政治 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年07月13日

【韓国新政権】“現実”を認識? 文大統領、現実外交へシフト 対日関係は不透明

1: 2017/07/12(水) 20:44:27.01 ID:CAP_USER

 【ソウル=名村隆寛】核・ミサイルでの挑発を続ける北朝鮮について11日の閣議で、「われわれには問題解決や合意を導く力もない」と韓国の限界を認めた文在寅大統領が、米韓同盟を基盤とした現実的な外交路線に方向を転換しようとしている。

 初の欧米外遊で世界の現実に直面した文氏は「各国が国益を前面に外交をしている。われわれも国益を最優先に考え、貫徹できるよう外交を多角化し、外交力を高めねばならないと切実に感じた」とも訴えた。

 対北対話路線を掲げ、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備の事実上の先送りで、米国から疑心を受けた文氏としては、“画期的”な発言だ。

 文氏に批判的な韓国の保守系紙、朝鮮日報は12日付の社説で「普通の国民なら皆、以前から持っていた認識だ。大統領が今さらのように語るのは引っかかるが、幸いなことだ」と文氏の認識変化を歓迎した。

 注目されるのは、理想を追求していた文氏が現実に基づく国益重視の外交を強調したことだ。言及はなかったものの、文氏が訴えた国益重視外交には日本も含まれるとみられる。

 慰安婦問題をめぐる日韓合意について文氏は就任後、「再協議」を口にせず慎重な姿勢だ。しかし、韓国国内では文氏の思惑とは関係なく、日韓関係を後退させるような動きが進んでいる。

 鄭鉉栢女性家族相は、民間団体などが進める慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を支援する考えや、国立の慰安婦博物館の設立方針を表明。

 国政企画諮問委員会は8月14日を「慰安婦被害者の記念日」に公式指定する案を発表した。与党「共に民主党」は鄭氏に慰安婦問題の公論化を求めている。

 内政では、文政権発足から2カ月が過ぎても、野党の反対で国防相ら主要閣僚が決まっていない状況だ。

 野党時代に保守政権の現実路線に反発を繰り返した末に政権の座に就いた文氏。逆に今度は、自身の現実路線転換への説得に追われることになりそうだ。

http://www.sankei.com/world/news/170712/wor1707120030-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170712/wor1707120030-n2.html

no title

韓国・京畿道の「ナヌムの家」で記者団の質問に答える鄭鉉栢女性家族相(右)=10日(共同)


3: 2017/07/12(水) 20:46:09.47 ID:0/9hbiHA

中国とアメリカに脅されて右往左往
甘ちゃんの安倍政権の日本にだけ強気


4: 2017/07/12(水) 20:46:45.75 ID:BlUYcwmP

そもそも現実を認識できたら韓国の大統領なんかにはならないゾ


5: 2017/07/12(水) 20:47:26.41 ID:1L3/XW17

反日、反日、反日。そう言い張っていれば安泰なんだよ。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年07月11日

【韓国】ついに文在寅大統領が北「太陽政策」の復活を“宣言”した

munsyou

1: 2017/07/10(月) 18:50:31.79 ID:CAP_USER

半年前までは朴槿恵前大統領の弾劾を叫ぶデモが連日開かれたソウル中心部の光化門広場。政権移行後、風景は一変。北朝鮮への“ラブコール”を発信するかのような集会は、北への警戒感を強める国際社会とのギャップを感じる。ジャーナリストの竹中明洋氏がレポートする。

 * * *
 参加者の多くは、白地に青色で描いた統一朝鮮半島の地図をあしらったTシャツを着ている。6月15日、光化門広場の一角で「6・15共同宣言発表17周年記念大会」が開かれていた。歌や踊りのショーの合間には参加者の代表らが登壇し、口々に北朝鮮との関係改善を唱えた。

