五輪 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年02月28日

【韓国】オーストラリアの五輪選手ら、平昌の極寒の海でサーフィン楽しむ

1: 2018/02/26(月) 14:53:57.91 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000047-reut-kr
ロイター 2/26(月) 14:23配信

[平昌(韓国) 24日 ロイター] - 冬季五輪大会が開催された平昌で、オーストラリアの代表選手4人が、スキーをサーフボードに持ち替えて、極寒の水温にもかかわらず波乗りを楽しんだ。

「ビキニという気候じゃないけど、波は結構いい」とフリースタイル・スキーのダニエル・スコット選手はロイターテレビに話した。

4人はフルボディーのウエットスーツを着て、幾つかの種目の会場が置かれた江陵市近くの海に入った。水温は4度だった。

スキー・スラロームのハリー・レイドロー選手は「違った種類の寒さだけど楽しい」と語った。

この日のサーフィンは、オーストラリア五輪委員会が、出場試合が終了した選手たちのために企画したもの。


2: 2018/02/26(月) 14:55:45.58 ID:owE0uA3/

だれがウンコ教えてやれw


3: 2018/02/26(月) 14:56:23.76 ID:113H+NP9

大腸菌だらけじゃないの?


4: 2018/02/26(月) 14:57:26.48 ID:EfbVKvPR

隠し味がw

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪

【韓国】世界が一斉に評価も…平昌五輪をけなす日本メディア

1: 2018/02/27(火) 13:09:13.03 ID:CAP_USER

[? 中央日報/中央日報日本語版] 2018年02月27日 08時01分

日本の保守系メディアが26日、前日に閉幕した平昌(ピョンチャン)オリンピックについて極度に批判的な評価を出した。

タイムズ紙など海外メディアと国際オリンピック委員会(IOC)が競技場施設と宿舎、飲食と便宜施設、競技運営能力で「平昌が歴代最高だった」という好評を出している状況で、唯一日本では異なる評価が出ている。

読売新聞は「開催国の振る舞いが問われた」と題した社説で、今回の五輪を「開催国の韓国と、核・ミサイル開発に固執する北朝鮮が、最後まで政治利用した異例の大会だった」と評価した。女子アイスホッケー南北合同チームについては「1勝もできず最下位に終わった」とし「韓国の競技関係者の間に、政治介入への不満がくすぶり続けたのは無理もない」と指摘した。

また「特にコース整備費などがかさむ冬季五輪の将来に暗雲が立ちこめ、危機感を強める国際オリンピック委員会(IOC)にとって、国を挙げて冬季五輪を招致した韓国は貴重な存在だった。他国との公平性を損ねてまで、IOCが南北合同チームの結成などを容認したことは、韓国に対する配慮だと受け取れる」とし「平昌五輪は、IOCと五輪開催国の関係の在り方に課題を残した」と主張した。

産経新聞も似た主張だった。アイスホッケー南北合同チームについて「IOC自らがルールを曲げる場面もあった」とし、「IOCが距離を置こうとしてきた政治によるスポーツ介入に、自ら踏み出そうとしているようにも映る」と主張した。

同紙は「米国のゴールデンタイムに合わせて今大会のフィギュアは午前10時に開始した。対照的に欧州に合わせたノルディックスキーのジャンプは午後9時半にスタートし、選手は極寒の中で競技した」と指摘した。続いて平昌五輪の「選手軽視」「政治利用」を2020年東京五輪ではなくすべきだという趣旨の主張を展開した。

一方、朝日新聞は「韓国選手のメダルラッシュが政治色を消し去った」と評価した。同紙は「チケットは結果的に目標を上回る107万枚が売れ、オリンピック公園を訪れた人々まで合わせると138万人にのぼった」とし「ノロウイルスもあり、ボランティアメンバーの大量離脱もあったが、なんとか乗り越えた」と評価した。

http://s.japanese.joins.com/article/045/239045.html?servcode=600%C2%A7code=670


2: 2018/02/27(火) 13:10:50.56 ID:zh3ew9k5

政治色強すぎ


5: 2018/02/27(火) 13:12:19.43 ID:r6ul3sp3

キムチ臭いオリンピックだった。


6: 2018/02/27(火) 13:12:36.73 ID:b2DRg/CX

>競技場施設と宿舎、飲食と便宜施設、競技運営能力で「平昌が歴代最高だった」という好評を出している

暖房なし、バス待ち行列、ノロ、強風で転倒続出&予選中止
皮肉にもならんわ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪

