北朝鮮 - おもしろ韓国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 
1日1クリック 応援お願いします →

2017年05月29日

【北朝鮮】「けちくさい」 日本はマンギョンボン号に関連してどうのこうのと騒ぎ立てるいかなる資格も名分もない

18gou

1: 2017/05/28(日) 09:55:14.70 ID:CAP_USER

【平壌5月27日発朝鮮中央通信】対朝鮮敵視に狂った日本が、われわれの「マンギョンボン」号の運航問題にまで言い掛かりをつけて身の程知らずに振舞っている

内閣官房長官なる者が「マンギョンボン」号の運営が平壌の核およびロケット問題解決のための他国の努力に及ぼす影響を注視すると言いふらしたのに続き、外相なる者もロシアが朝鮮問題の解決において責任ある態度を取ることを期待すると差し出がましく言った。

これは、日本反動層の体質化した反共和国敵視政策の表現以外に何物でもない。

日本は、「マンギョンボン」号に関連してどうのこうのと騒ぎ立てるいかなる資格も、名分もない

「マンギョンボン」号は、朝露両国間の合意に従って経済的連携の拡大と人道的交流などに寄与している国際観光船である。

しかし、日本は10余年間も「マンギョンボン」号の日本入港を禁止して在日同胞の祖国への航路を阻む人権蹂躙(じゅうりん)犯罪を働いたことにも満足せず、今回は国家間の正常な経済および人的交流に対してまで悪態をつくことによって、対朝鮮敵視政策の悪辣さを再度如実にさらけ出した。

日本が朝露両国間の双務的協力事業を軍事的目的と結びつけるのは、自分の対朝鮮敵視政策を正当化するための詭(き)弁にすぎない。

日本は、「大東亜共栄圏」の妄想をなんとしてもかなえるという悪意の下で、第2次世界大戦以降から共和国に対する露骨な政治的・経済的封鎖と軍事的策動に執着して国際社会に糾弾、排撃されてきた。

われわれが核を保有する前の2003年には、「マンギョンボン」号を「麻薬密輸船」に罵倒(ばとう)して反共和国、反総聯(朝鮮総聯)策動を合法化する陰謀までめぐらした。

今になっては、米帝の核恐喝策動に対処するわれわれの軍事力強化措置を日本と世界に対する「脅威」に言い掛かりをつけて対朝鮮敵視政策を合理化している。

「マンギョンボン」号に対する日本反動層の中傷もその延長線にすぎない。

共和国を経済的に完全に封鎖し、窒息させて再侵略実現の有利な機会をもうけようというのがまさに、日本反動層の目的である。

日本こそ、対朝鮮敵視野望が骨髄に徹した朝鮮人民の千年来の敵である。

日本がそんな卑劣な方法まですべて動員して敵視策動に奔走するからといって揺るぐ共和国ではない。

日本は、けちくさい反共和国敵対行為を直ちにやめ、軽挙妄動してはいけない。―――


http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


3: 2017/05/28(日) 09:57:17.44 ID:NFeD14w7

>>1
分かりやすすぎだろ


4: 2017/05/28(日) 09:57:48.87 ID:pGQLEoQl

3行にしろ

3行でも読まないけどw


5: 2017/05/28(日) 09:57:58.11 ID:/b9YBaTt

要約:カネよこせ

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮

正恩氏「無力化」へ 安倍&トランプ氏、G7で“攻めの外交” 北朝鮮放置すればシリアやISに核ミサイル拡散の恐れ

1: 2017/05/27(土) 21:34:29.13 ID:CAP_USER

 安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権の「核・ミサイル完全放棄」に向け、攻めの外交を展開する。

 イタリアで26日に開幕した先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、各国首脳に対北朝鮮制裁の完全実施を呼びかけるのだ。

 G7以外にも、制裁の「抜け穴」となっている中国を牽制(けんせい)する意味でも、日米同盟に欧州も巻き込んだ「対北包囲網」の構築が不可欠だ。

 「北朝鮮の問題はいまや東アジアだけではなく、世界にとっても重大な脅威だ。その認識を共有し、G7で一致結束して毅然(きぜん)と対応していく。議論をリードしていきたい」

 安倍首相は出発前の25日、こう意気込みを示した。

 北朝鮮を、世界最強の米軍が包囲する緊迫状況が続くなか、G7首脳が一堂に会するサミットは、イタリア南部シチリア島の高級リゾート地タオルミナで開かれる。

 日本政府関係者によると、安倍首相は参加する全首脳との個別会談を行う方向で調整に入った。

 狂気の指導者、正恩氏率いる北朝鮮は、今年に入って8回もの弾道ミサイル発射を強行した。14日に打ち上げた新型中距離弾道ミサイル「火星12」は、射程が5000〜6000キロ超に達し、米アラスカ州も狙えるとの見方がある。

