政治 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年05月20日

文在寅政権、北核・THAAD・慰安婦「外交リセット」開始

munsyou

1: 2017/05/19(金) 10:35:16.98 ID:CAP_USER

文在寅(ムン・ジェイン)政権が日・米・中・露への特使外交を通じて外交安保政策のリセットボタンを押した。
重複的に絡んでこう着している▼北朝鮮の核・ミサイル▼高高度防衛ミサイル(THAAD)配備▼韓日慰安婦合意−
−などの懸案に関連してだ。特に朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾後の国政コントロールタワー不在で生じた
非正常的な状況を元に戻す作業も特使外交を通じて速度を上げている。

最大の懸案は韓半島(朝鮮半島)危機論を招いた北朝鮮核・ミサイル解決法の摸索だ。

(1)北朝鮮は対話に出てくるのか
訪米中の洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)対米特使は17日(現地時間)、トランプ大統領と15分間の会談をし、
韓国政府の対北朝鮮圧力・制裁と対話の併行原則を説明した。

洪特使は会談後、「トランプ大統領は今は圧力と制裁段階だが、一定の条件を満たせばいわゆる関与
(engagement・対話と交渉)を通じて平和を築いていく意向があると述べた」と紹介した。
前提条件付きだがトランプ大統領が「平和」という言葉を使ったのは初めてだ。

洪特使は「トランプ大統領は対話のための対話ではなく結果を出す対話をする意向があるという言葉も述べた」と伝えた。
「最大限の圧力と関与」という基調の米政権の対北朝鮮政策の中心が「圧力」から「関与」に移る雰囲気だ。
前日、米国のヘイリー国連大使も北朝鮮の核の完全廃棄の代わりに核凍結(核開発と核ミサイル試験の中断)を対話の条件とした。

(2)THAAD接点の摸索
洪特使はマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)に会い、「THAAD配備の手続き上の問題をめぐる
韓国国内の論争と国会での議論の必要性を説明した」と明らかにした。マクマスター補佐官は「韓国国内で
手続き上の問題の話があることをよく知っていて、理解する」という反応を見せたという。キム・ハングォン
国立外交院教授は「マクマスター補佐官の『理解する』という発言は、韓米関係の亀裂を予防したという点で意味がある」と述べた。

文在寅政権は特使外交でTHAADに関連する当面の葛藤を減らした後、今後、韓米会談(6月末)、
韓中会談(7−8月)を経て段階的に解決点を見いだす計画だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者はこの日、
「韓米首脳会談を控えてTHAAD問題に対して何らかの立場を決めるのは会談に不利な要素」と説明した。
李海チャン(イ・ヘチャン)対中特使は19日に習近平国家主席に会い、文大統領の親書を渡す予定だ。

(3)慰安婦問題、戦略的接近を
日本に対しては随時訪問して懸案を議論する「シャトル外交」再開の意思を伝えた。文喜相(ムン・ヒサン)対日特使は18日、
安倍晋三首相に会い、(韓日間)シャトル外交の再開を希望する文大統領の意向を伝えた。また韓日慰安婦合意に対する
韓国国内の反発世論を説明した。しかし文大統領が大統領選挙で強調した「再交渉」「合意廃棄」などには言及しなかった。
安倍首相も「さまざまな問題をうまく管理し、障害にならないよう未来志向的に発展していかなければいけない」と述べた。

魏聖洛(ウィ・ソンラク)ソウル大客員教授は「トランプ大統領との会談で『交渉』『平和』のような発言を引き出したのは
均衡がとれた接近だった」とし「韓日関係でも慰安婦合意という葛藤懸案を避けながら、
首脳間の水面下交流に意見の一致を図る接近法が功を奏した」と評価した。

中央日報日本語版 5/19(金) 9:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000015-cnippou-kr


2: 2017/05/19(金) 10:35:41.65 ID:vj7ipR6j

誰にも相手されなくなるだけなのにw


3: 2017/05/19(金) 10:35:58.53 ID:Q7Ctg99b

思ったよりハイペースだな


4: 2017/05/19(金) 10:36:18.46 ID:l0CXua9c

リアルな世界にリセットボタンは無いんだよ。オンオフスイッチがあるだけだ。

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年05月18日

文在寅大統領「体育館のない学校には体育館を建てる」 小・中・高校に大気汚染物質の測定器と空気清浄機設置

munsyou

1: 2017/05/16(火) 14:59:07.08 ID:CAP_USER

PM10=粒子状物質やPM2.5=微小粒子状物質による大気汚染の問題が深刻になっているなか、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、全国の小・中・高校に大気汚染物質の測定器を設置すると述べました。

