スポーツ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年09月16日

【サッカー】“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明

1: 2018/09/15(土) 18:29:47.21 ID:CAP_USER9

U-23韓国代表のFWイ・スンウがアジア大会決勝のU-21日本代表戦(延長2-1)で物議を醸したゴールパフォーマンスについて口を開いた。韓国『中央日報』が伝えている。

韓国は今月1日に行われたアジア大会決勝でライバルの日本と対戦した。0-0で迎えた延長前半3分、“韓国のメッシ”ことイ・スンウが先制ゴールを挙げると、
同11分にはFWファン・ヒチャンが追加点。
延長後半12分に日本のFW上田綺世に1点を返されたが、2-1で逃げ切って大会2連覇を飾った。

問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。
当時、韓国『国際新聞』では「偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。
彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなった」と報じていた。

韓国『中央日報』によると、14日にユーチューブチャンネルに登場したイ・スンウは「(日本戦のパフォーマンスで)よりによってトヨタの看板を踏んでいる」
というユーザーの書き込みに困惑する様子を見せたという。「本当に知らなかった。本当に見ていなかったんだ」と、看板には気づいていなかったことを強調したようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-01876300-gekisaka-socc
9/15(土) 14:05配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/255000/254466/news_254466_1.jpg


2: 2018/09/15(土) 18:30:35.98 ID:Ky+wy+Kl0

土人が何やってもあまり気にならんよ。


3: 2018/09/15(土) 18:30:39.31 ID:UWzV66h90

別に


6: 2018/09/15(土) 18:32:18.97 ID:Gu87kwPx0

自尊心とかの話じゃなく

企業の看板、しかもスポンサーを

踏む?
どこの国の企業だろうがやっちゃだめな行為だと
思うんだけど韓国ではこういう行為が常識なのかな?

やっぱり価値観共有できないね
韓国とは

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年09月15日

【韓国】野球韓国代表のソン・ドンヨル監督(アジア大会金メダル)、「請託禁止法」違反容疑か

1: 2018/09/14(金) 04:09:10.08 ID:CAP_USER

2018アジア大会・野球代表のソン・ドンヨル監督(55)が、請託を受けてオ・ジファン(LG所属)を選抜したとの疑惑に包まれている。

社団法人「韓国清廉運動本部」は13日、ソン監督を「不正請託および金品など授受禁止に関する法律(請託禁止法)違反容疑で、国民権益委員会に告発した」と明らかにした。

韓国清廉運動本部は、ソン韓国がアジア大会代表先発の過程で、球団側の関係者または第三者の請託を受け、オ・ジファン選手を先発したと主張している。

一方、ソン監督率いる韓国野球代表チームはアジア大会で金メダルを獲得したが、アジア大会代表チームが選手らの兵役免除の道具として使われたとし厳しい批判が続いていた。

ソース:ワウコリア
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0913/10220330.html


4: 2018/09/14(金) 04:13:41.17 ID:Lsj7nJdY

>>1
韓国は全ての領域で腐ってるな。叩けばホコリが出るクズ民族朝鮮人。


5: 2018/09/14(金) 04:16:00.99 ID:iaeDlZ0M

>韓国清廉運動本部
韓国には「清廉」なんてない


53: 2018/09/14(金) 07:39:31.89 ID:UA3SmgJ4

>>5
日本の人権団体が人権のために活動するとでも?


6: 2018/09/14(金) 04:16:31.23 ID:CAP_USER

写真です
no title

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ

【W杯】 韓国文化体育観光部長官 「2030年または2034年に南北日中の共催でW杯を」

1: 2018/09/14(金) 08:52:52.28 ID:CAP_USER

韓国文化体育観光部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官が南北日中のワールドカップ(W杯)共同開催を提案した。

都長官は12、13日に、東京で開かれた第2回韓日中スポーツ行政担当相会合に参加した。この会合には日本側からは林芳正・文部科学相が、中国側からは高志丹・国家体育総局副局長がそれぞれ参加した。

都長官は会議後に記者団と会い、南北日中W杯共同開催の提案を日中にしたとして「こういう(W杯4国共同開催)提案を北にしてみて、北はどのような考えを持っているのか議論を始める意味がある」とし「スポーツ交流を通じて南北が平和体制に移行するための韓半島(朝鮮半島)平和を構築し、平和共存・平和交流の雰囲気に転換したように、スポーツを通じて北東アジアの平和構築に向けた契機を用意していかなければならない」と明らかにした。

