軍事 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年11月21日

日本の地上攻撃可能なミサイル開発に韓国メディアは批判的反応

1: 2017/11/20(月) 13:37:20.04 ID:CAP_USER

日本の防衛省が地上攻撃可能な巡航ミサイルを開発することにしたと読売新聞が20日に報道した。これに対し韓国メディアは批判的な論調を取っている。

韓国の京郷新聞は「日本また『小細工』で戦争可能な国へ突進…」という記事で「離島奪還を名分に掲げているが、日本が戦後守ってきた『専守防衛』の原則を破り敵の基地を直接攻撃する能力を備えるということ。敵基地攻撃能力保有を決める場合、対地巡航ミサイルだけでなく人工衛星や偵察機などの装備が必要なだけに軍備拡張につながる」と伝えた。

韓国のSBS放送は「日本、地上攻撃『日本版トマホーク』開発…北を言い訳に軍国主義化」という記事で「日本政府は敵に攻撃された離島を奪還する能力を備えるためにこうしたミサイルを開発すると名分を掲げているが、その裏には北朝鮮に対する牽制と軍国主義化の野心が隠れているとの観測が出ている。これは既存の憲法解釈を全面的に否定するものだけに議論は避けられない」と伝えた。

韓国のイーデイリーニュースも「日本、北朝鮮を言い訳に軍国主義化の野心?」という記事を通じ「日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは今回が初めてで、北朝鮮を言い訳に軍国主義化に拍車をかける姿で周辺国に懸念をもたらしている」と伝えた。


2017年11月20日13時07分
http://japanese.joins.com/article/618/235618.html?servcode=a00&sectcode=a10


26: 2017/11/20(月) 13:48:28.64 ID:dLsp5s0G

日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討
2017年11月20日 08時02分

 政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入った。


 防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、
日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは初めてとなる。
敵に占領された離島の奪還が主目的だが、敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への抑止力向上にもつながる見通しだ。

 巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、弾道ミサイルが放物線を描いて上空から飛来するのに対し、
飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行する。
米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、防衛省内では開発するミサイルを「日本版トマホーク」と位置付けている。

http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20171120-OYT1T50002.html
no title

ふむ、キャリアーとして護衛艦は使えるな…
戦闘機にはちょっと厳しいか?

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

2017年11月19日

韓国、北朝鮮情報以外は共有拒否 日韓締結の防衛協力

fabyon

1: 2017/11/19(日) 01:14:07.96 ID:CAP_USER

11/19(日) 1:03配信
朝日新聞デジタル

 日韓両政府が昨年11月に締結した、防衛情報を共有する基礎となる「軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)」で、韓国側が北朝鮮の核・ミサイル開発以外の情報交流を拒んでいる。複数の軍事関係筋が明らかにした。日韓の防衛協力に慎重な大統領府の意向を受けた方針とみられる。

 同筋によれば、日韓の防衛当局は過去、北朝鮮が発射する弾道ミサイルの高度や速度などの情報を交換した。特に8月29日と9月15日に日本列島上空を通過して太平洋上に落下した弾道ミサイル「火星(ファソン)12」など、韓国から遠く離れた地点に落下した場合、韓国側のレーダーでは十分追跡できず、情報共有が成果を上げているという。

 ただ、文在寅(ムンジェイン)大統領は3日のシンガポールメディアとのインタビューで、日米韓の防衛協力が軍事同盟に発展することは望ましくないとの考えを強調。北朝鮮を巡る安全保障に協力を限定する考えを示した。韓国国防省も、中国軍の動向や南シナ海を巡る安全保障などの情報を交換する考えは示していないという。

 日本側も、韓国側に米軍の情報能力を超える力がないと判断。政治的な摩擦を避ける意図もあり、新たな情報交換の提案は行っていない。韓国軍と自衛隊との間で武器の部品や弾薬、燃料などを相互に融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)や、有事の際の韓国在住邦人の避難を巡る情報交換、日韓が別々に提供された米国情報の相互確認も進んでいない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000003-asahi-int


