北朝鮮 - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2018年06月20日

北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始まる

1: 2018/06/18(月) 18:33:57.33 ID:CAP_USER9

2018年6月16日(土)15時10分 ニューズウィーク エリック・イサクソン(スウェーデン安全保障・開発政策研究所ジュニアリサーチフェロー)

■<憲法改正のために安全保障上の脅威を演出したい? 安倍政権は、今度は中国への敵意をあおるのか>

北朝鮮をめぐる状況はこの1年間に激変し、今や和解の可能性が見えている。こうしたなか、日本は北朝鮮による核保有を阻止し、日本人拉致問題をめぐる交渉の席に北朝鮮を引きずり出すべく圧力路線を貫いてきた。

日本の国内政治において北朝鮮は「主な敵国」であり、それが圧力路線を正当化する要因になってきた。北朝鮮との融和が現実になったら、今度はどの国が敵に位置付けられるのか。そうした変化は東アジアの地域安全保障にどんな意味を持つのか。

安倍晋三首相はこの1年間、政治問題の渦中にある。米朝および南北の対話ムードは日本にとって予想外だったという指摘もあるが、日本政治の現状を考えれば、話のタネがほかにあるだけでも安倍にはありがたい。

自身の政治問題から意識をそらすことで、安倍の支持率が上がる可能性はある。9月に予定される自民党総裁選で3選を果たすこともあり得るだろう。それでも北朝鮮との融和が日本政治、とりわけ憲法改正問題に与える影響に関して疑問は残る。

安倍は北朝鮮の脅威を重視し続けてきた。動機はおそらく、日本人拉致被害に対する倫理的な怒りだけでなく、防衛強化と憲法改正が不可欠だとの意識を国内で広げる上で役立つとの意図にある。

北朝鮮問題の解決や改善は東アジアの地政学に対して直接作用するだけでない。日本国内での憲法改正問題の行方をも左右し、地域安全保障に間接的な影響を与える。

■拉致問題が解決したら

日本の政治エリートの間には、特定の脅威の有無にかかわらず何らかの形で憲法を改正することへの強い支持がある。だが同時に、脅威の存在を指摘して憲法改正を正当化すべきだとの認識があるなら、彼らは北朝鮮の脅威が消えた後の空白を別の存在で埋めなければならない。

それは中国かもしれない。5月4日に習近平(シー・チンピン)国家主席と初めての日中首脳電話会談を行うなど、対中関係は改善の兆しを見せている。とはいえ内閣府の「外交に関する世論調査」では、中国に親しみを感じる人の割合は90年に52.3%だったが、16年は14.8%まで落ち込んだ(昨年は18.7%)。

言うまでもなく、日中が自他の差異を言い立てる「敵対的な他者化」に向かえば、東アジアの安全保障は悪影響を受ける。

米朝首脳会談開催をめぐる紆余曲折が示すように、北朝鮮に絡む数々の問題が近く解消するという考えは楽観的に過ぎるだろう。

仮に解決しても、建設的とは言えない結果になるかもしれない。日本人拉致問題の場合、真実が明るみに出る形で解決したら、北朝鮮の所業を知った日本および国際社会との関係がさらに悪化するとの見方もある。

とはいえ、それも解決し、北朝鮮を主な敵国として利用できなくなった場合、中国への敵意が高まるのか。答えは、日本の指導層がその政治目標の実現に際して、敵の存在がどれほど有効と判断するかによる。

世論の面で憲法改正の基本条件が整えば、中国の敵国化は不要になるだろう。しかし憲法改正ムードの醸成に当たって、安全保障上の脅威が持つ効果を過小評価してはならない。

北朝鮮の脅威という、日本にとっての政治ツールは今や消滅しかねない。その後の空白を中国への敵意で埋めるなら、東アジアはより深刻な危機に陥る。

日本が防衛強化や憲法改正を行う必要があるかはともかく、その実現を目指す人々は環境整備を進める上でやり過ぎてはならない。特に中国との「雪解け」を犠牲にするのは禁物だ。

<本誌2018年6月19日号掲載>

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10393.php


3: 2018/06/18(月) 18:36:27.49 ID:yRy0OnOZ0

> それも解決し、北朝鮮を主な敵国として利用できなくなった場合、中国への敵意が高まるのか。

仮定の質問にはお答えできませんw


23: 2018/06/18(月) 18:48:44.29 ID:VtcpbUAB0

>>3
良いお答え!


4: 2018/06/18(月) 18:37:57.19 ID:bNceecEw0

そもそも北朝鮮は脅威なんですか?