【朝日】モルゲッソヨの作者語る 平昌五輪の謎彫刻、狙いは何か

1: 2018/02/27(火) 10:55:38.46 ID:CAP_USER

2/26(月) 19:30配信
朝日新聞デジタル

平昌五輪の謎彫刻、狙いは何か モルゲッソヨの作者語る

平昌のメディア施設前に置かれている「弾丸マン」の彫刻像=韓国・平昌

 25日に閉幕した平昌五輪では、メディア施設近くに置かれた彫刻像がインターネット上で話題を呼んだ。正式名は「Bullet Men(弾丸マン)」だが、日本のスポーツ紙が取材した際、スタッフが「分かりません(モルゲッソヨ)」と返したことから、その名が定着してしまった。作品を手がけた本人はどのように受け止めているのだろうか。韓国人の彫刻家キム・ジヒョンさん(50)にインタビューした。

【写真】「弾丸マン」を制作した韓国人彫刻家のキム・ジヒョンさん=本人提供

 ――この彫刻像が、男性器に見えると指摘する人がいます。

 「第一印象が男性器なのは否定できません。社会的な男性性、欲望の象徴です。男性のたくましい体の頭を覆うヘルメットの形は見ての通り、滑らかな弾丸のイメージと男性器を二重にイメージ化したものです。家父長的な文化で、男性中心的な社会を生きていかなければならないという意味で、武装の概念であるヘルメットを作り、その中には弱い人間の本性があることを表現したのです。美術史において裸は純粋な人間の本性を意味しますが、それが『弾丸マン』を、男性器を露出した裸にした理由でもあります」

 ――この作品を出した時、どんな反響がありましたか?

 「観客からの反応は、魅力的だけど見苦しいという反応がありました。私は欲望の殻を表現しただけなのに、世の中は依然としてタブー視する視線で裸の彫刻像を見ていることがわかりました。薄いパンツをはかせたこともあります」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000065-asahi-soci


2: 2018/02/27(火) 10:55:54.32 ID:CAP_USER

■人間の欲望とは?

 ――表現しようとした人間の欲望とは、どのようなものですか?

 「我々が夢見る隠されている男性的な欲望をあらわにすることでした。男性性はいろんなジェンダーが集まっている世の中で、自分も知らずに自分の体に覆われるものだと思います。女性も同じです。我々は現代を生きていく『欲望の塊』と言えるかも知れません。男性的な優越性(権力と欲望)と社会、経済的な成功など、内面の欲望を誇張して表したわけです」

 ――作品の構想を得たきっかけは?男性器をテーマにした作品は以前にもあったのでしょうか?

 「2008年の個展で初めて発表しました。翌年の別の個展で、欲望によりさらに巨大化した『弾丸マン』を彫刻(台座を含めて4・5メートル)で発表しました。私たちは欲望を満たすために武装して世の中に、社会に出ていきますが、結局自ら見えない境界を作り、硬直した暮らしをするしかありません。欲望の神殿に立たせる神像が必要でした。大学時代、授業で裸のモデルを勉強したことはありますが、男性器をテーマにした活動はしていません」

■なぜ平昌に置かれた?

 ――平昌にはどのような経緯で置くことになったのですか?また、なぜ3体に増えたのですか?

 「2013年の平昌ビエンナーレに選ばれ、展示後に江原道文化財団が購入して、現在の場所に置かれました。彫刻像は『私を含めた私たち』という概念で、3体ではなく、10体や100体にもなり得るという意図を込めています」

 ――キムさんの作品は、どのような経験やルーツから生まれたのですか?

 「『人間とは何なのか』『私たちはどこに立っているのか』という実存的な問いが信念になっています。2001年に米国留学に行きました。同時多発テロが起きた時、ニューヨークのマンハッタンにいて、ツインタワーからおびただしい煙が立ち上がるのを目にしました。交通もまひし、歩いて橋を渡って帰宅しました。隣に住んでいた韓国人がテロで夫を亡くし、数日後にはブッシュ大統領(当時)が報復攻撃を始め、また何の罪もない多くの犠牲者が出ました。当時、新たな文化に適応しなければならなかった身で、『なぜここにいるのか?人間とは何なのか?平和とは?』など、答えの見つからない問いかけが始まりました」