2: 2017/11/19(日) 01:15:23.85 ID:MFOIDWyN

北朝鮮情報以外って、
中国やロシアの軍事情報でもくれるの?
仲良かったら。


4: 2017/11/19(日) 01:17:33.67 ID:TCBiFbbj

大した情報持って無さそう


5: 2017/11/19(日) 01:19:34.12 ID:As+r7DRU

まぁ、中国様に顔向けできないもんな

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

【朝鮮日報】韓半島有事に備えた米「F-35B」16機の日本配備完了 海外に正式配備されたのは初めて

fabyon

1: 2017/11/18(土) 10:24:24.85 ID:CAP_USER

米国が韓半島(朝鮮半島)有事の際に投入する最新鋭ステルス戦闘機「F-35BライトニングII」3機を山口県の岩国基地に追加配備した。米軍機関紙や米誌ニューズウィークなどが16日(現地時間)、報道した。

これにより、岩国基地に駐留している米海兵隊第121戦闘飛行大隊が保有するF-35戦闘機は計16機になり、配備作業がすべて完了した。F-35ステルス戦闘機が完全な作戦編制を整え、海外に正式配備されるのは初めてだ。

米海兵隊は「F-35Bの追加配備で、第121戦闘飛行大隊はアジア・太平洋地域での戦略的機敏性・作戦遂行柔軟性・戦術的優位性などを備えるようになった」と明らかにした。


2017/11/18 10:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/18/2017111800562.html


5: 2017/11/18(土) 10:26:57.01 ID:URmj3Iz5

はぁ? 朝鮮有事? 日本の同盟国でもないのに?

日本防衛のためです。


12: 2017/11/18(土) 10:32:25.61 ID:I56y/mgM

<丶`∀´> ウリもB欲しい二ダ


13: 2017/11/18(土) 10:33:29.07 ID:cgCZA+Wh

開発が難航していると言われていたF-35も正式配備されるようになったんだねぇ〜

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

2017年11月16日

韓国が日本の海上自衛隊と合同訓練できない理由〜「旭日旗」かかげた海上自衛隊の韓国作戦区域進入が許せなかった

1: 2017/11/15(水) 22:49:12.46 ID:CAP_USER

no title


【アンカー】東海作戦区域で四日間、繰り広げられた米海軍空母3隻と私たちの海軍の聨合訓練が終了しました。これに先立ってわが軍は「日本とは訓練しない」と一線を引きましたが、その理由を推察させる映像をOBSが確保しました。カル・テウン記者です。

【記者】日本の海上自衛隊所属護衛艦2隻が米海軍イージス艦を導きます。船体で最も高いメインマストにはいわゆる「旭日昇天旗」がはためきます。「戦犯旗」として有名ですが、堂々と掲揚したまま出ました。

[ハ・ジョンムン/韓神(ハンシン)大日本学科教授:日本帝国主義時代の遺物と言うことができますが。第二次大戦後に作られた海上自衛隊も相変らず伝統を継承するという意味で…。]

海上自衛隊にはこの様な痕跡が結構あります。海軍参謀総長に該当する海上幕僚長執務室の場合、東郷提督の写真までかかっています。東郷提督は1904年、露日戦争の主役です。そのため、日本との聨合訓練の波紋は大きくならざるをえません。旭日旗を付けた艦艇に私たちの作戦区域への進入を許さなければならないからです。

結局、米空母との訓練は韓国・日本が各々別に進行しました。私たちの作戦区域と日本安保区域を徹底的に区分したのです。

[イ・クソン/世宗大王(セジョンデワン)艦長:聨合作戦を遂行できる完ぺきな態勢を維持しています。堅固な韓・米同盟を土台に敵の挑発を抑制します。]

代わりにB-1戦略爆撃機の展開は制約なしで行われました。日本の援護・引き継ぎが私たちの防空識別区域を越えないためです。ここにB-1の元祖と言えるB-52まで加勢して対北朝鮮抑制意志を誇示しました。しかも先月、B-52に常時出撃任務が与えられ、韓日間の援護・引き継ぎはより一層増える展望です。

OBSニュース、カル・テウンでした。

ソース:OBSニュース(韓国語) 「旭日旗」ただ日海上自衛隊…「聨合訓練不可」
http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1069776


