軍事 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年03月26日

【産経】韓国海軍、27日から竹島周辺海域で訓練計画=日本政府は抗議 岸外相「遺憾だ」

no title

1: 2017/03/24(金) 22:17:00.01 ID:CAP_USER9

韓国海軍が27日から竹島(島根県隠岐の島町)周辺の海域で訓練を行うことが24日、分かった。日本政府もこの計画を把握し、外交ルートを通じて韓国政府に抗議した。岸田文雄外相は24日午前の記者会見で「わが国の竹島の領有権に関する立場にかんがみて到底受け入れることはできず遺憾だ」と述べた。

訓練は4月5日まで行われる見通し。日韓外交筋によると、金杉憲治アジア大洋州局長が21日、在日本国大使館の次席公使に抗議した。22日には鈴木秀生・駐韓臨時代理大使が韓国外務省東北アジア局長に対し、軍事訓練は受け入れられないとの立場を伝えた。


以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://www.sankei.com/smp/politics/news/170324/plt1703240026-s1.html


2: 2017/03/24(金) 22:19:08.70 ID:Yassgl+Z0

政府の仕事は国民の生命と財産を守ること
自衛隊法に基づき出動


4: 2017/03/24(金) 22:20:04.74 ID:8rUTsKgC0

もう韓国とは国交断絶しちゃえよ


5: 2017/03/24(金) 22:20:20.11 ID:rqiJW+H90

外患罪の類型満足だな。さあ、国交断交だ。

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 軍事

2017年03月25日

【韓国】独自技術で開発された潜水艦、推進電力に「国産リチウム電池」

kansya

1: 2017/03/24(金) 08:22:40.42 ID:CAP_USER

独自技術で開発する韓国軍の3000トン級潜水艦推進電力に国産リチウム電池システムが初めて適用される予定だ。
韓国防衛事業庁は23日、潜水艦「張保皐(チャン・ボゴ)−III Batch−II」にリチウム電池システムが適用可能なのかどうかを検討する詳細設計検討会議(CDR)を開催すると明らかにした。

この会議は、システム工学(SE)をベースに武器体系を開発するにあたり実質的な開発の可能性を決める主な段階の一つだ。
試作品の製作が可能なのかを最終的に判断する。

今回の会議で、張保皐−III Batch−IIの主要推進電力供給システムにリチウム電池システムが適合と判断されれば適用される見通し。
今回潜水艦用リチウム電池システムの開発に成功すれば、従来の鉛蓄電池システムと比べてエネルギー密度や電池寿命、潜航能力、メンテナンスの便宜性などが大きく向上するものと期待されている。
張保皐−III Batch−IIは2025年から2027年まで3隻が建造される予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000001-cnippou-kr


3: 2017/03/24(金) 08:23:53.56 ID:OffQfE/7

永久潜水機能w
と、自爆機能w


23: 2017/03/24(金) 08:27:37.68 ID:OliYsbI8

>>3
進水式での爆発を希望www


38: 2017/03/24(金) 08:29:54.12 ID:KdSY6o7n

>>23
シャンパンをぶつけて進水開始

そのまま浸水

沈没w
コントとしては鉄板ですな

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 軍事

2017年03月24日

韓国、軍事訓練へ 竹島周辺で来週から

sakura

1: 2017/03/24(金) 09:04:11.39 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170324-00000320-fnn-int

島根・竹島周辺の日本の領海を含む海域で、韓国海軍が来週から1週間近く、軍事訓練を予定していることがわかった。
関係者によると、韓国海軍は、3月27日午後6時から4月5日午前9時まで、島根・竹島周辺の日本の領海を含む海域で、複数の軍艦を使って、艦艇訓練と射撃訓練を行うという。
日本政府もこの情報を把握していて、韓国政府に対して、訓練の実施を中止するよう求めている。
日韓関係をめぐっては、慰安婦像問題で、日本政府が大使を一時帰国させるなどの措置をとっているさなかで、2国間の関係が、さらに悪化することが懸念される。


2: 2017/03/24(金) 09:05:04.90 ID:ymT1SteI

島根県への上陸侵攻って言う戦争行為って事でおk?


3: 2017/03/24(金) 09:07:38.20 ID:PCtioLem

今、北がミサイルバンバン撃ってるのに訓練する場所、そこでいいのか?