3: 2018/02/27(火) 10:56:13.32 ID:CAP_USER

■日本での反応に思うこと

 ――日本ではインターネット上で話題になり、二次創作も生まれています。

 「ある意味で興味深く思っています。こんなにも反応があるとは予想しませんでした。SNSが発達した今日、多様な反応が出てくるのは当たり前なことです。作家にとって作品の意図を完全に読み取ってもらえれば最高ですが、かと言って作家の意図通りに見てもらうよう強制するわけにはいきません。多様な反応が出るのはむしろいいことで、わいせつな解釈をする人はそんな見方でしか見られない人ですし、その裏にある弱い人間の本性を読み取れる人はそこまで考えられる人だと思います。うわべだけではなく、作品の流れを理解していただきたいとは思います」

 ――「誤解されている」と感じる部分はありますか?本当に考えてもらいたいことは何なのでしょうか?

 「この作品は、自分自身を強く批判する内容です。『分からない(モルゲッソヨ)』という言葉が皮肉なことに、現代人が直面している状況を物語っているという気がしました。自分の欲望が何なのか知らないまま生きているのではないか、という気もします。ある意味で『モルゲッソヨ』は適切な作品名かもしれません。『弾丸マン』は美化された暴力と欲望をあらわにしています。ところが、その内面には弱い人間の本性が存在します。武装しているけれど、実際には一寸先も見ることができない弱い人間なのです」

 ――日本の人々に伝えたいことはありますか?

 「慰安婦像の横に『弾丸マン』を置いた嫌な画像も見ました。もし、その弾丸マンが自分自身だとすればどんな気持ちになるか、一度考えてほしいです。私たちは、家庭で、小さいコミュニティーで、自分が所属している社会で、自分たちを守るためにフェンスを立てて、さらには暴力と偏見で武装して、他人を排斥しながら生きています。昔、自分たちが行った過ちを反省することがそんなに難しいのか。男性的、または社会的権威に大きな傷がつくのか。問いたいと思います」


4: 2018/02/27(火) 10:56:42.09 ID:CAP_USER

 ――韓国には、第2次世界大戦や朝鮮戦争などの「弾丸」、経済成長や通貨危機などの「富」を考えさせる歴史があります。影響は受けていますか?

 「最初から歴史的、社会的なテーマに注目して作業したわけではありません。むしろその反対です。韓国や日本は依然として家父長的で、男性中心的な社会文化システムに慣れて生きています。真の人間性の問題意識のないまま、与えられた社会・政治・文化的なイデオロギーの中を過ごさなければなりません。実は、私の父は植民地時代、日本に強制徴用されました。朝鮮戦争当時は、北朝鮮軍として参戦し、その体制が嫌で捕虜として南に残り、その後は韓国の軍隊に入隊し、悲運の時代を生きました。北朝鮮に残した家族(娘たち)への思いを抱いたまま、亡くなりました。私の父の世代はこうした激変する時代の暴力の犠牲になってきました。こうした経験から、社会、文化、政治的な現象に批判的な目を持つようになったように思います」

 ――五輪には「より速く、より高く、より強く」という理念があります。「弾丸マン」はこの理念に共鳴するものでしょうか?

 「五輪に向けて作った作品ではないので、言うことはありません。ただ、国単位の競争を見て、本当に公正な競争とは何なのかを考えます。勝者には賛辞を、敗者にはその労苦に対する慰めの言葉を贈ることが真の平和な競争だと思います。作品と関連させると、私たち現代人は、他人より優越すべきなのか?支配すべきなのか?などを考えてみるべきだと思います」

     ◇

 キム・ジヒョン 1968年、韓国・江原道出身。幼い時から創作が好きだった。86年、ソウル大学美術大彫塑(ちょうそ)科に進学。その後同大学院へ。2001年から米国留学。日本でも個展を開いたことがある。(藤田太郎)

朝日新聞社

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 五輪

【中国メディア】 平昌五輪のスケートで好記録が連発。その理由について「われわれの氷がいいから」と韓国は鼻高々

1: 2018/02/27(火) 20:28:10.05 ID:CAP_USER

■平昌五輪のスケートで好記録が連発「氷がいいから」韓国は鼻高々

2018年2月24日、環球時報(電子版)によると、平昌冬季五輪のスピードスケート競技で好記録が連発している理由について、韓国メディアは「われわれの氷がいいから」と伝えている。