文在寅大統領は、ソウル陽川(ヤンチョン)区にある小学校で行われた大気汚染物質に関する授業「PM10やPM2.5を正しく知ろう」を参観し、「全国の小中高校1万1000校に簡易測定器を設置する。

1台に600万ウォンほどするため、600億ウォンほどかかるが、財政を投入してでもすべての学校に設置する」と述べました。

また「PM10やPM2.5による大気汚染のため、屋外で体育の授業ができない場合が多くなっている。体育館のない学校には体育館を建て、屋内での授業ができるようにする。教室や体育館に空気清浄機も設置する」と約束しました。

KBS
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=63608&id=Po


2: 2017/05/16(火) 15:00:19.37 ID:ULw+6cq2

予算とか考えずにこういう発言するのは…
なんか日本にもあったような


3: 2017/05/16(火) 15:00:26.81 ID:Ir8aDyDp

空手形切りまくり


4: 2017/05/16(火) 15:00:38.43 ID:ikZ4nW6N

約束すれど予算無し

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2017年05月16日

文在寅大統領は「最弱政権」?韓国紙からも厳しい注文

munsyou

1: 2017/05/14(日) 18:31:15.49 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177788&ph=0

2017年5月12日、韓国の第19代大統領に就任した左派系「共に民主党」の文在寅氏。大統領選を通じて浮き彫りになった国論分裂の解消を目指し、「国民統合」を掲げる新大統領だが、主要紙からは厳しい注文が相次いでいる。政権運営には少数与党の壁が立ちはだかり、「最弱政権」との見方もある。

文大統領がまず直面するのは、激しい大統領選で深まった各政党間の亀裂修復。約10年ぶりに政権与党に復帰した「共に民主党」は第一党であるものの、国会の議席数は119に過ぎず、定数300の半数には大きく届かない。対立候補を擁立した「自由韓国党」は107議席、「国民の党」は40議席、「正しい政党」は20議席をそれぞれ有し、3党で過半数を超える。

こうした現状を聯合ニュースは「共に民主党だけでは主な法案の国会通過さえままならないというのが現実だ。政界では新政権が韓国の憲政史上最弱になる可能性があるとの見方も出ている」と伝えた。朴槿恵・前大統領は昨年4月の総選挙で与党が敗北し、厳しい政権運営を迫られたが、文大統領はスタート時からハンディを背負っている。

新政権に対してはメディアからの風当たりも強く、保守系の朝鮮日報は社説で「文氏に投票しなかった多くの有権者は新政権が『第二次盧武鉉政権』になるのではないかと懸念している」と指摘。「盧政権当時、国内では毎日のように新たな対立と分裂が繰り返されていたが、新政権の発足でその当時に戻るとなれば、これは明らかに歴史の逆行だ」と警鐘を鳴らした。

その上で「文大統領には自らを支持する国民よりも反対する国民の方が多いが、この現実を突破する方法はただ一つ。それは過去とは違った新しい大統領像を自ら築き上げることだ」と強調。「それができなければ、また新たな形だけの大統領へとたちまち転落してしまうだろう」と言及している。

やはり保守系の中央日報は社説で「文大統領が今すぐ、そして任期の間ずっと追求すべき最も重要なのは国民に感動を与えて彼らの情熱や能力を国民的エネルギーとして一つにすることだ」と前置き。「2017年5月、韓国が直面している難局の本質は国論分裂の危機だ。国論分裂が安保・経済危機の原因であり、結果だった。何より積弊清算という名分を前面に出して権力機関を動員し、人為的な政界改編を図ろうとしてはならないだろう」と論じた。

文大統領に好意的な左派系のハンギョレ新聞も「国民と共に国らしい国造りを」との社説を掲載。「大統領選挙で政界は互いに敵対感だけを育てた。野党をまず訪ねて、政府の構成から議会協力の手段まですべての懸案を虚心坦懐(たんかい)で議論するように願う。野党からも有能な人材を選んで使うという姿勢で内閣の人選を進めた方がよい」などと呼び掛けている。