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2018年06月19日

【北朝鮮】 日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済の『フロンティア』になる可能性/古賀茂明

1: 2018/06/18(月) 23:48:48.15 ID:CAP_USER

no title

▲『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、安倍政権の態度に不安を隠さない。

自国産業の保護に血眼なトランプ大統領のアメリカと、自由で公平な貿易を求める各国との対立が深まっている。中国とは貿易戦争の一歩手前だし、G7諸国とも鉄鋼・アルミニウム輸入の高関税措置をめぐって揉(も)めている。このままアメリカと各国の通商戦争が激しくなれば、世界の貿易が縮小する事態だってありうる。

そうなれば、日本への影響は甚大だ。アベノミクスが順調に見えるのは、世界経済の好調を背景に日本の輸出が増え、企業収益が大幅に改善しているからだ。その頼みの綱である外需が頭打ちになれば、アベノミクスはたちどころに変調を来す。

ただ、日本経済の底上げにつながるかもしれないプラス材料はある。それは、米朝首脳会談だ。その交渉は予断を許さないが、もし、最終的に核廃棄、朝鮮戦争の終結などの合意が実現すれば、その後は経済制裁の解除、米朝国交正常化、そして北朝鮮への経済支援というメニューが浮上してくる。

北朝鮮のGDPは日本円で1.8兆円(2016年)ほどにすぎないが、国民の教育水準は決して低くなく、約12万平方kmの国土に約2400万人の人口を抱えている。周辺に日本、韓国、中国東北地方、ロシア極東地域が広がることを考えれば、米朝和解で地政学上のリスクがなくなった後は、この国は「北東アジアの新しい経済フロンティア」となる。

おそらく、国際的な対北朝鮮投資ブームが起きるはずだ。現に、韓国ではロッテグループ、通信大手のKT、観光業の現代峨山(げんだいがざん)などが北朝鮮への投資を検討する特別な組織を設けたと報じられている。日本も、このチャンスを見逃すべきではない。北朝鮮への経済協力を協議する国際的な枠組みに積極的に参画し、これまでの圧力一辺倒の政策とは一線を画した、独自の経済協力の絵図を描くべきだ。

2002年の日朝平壌(ピョンヤン)宣言で、日本は北朝鮮に経済協力を約束している。その宣言を活用し、例えば日本の新幹線を北朝鮮に供与・導入するというアイデアはどうだろう? それをシベリア鉄道、さらには日韓海底トンネルで九州と連結すれば、日本から朝鮮半島を経由してヨーロッパにつながる壮大なユーラシア横断鉄路が完成することになる。

北朝鮮の電力インフラの整備に乗り出し、そのついでにモンゴルで太陽光発電した電力を日本に送る巨大な送電網=アジアスーパーグリッドの建設構想の主役になってもいいだろう。日本経済を元気にするビジネスチャンスは無限にあるのだ。北朝鮮と経済協力の構想を話し合うなかで相互間に信頼が生まれれば、決して簡単ではないが、拉致問題の早期全面解決も視野に入る。

不安なのは安倍政権が今後も北朝鮮を敵視する政策を続け、圧力路線に頑(かたく)なにこだわることで、国際的な陣取り合戦で取り残される、という点だ。トランプ大統領は「北朝鮮経済協力資金は日中韓に拠出を求める」と公言している。このままでは日本は交渉の糸口をつかめないまま、サイフ役としてその資金の供与だけを求められ、経済プロジェクトに関与できないということになりかねない。

安倍総理は、メンツにこだわるのをやめて、平和の果実を日本にももたらすような戦略を真剣に考えてもらいたい。

*本記事は『週刊プレイボーイ』26号(6月11日発売)に掲載されたものです

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。近著は『国家の共謀』(角川新書)。ウェブサイト『Synapse』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中

ソース:集英社<日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済の「フロンティア」になる可能性>
http://wpb.shueisha.co.jp/2018/06/16/106187/


2: 2018/06/18(月) 23:49:41.61 ID:w9pqJxHK

ならねーよアホか


4: 2018/06/18(月) 23:50:30.51 ID:CqETkIfA

絶対に無い


5: 2018/06/18(月) 23:50:36.64 ID:kh+U2Qth

ならお前がまず移民してみろ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2018年06月18日

【北朝鮮】ほんこん「金正恩を偉大なる若い指導者とそんなもんどの口が言うとうねん。そういう事を言ってるメディアはあかん」

1: 2018/06/17(日) 18:58:55.51 ID:CAP_USER

日本のテレビ局の報道姿勢について、ほんこんが「北朝鮮に偏っている」と批判した。
自身もテレビに出る立場でありながら、テレビ批判をするというのは勇気あることだ。

ブルー @blue_kbx

ほんこん
「在京の番組が『金正恩を偉大なる若い指導者』と言ってるがちょっと待てよと。そんなもんどの口が言うとうねん。
誘拐していって身代金よこせと言ってるのに、そういう事を言ってるメディアはあかん。
在韓米軍が撤退したら喜ぶのは中国。戦勝国の思惑で動いてる事を日本人はもっと認識すべき」