続いて、中国が2030年W杯を開催しようとする状況で共同開催の提案には拒否反応を示しているという記者の質問に「拒否反応というよりは、まだ時間はあるので時間を設けて協議してみようという立場。持ち帰って議論してみなければならないではないか」とし「今年は2018年で(W杯は) 2030年や2034年に行われること。まだ時間があるから時間を設けて協議しようと提案した」と述べた。


2018年09月14日06時37分 [中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/133/245133.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news


2: 2018/09/14(金) 08:53:51.95 ID:SyRGdNNJ

バカチョンとやる理由はない。


3: 2018/09/14(金) 08:53:54.54 ID:GAg0+fYY

自分たちだけでやりなよ


4: 2018/09/14(金) 08:54:01.14 ID:BhlJ43CV

断る

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年09月14日

【韓国】 アジア大会、日本に負けました。満足ですか?〜忠南大教授「韓民族を抹殺しようとした人々に負けて平気なのは親日派」

1: 2018/09/13(木) 20:54:49.44 ID:CAP_USER

今回のジャカルタ-パレンバン、アジア大会で我が国は3位だった。わずか4年前、仁川(インチョン)アジア大会では2位だったのに今回は負けた。ところが大韓民国国民みながこの結果に満足している表情だ。血が逆流し、亡くなった金九(キム・グ)先生が墓からむくっと起きられるだろう。

我が国は24年前、1994年、広島アジア大会で日本に金メダル一つ差で2位を渡した以外は1986年ソウル、1990年北京、1998年バンコク、2002年釜山、2006年ドーハ、2010年広州、2014仁川の全てで中国に続き28年間2位を占めた。

日本は50-60年代の敗戦の痛みを癒して国家の復興を宣伝するため、エリート体育に大々的に投資をし、1951年インドのニューデリー、アジア大会から1978年タイ、バンコク、アジア大会まで28年間アジア大会で1位だった。

1964年、東京オリンピック以後、生活体育中心の政策を進めてきた日本は生活体育を通した選手育成を志向しながら体育のすそ野を広げたが、それ以前まで維持したエリート体育に対する支援と関心が急速に弱まり、オリンピックなど国際大会での成績がずっと落ちた。

初めはずっと上位圏(64年〜84年20年間3位〜7位)を維持し、生活体育がよく定着した。しかし1982年からアジア大会で1位を中国に奪われ、1988年、ソウル五輪からは我が国に押されながら10位圏外に押し出されることになった。

生活体育を通じてエリート選手を養成する計画は見事に外れ、日本は30年間オリンピック、アジア大会などの国際大会で大韓民国に押されて低調な成績をおさめた。

国際大会の成績が韓国にずっと遅れをとるとすぐに自尊心に大きな傷を受けた日本は自らのエリートスポーツ選手育成システムについて疑い始め、長考のあげく得た結論が韓国の選手育成システムを習おうだった。

2000年代中盤から韓国をベンチマーキングした日本は2008年、泰陵(テルン)選手村をまねた味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を建設して最高の選手育成システムを定着させ、2015年にはスポーツ庁(長官級)を新設して大々的に予算を投じてエリートスポーツを通した日本の世界化を進行している。これを通じて日本はオリンピックとアジア大会でいよいよ韓国を圧倒しエリートスポーツ強国として復活した。

大韓民国のスポーツは総体的な危機に陥っている。学齢人口低下で非人気種目はやっと命脈を維持し、大学は定員縮小にともなう予算不足、地方自治体と企業が保有している実業チームは運動部の効用切り下げなどを理由にチーム解体を進めている。

国家を代表して他国と競争する他はないエリート体育の価値は相変らず有効だ。スポーツを通じて得られる国民的士気や自負心などの精神的な価値は何より崇高で私たちの先祖がそうだったように私たちが守らなければならない私たち民族の偉大な自尊心だ。

世界的な選手は一日で作れない。スポーツはそういうものだ。国家代表選手たちの兵役問題が連日「話題」だ。しかし、再び日本と戦うために出場しなければならない選手たちの士気を落としてしまって大韓民国の自尊心が踏みにじられる様なことが起きてはならない。

独島(ドクト、日本名:竹島)を自らの土地だと言い張って、私たちの先祖をじゅうりんし韓民族を抹殺しようとしたあの人たちがスポーツを前面に出して日章旗を持って出ている。スポーツを通した国威宣揚を防ぐ者!日本に負けても憤慨しない者!日帝時代の親日派と異ならない。

