北朝鮮 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年05月04日

【高須院長】北朝鮮情勢を読む 「米朝開戦は五分五分」「金正恩の斬首作戦に強く反対する人は、北朝鮮の工作員なんじゃないかって思う」

高須克弥

1: 2017/05/02(火) 23:58:48.44 ID:CAP_USER

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は緊迫する北朝鮮情勢についてお話をうかがいました。

                 * * *

 −−北朝鮮情勢の緊張が高まっています。

 高須:ロシア軍も北朝鮮との国境に部隊を移動させているようだね。これはもう一触即発ということなんだと思う。プーチン大統領もアメリカの動きを傍観するわけにもいかないだろうから、牽制をしているんだろうね。

 ただ、北朝鮮をどうこうしたいということよりも、極東でアメリカが攻撃を始めること自体が、ロシアにとって不都合だということなんだろうね。ここでもしも北朝鮮がアメリカに屈して、さらには中国もアメリカにやられちゃうと、アメリカ一強になってしまう。ロシアとしては、その状況はできれば避けたい。アメリカが軍事力を発揮して、今のバランスが崩れるのは困るからね。アメリカにヘタなことをさせないためにも、北朝鮮に肩入れする動きを見せて、トランプの動きを封じたいんだろうな。

 −−日本としてみたら、ロシアの肩入れが北朝鮮の暴走を駆り立てているようにも感じます。

 高須:それは本当に困った話だよ。ロシアとしてもそう簡単に戦争なんてことにはなってほしくないはずで、そのためにはプーチンが金正恩をうまくコントロールしなくちゃいけない。金正恩もバカじゃないから、戦争はしないほうがいいってわかっているだろうけど、プーチンのサポートがあると思って、暴走しちゃうかもしれない。プーチンが冷静に状況を見つめて判断していかないと、おかしなことにもなりかねないね。

 −− 一方では、米軍による金正恩斬首作戦なんてものもささやかれています。

 高須:ビン・ラディンもそれで抑えたわけだし、ない話ではないと思う。金正恩という指導者を失った北朝鮮がどうなっていくのかという不安はあるけど、日本としては今の北朝鮮そのものが不安の種なんだから、我々はこの脅威を取り払われることを願うしかない。もちろん、金正恩が中国に亡命でもして、北朝鮮が民主化されればいいのかもしれないよ。でも、現状でその可能性はかなり低い。結局日本としては、自分たちが攻撃されないためには、金正恩が改心するのを期待するのではなく、トランプを支持するしかない。それが日本人として当然の選択なんだよ。

 だからね、たまにネットなんかで金正恩の斬首作戦に強く反対する人もいるけど、僕にはその考えは信じられないね。日本の平和よりも金正恩の命のほうが大切だというのは、絶対に賛同できない。そういう声を上げる人は、北朝鮮の工作員なんじゃないかって思うよ。

 −−高須院長としては、実際に戦争に発展する可能性はどれくらいだと思いますか?

 高須:難しいけど…、五分五分くらいかな。トランプとしては金正恩が挑発行為を続けるなら、いつでも攻撃してやるというスタンスだったけど、だいぶ軟化しているから、このまま北朝鮮が静かにしていれば、大きな動きはないと思う。でも、金正恩はかなり追い詰められているわけで、どうなるかはわからない。実際、相変わらず強硬な態度を取っているしね。ただ、韓国が及び腰なのが気になるなあ。もうちょっと強い態度で北朝鮮に圧力をかけてほしい。

 −−日本国内の雰囲気はどう思いますか。そこまで危機感はないように思えます。

 高須:なるようにしかならないとは思うんだけど、たしかに戦争なんて起きるはずもないと信じ込んでいる人は多いような気がする。日本国民みんながそんな意識だと、もしも攻撃されたら、一発でやられてしまうよ。政府もしっかり危機感を抱く必要があるし、国民も何があるかわからないということをちゃんと心に留めて置かなければならない。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170502/frn1705020730005-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170502/frn1705020730005-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170502/frn1705020730005-n3.htm

>>2以降に続く)


2: 2017/05/02(火) 23:59:05.09 ID:CAP_USER

>>1の続き)