2: 2017/11/15(水) 22:50:03.08 ID:J4KyAsNS

朝日新聞社と書いてれば、全てスルーされる不思議


3: 2017/11/15(水) 22:50:12.10 ID:PsJ9GhZt

あっそwww


4: 2017/11/15(水) 22:50:23.36 ID:iCv19kbo

背中から撃たれるからやめとけ

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 軍事

2017年11月13日

【軍事】日米が日本海で共同訓練 韓国は参加見送り

fabyou

1: 2017/11/12(日) 14:01:08.55 ID:CAP_USER

海自艦と米3空母、日本海で共同訓練 韓国は参加見送り
2017年11月12日10時56分

 海上自衛隊と米海軍の原子力空母3隻の艦隊が12日午前、日本海で共同訓練を始めた。防衛省によると、海自の艦艇が日本海で米空母3隻と同時に共同訓練をするのは初めてとされる。6日の日米首脳会談で、軍事的挑発を続ける北朝鮮に対して「最大限の圧力をかける局面」との認識で一致したことを受け、「日米の強い結束」を演出する訓練となった。

 海自側から訓練に参加しているのは護衛艦「いなづま」「まきなみ」「いせ」の3隻。米側はロナルド・レーガン、ニミッツ、セオドア・ルーズベルトの空母3隻や駆逐艦など10数隻。日米の艦艇間で通信したり陣形を組みながら航行したりする訓練を実施したという。

 日本政府関係者によると、日米両政府は3隻の空母が日本海に集結するタイミングをとらえ、韓国も含めた3カ国の共同訓練を検討したが、韓国側との調整がつかず見送ったという。

http://www.asahi.com/articles/SDI201711127118.html


2: 2017/11/12(日) 14:03:19.25 ID:1VwU6WjV

誰の為に日本とアメリカが訓練してるかわかってんのか

このボケ


10: 2017/11/12(日) 14:06:15.29 ID:sCpcrN1M

>>2
もう半島丸ごと見捨てるつもりだろ


11: 2017/11/12(日) 14:06:48.01 ID:y/Jhqyqg

>>2
2国の方が良いんだよ 昔からのジンクスで韓国が味方した方が負けるってねwww

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事

2017年11月12日

【半島有事】在韓6万邦人、避難路失う可能性 危険想定時、「船舶は運航停止」 輸送訓練重ねる米 自己判断の日本

1: 2017/11/11(土) 17:59:59.21 ID:CAP_USER

安倍晋三首相とトランプ米大統領は6日、首脳会談で核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応を協議した。外交防衛は国家として万全を期すべき事柄だが、朝鮮半島から近い九州・山口の自治体、企業、そして住民は、どういった事態が起こりうるかを想定し、備えることが欠かせない。

半島の緊張が高まった場合、まず直面するのは邦人避難だ。

「万が一の場合、社員や家族を避難させるために船をチャーターできるか」

今年9月ごろ、福岡市のカメリアラインに問い合わせがあった。同社は韓国・釜山と福岡・博多を結ぶ定期船を運航する。問い合わせは、韓国にも従業員がいる米国系の石油関連企業からだった。

「現地の状況次第だが、危険が想定されれば、運航を停止せざるを得ない。有事の場合は協力できない。安全が確保されている状態であれば、席が空いている限り受け入れる」

カメリアライン取締役の福間功氏(54)は、こう答えた。同時に、米国系企業からの問い合わせに、危機感を強くした。同社は社長の指示で、有事を想定した行動指針の策定を検討している。

船舶会社の船は、定期航路として出航や着岸の時間が定められており、避難でのチャーター利用は難しいという。さらに武力衝突が推測される地域への出港は、従業員の安全確保を考えれば、厳しい選択だ。

それでも、在韓邦人は約6万人に上る。一触即発の事態となれば避難の必要が生じる。

避難はまず、空路が想定される。

だが韓国最大の仁川国際空港は、南北の軍事境界線から直線距離で約40キロの近さにある。空港が先制攻撃を受けた場合、避難経路は釜山からのフェリーなどに限定される。その場合、九州・山口の海運、港湾関係者の役割は大きい。

だが、具体的な方針はない。山口県下関市と釜山を結ぶ関釜フェリーの担当者は「韓国航路を持つ船会社の集まりでは、有事対応が話題になる。早急に指針なり、取り決めをしないといけない」と語った。

