軍事 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年04月25日

「核実験を行う」正恩氏、中国に通知か 米軍機が緊急出動、韓国首相「25日に挑発の可能性」

チャーハン

1: 2017/04/22(土) 23:45:14.39 ID:CAP_USER

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権が破滅に向けて、歩みを進めたのか−。中国に対し、「核実験実施」を通知したという情報が広まっているのだ。米軍は特殊観測機を緊急出動させ、韓国の大統領代行を務める黄教安(ファン・ギョアン)首相は「北朝鮮が25日前後に挑発を仕掛ける可能性」について言及した。朝鮮人民軍創建85年を迎える「建軍節」の25日は、北朝鮮崩壊の記念日となるかもしれない。

 聯合ニュース(日本語版)は20日、「米軍の特殊観測機 韓国上空に緊急出動」というタイトルの記事の中で、以下のように伝えた。

 「『北朝鮮が中国に核実験を行うと通知した』という未確認情報が出回っている」「国防部や外交部など、関連官庁で確認に追われた」

 記事では、大気中の放射性物質を探知し、核実験があったかどうかを判断する米空軍の特殊観測機「WC135」が20日、沖縄・嘉手納基地から、朝鮮半島に向けて緊急出動したともある。

 韓国政府は当然、警戒を強めている。

 黄首相は20日、国政の懸案事項を話し合う関係閣僚会議で「今月16日、北朝鮮はミサイルを発射して失敗したが、最近の挑発的な振る舞いと、25日が朝鮮人民軍の創建日であることを考えると、いつでも挑発を敢行する懸念がある」と述べたという。朝鮮日報(日本語版)が報じた。

 北朝鮮の挑発も続いている。

 ロイター通信(同)は20日、朝鮮労働党の機関紙、労働新聞が「北朝鮮が超強力な先制攻撃を行った場合、韓国とその周辺地域にある米国の帝国主義的な侵略勢力だけでなく、米本土も即座に全部消滅して灰と化す」と伝えた、と報じた。

 米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする第1空母打撃群は、北朝鮮の「建軍節」にあたる25日ごろに日本海に到着するとみられている。中国の習近平国家主席の説得工作はどうなっているのか。

 ドナルド・トランプ米大統領は20日の記者会見で、「習氏が(北朝鮮への圧力で)懸命な努力をしていることに絶対的な信頼を置いている」といいながら、「(北朝鮮対応は)うまくいっている。私たちは速やかに軍事力を増強している」と語り、軍事行動も辞さない姿勢を示した。

 米国と北朝鮮による、激烈なチキンゲームが佳境を迎えつつある。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170422/frn1704221530002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170422/frn1704221530002-n2.htm

no title

北の暴走は、隣国韓国でも脅威となっている(AP)


2: 2017/04/22(土) 23:46:53.83 ID:b1LxkvSb

早くやらんと空母が来ちゃうよ?


3: 2017/04/22(土) 23:47:16.25 ID:S7aNHuN3

韓国が挑発してくるのかと一瞬思ったw


4: 2017/04/22(土) 23:47:33.18 ID:Ty4hDQna

はよせーや愚図豚

続きを読む
posted by 中島 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

北朝鮮軍長距離砲、全砲門を開けば1時間でソウルに6000〜7000発が着弾、市内の建物の10〜15%破壊

nidanaki

1: 2017/04/22(土) 17:15:16.03 ID:CAP_USER

北朝鮮情勢から目が離せない状態が続いている。米軍が北朝鮮を攻撃した場合、当然、攻撃を受けた北朝鮮は米軍に応戦する。
本格的な戦争が始まれば、同盟国の日本は米軍の後方支援に奔走することになる。

北朝鮮問題に詳しい軍事評論家の黒井文太郎氏が語る。

「日本の港や空港は米軍が使用することになるでしょう。大量補給が必要になりますから。 また、安保法が成立し、集団的自衛権の限定的行使が可能になった現在、
自衛隊は米軍の空母などを守るために護衛艦や潜水艦を出動させることになります。あくまで北朝鮮と戦う米軍艦隊を守るためですが、
攻撃を受ければ応戦せざるをえない。日本の自衛隊にも甚大な被害が出るでしょう」

もっとも、北朝鮮に詳しいジャーナリストの惠谷治氏によれば、「現時点で北朝鮮は米国本土まで届くミサイルをまだ保有していない」ため、
海を越えた米国民に被害が及ぶケースは考えづらい。直接の戦地になる可能性が最も高いのが、韓国である。