韓国・亜洲経済は、好記録の連発は選手たちの実力向上だけでなく「(試合会場となっている)江陵のスケートリンクの優秀な氷の質が功労者だ」とする記事を掲載した。今回の五輪では世界記録やオリンピック記録が続出している。

亜洲経済は「江陵のスケートリンクでは250回以上繰り返して氷を張ることで、厚さ5ミリにしている。1度に出す水は少量で、0.2ミリの氷にしかならないが、250回繰り返すことで厚さが増す。1度に凍らせただけでは得られない強度が生まれる」と報じた。

また、今回の五輪では最先端の氷管理システムも導入されている。(編集・翻訳/大宮)

http://news.livedoor.com/article/detail/14350566/

関連
日本の技、銀盤磨く 韓国から整氷の協力要請
2018/2/11 1:10
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26797690R10C18A2CC1000/


2: 2018/02/27(火) 20:30:50.09 ID:CS7RM1Zi

<丶`∀´> ウリナラのギジュチュの勝利ニダ! 盲腸一の風使いと呼んでもいいニダヨ♪


3: 2018/02/27(火) 20:31:30.21 ID:1EDs5o0Q

距離間違えてるとかありそう


4: 2018/02/27(火) 20:32:12.37 ID:Mff7P4/n

日本の製氷技術はすごいな

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 五輪

2018年02月27日

【五輪/韓国】「銀」でもひれ伏し謝罪したキム・ボルム、食事喉通らず当面休養・・・春のワールドカップなど参加せず

1: 2018/02/26(月) 01:24:22.22 ID:CAP_USER9

銀メダルを取ったのに、気持ちを聞かれると「申し訳ありません」の一言だけだった。
平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで最後尾のメンバーを置き去りにしたとして
激しい非難を受けたキム・ボルムは、24日の女子マススタート決勝で日本の高木菜那(8分32秒87)に次いで
2位(8分32秒99)に入った。

レース中盤まで後方につけていたが、10周目から徐々にスピードを上げ、15周目で3番手に上がった。
最後の16周目には得意のラストスパートで2番手のオランダ人選手をかわした。

キム・ボルムは、パク・チウが準決勝で敗退したため韓国勢としては1人で決勝に臨んだ。
外国人選手の後ろにぴたりと付いて空気抵抗を最小限に抑える作戦で力を温存した。

レース後、キム・ボルムは涙を流した。五輪で初メダルを手にした喜びの涙ではなかった。表彰式でも笑顔はなかった。
19日の女子団体追い抜き準々決勝で、レース終盤に遅れ始めた最後尾の盧善英(ノ・ソンヨン)を置き去りにし、
パク・チウと2人で先にゴールしてしまったことで、世論の厳しい非難にさらされたからだ。

キム・ボルムは20日に記者会見を開いて謝罪したが、インターネットのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)
で激しい個人攻撃を受けた。韓国大統領府(青瓦台)のウェブサイトでは「キム・ボルムの国家代表資格を剥奪せよ」という
請願に対し60万人以上が賛同した。

精神的なダメージを受けたキム・ボルムはマススタートのレースまで食事もまともに食べられなかったという。
仏教徒であるキム・ボルムが僧侶に慰められたとのニュースが伝えられると、今度は「仏教信者の評判を汚す」などと中傷された。

キム・ボルムはマススタートのレース終了後、太極旗(韓国国旗)を広げるとリンクに膝と手を付いて
観客席に向かって深く頭を下げ(クンジョル=最も丁寧な韓国式のお辞儀)、再び謝罪の意を示した。
表彰式後の共同取材エリアでもうなだれたまま「国民の皆さんに申し訳ない気持ちで深く頭を下げた」と力なく話した。
取材陣からさまざまな質問が飛んだが「今思い浮かぶのは、申し訳ないという言葉しかない。本当にごめんなさい」と繰り返した。

所属会社の関係者はキム・ボルムについて「精神的な安定のために3〜4月まではワールドカップのファイナルや
世界選手権などの国際大会には出場せず、休養する予定」と説明した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14352868/
no title


2: 2018/02/26(月) 01:25:13.27 ID:Dq1VF/Z30

イジメ大国


5: 2018/02/26(月) 01:27:38.06 ID:0eOyZWS40

韓国の20代〜30代の若い世代もゆとりとか馬鹿にされているのかね?