「6・15共同宣言の精神に立ち戻るべきだ!」

 韓国二大労組のひとつ、民主労総の副委員長に至っては、8月15日にソウルで南北労働者統一サッカー大会を開くから成功させよう、と呼びかけていた。

この大会を開いたのは、「6・15共同宣言実践南側委員会(以下、南側委員会)」である。ちょうど17年前のこの日に韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日総書記が平壌で行った南北首脳会談で締結した「6・15南北共同宣言」の履行を求め、北朝鮮と共同で宣言を記念する行事を毎年開いてきた。だが、李明博・朴槿恵元大統領らの保守政権下では、これら行事の開催が認可されなかった。政権交代後、満を持しての開催だけに余計に熱を帯びる。

 民主化運動の闘士だった李昌馥氏を常任代表に、韓国の労働団体や宗教団体、市民団体等から構成され、数多くの訪朝を重ね、中国の瀋陽でたびたび北朝鮮側と接触。韓国を代表する親北団体で、日韓の情報当局は対南工作を担う朝鮮労働党統一戦線部の強い影響下にあるとみている。

 北朝鮮の工作活動といえば、工作員を使った拉致やテロばかりではない。平和的な統一運動に名を借りて韓国国内の団体に世論誘導を行わせ自らに有利な状況を作り出すのも常套手段だ。まさにそうした団体のひとつがソウル中心部で堂々と集会を開いていたのだ。

 会場の大型モニターに、平壌の空港に降り立った金大中氏を金正日氏が迎える映像が流されると拍手が沸き起こった。一方、開城工業団地の閉鎖を発表する朴槿恵大統領の映像にはブーイングが浴びせられる。会場にみなぎる親北的な空気に違和感を覚えた。

 北朝鮮やその影響下にある南側委員会がこの宣言を高く評価するのはなぜか。

宣言は、南北が統一問題を「自主的に解決していく」とした上で、南北の政治体制をそのまま据え置き、二つの政府の代表からなる連邦政府をつくるという統一案を事実上認める内容となっている。これは、北朝鮮側の主張に沿ったものだ。

 つまり米国等の周辺国の統一問題への関与を排するとともに北朝鮮の体制の延命を確認したといえる。さらにこの宣言で韓国による経済協力を約束。これが後に始まる開城工業団地や金剛山観光の根拠となった。これらの事業こそが北朝鮮に多額の外貨をもたらし、核ミサイル開発を促すことにつながったとされる。

◆南北交流は8月15日以降

 集会を前にして、ソウルのプレスセンターで主催者らが記者会見を開いていた。

「李明博や朴槿恵の政権の対北政策はあまりに愚かで、この9年間、南北関係は暗鬱そのものでした。韓半島の主人である我々民族同士が力をあわせて南北間の合意を忠実に守っていれば、今のような緊張状態にはならなかったはずです」

 会場で、南側委員会の顧問である金英周氏を掴まえると、二代続いた韓国の保守政権をそうこき下ろしてみせた。



続きます。
https://www.news-postseven.com/archives/20170710_573811.html?PAGE=1#container
2017.07.10 16:00


2: 2017/07/10(月) 18:50:43.24 ID:CAP_USER

>>1
続き。
金氏は、会見で「それ(南北の平和協定)を邪魔しているのが、在韓米軍司令官が持つ韓国軍の戦時作戦統制権。米国は韓国の首根っこをひねるかのように星州にTHAADを配備したが、これは屈辱的なものだ。米国が主導する国連による北への制裁は中断すべきだ」と、反米・親北感情を露わにしたスピーチもしている。筆者は、ミサイル実験を繰り返す北朝鮮と協力関係を築くことができるのか、そう尋ねた。

「緊張関係を口実に全ての交流を中止する考え方は良くありません。統一のためにまずはたやすいことから始め、次に政治や軍事の問題を解決すべき。開城工業団地や金剛山観光は平和に向けた優れた事業だったのに朴槿恵が自分の政権維持のため南北分断を図り、止めてしまいました」