北朝鮮の軍事境界線から首都・ソウルまでは、わずか40kmしか離れていない。
北朝鮮軍は境界線沿いに300〜500門の長距離砲を展開しており、全砲門を開けば1時間でソウルに6000〜7000発が着弾する。
市内の建物の10〜15%が破壊されるといわれており、3万8000人の在韓邦人も逃げまどうことになる。
http://www.news-postseven.com/archives/20170422_519936.html


3: 2017/04/22(土) 17:16:51.19 ID:OYcARqLL

たったの10−15%かよ
お前らの本気にはガッカリだ


56: 2017/04/22(土) 17:25:26.48 ID:kXwQcjbV

>>3
> たったの10−15%かよ

元から壊れてるものは、カウントされないだけなんじゃw


5: 2017/04/22(土) 17:17:11.44 ID:c8pJgi4W

>>1
能書きはいいから、
早くチャーハンを食わせろ!!

続きを読む
posted by 中島 at 03:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

2017年04月24日

【佐藤優】アメリカの「金正恩暗殺」に日本は協力するしかない

18gou

1: 2017/04/23(日) 00:02:41.68 ID:CAP_USER

 3月6日、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを4発発射した。この発射について7日に報じた朝鮮中央通信は、在日米軍を名指ししている。日本攻撃を初めて示唆した北朝鮮は、朝鮮半島ではなく、いまや世界の脅威となりつつある。金正恩独裁王朝に向き合う具体的な支援について、作家で元外務相主任分析官の佐藤優氏が解説する。

 * * *

 北朝鮮の弾道ミサイル能力は急速に向上している。

 〈朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」(電子版)は7日付の1面で、朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊による弾道ミサイル発射を報じた。写真を12枚掲載し、弾道ミサイル4発が順次打ち上がっていく様子などが写っている。発射したのは、「スカッドER改良型」の可能性が高いとみられる。核弾頭を搭載でき、射程は1千kmとされ、日本にも届く計算だ。スカッドは発射台付きの車両に搭載されるため、事前に発射の兆候を把握するのが難しい。

 また、北朝鮮は2月、開発を進めている潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の技術を活用したとみられる新型の弾道ミサイルを発射した。このミサイルの燃料には従来の液体ではなく、固体燃料が使われたとされる。液体燃料は発射前に機体に注入する必要があるが、固体燃料の場合はこうした作業が省略できる。固体燃料が導入されれば日米韓への脅威はさらに増すことになる。〉(前掲「朝日新聞」)

 北朝鮮は今回、ミサイルを4発、同時に発射した。同時発射の多数のミサイルを迎撃することは難しい。既に北朝鮮は、核兵器の小型化を進めている。それについて日本政府は、昨年1月19日の閣議決定で、次のような見解を示している。

 〈6日の北朝鮮による核実験に関連し、「断定的なことは言えないが、一連の北朝鮮の言動などを考えれば、核兵器の小型化・弾頭化の実現に至っている可能性も排除できない」とした。民主党の長妻昭代表代行の質問主意書に答えた。〉(2016年1月19日「日本経済新聞」電子版)。

 北朝鮮が核弾頭を搭載した弾道ミサイルで日本の領土を攻撃する危険性が現実としてある。

 日本政府が話し合いで北朝鮮と折り合いをつけることは不可能だ。日本は北朝鮮と交渉できるカードを持っていない。北朝鮮が求めているのは、米国が金正恩体制を力によって転覆しないという保証を取り付けることだ。

 金正恩は、米国まで到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発し、それに搭載可能な核兵器を製造すれば、米国が交渉に応じてくると考えている。

 確かに理論的には、問題を平和的な交渉で解決する可能性もある。しかし、現実的には北朝鮮による核兵器の恫喝に米国のトランプ政権が膝を屈することはない。そうなると米国が力により北朝鮮の核と弾道ミサイルを無力化するシナリオが出てくる。

 第一は、バンカーバスター(地中貫通型爆弾)で北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルを破壊するシナリオだ。北朝鮮はこれらの破壊兵器を地下の秘密工場で製造している。偵察衛星では地下の様子を捉えることはできない。従って、北朝鮮にスパイを送り込んで、秘密工場の場所を特定する必要がある。そうしなくてはバンカーバスターによる攻撃ができないからだ。

 しかし、米国に、北朝鮮にスパイを送り込み国家機密を探知するほどのインテリジェンス能力があるとは思えない。そこで出てくるのが、特殊部隊を北朝鮮に派遣し、金正恩・朝鮮労働党委員長を「中立化」(インテリジェンス業界の用語で殺害を意味する)することだ。金正恩が「中立化」し、北朝鮮の新体制を米国や日本にとって脅威をもたらさないようにすれば、北朝鮮国家が存続することを米国は認めるであろう。

 これらのオペレーションに日本が積極的に参加するよりほかはないので、米国を側面から支援するしかない。

 ●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。共著に『新・リーダー論』『あぶない一神教』など。本連載5年分の論考をまとめた『世界観』(小学館新書)が発売中。

 ※SAPIO2017年5月号

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170422/dms1704221100005-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170422/dms1704221100005-n2.htm


6: 2017/04/23(日) 00:07:23.27 ID:obpSaOyg

暗殺のシナリオありきだけどさ、暗殺って方法だと誰得なんだ?