 安倍首相はサミットを通じ、北朝鮮が「世界の脅威」になっていることに加え、制裁の完全履行には、中国の役割が重要だという認識を共有したい考えだ。

 その裏には、中国が制裁の「抜け穴」となっている実情がある。

 中国税関総署が23日に公表した国・地域別の輸出入統計月報(ドルベース)で、北朝鮮との貿易総額が今年1〜4月に16億279万ドル(約1779億円)となり、前年同期に比べ16・3%も増えていたのだ。

 国連安全保障理事会決議を受け、中国は2月19日から、北朝鮮産の石炭輸入を停止する措置を取ったとしてきた。

 さらに、トランプ氏も4月の米中首脳会談で、北朝鮮への圧力を強めるよう習近平国家主席に迫った。だが、先の統計を見る限り、効果はまったく上がっていない。

 現在の国際社会の対北制裁は効果が出ているのか。北朝鮮情勢に詳しい麗澤大学の西岡力客員教授が解説する。

 「正恩氏の秘密資金を扱う『朝鮮労働党39号室』の資金が枯渇し始めているのは間違いない。海外の外交官や貿易関係者に『上納金を出せ』と厳命するため、上納金を準備できない人間が亡命する現象が起きている。ただ、核・ミサイル開発を中止せざるを得ないほどは枯渇していない。今後は、北朝鮮と取引する第三国の企業や金融機関も制裁対象とする『セカンダリー・サンクション』を、米国が本当にかけるかどうかだ」

 サミットではどう各国を説得するべきか。

 西岡氏は「北朝鮮はシリアとコネクションがあり、過激組織『イスラム国(IS)』とも裏で取引をしているとの情報もある。北朝鮮が核を搭載したICBMを持てば、そうしたところにも拡散する可能性が十分あるということも説明すべきだろう」と指摘した。

 世界平和への布石を築くサミットとなるのか。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170527/plt1705271530003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170527/plt1705271530003-n2.htm

no title

イタリア・シチリア島に到着した安倍首相夫妻。北朝鮮封じ込めへ攻めの外交が始まる=25日(共同)


4: 2017/05/27(土) 21:37:05.10 ID:mBsDyA6u

外交手腕が問われるな
頑張って欲しい


12: 2017/05/27(土) 21:55:55.94 ID:p4qkNY4W

ISISに核がわたったらほんと終わる
あそこは撃つからこわい


36: 2017/05/27(土) 23:10:22.47 ID:76KvqAe0

>>12
テロリストの核には抑止力が一切効かないからな。
一方的に撃たれ放題。

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2017年05月28日

北朝鮮「中国への核攻撃も選択肢の一つ」

18gou

1: 2017/05/25(木) 22:45:45.10 ID:PgqKoT9B0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典

北朝鮮の幹部、講演で中国への核攻撃に言及か

北朝鮮のある中央幹部が、地方の幹部らに対し、中国全域が既に北朝鮮の核の射程圏内に入っていると話したとの報道が飛び出した。

これは米政府系放送局「自由アジア放送(RFA)」が北朝鮮の消息筋の話として伝えたもの。この発言が講演で飛び出したものなのか、個人の考えを語ったものなのかは明確でないという。

 北朝鮮両江道の複数の消息筋によると、今月20日に両江道の朝鮮労働党委員会会議室で地方幹部らを対象に行われた講演会の司会者が
「最近、開発に成功した新型ミサイル『火星12号』は、中国全域を確実に打撃できる核運搬手段」と発言したという。RFAが伝えた。

 報道によると、この日午後2時から行われた最近の情勢に関する講演は、中央党の宣伝扇動部の指導員が自ら司会役を務めた。
講演は四半期に1度ずつ地方の幹部を集めて開かれ、北朝鮮の周辺国の動向について中央の幹部が解説するものだ。

 朝鮮労働党中央委員会宣伝扇動部の指導員だとされるこの講演者は、
地方幹部に対し「火星12号の成功で、中国はわれわれ(北朝鮮)のミサイル網の中に完全に入ってしまった」として「中国による北朝鮮制裁など全く恐れることはない」と話した。

 消息筋は「中国がわれわれの核の脅威にさらされていることは、各幹部がプライベートの場で頻繁に言及してきた。
ただ、この日の講演で中国への核攻撃もあり得ることをほのめかしたのは、講演者のミスなのか予定された内容なのか不明だ」と話した。

 また、別の消息筋は「労働新聞のようなメディアでも公に中国を非難しているのだから、非公開の場では何だって言えるだろう。
『われわれの打撃圏には制限がなく、われわれの打撃から逃れられるものはこの世にはいない』という言葉は露骨に中国を脅かす表現だ。
中国もこのような荒々しい表現が自分たちに向けられたものだということをよく分かっているはずだ」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/24/2017052403502.html


2: 2017/05/25(木) 22:46:12.42 ID:vlaheEGA0

さっさとやれ


3: 2017/05/25(木) 22:46:13.91 ID:4SWUUqHu0

もう半島焼き尽くそ?


