スポーツ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年10月16日

【サッカー】<韓国サッカー死亡>空港で抗議デモ!監督の会見中止...

1: 2017/10/15(日) 22:00:41.66 ID:CAP_USER9

ふがいない試合が続いて世論の批判の矢面に立たされているサッカー韓国代表の申台竜(シン・テヨン)監督が15日、遠征先のモスクワから仁川国際空港に帰国した際、ファンの激しい抗議デモに遭ってインタビューの中止という事態に追い込まれた。

 申監督は欧州での親善試合2試合のため今月2日に韓国を出国し、試合が終わった後も金鎬坤(キム・ホゴン)技術委員長と共に現地に残り、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のベースキャンプ地などを視察してから帰国した。9時25分の到着予定だったが1時間ほど遅延した。

 申監督は当初、空港で記者会見を開く予定だった。代表チーム監督は、帰国した際に空港でインタビューを行うのが慣例になっているからだ。この日は取材陣に対し、欧州2連戦の成果とベースキャンプ地視察などについて説明する予定だった。

 しかし、サッカーファンの団体「サッカーを愛する国民」のメンバーらが午前中から空港で抗議デモを繰り広げた。メンバーたちは「韓国サッカーは死んだ」「文化体育観光部(省に相当)、サッカー協会の不正を調査せよ」と書かれた横断幕を掲げてデモを続けた。

 メンバーらは声明で「国家代表チームは2018年W杯ロシア大会を前に、国民に対しサッカー史上最悪の挫折感と苦痛を与えた。このような危機をもたらしたのは、無能な監督と大韓サッカー協会に責任がある」と主張するとともに、申監督と金委員長の辞任を要求した。

 デモ現場が異様なムードに包まれていたため、サッカー協会は申監督が到着する前に、インタビュー会場の設備を撤去したという。申監督は結局、サッカー協会と協議の上でインタビューを中止し、予定されていたゲートとは異なるゲートから出てきた。帰国インタビューの場所はその後、ソウル市内のサッカー会館に変更された。

 韓国代表はW杯ロシア大会の出場切符をなんとか手にしたものの、今月初めに行われた欧州での親善試合2試合でも実力を立証できず、世論の批判にさらされている。親善試合で韓国はロシアに2−4、モロッコに1−3と連敗した。親善試合の前から、フース・ヒディンク元韓国代表監督の再起用などをめぐって韓国サッカーに対する世論が悪化していたが、今回の親善試合2連敗で世論の雰囲気は最悪になっている。

10/15(日) 21:51配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00001981-chosun-socc


60: 2017/10/15(日) 22:13:01.48 ID:VRiIMmba0

ほとんど人いないじゃん

帰国したキム・ホゴン技術委員長とシン・テヨン監督 仁川空港=キム・ギョンミン記者
no title


一部のファンが「韓国サッカーは死亡した」というプラカードを持って抗議している。
no title

no title

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年10月13日

【サッカー】ロシアとモロッコに連敗の韓国、FIFAランキングで史上初めて中国に逆転許す

nidanaki

1: 2017/10/12(木) 20:29:00.37 ID:CAP_USER9

10/12(木) 15:45配信

 サッカー韓国代表が、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで中国代表に逆転を許すこととなった。

 12日(日本時間)、FIFAホームページによると韓国の10月の予想ランキングポイントは588点。9月のランキングポイント659点より71点もダウンした。

 9月に51位を記録した韓国は、順位が低いロシア(64位)、モロッコ(56位)に相次いで敗れ、予想より多くのポイントを失うこととなった。韓国はヨーロッパ遠征2連戦でロシアに2-4、2軍が出場したモロッコに1-3で敗戦を喫した。

 韓国はアジア予選を共に通過したイラン(784点)、日本(711点)はもちろん、北中米予選でワールドカップ予選を決めたパナマ(670点、以上10月の予想ランキングポイント)より低い。

 さらに、ロシアワールドカップ本戦進出は叶わなかった中国(626点)に、FIFAランキングで抜かれることになってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000048-wow-socc