動画
https://twitter.com/blue_kbx/status/1007801909237825537?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fnetgeek.biz%2Farchives%2F120681

ほんこんの言うことはもっとも。日頃から反安倍政権派の立場をとるマスコミは
日本が対立する北朝鮮について奇妙な紹介の仕方をすることがある。なぜか北朝鮮の肩を持つように金正恩の立場に立って紹介するのだ。
事実上、テレビ局内部が乗っ取られているといっても過言ではな

姜尚中が「金正恩は馬鹿ではないし、ましてやクレイジーでもないし…」と不自然に擁護している。
日本人を拉致した挙げ句、日本に向けてミサイルを撃ってくる独裁者をここまで擁護するのは奇妙としか言いようがない。

http://netgeek.biz/archives/120681


2: 2018/06/17(日) 18:59:39.86 ID:kamtDNoX

正論
報ステのことかな


5: 2018/06/17(日) 19:00:33.44 ID:EuAMj2sj

サヨクは日本人じゃない


6: 2018/06/17(日) 19:00:40.75 ID:Em2junBo

地上の楽園再びかな?

全然反省してないからなあ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

【北朝鮮】資本主義には未来がない 資本主義は滅亡へ突っ走る腐敗した社会である

1: 2018/06/17(日) 16:37:27.74 ID:CAP_USER

【平壌6月16日発朝鮮中央通信】16日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、資本主義は未来がない暗たんたる社会だと主張した。

同紙は、帝国主義者は資本主義社会での「民主主義」と「物質的繁栄」について大げさに宣伝しているが、それは反人民的で腐敗した社会、衰退没落する資本主義社会の真面目を覆い隠すためのお粗末な弁解にすぎないとし、次のように暴露した。

帝国主義反動層が標ぼうする「民主主義」は、勤労人民大衆のためのものではない。

極少数の搾取階級のためのえせ民主主義である。

複数政党制も見せかけにすぎないものである。

資本主義国で複数の党が交互に政治を行うと言うが、それは看板が異なるだけで、全て大独占資本家の利益を代弁するブルジョア政党である。

富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなるのは資本主義が抱えている悪性腫瘍である。

資本主義社会では物質的富が増えるほど物質生活の不平等はより甚だしくなって勤労者大衆は零落した生活をする。

一定の水準で生活する人々もいつ貧窮の奈落に転落するか分からないので、ひと時も安心できずに暮らすところが資本主義社会である。

資本主義こそ、金持ちには天国であるが貧しい人々には地獄同様の腐敗した社会である。

外的には繁盛し、発展するようだが、内的には社会を腐敗させ、人々を精神的・肉体的に堕落させるのが資本主義である。

資本主義は決して繁栄する民主主義社会でもなく、永遠なものでもない。

資本主義は、滅亡へ突っ走る腐敗した社会である。−−−


http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


2: 2018/06/17(日) 16:39:05.83 ID:fJUfLqet

北は電話豚以外は飢えてるじゃん。


3: 2018/06/17(日) 16:39:08.39 ID:sHH+1GHw

>>1
北朝鮮→たった一人の搾取だからおk
こうですか?わかりますん


5: 2018/06/17(日) 16:39:56.00 ID:Tai6eDzF

19世紀の妄想だな。

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北朝鮮

【河野外相】北朝鮮の非核化は2020年の米大統領選までに「ケリをつけた方が」 米国務長官「恐らく金正恩はあと60年あそこにいる」と懸念

1: 2018/06/17(日) 12:46:10.63 ID:CAP_USER9

河野太郎外務大臣は北朝鮮の非核化の期限について、2020年の次期アメリカ大統領選までに
「ケリをつけたほうがいい」との考えを改めて強調しました。

 河野太郎外務大臣:
「恐らく金正恩は、ポンペオさんいわくあと60年は彼はあそこにいるんだと。向こうは60年いるわけだけど
アメリカの大統領は4年ごとに選挙があるので、どっちかというと時間は北朝鮮よりなんですね。
私はとにかく、次の大統領選までにはきちっとケリをつけたほうがいいよと」

さらに河野大臣は、北朝鮮の非核化については
「段階的にやったとしても経済制裁は緩むわけではない」と述べ、「延せば延すほど制裁は伸びていく」と強調しました。

 (※詳細・全文は引用元へ→ テレビ朝日 )
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000129736.html
 ※関連記事
 非核化「2年半以内に」 日米韓外相会談で米国務長官 (2018/06/14 11:46)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000129519.html

