スポーツ - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2019年01月17日

【旭日旗問題】 「韓国はサムライ、日本は旭日旗」…サッカー、アジアカップ漫画が物議

20190116112636441440_0_710_400.jpg
1: 2019/01/16(水) 18:02:46.67 ID:CAP_USER

https://file2.nocutnews.co.kr/newsroom/image/2019/01/16/20190116112636441440_0_710_400.jpg
▲論議になっている漫画(写真=該当SNSキャプチャー)

アジアカップと関連して韓国をサムライ、日本は旭日旗で表現した漫画が登場して論議になっている。

最近、アラブ系スポーツメディアのものと推定されるSNSにアジアカップと関連、韓国はサムライ、日本は旭日旗で不適切に描写した漫画が登場した。

韓国に対する漫画はフィリピンとの最初の予選試合で守備の壁を突き抜けて勝利した韓国チームを描写したが、ひざまずいて勝利を満喫する代表チームをサムライのように表現した。

トルクメニスタンとの試合で3-2の冷や汗勝利をおさめた日本は旭日旗を背景に2ゴールを入れた大迫が刃物でトルクメニスタンを切ったと描写されている。

特に旭日旗はワールドカップ、アジアカップなど世界的なサッカー大会が開かれるたびに旭日旗で応援する日本観衆が多く出て全世界が旭日旗デザインに鈍感なのではないか、という指摘も提起されている。

「全世界の旭日旗退治キャンペーン」を広げている誠信(ソンシン)女子大ソ・ギョンドク教授は「海外サッカーファンがよく見る有名SNSのアカウントでこの様な誤りらが起きることは正さなければならない」とし、「(該当)アカウント運営者に旭日旗がなぜ問題なのかに関する映像と世界的に間違って使われた旭日旗を正した事例集を送って修正を要請した」と説明した。

また、唯一全世界的サッカー大会のたびに旭日旗が使われたという指摘にソ教授は「旭日旗デザインを使ったことだけ批判するのではなく、旭日旗の何が誤まりなのかを継続的に全世界に広報することがさらに重要だ」と明らかにした。

ペ・トクフン記者

ソース:ノーカットニュース(韓国語) 「韓国はサムライ、日本は旭日旗「…アジアンカップ漫画論議
http://www.nocutnews.co.kr/news/5090577


4: 2019/01/16(水) 18:05:46.43 ID:TdnIH39h

周り皆が間違ってるニダー!

とか何とかいつものごとく叫いてるんですね?


5: 2019/01/16(水) 18:05:57.56 ID:OCVP2oXs

諸外国にしてみれば、韓国なんて日本からパクったものを寄せ集めて作ったパチモンみたいな存在って認識なんだろ


30: 2019/01/16(水) 18:18:29.65 ID:aXyjAQyK

>>5
違う違う
ひとくくりにして日本も韓国も中国も区別がついていない

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ

2019年01月12日

【韓国】スケートいじめ騒動で猛バッシングされたキム・ボルム選手が暴露「むしろ私がいじめられていた」

1: 2019/01/11(金) 18:19:24.33 ID:CAP_USER

no title


マイデイリー 2019-01-11 11:49

スピードスケート選手のキム・ボルムが、ノ・ソンヨンから継続的な嫌がらせを受けたと主張した。

キム・ボルムは11日午前に放送されたチャンネルA「ニュースAライブ」を通じ、昨年2月の平昌冬季オリンピック当時に
浮上した女子チーム追い越し「いじめ走行」論議と関連して口を開いた。

この日キム・ボルムは、「この話はどこでもしてない話だ」とし、「私は選手村に入った2010年から昨年まで
(ノ・ソンヨンから)いじめを受けた。(中略)スケートする時はもちろんのこと、ロッカールームや宿泊施設でも
私を呼んで暴言を言うことが多かった」と話した。

