【韓国】中央日報「サンヨーに産業スパイ潜り込ませ、サムスンは頂点に立った。『LINE』も日本を掌握した」  - おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2019年02月25日

【韓国】中央日報「サンヨーに産業スパイ潜り込ませ、サムスンは頂点に立った。『LINE』も日本を掌握した」 

1: 2019/02/22(金) 07:07:25.13 ID:C20zlBMv9

韓国スレOK

韓半島(朝鮮半島)を強占し第2次世界大戦を挑発したが降伏した日本はそのままで、蹂躙された国が分断という青天の霹靂を迎えこれほど憤りが爆発することはない。
韓半島が分断されなかったとすれば離散家族の悲劇も、北朝鮮の核の恐怖も、南北間の対立と雪解けをめぐる騒動もなかっただろう。 

  日韓議員連盟会長を務めた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の「天皇謝罪論」をめぐり日韓関係が急速に冷え込んでいる。
「韓国の植民時代の日本軍慰安婦被害者に天皇が謝罪しなければならない」という発言が日本の政治家らを刺激したのだ。
天皇は終戦後に「人間宣言」をする前まで日本人に「現人神(人間の姿をした神)」としてあがめられた。
信じようが信じまいが、日本人はいまでも自分たちの君主を「天から降りた皇帝(天皇)」と呼ぶ。そうした存在に謝罪を要求したので文字通り逆鱗に触れたということだ。 

  日韓国交正常化過程で両国政府合意の下にいくらかの賠償金を出したので「外交的にも国際法的にも決着の付いた問題」といっては困る。
戦勝国に分割占領され、分断の懲罰を受け、ポーランドなど隣国に領土まで分け与え、暇ができるたびに過去の過ちを謝罪しているドイツと比較せざるをえない。
日本は逆だ。19世紀末の韓半島情勢が混乱していた時に一方的に領土宣言をした独島(ドクト、日本名・竹島)をいまだに自国領と言い張りあらゆる外交挑発を止めすにいる。 

  毎年2月22日を「竹島の日」と宣言し、「韓国が不法占拠している日本の領土を取り返さなければならない」という決議行事を繰り返している。
このように居直る国に真の反省を期待すること自体が無理なのかもしれない。
最近では韓国に対する経済報復措置まで論じている。韓国の主力輸出品である半導体生産に必須のフッ化水素と防衛産業関連物品輸出を制限しようという話を流している。 

  最悪に突き進むような日韓関係を見て李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長が説破した克日論が思い出される。
S級の若い人材を日本のB級電子メーカーだった三洋電機に産業研修生として送りあらゆる蔑視の中で半導体製造技術を学ばせた李会長が口癖のようにした話がある。
「面積で見ようと人口で見ようと蓄積された国力で見ようと韓国が国対国として日本を跳び超えるのは容易ではない。しかし企業としてサムスンはどんな日本企業にも勝つことができ、そうしなくてはならない」。 

  彼の話通りにサムスンは半導体と家電、スマートフォンなどで日本企業を確実に押さえて世界の最頂上に上った。
三洋電機だけでなくかつては世界市場を制したソニー、パナソニック、東芝などがサムスンに押され半導体や家電などの事業を放棄した。
日本に勝った企業はサムスンだけでない。ネイバーもモバイルメッセンジャーの「LINE」で日本を掌握した。
後発走者として事業を始めた韓国企業がこうした成果を成し遂げるまでどれだけ孤独で厳しい時間を耐え抜いたのかは推し量るのが容易でない。
そうして成し遂げたことがわれわれに大きな慰労と勇気を与える。数日後に近づいた三・一節100周年を控え「真の歴史の勝者になる方法」を考えてみることになる。 

  イ・ハクヨン/論説室長

抜粋
https://s.japanese.joins.com/article/467/250467.html


2: 2019/02/22(金) 07:08:01.21 ID:C20zlBMv9

関連記事

日本企業への教訓
シャープとサムスン

シャープと韓国サムスンの関係は長きにわたります。サムスンは商社から始まって、電器産業に進出したが、半導体の開発で行き詰まった。それで、李健熙さん(現会長)がわざわざ訪ねてこられた。1970年ごろのことです。

当時、日韓定期閣僚会議が始まり、両国間で提携の機運が高まっていました。ところが、日本電気の小林(宏治・元会長)は、「韓国は技術を盗んでいく」と警戒感をあらわにしていた。困った李さんが、「何とか小林さんを納得させてほしい」と。そこで駐日韓国大使と小林さん、李さん、私とで食事する機会を作ったんです。その後、私以外の3人でゴルフに行ったら、小林さん機嫌直しちゃったらしいんだ(笑)。

