宇宙開発 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2016年03月02日

【韓国】NASA「アポロ」の技術を活用して2020年に月探査 ← これNASAを逆恨みしそうだな

nidaaaa.png
1: 2016/03/01(火) 22:54:22.14 ID:CAP_USER.net

韓国と米国が宇宙探査技術を共有する政府間協定を締結した。これを受け、米航空宇宙局(NASA)が保有する先端技術も共有可能となり、2020年を目標に推進中の月探査船打ち上げ計画にも弾みがつく見通しだ。

未来創造科学部(未来部)は29日、米国政府とこうした内容の「韓米宇宙協力協定」を締結したと発表した。協定は宇宙探査と地球観測の分野での両国間の情報共有と協力の範囲などを盛り込んでいる。協定期間は10年で、延長が可能だ。
未来部のパク・ジェムン研究開発政策室長は「韓米両国が宇宙開発協力を安定的に進行できる土台を用意した」と述べた。

今回の協定は韓国と米国が政府レベルで宇宙協力のための「ワンショット協定」を締結したということに意味がある。
今までは国内の宇宙開発の責任を担う韓国航空宇宙研究院と韓国天文研究院、韓国科学技術院(KAIST)などがNASAなどと個別に協定を締結しなければならなかった。
しかし政府間協定の締結で今後は個別機関同士の協定を締結する手続きを簡素化または省略できる。
未来部の関係者は「NASAは米政府の承認を受けた後に海外機関と個別協定を結んでいる」とし「韓米宇宙協力協定の妥結で個別協定の締結時間も大きく短縮されると期待される」と述べた。

両国の「1号協力事業」は未来部が推進中の月探査船の打ち上げとなる見込みだ。未来部は2020年の月探査船打ち上げを目標に今年から3年間に1978億ウォン(約180億円)を投入する予定だ。
これとは別に2965億ウォンを投入し、韓国型ロケットの開発にも取り組んでいる。
韓国航空宇宙研究院のチェ・ギヒョク月探査研究団長は「米国はアポロプロジェクトなどを通じて月探査分野で膨大な情報と技術力を蓄積しただけに、深宇宙通信技術分野などで少なからず支援を受けることができるだろう」と述べた。

今回の協定で韓国は米国と宇宙協力協定を結んだアジア最初の国となった。米国はその間、ロシア・フランス・カナダなど10カ国と宇宙協力協定を締結した。ロシア・ブラジル・ウクライナ・アルゼンチンを除いて欧州の国に協定国を制限している。
日本・中国政府も宇宙開発に関して米国と機関間の協定を結んでいるが、政府間協定はまだ締結していない状態だ。

未来部の関係者は「米国がそれだけ韓国の宇宙開発技術力と発展の可能性を高く評価しているという意味」と説明した。
これとともに「その間、探査船の打ち上げなど宇宙探査関連技術をロシアに依存してきた状況から抜け出し、情報共有の窓口をさらに多様化する契機になるという点でも意味が大きい」と話した。

韓米宇宙協力協定は2010年から推進されたが、その間、特に進展がなかった。しかし朴槿恵(パク・クネ)大統領が訪米した昨年10月、両国首脳が協定締結の推進に合意し、急速に進展した。
当時、朴大統領はワシントンDC付近のNASAゴダード宇宙飛行センターを訪問し、宇宙開発協力を強調した。

http://japanese.joins.com/article/655/212655.html


2: 2016/03/01(火) 22:54:53.38 ID:YuUPxt+a.net

見果てぬ夢


4: 2016/03/01(火) 22:55:21.76 ID:0CjM+Al4.net

誰が技術パクッていいって許可したんだ?