5: 2017/03/24(金) 09:09:15.99 ID:EUo797CU

米韓軍事演習の時だけは威勢がいいんだよw 韓国w

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

2017年03月23日

核保有は韓国の悲願 統一コリア実現は日本の脅威 まずは米国との関係強化が必須

hatanida

1: 2017/03/22(水) 12:29:59.44 ID:CAP_USER

 左派親北政権の誕生が現実味を帯びる韓国で、再び「核武装論」が勢いを増している。反米・対北融和派の韓国最大野党「共に民主党」の前代表・文在寅(ムンジェイン)氏が新たな韓国大統領になれば、「(北の同胞は)同じ民族としてよく頑張っている」として、大胆に北朝鮮に接近するのは間違いない。

 そして文在寅氏と金正恩委員長が手を握り、平和的な南北統一−−「統一コリア」への流れができる。その時、韓国は核を放棄するのか。答えは否だ。拓殖大学大学院特任教授の武貞秀士氏がレポートする。

                * * *

 国際社会にはひた隠しにしてきたが、核保有は紛れもなく韓国の悲願である。これまでの経緯を見れば、韓国人の胸の内は明らかだ。

 1969年に就任した米国のニクソン大統領は、トランプ大統領と同様に東アジアからの撤退方針を打ち出した。突然の“ニクソン・ドクトリン”に震えた朴槿恵氏の父・朴正煕大統領は自主防衛の道を探り、1972年に核開発の検討を指示。

 米国は不穏な動きを見せる韓国に圧力をかけ、1975年に核拡散防止条約(NPT)を批准させたが、朴正煕氏の暗殺後、後継の全斗煥大統領も秘密裏に核開発を推進。1982年にプルトニウムを抽出している。この情報を得たレーガン大統領は訪韓時、全大統領にプルトニウム抽出の中止を求めた。

 また、2004年のIAEA(国際原子力機関)調査では、韓国が2000年にウラン濃縮実験を進めていたことが発覚。2017年までIAEAの監視下に置かれることとなった。当時、金泳三元大統領は毎日新聞の取材に「時の大統領が(核関連)実験の事実を知らないはずがない」と発言している。

 韓国は最近もSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載する3000t級の潜水艦製造に意欲を見せている。SLBMは核弾頭を搭載しなければ意味がない。

 一連の動きは、韓国が国家戦略として一貫して核兵器の開発を目指してきたことを示す。韓国は実は粛々と国家目標を立て、戦略的に外交を行う国だ。世界は彼らの核武装への願望を過小評価している。では、なぜ韓国は執拗に核を求めるのか。主な要因は地政学的な条件だ。

 国境を接する北朝鮮の核の脅威、“歴史を反省せず虎視眈々と韓国の再侵略を目指す”敵国・日本、今なお不気味な存在のロシア、そして核超大国の中国……。こうした周辺の大国と対峙するには自前の核を持つしかないと彼らは考える。そして、イージス艦や潜水艦などの技術供与を拒み、在韓米軍の削減すらチラつかせる米国は、同盟国でありながらも決して信頼できるパートナーではない。

 これが韓国の基本的な考え方だからだ。この国防上の戦略に加え、“究極の武器”を持ちたいという韓国の自負心も核開発構想を後押している。では、実際に韓国が核を入手すると何が起こるのか。

 米国は猛反発し、経済制裁などあらゆる脅しで核保有断念を迫るだろうが、赤く染まった統一コリアが中国に接近することは明白だ。大きな後ろ盾を得た文在寅氏と金正恩委員長は米国の干渉を撥ねつけ、決して核を手放さないだろう。

 統一コリア内で南北のどちらが主導権を握るかは統一までの過程にもよるが、北朝鮮主導で統一が成されれば、外資などを誘致するために米国や日本との関係改善を重視する可能性がある。一方、慰安婦像の増設をしてきた韓国が統一すれば、日本の歴史認識をただすことに熱心な国家になる可能性が高い。

 いずれにせよ、核付きの朝鮮半島と中国が手を組めば、日本にとって相当な脅威となることは間違いない。

 そのとき、日本はまず、価値観をともにする米国との関係強化が必須である。その上で「国益を主張する日本」を鮮明にした外交が必要となる。

 たとえば、「非核三原則の遵守」を前面に押し出す必要はない。実際に核開発をせずとも、非核三原則を口にしなくなるだけで国際社会は「日本が核武装するかもしれない」と疑心暗鬼になり、抑止力になる。軍事費は不要だ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221130008-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221130008-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221130008-n3.htm

>>2以降に続く)


2: 2017/03/22(水) 12:30:16.24 ID:CAP_USER

>>1の続き)

 実現に長い時間がかかる核開発は現実的な選択肢ではない。むしろ通常兵器を強化すべきだ。空対地ミサイルや巡航ミサイル、弾道ミサイルの新規開発、空中給油機、情報収集衛星の増強など、使える兵器の強化を図るべきだ。