2: 2017/05/14(日) 18:32:41.87 ID:fg70Poch

合意破棄はどうしたんだよw


3: 2017/05/14(日) 18:33:38.45 ID:i6YTDES6

<ヽ`∀´>就任おめでとうニダ
<ヽ`∀´>ではさっそくローソクデモで弾劾するニダ


4: 2017/05/14(日) 18:34:15.31 ID:Ojh4Ioqk

まずは大統領制でいいかの再交渉から

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2017年05月13日

【うるせー馬鹿】 ジェインジェイン文在寅、早くも「歴史を直視しろ、河野村山談話を踏襲しろ」などとほざく

munsyou

1: 2017/05/11(木) 18:14:32.72 ID:6IkwALKt0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典

安倍首相に「韓国国民の多くは慰安婦合意受け入れず」=文大統領

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、安倍晋三首相と就任後初の電話会談を行い、
旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の両国合意や北朝鮮の核問題への対応などについて議論した。

 青瓦台(大統領府)によると、文大統領は慰安婦合意を含む過去の歴史問題に関し、
「両国が成熟した協力関係に進むことにおいて、歴史問題などいろいろな懸案が障害にならないよう歴史を直視し、
こうした課題に真摯(しんし)に取り組んでいかなければならない」と述べた。

 これに対し安倍首相は、慰安婦合意は未来志向の両国関係の構築に向けた基盤であり、
着実な履行を期待すると表明したという。

 文大統領は「慰安婦問題を含む歴史問題はわれわれが両国関係を発展させていくことにより、
共に賢明に克服することを望む」として、「日本の指導者の方々が河野談話と村山談話、
(1998年の)金大中(キム・デジュン)・小渕氏による共同宣言の内容と精神を継承し、
尊重する姿勢が必要だ」と強調した。

 また、「国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れていないのが現実」として、
「民間で起きた問題を政府が解決することには限界があり、時間が必要だ」と指摘。
「国民の情緒と現実を認めながら、双方が共に努力することを望む」と述べた。

 その上で、「歴史問題が両国関係の未来志向の発展の足を引っ張ってはならない」と重ねて強調。
「その問題はその問題として双方が賢明に克服できるよう努力しながら、北の核とミサイルへの対応や
両国の未来志向の発展のため、それとは別の努力を並行して行う必要がある」との姿勢を示した。

 文大統領は慰安婦合意の再交渉については言及しなかったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000063-yonh-kr


3: 2017/05/11(木) 18:15:54.90 ID:vLLpVRwg0

目を合わせない方がいい


6: 2017/05/11(木) 18:17:27.19 ID:0RXMvKtr0

この動きはムン!


7: 2017/05/11(木) 18:17:32.55 ID:fFtiIBf80

慰安婦がー!

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年05月12日

【韓国】 「総理に知日派指名」で日本メディア大喜び…韓日議員連盟副会長、イ・ナギョン全南知事浮上

munsyou

1: 2017/05/11(木) 00:49:18.48 ID:CAP_USER

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が李洛淵(イ・ナギョン)全南(チョンナム)知事を国務総理候補者に指名したことについて日本メディアは知日派要人が総理候補になったと喜んで関連ニュースを大きく取り上げた。

読売新聞は10日付夕刊の1面トップ記事に「首相候補に知日派指名」と副題を付けてイ・ナギョン国務総理候補者について「韓日議員連盟副会長を歴任した知日派で知られている」と説明した。

読売は「韓日議員連盟副会長を引き受け、日本政界にも人脈がある。全南知事を勤めながら、高知県と交流もした」として「1990年から数年間、東亜日報の東京特派員で仕事した」と日本との縁を紹介した。引き続き総理候補者指名の背景について「釜山(プサン)出身のムン大統領が全南知事のイ知事を総理候補者に指名したことは地域間の均衡をとろうとする意図があると見られる」と伝えた。

朝日新聞と日本経済新聞、東京新聞なども1面記事を通じてイ候補者について東亜日報の元東京特派員で国会議員時期に韓日議員連盟副会長を歴任した知日派として知らると紹介した。朝日新聞は「内閣のスタートラインに該当する総理任命には国会の同意が必要だ」として「共に民主党では国会過半数に達し得ず、保守派を含む他政党の協力を得られるかが焦点」と伝えた。

日本メディアはムン大統領がこの日、国会就任宣誓に続き発表した「国民に差し上げるお言葉」の内容を詳しく紹介しながらはムン大統領が「条件が整えば平壌(ピョンヤン)に行く」と話した部分に注目した。ムン大統領はこの日「韓半島の平和のために東奔西走する。必要ならば直ちにワシントンに飛んで行く」として「北京と東京にも行って条件が整えば平壌にも行く」と話した。読売はこの発言を紹介して「ムン大統領が持論の金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長との南北首脳会談に意欲を見せた」と伝えた。