6: 2016/03/01(火) 22:55:53.02 ID:/JGrwyS/.net

寄生してるだけじゃねーか

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年02月29日

【宇宙】韓国、NASAと技術協力の国際協約を締結へ ← 協力し(パクリ)たいなあっていう願望らしい NASAが相手にするかな

roket01.png
1: 2016/02/28(日) 12:28:52.65 ID:CAP_USER.net

2016/02/28 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国で初めての宇宙探査プロジェクトため、今年から3年間、
約2000億ウォン(約183億円)が投入される。未来創造科学部が28日、
関係機関による宇宙開発振興実務委員会で決めたと明らかにした。

 韓国政府は宇宙開発技術や関連産業を新しい成長分野と見据え、今年、技術技術
開発に前年比19.5%増加の7464億ウォンを投資することにした。今後は
独自に宇宙開発を推進するためのロケット打ち上げ技術を確保し、衛星の需要を
見込んで人工衛星を独自開発する。また将来、宇宙での活動領域を確保するため月探査を本格推進する。

 月探査事業には今年から3年間で1978億ウォンが投入される。実験用の
月周回衛星の設計・開発のほか、データ処理を行う地上局やアンテナの設置も推進される。

 米航空宇宙局(NASA)と技術協力のための国際協約も締結する計画だ。
発射技術を確保するための韓国製発射体開発事業も継続して推進される。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/02/26/0200000000AJP20160226004900882.HTML


2: 2016/02/28(日) 12:30:15.82 ID:igcTgKSD.net

がんばれ〜

まぁうまくいかんがね


3: 2016/02/28(日) 12:30:43.78 ID:VB2ABAnu.net

NASAが相手にするメリット無し
盗みのデメリットだけ


5: 2016/02/28(日) 12:31:18.72 ID:381HRa9v.net

決まった話なのかと思ったら計画じゃねぇか

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年02月22日

【ロケット】 北の「光明星」をはるかにしのぐ韓国製ロケット…おそらく2020年にはお目見えするだろう ← おそらく・・ね 間違いなく無理だね

roket01.png
1: 2016/02/21(日) 18:18:49.65 ID:CAP_USER.net

 北朝鮮のミサイル発射があるたびに、(韓国初のロケット)羅老(ナロ)号(KSLV-I)に対する批判
が聞こえてくる。ロシア製の1段ロケットを買って打ち上げるしかなかった韓国のロケット技術のレベ
ルを疑う。純粋な韓国製ではない上、ロシアとの協力もうまくいかず、技術開発が遅れたということだ。

 厳密に言えば、独自にロケットを開発した国は一つもない。世界最強の米国とロシアも第二次世
界大戦で負けたドイツのV2ロケット技術を基に開発した。北朝鮮の長距離ミサイルも、技術をロシ
アのスカッドミサイルから得たものだ。軍事用に転用されるロケット技術は、国際的に販売・移転が
不可能だ。こうした状況で韓国はロシアを引き入れ、羅老号を共同設計・製作して技術習得の機会
を得たのだ。羅老号の開発を通じて技術を習得できていなかったら、韓国型発射体(ロケット)を自
力で開発することは不可能だったかもしれない。

 だが、韓国のロケット開発はいくつかの理由から北朝鮮よりもはるかに遅れて始まったのも事実だ。
北朝鮮は韓国よりも少なくとも20年以上長い間、長距離ミサイル(ロケット)技術を開発してきた。そ
の結果、2012年末の光明星3号に続き、今回、光明星4号の打ち上げに成功した。この分野に携
わってきた科学者としては非常に遺憾だ。

 今、国民の多くは韓国のロケット技術と北朝鮮のロケット技術の格差を心配している。「北朝鮮は
独自の技術で成功したが、韓国はロシア製1段ロケットでやっと打ち上げているではないか」という
批判の声も聞く。断片的に見れば、北朝鮮の打ち上げ成功は技術的な面で韓国を圧倒しているか
のように見える。しかし、北朝鮮のロケット技術はこれ以上伸びる可能性がない。光明星4号に装着
された1段目のロケットは推力27トン級の液体エンジン4基が付いたものだ。つまり、1段目のロケ
ットの総推力は100トンを少し上回る程度ということだ。したがって、ロケット上端部に載せる弾頭の
重量は200s以下と推定される。理論的に見ても、搭載可能な弾頭重量が500sを越えることは困
難だ。