続いてキム・ボルムは「選手同士、牽制をするしかなかったが、他の選手の競技力に影響を与えるのは牽制ではなく被害だと思う。
選手村は上手な選手を集めて善意の競争をする空間であり、私はそこでいじめが原因で技量が良くなることができなかった」と暴露した。
以下略

https://news.nate.com/view/20190111n16972?mid=n1007

左ノ・ソンヨン 右キム・ボルム
no title


2: 2019/01/11(金) 18:19:57.58 ID:PtmjHNCh

被害者コスプレキター


3: 2019/01/11(金) 18:20:13.43 ID:XcC+SlPA

テンプレ回答乙w


4: 2019/01/11(金) 18:21:20.23 ID:oUCHp7ZA

加害側が被害者ヅラして謝罪を求めるのは民も国も同じなわけか

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ

韓国代表コーチ、女子選手数人を常習レイプ

1: 2019/01/10(木) 14:08:28.33 ID:vOT56m1e

2019年01月10日 スポーツ一般 #スピードスケート

韓国スポーツ界を揺るがしているシム・ソクヒへの暴行事件。韓国代表のショートトラック選手に対して、そのコーチが常習的に暴行を行ってきたという事件だが、シム・ソクヒ側が数日前に暴行に加えて性的暴行もあった主張したことで、その波紋はますます広がっている。

そんななか、韓国の「正義で公正な大韓民国スケート界を臨む若手スケーター連帯」代表で、元ショートトラックコーチだったヨ・ジュンヒョン代表がシム・ソクヒを暴行するチョ・ジェボム元コーチを目撃したと発表した。

ヨ代表は1月10日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」で暴行の目撃談を伝えた。

ヨ代表はラジオで、「シム・ソクヒは他の選手と違い、スケートを始めたときから韓国代表として活動するまでチョ・ジェボム元コーチの指導を受けた」とし、「韓国スケート界ではとても珍しい」と話した。

続いて「他の選手たちには子供の頃に習ったコーチが別にいて、大きくなるにつれ中学、高校とチームを移り、他のコーチから学ぶ。シム・ソクヒは、一人のコーチからずっと学んできた点が他の選手と違う」と付け加えた。

何よりもヨ代表は、シム・ソクヒがチョ・ジェボム元コーチに暴行される場面を目撃したと告白した。

ヨ代表は「代表選抜戦のときに見たことがある」とし、「人に見られないところで殴るため、私が目撃したのは試合時のロッカールームだった」と回想した。それとともに「選手村自体が一般人の出入りが困難な構造。一般の人たちが訓練場まで入ってくるのは難しく、チームのロッカールーム自体も外からは見えないし、その中にもまた別に小さな部屋がある」と述べた。

ロッカールーム内の小さな部屋についても、説明を続けた。

ヨ代表は、「ロッカールームのなかには機器を整備することができる空間や、女子選手が着替えることができるスペースがある」とし、「シム・ソクヒが(暴行現場として)挙げた場所は韓国体育大学のスケートリンクだが、そのスケートリンクでトレーニングするときは、たまにカーテンをして外から見えないようにする」と説明した。

またヨ代表はこの日の放送で、別の被害者についても言及した。彼は「今現在、確認作業をしていて、正確な人数を述べるのは難しい」としながらも、「(被害を受けた選手が)2人以上になるようだ」と明らかにした。

https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=1780


4: 2019/01/10(木) 14:10:22.56 ID:EQLO3FjY

国技


5: 2019/01/10(木) 14:10:50.52 ID:V8/Gbb3w

きもい
韓国人はこんなのばっか
変質者多い国


6: 2019/01/10(木) 14:10:55.30 ID:A+2xNfp5

レイプと売春奇跡のコラボ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年12月11日

ショートトラックで韓国選手が中国選手を転倒させ失格、「またやった」と中国で大ブーイング

1: 2018/12/10(月) 11:26:27.01 ID:CAP_USER

※動画
https://www.youtube.com/watch?v=7mTL8tB1sBI&feature=youtu.be



環球網など、複数の中国メディアは9日、カザフスタン・アルマトイで行われたスピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)で、中国選手を転倒させた韓国選手が失格になったと伝えた。

8日に行われた女子1500メートル準決勝で、中国の李[王旋](リー・シュエン)がバランスを崩して転倒。レース後の映像判定で、抜かれそうになった韓国のチェ・ジヒョンが左手で李の右腕をつかんで押していたことが発覚し、チェは失格となった。なお、李は救済措置で決勝に進出した。

