おもしろ韓国ニュース速報

1日1クリック 応援お願いします →

2017年12月30日

【中央日報/社説】北核を目の前にして韓日関係は破局に向かおうとするのか

nidanaki

1: 2017/12/29(金) 17:37:10.59 ID:CAP_USER

2015年締結された韓日両国の旧日本軍慰安婦合意を認めないという文在寅(ムン・ジェイン)大統領の昨日の発表に深い懸念を隠せない。廃棄、または再交渉を具体的に明らかにしたわけではないが、おそらく合意破棄の可能性を示唆したものだからだ。

文大統領は「両国首脳の追認を経た政府間約束という負担にもかかわらず、この合意で慰安婦問題が解決されることができないという点を明らかにする」とした。

これは前日、河野太郎外相が「民主的に選ばれた首脳の下ですべてのレベルの努力の末に実現した合意」だったことを強調した談話に対する回答で、今後国家間約束を破ったすべての責任を韓国が負うと自ら認めることに他ならない。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)側が来年初めに発表すると話した追加措置が何かによって、ただでさえ冷え込んだ韓日関係はより一層厳しくなるだろう。河野外相はすでに数日前「合意を変更するなら、両国関係が管理不能になるだろう」と警告し、安倍晋三首相も「合意は1ミリも動かないだろう」と話した。

外交街では「今後最低限2年間は韓日両国の間に何も実現されることがないだろう」という嘆きが聞こえる。

慰安婦問題は日本がいくら謝罪をして、いかなる代価を払っても国民的怒りがすべて消えることは難しい過去だ。そのため、朴槿恵(パク・クネ)政府もこの問題解決を韓日首脳会談に結びつけて4年近く会談ができないほど韓日関係は冷え込んでいる。

そうするうちに、北朝鮮による核・ミサイル危機が深刻化し、両国の連携が切実だという判断の下で両国が一歩ずつ歩み寄って合意に至ったわけだ。日本が拒否してきた首相の公式謝罪と日本政府の予算としての慰安婦財団の設立も初めて実現された。

「日本側に一方的に偏った合意」というのがTF(タスクフォース、作業部会)の判断だというが、手続き的欠陥を理由に合意を覆し、未公開文書を公開して世論を刺激する行動は相手国の不信を招くのに十分だ。

その上に、TFが強調している「被害者中心主義」の基準が何か、TFはもちろん、政府をも明らかに答えていない。また、慰安婦合意は当時、韓日間対立が高まっていた状況を懸念した米国が斡旋した側面もあり、ややもすると米国と不快な関係につながる可能性もある。

今は合意が妥結された2015年12月より北東アジアの情勢がはるかに厳しい。北朝鮮の核兵器完成がすでに3カ月の期限をもって秒読みに入り、いつにもまして韓日米の連携が重要な局面になった。このような時に再交渉を要求すれば、片方の城壁を自ら押し倒すことに他ならない。

その上に、中国にも悪い前例を提供する可能性がある。

10月、THAAD体系問題に関する韓中の「協議文」発表後、中国が追加措置を要求すると、青瓦台は「中国が外交的負担を負って国家間協議を破棄するのは不可能だ」と話さなかったのか。韓国が協議より格が高い合意を破る場合、中国に逆に利用される可能性が十分にある。

すでに大統領が立場を発表したため、追加措置を出すのは避けられない。だが、熱い感性でない冷徹な思考で真の韓国の利益が何かを考えに考える時だ。


2017年12月29日17時14分
http://japanese.joins.com/article/032/237032.html?servcode=100&sectcode=110


2: 2017/12/29(金) 17:38:00.05 ID:rZsXbtSm

で、韓国は何ができるんですか?


44: 2017/12/29(金) 17:51:37.49 ID:tQGFPrwc

>>2
日米の脚を引っ張る事が出来るニダ。


3: 2017/12/29(金) 17:38:30.42 ID:qks1ekf0

纏めて滅べばいいじゃない

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 外交

【韓国】文在寅政権が6444人を特赦 汚職の財界人や極左系元議員は除外

munn

1: 2017/12/29(金) 15:36:07.16 ID:CAP_USER

http://www.sankei.com/smp/world/news/171229/wor1712290024-s1.html
2017.12.29 14:5

 【ソウル=桜井紀雄】韓国政府は29日、新年を前に6444人に対する特赦を決定した。特赦は文在寅(ムン・ジェイン)政権で初めて。特赦ごとに議論を呼ぶ汚職に絡んだ公職者や財界人は原則、対象から除外された。