4: 2017/05/25(木) 22:46:16.90 ID:tGrBXOI00

自ら孤立していくスタイル

続きを読む
posted by 中島 at 02:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2017年05月23日

北朝鮮メディア「我々の核は日本を守る核である、日本は我々に感謝するべきだ」

18gou

1: 2017/05/22(月) 13:06:43.13 ID:6NzqH8nL0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典

http://news.livedoor.com/article/detail/13095249/
北メディア「われわれの核は日本も守っている」

北朝鮮の労働新聞は21日、日本の麻生太郎財務相が「朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけた」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、麻生氏が「米財務長官との会談で、朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけて、制裁強化のための井戸端会議した挙句、『常識のない国』が危険な武器を持っているだとか、何とか言って散々けなした」と指摘した。

つづけて、「麻生がわれわれの核抑止力を危険な武器と描写したのは、自らの低レベルな判別力と事物現象についての無理解を自ら広めた無知な醜態」と述べた。

また、「われわれの握っている核兵器は、朝鮮半島での核戦争を防ぐ強力な自衛的抑止力であり、地域の安全と平和を守るための必勝の宝剣だ」と主張した。

さらに、「米国の核戦争挑発騒動で朝鮮半島における核戦争が起きれば、米国の核前哨基地、兵站基地に転落した日本列島も破滅的な災害を免れないというのが定説だ。
そのような面を考えると、われわれの核は、日本の安全も守ってやっていることとなる」と強調した。

そのうえで、「日本の反動層は、われわれをけなすのではなく、われわれに感謝の挨拶をすべきだ」と述べた。


2: 2017/05/22(月) 13:07:48.52 ID:NhEIJ0nk0

なるほどわからん


3: 2017/05/22(月) 13:07:57.95 ID:v1BIaBWp0

もう何を言ってるのか分からんなw
我々の核は在日朝鮮人えお守ってるなら理解できんこともないがwww


5: 2017/05/22(月) 13:07:57.74 ID:GyGtOUsb0

そりわどうも

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

ニューヨーク・タイムズ紙 「北朝鮮の核弾頭搭載ICBMの開発は、全面戦争以外に阻止できない」

Kim_Jong-Un

1: 2017/05/22(月) 10:49:05.20 ID:CAP_USER

ニューヨーク・タイムズ紙の4月17日付解説記事が、北朝鮮の核・ミサイル計画は、
北朝鮮体制の崩壊という脅威に対処するためのものであり、トランプはいずれ、北朝鮮が力や脅しで解決できない、
より複雑な力学に動かされていることに気づくだろう、と言っています。要旨は以下の通りです。

北朝鮮の弱みこそが、国の歴史と国内の力学と相まって、同国指導者にコストを顧みず核とミサイル計画を追求させている。
トランプはいずれ、北朝鮮は力や脅しで解決できない、より複雑な力学に動かされていることに気づくだろう。

北朝鮮の核、ミサイル計画は、体制の崩壊という脅威に対処する戦略の中核をなすものである。
冷戦後、世界中で共産主義政権が倒れ、北朝鮮も続くと思われた。当時の指導者の金正日は、軍優先の「先軍」政策で対応し、
いつ起きてもおかしくない戦争への準備態勢を整えた。

この政策で、北朝鮮の物不足と配給が巨大な軍の維持に必要であることを説明するとともに、
国内の敵を一掃し、戦時によくある愛国主義を鼓舞するため、弾圧を正当化しようとした。

今日、北朝鮮は安定しているように見える。しかし、そのため、常に戦争に近い状態にあるという代価を払っている。
外国の脅しも譲歩も、この状況を変えられなかった。

ソ連の支援を失い、米国とその同盟国の脅威にさらされた金正日は、いかなる戦争もコストが大きすぎるようにしようとした。

当初、核・ミサイル計画は、米国との「大取引」の取引材料と考えられていた。しかし、戦争のリスクを伴う挑発が繰り返されるにつれ、
核・ミサイル計画は象徴的に有用であるのみならず、戦略的に必要となった。

北朝鮮は近隣国からの攻撃を恐れ、計画の中止は国の壊滅をもたらすとして、核・ミサイル計画を中止できなくなった。

米国の強さもまた逆説的に弱さを意味する。北朝鮮は短時間のうちに米国の全面攻撃にさらされることを知っている。
従って紛争の初めから核攻撃にエスカレートさせる以外に選択肢はない。また北朝鮮は米国が政権を打倒しようとすることを恐れ、核での報復を繰り返し警告している。