 しかし、韓国が現在開発中の韓国型発射体は、1段目のロケットに75トン級エンジン4基を結合
するものだ。よって総推力は300トン級で、ロケット上端部に1500sの衛星を載せて宇宙に送るこ
とができるレベルとなる。羅老号事業の過程で独自に30トン級エンジンと主な構成品を開発した経
験が、韓国の技術で今の75トン級エンジン開発に着手する足掛かりとなった。

 ロケット開発には数兆ウォン(1兆ウォン=約930億円)という莫大な開発コストと、10−15年という
長い年月がかかる。先進国でもそうだったように、多くの失敗を経なければならないという特性もあ
る。韓国は、国の宇宙開発計画に基づいて2002年にKSR-III液体推進科学ロケットを、13年には
羅老号を打ち上げ、現在は韓国型ロケットを開発している。北朝鮮のミサイル発射を見て、韓国の
ロケット技術のレベルを心配する必要はない。開発の開始が遅かったことは非常に残念だが、国の
宇宙開発計画に基づき、短い期間にかなりの成果を挙げている。おそらく20年には北朝鮮の光明
星よりもはるかに性能の良い韓国型発射体がお目見えするだろう。それほど遠い日のことではない
と確信している。

趙光来(チョ・グァンレ)院長=韓国航空宇宙研究院
no title


ソース:朝鮮日報日本語版【寄稿】北の「光明星」をはるかにしのぐ韓国製ロケット
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/20/2016022000553.html


2: 2016/02/21(日) 18:20:39.39 ID:vWfAtcfv.net

2020年に月に行くんだろ?


3: 2016/02/21(日) 18:20:43.66 ID:tq2+R+Fy.net

予定は未定であって決定では無い


5: 2016/02/21(日) 18:21:55.49 ID:9wgbXGKE.net

あと4年で何が出来るのさ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年02月02日

韓国国産ロケット開発 2020年には、私たちの力で月探査を! ← できるわけないのに なんでこんなこと言うの?

roket01.png
1: 2016/02/01(月) 21:22:31.68 ID:CAP_USER.net

[アンカー]
3年前、韓国型発射体ナロ号が発射に成功しました。 だが、ここにはロシア技術が入っていました。4年ほど後には、
純粋に私たちの技術だけで作ったロケットを宇宙に打ち上げるといいます。来年の末頃には試験発射も予定されています。

パク・ジホ記者が羅老(ナロ)宇宙センターに行ってきました。

[リポート]
轟音と共に火炎が吹き出てきます。途方もない火力に発生した水蒸気が、あっという間に10階の建物の高さにまで沸き上がります。
私たちの技術で開発中である韓国型ロケットの75トン級エンジンの点火試験です。

チョ・グァンレ/韓国航空宇宙研究院院長
「75トンエンジンの燃焼不安定性がほとんど捕えられている。先週に行われた時には、満足するほどの結果を得ることが出来て、
もう少し保安すれば良いようです」

75トン級エンジンは3段でなされた韓国型発射体の中間に1個、一番下の団に4個が装着されます。一番上部に入る7トン級エンジンも
私たちの力で開発中です。 酸素がない20km上空で動作するだけに、より精巧にさせなければなりません。

コ・ジョンファン/韓国型発射体開発事業本部長
「目標は17年12月に75トンエンジンを装着した試験発射体を発射して、75トンエンジンの性能を立証することが目標です」

来年12月の打ち上げは私たちの力で行う初めての試験発射です。計画通り開発がなされれば、韓国型発射体は来る2020年、
私たちの手で作った月軌道船と月探査船を載せて宇宙に飛び立つことになります。

羅老(ナロ)宇宙センターより、TV朝鮮のパク・ジホ記者でした。

テレビ朝鮮 2016.01.31 21:03 (原文は朝鮮語。ソース元に動画らしきものあります)
http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2016/01/31/2016013190099.html


2: 2016/02/01(月) 21:23:37.56 ID:FQifWJN/.net

ロケットの前に国が飛ぶ


5: 2016/02/01(月) 21:24:04.89 ID:5CStpA6y.net

17年に試射して間に合うもんなの?