 −−内閣官房の公式サイトではミサイルが飛んできた際の避難方法が掲載されていますね。

 高須:なんだか暢気な感じもするけど、それくらいのことは知っておかないといけないってことだよ。こういうものをしっかりチェックしている人間が生き残るからね。この世の中は、本当に何が起きるかわからない。少なくとも、日本だけが永久に平和だなんてことはない。自分の国は自分で守るのが“普通の国”だということは忘れてはいけない。ある意味、今、日本は本当の意味で“普通の国”になるきっかけを与えられているのかもしれないね。

 * * *

 危機感を抱きながら北朝鮮情勢を注視している高須院長。有事に発展しないことを願うばかりだが、最悪の展開もありうるということも想定しておく必要がありそうだ。

 【プロフィール】

 高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。最新刊は『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)。

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

北朝鮮・米国の開戦に備え始めた日本のテレビ局!関係者「万が一の事態になれば放送される番組は報道特番へと差し替えられます」

1: 2017/05/02(火) 21:18:44.77 ID:CAP_USER

北朝鮮情勢が緊迫化し、世間では武力攻撃なども含めてさまざまな意見が飛び交っている。実際にどのような未来を迎えるのかは不透明だが、
テレビ各局は最悪の事態に備えてすでに動き出していると聞きつけた。

テレビ局は一体、何を始めているのか。

「ジャーナリストによって意見が分かれていますが、北朝鮮情勢は今後どうなるかは確かに不透明です。
しかし、テレビ局としては、武力攻撃をいずれかの関係国が仕掛けるケース、日本にも火の粉が降りかかるケースなども含めて想定が進んでおり、
対応を話し合っているんです」(テレビ番組関係者)

火の粉が降りかかった際のテレビ局の対応とは、どういうことか。

「万が一の事態になれば放送される番組は報道特番へと差し替えられますが、このような放送に関してはどのように対応するのかのマニュアルも貧弱少なんです。
皆無というわけではありませんが、日本が武力攻撃を受ける、もしくは武力攻撃に参加するといった事態はこれまで考えられなかったことなので、
このマニュアルの構築・整備が遅れています。そのため、一部はグレーのままです」(同)

マニュアルがないとは驚きだ。またこれがない場合は具体的にはどのようなトラブルが発生するのだろうか。

「たとえばCM放送の有無、バラエティ番組自粛の有無などです。震災の際には無条件にCMを飛ばせる仕組みになっていますが、
今回のような有事の際の規定を契約書に盛り込んでいない場合もあり、各スポンサーへの伝達はどうするのかなど、確認が行われています」(同)

戦争状態の中でCMを流してほしい企業など皆無だろうが、契約を交わしている以上、テレビ局としても気を配る必要があるようだ。

さらに現場レベルでの話し合いもあるという。

「報道やアナウンス室の人間は各種警報が出た際の情報提供の優先順位、言葉遣いの注意点などを確認し合っています。
いずれも戦争を経験したことがないため、現実味がないものの、必死に想像しながら模索しているといった印象ですね」(同)
http://tocana.jp/2017/05/post_13098_entry.html


26: 2017/05/02(火) 21:28:38.17 ID:pjsjlD1t

no title

    .


35: 2017/05/02(火) 21:33:32.01 ID:WXqXSfDu

>>26
刈上げデブ快進撃じゃんw。


2: 2017/05/02(火) 21:19:31.10 ID:Gka0gv1I

( ◎ゝ◎) テレ東


10: 2017/05/02(火) 21:23:17.22 ID:UlQ/l5X6

>>2
アニメですね?w

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北朝鮮

北朝鮮の核実験で火山噴火の恐れ?、専門家が懸念

1: 2017/05/02(火) 18:39:33.18 ID:CAP_USER

http://www.cnn.co.jp/m/world/35100685.html

(CNN) 北朝鮮が6回目となる核実験を実施すれば、その巨大な振動が大地を伝わり、中国との国境にある火山の噴火活動を誘発しかねない――専門家の間でこうした懸念が浮上していることが2日までに分かった。

米シンクタンク、ランド研究所の上級アナリスト、ブルース・ベネット氏は、北朝鮮が核実験を行った場合、その規模によっては中朝国境に位置する白頭山が噴火する可能性があると警鐘を鳴らす。