■自己判断任せ

米国は1993〜94年の第1次北朝鮮核危機以来、民間人を退避させる「非戦闘員退避活動」(NEO)の訓練を重ねる。

韓国には軍人の家族も含め、約20万人の民間米国人が住む。訓練を通じて、こうした民間人を安全に国外退避させる手段を、何度も確認する。

一方、在韓邦人の脱出については、自己判断に任せる部分が大きい。

今年4月、外務省が改訂した安全マニュアルは、半島有事について「緊急時には、大使館から在留邦人に向けて必要な情報を提供するが、平素から情報収集に努め安全確保に十分注意を払ってください」とした。

多数の日本人が外国で人質になった前例がある。

1990年8月、イラクは、侵攻したクウェートにいた外国人を捕えた。イラク領内に強制的に移送し、政府施設や軍事施設に監禁した。いわゆる「人間の盾」だ。両国に滞在中の日本人約400人も巻き込まれた。この中には、いったんクウェート大使館に避難した約200人も含まれた。

翌月以降、イラク側は人質を順次解放し、日本人も12月までに計9便のチャーター機で国外に脱出した。外務省海外邦人安全課の担当者は「人質解放の主導権はイラク側にあった」と語った。

外交青書は「日本政府だけが自国民の救出のため、国連加盟国の義務に反するような譲歩や、問題の解決に向けた国際的努力に水を差すような取引をすることは許されなかった」と主張する。だが、自国民の生殺与奪の権を、イラク当局に握られたのは間違いない。

半島有事でも南下した北朝鮮軍によって、在韓邦人が「人間の盾」にされる危険性を想定し、防がなければならない。


2017.11.11 17:28
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110030-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110030-n2.html
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110030-n3.html
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110030-n4.html
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110030-n5.html
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110030-n6.html

>>2に続きます。


2: 2017/11/11(土) 18:00:11.68 ID:CAP_USER

>>1の続き。

■ボート・ピープル

海を渡って九州を目指すのは、日本人だけではない。難民問題も必ず起こりうる。

1975年のベトナム戦争終結以降、インドシナ諸国から難民が小舟で第三国に出国した。「ボート・ピープル」と呼ばれ、長崎・五島沖や鹿児島・奄美大島近海などで相次いで発見された。

政府は82年2月、難民の一時保護施設として、長崎県大村市に「大村難民一時レセプションセンター」を設置した。それまで、日本赤十字社や宗教団体などが引き受けていたが、受け入れ態勢の充実を求める国際的な要請もあった。

センターでは難民をいったん収容し、健康診断や治療を実施した。その後、兵庫や神奈川などにあった定住促進センターや、第三国への移住のために必要な手続きを行った。

だが、施設運営はパンクした。

約200人が宿泊できたが、数日おきに百人単位の難民が着くこともあり、満員の状態が続いた。

到着地となった関係市町村も対応に追われた。難民船の焼却処分や差し入れの食料代などが問題となり、国の「自治体任せ」にも不満が高まった。

さらに問題となったのは、難民船に出稼ぎ目的の中国人が便乗したことだった。施設を抜け出し、行方不明になった人間もいた。

当時の新聞をみると「豊かな国ニッポンめざす」「偽装難民あふれ」「収容の難民消える」など、社会問題化したことが分かる。難民の受け入れ施設周辺では、暴力事件や鉄道の無賃乗車などのトラブルも発生した。

今年6月1日、参院国土交通委員会で、難民対策が議論された。

政府側は、国の手順として、(1)避難民の保護、身柄の確保、応急物資の支給、身体検査の実施(2)入管、税関、検疫といった上陸手続き(3)上陸した避難民を宿泊させる収容施設の設置や運営、日本が保護すべき者に当たるか審査する−と答弁した。

外務省によると、1978〜2005年の27年間で1万1319人のインドシナ難民の定住を受け入れた。朝鮮半島ははるかに近い。戦火が広がれば難民が押し寄せる可能性は、杞(き)憂(ゆう)とはいえないだろう。