 2009年にソウル・竜山(ヨンサン)のビルの立ち退きをめぐり、住民と警官隊が衝突、出火で計6人が死亡した事件での関係者25人が特赦を受けた。政治家としては、07年の大統領選前に李明博(イ・ミョンバク)元大統領の疑惑を指摘し、選挙法違反罪で懲役1年が確定して被選挙権が剥奪されていた元野党議員だけが対象となった。

 左派政権の発足を受け、極左系団体は、違法デモを主導し、服役中の全国民主労働組合総連盟(民主労総)の委員長や、内乱陰謀事件で解散を命じられた統合進歩党の元議員で懲役9年が確定した李石基(ソクキ)受刑者の釈放を求めていたが、対象から外れた。


2: 2017/12/29(金) 15:39:06.52 ID:qqQ3Of7i

完全にいかれてる。アジアの衆愚丸出しだ、こりゃ。
原始人以下


3: 2017/12/29(金) 15:39:21.92 ID:uMUlE+9p

犯罪者に甘い国


8: 2017/12/29(金) 15:41:43.32 ID:vtEDsc27

>>3
犯罪者が多すぎて刑務所のキャパをすぐ超えちゃうんだろ
こんな国は無くなった方が良い

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国

【お断り】韓国、慰安婦問題と北朝鮮対応を切り離すツートラック戦略で日本と協力へ

hatanida

1: 2017/12/29(金) 19:34:34.72 ID:CAP_USER

「北朝鮮対応と分離」強調=慰安婦問題で韓国当局者
12/29(金) 16:51配信
時事通信

 【ソウル時事】韓国大統領府当局者は29日、記者団に対し、慰安婦問題と北朝鮮への対応などを切り離す「ツートラック(2路線)戦略」を強調、「日本もこの戦略を十分に信頼し、問題をうまく解決できると考えている」と述べた。

 慰安婦問題での日韓対立が北朝鮮の核・ミサイル問題への対応などに影響を及ぼしかねないとの懸念が強まる中、双方を切り離して対応すべきだという立場を明確にした。

 文在寅大統領は28日、報道官を通じた声明で、「(慰安婦合意では)問題は解決できない」と表明した。これに関し大統領府当局者は「歴史問題は歴史問題として対応し、韓日の未来志向的関係はそれとは別に発展させるということであり、双方にほぼ同じくらいの力点を置いた」と説明した。

 韓国大統領府は29日発表した「2017年の文在寅政権の国政」の中で、「慰安婦合意に関する作業部会の検証結果を基に、政府の立場をできるだけ早く決め、被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす実質的措置を取っていく」と強調。「同時に、韓日関係の発展も模索していく」と表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000056-jij-kr


2: 2017/12/29(金) 19:35:24.00 ID:ZcinORwf

馬鹿に付ける薬はない


3: 2017/12/29(金) 19:35:39.77 ID:LXqldxuN

馬鹿め。


4: 2017/12/29(金) 19:35:41.19 ID:teynFG21

もう韓国との話し合い自体が無意味という事になったからありませんよ。

どんな話し合いをしてもその結果を守らないんだから。

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 慰安婦

【韓国】<ハンギョレ新聞>「最終的かつ不可逆的」慰安婦合意の文言は日本の返し技だった

1: 2017/12/29(金) 13:34:02.99 ID:CAP_USER

写真
no title


「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認する」

韓国と日本政府が2015年12月28日に日本軍「慰安婦」被害者問題合意(以下12・28合意)を発表した当時から問題になった内容である。

韓日慰安婦被害者問題合意を検討するタスクフォース(委員長オ・テギュ、以下TF)は27日、
「韓国側は『謝罪』の不可逆性を強調したが、合意では『解決』の不可逆性を意味するものと脈絡が変わった」と明らかにした。

TFの説明によると、問題の表現は2015年1月19日に行われた第6回韓日外交局長級協議で韓国側が先に使った。
TFは検討報告書で「韓国側は従来のものよりもさらに進展した日本首相の公式謝罪がなければならないと主張し、不可逆性を保つため、閣議決定を経た首相の謝罪表明を求めた」と伝えた。

外交部が「不可逆的」という表現に言及したのは、日本の謝罪が「公式性」を持つべきだという被害者団体の意見を参考にしたものだった。
日本政府が「謝罪」した後も、これを覆した事例が多かったため、「不可逆的な謝罪」を受けなければならないというのが被害者団体の要求だった。