中国と韓国は、以前からスポーツを巡って火花を散らす関係。特に、ショートトラックは両国ともに強豪で、身体的な接触も多い競技であることから、メディアや世論がヒートアップしやすい。

中国のスポーツメディア・騰訊体育は「韓国がショートトラックでまた中国に魔の手を伸ばす!」との見出しの記事で、「韓国選手がレース中に反則をするのは決して珍しくない。中国選手が被害に遭うだけでなく、自国の選手同士での“内紛”も頻繁に発生している。韓国選手は優勝するためなら時に手段を選ばない」と皮肉を込めて伝えた。

また、映像メディアの梨視頻が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で問題のシーンの映像を投稿すると、5万5000以上の“いいね”が付いた。2万件以上寄せられたコメントは、ほとんどが

「なんて汚いんだ」
「恐れ入った!韓国は本当に素養がない」
「韓国のスポーツマンシップなんて笑い話」
「サッカーのW杯でもあっただろう。勝てないとあの手この手」

などと韓国を非難するものだった。


2018年12月10日(月) 11時20分
https://www.recordchina.co.jp/b669538-s0-c50-d0052.html


3: 2018/12/10(月) 11:29:37.10 ID:IDM1yAeA

そして日本を巻き込むなよ


4: 2018/12/10(月) 11:29:38.52 ID:zH0i8Pri

こんなんばっかりのショートトラック自体が欠陥競技としか


28: 2018/12/10(月) 11:44:04.01 ID:Dx95UA4G

>>4
チョンが躍起になってやるスポーツだからな
法則発動しまくってんだろ

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年12月02日

【野球】韓国プロ野球(KBO)連合チーム、プロになれなかった日本の社会人投手に『屈辱』

1: 2018/12/01(土) 10:06:44.30 ID:CAP_USER

(写真)
no title

▲ アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

スーパースターはいないが、それでも『プロ』である韓国プロ野球(KBO)連合チームが、日本の社会人野球選手に恥をかかされた。

日本の銀行員の投手から17三振を喫して『完投負け』したKBO連合チームは、3日後に行われた試合で再び20歳の日本の社会人野球チームの投手に10個以上の三振を受けてしまった。

去る29日、KBO連合チームは台湾で日本の社会人チーム(実業リーグ所属)と2018アジアウィンターベースボール(AWB)5回戦の試合を行った。

この日、日本の先発投手である河野竜生(20歳)は、7イニングで2被安打、3四球、1失点、『13三振』で連合チームの打者をこちんこちんに縛った。

(写真)
no title

▲ アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

26日に日本の社会人野球チームの小島康明(26歳)に17三振を喫した後、2戦連続で『10+@』の三振を受けたのである。

この時の17奪三振は、歴代AWBの1試合最多奪三振の新記録になった。9イニング17奪三振は、柳賢振(リュ・ヒョンジン)が持っているKBOの歴代1試合最多奪三振とタイ記録である。

竜生の圧倒的な球に翻弄された連合チームは彼が退いた8回表、交代した阿部翔太(26歳)の球を打って4点を挽回した。そのおかげで勝負は5対5で終った。

(写真)
no title

▲ アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

逆転に失敗した連合チームは5試合2分け3敗を記録して、たったの1勝も記録する事ができなかった。

野球ファンは、いくら何でも仮にもプロなら、もう少し良い姿を見せなければならないと口をそろえている。

一方、日本の社会人野球チームに属する選手は、日本プロ野球のドラフトに選ばれなかった選手であり、プロを夢見る選手である。

ソース:インサイト(韓国語)
https://www.insight.co.kr/news/194922

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年11月19日

【サッカー】 「大韓民国 VS オーストラリア」ではなく「韓国 VS 日本審判」だった〜試合終盤、同点ゴールに誤審の疑い

1: 2018/11/18(日) 21:27:46.24 ID:CAP_USER

no title

▲17日オーストラリア、ブリスベン、サンコープ・スタジアムで開かれた韓国とオーストラリアのサッカー国家代表チーム評価試合。聯合ニュース

大韓民国サッカー国家代表チームが17日、オーストラリアとの試合で1対1で引き分けた。前半22分、ファン・ウィジョが先制ゴールを入れたが、後半45分延長3分にマッシモ・ルオンゴに同点ゴールを献上した。