このように北朝鮮の弱みが米国の選択を制限している。
北朝鮮に対する懲罰的攻撃、あるいは核・ミサイル計画を妨害する攻撃は、北朝鮮の全面攻撃への恐れを呼び起こし、核紛争に至るであろう。

北朝鮮の核弾頭搭載ICBMの開発は、全面戦争以外に阻止できないだろう。サイバー攻撃は開発を遅らせるだけである。

情報分析家は、時間とともにリスクは大きくなると見ている。Arms Control Association のDaryl G. Camball専務理事は、
現在の「行動―反応」というパターンが続けば、朝鮮半島非核化の見通しを暗くするのみならず、破滅的な核戦争のリスクが増大するだろうと述べている。

John R. Bolton元国連大使は、北朝鮮の核兵器計画を終わらせる唯一の方法は北朝鮮を終わらせることであると言っている。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9663


2: 2017/05/22(月) 10:50:44.52 ID:R1bgMQZx

全て弱腰オバマ・アメリカのせい。


36: 2017/05/22(月) 11:07:41.42 ID:FQesF+Pk

>>2
クリントンの頃からだろ
マスゲームで懐柔されたオルブライトのババアとか酷かったぞ


5: 2017/05/22(月) 10:53:03.21 ID:f344ZZ8I

このようにして米国の北朝鮮攻撃への理由付けを行っている段階ですね。
あとはいつ開戦かだな(´・ω・`)

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2017年05月22日

【70年ぶりに核食らいたいか?】北朝鮮「日本も我々の核攻撃圏内にある」米国追従の日本に最終警告へ

18gou

1: 2017/05/20(土) 21:19:39.66 ID:wGoRJi+q0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

 北朝鮮の新型中距離弾道ミサイル「火星12」が14日に発射されたことを巡り、朝鮮中央通信は20日、日本政府の対応を批判し、
「日本も我々の攻撃圏内にある」と警告した。日本に対して「今からでも災いを招く愚かな行為をやめ、自粛する方が良い」と主張した。

 同通信は「日本は米国に追従して反朝鮮制裁策動に狂奔したことで、自らが我々の攻撃圏内に更に深く入る結果をもたらした」と指摘。
「実戦配備された核兵器を含む我々の全ての軍事的攻撃手段は、米本土と共に日本に駐屯する米軍基地にも照準を合わせ、発射の瞬間だけを待っている」と強調した。(ソウル=牧野愛博)

朝日新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000064-asahi-int


3: 2017/05/20(土) 21:21:52.71 ID:la9bd2Jl0

で、トランプこれどーすんの?


5: 2017/05/20(土) 21:23:54.61 ID:ZgEJMiVU0

やったらどうなるか分かって言っているんだろうなw


6: 2017/05/20(土) 21:24:45.72 ID:TdIplD5g0

まだ言ってんのか

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

北朝鮮攻撃すれば「信じられない規模での悲劇が起きる」 米国防長官

マティス米国防長官

1: 2017/05/20(土) 20:03:35.56 ID:CAP_USER

マティス氏は会見で、北朝鮮の核・ミサイル問題を解決する手段としての軍事行動について
「信じられない規模での悲劇が起きる」と指摘した。

米軍が北朝鮮の関連施設を先制攻撃した場合、反撃によって同盟国の日本や韓国などへの被害が出ることを念頭に発言したものとみられる。

トランプ政権は「すべての選択肢がテーブルの上にある」として、軍事行動も辞さない構えで北朝鮮に圧力をかけてきた。
マティス氏の発言は、軍事行動という選択肢に消極的な立場を示したものだ。

マティス氏はまた、日韓や中国などとの協力で、外交的な解決を目指す考えを示した。
http://www.asahi.com/articles/ASK5N2HMWK5NUHBI006.html


4: 2017/05/20(土) 20:06:56.77 ID:LDYuaRb1

>日韓や中国などとの協力で、外交的な解決を目指す考えを示した

なにこのボンクラぶり


5: 2017/05/20(土) 20:07:01.93 ID:jcmvKh7J

軍人は戦争に賛成だというのは誤り
軍事こそが戦争に反対だ若しくは慎重だ
当たり前だ戦争になれば自分たちが最前線に立つのだから
マティスは真のマッドドッグつまり戦争屋リアル軍人だ
だからこそ軽々しく戦争を煽ったりはしない戦間期の朝日新聞のように


6: 2017/05/20(土) 20:07:14.72 ID:3pXhbxug

来月かな

続きを読む
posted by 中島 at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