 こうした主張は韓国内では珍しくない。いや、集会のあった15日、文在寅大統領自ら、ソウル市内の別の行事でこう発言している。

「北が核やミサイルによる追加挑発を中断すれば、無条件で対話に臨むことを明言する」「膝を突き合わせ、これまでの南北間の合意をどのように履行するか協議するつもりだ」

 韓国の通信社が速報したこの発言は、日本ではさほど注目されていない。しかし韓国メディアでは、対北融和を掲げた金大中・盧武鉉政権のもとで進められた「太陽政策」の復活を明らかにしたものと受け止められている。

韓国では民間団体が北と接触し訪朝するには、統一部の許可を得なくてはならない。保守政権の李明博政権以降、民間団体の渡航は厳しく制限されてきた。

 大統領就任前から南北統一経済圏構想を掲げていた文政権は、青瓦台(大統領府)に北朝鮮に融和的なスタッフを招集し、さらには6月4日に民間団体の渡航に許可を出した。このため南側委員会は100人もの訪朝団で参加する計画を立てたが、開催場所を開城とするか平壌とするかで事前協議が難航した。そのため、準備が間に合わず南北合同での開催は見送り、次善の策として南側委員会単独で開かれたのが冒頭の集会である。

 韓国紙記者はこの間の舞台裏をこう説明する。

「6月末の韓米首脳会談を前に平壌で南北合同の行事を開けば、国際的な対北圧力の足並みを乱したと米国から責められるのは必至でした。それを避けるため青瓦台が南側委員会に働きかけて訪朝を断念させました」

 裏を返せば、首脳会談が終われば、一気に舵を切るであろうということ。南側委員会をはじめ親北団体は、文大統領の有力な支持基盤だ。新政権への影響力も強いゆえ、米国の横やりがあろうとも方向転換は困難だ。

南側委員会の会見に出席していた与党「共に民主党」の実力者・禹相虎前院内代表も「南北の交流が本格化するのは首脳会談後。目に見えてくるのは8月15日以降だろう」と発言していた。共同宣言の記念行事も改めて10月に平壌で開催される予定だという。

 国際社会の非難を無視して核ミサイル開発を続ける北朝鮮に、各国が一致して制裁圧力をかけている。

 もしも朝鮮有事が起きた場合、“当事者”となる文在寅政権がそれとかけ離れた動きを見せ始めているのには、違和感を覚える。その対北政策に警戒が必要だ。

【PROFILE】たけなか・あきひろ/1973年山口県生まれ。北海道大学卒業、東京大学大学院修士課程中退、ロシア・サンクトペテルブルク大学留学。在ウズベキスタン日本大使館専門調査員、NHK記者、衆議院議員秘書、「週刊文春」記者などを経てフリーランスに。近著に『沖縄を売った男』。

※SAPIO2017年8月号


以上です。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 政治

2017年07月08日

韓国の文在寅大統領「いつどこでも金正恩氏と会う」 南北首脳会談呼びかける

1: 2017/07/06(木) 22:52:20.83 ID:CAP_USER

 【ハンブルク=宮下日出男、ソウル=桜井紀雄】ドイツを訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日、ベルリンで北朝鮮との平和構想について演説し、条件が整えば「いつどこでも金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会う用意がある」と首脳会談を呼びかけた。

 平和協定締結を含む全ての問題を協議できるとし、南北経済共同体を成し遂げると主張した。

 対話による北朝鮮の核・ミサイル問題の解決を目指す文氏がさらに対北融和策に踏み込んだ形だ。

 北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射で、国際社会が制裁強化を模索する中、足並みを乱す恐れがある上、北朝鮮は「核問題は米国との問題だ」として文氏との対話を拒否している。

 文氏は演説で、ICBM発射を非難しながらも、非核化に向け「北朝鮮が正しい選択をする最後の機会だ」と強調。体制崩壊や吸収統一は推進しないとし、米朝や日朝関係の改善を含む包括的解決を訴えた。