人道上、難民保護の必要性に異論はない。

ただ、出稼ぎ目的の人間が増えれば、地元と軋轢(あつれき)を生む。さらに日本での破壊活動を目的としたテロリストが紛れ込む危険性も、排除はできない。

「テロリスト侵入といった心配もある。国境の島として、有事に備えた事前対策や応急対策の必要性を、再認識している」

長崎県対馬市の比田勝尚喜市長は、こう語った。

■自治体の嘆き

自治体関係者は手探りで動き始めた。長崎市の防災危機管理室の担当者らは4月、有事への対応検討を始めた。

長崎県佐世保市の米軍基地に夜間、生物・化学兵器を搭載したミサイルが落ちたら、どう対応するか−。担当者が集まり、具体的なテーマを設定した議論は、週1回のペースで続く。

同危機管理室の岡本和幸主幹は「いずれは市職員全員でノウハウを共有したい。ただ、国から情報や対処方針などが示されないと、前に進まない面もある」とこぼした。

内閣官房の危機管理担当幹部は「自治体の気持ちは分かる。非常時に示す指針は、関係各省庁と検討し、見直しもしているが、社会的な影響が大きく、今は示すのは厳しい」と語った。

>>おわり。

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

【韓国】原子力潜水艦、自主建造の方向へ。専門家「国家事業として予算・人材を集中。能力は十分、3年で原潜を進水できる」

sakura

1: 2017/11/11(土) 10:17:30.43 ID:CAP_USER

韓国、原子力潜水艦は自主建造の方向へ、「3年で進水可能」と専門家=「いよいよ海軍の念願が…」「何年かかっても韓国で開発しよう」―韓国ネット

2017年11月9日、韓国・中央日報によると、米国のトランプ大統領が訪韓し7日行われた米韓首脳会談で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は数十億ドル(10億ドル=約1130億円)に達する米国の軍事装備の購入を約束し、トランプ大統領は韓国が必要とする兵器の導入を認めた。その核心は、原子力潜水艦と最先端の軍事偵察資産だ。

韓国大統領府の関係者は8日、原潜に関連し「9月のニューヨークでの首脳会談で原則合意があり、導入に関する原則部分では承認が出た状態」と明らかにし、「原潜を購入することもあり(米韓が)共同で開発する可能性もある」と説明した。

一方、韓国軍当局は「原潜を購入する案も検討しているが、事実上独自開発に心が向いている雰囲気」としている。米国が原潜を他国に販売した前例がないためだという。

原潜の建造に関し、国防部の原潜研究に参加しているソウル大の徐鈞烈(ソ・ギュンリョル)教授(原子核工学)は「5000トン級の原潜を初めて建造する場合、潜水艦搭載用原子炉の開発コスト1600億ウォン(約160億円)を含めて1兆6000億ウォン(約1600億円)ほどかかると予想される」とし、「以後、新たな原潜を建造する場合は、建造費が減少し1兆3000億ウォン(約1300億円)まで下がるだろう」と推算した。

また2022年5月までとなる文政権任期中の原潜運用の可能性について、徐教授は、「国家事業として予算・人材を集中することができる場合」と条件を付けた上で、「韓国の能力は十分で、3年で原潜を進水させることができる」と語った。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは、「いよいよ海軍の念願である原潜が配備されるのか」「米国が原潜の保有を承認したのはすごいことだ」「将来のためにも自主開発が必要」「何年かかってもいい。韓国で開発しよう」「自主開発できる道が開いただけでもものすごい成果だ」「原潜は自主国防の核心。必ず配備すべき」など、原潜の保有と独自開発への道が開けたことに好意的な意見が寄せられた。

また、「任期内に原潜を進水できたら相当な業績であることは間違いないが、性急に事を進めて問題が起こった場合、大災害になる可能性がある。慎重に進めて適切に建造することが重要」と、慎重な意見も見られた。

その他に、「米国が売ってくれる原潜はどうせ在庫処分品だろう」「原潜より偵察資産の導入の方が先だ」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

ソース:Record china 2017年11月10日(金) 23時20分
http://www.recordchina.co.jp/b214514-s0-c10.html


2: 2017/11/11(土) 10:18:25.22 ID:rtVGQtJv

<丶`∀´> 浮上できない二ダ


3: 2017/11/11(土) 10:18:47.28 ID:KTxnPmc4

早くもフラグ


4: 2017/11/11(土) 10:18:49.92 ID:pxVjLJev

潜るのは得意ニダ

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 軍事