それ以降、李さんが頼りにしてこられるんです。半導体の開発にしても、「佐々木さん、辞めてこっちへ来ませんか。韓国籍にならんか」とまで言う(笑)。じゃあ、僕がシャープを説得するから、頭を下げて技術を教えてくださいと言ってくれ、と。数年間、4ビットマイコンの製造技術の提携をしました。

サムスンが何かの記念式をするときは軍隊式でしたね。社員が第1連隊、第2連隊……の順で並ぶ。第1連隊って、第1工場のことですよ。その根性で成果を上げていった。

そうなると欲が出る。「今度は液晶を教えてくれ」と言ってきた。僕は断った。「依頼心はサムスンを殺す」と。李さんは納得してくれたが、その部下になると、そうはいかない。盗んででもやるんだ。フライデーフライトでうちのキーマンを韓国に連れていく。連中は土日に働いて日曜夜、サンデーフライトで帰ってくる。シャープは最後には技術幹部のパスポートを全部預かっちゃった。

そのときも、私個人は、「与えられるものどんどん与えて、感謝してくれればいい」と思っていた。少なくともシャープの味方にはなるだろうとね。ところが、李さんがトップを離れた時期に、サムスンがシャープを相手に特許訴訟を起こしたんです。あれはサムスンが情けなかった。

https://toyokeizai.net/articles/-/9665?display=b

3: 2019/02/22(金) 07:08:31.12 ID:TztjykPi0

しかし朝鮮人は朝鮮人のままだったw


5: 2019/02/22(金) 07:10:00.02 ID:c94R7Rj90

ウソ・ハクヨン


7: 2019/02/22(金) 07:10:17.74 ID:MwSuXtaz0

>>1
未だにLINEを日本企業と思ってる爺多すぎ


8: 2019/02/22(金) 07:10:19.97 ID:qqT6ob0a0

日本の野党は韓国に支配されている
マスコミや芸能は韓国人だらけになった


9: 2019/02/22(金) 07:10:52.31 ID:Wd/O9lVb0

優勝?

それよりスパイ防止法


10: 2019/02/22(金) 07:11:06.40 ID:jiKNd+uC0

ジャップ死ね


24: 2019/02/22(金) 07:15:19.35 ID:yA6VoPz20

>>10
嫌いな国で生きてくってたいへんだな


28: 2019/02/22(金) 07:16:19.11 ID:rrk3wmPB0

>>10
在日朝鮮人が死ねや


11: 2019/02/22(金) 07:11:36.89 ID:TOtwyd7b0

>>1
当時の韓国国家予算の倍の金額をいくらかのとは
賠償金の額が見合わず条約反故にするならまず一旦全額返金するくらい主張しろよ


13: 2019/02/22(金) 07:12:50.29 ID:EdZ3oJ+M0

>ネイバーもモバイルメッセンジャーの「LINE」で日本を掌握した。
LINEは純日本製アプリと工作しておきながら抑えがたいウリナラ自尊心がそれを自ら台無しにする哀しき習性(同情はしない)


14: 2019/02/22(金) 07:13:01.83 ID:wKCVMYdk0

いつになったら自民党&創価公明党、そして総務省は『LINE』を排除するの?
『韓国軍情報部』に国民の所得や労働状況や公共料金支払い額など全部漏れてるんだよ?



領土を不法占領してる敵国に対して情報売り渡すとか頭おかしいの?


15: 2019/02/22(金) 07:13:05.15 ID:Br3Dsp6d0

まだ南朝鮮と関係を続ける企業は滅ぶぞ


16: 2019/02/22(金) 07:13:21.76 ID:UhOyhtEE0

韓国叩きしてても、実はLINE使ってるクセに…

トヨタ車乗ってるソウル市長と同種・同類


20: 2019/02/22(金) 07:14:26.18 ID:ohzsJdSq0

>>16
俺はLINEには嘘情報ばかり流してるからなwwwwww


17: 2019/02/22(金) 07:13:30.29 ID:ohzsJdSq0

なんというアホ


18: 2019/02/22(金) 07:13:57.56 ID:uJEzjDGA0

型がないものはコピーができない
金魚の尻から垂れている糞に食らいつくようなもの
と言ったら怒りかな


19: 2019/02/22(金) 07:14:11.92 ID:lCI5D51x0

泥棒自慢か
醤油も盗み自慢してたな


21: 2019/02/22(金) 07:14:26.59 ID:ZN+sfyta0

ラインで日本は掌握されとるな〜

俺も使ってしまっているが。


26: 2019/02/22(金) 07:15:54.36 ID:ohzsJdSq0

>>21
俺はQQも使ってるよ
ずっとパケットが流れているw


23: 2019/02/22(金) 07:14:39.84 ID:f9c/c6FQ0

一見些細なものでもLINEに対する潮目になるかもな


25: 2019/02/22(金) 07:15:53.41 ID:ecPaflsN0

ゴキブリが自身の正体をカミングアウト!