6: 2018/02/26(月) 01:27:56.59 ID:9QqMqlXO0

自殺にまで追い込みそう
亡命した方がいいよ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 五輪

IOC委員長「平昌五輪は歴代最高の成功となった」「不満を言ってる人は誰一人として居ない」と大絶賛

1: 2018/02/26(月) 13:15:00.96 ID:Li4X5cYH0● BE:887141976-PLT(16001)

国際オリンピック委員会(IOC)の委員長であるトーマス・バッハ委員長が2018平昌五輪について大満足だと示した。

バッハ委員長は25日の閉会式を控え江原アルペンシアリゾートのメインプレスセンターで行われた記者会見にて
「様々な理由でIOCは平昌五輪に大変満足している」と述べた。

トーマス・バッハ委員長は「選手村と競技施設に満足していないという人は誰一人として見ていない」と
完全かつ快適な施設を設けた平昌五輪オリンピックを大絶賛。更に「この満足感が選手の実力に発揮された。
オリンピックの伝説や新たなスターが登場するなどオリンピックの本質を見守った」と付け加えた。

また北朝鮮の参加についても言及し「統一チームと共同でスポーツを超え、強力な平和のメッセージを世界に伝えたことは、
ほかでもない韓国で行われたことが重要だ」と力説。

http://gogotsu.com/archives/37578
no title


3: 2018/02/26(月) 13:15:34.20 ID:sQVaBc9k0

お前のなかではそうなんだろ……お前のなかではな


4: 2018/02/26(月) 13:15:37.29 ID:K9RKKRl70

IOCに金が沢山入るしIOCには潘基文がいるしそりゃそう言うだろ


7: 2018/02/26(月) 13:16:23.08 ID:iaohiLqC0

ノロウイルス バス遅延 バイト1000人逃亡 ジャンプで怪我人続出 中韓反則公開ショー 最低の五輪だろ。

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 五輪

韓国スケートのオランダ人コーチ「日本海」表記で炎上

1: 2018/02/26(月) 17:23:33.81 ID:CAP_USER

http://japanese.joins.com/article/043/239043.html

論争となっている女子スピードスケート団体追い抜きとともに韓国人に名を知らせたスピードスケートのコーチがいる。彼は韓国チームコーチのボブ・デヨングさん(42)だ。彼は氷上を離れることができず、一人で挫折していたノ・ソニョン選手を暖かく慰める姿で国民から愛されるようになった。その彼が時ならぬ論争に巻き込まれた。

26日、ボブ・デヨングさんのインスタグラムには「East Sea!!」というコメントがつけられている。ネットユーザーが注目している掲示物は5日、彼が投稿した東海(トンへ、日本名・日本海)の写真だ。

彼は「小さい湖は(凍れば)スケートに乗りやすい。だが、ここはそのようなところ(Weissensee)ではない。スケートに乗りやすいほど完全に凍っている本当の自然だ。日本海につながっている…」と話した。

ボブ・デヨングさんは東海を「JapanSea」と表記した。外国人であるだけにグーグル地図の表記に従ったと見られるが、韓国で接続される韓国向けグーグルマップには26日現在「東海」と単独表記されている。

ボブ・デヨングさんのファンたちは遅まきながら該当表記を見つけて「日本海ではない。東海だ」という意見を書き込んでいる。

ボブ・デヨングさんはオランダの元スピードスケート選手であり、バンクーバーオリンピック(五輪)の銅メダルリストだ。彼は昨年4月、韓国のコーチとして選ばれた。30代後半まで選手生活をしたため、イ・スンフン選手をはじめとする韓国選手に立派なモデルになった。

スピードスケートのメダリストであるイ・スンフン選手は「ボブ・デヨングさんは競技前に何分で服を着替え、スケートはいつ履くかも分単位でコーチしてくれた」としてコーチとして彼が見せた細心な指導力に謝意を表したこともある。


2: 2018/02/26(月) 17:24:36.17 ID:oO+JfokX

欧州のEAST SEAは別の意味があるからな。


3: 2018/02/26(月) 17:25:14.28 ID:FhtKhk7L

これでまた朝鮮人を毛嫌いする人間がw


5: 2018/02/26(月) 17:25:43.83 ID:xQgWgHG2

まあとりあえずは謝るんだろうなあ無意味に

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 五輪