 朝鮮半島の核保有という「悪夢」の到来を前に、日本がなすべきことは多い。

 ●たけさだ・ひでし/1949年兵庫県生まれ。慶應義塾大学大学院修了後、防衛省防衛研究所(旧・防衛庁防衛研修所)に教官として36年間勤務。その間、韓国延世大学に語学留学。米・スタンフォード大学、ジョージワシントン大学客員研究員、韓国中央大学国際関係学部客員教授を歴任。2011年、防衛研究所統括研究官を最後に防衛省を退職。その後、韓国延世大学国際学部教授等を経て現職。主著に『東アジア動乱』(角川学芸出版刊)、『韓国はどれほど日本が嫌いか』(PHP研究所刊)、『なぜ韓国外交は日本に敗れたのか』(PHP研究所刊)などがある。

 ■取材・構成/池田道大(ジャーナリスト)

 ※SAPIO2017年4月号

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

2017年03月19日

【ケント・ギルバート】米韓合同訓練中に正恩氏「斬首作戦」決行されても驚かない 蓮舫氏は“ブーメランマスター”の一言で瞬殺

1: 2017/03/18(土) 11:41:25.22 ID:CAP_USER

 北朝鮮は6日、弾道ミサイル4発を同時発射する実験を行い、うち3発が秋田県沖の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。朝鮮人民軍戦略軍は9日、この発射実験について「在日米軍基地を攻撃目標として行われたことを隠さない」との報道官談話を発表した。

 マレーシアで先月13日、金正男(キム・ジョンナム)氏が暗殺された事件には猛毒の神経剤VXガスが使われた。北朝鮮は化学兵器禁止条約(CWC)未署名国だ。

 2009年1月に米大統領に就任したオバマ氏は、北朝鮮が非核化の意思を示さない限り対話に応じない「戦略的忍耐」政策を取った。しかし、金正日(キム・ジョンイル)総書記が11年12月に死亡し、息子の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に権力が移ると、兵器開発は加速し、状況は悪化した。「戦略的忍耐」政策は大失敗だった。

 このコラムでも何度か書いたが、米国は「イチかバチかの国」である。私のような「普通の米国人」は、何事にも失敗を恐れず挑戦すべきだと考えている。逆に、失敗を恐れて行動しない「不作為の罪」が、米国人の感覚としては一番許せない。「普通の日本人」の感覚とは真逆かもしれない。

 オバマ氏の弱気を見抜いた北朝鮮は、失敗を恐れずに核実験を繰り返し、念願の核保有国になった。プラハ演説でノーベル平和賞を受賞したオバマ氏は「平和的解決」のイデオロギーに縛られ、北朝鮮や南シナ海の問題で不作為の罪を犯した。優しすぎる理想主義者に米大統領の任務は重すぎた。

 米主要メディアは選挙予想で自分たちに恥をかかせたドナルド・トランプ大統領を今もこき下ろすが、彼は普通の米国人の感覚と、大統領としての現実的シビアさを併せ持つ人物である。米国の役割も理解している。

 従って、1日から始まった米韓合同野外機動訓練「フォールイーグル」の最中か終了後に、正恩氏「斬首作戦」が決行されても私は驚かない。

 作戦が実行されたら、難民発生などの悪影響を一番受けるのは韓国と日本だ。難民に偽装した武装集団が入国を試みる可能性もある。日本への影響や対策を検討すべき国会では、学校法人「森友学園」(大阪市)をめぐる問題で、野党が安倍晋三首相や稲田朋美防衛相を責め立てている。

 民進党の蓮舫代表は、事実と違った稲田氏の答弁について、「とてもではないが、記憶違いで済まされるものではない」と言ったそうだ。ネット上では「ブーメランマスター」の一言で瞬殺だった。

 「政局こそ、わが仕事」と張り切る議員や政党に、日本の有権者は二度とダマされない。野党はビジネスモデルを変えた方がいい。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170318/dms1703181000002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170318/dms1703181000002-n2.htm

no title

北朝鮮の労働新聞が掲載した、弾道ミサイル4発の同時発射写真(共同)


2: 2017/03/18(土) 11:42:57.37 ID:gn2tzT1K

ブーメランは投げるものであって、投げる前に刺さるもんじゃない
ブーメラン鈍器にするなんてゲームでもいねぇ…よな?