 南北経済ベルトを結ぶことで「朝鮮半島の新たな経済地図を描く」ともし、南北の鉄道の連結やロシアから韓国に至るガスパイプラインの敷設を提案。来年の平昌五輪への北朝鮮の参加推進も改めて表明した。

http://www.sankei.com/world/news/170706/wor1707060094-n1.html

no title

no title

6日、ドイツ・ベルリンで演説する韓国の文在寅大統領(聯合=共同)


2: 2017/07/06(木) 22:52:55.91 ID:O1IvvrA/

地獄でどうぞ


3: 2017/07/06(木) 22:53:06.70 ID:VXFJOrdb

じゃあ、さっさと北行ってこいよ


5: 2017/07/06(木) 22:53:41.09 ID:NbJuyDag

斬首ビビッて出てこんだろ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年07月01日

【韓国】文大統領「反日」頼み“半分死に体”政権で大衆迎合へ

munn

1: 2017/06/30(金) 17:32:26.63 ID:CAP_USER

それでも反日政策強化しかない!? 米ワシントン入りした韓国の文在寅大統領(64)は30日、ドナルド・トランプ米大統領(71)と初首脳会談を行う。そこで気になるのは文氏の態度だ。ただでさえ高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題でトランプ大統領をイラつかせている文政権。米国は慰安婦問題でも日本に同調する姿勢を見せているだけに、文氏がどう対応するか注目だ。そんななか専門家は“半分死に体”の文氏が生き残るためには「反日路線を突っ走るしかない」と分析している。

 訪米した杉山晋輔外務事務次官は先日、米国務省で5月に国務副長官に就任したばかりのジョン・サリバン氏と会談し、慰安婦問題の解決に関する2015年の日韓合意を履行することが重要との認識で一致した。

 30日に米韓首脳会談を行う韓国の文大統領は日韓合意に否定的。慰安婦問題での日韓合意の再交渉を避けたい日本側は、米韓会談前に米側と認識のすり合わせを狙ったとみられるが、韓国側の流れは反日、合意破棄で、韓国内も「合意破棄、再交渉、謝罪せよ」の声一色だ。

 ホワイトハウス高官は、米韓首脳会談について「北朝鮮の差し迫った脅威への対処が会談の最重要議題になる」と説明。北朝鮮による核・ミサイル開発の進展を念頭に、同盟国間の連携強化が必要との認識を示し、近い将来の日米韓首脳会談の開催にも前向きな考えを示した。

 同高官はトランプ大統領が歴史問題をめぐり、見解の相違を抱える日韓の関係改善を仲介する重要性を理解しており「ある時点で3首脳が顔を合わせることがあっても驚かない」とも語っている。

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「文大統領も康京和外相も『前政権の決めた合意はほごにしてもいい』『国民、とりわけ元慰安婦が納得しない合意は破ってもいい』と言っているに等しいです。となれば百万歩譲って、文氏の政権時に、日本が新たに100億円出して“合意”に至っても、5年後に次の政権が発足したときには『前の政権が決めた合意だから』という理由で、再交渉が可能という理屈になります。また、国民全員が納得しているわけではないという理由で、白紙撤回することも可能だということです。この言い分がまかり通れば、どこの国も韓国とは合意や条約を結ばなくなるでしょう」

 そもそも、大統領選挙の下馬評では圧勝といわれた文氏だが、得票数では2位の洪準杓氏、3位の安哲秀氏の合計を下回った。

 文氏の所属する「共に民主党」も少数与党だ。

「野党の顔色をうかがわなくては何も前に進まず、大衆迎合的な政策に走るしかありません。韓国で、国民みんなが納得し、かつ野党の賛同を得る政策といえば反日です。女性でアナウンサー上がり、慰安婦問題では強気の発言の目立つ康氏を、政治家としての実績のなさを度外視して外相に抜てきしたのも、大衆迎合と言えるでしょう」と但馬氏。

 特に経済ではこれといって打つ手もなし。外交的にはTHAAD配備をめぐり、米国、中国双方から踏み絵を迫られ、北朝鮮との緊張を抱える文政権は発足時からして既に半分“死に体”だ。