27: 2019/02/22(金) 07:15:55.31 ID:00E1I3OB0

分断はマルクスに文句を言えよw


29: 2019/02/22(金) 07:16:35.73 ID:7kEsgrpi0

堂々とパクった事を誇る新聞があるとはw


30: 2019/02/22(金) 07:16:37.21 ID:mDf6QZoI0

スレタイが悪い。
この記事のタイトルは次の通り。
完全に構って欲しいモード。関わるな。

「反省しない日本」に勝つには…


31: 2019/02/22(金) 07:16:40.71 ID:CUkdNw6K0

でも今の人事は、韓国人の若者をたくさん雇いたいんだぜ
問題が起こる頃には、自分たちは退職してるもんねww


32: 2019/02/22(金) 07:16:53.42 ID:q4WIvuBS0

朝鮮人の武勇伝が泥棒ばかりで草生える


33: 2019/02/22(金) 07:17:00.42 ID:DVgMuHju0

自白してくれるからなキムチ人は
勝ったつもりなのが哀れ


34: 2019/02/22(金) 07:17:10.84 ID:B6vNa4Vx0

米も野菜も果物も盗まれた
桜は韓国起源


35: 2019/02/22(金) 07:17:14.55 ID:/daztp270

ライン株ガー


37: 2019/02/22(金) 07:18:30.18 ID:e1iDiWj30

ただの泥棒でワロタ
盗賊の頭が威張んな


38: 2019/02/22(金) 07:18:32.24 ID:w+mRNjR10

サンヨー間抜けだったのか


40: 2019/02/22(金) 07:19:01.32 ID:bVxijnIg0

要は日本は不用心なんだよな
平和ボケしとるんやね

これからもドンドン技術は盗まれるし、色々なものが盗られる
それでもお人好しな日本人は韓国welcome状態
ヤバイっすwww


41: 2019/02/22(金) 07:19:32.03 ID:PHZKflP30

LINEは日本のアプリじゃないの
韓国ではあまり使われてないよ


42: 2019/02/22(金) 07:19:39.31 ID:CF0fzG950

被害はおそらく全産業に及ぶ


43: 2019/02/22(金) 07:19:39.77 ID:Sx7oImmZ0

日本人はLINEに代わるサービスができないから仕方がないね
電話番号を登録するだけでスマホの電話帳から番号を参照して友達登録されるのに恐怖するがいい


44: 2019/02/22(金) 07:19:44.53 ID:mnRwnryc0

日本の高品質なチョークもチョンクになっちまったな


45: 2019/02/22(金) 07:19:52.07 ID:mOVsTFEE0

それと同じことを今韓国は中国にされてる
サムスン?日本企業と同じ運命を辿るのも時間の問題ですよ
日本との違いはサムスンが倒れるときは韓国も倒れるときなんだけど


46: 2019/02/22(金) 07:20:03.41 ID:Nzf2Oxsg0

笑える
LINE止めたら日本が止まる
非力だな


47: 2019/02/22(金) 07:20:05.46 ID:z3tef1Ce0

バカチョンは見ないふりしてっけどサムスンは最強の親日罪企業だしな
三星商会の時に半島地域の少ないコメを日本に輸出して半島飢えさせてまでぼろもうけしたのが始まりだし
家電に業態転換してやったのも日本だしな


48: 2019/02/22(金) 07:20:12.93 ID:/jGGv9Cg0

まあ確かにラインはうまいことやった

分からんのは日本で競争相手が出てこないことだ


引用元: ・【韓国】中央日報「サンヨーに産業スパイ潜り込ませ、サムスンは頂点に立った。『LINE』も日本を掌握した」 

posted by 中島 at 02:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 経済


この記事へのコメント
恩義や義理を感じるのは日本人だけ
いつまでも気がつかない日本人の間抜けさが悪い
Posted by 名無し at 2019年02月25日 09:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185615026

この記事へのトラックバック