後チャーハンいつ来るのやら


4: 2017/03/18(土) 11:45:13.67 ID:utvS3liW

ブーメラン投げるのめんどくさくて
最初からぶっ刺して出てくるスタイル


5: 2017/03/18(土) 11:48:38.31 ID:vU5n6UeD

蓮舫はブーメランを分かってない
自分の鼻の穴にガツガツ突き刺してるだけ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

【軍事行動の可能性示唆】米国務長官、対北朝鮮問題で「忍耐は終わった」韓国で会見へ

ティラーソン国務長官

1: 2017/03/17(金) 21:21:11.95 ID:4l3oBxwx0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

 ティラーソン米国務長官は16日、韓国を訪問し、尹炳世(ユンビョンセ)外相と会談した。会談に先立って行われた共同記者会見でティラーソン氏は、
北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を起こさない限り、
対話には応じないというオバマ前政権の「戦略的忍耐」政策は「もう終わった」と明言。前政権との違いを強調した。

 ティラーソン氏は、米国は1995年以降、北朝鮮に13億ドルを提供したが、北朝鮮は核・ミサイル開発を続け、「この20年間の努力は失敗した」と述べた。
今後は「外交的、安保的、経済的なすべての形態の措置を模索する」と述べ、北朝鮮に核放棄を要求。「今は北朝鮮と対話をする時ではない」とも語り、北朝鮮の核問題に関する6者協議に応じない考えを示した。

 北朝鮮に対する軍事力の行使について問われると「すべてのオプションを検討する」と答えた。「我々が行動を取らなければならない水準までいけば、行動を取る」とも語り、
北朝鮮が核・ミサイルの脅威を高めれば、それに応じた措置をとる考えを示した。一方で、「軍事的な葛藤までいくことを望んでいない」とも述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000091-asahi-int


2: 2017/03/17(金) 21:21:46.35 ID:Ns2G8jWc0

あ、これマジだわ


3: 2017/03/17(金) 21:22:57.44 ID:4l3oBxwx0

ロシアとか中国がどう出るかだよな
ロシアとか中国が北朝鮮の味方しなければ1日で制圧できるだろ


4: 2017/03/17(金) 21:23:29.82 ID:DpHrX1d00

日本は中立で

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 軍事

2017年03月16日

北朝鮮ミサイルが飛んできても撃ち落とせない韓国のイージス艦、急がれる迎撃ミサイルの搭載

nidanaki

1: 2017/03/15(水) 09:18:48.61 ID:CAP_USER

韓国、米国、日本のイージス艦が15日、日本と韓国の近海で北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定した警報訓練を実施すると、軍当局が14日、明らかにした。

昨年6月以降4回目となるこの訓練は、3国のイージス艦がコンピュータシミュレーションで
仮想標的(北朝鮮ミサイル)の飛行軌道を探知・追跡して情報を交換することが狙いだ。

韓国海軍イージス艦の「世宗大王」と日本の海上自衛隊の「きりしま」、米海軍の「カーティス・ウィルバー」が参加する。

軍関係者は、「スカッドERから大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など
北朝鮮のすべてのミサイル脅威に対する3国間軍事協力態勢を強化する機会」と強調した。

3国のイージス艦は、最大1000キロ離れたところで音速の8倍以上で飛翔する弾道ミサイルを追跡できる「強力な目(レーダー)」を持っている。

しかし、韓国のイージス艦と日米のイージス艦の迎撃能力は大きな差がある。

日米のイージス艦には、150〜500キロ高度の弾道ミサイルを追跡・撃破できるSM3迎撃ミサイルが数十発搭載されている。
有事の際、核を搭載したミサイルを探知して即時破壊できる「パンチ」まで備えているわけだ。

日米のイージス艦には、最大迎撃高度が1200キロのSM3改良型ミサイルも今年中に実戦配備されるという。

一方、韓国イージス艦には弾道ミサイルを迎撃する兵器がない。航空機迎撃のSM2ミサイルだけだ。

韓国イージス艦のミサイル垂直発射機は128機で、日米のイージス艦(96〜122機)より多いが、
いざ北朝鮮のミサイルが飛んできてもただ見ているほかないという話だ。

北朝鮮の核・ミサイル脅威が増大し、韓国イージス艦にもSM3やSM6といった迎撃ミサイルを導入・搭載しなければならないと指摘される理由だ。

軍関係者は、「イージス艦が弾道ミサイル迎撃能力を備えれば、高高度防衛ミサイル(THAAD)や
パトリオット(PAC3)など地上迎撃戦力の防衛の死角を埋めることに貢献するだろう」と話した。


March. 15, 2017 08:28
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/871974/1


2: 2017/03/15(水) 09:20:21.66 ID:BemMlf+I

韓国に弾道弾なんか使わんやろw
それより野砲対策をなんとかした方が・・・


4: 2017/03/15(水) 09:20:57.70 ID:dr0N0a/O

てんこ盛りイージス


5: 2017/03/15(水) 09:22:14.82 ID:VSVErBYt

キチガイに刃物ニダヨ。
ウリにウンコと同じで持たしたら怖いニダヨ。

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事