ベネット氏はCNNの取材に対し、実際に起こるとすれば「間違いなく大噴火になるだろう。中国と北朝鮮の両国で、数万人とは言わないまでも数千人の死者が出る恐れがある」と明言。「中国側はもう何年も、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が火山の噴火を引き起こす事態を懸念している」と述べた。

米スミソニアン博物館の火山調査を手掛けるプログラムによれば、白頭山の100キロ圏内にはおよそ160万人が暮らす。また白頭山と北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場は、115〜130キロ程度しか離れていない。

北朝鮮が国際社会で孤立しているため、白頭山に関しては科学的な知見が十分に得られていないのが実情だ。キングス・カレッジ・ロンドンで地理学と環境危機を専攻し、2000年代には白頭山の噴火活動を調査する国際研究チームにも加わったエイミー・ドノバン博士は「白頭山の地下からマグマが供給されるシステムについてはあまり知られていない。マグマだまりの大きさや深さ、状態もほとんど分かってはいない」と指摘する。

北朝鮮による直近の核実験で生じた爆発の威力は、推計でTNT火薬10キロトン分。ドノバン氏は、この規模であれば白頭山が噴火する公算は小さいとみている。ランド研究所のベネット氏によると、50〜100キロトン分の威力が生じた場合、深刻な影響を及ぼす可能性がある。

スミソニアン博物館のプログラムによれば、白頭山が最後に噴火したのは1903年にさかのぼる。噴火の規模としては、直径5キロのカルデラが形成された946年の噴火が最大と考えられている。

2017.05.02 Tue posted at 17:38 JST

中朝国境に位置する白頭山。北朝鮮の大規模な核実験で噴火する恐れがあるという
no title


3: 2017/05/02(火) 18:41:48.62 ID:iK4F2fjw

オモロい
やれよ


4: 2017/05/02(火) 18:43:16.66 ID:vj9i035m

ネタで


7: 2017/05/02(火) 18:46:58.28 ID:NkzXHFE3

いいんじゃないですかね

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

北朝鮮紙、朝鮮半島で核戦争なら「日本は放射能の雲に覆われる」と威嚇

18gou

1: 2017/05/02(火) 14:31:37.86 ID:CAP_USER

http://www.sanspo.com/geino/news/20170502/sot17050212370006-n1.html

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は2日、日本の海上自衛隊が米空母と共同訓練を実施するなどして「核戦争に突き進む朝鮮半島情勢をあおっている」と非難し、「朝鮮半島で核戦争が起きた場合、米軍の兵たん基地、出撃基地となっている日本が真っ先に放射能の雲に覆われるだろう」と威嚇した。

 同紙は、安倍晋三首相が北朝鮮は「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に保有している可能性がある」と述べたことや、北朝鮮情勢を踏まえ北欧訪問を見送ったことなどを挙げ「朝鮮半島危機説を先頭で鼓吹している」と主張。「軍国化を推し進める絶好の機会にしようとしている」と反発した。

 また「米国も照準器内に収めるわが武力が日本を攻撃するのは問題にもならない」と警告。「日本が自国の利益を考えるなら、朝鮮半島問題の平和的解決のため努力するべきだ」と強調した。(共同)


2: 2017/05/02(火) 14:33:19.55 ID:M/N9ulV+

金豚脅す。


3: 2017/05/02(火) 14:33:24.22 ID:bKH7bub3

裏切り者である在日朝鮮人を殲滅せしめんとする、将軍の強い意志であります。


5: 2017/05/02(火) 14:33:50.71 ID:wFKindnG

黒電話ビビってますな(^w^)

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2017年05月03日

米戦略爆撃機、上空を飛行・・・北朝鮮が非難 「核戦争の瀬戸際」

fabyou

1: 2017/05/02(火) 13:03:49.12 ID:CAP_USER

韓国国防省報道官は2日、米韓合同軍事演習の一環で、米戦略爆撃機「B━1B」2機が1日に朝鮮半島上空を飛行したことを明らかにした。
北朝鮮の挑発行為を阻止するとともに、同国の核・ミサイル開発の脅威に対応することが狙いと説明している。