チョン・ムンヒョン忠南大学教授
http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb

ソース:中道日報(韓国語) [スポーツ老眼鏡]日本に負けました。満足しますか?
http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb


3: 2018/09/13(木) 20:55:37.40 ID:nh9G1V2W

たかがアジア大会でコンプレックス吐きやがってるのかw


4: 2018/09/13(木) 20:56:47.22 ID:bfI/4ZXU

大学の教授がコレだもんなぁ。


5: 2018/09/13(木) 20:57:06.99 ID:AeDl3FOS

もう発想が原始時代。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ

【野球U18】韓国チームトレーナー「嫌らしい話だが、日本チームにだけステーキが提供された。少しひどいと感じた」

1: 2018/09/13(木) 12:39:33.52 ID:CAP_USER

韓国紙「日本の選手たちにはステーキが提供された」/U18アジア

 韓国紙の中央日報電子版は13日、野球のU18アジア選手権で優勝した韓国代表チームのトレーナーが、「日本代表チームにだけステーキが提供された」と語ったと伝えた。

 同紙によるとトレーナーのイ・テスン氏は「嫌らしい話だが、選手団のホテルで食事をした時、私たちが先に食べて出て行ったが、その後に食事をした日本の選手たちにはステーキが提供された」とし、「ホテルの職員になぜ違うのかと尋ねたところ、ニヤニヤして返答できないようだった。少しひどいと感じた。公平に待遇すべきではないのか」と話したという。 

 韓国は決勝で延長十回タイブレークの末、7−5で台湾を下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たしたが試合後、ウオーターシャワーで喜びを爆発させた選手たちが、ペットボトルをマウンド周辺に散乱させたまま引き揚げた。

 キム・チャンピョン主将はペットボトルのウォーターシャワーに対する批判も度が過ぎたと指摘。
 「私たちはウォーターシャワーを終えて散らかっているものをすべて片づけた」とし、「なぜそのような記事が出たのか分からない。優勝できず悔しくてそうしたのではないだろうか」と語ったという。

サンケイスポーツ 2018年9月13日 12時6分
http://news.livedoor.com/article/detail/15299565/


2: 2018/09/13(木) 12:40:19.72 ID:tVr57uRm

事前にお願いしてあったんだろ


3: 2018/09/13(木) 12:40:32.06 ID:qgNxVNOx

韓国サッカー協会がケチったんだろwwwwwww
ほんと恥ずかしい民族やなw


4: 2018/09/13(木) 12:40:48.42 ID:otRAWWFC

えっ、メニューオーダーしたんじゃね? 金払って

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

【U-18野球】韓国代表、「ペットボトルは全部片付けた」、「むしろ日本選手との食事メニューで差別を受けた」

1: 2018/09/13(木) 09:20:43.63 ID:CAP_USER

(写真)
no title


第12回・アジアジュニア野球選手権で優勝カップを手にした18歳以下の野球代表チームは、日本メディアの唐突なペットボトルセレモニー問題に対し、残念だという本音を打ち明けた。 一部の日本メディアが指摘しているが、散らかしてはいないというのである。一部の選手はセレモニーに使ったペットボトルは全て片付けたと記憶している。コーチ陣はむしろ、大会期間に日本側の食事メニューで差別を受けた事があったと打ち明けた。

ジュニア野球代表チームは11日、仁川(インチョン)空港に帰国してインタビューを行った。1人メディアである『ホン・ユンウのEPISODE』で、選手とコーチ陣のインタビューが翌日の12日に詳細に紹介された。このインタビューは、多くのコミュニティーで広がって話題になった。特に、日本側が韓国代表チームに残念なもてなしをした部分があるという言葉に対し、ネチズンが注目した。

ジュニア野球代表チームのイ・デスン(トレーナー)はこのメディアとのインタビューで、「いやらしい話だが、選手団がホテルで食事をしていると我々が先に食べているのに、後から来て配膳を受けた日本選手にはステーキが提供されていた」とし、「ホテルの従業員になぜ違うにかと尋ねたら、ニコリと笑って返事をしてくれなかった。少し酷いと思った。公平に待偶しなければいけないのではと思った」と話した。

コーチ陣と選手は、日本メディアが問題視したペットボトルセレモニーに対し、過剰な批判であると口をそろえた。

主将のキム・チャンピョンは、「自分たちはセレモニーの後、散らかしていた物を全て片付けた」とし、「なぜそのような記事が出たのか分からない。優勝できなくて悔しかったのだろうか」と話した。ソ・ジュンウォンも、「(優勝して)気分が良かったけど、世論が悪い感じなので気に障る。自分たちが全て片付けた」と話した。