7: 2017/04/23(日) 00:08:19.86 ID:3U/bNHqf

ぶっちゃけアメ公の作戦とか在韓邦人とかどうでもいい
問題なのは在日テロリスト対策だ


8: 2017/04/23(日) 00:10:36.17 ID:EGhKEcYG

この人のスタンスがよくわからん

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

アメリカの空母艦隊、数日以内に日本海へ 副大統領「すべての選択肢はテーブルの上にある」

ペンス米副大統領

1: 2017/04/22(土) 17:49:27.78 ID:kFfQHx+30● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

米ペンス副大統領 空母艦隊は数日以内に日本海へ

オーストラリアを訪れているアメリカのペンス副大統領は、現在、朝鮮半島に向けて航行している
空母カール・ビンソンを中心とする艦隊について、数日以内に日本海に到着する見通しを明らかにし、
核やミサイル開発を進める北朝鮮を強くけん制しました。

アメリカのペンス副大統領は、日本を含むアジア太平洋地域の4か国を訪問していて、22日は
オーストラリアのシドニーでターンブル首相と会談しました。

会談後、記者会見したペンス副大統領は、核やミサイル開発を進める北朝鮮への対応について
「すべての選択肢はテーブルの上にある」と述べ、軍事的な選択肢も排除しない姿勢を改めて示しました。

そのうえでペンス副大統領は、現在、朝鮮半島に向けて航行している空母カール・ビンソンを
中心とする艦隊について「数日以内に日本海に到着する」と述べ、北朝鮮を強くけん制しました。

また、オーストラリアのターンブル首相も北朝鮮について「無謀で危険な北朝鮮はこの地域の
平和と安定のリスクとなっている」と述べ、強く非難しました。

そして、ターンブル首相は「中国は、ほかのどの国よりも北朝鮮の行動に影響を与える力がある。
われわれやアメリカ、そして日本などとともに中国にもリーダーシップをとるよう求めていく」と述べ、
北朝鮮問題の解決に向けて中国が影響力を行使していくよう促していくことを強調しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170422/k10010957731000.html


2: 2017/04/22(土) 17:49:54.75 ID:zRCDdLQz0

さっさとしろ


3: 2017/04/22(土) 17:49:54.80 ID:PHYPTMNV0

聞いたよ


4: 2017/04/22(土) 17:50:09.13 ID:lPkUaF1k0

テーブル幾つあんの?

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

2017年04月23日

韓国は朝鮮半島情勢で発言権なし、「米国のコマに成り下がっている」―韓国メディア

nidanaki

1: 2017/04/22(土) 06:30:57.10 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174508&ph=0

2017年4月21日、環球時報は、朝鮮半島情勢が緊迫化するなかで、韓国世論からは「米国のコマに成り下がっている」との怒りの声が出始めているとして、韓国メディアの報道を紹介した。

ハンギョレ新聞は20日、米原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かっていなかったことについて「もしわざとうそをついていたなら、同盟関係は重大な脅威にさらされることになる。米国が北朝鮮の脅威を必死に喧伝するのは、在韓米軍基地の存続による中国へのけん制に加え、いつ中国になびくとも分からない韓国に対するけん制もあるのだ」と指摘した。

さらに同紙は「この9年間、韓国は米国に依存してきた。戦時作戦統制権回復を諦め、THAAD配備を決定し、日本の謝罪なきままに慰安婦合意に署名し、開城(ケソン)工業団地を閉鎖するといった一連のナンセンスな外交・安全政策によって、韓国は米国のコマに成り下がったのだ」と論じている。

また、保守系の韓国紙・中央日報も同日に「制裁だけで解決することは不可能。今後は南北交流をさらに進め、朝鮮半島の市場統一に向けた場を作ることで北朝鮮内部の構造変化を促すべき。建設的な『韓国プラン』を出さなければ、韓国は半島の運命をただ眺めるだけの存在になってしまう」との評論を発表した。