実際、2014年4月、被害者団体は「日本軍慰安婦問題の解決に向けた韓国市民社会の要求書」で、
「犯罪事実と国家的責任について変更できない明確な形の公式認定、謝罪および被害者に対する法的賠償」を強調した。

TFは「日本側は局長級協議の初期には『慰安婦』問題が『最終的』に解決されるべきだと主張していたが、韓国側が謝罪の不可逆性の必要性を言及した直後の2015年2月に開かれた
イ・ビョンギ当時国家情報院長と谷内正太郎当時国家安全保障会議事務局長間の第1回高官級協議から、『最終的』のほかに『不可逆的』解決をともに要求した」と伝えた。

さらに、2015年4月の第4回高官級協議で、こうした日本の要求が反映された暫定合意がなされた。「不可逆的謝罪」が「不可逆的解決」に切り替わったのだ。
これを受け、外交部は国内の反発世論などを考慮し、この表現の削除が必要だという検討意見を大統領府に伝えたが、受け入れられなかったとTFは明らかにした。

韓国政府はさらに「最終的かつ不可逆的解決」が盛り込まれた文章の前に、「日本政府が財団に関連する措置を着実に実施することを前提として」という表現を入れるよう先に提案し、
最終的かつ不可逆的解決の前提に対する論議を招く重大なミスを犯した。

TFは「韓国側は慰安婦合意の発表時点で日本政府の予算の拠出がまだ行われていなかったため、移行を確実にするために、このような表現を提案した」としながらも、
「この一節は、日本政府が財団に予算を拠出することだけでも、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたと解釈できる余地を残した。

しかし、韓国側は協議の過程で韓国側の意図を確実に反映できる表現を盛り込むための努力を積極的に行わなかった」と指摘した。結局、慰安婦問題の「解決」は最終的かつ不可逆的と明確に表現しながらも、
「法的責任」の認定は解釈を通じてのみできる線の合意で、日本は「慰安婦」制度が日本の国家犯罪という事実を認めないまま、外交的にこの問題を最終的かつ不可逆的に解決することに成功した。

12・28合意の弊害は公式発表のわずか2カ月後の2016年2月、日本政府が国連女性差別撤廃委員会に提出した答弁書をめぐって両国が行った外交攻防で如実に表れている。
当時、「公式文書では軍や官憲による強制連行を確認できなかった」という日本側の主張に対し、外交部が「日本軍慰安婦の動員・募集・移送の強制性は否定できない歴史的事実」だと反論すると、
日本政府は「12・28合意の精神と趣旨を損ねる恐れがある言動を自制してほしい」と反撃した。

チョン・イナン記者

2017-12-28 06:55
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/29361.html


2: 2017/12/29(金) 13:34:14.35 ID:weLrR+xR

<  `∀´> キムチ定食を1つ
<  `∀´> ありがとうございまーす

<  `∀´> ゲップ
<  `∀´> お会計950円です

<  `∀´> このキムチ定食には重大な欠陥があるニダ
<  `∀´> ?

<  `∀´> 金を払うことで、この問題は解決できない
<  `∀´> は?

<  `∀´> 対話する意志は十分にある、メニュー選びから再交渉だ
<  `∀´> は?


26: 2017/12/29(金) 13:41:06.35 ID:+QEc4+8m

>>2
あのそれ
食ったけど不味かったから金返せって普通に韓国人は食品売り場でやってますが


3: 2017/12/29(金) 13:35:09.63 ID:oF1rcTDl

ネトウヨさあ

これはダメやろ

埋伏の毒とか

条約に仕込む時点でもう無効だわ

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦

【韓国】「金を受け取った=合意を受け入れた」と判断することが果たして正しいのか疑問を持たなければならない

にだ

1: 2017/12/29(金) 20:21:28.14 ID:CAP_USER

12/29(金) 9:32配信
中央日報日本語版

民主主義自主統一大学生協議会(民大協)所属の大学生が28日午後、ソウル中学洞(チュンハクトン)の元駐韓日本大使館の前で「韓国・日本慰安婦合意破棄要求」記者会見を終えた後、青瓦台方面に行進している。

韓国・日本慰安婦合意TFの調査結果と関連し、28日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「政府は被害者中心解決と国民が共にする外交という原則の下、早期に後続措置を用意することを望む」という立場を明らかにした。TFが慰安婦問題の出口ではなく別の入口になってしまっている状況だ。しかし、12・28慰安婦合意の運命を決める「被害者中心」的アプローチの定義に関してTFや外交部は未だ明確な定義ができていない。