日本メディアはムン大統領を紹介して「親北」と「反日」という2種類のキーワードを強調している。北朝鮮との対話を重視する立場を強調して安保問題に憂慮を提起する一方、慰安婦韓日合意再協議を主張している事実を知らせ、今後の韓日関係を憂慮する声をあげるメディアが多い。

NHKはムン大統領のこの日の演説内容を紹介して「安全保障問題について全力を尽くすものの、対話を通した北朝鮮問題解決を指向する姿勢を強調した」と説明した。

ソース:毎日経済(韓国語) 日本の報道機関「韓総理で知日派指名」喜色…韓日議員連盟副会長浮上
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000018&year=2017&no=312666

関連スレ:【韓国大統領選】文在寅氏が大統領就任 首相に知日派の李洛淵全裸南道知事が内定[5/10]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1494392219/


2: 2017/05/11(木) 00:52:04.16 ID:l/O+5vu9

親日罪キター


3: 2017/05/11(木) 00:52:18.92 ID:K9B2h6do

ハイレベル協議は受け付けてませんよ ババア像を引き倒してからなw


4: 2017/05/11(木) 00:52:28.16 ID:vD4wT9PM

クネが親日派として叩かれる国の知日派なんて・・

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 政治

2017年03月13日

韓国に「反米反日」政権が誕生する可能性

hatanida

1: 2017/03/11(土) 12:40:36.80 ID:CAP_USER9

 韓国の朴槿恵大統領が失職したことで、東アジア情勢はミサイル発射などを繰り返す北朝鮮に加え、新たな不安定要素を抱え込むことになった。日本政府の外交、安全保障上の役割はこれまで以上に重要となる。
 「韓国の新政権との間においても(慰安婦問題に関する)日韓合意を着実に実施していくとともに、北朝鮮政策や安全保障分野での協力をさらに進めていく」

 菅義偉官房長官は10日の記者会見でこう強調した。とはいえ、不安定要素が増す東アジア情勢に対し、一層難しいかじ取りを迫られることは間違いない。

 政府が警戒するのは、韓国の混乱に乗じて北朝鮮による挑発行為が加速することだ。北朝鮮は6日の弾道ミサイル発射で、地域の平和と秩序への挑戦的な姿勢をあらわにした。にもかかわらず、欧州などの関心は薄い。安倍晋三首相はこれまで以上に北朝鮮問題の深刻さを国際社会に訴え、足並みをそろえる必要がある。

 韓国は左派・反米反日の色が強い政権が誕生する可能性がある。そうなれば韓国が日米韓の枠組みから抜け落ちかねない。政府はトランプ米大統領が「日本を百パーセント支える」と明言したことを活用し、安保面の協力は着々と進めていくことが肝要だ。

 一方、慰安婦問題が象徴するように、日本は韓国に譲歩しては裏切られてきた経緯がある。次期大統領次第で日韓合意が形骸化する懸念はぬぐいきれない。岸田文雄外相は10日、「韓国に誠実な履行を求めたい」とくぎを刺した。韓国との「適正な距離」を模索し、是々非々での付き合いに徹することも必要になる。

 もともと朴大統領の罷免は政府にとって織り込み済みだった。韓国の状況をいたずらに憂えたり、慌てたりせず、日本を取り巻く安保状況を冷静に見極めながら、日本外交の強みを発揮すべきである。(田北真樹子)

http://www.sankei.com/smp/politics/news/170311/plt1703110013-s1.html


2: 2017/03/11(土) 12:44:04.33 ID:I47f7Ewd0

半日大いに結構。 断交でもいいぞ


3: 2017/03/11(土) 12:44:06.92 ID:U8Scxpsi0

つまり、中国領土になるってこと?