米紙ニューヨーク・タイムズは、韓国大統領候補の1人である文在寅(ムン・ジェイン)氏は以前「米国にNOと言うべき」とする著書を出しており、文氏が大統領に就任すれば対北朝鮮融和政策である「太陽政策」が復活する可能性があると報じているという。


2: 2017/04/22(土) 06:31:53.36 ID:V6TlgoTG

知ってた


3: 2017/04/22(土) 06:32:37.08 ID:HEava9P3

態度をはっきりさせてこなかったからね。

信用なし、場合によっては北朝鮮と同類。


4: 2017/04/22(土) 06:32:49.02 ID:t5FNjnDN

1000年以上前からそうだろ

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」の2隻佐世保出港 米空母「カール・ビンソン」と共同訓練を検討

1: 2017/04/21(金) 22:39:44.83 ID:CAP_USER9

海自護衛艦2隻が佐世保出港 米空母と共同訓練を検討
NHK 4月21日 10時02分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956321000.html

アメリカの空母を中心とする艦隊が朝鮮半島の周辺海域に向けて航行しているのに合わせて、21日朝、海上自衛隊の護衛艦2隻が長崎県の佐世保基地を出港しました。今後アメリカの空母と合流して共同訓練を行うことが検討されています。

アメリカのホワイトハウスの報道官は19日の記者会見で、空母カール・ビンソンを中心とする艦隊が朝鮮半島に向けて航行していると説明しています。

こうした動きに合わせて海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」の2隻が21日午前8時ごろ長崎県の佐世保基地を相次いで出港しました。

この2隻について、防衛省はアメリカの空母の北上に合わせて共同訓練を行うことを検討しているとしています。

国防総省の当局者は空母は来週前半にも日本海に入り朝鮮半島周辺の海域で活動する見通しだとしていますが、防衛省関係者によりますと共同訓練の日程や海域などはまだ決まっておらず、今後、最終調整が行われるということです。

今月25日は北朝鮮の朝鮮人民軍の創設記念日になっていて、共同訓練には日米の連携態勢を見せることで北朝鮮をけん制する狙いがあると見られます。

一方、アメリカの空母は8日に西太平洋への展開が公表されて以降、時間をかけて航行している様子が見られるということで、防衛省の幹部は「北朝鮮が挑発に出なければ抑制的に対応するというアメリカ側の意図ではないか」と話しています。


海自護衛艦2隻が佐世保出港 「カール・ビンソン」と訓練へ 北朝鮮の動きけん制
米原子力空母カール・ビンソンの動き
no title

産経 2017.4.21 12:32
http://www.sankei.com/west/news/170421/wst1704210050-n1.html

 海上自衛隊の護衛艦2隻が21日、長崎県の佐世保基地を出港した。朝鮮半島近海に向かっている米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」と近く共同訓練する方向で検討している。防衛省関係者が明らかにした。弾道ミサイル発射を繰り返し、6回目の核実験の動きも見せる北朝鮮へのけん制を強める狙いがある。

 防衛省関係者によると、現段階で訓練の具体的な日時、場所は決まっていないが、カール・ビンソンの北上に合わせて合流するとみられる。

 両者の訓練は3月7〜10日と27〜29日にも東シナ海で実施。北朝鮮が今月25日の朝鮮人民軍創建85年の節目に合わせ、ミサイル発射や核実験を強行する恐れがあるため、日米間で再び訓練を検討したという。

 カール・ビンソンを中心とする空母打撃群は空母のほかミサイル迎撃能力があるイージス艦などで構成される。


7: 2017/04/21(金) 22:40:43.12 ID:6FFrYZdJ0

検討ってなんやねん


12: 2017/04/21(金) 22:41:54.00 ID:SDKOQZes0

半島近海で訓練すると思いきや
オーストラリア周辺だったりしてwww


13: 2017/04/21(金) 22:42:27.45 ID:AqbaBAZm0

自衛隊がんば

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

半島に米原潜など50隻集結! 金正恩氏はのど元に「トマホーク」を突き付けられている状況

米空母打撃群

1: 2017/04/21(金) 16:21:14.25 ID:CAP_USER

朝鮮半島の周辺海域で「水面下の戦い」が繰り広げられている。米国と北朝鮮、中国、日本、韓国、ロシアなどの50隻前後とみられる潜水艦が、息を殺して、お互いをけん制しているのだ。ドナルド・トランプ米大統領は「無敵艦隊を派遣した。空母よりずっと強力な潜水艦も持っている」と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に警告した。水中から巡航ミサイルのターゲットにされた正恩氏は、「6回目の核実験」を強行できるのか。