これ以上の詳細は明らかにしなかった。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は2日、米戦略爆撃機が北朝鮮領内で「大規模な目標に対する核爆弾投下訓練を行った」と非難。
トランプ米大統領などの「米国の主戦論者は(わが国に対する)核の先制攻撃を求めている」と伝えた。

さらに「無謀な軍事挑発は、朝鮮半島情勢を核戦争の瀬戸際にさらに追い込んでいる」と表明した。
http://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-bombers-idJPKBN17Y08Q


3: 2017/05/02(火) 13:06:54.78 ID:PfWVBSoE

なんだよ、B-1はオンボロとかクズ鉄って
言わないのかよ、情け無いなあ


5: 2017/05/02(火) 13:07:15.71 ID:I4pHuWn8

北朝鮮領空に入ったように取れるなあ。


6: 2017/05/02(火) 13:07:16.05 ID:3Ylv9RyN

そんな無用の挑発しないよ
プロパガンダにも程がある

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩氏との会談に前向き

trump

1: 2017/05/02(火) 04:06:57.01 ID:CAP_USER

Bloomberg 5/2(火) 2:31配信

トランプ米大統領は1日、適切な状況になれば北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談に前向きな意向を明らかにした。北朝鮮の核兵器開発問題を巡っては緊張が高まっている。

トランプ大統領はブルームバーグ・ニュースのインタビューに応じ、「金委員長との会談が私にとって適切ものであれば、当然そうするだろう。実現すれば名誉なことだ」と述べた上で、「ただし会談は適切な状況の下で行われることになる」と続けた。

大統領はさらに、金委員長との会談に前向きな姿勢を表明したことについて「ほとんどの政治家は絶対に口にしないだろう。しかし適切な状況の下であれば金委員長との会談に臨む。これは速報ニュースだ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-59894413-bloom_st-bus_all


2: 2017/05/02(火) 04:08:31.56 ID:AwQjxu1H

適切な状況の下とはどういう条件だろう


3: 2017/05/02(火) 04:09:14.07 ID:IFQB5O1l

>>2
アメリカに来るなら


8: 2017/05/02(火) 04:18:56.62 ID:IW4amz/d

>>2
 フロリダでゴルフするってことだろ。
 

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2017年05月02日

金正恩氏は「なかなかの切れ者」、トランプ氏が強烈な皮肉か

18gou

1: 2017/05/01(月) 06:41:19.73 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000001-jij_afp-int
AFP=時事 5/1(月) 6:35配信

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、4月30日に放送されたテレビインタビューで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長について「なかなかの切れ者(pretty smart cookie)」と皮肉たっぷりの評価をしてみせた。

 トランプ大統領のほぼ賛辞ともとれるコメントは、北朝鮮のミサイルや核開発計画をめぐり緊張が高まる中で発せられた。警戒する米国は、金氏の制止役として中国の力添えも期待している。

 米CBSの報道番組「フェイス・ザ・ネーション(Face the Nation)」のインタビューでトランプ氏は、金委員長が正気なのか否か「見当もつかない」としながらも、父親の故・金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記が2011年に死亡し、国家のかじを取るという大難局に立たされた際、金委員長が27歳だったと伝えられている点に言及。

「彼は明らかに非常に手ごわい人々、特に将軍らを相手にしている。しかもとても若い年齢で、権力を手にすることができたのだ」と述べ、「叔父にせよ誰にせよ、大勢がその権力を奪おうとしたはずだ。だが彼は守り切った」と語った。「よって、なかなかの切れ者なのは間違いない」

 一方でトランプ大統領は、長年続いてきたこの事態を放置することはできないと強調した。

 北朝鮮は6回目の核実験の兆候をちらつかせて西側諸国を緊張させ続け、さらには一連のミサイルで実験で、核弾頭を搭載し米国本土に着弾させることが可能な弾道ミサイルの開発が間近に迫っているという懸念も、米国内に招いている。


4: 2017/05/01(月) 06:44:50.12 ID:/wTKUqlO

pretty?


5: 2017/05/01(月) 06:45:07.93 ID:70sL+/kL

金正恩「トランプはなかなかの壊れ物」


6: 2017/05/01(月) 06:45:12.44 ID:R1+/5KLk

バカチョンはお世辞を本気に受け取るからヤメテ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