TF発表と康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の話を総合すると「被害者中心」的アプローチのための方法は「被害者の意見収集」だ。

前日オ・テギュTF委員長はブリーフィングで「被害者の概念については各自異なる」としつつ「一般的に見ると『被害者』と『被害者団体』を同じく使う場合が多い」と話した。これに対しTFがおばあさん全員に面談したのか質問するとオ委員長は「(スタート会見で)私がおばあさん全員を面談するという言葉は出していないと記憶している」と答えた。おばあさんとの接触の有無について答えを濁す発言だった。

この日、康長官は出勤途中に記者と会って「これから(被害者面談)日程を調節するだろう」と話した。「被害者1人1人全員に意見を聞く計画か」という質問に「可能であればそのようにするだろう」と答えた。TFは被害者中心的アプローチを強調しながらも本来の活動過程では慰安婦合意に反対してきた韓国挺身隊問題対策協議会のような団体関係者たち中心に会ってきたという。

被害者意見取りまとめ方式も変数が多い。▼多数決で判断するのか▼1人でも反対すればそれに沿うのか▼単純に参考にだけするのか▼日本政府の予算から出た支援金をすでに受撮ったり受け取っていない死亡遺族の意見を聞くのかなどだ。2015年の慰安婦合意後、日本側の支援金を受領した被害者は47人中36人だ。生存しているおばあさん32人の中では24人が該当する。すでに支援金を受け取ったことが合意を受け入れたものとみなすことができるのかについてオ委員長は「金を受け取ったことがその合意を受け入れたと判断することが果たして正しいのか疑問を持たなければならない」と話した。おばあさんに1人1人会っていないため明確な判断基準がなく、「疑問を持たなければならない」という返事になった。

外交部の立場も明らかでない。魯圭悳(ノ・キュドク)外交部報道官は関連の質問に「後続措置を講じるにあたって被害者・関連団体・専門家の意見を全て反映して慎重に決めていく」とだけ話した。

ソウル大学のパク・チョルヒ国際大学院長は「被害者の意見収集は重要だが、被害者中心主義を越えて1人でも合意を受け入れないならば合意を維持できないというようなアプローチは適切ではない」とし、「政府が出口戦略まで念頭に置いて今後の政策樹立を検討しなければならない」と話した。

◆ナムヌの家「朴槿恵(パク・クネ)元大統領告訴計画」=慰安婦被害者のおばあさん9人が生活しているナムヌの家側は同日、朴槿恵元大統領を告訴する計画だと明らかにした。まずどんな容疑を適用すべきか、前職大統領に対する告訴が可能なのかなど法理検討をすることにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000006-cnippou-kr


2: 2017/12/29(金) 20:22:09.64 ID:JHBqF+1Y

次から次へとよくこんな馬鹿な発言が出てくるもんだな


4: 2017/12/29(金) 20:22:25.59 ID:Z7EKuy/C

居直り


6: 2017/12/29(金) 20:23:01.28 ID:aWhNICDZ

合意破棄なら違約金1兆円支払え

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 慰安婦

【日韓合意】国際世論は日本寄り

nidanaki

1: 2017/12/29(金) 01:27:19.09 ID:CAP_USER

慰安婦問題 国際世論は日本寄り
従軍慰安婦問題に関する国際世論と日本の今後の対応に期待すること
http://blogos.com/article/268077/
記事 後藤百合子 2017年12月28日 11:59

韓国従軍慰安婦問題の2015年日韓合意について、韓国が昨日、検証報告書を発表しました。

日経の記事によると、報告書は合意について「被害者の意見を十分聴かないまま、政府の立場で合意した」、「被害者が受け入れないかぎり、政府間で慰安婦問題の最終的・不可逆的解決を宣言しても、問題は再燃するしかない」と結論づけています。

昨晩、シンガポールのニュースでもこの問題が取り上げられましたが、従軍慰安婦は朝鮮半島からだけではなく中国など他のアジア諸国などからも従事していた女性がいたこと(言外に彼女たちは十分な補償や謝罪を受けていないことを匂わせています)、合意によって安倍首相が正式に謝罪をしていること、元従軍慰安婦のための基金900万USドルを日本政府が拠出し、「受け入れられない」としている元従軍慰安婦の被害者数も生存者は数十人にとどまっていることを伝えました。