ところが失点当時、ルオンゴがオフサイド位置にいたというKBS放送中継陣イ・ヨンピョ、イ・グァンヨンの言及が話題になっている。

これに、この日の試合審判陣4人がすべて日本人であった事実が視聴者およびサッカーファンらの間に広く知られている。

それと共にこの日のサッカー試合が韓国対オーストラリアの試合ではない、韓国対日本審判の試合だったという類の言及がSNSとニュースコメント等を通して広がっている状況だ。

これについて国籍を離れて審判の判定ミスは明らかだったという主張、日本国籍審判だとしても色眼鏡で見るのは止めようという意見、審判の判定も試合の一部として受け入れなければならないという指摘、審判判定の誤り以前に韓国選手の集中力が落ちていたという分析など多様な言及がオンラインに広がっている。

ファン・ヒジン記者

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) 「大韓民国VSオーストラリアでなく韓国VS日本審判?」1対1惜しい同点に終盤のゴールオフサイド疑惑
http://news.imaeil.com/SportsAll/2018111720020695389


2: 2018/11/18(日) 21:28:58.38 ID:9Yiq+lB9

オマエラが普段そういうことしてるから日本もそうしてると勝手に思い込んでるんだね。


33: 2018/11/18(日) 21:38:31.73 ID:/9ZmMGK2

>>2
それそれw

>オマエラが普段そういうことしてるから
は実績たーくさんある


46: 2018/11/18(日) 21:41:38.24 ID:WssHEb5b

>>2
韓国の審判って、普通に韓国メディアの取材に
「韓国選手に不利な審判をしなければいけなくて心が痛んだ」とか言っちゃって
それ読んだ韓国人が、さすが愛国者だって褒めちゃう国だもんな
普通そんな自国審判、日本だったら批判の的だろうに

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

2018年10月24日

【サッカー】U19韓国代表の試合で北朝鮮国歌が流れるハプニング

1: 2018/10/22(月) 22:15:05.26 ID:CAP_USER

スポテレビニュース
2018-10-22 21:03


国歌が流れず、北朝鮮の国歌が流れた。

韓国は22日午後9時(韓国時間)、インドネシアのジャカルタペトリイエット競技場でキックオフする2018アジアサッカー連盟(AFC)U-19
チャンピオンシップのC 2戦ヨルダンと対戦する。第1戦のオーストラリア戦で終盤の失点を許し、引き分けを収めた韓国は勝利を狙っている。

試合を控え、韓国は先発メンバーを発表した。 韓国は3-4-2-1フォーメーションを取り出した。 最前方にチョ・ヨンウクが立ち
ジョンセジンと厳原状がすぐ後ろに位置する。 チェジュン、ジョンホジン、ゴジェヒョン、キム・ジェソンが3線に配置されイジェイク、
イージーブラシ、ファンテヒョンこのスリーバッグを構築する。 ゴールはイグァンヨンが保障する。

通常試合前の選手たちは競技場に両側に並んした両チームの国を聞く。国を代表するという自負心が感じられる行事だ。
しかし、ジャカルタで運営する今回の大会では、致命的なミスが出た。 韓国の国歌が出ず、北朝鮮の国歌が出てきたものである。

訂正用監督を含めてのコーチングスタッフは慌てた様子で大会運営スタッフを訪れた。右胸に手を上げて国歌を待っていた
選手たちも慌てのは同じだった。 北朝鮮国歌がほとんどだ演奏された後、競技場の管理者は、国歌を再枠た。 理解できないハプニングだった。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://sports.news.nate.com/view/20181022n39968&xid=17259,15700021,15700043,15700124,15700149,15700186,15700190,15700201,15700214&usg=ALkJrhgptx3MM0DGxYECrfRrZNoKgOIBXA


2: 2018/10/22(月) 22:15:51.12 ID:ZPkPidpe

ハプニング……?


3: 2018/10/22(月) 22:15:53.07 ID:4nG5HVld

もうすぐ同じ国歌になる伏線だった


4: 2018/10/22(月) 22:16:02.93 ID:OS5uoC+w

わざとだろ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