 ※関連スレ
河野太郎外相「北朝鮮が核廃棄を段階的にやっても、経済制裁は段階的に緩むわけではない」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529203425/
【日米韓外相会談】米国務長官が河野太郎大臣と会談 「北が完全な非核化を示さない限り経済制裁の解除はしない」と北朝鮮をけん制
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529160425/
【北非核化】安倍首相、IAEAの査察費用負担で資金拠出する方針 北朝鮮の直接支援は否定 「拉致問題解決がなければ経済援助はしない」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529201844/


3: 2018/06/17(日) 12:47:50.31 ID:hYb40d+70

アメ公が体制保障与えるんだろ国民は嘆いてるだろう


5: 2018/06/17(日) 12:49:23.19 ID:o3Hm/c+d0

60年ももたんだろあの体型


6: 2018/06/17(日) 12:49:43.02 ID:9b2NMxli0

60年って凄いな

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

【北非核化】安倍首相、IAEAの査察費用負担で資金拠出する方針 北朝鮮の直接支援は否定 「拉致問題解決がなければ経済援助はしない」

1: 2018/06/17(日) 11:17:24.92 ID:CAP_USER9

安倍晋三首相は16日、読売テレビの番組に出演し、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け
「金正恩(キム・ジョンウン)委員長の大きな決断が必要だ。強く期待している」と述べた。

首相は首脳会談の開催は拉致問題の解決に資することが条件になると改めて強調した。
開催時期などについては明言を避け「北朝鮮の反応を待ちたい」と語った。

 北朝鮮の非核化に向け、査察などへの資金拠出の用意があることも表明した。
「核の脅威がなくなることによって、平和の恩恵を被る日本が負担するのは当然だ」と述べた。
国際原子力機関(IAEA)による査察費用を支援する方針だ。

首相は「例えば核廃棄をする機構をつくって進める」と述べ、国際社会が資金拠出する枠組みをつくる可能性にも言及した。
国際的な枠組みであれば、北朝鮮を直接支援する形にはならないためだ。「拉致問題が解決されなければ経済援助はおこなわない」とも強調した。

 (※詳細・全文は引用元へ→ 日経新聞 18/6/16 12:28)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31866420W8A610C1MM0000/
 ※関連スレ
【安倍首相】拉致問題、首脳会談解決へ決意=非核化費用の負担検討
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529112874/
【安倍首相】「拉致問題・核・ミサイル問題の解決なしに北朝鮮と国交正常化はあり得ず経済協力支援も行わない」と強調 日米首脳会談で
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1528534092/


6: 2018/06/17(日) 11:20:57.06 ID:WfGXHzyo0

まぁ当然だな
がっちり査察できるように万全の準備を整えてくれ
どうせ無駄に終わり永劫に解決しない
故に国交が正常化することはない


7: 2018/06/17(日) 11:21:48.03 ID:w7t6E+jN0

直接支援と書いた新聞どこ?


9: 2018/06/17(日) 11:22:04.64 ID:v/xiR13y0

EU諸国首脳はみんなダンマリかな?

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2018年06月17日

安倍首相「拉致被害者すべて帰すといったら北朝鮮に行く」 全被害者帰国に強い覚悟

1: 2018/06/15(金) 19:32:45.26 ID:CAP_USER

夕刊フジ2018.6.15
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180615/soc1806150025-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

安倍晋三首相が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談に向けて、拉致被害者の全員奪還に強い覚悟を示した。米朝首脳会談で、正恩氏は「日本と対話する用意がある」と前向きに語ったとされるが、北朝鮮は核開発や拉致問題で国際社会を裏切り続けてきた。

「最後のチャンス」ともいえる局面を迎え、安倍首相は慎重かつ果断に判断する構えだ。

 「拙速にはやらない。北朝鮮が被害者をすべて帰すといったら(北朝鮮に)行く」

 安倍首相は14日、拉致被害者家族との面会で、こう語った。出席者の「(交渉を)慌てないでください」という発言を受けた回答だった。

 2002年の日朝首脳会談にも、官房副長官として出席した安倍首相は、北朝鮮の欺瞞(ぎまん)性を熟知している。面会に同席した複数の関係者によると、安倍首相は「私は北朝鮮にだまされない。1994年から拉致問題に取り組んできたが、何度もだまされてきた。

北朝鮮のだましの手口は分かっている」と話したという。

(全文は配信先で読んでください)


2: 2018/06/15(金) 19:34:14.22 ID:uhKoe4l8

なお、生きてるのが前提です(^O^)/


3: 2018/06/15(金) 19:34:28.10 ID:UwW+nHa7

韓国に渡した銭はどうなったん?


5: 2018/06/15(金) 19:36:14.56 ID:L2sWBBZk

金豚「だったら、来なくていいよ。」

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