イ・デスン(トレーナー)は、選手が全部片付ける事はできなかったが、メディアが指摘したようにペットボトルが至る場所に散乱されてはないと説明した。日本メディアのスポーツ報知は、「韓国選手がベンチからマウンドに飛び出して喜びを満喫した。ところが再整列した時、マウンド上にペットボトルが散乱していた」とし、「大会関係者は、“マナーが非常に悪い” と激怒した。大会関係者は通訳に “選手にペットボトルを片付けさせなさい” と忠告しようとしたが、選手団には伝わらなかった。 結局、大会関係者がペットボトルを片付けた」と報道した。

ジュニア野球代表チームは10日、日本の宮崎サンマリンスタジアムで行われた第12回・アジア野球連盟(BFA)・アジアジュニア野球選手権大会の決勝で、台湾を延長10回に打撃戦の末に7-5で破った。

ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=005&aid=0001131053


2: 2018/09/13(木) 09:21:16.73 ID:eQR5wweS

これだよ韓国は


4: 2018/09/13(木) 09:21:42.39 ID:dtqx/Emj

大会関係者が片付けている写真があるんでしけどー。

no title


13: 2018/09/13(木) 09:22:39.00 ID:eQR5wweS

>>4
へいへいw

韓国のウソだなw

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年09月12日

【U-18野球】日本が批判、「韓国なぜペットボトルを片付けない、教育の問題」

1: 2018/09/11(火) 09:31:05.47 ID:CAP_USER

(写真)
no title


韓国がアジアジュニア野球選手権(以下、U-18選手権)の頂点に立った。ただし、劇的な優勝後の態度が問題になった。

キム・ソンヨン監督が率いる韓国は10日、日本の宮崎県サンマリンスタジアムで行われたU-18選手権決勝で台湾を延長戦の末に破り、同大会通算5回目の優勝を果たした。予選で日本を破ってグループ1位でスーパーラウンドに進出した韓国は、同じく日本を破った台湾との決勝戦で最後に笑った。

「台湾もジュニアレベルまでは特に我々とのレベル差はない」とのキム監督の言葉通りだった。台湾もすでにプロ指名を受けた選手が5人も布陣されていて、特に投手の球には力があった。試合中盤まで張り詰めた接戦となった。しかし韓国はソ・ジュンウォンとアン・インサンがマウンドに上がって抑え、打撃で相手のエラーから大量得点して結局7-5で勝利した。

しかし、試合後の態度が日本の現地で物議を醸した。『デイリースポーツ』は10日、「韓国がマウンド周辺にペットボトルを散らかし放置した」とし、マナー問題を取り上げた。 韓国選手は優勝が確定した後、冷えた水のペットボトルを持ち出して同僚にかけて優勝を祝った。日常的なセレモニーである。しかし問題は、その後ペットボトルを片付けなかったという事である。

『デイリースポーツ』によれば、「両チームが挨拶をした後ペットボトルはマウンド周辺に捨てられたまま放置された。韓国選手はそのままスタンドに行って挨拶をした」とし、「結局はスタッフが(ペットボトルを)拾い集めて閉会式の準備が行われた。力を見せて優勝をしただけに、残念なシーンだった」と指摘した。

日本ネチズンも非難の行列に参加した。ポータルサイトのコメントには、「(韓国の)儒教にはそのような教えがないのか?」、「これが隣国の通常の姿だ。学生の時からこれではいけない」、「周囲にこれを注意する大人がいない事が可哀想だ。高校生は学生である。教育を十分にしなければならない」とこの行動を非難する声が反響を得ている。

今回の大会で韓日両国間の神経戦もあった。日本との試合当時、キム・テハンが3塁にスライディングをして相手3塁手のグローブを踏んだとし、憤慨した事が代表的である。

ソース:NAVER/OSEN(韓国語)
https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=109&aid=0003861584

(関連)
【韓国】U18優勝で歓喜の韓国 マウンド周辺にペットボトル散らかし放置
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536587325/


3: 2018/09/11(火) 09:33:48.35 ID:D7s7cwq7

朝鮮人 この言葉ひとつで全てがわかるだろ。


5: 2018/09/11(火) 09:34:07.99 ID:nVY3ZwyJ

犬や猫だって自分の糞を隠す習性があるのにな。
バカチョンが下等動物ってよくわかるわ。


7: 2018/09/11(火) 09:35:04.55 ID:Ek4B8iC9

教育じゃない、民度だ。

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