「これまでの政権が、支持率低迷時にカンフル剤として打ってきた反日政策を、最初からガンガン投与してくることでしょう。当然、効果も薄れてきます。最後に泣きつく相手である日本も、さすがにそっぽを向くことでしょう」(同)

 ポイントは文政権は前大統領の朴槿恵被告(65)の弾劾決議によって誕生した政権であることなのだ。朴被告は韓国憲政史上初の弾劾によって辞めた大統領となってしまった。

 但馬氏は「朴前大統領の一件で、韓国における大統領弾劾のハードルは極端に低くなった。国民は、気に入らない大統領を血祭りに上げる権利と力を持ってしまったのです。文大統領はますます大衆迎合的にならざるを得ないことでしょう」と指摘する。

 文政権の反日政策が強まるのは確実だ。


http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/703858/
2017年06月30日 17時00分


2: 2017/06/30(金) 17:34:09.22 ID:yWA0GSMD

国自体が死にかけてるんだし、大統領が死にかけでも問題ない。


3: 2017/06/30(金) 17:34:56.11 ID:gEyQSrgG

こいつ就任当日からレームダック化してるような気がする・・・・


4: 2017/06/30(金) 17:35:08.37 ID:Qi8xE2B2

早めの反日ブーストでは身が保たないぞ

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年06月28日

【朝鮮半島情勢】文在寅政権が北への支援物資搬出を初承認 当局「横流しはない」と強調

18gou

1: 2017/06/27(火) 19:25:45.44 ID:CAP_USER

韓国統一省が、非政府組織(NGO)「ユージンベル財団」が申請した北朝鮮への結核治療薬など、計約19億ウォン(約1億9000万円)相当の支援物資の搬出を承認していたことが27日分かった。文在寅(ムン・ジェイン)政権になって物資の搬出承認は初めて。

南北関係の改善を目指す文政権は、人道支援団体などの対北接触を相次ぎ認めているが、北朝鮮は、米国などが進める対北制裁に韓国政府が同調していることを問題視し、韓国の団体の訪朝を拒否。文政権に揺さぶりを掛けている。

聯合ニュースによると、支援物資は7月ごろ、船便で中国を経由し、北朝鮮の南浦(ナムポ)港に荷揚げされる見通し。財団関係者も訪朝予定だが、韓国人ではないため、韓国政府の承認は必要ない。

財団は昨年3、9月と今年1月にも北朝鮮に物資を届けた。今回は、韓国の独自制裁で制限されている建築資材の搬出も病棟用として承認された。

北朝鮮では、これまで支援物資の横流しが度々指摘されてきた。統一省当局者は今回、物資が支援先にきちんと届いたか「モニタリングが可能で、転用の可能性はない」と強調した。

http://www.sankei.com/world/news/170627/wor1706270025-n1.html


2: 2017/06/27(火) 19:27:34.08 ID:8H2A3vEZ

テロ支援国家の韓国


3: 2017/06/27(火) 19:27:43.55 ID:LyYfQhpk

笑ったw
テロリストに支援しますとか今の流れでよく言えるな
中国ですら大っぴらには控えてるのに


4: 2017/06/27(火) 19:28:10.96 ID:Cr5R5cSD

文の猛アピールは逆に北朝鮮も困るだろ
もうちょっとコソコソやれよ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2017年06月08日

【韓国】文在寅政権発足1カ月 型破りの大統領に国民「新鮮」

munsyou

1: 2017/06/08(木) 15:05:13.77 ID:CAP_USER

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任してから1カ月、その言動を表現する言葉の一つが、「型破り」だ。選挙期間中、権威をかざすことなく謙虚な姿勢で「コミュニケーションをとる大統領」になると約束したが、この1カ月を見る限り、期待以上といえる。