4: 2017/10/12(木) 20:30:48.51 ID:M92AjX0x0

雑っ魚www


5: 2017/10/12(木) 20:32:29.45 ID:mm372GsU0

アジアの鼠


6: 2017/10/12(木) 20:32:34.50 ID:1Oz4eGGW0

中国より低いってwww

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年09月30日

【テコンドー】東京五輪で採用へ!新開発中のテコンドー用“ぴちぴち”ウエアに、韓国ネットから酷評

1: 2017/09/29(金) 11:26:38.75 ID:CAP_USER

2017年9月28日、世界テコンドー連盟(WT)が公開した新たな競技ウエアデザインをめぐり、テコンドーを国技とする韓国で賛否両論が巻き起こっている。伝統的な道着とはまったく異なる、体に吸い付くようタイトなデザインのウエアが開発中なのだ。韓国・朝鮮日報が伝えた。

22日にモロッコ・ラバトで始まった「2017ラバト・ワールドテコンドーグランプリ第2戦」でWT公認企業KP&Pが開発した新たな競技ウエアと電子防具のデモンストレーションが行われ、モロッコの現役男子選手が新たなウエアと防具を着用しフィールドテスト形式で試合をした。

今回のデモンストレーションで、KP&P側は電子防具の方に焦点を当てていたというが、観衆の関心はウエアの方に集中した。新鮮とする意見もある一方、「見苦しい」といった非難も出ているという。

問題は、既存の道着とはまったく異なる斬新な設計にある。体のラインがあらわになるぴったりとしたデザインに加え、「試合への妨害要素になる」との理由で帯も取り除かれており、テコンドー競技者からは反対の声が出ているそうだ。

WTのヤン・ジンバン事務局長はこうした意見を受け「新たな競技ウエアは、大衆の目とメディアに合ったビジュアルを備えること、競技と選手の安全のための機能性を搭載することが目的だ。道着がなくなるのではなく、競技服が追加されるということだ」と説明している。

なおWTはこの新たな競技ウエアを、2020年の東京五輪から本格導入する計画としている。

しかし韓国のネットユーザーの反応も散々なもの。記事には

「なんだこれ?情けない」
「伝統を破壊するな」
「レスリングじゃないんだぞ」
「フェンシングの選手みたい」
「テコンドーは道着そのものに象徴性があるのに…」
「韓国のデザイナーは死んでしまった」
「守らねばならないところはちゃんと守れ」
「これが武道か?」
「下着かよ」

と厳しいコメントばかりが集まっている。

また、

「連盟とメーカーの間で不正があったのかも」
「テコンドーを商業化させようとする金目当ての連中がしそうなことだ」

など、不正や癒着を疑う声も上がった。


2017年9月29日(金) 10時30分
http://www.recordchina.co.jp/b191996-s0-c50.html


2: 2017/09/29(金) 11:26:51.57 ID:CAP_USER


続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年09月27日

【サッカー】韓国vsチュニジア戦が中止 代わりにモロッコと試合か

nidanaki

1: 2017/09/26(火) 10:38:05.85 ID:CAP_USER

2017/09/25 10:27

【ソウル3日ロイター】韓国とチュニジアの親善試合は中止されたが、モロッコが代わりの対戦相手になる可能性が出てきた。

韓国サッカー協会(KFA)は先週金曜日、チュニジアが「内部的な理由」を理由に試合を拒否したと発表した。両国は10月10日にスイスで対戦する予定だった。

先週のチュニジアメディアの報道によると、Nabil Maaloul監督は、ワールドカップ予選の3日後に
韓国と対戦したくないと言った。彼は11月の残りのワールドカップ予選を戦うため、親善試合で怪我をするリスクを拒んだ。

KFAはチュニジアの代わりに、原則として10月10日の試合をスイスでモロッコと行うことに同意したと述べた。以下略

http://english.yonhapnews.co.kr/culturesports/2017/09/25/0702000000AEN20170925003500315.html


2: 2017/09/26(火) 10:39:06.43 ID:SMOnOab4

そんなにイヤか


28: 2017/09/26(火) 10:54:25.67 ID:Exxd30QI

>>2
嫌だろw


3: 2017/09/26(火) 10:39:16.48 ID:/roJ3QXU

親善www

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年09月25日

ソチでキム・ヨナ抑えた21歳アデリナ・ソトニコワ 平昌欠場に心ない韓国ネットユーザー

1: 2017/09/24(日) 10:16:19.33 ID:CAP_USER

冬季五輪の人気種目で“五輪の華”と称されるフィギュアスケート。世界トップに立ったロシア選手が来年2月に迫った平昌五輪を欠場することが明らかになり、もう1人は19歳で現役引退を発表した。世界最強のロシア勢の中で激しい生存競争をうかがわせる。