4: 2017/03/11(土) 12:44:19.60 ID:DNAS75QB0

ちょん国の反日はデフォだろw
 

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年03月08日

「法の通りに」やっても解決を期待できない韓国政治

nidanaki

1: 2017/03/06(月) 20:54:21.37 ID:CAP_USER

【コラム】「法の通りに」やっても解決を期待できない韓国政治

 法治は近代国家の必須条件だ。法を尊重し、順守する意識がなければ法治は不可能である。しかし、法秩序を完成させ、維持させるのは、法治ではなく政治の力だ。したがって、法治は政治の水準を超えられない。本から学んだ学者たちのこうした卓見に、私たちは現実で気付かされる。弾劾決定や棄却の是非を問うているのではない。手続きの正当性に関することだ。国民が選んだ大統領を罷免するかどうかを、この程度の時間で決めるのは正当なのだろうか。韓国の法治は、妥協を拒否して弾劾に走った政治と何がどう違うのだろうか。

 先日、法曹関係者9人が新聞広告欄で「裁判官全員参加の憲法精神を順守してほしい」と要求した。歴史的弾劾の日程を裁判官の退任予定に合わせる拙速を避けてほしいという要求だ。ほかのことはともかく、この要求には納得がいった。しかし、今回も政治だ。誰も今、韓国の政治が裁判官2人の後任人選に合意するものと期待していない。
ゆがんだ政治がゆがんだ法治を生み、結局は不服と衝突の不幸な未来を予告しているのだ。政治は自身の無能さを正そうとしない。ただ最高権力という立派な輿(こし)に乗り、「血と涙のアスファルト」の上を行進しようとするだけだ。

 事態がこうした状況に至るまでに、何度も政治的妥協の機会があった。意味があったのは、大統領が「任期短縮を含めすべてを国会の合意に任せる」と述べた3回目の国民向け談話だった。
政界の元老たちが「4月退陣、6月大統領選挙」案を提示した時だったので、決意さえすれば妥協できたはずだった。もちろん、妥協できてもしばらくの間は混乱しただろう。しかし、今のように国を二分するような事態にはならなかったはずだ。

 この提案を野党は即座に蹴った。決定権を握っていた与党の非主流派は、ろうそく集会に参加する弾劾賛成派たちの顔色をうかがって野党側についた。だが最近は弾劾反対派の顔色まで見ているのか、有力な党職者が政治的解決策を主張し、弾劾前の大統領下野論を取りざたしている。
彼らが民心を得られない原因が分かる気がする。その時、政界でささやかれた大統領陰謀論は政治の現状をありのままに示している。韓国の政治的風土では与野党合意が不可能だということを大統領は分かっていながらエサをばらまいたというのだ。
「大統領のわなだ」という声もある。自身の無能さや怠惰を当然視しながら、他人に後ろ指をさすような政治家がこの世界のどこにいるだろうか。

 ここで質問したい。我々韓国人にとって政治とは何なのか。一人当たり数億ウォン(数千万円)かけて国会議員300人をなぜ食わせているのか。韓国社会には政治的解決策を潔(いさぎよ)しとしない傾向がある。政治的妥協を駆け引きやごまかし程度にしか考えていない。
党利ばかり追い求める政治家たちの自業自得だが、このような見方が韓国の政治の質をさらに下げている。質が低いと評価されればされるほど、政治家は自ら解決すべき問題を恥ずかしげもなく他人に転嫁する。そうすればなおのこと政治的事案を抱える法治の負担は増える。
この悪循環が今、韓国を二つに引き裂き、「アスファルトが血と涙でぬれる」極限闘争まで予告されているのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00001452-chosun-kr&p=3


2: 2017/03/06(月) 20:55:30.17 ID:CAP_USER

>>1


 法治は近代国家の必須条件だ。法を尊重し、順守する意識がなければ法治は不可能である。しかし、法秩序を完成させ、維持させるのは、法治ではなく政治の力だ。したがって、法治は政治の水準を超えられない。本から学んだ学者たちのこうした卓見に、私たちは現実で気付かされる。
弾劾決定や棄却の是非を問うているのではない。手続きの正当性に関することだ。国民が選んだ大統領を罷免するかどうかを、この程度の時間で決めるのは正当なのだろうか。韓国の法治は、妥協を拒否して弾劾に走った政治と何がどう違うのだろうか。

 先日、法曹関係者9人が新聞広告欄で「裁判官全員参加の憲法精神を順守してほしい」と要求した。歴史的弾劾の日程を裁判官の退任予定に合わせる拙速を避けてほしいという要求だ。ほかのことはともかく、この要求には納得がいった。しかし、今回も政治だ。誰も今、韓国の政治が裁判官2人の後任人選に合意するものと期待していない。
ゆがんだ政治がゆがんだ法治を生み、結局は不服と衝突の不幸な未来を予告しているのだ。政治は自身の無能さを正そうとしない。ただ最高権力という立派な輿(こし)に乗り、「血と涙のアスファルト」の上を行進しようとするだけだ。

続きを読む
posted by 中島 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治