非核化を含む交渉に合意した理由としては、
日本では「国連の経済制裁や中国の圧力などが影響した」を挙げた人が39.1%と最も多かったが、
米国では「トランプ政権による北朝鮮に対する強硬な姿勢が影響した」の37.5%だった。

  調査は18歳以上の男女を対象に日本では5月19日から6月3日、米国では6月1日から5日にかけて行った。

no title


Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-08/P9ZOTX6JTSEG01


3: 2018/06/11(月) 09:39:50.66 ID:ClbBSCFC

信用に値しないの代名詞が朝鮮人ですし


5: 2018/06/11(月) 09:40:00.11 ID:F/j3EQ3B

日米でどういうことを解決とするかに隔たりがあるのだから無意味な比較だと思うのだが


8: 2018/06/11(月) 09:40:20.44 ID:7g9xc0FP

在日、チョンモメン、バカがそのくらいってこと?

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 調査

2018年06月04日

韓国では、日本を好きだと答えた人々が39.3% 日本人は、米国73.3%、中国11.1%、韓国22.9%

1: 2018/06/01(金) 20:35:33.75 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00010014-fnnprimev-int

韓国人の日中に対する好感度が逆転!

筆者が日中韓で3年ぶりに行った大規模意識調査(N=2000、2017年12月実施インターネット調査>>0�で、韓国では日本を好きだと答えた人々が39.3%と10ポイント以上も上がり、中国を好きだと答えた人は10ポイント近く減って30.8%にとどまった。
3年前と比べると、日中の好感度が逆転した形で、日中韓の対米感情は総じて良いのが特徴的だ。

(グラフ)アメリカとの関係 日韓比較はこちら

日本人は米国への好感度(73.3%)が目立つ一方、中国(11.1%)、韓国(22.9%)、ロシア(23.8%)への好感情が低く、とりわけ、中国への悪感情は際立っている(60.4%)。この傾向は安定しており、日本人の対中感情が好転する見通しはしばらくない。

東アジアで隣り合う日中韓3か国は、互いに対するマイナスイメージが強く、米国だけがこの地域で好感度の点において独り勝ちしている状況は変わらなかった。

同盟感情についても様々に調査したが、やはり日韓を比較した時に際立つのは、韓国の同盟に対するアンビバレントな感情だ。
下図にあるように、同盟国あるいは友好国だと考える人も多いが、同盟国とも友好国とも考えていない人が36.9%もいるのだ。
韓国は有事の際の同盟に対する信頼が高い

他方で、有事の際の同盟に対する信頼は韓国の方が日本よりも高いということも調査を通じて明らかになった。
日本人は尖閣諸島をめぐる有事で米国が中国に対抗行動をとると考えている人がごく少ない(14.0%)のに比べ、韓国人は実に54.8%が対抗行動をとると信じている。
これは3年前と比べると少し増えている。

もちろん、日韓では、想定される主要な紛争当事国が中国の場合と北朝鮮の場合で出方が異なることも影響しているだろうが、日本のクールな態度は突出していると言えるだろう。
韓国については、日本よりも日々軍事的緊張に晒されていることもあり、他の機関による継続調査では同盟に対する支持や信頼が日々影響を受けることが窺える。

例えば、韓国の東アジア研究院(EAI)による調査を見ると、2010年の哨戒艇沈没事件や延坪島砲撃のように、緊張が高まれば高まるほど同盟に対する支持が高まる傾向がある。


同盟に対する信頼の裏で

韓国のように地続きの脅威に直面する国では、同盟を信頼しないとやっていけないという心理的効果もあるのだろう。

しかし、ここへきて、同盟に対する韓国側のコミットメントが疑われる発言が出てきている。
文在寅政権の一部には、来るべき東アジア情勢を見据えて、中国との対立関係に自らを巻き込まないでほしいという気持ちが強くなってきているからだ。

日本では、2017年秋にトランプの訪韓直前に韓国が「三不政策」の声明を出したことが大きく報じられた。
韓国向けの中国人観光客を制限することで、中国政府が圧力をかけ、韓国政府が祖霊に屈したという見方が一般的だ。
しかし、これも捉えようによれば、韓国政府の認識の延長線上にある政策にすぎないという見方もできる。

日米の識者の中で話題となった記事に、フォーリン・アフェアーズ誌への文 正仁(ムン・チュンイン)韓国大統領外交安保特別補佐官の寄稿があった。
そこでは、朝鮮戦争の平和協定が締結された暁には、在韓米軍の駐留を正当化するのは難しいという主張が展開されていた。

文大統領はこの見方を打ち消すが、その後も文特別補佐官は同様の見方を「ザ・アトランティック」誌(5月17日)の取材に対して表明した。

そこで示された感情は、今は米軍が必要だ。しかし、将来においては友敵関係をつくりだす同盟はなくしてしまいたいというものだった。ザ・アトランティック誌はこの発言に明らかに驚愕し、トランプ大統領のような発言スタイルで述べたと、不快感をにじませている。

しかし、南北融和を大歓迎する韓国国民が、このような発言に多数の支持を与えていくだろうことも十分予想されるのだ。

以下ソース


3: 2018/06/01(金) 20:38:10.43 ID:TMJgOcOO

えー?23% えーっ?


4: 2018/06/01(金) 20:38:11.33 ID:igfEaQTy

40%近くが日本好きだとか嘘くせえ


5: 2018/06/01(金) 20:38:58.95 ID:S9JS7gkI

韓国には、反日を貫き通してほしい
関わっては、日本が衰退するから

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 調査