 欠場が明らかになったのは、アデリナ・ソトニコワ(21)。今年4月からコーチを務めるエフゲニー・プルシェンコ氏がロシア・メディアに対し、ソトニコワがトレーニングをこなせていない状態であり「けがのために今シーズンの試合には出場しない」と明かしたことをAP通信が8月28日に報じた。最近は右足首のけがに苦しんでいるようで、2つの金メダルを含め4大会の五輪でメダルを獲得したプルシェンコ氏のおメガネにかなう状態ではないようだ。ただ、同コーチは引退を意味するものではないとした。

 この報道に過敏に反応したのが、韓国だった。聯合ニュースは「ソトニコワはソチ五輪で釈然としない判定でキム・ヨナを抑えて金メダルを獲得した」と報じた。ネットユーザーはもっと過激で「けがは言い訳だろう」「実力がばれそうだから逃げたな」などと書き込んだ。2014年ソチ五輪で五輪連覇を狙ったキム・ヨナ(2位)を抑えて金メダルを獲得したのが、ソトニコワだったからだ。

 愛国心を託しやすいスポーツ・ナショナリズムは韓国人がことのほか強いといわれる。「国民の妹」と称され、韓国で絶大な人気を誇るキム・ヨナを負かしたことで韓国内は騒然とした。判定をめぐって韓国スケート連盟は国際スケート連盟などに不服を申し立てた。さらに、キム・ヨナ・ファンや韓国のネットユーザーらはソトニコワのSNSに抗議や非難のコメントを次々に書き込み、SNSを閉鎖に追い込んだ。

一方、ソチ五輪でキム・ヨナのライバルの1人に挙げられたユリア・リプニツカヤが拒食症に苦しみ、最終的に19歳の若さで現役引退を選択した。ロシア・スケート連盟は9月9日、リプニツカヤが正式に引退を報告し、代表メンバーから退く文書に署名したと発表した。

 母が8月28日、ロシアのタス通信とのインタビューで「ユリヤが欧州で3カ月間、拒食症の治療を終えて帰ってきた、4月、ロシアスケート連盟に引退決定を発表した」と答えたと伝えていた。

 15歳の時、ソチ五輪の団体戦で金メダルを獲得し、その可憐な容姿から「ロシアの妖精」と称されて将来を嘱望されたが、ソチの翌シーズンから不調が伝えられていた。成長期による体格の変化などでジャンプが不調だったという。インターネットサイトには今年6月、やや体重が増えた写真が公開され、妊娠説が流れたりした。リプニツカヤはSNSに「私は生涯37キロで生きなければならないの」などと書いていた。

 世界のトップを走るロシアの女子フィギュア陣には昨季の世界女王、エフゲニア・メドベジェワ(17)やアンナ・ポゴリラヤ(19)ら若手の実力派が台頭し、いったん第一線から後退すると、間隙を突いて再びトップに加わるのが困難な状況にある。リプニツカヤは今後、大学に進学する予定という。

2017.9.24 01:00
http://www.sankei.com/premium/news/170924/prm1709240008-n1.html


2: 2017/09/24(日) 10:17:08.09 ID:gIwWnCzD

クズ民族だなぁ


3: 2017/09/24(日) 10:18:59.64 ID:p5pWMQVl

>>1
> 聯合ニュースは「ソトニコワはソチ五輪で釈然としない判定で
> キム・ヨナを抑えて金メダルを獲得した」と報じた。

文句があるんなら、審査員に言えよ。


20: 2017/09/24(日) 10:34:43.02 ID:akE4dD8i

>>3 言ってたよ
しかしそんな抗議はソトニコワが金の判定に問題なしで一蹴されたね

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年09月20日

【サッカー】チュニジア代表監督、韓国との親善試合に難色

nidanaki

1: 2017/09/19(火) 13:25:20.35 ID:CAP_USER

シン・テヨン号との親善試合を控えたチュニジアサッカー代表チームが試合を拒否する意志を明らかにした事実が現地マスコミの報道で分かった。

最近、チュニジアニュメリクなどチュニジアメディアによると、ナビール・マールールチュニジア監督は13日、
現地取材陣とのインタビューで、韓国との親善試合を受けないという立場を自国協会側に伝えたと明らかにした。