 「アジア太平洋地域の平和と安全にとって、北朝鮮は最も危険で差し迫った脅威だ」「われわれはいかなる攻撃をも打ち負かし、通常兵器や核兵器が使用された際にも、米国は圧倒的かつ効果的に対応する」

 マイク・ペンス米副大統領は19日、米軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に停泊中の原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦上で、米兵や自衛隊員らを、こう強く激励した。

 北朝鮮は来週25日の「建軍節」(朝鮮人民軍創建記念日)に合わせて、「6回目の核実験」や「ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射」を強行する可能性が指摘されている。

 いずれも、トランプ政権が設定する「レッドライン」(越えてはならない一線)といわれ、北朝鮮が暴挙に踏み切った場合、トランプ氏は「斬首作戦」「限定空爆」を命じることも示唆している。北上が遅れていた原子力空母「カール・ビンソン」も、25〜28日頃には朝鮮半島近くの日本海に到着する見込みだ。

 中国の習近平国家主席は、トランプ氏がシリア攻撃で見せた覚悟を受けて、北朝鮮の暴発を押さえ込もうと、さまざまなチャンネルで交渉を試みているとされる。

朝鮮半島をめぐる神経戦が続くなか、周辺海域では「究極のステルス兵器」といわれる潜水艦の情報が相次いでいる。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170421/frn1704211100001-n1.htm


2: 2017/04/21(金) 16:21:26.52 ID:CAP_USER

>>1
ペンス氏が韓国を訪問し、北緯38度線の非武装地帯(DMZ)視察した17日、米海軍のロサンゼルス級原子力潜水艦「シャイアン」が、米軍佐世保基地(長崎県佐世保市)がある同港内で一時浮上し、約45分間で海の中に消えたという。フジテレビが同日伝えた。

 シャイアンはロス級62番艦で、2003年に始まった「イラクの自由作戦」(イラク戦争)に参加し、最初に巡航ミサイル「トマホーク」を打ち込んだ攻撃型潜水艦として知られる。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「シャイアンは、イラク戦争で戦果を挙げた。実戦経験のある主力艦を見せつけることで、北朝鮮や中国を威圧する狙いがあったのだろう。佐世保に寄港し、「トマホーク」を補給した可能性もある。浮上したのはシャイアンだけだが、米軍は朝鮮半島の周辺海域に、複数の攻撃型原潜を展開しているはずだ」と分析した。

 米軍は、北朝鮮のICBM発射などに備え、迎撃ミサイルを搭載したイージス艦16隻を周辺海域に展開しているとの情報がある。加えて、数十発の巡航ミサイルを搭載した攻撃型潜水艦も周辺海域に潜んでいるようだ。

 北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)と、朝鮮半島西側の黄海は50キロ程度しか離れていない。潜水艦からのミサイル攻撃は秘匿性があり、敵に探知されにくいため打撃力がより高まる。正恩氏はのど元に「トマホーク」を突き付けられている状況といえる。

 当然、北朝鮮の潜水艦や潜水艇も潜行しているはずだ。そして、「血の友誼(ゆうぎ)」を結ぶ中国軍も動き出した。

韓国・中央日報(日本語版)は14日、中国海軍の北海艦隊と東海艦隊が潜水艦を10隻ずつ、朝鮮半島の周辺海域に急派したと伝え、狙いについて以下のように伝えた。

 《中国軍は(中略)戦争勃発の可能性に備えている》《米国と北朝鮮の武力衝突が発生する場合、最初に米軍は、韓国と日本に脅威となる(水中からミサイル『北極星1号』を発射した)北朝鮮『新浦(シンポ)級潜水艦』を打撃する。(中略)中国海軍は新浦級潜水艦を監視追跡する》

 前出の世良氏は「米韓合同軍事演習が始まってから、中国は朝鮮半島周辺に潜水艦を派遣している。米軍艦船が集結するなか、潜水艦の作戦遂行に欠かせない各艦のデータを集める狙いだろう。中国海軍が20隻派遣しているなら、米海軍も同程度の派遣をしている可能性がある」と語った。

 米国と中国が20隻ずつ計40隻前後とすれば、北朝鮮や韓国、日本、ロシアなどの潜水艦も合わせれば、周辺海域に50隻程度が静かに集結している可能性もある。まさに、各国艦が海中でにらみ合っている状況だ。

 評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「潜水艦は極めて秘匿性が高く、当局者ですら知らないことがある。緊迫した情勢下では、さまざまな情報が出てくる。火のないところに煙は立たない。何らかの動きの片鱗(へんりん)であり、1つ1つの事実を積み上げていくしかない。水面下での神経戦は今後も続くだろう」と語った。

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事