6: 2016/02/01(月) 21:25:27.92 ID:LvlH1X4x.net

超賎人って今年が2016年だっていう事、知らないんじゃないか?

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年01月02日

「韓国の優秀な科学技術力を見せる良い機会」 ―韓国、月探査計画来年から本格施行 2018年に月探査衛星打ち上げを目標 ← おもしろい

rocket.jpg
1: 2015/12/31(木) 22:34:16.62 ID:CAP_USER.net

韓国、月探査計画来年から本格施行…2018年に月探査衛星打ち上げを目標 | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/230/210230.html


月探査計画が来年から本格施行される。未来創造科学部は30日、果川(クァチョン)庁舎で李錫駿(イ・ソクチュン)第1次官主宰による宇宙開発振興実務委員会を開き
「月探査1段階開発計画案」を審議・議決したと明らかにした。これに先立ち未来創造科学部は国会審議を経て来年度の月探査予算200億ウォン(約20億円)を確保した。

2018年までに月の軌道を周回する探査衛星を打ち上げるのが韓国政府の1段階目標だ。開発計画案によると、航空宇宙研究院を中心に550キログラム級「月探査軌道船」を
打ち上げる。これまで月探査事前研究と国際協力を推進した「月探査研究団」を「月探査事業団」に変更して総括の役割を任せる。これとともに衛星開発研究団など月探査開発
プロジェクトに参加する。未来創造科学部は米航空宇宙局(NASA)と技術協力も推進する予定だ。これを通じて月軌道では追跡と深宇宙航法、月映像データ処理システムなどに
対する諮問を受ける計画だ。

2段階目標は2020年までに月着陸船を開発して韓国製ロケットを活用して打ち上げるのが目標だ。このために着陸船開発に投資し原子力電池、ロケットなどに対する基礎研究を
進める予定だ。李第1次官は「月探査はこれまでの衛星開発と羅老号打ち上げなどの宇宙開発経験を通じて確保した技術を基に推進するプロジェクトで、韓国の優秀な科学技術力を
見せることができる良い機会と考える。月探査に対する積極的な支持と応援をお願いしたい」と話した。

だが、一部では今回の月探査計画に対し無理な推進という指摘もある。打ち上げ目標である2018年までわずか3年しか残っていないためだ。予算確保もカギだ。未来創造科学部は
今年の月探査予算として当初410億ウォンを策定したが、国会での審議過程で全額削減された経験がある。今年は来年度予算として100億ウォンを申請し国会審議過程で
200億ウォンに増額された。韓国政府は3年間に1978億ウォンを投じる計画だが、国会での審議を乗り越えなければならない。有人月着陸船計画であるアポロプロジェクトを
推進するために米ケネディ政権は当時州政府予算の3%を5年以上注ぎ込んだ。2016年の韓国の政府予算は386兆ウォンで、このうち月探査予算は0.005%にすぎない。


3: 2015/12/31(木) 22:35:46.91 ID:uPnxzmLC.net

宇宙はゴミ捨て場ではありません


4: 2015/12/31(木) 22:37:11.07 ID:BdEHo0YT.net

20億ポッチかよw


6: 2015/12/31(木) 22:38:48.41 ID:mX6j5PWb.net

 
日本の月探査衛星かぐやは、2007年に打ち上げられ、
大量のデータや映像とともに、すでに運用は終了しました

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2015年10月25日

【韓国】韓国首相「2020年までに世界7大航空宇宙産業強国に入る」 ← あと4・5年か 日本が甘やかしたせいで 技術はタダでもらえるものと勘違いしてるな

no.jpg
1: 2015/10/25(日) 09:27:38.66 ID:???.net

2015年10月20日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の航空宇宙産業ビジョンについて、
黄教安(ファン・ギョアン)首相が「2020年までに世界7大航空宇宙産業強国に入る」と明らかにした。