2018年ロシアワールドカップアフリカ予選のギニアとのアウェー戦を行った三日後に評価試合を準備するのは難しい点、
11月にもワールドカップ予選があり、選手の保護が必要であることなどが理由として提示された。

チュニジア-ギニアのワールドカップアフリカ最終予選第5戦は7日で、韓国-チュニジアの親善試合は10日に行われる予定である。
中略

マールール監督は「今回の試合を受け入れれば選手たちの集中力に影響を与える可能性がある。そのような点を望んでいない」とし
「ワールドカップ出場が優先」と強調した。

しかし19日現在、まだ正式に両チームの試合がキャンセルされたという発表は出てこなかった。以下略

http://news.nate.com/view/20170919n13988?mid=n1007


4: 2017/09/19(火) 13:28:42.92 ID:zXa9VQPo

はっきりと「テコンサッカーで選手を壊されたくない。」と言ってやれば良いものを。


5: 2017/09/19(火) 13:29:36.52 ID:Omfy8NDo

>選手の保護
確かに韓国と試合をしない事が一番の保護だわな。


7: 2017/09/19(火) 13:29:46.88 ID:G6TuEK24

いやつーか、FIFAのルールで一週間内で
別大陸移動しての連戦て出来ないはず

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年09月07日

【サッカー】韓国W杯出場決定も自国メディア辛辣 「イランが助けた」「熱湯と水風呂を往復」

fabyon

1: 2017/09/06(水) 02:38:23.95 ID:CAP_USER

9/6(水) 2:31配信
Football ZONE web

辛くもW杯出場権を獲得した韓国だが、自国メディアからは厳しい評価が相次いだ 【写真:Getty Images】

敵地ウズベキスタン戦0-0ドロー シリアとイランが引き分け、韓国が辛くも出場権獲得

 韓国代表が9大会連続のワールドカップ(W杯)出場をギリギリで決めた。ロシアW杯アジア最終予選グループA最終戦で敵地ウズベキスタン戦に臨んだ韓国はスコアレスドローで切り抜け、グループ2位を維持して本大会出場を決めた。3位シリアが1位イランとの試合で2-2ドローに終わったため、2位の座を辛くも守ったチームに、韓国メディアは「イランが助けた」「熱湯と水風呂を往復」と厳しい評価を下している。

【写真】イラン監督が“韓国の洗礼”に怒りのクレーム! 練習場のとんでもない惨状をSNSで告発

 敵地タシケントのブニョドコル・スタジアムでシュート19本の雨を降らせた。終盤足の止まったウズベキスタン相手に決定機を数々作ったが、途中出場のFWイ・ドングクが決定機を外し続けた。

 スコアレスドローに終わり、シリアとイランのドローによってロシア大会自動出場権を手にした韓国代表だが、自国メディアは辛辣だった。

「ドローの韓国が9大会連続のワールドカップ出場、イランが助けた」と速報したのは韓国紙「スポーツ朝鮮」だった。

 4位ウズベキスタンとの最終決戦を「遠征ギロチンマッチ」と記事では位置づけた。そして、「ワールドカップ行きのチケットをつかんだが、試合内容はがっかり。格下のウズベクに苦戦した。選手の連係が合わずに、決定機があまり作れなかった」と評されている。

 一方、韓国紙「スポーツソウル」では「熱湯と水風呂を往復したロシア行き」と最終予選を総括している。ウリ・シュティーリケ前監督が成績不振で解任され、前節イラン戦からシン・テヨン監督が就任する修羅場から、「最終10試合目でロシア本大会出場を辛うじて成し遂げた」「最終予選を通じて不安だった」と厳しく評価している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010006-soccermzw-socc


3: 2017/09/06(水) 02:44:25.28 ID:xPL/060x

良かった良かった。
これでロシアでも世界に韓国、朝鮮人が異常な事が宣伝される事になった。
順番としては冬季五輪の失態→ロシアWCでのテコンサッカーになるのか?
楽しみが増えたわ。


5: 2017/09/06(水) 02:51:35.33 ID:EXzgXeaq

イランは立派
過去の遺恨み目を瞑って、全力で目の前の敵と戦ったんだから


7: 2017/09/06(水) 02:53:59.42 ID:jsweR+92

ミサイルよりサッカー(笑)

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