 「脱権威」ぶりは就任当日から話題を集めた。国会で就任宣誓した後、車に乗り込む前にすべての与野党の執行部や役員、さらには市民とも自然な様子であいさつを交わし、スマートフォンで自撮り写真を撮る姿は、見る人に新鮮な驚きを与えた。

 また、文大統領は青瓦台(大統領府)の警護レベルを引き下げた。厳しすぎる警護がコミュニケーションを妨げないようにするためだ。李洛淵(イ・ナクヨン)首相は首相候補に指名された翌日の先月11日、文大統領が「警護をもう少し緩めてほしい」と、警護室長が困るほど頼み込んだという話を明かした。

 青瓦台官邸の準備が整うまではソウル市内の自宅から通勤していたが、住民から写真撮影を求められるたびに気さくに応じた。青瓦台の見学に訪れた子供たちを見かけると車から降りて声をかけ、子供がサインをもらおうとノートを取り出すのをじっと見守る様子にも、「国民の目線に立つ」という大統領の意思が感じられた。

 既存の枠にとらわれないのは、「国の主人は国民」という信念があるからだ。

 青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は6日の会見で、大統領が出席する国の行事の儀典を改善する方針を示した。会場入りする大統領を閣僚らが迎える代わりに、大統領がそれぞれの行事で象徴的な立場にある人と一緒に入場する。国を守るため犠牲になった人々を追悼する「顕忠日」の6日、追悼式で文大統領の横に立ったのは国会議長や大法院(最高裁)トップらではなく、最前線の地雷事故で負傷した軍人たちだった。

 文大統領は青瓦台参謀との関係でも格式より意思疎通を重視する。就任翌日、新任の首席秘書官との昼食会で、脱いだ上着を受け取ろうとした職員を「私がします」とやんわり遮った。食事後も上着は脱いだまま、コーヒーを片手に青瓦台内を一緒に散策しながら談笑した。新政権に漂うムードを象徴するシーンといえる。

 青瓦台の会議も、枠にとらわれないスタイルで意思疎通を図ろうとする。先月25日に開かれた初の首席補佐官会議は、肩書き関係なし、事前調整なしの会議だった。ノーネクタイ姿で集まった大統領と首席補佐官は自分でコーヒーやお茶を入れ、隔てなく討論した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/06/08/0900000000AJP20170608002300882.HTML


2: 2017/06/08(木) 15:06:02.29 ID:T+PzGKl7

マスコミがこぞって持ち上げる親北派


3: 2017/06/08(木) 15:06:02.32 ID:fijzZeas

終わりの始まりを担う大統領に
酔いしれるニダ!!


4: 2017/06/08(木) 15:07:25.99 ID:buNHJkVK

統一おめでとう

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2017年06月01日

【韓国】首相に知日派就任 「日本重視、最善尽くす」

gyoro

1: 2017/05/31(水) 18:03:05.99 ID:CAP_USER

【ソウル共同】

韓国国会は31日、文在寅大統領が首相に指名した李洛淵・前全羅南道知事(64)の就任に必要な任命同意案を賛成多数で可決し、李氏の就任が決まった。
 
李氏は韓国紙、東亜日報の東京特派員や国会議員として韓日議員連盟の副会長も務めた知日派。首相指名後、全羅南道と関係の深い高知県の関係者に、自分の首相指名は「文大統領の日本重視の表れだ。『日本との懸け橋になれ』ということだ。私も最善を尽くす」と話していた。


2017年5月31日 17時45分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017053101001507.html


3: 2017/05/31(水) 18:04:54.40 ID:w+VzNncu

知日派などいない用日だろうモウ嘘は止めろ


4: 2017/05/31(水) 18:05:20.64 ID:c6Fri4ai

.
日本「まずは合意を守れ、履行しろ! 以上、終わり、帰れ、死ね」


5: 2017/05/31(水) 18:06:17.99 ID:jQVlcHFs

架け橋じゃなくてスワップと慰安婦合意再交渉を日本から言い出せって仕事でしょw

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 政治