また、米ウォール・ストリート・ジャーナルの記事ではさらに詳しくこの問題が取り上げられ、安倍総理自らが2013年に訪韓してパク・ウネ前大統領と公式に話し合い、2015年の合意で「電撃的な」解決を図って以来、元慰安婦やその遺族に対し、韓国の基金管理団体からすでに400万USドルが支払われていることが報道されています。

この記事についてのコメントでは、「70年以上も前の解決済の問題をまた蒸し返すのか?」という論調が多く、以前のような「日本は正しい歴史を教えず戦争被害者を無視している」という非難は少数にとどまっています。

さらに中国の新華社通信の記事もいつになく客観的で、一般の韓国人には日韓合意は「感情的に」受け入れ難いとしながらも、両政府の合意が「最終かつ不可逆的」とされていたこと、そのために日本政府が10億円の基金を拠出したことが書かれています。

従軍慰安婦問題についてはこれまで、戦時中の日本最大の汚点の一つとして世界中から非難を受けてきましたが、今回の各国の対応をみる限り、国際世論はおおかた日本の側についているとみていいと思います。この状況は安倍政権外交政策における非常に大きい成果であると高く評価します。

全文はリンク先で


3: 2017/12/29(金) 01:30:26.50 ID:YGO+XGkO

もうええわ
どうでもいい国とは交渉しない


4: 2017/12/29(金) 01:30:58.54 ID:zjIHDAy4

>>1
韓国の合意不履行を許したら中国にも返ってくるだろうしな


7: 2017/12/29(金) 01:31:25.02 ID:rRch5Qta

国際世論って言っても
結局余所のことはどうでもいいってのが大半なんだから独自制裁せなあかんよ

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 慰安婦

八代弁護士「韓国は国としての体をなしていない」 韓国政府による日韓合意破棄への動きに対して

no title

1: 2017/12/29(金) 17:20:19.15 ID:3iG3PYq80 BE:478973293-2BP(1501)

「国としての体をなしてない」八代英輝氏が日韓合意を疑問視する韓国政府に怒り
 29日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、弁護士の八代英輝氏が、日韓合意を疑問視す
る韓国政府に怒りをあらわにした。
 番組では、コメンテーターたちが「2017年 最も印象に残ったニュース」を挙げる中、八
代氏は「韓国慰安婦合意破棄」と書かれたフリップを掲げ、「僕、すごい怒ってるんですけ
ども」と、韓国政府に怒りをぶつけた。
 「日韓合意」は2015年に日韓外相会談で結ばれたもので、いわゆる慰安婦問題について
「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」したものである。
 ところが12月27日になって、韓国外相直属の検証チームが同合意の交渉過程を調査し
たところ、両国政府が当時公表したものの他、「非公開の合意」も存在していたことが判明。
朝日新聞が報じたところによると、この「非公開の合意」で慰安婦問題に関し、韓国政府
が「性奴隷」という表現を使わない、などと取り決めているそうだ。
 これらの理由から検証チームの報告書は「韓国側の負担が大きい『不均衡な合意』だっ
た」「政府間で『最終的かつ不可逆的な解決』を宣言しても、問題が再燃するほかない」と
している。
(続く)
http://news.livedoor.com/article/detail/14095020/


2: 2017/12/29(金) 17:20:39.32 ID:3iG3PYq80 BE:478973293-2BP(1501)

(続き)
 同日、河野太郎外相は「この合意は両国首脳間の合意であり、正当な交渉過程を経てな
された。合意に至る過程に問題があったとは考えられない」と、韓国側の見解に反論した
上で、「合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け
入れられない」とも主張している。
 これに対し八代氏は「日本政府の立場を支持します」と明言。「日本国民はもっと怒って
いいと思うんですけども。国と国が合意したことなんですよ、慰安婦問題の『不可逆的解
決』は」と指摘した。
 続けて、韓国内の勢力に配慮する形で合意見直しの風潮があることに対し、「『そんな国
あるのか!?』ということなんですよね」と声を荒らげる。
 そして、韓国の市民団体が今なお慰安婦像を設置し続けることに苦言を呈し、そうした
動きに強く対処しない韓国政府についても「やはりちょっと国としての体をなしてないん
じゃないかと思うんですね」「(北朝鮮問題をめぐって)本当に協力し合わなければいけな
いときに水を差してばっかりじゃないですか。お隣の国は!」と厳しい批判を浴びせてい
た。
(終)

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