黄首相は同日、ソウル空港で開かれた「ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会」に参加し、
「韓国の防衛産業輸出額は、昨年世界10位圏入りを果たし、航空宇宙産業もここ5年間で172%以上の成長を遂げた」と明らかにした。

その上で、「韓国は現在、小型戦闘ヘリコプターや民需ヘリコプター事業に力を注いでいる」と述べ、
「世界最高レベルの情報通信技術を活用し、航空宇宙産業と防衛産業を発展させていく」と強調した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。


「航空宇宙産業と防衛産業は、韓国の未来のために絶対に諦めてはいけない分野。不正なく推進できるのなら、積極的に支持する」

「韓国なら十分に実現可能なビジョンだ」

「宇宙を飛ぶロケット1つ作れない国が宇宙産業強国になれるの?」

「技術移転も受けられないのに…。今度はいくら横領するつもり?」

「口で言うのは簡単。実現するためにはどうすればよいか考えて」

「ただただ笑える。国民の血税を盗むことしか頭にないくせに!」

「宇宙より先に、国民の生活をどうにかしてほしい」


2015年10月24日(土) 21時20分
http://www.recordchina.co.jp/a121637.html


2: 2015/10/25(日) 09:28:26.84 ID:sn+vtc0d.net

と言う夢を見たニダ


3: 2015/10/25(日) 09:29:11.02 ID:J2Sw3ZEL.net

願望と現実の差に火病おこして周囲に被害が


4: 2015/10/25(日) 09:30:54.82 ID:PDOvZ4ZQ.net

技術は他人からもらえるものって完全に思い込んでるよな
乞われるままに与え続けた日本の責任だな

続きを読む
posted by 中島 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2015年10月15日

「韓国が支援すれば、NASAは更に宇宙の深部へ飛躍できる」 韓国大統領 NASAに宇宙開発の援助を申し出 ← 誰が信じるんだコレ 技術ないから盗みたいだけなのに

omoi.jpg
1: 2015/10/15(木) 10:58:05.27 ID:TTlVf3g80●.net BE:565421181-2BP(3000)

朴大統領、NASA訪問 「月探査・宇宙分野での韓米協力拡大を期待」


米国を公式訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は14日(現地時間)、メリーランド州の米航空宇宙局
(NASA)ゴダード宇宙飛行センターを訪問した。

朴大統領はNASAを訪問した席で「韓国の宇宙開発の歴史は短いが、2013年羅老(ナロ)号の打ち上げ
成功によって11番目スペースクラブ加入国になった」とし「月探査に対する韓米間協力が拡大し、宇宙
分野でも両国の協力が拡大して宇宙資源も共有できる契機になることを願う」と明らかにした。

朴大統領は「(韓国は)これまで蓄積してきた技術を基に2020年までに韓国型ロケットを開発し、これを基に
した無人月探査を計画している」とし「宇宙開発技術はそれ自体だけでなく、努力する過程、技術を開発する
過程で人類の生活の質を高める応用技術が出ることが魅力的」と伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151015-00000016-cnippou-kr


2: 2015/10/15(木) 10:58:52.60 ID:gqgfjKIC0.net

冗談は顔だけにしNASAい


4: 2015/10/15(木) 10:59:14.70 ID:pjN4FCR40.net

何言ってんのか全然分からん


6: 2015/10/15(木) 10:59:32.59 ID:CY2YqGre0.net

フラグしか見えない…何人犠牲になるのか…

続きを読む
posted by 中島 at 17:18 | Comment(8) | TrackBack(0) | 宇宙開発